メインメニューを開く

2012年ロンドンオリンピックの陸上競技

2012年ロンドンオリンピックの陸上競技は、2012年8月3日から8月12日まで実施された2012年ロンドンオリンピック陸上競技である。(IAAF)管轄。

2012年ロンドンオリンピックの陸上競技
London Olympic Stadium Interior - April 2012.jpg
日程 2012年8月3日 - 8月12日
競技場 オリンピック・スタジアム
参加選手 2231人 (男子 : 1160人 / 女子 : 1071人)
種目数 47 (男子 : 24 / 女子 : 23)
新記録 世界新 : 4
五輪新 : 7
サイト IAAF
2008
2016

目次

主な競技日程編集

今大会から短距離走などの予選が1回となり、その代わりに準決勝の出場枠が16枠から24枠に増加した。また一部の種目では予選前に予備予選が設けられた。

Q 予選 H 予選 ½ 準決勝 F 決勝
  • M : 午前の実施種目 / A : 午後・夕方の実施種目

参加標準記録編集

IAAFが定めたオリンピック出場に必要な参加標準記録は次のとおり[2]。2011年11月に一部変更があった[3]。参加標準記録の有効期間は後述する種目を除き、2011年5月1日から2012年7月8日である[4]10000m、マラソン、競歩、混成種目の有効期間は2011年1月1日から2012年7月8日である。リレー種目の有効期間は2011年1月1日から2012年7月2日であり、各チームによる2レース合計タイムのランキング上位16カ国に出場権が与えられた[2]

1ヵ国につき、参加標準記録Aを突破した選手は最大4名までエントリー可能、そのうち3名が出場できる。参加標準記録Bを突破した選手は同2名をエントリー可能、うち1名が出場できる。リレーメンバーは各種目ごとに6名までエントリー可能、ただし同距離の個人種目に出場する選手をエントリーメンバーに含めなければならない[5]

男子 女子
種目 A B 種目 A B
100m 10.18 10.24 100m 11.29 11.38
200m 20.55 20.65 200m 23.10 23.30
400m 45.30 45.90 400m 51.55 52.35
800m 1:45.60 1:46.30 800m 1:59.90 2:01.30
1500m 3:35.50 3:38.00 1500m 4:06.00 4:08.90
5000m 13:20.00 13:27.00 5000m 15:20.00 15:30.00
10000m 27:45.00 28:05.00 10000m 31:45.00 32:10.00
マラソン 2h15:00 2h18:00 マラソン 2h37:00 2h43:00
3000m障害 8:23.10 8:32.00 3000m障害 9:43.00 9:48.00
110mハードル 13.52 13.60 100mハードル 12.96 13.15
400mハードル 49.50 49.80 400mハードル 55.50 56.65
走高跳 2m31 2m28 走高跳 1m95 1m92
棒高跳 5m72 5m60 棒高跳 4m50 4m40
走幅跳 8m20 8m10 走幅跳 6m75 6m65
三段跳 17m20 16m85 三段跳 14m30 14m10
砲丸投 20m50 20m00 砲丸投 18m30 17m20
円盤投 65m00 63m00 円盤投 62m00 59m50
ハンマー投 78m00 74m00 ハンマー投 71m50 69m00
やり投 82m00 79m50 やり投 61m00 59m00
十種競技 8200 7950 七種競技 6150 5950
20km競歩 1:22:30 1:24:30 20km競歩 1:33:30 1:38:00
50km競歩 3:59:00 4:09:00 - - -
4×100mリレー 上位16チーム 4×100mリレー 上位16チーム
4×400mリレー 上位16チーム 4×400mリレー 上位16チーム

