メインメニューを開く

2013年MLBオールスターゲーム英語: The 2013 Major League Baseball All-Star Game)はナショナルリーグアメリカンリーグの間で行われた84回目のオールスターゲームである。2013年7月16日ニューヨーク・メッツの本拠地シティ・フィールドで行われた。監督は、ナショナルリーグサンフランシスコ・ジャイアンツ監督ブルース・ボウチーアメリカンリーグデトロイト・タイガース監督ジム・リーランドが務めた。試合は3対0でアメリカンリーグが勝利、MVPにはこの年限りで現役引退を表明、本試合では8回に登板したニューヨーク・ヤンキースの救援投手マリアノ・リベラが選出された。

2013 MLBオールスターゲーム
Le Citi Field.jpg
会場となったシティ・フィールド
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
AL 0 0 0 1 10010 3 9 0
NL 0 0 0 0 00000 0 3 0
開催日時 2013年7月16日
開催球場 シティ・フィールド
開催地 アメリカ合衆国の旗ニューヨーク州ニューヨーククイーンズ区
監督 AL - ジム・リーランド (DET)
NL - ブルース・ボウチー (SF)
MVP マリアノ・リベラ (NYY)
観客動員数 45,186人
MLBオールスターゲーム
 < 2012 2014 > 

凡例編集

試合結果編集

先発メンバー編集

アメリカンリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 マイク・トラウト (LAA) LF
2 ロビンソン・カノ (NYY) 2B
3 ミゲル・カブレラ (DET) 3B
4 クリス・デービス (BAL) 1B
5 ホセ・バティスタ (TOR) RF
6 デビッド・オルティーズ (BOS) DH
7 アダム・ジョーンズ (BAL) CF
8 ジョー・マウアー (MIN) C
9 J.J.ハーディ (BAL) SS
先発 マックス・シャーザー (DET) P
ナショナルリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 ブランドン・フィリップス (CIN) 2B
2 カルロス・ベルトラン (STL) RF
3 ジョーイ・ボット (CIN) 1B
4 デビッド・ライト (NYM) 3B
5 カルロス・ゴンザレス (COL) LF
6 ヤディアー・モリーナ (STL) C
7 トロイ・トゥロウィツキー (COL) SS
8 マイケル・カダイアー (COL) DH
9 ブライス・ハーパー (WSH) CF
先発 マット・ハービー (NYM) P

試合経過編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカンリーグ 0 0 0 1 1 0 0 1 0 3 9 0
ナショナルリーグ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
  1. : クリス・セール (CWS)  : パトリック・コービン (ARI)  S: ジョー・ネイサン (TEX)  
  2. :  AL – なし  NL – なし
  3. 審判:球審…ジョン・ハーシュベック、塁審…ウォーリー・ベル、ラリー・バノーバー、ポール・エンメル、外審…ボブ・ドレイク、チャド・フェアチャイルド
  4. 観客動員数:45,186人 試合時間:3時間06分[1]
MVP
マリアノ・リベラ (NYY)
  • 3点リードの8回裏から登板し、1回を三者凡退に抑えた。

先発投手はアメリカンリーグがマックス・シャーザー、ナショナルリーグがマット・ハービー。4回表1死三塁の場面で、ホセ・バティスタパトリック・コービンから犠牲フライを放ちア・リーグが先制。5回表無死一・三塁で、J.J.ハーディクリフ・リーから打った二塁ゴロの間に三塁走者のアダム・ジョーンズが生還。2-0となった。8回表には2死三塁の場面で、ジェイソン・キプニスクレイグ・キンブレルから左翼へのエンタイトルツーベースを放ち、3-0と突き放した。8回裏からこの年限りで引退するマリアノ・リベラが登板。打者三人を凡退に抑えた。ナ・リーグは3安打無得点に抑えられ、2009年以来の敗戦となった。

出場選手編集

アメリカンリーグ


選手(チーム)







1 [左]中 トラウト (LAA) 3 0 1 0 0 0 0
打中 T. ハンター (DET) 1 0 0 0 0 0 0
2 [二] カノ (NYY) 0 0 0 0 0 0 0
走二 ペドロイア (BOS) 2 0 0 0 0 1 0
キプニス (CLE) 1 0 1 1 0 0 0
3 [三] M. カブレラ (DET) 3 1 1 0 0 1 0
M. マチャド (BAL) 1 0 0 0 0 1 0
4 [一] C. デービス (BAL) 3 0 1 0 0 1 0
フィルダー (DET) 1 0 1 0 0 0 0
5 [右] バティスタ (TOR) 1 0 0 1 0 1 0
N. クルーズ (TEX) 1 0 0 0 1 0 0
6 [指] D. オルティーズ (BOS) 2 0 0 0 0 0 0
打指 エンカーナシオン (TOR) 2 0 0 0 0 0 0
7 [中] A. ジョーンズ (BAL) 3 1 1 0 0 2 0
A. ゴードン (KC) 1 0 0 0 0 0 0
8 [捕] マウアー (MIN) 2 0 1 0 0 0 0
S. ペレス (KC) 1 1 1 0 0 0 0
9 [遊] J.J.ハーディ (BAL) 2 0 0 1 0 0 0
ペラルタ (DET) 1 0 1 0 0 0 0
ナショナルリーグ


