メインメニューを開く

2012年ロンドンオリンピックの射撃競技

2012年ロンドンオリンピック射撃競技は、王立砲兵隊兵舎で7月28日から8月5日まで実施。国際射撃連盟(ISSF)主管。15種目が実施され、390人が出場した[1]

出場枠編集

2010年にミュンヘンで開催された世界選手権の優勝者に自動的に出場枠が与えられるほか、過去2年間のISSFワールドカップの上位選手に出場枠がある[2]

競技結果編集

男子編集

種目
10mエアピストル   秦鍾午
韓国 (KOR)
  ルカ・テスコニ
イタリア (ITA)
  アンドリヤ・ズラティッチ
セルビア (SRB)
10mエアライフル   アリン・ゲオルゲ・モルドベアヌ
ルーマニア (ROU)
  ニッコロ・カンプリアーニ
イタリア (ITA)
  ガガン・ナランゲ
インド (IND)
25mラピッドファイアピストル   レウリス・プポ
キューバ (CUB)
  ビジャイ・クマール
インド (IND)
  丁峰
中国 (CHN)
50mピストル   秦鍾午
韓国 (KOR)
  崔永来
韓国 (KOR)
  王智偉
中国 (CHN)
50mライフル伏射   セルゲイ・マルチノフ
ベラルーシ (BLR)
  リオネル・コックス
ベルギー (BEL)
  ライモンド・デベベッチ
スロベニア (SLO)
50mライフル3姿勢   ニッコロ・カンプリアーニ
イタリア (ITA)
  金宗玄
韓国 (KOR)
  マシュー・エモンズ
アメリカ合衆国 (USA)
スキート   ビンセント・ハンコック
アメリカ合衆国 (USA)
  アナス・ゴリング
デンマーク (DEN)
  ナサール・アルアティヤ
カタール (QAT)
トラップ   ジョバンニ・チェルノゴラズ
クロアチア (CRO)
  マッシモ・ファブリッツィ
イタリア (ITA)
  フェハイド・ディハニ
クウェート (KUW)
ダブルトラップ   ラッセル・ウィルソン
イギリス (GBR)
  ハカン・ダールビー
スウェーデン (SWE)
  ワシリー・モシン
ロシア (RUS)

女子編集

種目
10mエアピストル   郭文珺
中国 (CHN)
  セリーヌ・ゴベービル
フランス (FRA)
  オレーナ・コステビッチ
ウクライナ (UKR)
10mエアライフル   易思玲
中国 (CHN)
  シルビア・ボガツカ
ポーランド (POL)
  喩丹
中国 (CHN)
25mエアピストル   金牆美
韓国 (KOR)
  陳穎
中国 (CHN)
  オレーナ・コステビッチ
ウクライナ (UKR)
50mライフル3姿勢   ジェイミーリン・グレー
アメリカ合衆国 (USA)
  イバナ・マクシモビッチ
セルビア (SRB)
  アデラ・シコロバ
チェコ (CZE)
スキート   キム・ロード
アメリカ合衆国 (USA)
  魏寧
中国 (CHN)
  ダンカ・ベルテコバ
スロバキア (SVK)
トラップ   ジェシカ・ロッシ
イタリア (ITA)
  ズザナ・ステフェツェコバ
スロバキア (SVK)
  デルフィーヌ・レオ
フランス (FRA)

国・地域別のメダル獲得数編集

順位 国・地域
1   韓国 (KOR) 3 2 0 5
2   アメリカ合衆国 (USA) 3 0 1 4
3   イタリア (ITA) 2 3 0 5
4   中国 (CHN) 2 2 3 7
5   ベラルーシ (BLR) 1 0 0 1
  クロアチア (CRO) 1 0 0 1
  キューバ (CUB) 1 0 0 1
  イギリス (GBR) 1 0 0 1
  ルーマニア (ROU) 1 0 0 1
10   フランス (FRA) 0 1 1 2
  インド (IND) 0 1 1 2
  セルビア (SRB) 0 1 1 2
  スロバキア (SVK) 0 1 1 2
14   ベルギー (BEL) 0 1 0 1
  デンマーク (DEN) 0 1 0 1
  ポーランド (POL) 0 1 0 1
  スウェーデン (SWE) 0 1 0 1
18   ウクライナ (UKR) 0 0 2 2
19   チェコ (CZE) 0 0 1 1
  クウェート (KUW) 0 0 1 1
  カタール (QAT) 0 0 1 1
  ロシア (RUS) 0 0 1 1
  スロベニア (SLO) 0 0 1 1
合計 15 15 15 45

脚注編集

  1. ^ Shooting” (2011年). 2011年8月26日閲覧。
  2. ^ Olympic Quota Places”. 国際射撃連盟. 2011年5月25日閲覧。

外部リンク編集