競技結果編集

男子編集

種目
100m
詳細
  ウサイン・ボルト
ジャマイカ (JAM)
9.63
五輪新
  ヨハン・ブレーク
ジャマイカ (JAM)
9.75   ジャスティン・ガトリン
アメリカ合衆国 (USA)
9.79
200m   ウサイン・ボルト
ジャマイカ (JAM)
19.32   ヨハン・ブレーク
ジャマイカ (JAM)
19.44   ウォーレン・ウィアー
ジャマイカ (JAM)
19.84
400m   キラニ・ジェームス
グレナダ (GRN)
43.94   ルグエリン・サントス
ドミニカ共和国 (DOM)
44.46   ラロンド・ゴードン
トリニダード・トバゴ (TRI)
44.52
800m   デイヴィッド・レクタ・ルディシャ
ケニア (KEN)
1:40.91
世界新
  ナイジェル・アモス
ボツワナ (BOT)
1:41.73   ティモシー・キトム
ケニア (KEN)
1:42.53
1500m   タウフィク・マフロフィ
アルジェリア (ALG)
3:34.08   レオネル・マンザーノ
アメリカ合衆国 (USA)
3:34.79   アブデルアーティ・イギデール
モロッコ (MAR)
3:35.13
5000m   モハメド・ファラー
イギリス (GBR)
13:41.66   デジェン・ゲブレメスケル
エチオピア (ETH)
13:41.98   トーマス・プケメイ・ロンゴシワ
ケニア (KEN)
13:42.36
10000m   モハメド・ファラー
イギリス (GBR)
27:30.42   ゲーレン・ラップ
アメリカ合衆国 (USA)
27:30.90   タリク・ベケレ
エチオピア (ETH)
27:31.43
110mハードル   アリエス・メリット
アメリカ合衆国 (USA)
12.92   ジェーソン・リチャードソン
アメリカ合衆国 (USA)
13.04   ハンズル・パーチメント
ジャマイカ (JAM)
13.12
400mハードル   フェリックス・サンチェス
ドミニカ共和国 (DOM)
47.63   マイケル・ティンズリー
アメリカ合衆国 (USA)
47.91   ハビエル・クルソン
プエルトリコ (PUR)
48.10
3000m障害   エゼキエル・ケンボイ
ケニア (KEN)
8:18.56   マイディーヌ・メキシベナバ
フランス (FRA)
8:19.08   アベル・ムタイ
ケニア (KEN)
8:19.73
4×100mリレー[6]   ジャマイカ (JAM)
ネスタ・カーター
マイケル・フレイター
ヨハン・ブレーク
ウサイン・ボルト
36.84
世界新
  トリニダード・トバゴ (TRI)
キーストン・ブレドマン
マルク・バーンズ
エマニュエル・カレンダー
リチャード・トンプソン
38.12   フランス (FRA)
ジミー・ヴィコ
クリストフ・ルメートル
ピエール=アレクシス・ペソノ
ロナルド・ポニョン
38.16
4×400mリレー   バハマ (BAH)
クリス・ブラウン
デメトリウス・ピンダー
マイケル・マシュー
ラモン・ミラー
2:56.72   アメリカ合衆国 (USA)
ブライション・ネラム
ヨシュア・マンス
トニー・マッケイ
アンジェロ・テーラー
2:57.05   トリニダード・トバゴ (TRI)
ラロンド・ゴードン
ジャリン・ソロモン
エイド・アレインフォート
ディオン・レンドール
2:59.40
マラソン    スティーブン・キプロティチ
ウガンダ (UGA)
2h08.01   アベル・キルイ
ケニア (KEN)
2h08.27   ウィルソン・キプサング・キプロティチ
ケニア (KEN)
2h09.37
20 km競歩   陳定
中国 (CHN)
1h18:46
五輪新
  エリック・バロンド
グアテマラ (GUA)
1h18:57   王鎮
中国 (CHN)
1h19:25
50 km競歩[7]   ジャレド・タレント
オーストラリア (AUS)
3h36:53   司天峰
中国 (CHN)
3h37:16   ロバート・ヘファーナン
アイルランド (IRL)
3h37:54
走高跳[8] - -   エリック・キナード
アメリカ合衆国 (USA)
2.33m   ムタズ・エサ・バルシム
カタール (QAT)
2.29m
  デレク・ドローイン
カナダ (CAN)
  ロバート・グレーバーズ
イギリス (GBR)
棒高跳   ルノー・ラビレニ
フランス (FRA)
5.97m
五輪新
  ビョルン・オットー
ドイツ (GER)
5.91m   ラファエル・ホルツデッペ
ドイツ (GER)
5.91m
走幅跳   グレッグ・ラザフォード
イギリス (GBR)
8.31m   ミッチェル・ワット
オーストラリア (AUS)
8.16m   ウィル・クレイ
アメリカ合衆国 (USA)
8.12m
三段跳   クリスチャン・テーラー
アメリカ合衆国 (USA)
17.81m   ウィル・クレイ
アメリカ合衆国 (USA)
17.62m   ファブリツィオ・ドナート
イタリア (ITA)
17.48m
円盤投   ロバート・ハルティング
ドイツ (GER)
68.27m   エフサン・ハダディ
イラン (IRI)
68.18m   ゲルド・カンテル
エストニア (EST)
68.03m
砲丸投   トマシュ・マエフスキ
ポーランド (POL)
21.89m   ダビド・シュトール
ドイツ (GER)
21.86m   リース・ホッファ
アメリカ合衆国 (USA)
21.23m
ハンマー投
詳細
  クリスティアン・パルシュ
ハンガリー (HUN)
80.59m   プリモジュ・コズムス
スロベニア (SLO)
79.36m   室伏広治
日本 (JPN)
78.71m
やり投[9]   ケショーン・ウォルコット
トリニダード・トバゴ (TRI)
84.58m   アンティ・ルースカネン
フィンランド (FIN)
84.12m   ヴィテスラフ・ヴェセリー
チェコ (CZE)
83.34m
十種競技   アシュトン・イートン
アメリカ合衆国 (USA)
8869   テリー・ハーディー
アメリカ合衆国 (USA)
8671   レオネル・スアレス
キューバ (CUB)
8523

