メインメニューを開く

2012年エジプト大統領選挙(2012ねんエジプトだいとうりょうせんきょ、アラビア語: انتخابات الرئاسة المصرية 2014‎)は、エジプト・アラブ共和国において2011年の革命後はじめて行われた大統領選挙である。エジプト史上初めて当選者があらかじめ決まっていない[1]自由選挙かつ直接選挙によって元首を選出する選挙であり、アラブの春が引き起こした一連の革命の一つの着地点が示される選挙として注目を集めることとなった[2]

2012年エジプト大統領選挙
انتخابات الرئاسة المصرية 2014
エジプト
2005年 ←
2012年5月23-24日(第1回)
2012年6月16-17日(第2回)

→ 2014年

  Mohamed Morsi cropped.png Ahmed Shafik.jpg
候補者 ムハンマド・ムルシー アフマド・シャフィーク
政党 自由と公正党 無所属
得票数 13,230,131 12,347,380
得票率 51.73% 48.27%

نتیجهٔ دور دوم انتخابات نخستین دورهٔ ریاست‌جمهوری مصر برپایهٔ نامزد برنده.png

ムルシー  シャフィーク

選挙前大統領

ムハンマド・フセイン・タンターウィー
軍最高評議会議長

軍部

選出大統領

ムハンマド・ムルシー
自由と公正党

1回目の投票は5月23日と翌24日で、過半数を獲得する候補者がいなかったため、6月16日と17日に上位2名による決選投票が執行された。この結果、ムハンマド・ムルシーが当選した。任期は4年間[3]

概要編集

1981年以降、30年以上にわたって政権を維持してきたホスニー・ムバーラク2011年1月に発生した反政府デモを受け退陣を余儀なくされ、エジプト軍最高評議会による暫定統治が行われた。その後は民政移管に向けた準備が進められ、2011年11月28日から2012年1月3日まで3回に分けて投票が行われた人民議会選挙ではイスラム教系の政党が7割を占め圧勝する結果となった[4][5]。508議席中、過半数近い235議席を獲得し第1党となった自由と公正党、121議席を獲得し第2党となったヌール党はいずれもイスラム系の政党である[6]

2012年2月29日、選挙管理委員会は大統領選挙を5月23、24日に行うことを決定。過半数を得た候補者がいない場合は決選投票(二回投票制に基づく)を6月16、17日に行うことも同時に発表した[7]。選挙には23人が立候補を届け出たが、このうち10人は失格となり(後述)、最終的には12人による争いとなった[8][9]。選挙はいわゆる世俗派とイスラム主義者が対決する構図となり[2]、有権者は5000万人を超え、1万3000箇所の投票所が設けられた[1]

選挙制度編集

候補者編集

登録された候補者編集

ここでは主な候補者を挙げる。

氏名 肖像 第1回投票
得票数/得票率
所属政党 備考
ムハンマド・ムルシー   5,764,952[10]
24.77%[11]
自由公正党 自由公正党党首[2]
アフマド・シャフィーク   5,505,327[10]
23.66%[11]
無所属 元空軍司令官[12]、元首相、元民間航空相。世俗派[2]
ハムディーン・サッバーヒー   4,820,273[10]
20.71%[11]
尊厳党 左派系[13]ナセリスト
アブドルモネイム・アブールフトゥーフ   4,065,239[10]
17.47%[11]
無所属 ムスリム同胞団幹部[2]
アムル・ムーサ   2,588,850[10]
11.12%[11]
無所属 元外相、アラブ連盟前事務局長。世俗派[2]

登録不許可とされた候補者編集

本選挙では立候補を表明した23人のうち10人は立候補資格がないなどの理由で失格と判定され、該当者は48時間以内に不服を申し立てることができた[14]が、以下の候補は異議申し立てを認められず出馬できなかった。

