メインメニューを開く

2012年バーレーングランプリ

2012年バーレーングランプリは、2012年F1世界選手権第4戦として、2012年4月22日バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催された。 正式名称は2012 FORMULA 1 Gulf Air Bahrain Grand Prix[1]

バーレーンの旗 2012年バーレーングランプリ
レース詳細
Bahrain International Circuit--Grand Prix Layout.svg
日程 2012年シーズン第4戦
決勝開催日 4月22日
開催地 バーレーン・インターナショナル・サーキット
バーレーン サキール
コース長 5.412km
レース距離 57周(308.238km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:32.422
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル
タイム 1:36.379(Lap 41)
決勝順位
優勝
  • ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル
    1:35:10.990
2位
3位

情勢が不安定な中2011年のレースはキャンセルとなり、2年ぶりの開催であったが、街では相変わらずデモが行われており、フォースインディアのスタッフ2名が火炎瓶が使用されている状況に巻き込まれる[2]など慌ただしい状況であった。 なお、この影響を受けてフォースインディアは金曜フリー走行2回目をキャンセルしている。

予選編集

Q3最初のアタックを終えた時点でトップタイムはハミルトン。 2回目のアタックでウェバーがこれを上回るもベッテルがすぐにこれを上回る。 最後に登場したハミルトンは、ベッテルのタイムには及ばず2番手。 ベッテルが今季初のポールポジションを獲得した。

結果編集

順位 No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 グリッド
1 1   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 1:34.308 1:33.527 1:32.422 1
2 4   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 1:34.813 1:33.209 1:32.520 2
3 2   マーク・ウェバー レッドブルルノー 1:34.015 1:33.311 1:32.637 3
4 3   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 1:34.792 1:33.416 1:32.711 4
5 8   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:34.588 1:33.219 1:32.821 5
6 16   ダニエル・リチャルド トロ・ロッソフェラーリ 1:33.988 1:33.556 1:32.912 6
7 10   ロマン・グロージャン ロータスルノー 1:34.041 1:33.246 1:33.008 7
8 15   セルジオ・ペレス ザウバーフェラーリ 1:33.814 1:33.660 1:33.394 8
9 5   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:34.760 1:33.403 9
10 11   ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 1:34.624 1:33.510 10
11 9   キミ・ライコネン ロータスルノー 1:34.552 1:33.789 11
12 14   小林可夢偉 ザウバーフェラーリ 1:34.131 1:33.806 12
13 12   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 1:34.601 1:33.807 13
14 6   フェリペ・マッサ フェラーリ 1:34.372 1:33.912 14
15 19   ブルーノ・セナ ウィリアムズルノー 1:34.466 1:34.017 15
16 20   ヘイキ・コバライネン ケータハムルノー 1:34.852 1:36.132 16
17 18   パストール・マルドナド ウィリアムズルノー 1:34.639 211
18 7   ミハエル・シューマッハ メルセデス 1:34.865 221
19 17   ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソフェラーリ 1:35.014 17
20 21   ヴィタリー・ペトロフ ケータハムルノー 1:35.823 18
21 25   シャルル・ピック マルシャコスワース 1:37.683 19
22 22   ペドロ・デ・ラ・ロサ HRTコスワース 1:37.883 20
23 24   ティモ・グロック マルシャコスワース 1:37.905 23
24 23   ナレイン・カーティケヤン HRTコスワース 1:38.314 24
予選通過タイム: 1:40.380 (107%ルール)
追記
^1 — マルドナドとシューマッハはギアボックス交換のため5グリッド降格[3]

決勝編集

展開編集

現地時間15時開始の決勝レースは、気温28度、路面温度34度のドライコンディションでスタートとなった。 トップ3が順調なスタートを切る後ろで、グロージャンアロンソがジャンプアップを見せた。

序盤に好ペースを見せたのはグロージャンとライコネンロータス勢で、グロージャンはウェバーハミルトンを交わして2位へ、ライコネンもバトン、アロンソをパスして4番手まで浮上した。

2回目のピットストップ直前にライコネンがグロージャンをパスし2位に浮上。 全車ピットストップを終え、2位のライコネンが1位を独走していたベッテルを猛追する。 DRSを作動させられる1秒以内にまで迫り、1回は1コーナーで並びかけるもののパスするには至らず、最後は再び差を広げられて、ベッテル、ライコネン、グロージャンの順でチェッカーを受けた。

ベッテルが今季初優勝をポールトゥウィンで飾り、4戦目で4人目のウィナーとなった。

結果編集

順位 No. ドライバー チーム 周回数 タイム / リタイア グリッド ポイント
1 1   セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 57 1:35:10.990 1 25
2 9   キミ・ライコネン ロータスルノー 57 +3.333 11 18
3 10   ロマン・グロージャン ロータスルノー 57 +10.194 7 15
4 2   マーク・ウェバー レッドブルルノー 57 +38.788 3 12
5 8   ニコ・ロズベルグ メルセデス 57 +55.460 5 10
6 11   ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 57 +57.543 10 8
7 5   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 57 +57.803 9 6
8 4   ルイス・ハミルトン マクラーレンメルセデス 57 +58.984 2 4
9 6   フェリペ・マッサ フェラーリ 57 +1:04.999 14 2
10 7   ミハエル・シューマッハ メルセデス 57 +1:11.490 22 1
11 15   セルジオ・ペレス ザウバーフェラーリ 57 +1:12.702 8
12 12   ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 57 +1:16.539 13
13 17   ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソフェラーリ 57 +1:30.334 17
14 14   小林可夢偉 ザウバーフェラーリ 57 +1:33.723 12
15 16   ダニエル・リチャルド トロ・ロッソフェラーリ 56 1周遅れ 6
16 21   ヴィタリー・ペトロフ ケータハムルノー 56 1周遅れ 18
17 20   ヘイキ・コバライネン ケータハムルノー 56 1周遅れ 16
18 3   ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 55 エキゾースト/デフ 4
19 24   ティモ・グロック マルシャコスワース 55 2周遅れ 23
20 22   ペドロ・デ・ラ・ロサ HRTコスワース 55 2周遅れ 20
21 23   ナレイン・カーティケヤン HRTコスワース 55 2周遅れ 24
22 19   ブルーノ・セナ ウィリアムズルノー 54 ブレーキ 15
Ret 18   パストール・マルドナド ウィリアムズルノー 25 パンク 21
Ret 25   シャルル・ピック マルシャコスワース 24 エンジン 19
脚注[4]

第4戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集