女子編集

種目
100m   シェリー=アン・フレーザー=プライス
ジャマイカ (JAM)
10.75   カーメリタ・ジーター
アメリカ合衆国 (USA)
10.78   ベロニカ・キャンベル=ブラウン
ジャマイカ (JAM)
10.81
200m   アリソン・フェリックス
アメリカ合衆国 (USA)
21.88   シェリー=アン・フレーザー=プライス
ジャマイカ (JAM)
22.09   カーメリタ・ジーター
アメリカ合衆国 (USA)
22.14
400m   サーニャ・リチャーズ=ロス
アメリカ合衆国 (USA)
49.55   クリスティーン・オールグー
イギリス (GBR)
49.70   ディーディー・トロッター
アメリカ合衆国 (USA)
49.72
800m[10]   キャスター・セメンヤ
南アフリカ (RSA)
1:57.23   エカテェリーナ・ポイストゴワ
ロシア (RUS)
1:57.53   パメラ・ジェリモ
ケニア (KEN)
1:57.59
1500m[11]   マリアム・ジャマル
バーレーン (BRN)
4:10.74   タチアナ・トマショワ
ロシア (RUS)
4:10.90   アベバ・アレガウィ
エチオピア (ETH)
4:11.03
5000m   メセレト・デファー
エチオピア (ETH)
15:04.25   ビビアン・チェルイヨット
ケニア (KEN)
15:04.73   ティルネッシュ・ディババ
エチオピア (ETH)
15:04.05
10000m   ティルネシュ・ディババ
エチオピア (ETH)
30:20.75   サリー・キプイエゴ
ケニア (KEN)
30:26.37   ビビアン・チェルイヨット
ケニア (KEN)
30:30.44
100mハードル   サリー・ピアソン
オーストラリア (AUS)
12.35
五輪新
  ドーン・ハーパー
アメリカ合衆国 (USA)
12.37   ケリー・ウェルズ
アメリカ合衆国 (USA)
12.48
400mハードル   ナタリア・アントユフ
ロシア (RUS)
52.70   ラシンダ・ディーマス
アメリカ合衆国 (USA)
52.77   ズザナ・ヘイノバ
チェコ (CZE)
53.38
3000m障害[12]   ハビバ・グリビ
チュニジア (TUN)
9:08.37   ソフィア・アセファ
エチオピア (ETH)
9:09.84   ミルカ・チェモス・チェイワ
ケニア (KEN)
9:09.88
4×100mリレー   アメリカ合衆国 (USA)
ティアナ・マディソン
アリソン・フェリックス
ビアンカ・ナイト
カーメリタ・ジーター
40.82
世界新
  ジャマイカ (JAM)
シェリー=アン・フレーザー=プライス
シェローン・シンプソン
ベロニカ・キャンベル=ブラウン
ケロン・スチュワート
41.41   ウクライナ (UKR)
オレシャ・ポフ
フリスティナ・ストゥイ
マリヤ・リエミエン
エリザベタ・ブリズギナ
42.04
4×400mリレー[13]   アメリカ合衆国 (USA)
ディーディー・トロッター
アリソン・フェリックス
フランセーナ・マコロリー
サーニャ・リチャーズ=ロス
3:16.87   ジャマイカ (JAM)
クリスティン・デイ
ローズマリー・ホワイト
シェリカ・ウィリアムズ
ノブレーン・ウィリアムズ=ミルズ
3:20.95   ジャマイカ (JAM)
アリーナ・ログビネンコ
オリハ・ゼムリャク
ハンナ・リシコヴァ
ナタリア・パイハイダ
3:23.57
マラソン
詳細
  ティキ・ゲラナ
エチオピア (ETH)
2:23:07
五輪新
  プリスカ・ジェプトゥー
ケニア (KEN)
2:23:12   タチアナ・ペトロワ・アルヒポワ
ロシア (RUS)
2:23:29
20 km競歩[14]   エレーナ・ラシュマノワ
ロシア (RUS)
1h25:02
世界新
  切陽什姐
中国 (CHN)
1h25:16   劉虹
中国 (CHN)
1h26:00
走高跳[15]   アンナ・チチェロワ
ロシア (RUS)
2.05m   ブリジッタ・バレット
アメリカ合衆国 (USA)
2.03m - -
棒高跳   ジェニファー・サー
アメリカ合衆国 (USA)
4.75m   ヤリスレイ・シルバ
キューバ (CUB)
4.75m   エレーナ・イシンバエワ
ロシア (RUS)
4.70m
走幅跳   ブリトニー・リース
アメリカ合衆国 (USA)
7.12m   エレーナ・ソコロワ
ロシア (RUS)
7.07m   ジャーネイ・デローチ
アメリカ合衆国 (USA)
6.89m
三段跳   オリガ・リパコワ
カザフスタン (KAZ)
14.98m   カテリネ・イバルグエン
コロンビア (COL)
14.80m   オリガ・サラドゥハ
ウクライナ (UKR)
14.79m
円盤投[16]   サンドラ・ペルコビッチ
クロアチア (CRO)
69.11m   李艶鳳
中国 (CHN)
67.22m   ヤレリス・バリオス
キューバ (CUB)
66.38m
砲丸投[17]   バレリー・アダムス
ニュージーランド (NZL)
20.70m   鞏立姣
中国 (CHN)
20.22m   李玲
中国 (CHN)
19.63m
ハンマー投[18]   アニタ・ヴォダルチク
ポーランド (POL)
77.60   ベティ・ハイドラー
ドイツ (GER)
77.12   張文秀
中国 (CHN)
76.34
やり投   バルボラ・シュポタコバ
チェコ (CZE)
69.55m   クリスティーナ・オーバークフォル
ドイツ (GER)
65.16m   リンダ・シュタール
ドイツ (GER)
64.91m
七種競技[19]   ジェシカ・エニス
イギリス (GBR)
6955   リリ・シュワルツコプフ
ドイツ (GER)
6649   アウストラ・スクイテ
リトアニア (LTU)
6599