氏名 肖像 備考
オマル・マフムード・スレイマーン   前副大統領、元情報長官。立候補に必要な3万人の署名を大きく上回る7万2000人分の署名を1日で集めたとされたが[15]、15の県(行政区)より署名を集めるとの要件を満たしていないとされた[14][16]
ハーゼム・アブーイスマーイール英語版 スンナ派原理主義の一派サラフィー主義系。候補者本人及び両親と妻はエジプト国外の市民権を持つことができないが、母親が外国籍を持っているとされ失格[14]
ハイラト・シャーテル   実業家[16]、ムスリム同胞団元副団長。2011年3月に服役を終えたばかりだが、出馬のためには刑期終了から6年以上経過している必要があるとして失格[14]
アイマン・ヌール英語版   革命の明日党党首。2005年の大統領選挙にも出馬[16]

2012年4月中旬にいわゆる「分離法」が制定され、ムバーラク政権時代の後半10年間に幹部であった者の政治活動が禁じられることとなった。これは議会多数を占めるイスラム系政党がシャフィーク元首相を狙ったものとされ[17][18]、実際にシャフィークが立候補を表明すると選管は同法を根拠に失格とした。しかし異議申立てが認められ、立候補が可能となり[19]、最高憲法裁判所に判断が委ねられた。その後の第1回目投票でシャフィークは2位となる。同年6月13日、最高憲法裁は同法を憲法違反とし、無効とした[18]。これによりシャフィークに立候補資格があることが確定した。

意欲を示しながら立候補しなかった人物編集

氏名 肖像 備考
モハメド・エルバラダイ   国際原子力機関(IAEA)第4代事務局長。大統領選挙出馬に意欲を示していたが、2012年1月14日に不出馬を表明[20]

選挙結果編集

第1回投票編集

第1回投票は予定どおり5月23日午前8時より開始された。エジプトにとって史上初の自由投票の大統領選挙となったこともあり、投票所には長蛇の列ができた[21]。選挙後、不正があったとしてアフマド・シャフィークハムディーン・サッバーヒーアブドルモネイム・アブールフトゥーフアムル・ムーサの4候補などから合計7件の不服が申し立てられたが、いずれも選挙結果には影響しないものとして却下された[13][11]。5月28日に選管より公式結果が発表され、その結果過半数を得た候補はなく、イスラム穏健派のムハンマド・ムルシーが1位、元首相のアフマド・シャフィークが2位となり決選投票に進んだ[22]。投票率は46.2%[23]。シャフィークはムバーラク政権下で首相を務めていたこともあり、選管による選挙結果発表後には首都カイロタハリール広場にてシャフィークの決選投票進出に抗議するデモも行われた[11]ほか、シャフィークの選挙事務所が放火されるなどした[24]。またカイロ以外でもエジプト各地で抗議デモが行われ、決選投票に進んだ両者のポスターが破られるなど混乱が続いた[24]

決選投票編集

6月16、17日の決選投票を目前に控えた6月14日、最高憲法裁判所が選挙法に不備があったと認定し、2011年11月から2012年1月にかけて行われた人民議会選挙で当選した議員の3分の1が当選を取り消された。このため軍最高評議会は16日に議会解散を命じた[25]。同選挙で躍進したイスラム系政党の支持を得るムルシーには打撃になるとも報じられた[26][27]

決選投票は予定通り6月16日と17日に行われた。16日午前8時より開始され、16日は予定を1時間遅らせ午後9時に終了[28]。イスラム系のムルシーと旧ムバーラク政権の幹部であったシャフィークの一騎討ちとなったことに不満を抱く者は少なくなく、選挙ボイコットや白紙投票を呼びかける運動も一部で行われた[28][29]

第1回のムルシーの得票率は25パーセントに満たなかったが、決選投票では、世俗、リベラル、左翼の諸勢力も、反シャフィークのために結束[30]。投票翌日の6月18日にはムルシーが自由と公正党の独自集計により勝利宣言を行ったが、シャフィークはこれを認めず[31]したとの指摘もあるが、同じくイスラーム系のアブールフトゥーフ(ヌール党が支持)も17%余を得ており、第一回投票においてイスラーム系で約42%に達していた。19日までにシャフィークも勝利を宣言を行い[32]、双方が互いの陣営による不正があったと選挙管理委員会に申し立てる事態となった[33]。当初は6月21日に選管による公式の結果発表が行われる予定であったが、前日になって申し立て内容の精査が必要との理由から、発表を延期[33]。6月24日、ムルシーを当選者と公式発表した[3][34]。シャフィークは選管の結果を受け入れ、敗北を認めた[35]

