メインメニューを開く

2012年中華民国総統選挙(2012ねんちゅうかみんこくそうとうせんきょ、中国語: 2012年中華民國總統選舉)は、2012年1月14日中華民国台湾)で行われた総統(第13期)を選出する選挙である。副総統も同時に選出する。

2012年中華民国総統選挙
2012年中華民國總統選舉
中華民国
2008年 ←
2012年1月14日
→ 2016年

投票率 74.38%
  中華民國第12、13任總統馬英九先生官方肖像照.jpg 蔡英文官方元首肖像照 (cropped).png
候補者 馬英九 蔡英文
政党 中国国民党 民主進歩党
副総統候補者 Wu Den-yih (Chopped).jpg
呉敦義
蘇委員嘉全 (第九屆).jpg
蘇嘉全
得票数 6,891,139 6,093,578
得票率 51.60% 45.63%

  宋楚瑜主席2016.jpg
候補者 宋楚瑜
政党 親民党
副総統候補者 Voa chinese LinRuey-shiung20111124.jpg
林瑞雄
得票数 369,588
得票率 2.77%

ROC 2012 Presidential Election Township level (2).svg

地域別得票結果
馬英九・呉敦義  蔡英文・蘇嘉全

選挙前総統

馬英九
中国国民党

選出総統

馬英九
中国国民党

第八回中華民国立法委員選挙も同日実施され、史上初の総統選挙と立法委員選挙のダブル選挙となった[1]

概要編集

選挙制度編集

総統候補は副総統候補とペアで出馬し、比較多数の候補ペアを当選者とする。総統任期は4年、連続再選は2回まで。

選挙権は20歳以上の自由地区(台湾地区)に6ヶ月以上在住する中華民国国民。在外住民にも選挙権が有する。被選挙権は自由地区に6か月以上在住し、中華民国国民として15年以上経過した者で40歳を超えた時に被選挙人として登録される[2]

ただし中華民国国籍を回復または帰化した者、大陸地区(中華人民共和国)あるいは香港マカオから台湾に移住した国民は被選挙人として登録できない[2]

立候補にあたって政党(直近の国政選挙で5%以上の得票)からの推薦を得るか、複数の政党による推薦(推薦政党の直近国政選挙の得票数合計が5%以上)が必要である。無所属で立候補する場合は、直近の立法院選挙有権者1.5%の署名が必要[2]

候補者編集

  中国国民党   民主進歩党
総統候補 副総統候補 総統候補 副総統候補
馬英九 呉敦義 蔡英文 蘇嘉全
       
総統
党主席
行政院長
元党秘書長
元行政院副院長
党主席
元内政部長
党秘書長
  親民党
総統候補 副総統候補
宋楚瑜 林瑞雄
   
台湾省長
党主席
台湾大学学長名誉教授

中国国民党編集

現職総統の馬英九以外に立候補はなく、2011年4月27日、馬英九を正式に次期総統候補に選任した。同年6月19日、馬候補は、現職の行政院長(首相)である呉敦義を副総統候補に選任すると発表。

民主進歩党編集

現職党主席の蔡英文、元行政院長の蘇貞昌、元民進党主席の許信良が党内選挙に立候補し、2011年5月4日、蔡英文を正式に次期総統候補に選任した。2011年9月10日、民進党秘書長蘇嘉全を副総統候補に指名。同年9月24日の党大会(全国代表大会)で正副総統候補の擁立が正式承認された[3]

親民党編集

無所属ほか編集

争点編集

選挙の主要争点は馬英九総統が進めてきた対中政策への是非、経済格差と福祉政策であった。対中政策では中台関係改善の成果を主張した馬英九候補(国民党)に対し、蔡英文候補(民進党)は台湾の主体性が脅かされていると馬総統が進めてきた中台関係改善を批判した[4][5]

