メインメニューを開く

2012年オーストラリアグランプリは、2012年F1世界選手権第1戦として、2012年3月18日アルバート・パーク・サーキットで開催された。正式名称は2012 FORMULA 1 Qantas Australian Grand Prix[1]

オーストラリアの旗 2012年オーストラリアグランプリ
レース詳細
Albert Lake Park Street Circuit in Melbourne, Australia.svg
日程 2012年シーズン第1戦
決勝開催日 3月18日
開催地 アルバート・パーク・サーキット
オーストラリア メルボルン
コース長 5.303km
レース距離 58周(307.574km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:24.922
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジェンソン・バトン
タイム 1:29.187(Lap 56)
決勝順位
優勝
2位
3位

概要編集

予選編集

マクラーレンルイス・ハミルトンが予選Q3の最初のアタックでベストタイムを記録し、ポールポジションを獲得。チームメイトのジェンソン・バトンも2番グリッドを確保した。レッドブル勢はトラブルによりKERSが使用できず、5位・6位に止まった。マクラーレンのフロントロー独占は2009年ヨーロッパGP以来であり、レッドブルのマシンがフロントローを逃すのは2010年イタリアGP以来の出来事となった。

ロータスロマン・グロージャンは2009年以来のF1復帰戦で自身最高の予選3位を獲得した。同じくF1に復帰したチームメイトのキミ・ライコネンは、チームとの交信ミスもあり17位に終わった。

プレシーズンテストから不振が伝えられるフェラーリは、2台ともQ2でノックアウトされた。

新車の準備が遅れたマルシャHRTは、テスト走行を行えないまま開幕戦を迎えた。HRTは予選通過タイムを上回れず、決勝レースはHRTの2台を除く22台によって行われる。

結果編集

順位 No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 グリッド
1 4   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 1:26.800 1:25.626 1:24.922 1
2 3   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 1:26.832 1:25.663 1:25.074 2
3 10   ロマン・グロージャン ロータスルノー 1:26.498 1:25.845 1:25.302 3
4 7   ミハエル・シューマッハ メルセデス 1:26.586 1:25.571 1:25.336 4
5 2   マーク・ウェバー レッドブルルノー 1:27.117 1:26.597 1:25.651 5
6 1   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 1:26.773 1:25.982 1:25.668 6
7 8   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:26.763 1:25.469 1:25.686 7
8 18   パストール・マルドナド ウィリアムズルノー 1:26.803 1:26.206 1:25.908 8
9 12   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 1:27.464 1:26.314 1:26.451 9
10 16   ダニエル・リチャルド トロ・ロッソフェラーリ 1:27.024 1:26.319 no time 10
11 17   ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソフェラーリ 1:26.493 1:26.429 11
12 5   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:26.688 1:26.494 12
13 14   小林可夢偉 ザウバーフェラーリ 1:26.182 1:26.590 13
14 19   ブルーノ・セナ ウィリアムズルノー 1:27.004 1:26.663 14
15 11   ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 1:27.469 1:27.086 15
16 6   フェリペ・マッサ フェラーリ 1:27.633 1:27.497 16
17 15   セルジオ・ペレス ザウバーフェラーリ 1:26.596 no time 221
18 9   キミ・ライコネン ロータスルノー 1:27.758 17
19 20   ヘイキ・コバライネン ケータハムルノー 1:28.679 18
20 21   ヴィタリー・ペトロフ ケータハムルノー 1:29.018 19
21 24   ティモ・グロック マルシャコスワース 1:30.923 20
22 25   シャルル・ピック マルシャコスワース 1:31.670 21
予選通過タイム: 1:32.214 (107%ルール)
23 22   ペドロ・デ・ラ・ロサ HRTコスワース 1:33.495 DNQ2
24 23   ナレイン・カーティケヤン HRTコスワース 1:33.643 DNQ2
脚注[2]
追記

決勝編集

展開編集

決勝は快晴のもと、現地時間17時にスタートが切られた。予選2位のバトンが好スタートを切り、ポールシッターのハミルトンを抜いてトップで1コーナーに侵入した。予選3位のグロージャンが後退する一方、予選7位のロズベルグが順位を上げ、バトン-ハミルトン-シューマッハ-ロズベルグ-ベッテル-グロージャンという順になった。中位グループでは接触が発生し、ヒュルケンベルグがリタイア。小林はチームメイトのペレスと接触してリアウィング翼端板を壊した。グロージャンも3周目にマルドナードとの競り合いでダメージを負い、早々にリタイアした。