国・地域別のメダル獲得数編集

順位 国・地域
1   アメリカ合衆国 (USA) 9 12 7 28
2   ジャマイカ (JAM) 4 5 3 12
3   イギリス (GBR)(開催国) 4 1 1 6
4   ロシア (RUS) 3 3 2 8
5   エチオピア (ETH) 3 2 3 8
6   ケニア (KEN) 2 4 7 13
7   オーストラリア (AUS) 2 1 0 3
8   ポーランド (POL) 2 0 0 2
9   ドイツ (GER) 1 5 2 8
10   中国 (CHN) 1 4 4 9
11   トリニダード・トバゴ (TRI) 1 1 2 4
12   フランス (FRA) 1 1 1 3
13   ドミニカ共和国 (DOM) 1 1 0 2
14   チェコ (CZE) 1 0 2 3
15   アルジェリア (ALG) 1 0 0 1
  バハマ (BAH) 1 0 0 1
  バーレーン (BRN) 1 0 0 1
  クロアチア (CRO) 1 0 0 1
  グレナダ (GRN) 1 0 0 1
  ハンガリー (HUN) 1 0 0 1
  カザフスタン (KAZ) 1 0 0 1
  ニュージーランド (NZL) 1 0 0 1
  南アフリカ (RSA) 1 0 0 1
  チュニジア (TUN) 1 0 0 1
  ウガンダ (UGA) 1 0 0 1
26   キューバ (CUB) 0 1 2 3
27   ボツワナ (BOT) 0 1 0 1
  コロンビア (COL) 0 1 0 1
  フィンランド (FIN) 0 1 0 1
  グアテマラ (GUA) 0 1 0 1
  イラン (IRI) 0 1 0 1
  スロベニア (SLO) 0 1 0 1
33   ウクライナ (UKR) 0 0 3 3
34   カナダ (CAN) 0 0 1 1
  エストニア (EST) 0 0 1 1
  アイルランド (IRL) 0 0 1 1
  イタリア (ITA) 0 0 1 1
  日本 (JPN) 0 0 1 1
  リトアニア (LTU) 0 0 1 1
  モロッコ (MAR) 0 0 1 1
  プエルトリコ (PUR) 0 0 1 1
  カタール (QAT) 0 0 1 1
合計 46 47 48 141

