メインメニューを開く

2012年スペイングランプリは、2012年F1世界選手権第5戦として、2012年5月13日カタロニア・サーキットで開催された。正式名称はFORMULA 1 GRAN PREMIO DE ESPAÑA SANTANDER 2012[1]

スペインの旗 2012年スペイングランプリ
レース詳細
Formula1 Circuit Catalunya.svg
日程 2012年シーズン第5戦
決勝開催日 5月13日
開催地 カタロニア・サーキット
スペイン バルセロナ
コース長 4.655km
レース距離 66周(307.104km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:22.285
ファステストラップ
ドライバー フランスの旗 ロマン・グロージャン
タイム 1:26.250(Lap 53)
決勝順位
優勝
2位
3位

目次

予選編集

Q3でトップタイムを記録したハミルトンであったが、予選終了から4時間半後、予選結果から除外が発表された。 ハミルトンは最後のアタックの後、提出が義務付けられている1リットルの燃料サンプルを残すためにターン8でマシンを止めた。 これが規定違反とみなされ、予選結果から除外されたが、最後尾からの決勝レース参加は許可された。

代わってポールポジションに立ったのがウィリアムズマルドナド。 F1参戦2年目で初のポールポジション獲得となった。 2番手にはフェラーリアロンソ。 マシンパフォーマンスに開幕から苦しんでいたアロンソが、アップデートを施して臨んだヨーロッパラウンド開幕戦で速さを見せた。

Q3常連組のバトンウェバーはQ2敗退となった。 トップから1秒以内に12台がひしめく厳しい予選Q2セッションであった。

結果編集

順位 No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 グリッド
DSQ 4   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 1:22.583 1:22.465 1:21.707 241
1 18   パストール・マルドナド ウィリアムズルノー 1:23.380 1:22.105 1:22.285 1
2 5   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:23.276 1:22.862 1:22.302 2
3 10   ロマン・グロージャン ロータス-ルノー 1:23.248 1:22.667 1:22.424 3
4 9   キミ・ライコネン ロータス-ルノー 1:23.406 1:22.856 1:22.487 4
5 15   セルジオ・ペレス ザウバー-フェラーリ 1:24.261 1:22.773 1:22.533 5
6 8   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:23.370 1:22.882 1:23.005 6
7 1   セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 1:23.850 1:22.884 7
8 7   ミハエル・シューマッハ メルセデス 1:23.757 1:22.904 8
9 14   小林可夢偉 ザウバー-フェラーリ 1:23.386 1:22.897 9
10 3   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 1:23.510 1:22.944 10
11 2   マーク・ウェバー レッドブル-ルノー 1:23.592 1:22.977 11
12 11   ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 1:23.852 1:23.125 12
13 12   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 1:23.720 1:23.177 13
14 17   ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソフェラーリ 1:24.362 1:23.265 14
15 16   ダニエル・リチャルド トロ・ロッソフェラーリ 1:23.906 1:23.442 15
16 6   フェリペ・マッサ フェラーリ 1:23.886 1:23.444 16
17 19   ブルーノ・セナ ウィリアムズルノー 1:24.981 17
18 21   ヴィタリー・ペトロフ ケータハムルノー 1:25.277 18
19 20   ヘイキ・コバライネン ケータハムルノー 1:25.507 19
20 25   シャルル・ピック マルシャコスワース 1:26.582 20
21 24   ティモ・グロック マルシャコスワース 1:27.032 21
22 22   ペドロ・デ・ラ・ロサ HRTコスワース 1:27.555 22
予選通過タイム: 1:28.363 (107%ルール)
23 23   ナレイン・カーティケヤン HRTコスワース 1:31.122 232
追記
^1 - ハミルトンは燃料不足により自力でピットレーンに戻ることができなかったため、予選結果から除外[2]
^2 — カーティケヤンは107%の基準タイムに届かなかったが、スチュワードの判断により決勝レースへの出走が認められた[3]

