2012年のMLBオールスターゲーム

2012年MLBオールスターゲーム英語: The 2012 Major League Baseball All-Star Game)はナショナルリーグアメリカンリーグの間で行われた83回目のオールスターゲームである。2012年7月10日カンザスシティ・ロイヤルズの本拠地カウフマン・スタジアムで行われる。監督は、アメリカンリーグテキサス・レンジャーズ監督ロン・ワシントンナショナルリーグセントルイス・カージナルス前監督トニー・ラルーサが務めた。

2012 MLBオールスターゲーム
NewKauffman.jpg
会場となったカウフマン・スタジアム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
NL 5 0 0 3 0 0 0 0 0 8 10 0
AL 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0
開催日時 2012年7月10日
開催球場 カウフマン・スタジアム
開催地 ミズーリ州カンザスシティ
監督 NL - トニー・ラルーサ (元STL)
AL - ロン・ワシントン (TEX)
観客動員数
MLBオールスターゲーム
 < 2011 2013 > 

目次

凡例編集

  • 表中の守備の項は守備位置を示し以下の略記で示す。
SP:先発投手 RP:救援投手 P:投手 C:捕手 1B:一塁手 2B:二塁手 SS:遊撃手 3B:三塁手
RF:右翼手 CF:中堅手 LF:左翼手 OF:外野手 DH:指名打者
  • 表中のチーム名の略称についてはチームの表記参照。
  • †:出場辞退 ‡:代替選出

試合結果編集

選出選手編集

地元カンザスシティ・ロイヤルズからは、監督推薦によってビリー・バトラーが選ばれた。

ファン投票選出編集

投票結果は現地時間同年7月1日に発表された。最多得票は、アメリカンリーグが11,073,744票を獲得したジョシュ・ハミルトンTEX)、ナショナルリーグが7,621,370票を獲得したバスター・ポージー (SF)。ハミルトンの得票数は前年ホセ・バティスタ(当時TOR)が記録した7,454,753票を大きく上回る史上最多得票となった[1]

ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出 得票数
C   バスター・ポージー (SF) 2 7,621,370
  ヤディアー・モリーナ (STL) 3 5,118,865
  カルロス・ルイーズ (PHI) - 4,642,113
1B   ジョーイ・ボット (CIN) 3 7,343,110
  ブランドン・ベルト (SF) - 3,912,945
  ランス・バークマン (STL) 6 2,385,979
2B   ダン・アグラ (ATL) 3 3,831,375
  ブランドン・フィリップス (CIN) 2 3,164,460
  ホセ・アルトゥーベ (HOU) - 2,397,322
3B   パブロ・サンドバル (SF) 2 5,743,542
  デビッド・ライト (NYM) 5 4,133,380
  デビッド・フリース (STL) - 3,423,915
SS   ラファエル・ファーカル (STL) 3 3,972,921
  ブランドン・クロフォード (SF) - 3,666,897
  トロイ・トゥロウィツキー (KC) 2 2,776,412
OF   メルキー・カブレラ (SF) 7,521,784
  カルロス・ベルトラン (STL) 7 6,469,408
  マット・ケンプ (LAD) 2 5,462,757
  ライアン・ブラウン (MIL) 4 5,355,752
  アンヘル・パガン (SF) - 4,540,370
アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出 得票数
C   マイク・ナポリ (TEX) 4,317,718
  マット・ウィータース (MIN) 1 2,922,422
  A.J.ピアジンスキー (CWS) 2 2,393,977
1B   プリンス・フィルダー (DET) 4 4,574,347
  ポール・コネルコ (CWS) 5 3,494,305
  マーク・テシェイラ (NYY) 2 2,692,531
2B   ロビンソン・カノ (NYY) 4 5,806,958
  イアン・キンズラー (DET) 2 4,967,247
  ダスティン・ペドロイア (BOS) 3 2,443,487
3B   エイドリアン・ベルトレ (TEX) 3 4,613,180
  ミゲル・カブレラ (DET) 6 4,196,585
  アレックス・ロドリゲス (NYY) 14 2,521,702
SS   デレク・ジーター (NYY) 13 6,656,949
  エルビス・アンドラス (TEX) 1 4,065,719
  J.J.ハーディ (BAL) 1 2,000,843
OF   ジョシュ・ハミルトン (LAA) 5 11,073,744
  カーティス・グランダーソン (NYY) 3 5,587,026
  ホセ・バティスタ (TOR) 3 4,971,155
  アダム・ジョーンズ (BAL) 1 3,966,456
  ネルソン・クルーズ (TEX) 1 3,903,003
DH   デビッド・オルティーズ (BOS) 8 4,986,979
  マイケル・ヤング (TEX) 7 3,604,042
  アダム・ダン (CWS) 1 2,199,388

監督推薦編集

最終投票編集

選出選手の発表後、選出に漏れた選手の中から各リーグ5名が選ばれ、最後の1枠をかけたファン投票(All-Star Final Vote)が行われ、ア・リーグはダルビッシュ有TEX)が、ナ・リーグはデビッド・フリースSTL)が選出された。チッパー・ジョーンズATL)はナ・リーグの5名の一人に選ばれていたが、ファン投票で選出されたマット・ケンプLAD)が故障で出場辞退したため、代替選手として出場が決まった。