国際社会の反応編集

出典編集

  1. ^ a b c “ムバラク政権崩壊後初のエジプト大統領選、開票進む”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年5月25日). http://www.afpbb.com/article/politics/2880013/8998644 2012年5月29日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f “アラブの春、成否は…エジプト大統領選投票開始”. 読売新聞. (2012年5月23日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120523-OYT1T00963.htm 2012年5月29日閲覧。 
  3. ^ a b “エジプト大統領選、イスラム主義候補の当選発表”. 読売新聞. (2012年6月24日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120624-OYT1T00996.htm 2012年6月24日閲覧。 
  4. ^ “エジプト議会選、投票率を訂正 52%に”. AFPBB News (フランス通信社). (2011年12月6日). http://www.afpbb.com/article/politics/2844255/8168799 2012年5月29日閲覧。 
  5. ^ “イスラム政党が大勝へ=議会選の最終投票―エジプト”. 朝日新聞. (2012年1月3日). http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201201030022.html 2012年5月29日閲覧。 
  6. ^ “エジプト議会選、イスラム勢力で7割”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年1月22日). http://www.afpbb.com/article/politics/2852474/8343808 2012年5月29日閲覧。 
  7. ^ “エジプト大統領選、5月23・24日に”. 読売新聞. (2012年3月1日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/20081229-507405/news/20120301-OYT1T00896.htm 2012年5月29日閲覧。 
  8. ^ “エジプト大統領選、スレイマン前副大統領ら10候補が失格に”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年4月16日). http://www.afpbb.com/article/politics/2871947/8788728 2012年5月29日閲覧。 
  9. ^ “エジプト大統領選始まる、ムバラク政権崩壊後初”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年5月23日). http://www.afpbb.com/article/politics/2879707/8988271 2012年5月29日閲覧。 
  10. ^ a b c d e “After the dust settles: Mursi, Shafiq to face off in presidential showdown”. ahramonline. (2012年5月28日). http://english.ahram.org.eg/News/43132.aspx 2012年5月30日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g “エジプト大統領選、モルシ氏とシャフィク氏が決選投票に”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年5月29日). http://www.afpbb.com/article/politics/2880715/9018952 2012年5月29日閲覧。 
  12. ^ “エジプト大統領選、元首相の決選投票進出に抗議デモ”. CNN.co.jp (CNN). (2012年4月18日). http://www.cnn.co.jp/world/30006757.html 2012年5月29日閲覧。 
  13. ^ a b “エジプト大統領選で4候補が異議申し立て、「投票に不正」”. ロイター (ロイター). (2012年5月28日). http://jp.reuters.com/article/jpAntigovernment/idJPTYE84R01220120528 2012年5月29日閲覧。 
  14. ^ a b c d “エジプト大統領選、スレイマン前副大統領ら10候補が失格に”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年4月16日). http://www.afpbb.com/article/politics/2871947/8788728 2012年5月29日閲覧。 
  15. ^ “エジプト大統領選に前政権の情報長官が出馬、同胞団擁立候補は反発”. ロイター (ロイター). (2012年4月9日). http://jp.reuters.com/article/jpAntigovernment/idJPTYE83804B20120409 2012年5月29日閲覧。 
  16. ^ a b c “エジプト大統領選で10候補失格、選管が異議を却下”. CNN.co.jp (CNN). (2012年4月18日). http://www.cnn.co.jp/world/30006298.html 2012年5月29日閲覧。 
  17. ^ “大統領選決選投票控えたエジプト、最高裁が選挙関連2法を判断へ”. wsj.com (ウォール・ストリート・ジャーナル). (2012年6月12日). http://jp.wsj.com/World/Europe/node_459445 2012年6月14日閲覧。 