決勝編集

展開編集

前日の予選から5℃以上低い気温22℃、路面温度33℃でのレーススタート。2番手スタートのアロンソが好スタートを切り、ポールポジションのマルドナドを1コーナーで交わした。1周目を終えた順位はアロンソ、マルドナド、ライコネンロズベルググロージャンシューマッハベッテル

1回目のピットストップは7周目のベッテルから。ピットストップのタイミングの違いで車順が大きく入れ替わる中、13周目にシューマッハがセナに1コーナーで追突。これによりシューマッハは次戦で5グリット降格のペナルティを受けた[4]

先頭アロンソ、2番手マルドナド、その差1.4秒で迎えた24周目。この周の終わりで先に2回目のピットストップを行ったのはマルドナド。アロンソは26周目でバックマーカーにつかまりタイムロス。その周の終わりでピット作業を終えたがマルドナドはアウトラップ(25周目)のセクター2,3で全体ベストのタイム、26周目ではファステストラップをマークしておりアロンソがコースに戻った時にはマルドナドの6秒後方であった。

アンダーカットを成功させて先頭に躍り出たマルドナドは41周目に最後のピットストップ。アロンソは44周目までタイヤ交換を遅らせ、終盤マルドナドのタイヤが厳しくなることに賭けたが、逆にラスト7周というところでリアタイヤのグリップが突然低下して万事休した。最後には3番手のライコネンにも1秒以内にまで迫られたが、なんとか2位を死守した。

マルドナドは初優勝をポールトゥウィンで飾った。表彰台ではアロンソ、ライコネンの2人のワールドチャンピオンに担がれるなどの祝福を受けた。ウィリアムズにとっては実に8年ぶりの勝利で、フランク・ウィリアムズの70歳の誕生パーティーが開催された週末で、最高の誕生日プレゼントとなったが、レースから約90分後の祝賀中、そのウィリアムズのピットにおいて燃料引火による火災が発生。負傷者約30名とデータを収めたコンピューターの類が全焼する被害を蒙り、他チームから借用するハメになるなど暗い影を落とした。

結果編集

順位 No. ドライバー チーム 周回数 タイム / リタイア グリッド ポイント
1 18   パストール・マルドナド ウィリアムズルノー 66 1:39:09.145 1 25
2 5   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 66 +3.195 2 18
3 9   キミ・ライコネン ロータス-ルノー 66 +3.884 4 15
4 10   ロマン・グロージャン ロータス-ルノー 66 +14.799 3 12
5 14   小林可夢偉 ザウバー-フェラーリ 66 +1:04.641 9 10
6 1   セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 66 +1:07.576 7 8
7 8   ニコ・ロズベルグ メルセデス 66 +1:17.919 6 6
8 4   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 66 +1:18.140 24 4
9 3   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 66 +1:25.246 10 2
10 12   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 65 +1 Lap 13 1
11 2   マーク・ウェバー レッドブル-ルノー 65 +1 Lap 11
12 17   ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソフェラーリ 65 +1 Lap 14
13 16   ダニエル・リチャルド トロ・ロッソフェラーリ 65 +1 Lap 15
14 11   ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 65 +1 Lap 12
15 6   フェリペ・マッサ フェラーリ 65 +1 Lap 16
16 20   ヘイキ・コバライネン ケータハムルノー 65 +1 Lap 19
17 21   ヴィタリー・ペトロフ ケータハムルノー 65 +1 Lap 18
18 24   ティモ・グロック マルシャコスワース 64 +2 Laps 21
19 22   ペドロ・デ・ラ・ロサ HRTコスワース 63 +3 Laps 22
Ret 15   セルジオ・ペレス ザウバー-フェラーリ 37 ギアボックス 5
Ret 25   シャルル・ピック マルシャコスワース 35 ドライブシャフト 20
Ret 23   ナレイン・カーティケヤン HRTコスワース 22 ホイール 23
Ret 19   ブルーノ・セナ ウィリアムズルノー 12 接触 17
Ret 7   ミハエル・シューマッハ メルセデス 12 接触 8
脚注[5]

第5戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集