アメリカンリーグ
選手(チーム) 守備 過去
選出
ダルビッシュ有 (TEX) P
ジョナサン・ブロクストン (KC) P 2
エルネスト・フリエリ (LAA) P 0
ジェイソン・ハメル (BAL) P 0
ジェイク・ピービー (CWS) P 2
ナショナルリーグ
選手(チーム) 守備 過去
選出
デビッド・フリース (STL) 3B
アーロン・ヒル (ARI) 2B 1
マイケル・ボーン (ATL) OF 1
ブライス・ハーパー (WSH) OF 0

ホームランダービー編集

オールスターゲーム前日の7月9日に第28回ホームランダービーが同球場で開催され、プリンス・フィルダーDET)が優勝した。

順位 選手(チーム) ラウンド1 ラウンド2 1+2 決勝
1 プリンス・フィルダー (DET) 5 11 16 12
2 ホセ・バティスタ (TOR) 11 2 13 7
3 マーク・トランボ (LAA) 7 6 13 -
4 カルロス・ベルトラン (STL) 7 5 12 -
5 カルロス・ゴンザレス (COL) 4 - 4 -
5 アンドリュー・マカッチェン (PIT) 4 - 4 -
7 マット・ケンプ (LAD) 1 - 1 -
8 ロビンソン・カノ (NYY) 0 - 0 -

フューチャーズゲーム編集

試合が行われる2日前の7月8日には、同球場でマイナーリーグのオールスターゲーム“フューチャーズゲーム”が開催された。試合は米国選抜が世界選抜を17-5 で下し、MVPには米国選抜のニック・カステラノスタイガース傘下)が選ばれた。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
世界選抜 1 2 1 0 0 1 0 0 0 5 12 3
米国選抜 0 0 4 2 0 9 2 0 X 17 17 0
  1. 試合時間:3時間2分

選出選手編集

世界選抜
守備 選手(チーム)
P   リサルベルト・ボニーヤ (PHI・AA級)
  ホセ・フェルナンデス (MIA・A級)
  カイル・ロツカー (CIN・AA級)
  アリエル・ペーニャ (LAA・AA級)
  クリス・リード (LAD・AA級)
  フェリペ・リベロ (TB・A級)
  フリオ・ロドリゲス (PHI・AA級)
  エニー・ロメロ (TB・A+級)
  ブルース・ロンドン (DET・AA級)
  ヨーダノ・ベンチュラ (KC・A+級)
C   クリスチャン・ベタンコート (ATL・AA級)
  アリ・ソリス (SD・AA級)
IF   ヘスス・アギラル (CLE・A+級)
  ザンダー・ボガーツ (BOS・A+級)
  ウィルマー・フローレス (NYM・AA級)
  フランシスコ・リンドーア (CLE・A級)
  潘志芳 (OAK・A級)
  ジュリクソン・プロファー (TEX・AA級)
  カルロス・サンチェス (CWS・A+級)
  ジーン・セグラ (LAA・AA級)
OF   オズワルド・アルシア (SD・AA級)
  河在勲 (CHC・AA級)
  ライマー・リリアーノ (SD・A+級)
  アルフレド・マルテ (ARI・A+級)
  オスカー・タベラス (STL・AA級)
出場辞退   エドワー・カブレラ (COL・AA級)[2]
  ヤズマニ・グランダル (SD・AAA級)[2]
米国選抜
守備 選手(チーム)
P   マット・バーンズ (BOS・A+級)
  ディラン・バンディ (BAL・A+級)
  ゲリット・コール (PIT・AA級)
  ダニー・ハルツェン (SEA・AAA級)
  アレックス・メイヤー (WSH・A級)
  ジェイク・オドリッジ (KC・AAA級)
  タイラー・スカッグス (ARI・AAA級)
  ジェイムソン・タイヨン (PIT・A+級)
  タイフアン・ウォーカー (SEA・AA級)
  ザック・ウィーラー (NYM・AA級)
C   ロブ・ブラントリー (DET・AAA級)
  トミー・ジョゼフ (SF・AA級)
IF   ノーラン・アレナド (COL・AA級)
  ニック・カステラノス (DET・AA級)
  スクーター・ジェネット (MIL・AA級)
  ビリー・ハミルトン (CIN・A+級)
  マニー・マチャド (BAL・AA級)
  マイク・オルト (TEX・AA級)
  ジョン・シングルトン (HOU・AA級)
  コルテン・ウォン (STL・AA級)
OF   タイラー・オースティン (NYY・A級)
  マイケル・チョイス (OAK・AA級)
  アンソニー・ゴース (TOR・AAA級)
  ウィル・マイヤーズ (KC・AAA級)
  クリスチャン・イエリッチ (MIA・A+級)
出場辞退   トレバー・バウアー (ARI・AAA級)[2]
  トラビス・ダーノー (TOR・AAA級)[3]

脚注編集

  1. ^ Sanchez, Jesse (2012年7月1日). “Rosters unveiled for 83rd All-Star Game”. MLB.com. http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20120701&content_id=34263550&vkey=allstar2012 2012年7月3日閲覧。 
  2. ^ a b c メジャーリーグ昇格のため出場辞退
  3. ^ 故障のため出場辞退

出典編集