脚注編集

  1. ^ Olympic sport competition schedule. london2012.com 2012年6月24日閲覧.
  2. ^ a b Olympic Qualifying Procedures for Athletics Telegraph (2011-04-15). 2012年6月24日閲覧.
  3. ^ Qualification Standards reduced in six disciplines - London 2012
  4. ^ 第30回オリンピック競技大会 最終予選・選考会日程 日本オリンピック委員会 (2012-01-10). 2012年6月24日閲覧.
  5. ^ 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン) 日本代表選手選考要項 日本陸上競技連盟. 2012年12月19日閲覧
  6. ^ 当初は  アメリカ合衆国 (USA)が2位となったが、後日タイソン・ゲイのドーピング違反が発覚し失格、トリニダード・トバゴ以下が繰り上がりとなった。ロンドン五輪男子400mリレー、繰り上がりの仏代表に銅メダル授与”. フランス通信社 (2015年7月5日). 2016年6月11日閲覧。
  7. ^ 当初は  セルゲイ・キルジャプキン (RUS)が1位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、タレント以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2012 陸上男子50km競歩公式結果
  8. ^ 当初は  イワン・ウーホフ (RUS)が1位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、2019年7月現在、2位以下の繰り上がりは行われていない。国際オリンピック委員会 2012 陸上男子走高跳公式結果
  9. ^ 当初は  オレクサンドル・ピャトニシャ (UKR)が2位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、ルースカネン以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2012 陸上男子やり投公式結果
  10. ^ 当初は  マリア・サビノワ (RUS)が1位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、以下順位の繰り上げ。ロンドン五輪女子800メートル、サビノワの「金」剥奪 - 産経ニュース (2017-02-10).
  11. ^ 当初は  アスル・チャクル・アルプテキン英語版 (TUR)が1位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、2位のガムゼ・ブルトもドーピングが発覚し、マリアム・ジャマル以下が繰り上がりとなった。ジャキールの五輪金剥奪=ドーピングで資格停止-CAS - 2015年8月18日閲覧、トルコ選手の「銀」剥奪へ ドーピングで成績抹消
  12. ^ 当初は  ユリア・ザリポワ (RUS)が1位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、ハビバ・グリビ以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2012 陸上女子3000m障害公式結果
  13. ^ 当初は  ロシア (RUS)が2位となったが、後日2走のアントニーナ・クリヴォシャプカのドーピング違反が発覚し失格、ジャマイカ以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2012 陸上4×400mリレー公式結果
  14. ^ 当初は  オリガ・カニスキナ (RUS)が2位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、切陽什姐以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2012 陸上女子20km競歩公式結果
  15. ^ 当初は  スベトラーナ・シュコリナ (RUS)が3位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、2019年7月現在、4位以下の繰り上がりは行われていない。国際オリンピック委員会 2012 陸上女子走高跳公式結果
  16. ^ 当初は  ダリア・ピシチャルニコワ (RUS)が2位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、李以下が繰り上がりとなった。ピシチャルニコワ、10年出場停止/陸上 - サンケイスポーツ (2013-05-01). 2013年9月13日閲覧
  17. ^ 当初は1位  ナドゼヤ・オスタプチュク (BLR)、3位  エフゲニア・コロドコ (RUS)となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、バレリー以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2012 陸上女子砲丸投公式結果
  18. ^ 当初は  タチアナ・ルイセンコが1位となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、アニタ・ヴォダルチク以下繰上げとなった。IOC London2012 Athletics Hammer throw women
  19. ^ 当初は3位  タチアナ・チェルノワ (RUS)、4位  リュドミラ・ヨシペンコ (UKR)となったが、後日ドーピング違反が発覚し失格、スクイテ以下が繰り上がりとなった。国際オリンピック委員会 2012 陸上女子七種競技公式結果

関連項目編集

外部リンク編集