  18. ^ a b “改正選挙法は違憲・無効…エジプト最高憲法裁”. 読売新聞. (2012年6月14日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120614-OYT1T01192.htm 2012年6月14日閲覧。 
  19. ^ “エジプト大統領選で前首相の出馬可能に、選管が異議認める”. ロイター (ロイター). (2012年4月26日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE83O06W20120425 2012年5月29日閲覧。 
  20. ^ “エルバラダイ氏、エジプト大統領選に出馬せず”. 読売新聞. (2012年1月14日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/20081229-507405/news/20120114-OYT1T00786.htm 2012年5月30日閲覧。 
  21. ^ “エジプト大統領選の投票始まる、歴史的選挙に長い列”. ロイター (ロイター). (2012年5月23日). http://jp.reuters.com/article/jpAntigovernment/idJPTYE84M05N20120523 2012年5月29日閲覧。 
  22. ^ “混戦模様のエジプト大統領選 民主主義の試金石”. wsj.com (ウォール・ストリート・ジャーナル). (2012年5月23日). http://jp.wsj.com/World/Europe/node_447529 2012年5月24日閲覧。 
  23. ^ “エジプト大統領選決選投票、同胞団と前首相が対決へ=選挙管理委”. ロイター (ロイター). (2012年5月28日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPJT813887420120528 2012年5月29日閲覧。 
  24. ^ a b “エジプト前首相の事務所に放火、決選投票進出に不満か”. ロイター (ロイター). (2012年5月28日). http://jp.reuters.com/article/jpAntigovernment/idJPTYE84S01520120529 2012年5月29日閲覧。 
  25. ^ “エジプト議会解散 同胞団、徹底抗戦の構え 軍部を名指し非難、裏目に出る可能性も”. 産経新聞. (2012年6月17日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/120617/mds12061720590002-n1.htm 2012年6月22日閲覧。 
  26. ^ “エジプト議会解散へ、憲法裁が選挙区選無効判断”. 読売新聞. (2012年6月14日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120614-OYT1T01192.htm 2012年6月16日閲覧。 
  27. ^ “エジプト議会、3分の1議席無効 最高裁判決、解散・総選挙へ”. 産経新聞. (2012年6月15日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/120615/mds12061500090000-n1.htm 2012年6月16日閲覧。 
  28. ^ a b “エジプト大統領選の決戦投票始まる、21日に開票結果発表へ”. CNN.co.jp (CNN). (2012年6月17日). http://www.cnn.co.jp/world/30007012.html 2012年6月22日閲覧。 
  29. ^ “「無効票投じよう」大統領選決選投票のエジプト”. 読売新聞. (2012年6月18日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120618-OYT1T00298.htm 2012年6月22日閲覧。 
  30. ^ 「エジプト強制排除、国民は軍を支持 米も動けず」日本経済新聞2013/8/18 0:55
  31. ^ “エジプト大統領選、イスラム主義候補が勝利宣言”. 読売新聞. (2012年6月18日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120618-OYT1T00555.htm 2012年6月19日閲覧。 
  32. ^ “エジプト大統領選の両候補が勝利宣言、広場では大規模デモ”. CNN.co.jp (CNN). (2012年6月20日). http://www.cnn.co.jp/world/30007051.html 2012年6月21日閲覧。 
  33. ^ a b “エジプト大統領選、結果発表延期 「異議申し立て審査」”. 朝日新聞. (2012年6月21日). http://www.asahi.com/international/update/0621/TKY201206210158.html 2012年6月22日閲覧。 
  34. ^ DAVID D. KIRKPATRICK (2012年6月24日). “Morsi Declared Winner of Egyptian Presidency [ムルシー氏、大統領選勝者として宣言される]” (英語). インターナショナル・ヘラルド・トリビューン. http://www.nytimes.com/2012/06/25/world/middleeast/mohamed-morsi-of-muslim-brotherhood-declared-as-egypts-president.html 2012年6月24日閲覧。 
  35. ^ “「全エジプト人の大統領に」 モルシ氏 イスラエル和平維持”. 東京新聞. (2012年6月25日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012062502000205.html 2012年6月25日閲覧。 
  36. ^ 外務大臣会見記録 平成24年5月25日付”. 日本国外務省. 2012年5月30日閲覧。

外部リンク編集