バトンは快調にトップを走行し、ハミルトン以下を引き離した。メルセデスAMGの2台はペースが上がらず、ベッテルがロズベルグをかわし、3位のシューマッハにもプレッシャーをかけた。10周目、シューマッハは1コーナーをはみ出し、ギアボックスの故障によりリタイアした。

1回目のタイヤ交換を終えると、バトン-ハミルトン-ベッテル-アロンソ-ロズベルグ-ウェバー-マルドナドの順になった。各チーム2ストップの予定だが、ペレスのみが1ストップ作戦を選択している。

36周目、マクラーレンの2台が相次いで2回目のタイヤ交換を行う頃、ペトロフがホームストレートでマシンを止め、撤去作業のためセーフティーカーが導入された。このタイミングでピットインしたベッテルは、ハミルトンの前2番手に順位を上げた。

41周目にセーフティーカーが退出し、バトン-ベッテル-ハミルトン-ウェバー-アロンソ-マルドナドの順でレースが再開された。7番手のペレス以下、ロズベルグ、小林、ライコネンが入賞圏内でポジションを争う。

47周目、マッサとセナが接触し、ダメージを負って両者ともピットに戻った(セナは16位完走扱い)。

ファイナルラップでは6位以下の順位が入れ替わった。5位のアロンソを追走していたマルドナドが7コーナーでスピンし、ウォールに激突。ペレスとロズベルグは接触して順位を落とし、ベルニュは2台にかわされデビュー戦入賞を逃した。この結果、アロンソ以下は6位小林、7位ライコネン、8位ペレス、9位リチャルド、10位ディ・レスタの順がポイントを獲得した。

バトンはセーフティカー出動により一旦リードを失ったが、最後までレースを支配してチェッカーフラッグを受けた。オーストラリアGPでは2009年2010年に続く3勝目となる。後方ではベッテル、ハミルトン、ウェバーが互いに接近しながらゴールし、開幕戦はマクラーレン対レッドブルという2強の構図が明らかになった。

結果編集

順位 No. ドライバー チーム 周回数 タイム / リタイア グリッド ポイント
1 3   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 58 1:34:09.565 2 25
2 1   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 58 +2.139 6 18
3 4   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 58 +4.075 1 15
4 2   マーク・ウェバー レッドブルルノー 58 +4.547 5 12
5 5   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 58 +21.565 12 10
6 14   小林可夢偉 ザウバーフェラーリ 58 +36.766 13 8
7 9   キミ・ライコネン ロータスルノー 58 +38.014 17 6
8 15   セルジオ・ペレス ザウバーフェラーリ 58 +39.458 22 4
9 16   ダニエル・リチャルド トロ・ロッソフェラーリ 58 +39.556 10 2
10 11   ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 58 +39.737 15 1
11 17   ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソフェラーリ 58 +39.848 11
12 8   ニコ・ロズベルグ メルセデス 58 +57.642 7
13 18   パストール・マルドナド ウィリアムズルノー 57 1周遅れ(アクシデント) 8
14 24   ティモ・グロック マルシャコスワース 57 1周遅れ 20
15 25   シャルル・ピック マルシャコスワース 53 5周遅れ(油圧系トラブル) 21
16 19   ブルーノ・セナ ウィリアムズルノー 52 6周遅れ(接触によるダメージ) 14
Ret 6   フェリペ・マッサ フェラーリ 46 接触によるダメージ 16
Ret 20   ヘイキ・コバライネン ケータハムルノー 44 サスペンショントラブル 18
Ret 21   ヴィタリー・ペトロフ ケータハムルノー 38 ステアリングトラブル 19
Ret 7   ミハエル・シューマッハ メルセデス 10 ギアボックストラブル 4
Ret 10   ロマン・グロージャン ロータスルノー 1 接触 3
Ret 12   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 0 接触によるダメージ 9
脚注[5]

第1戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集