馬英九編集

  • 中国と台湾は「一つの中国」であることを認め、「統一せず・独立せず・武力行使せず」の原則維持で中台交流を拡大。

蔡英文編集

  • 中国との関係は台湾人の総意で民主的に決める。対話を通じた平和で安定的な関係構築を目指す。

宋楚瑜編集

  • 最終的には中台統一を実現。当面は現状維持し、経済・貿易を中心に交流を拡大。
出典:【図解・国際】対中政策における各候補の主張と略歴時事ドットコム) 

選挙結果編集

選挙の結果、国民党の馬英九総統が、民進党の蔡英文と親民党の宋楚瑜を破って再選を果たした。馬英九と蔡英文の得票差は6%弱、投票率は前回選挙(76.3%)を下回った。

馬英九が勝利した要因は、中台関係改善の実績と現状維持路線(統一せず、独立せず、武力行使せず)が評価されたものと受け止められた。特に中台関係改善・交流拡大のきっかけとなった「九二共識」(92年合意。中国と台湾の当局者が92年に交わしたとされる合意の通称、中国側は「一つの中国」で双方が合意したと主張したのに対し、台湾側は「一つの中国」の判断は双方の見解にゆだねるとし、双方で食い違いを見せた)を維持するとした馬英九に対し、蔡英文は92年合意そのものを否定する戦略を採ったため、中国との関係悪化を懸念する中間派有権者への支持を広げられなかった[6]

台湾全域編集

e • d    2012年中華民国総統選挙 2012年1月14日施行)
候補者 所属政党 得票数 得票率
総統 副総統
馬英九   呉敦義   中国国民党 6,891,139 51.60%  
蔡英文 蘇嘉全 民主進歩党 6,093,578 45.63%
宋楚瑜 林瑞雄 親民党 369,588 2.77%
有効票数(有効率) 13,354,305 99.27%
無効票数(無効率) 97,711 0.73%
投票総数(投票率) 13,452,016 74.38%
棄権者数(棄権率) 4,634,439 25.62%
有権者数 18,086,455 100.0%
出典:中央選挙管理会 (中国語)

県市別編集

2012年中華民国総統選挙各県市投票結果
県市 蔡英文・蘇嘉全 馬英九・呉敦義 宋楚瑜・林瑞雄
得票数 得票率 得票数 得票率 得票数 得票率


  台北市 634,565 39.54% 928,717 57.87% 41,448 2.58%
  新北市 1,007,551 43.45% 1,245,673 53.72% 65,269 2.81%
  台中市 678,736 44.68% 792,334 52.15% 48,030 3.16%
  台南市 631,232 57.72% 435,274 39.80% 27,066 2.47%
  高雄市 883,158 53.42% 730,461 44.18% 39,469 2.38%


 
  基隆市 79,562 36.76% 128,294 59.28% 8,533 3.94%
  新竹市 92,632 39.48% 134,728 57.43% 7,216 3.07%
  嘉義市 76,711 51.04% 69,535 46.26% 4,042 2.68%
    宜蘭県 135,156 52.52% 115,496 44.88% 6,652 2.58%
  桃園県 445,308 39.85% 639,151 57.20% 32,927 2.94%
  新竹県 89,741 30.93% 190,797 65.76% 9,599 3.30%
  苗栗県 107,164 33.18% 206,200 63.84% 9,597 2.97%
  彰化県 340,069 46.49% 369,968 50.58% 21,403 2.92%
  南投県 123,077 42.36% 158,703 54.62% 8,726 3.00%
  雲林県 214,141 55.81% 159,891 41.67% 9,662 2.51%
  嘉義県 181,463 58.57% 120,946 39.04% 7,364 2.37%
  屏東県 271,722 55.13% 211,571 42.92% 9,562 1.94%
  台東県 33,417 30.50% 72,823 66.47% 3,313 3.02%
  花蓮県 43,845 25.94% 118,815 70.29% 6,359 3.76%
  澎湖県 20,717 45.65% 22,579 49.75% 2,082 4.58%
  金門県 3,193 8.21% 34,676 89.23% 990 2.54%
  連江県 418 8.03% 4,507 86.60% 279 5.36%
合計 6,093,578 51.60% 6,891,139 45.63% 369,588 2.77%
出典:中央選挙委員会 (中国語)

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集