選手(チーム)







1 [二] フィリップス (CIN) 2 0 0 0 0 0 0
M. カーペンター (STL) 2 0 0 0 0 1 0
2 [右] ベルトラン (STL) 2 0 1 0 0 0 0
走中 マカッチェン (PIT) 2 0 0 0 0 2 0
3 [一] ボット (CIN) 2 0 0 0 0 1 0
ゴールドシュミット (ARI) 2 0 1 0 0 0 0
4 [三] D. ライト (NYM) 3 0 1 0 0 0 0
P. アルバレス (PIT) 1 0 0 0 0 0 0
5 [左] C. ゴンザレス (COL) 2 0 0 0 0 1 0
D. ブラウン (PHI) 1 0 0 0 0 1 0
6 [捕] モリーナ (STL) 2 0 0 0 0 0 0
ポージー (SF) 1 0 0 0 0 1 0
7 [遊] トゥロウィツキー (COL) 2 0 0 0 0 1 0
セグラ (MIL) 1 0 0 0 0 0 0
8 [指] カダイアー (COL) 1 0 0 0 1 0 0
打指 クレイグ (STL) 1 0 0 0 0 0 0
9 [中]右 ハーパー (WSH) 2 0 0 0 0 0 0
C. ゴメス (MIL) 1 0 0 0 0 0 0

バッテリー編集

アメリカンリーグ
選手(チーム)









捕手(チーム)
シャーザー (DET) 1.0 0 0 0 0 1 0 マウアー (MIN)
クリス・セール (CWS) 2.0 0 0 0 0 2 0
F. ヘルナンデス (SEA) 1.0 1 0 0 0 0 0
M. ムーア (TB) 1.0 0 0 0 0 0 0
バルフォア (OAK) 1.0 0 0 0 1 1 0
G. ホランド (KC) 0.1 1 0 0 0 0 0 S. ペレス (KC)
セシル (TOR) 0.1 0 0 0 0 1 0
デラバー (TOR) 0.1 0 0 0 0 1 0
リベラ (NYY) 1.0 0 0 0 0 1 0
ネイサン (DET) 1.0 1 0 0 0 2 0
ナショナルリーグ
選手(チーム)









捕手(チーム)
ハービー (NYM) 2.0 1 0 0 0 3 0 モリーナ (STL)
カーショウ (LAD) 1.0 0 0 0 0 0 0
コービン (ARI) 1.0 2 1 1 0 0 0
C. リー (PHI) 1.0 2 1 1 0 0 0
J. フェルナンデス (MIA) 1.0 0 0 0 0 2 0 ポージー (SF)
A. チャップマン (CIN) 1.0 0 0 0 1 1 0
キンブレル (ATL) 1.0 3 1 1 0 1 0
グリーリ (PIT) 1.0 1 0 0 0 0 0

選出選手編集

地元ニューヨーク・メッツからは、ファン投票でデビッド・ライトが、監督推薦によってマット・ハービーが選ばれ、それぞれ先発出場した。

ファン投票選出編集

投票結果は現地時間同年7月6日に発表された。最多得票は、アメリカンリーグが8,272,243票を獲得したクリス・デービスBAL)、ナショナルリーグが6,883,258票を獲得したヤディアー・モリーナSTL)。

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出 得票数
C   ジョー・マウアー (MIN) 6 5,443,856
  マット・ウィータース (BAL) 2 3,930,638
  A.J.ピアジンスキー (TEX) 2 1,851,847
1B   クリス・デービス (BAL) 8,272,243
  プリンス・フィルダー (DET) 4 4,098,961
  アルバート・プホルス (LAA) 9 1,487,508
2B   ロビンソン・カノ (NYY) 5 5,369,141
  ダスティン・ペドロイア (BOS) 3 3,985,087
  イアン・キンズラー (TEX) 3 2,215,371
3B   ミゲル・カブレラ (DET) 8 8,013,874
  マニー・マチャド (BAL) - 4,101,089
  エイドリアン・ベルトレ (TEX) 3 4,101,089
SS   J.J.ハーディ (BAL) 2 5,283,144
  ジョニー・ペラルタ (DET) 1 3,267,425
  エルビス・アンドラス (TEX) 2 2,671,942
OF   アダム・ジョーンズ (BAL) 3 6,793,577
  マイク・トラウト (LAA) 2 6,771,745
  ホセ・バティスタ (TOR) 4 3,999,631
  ニック・マーケイキス (BAL) - 3,783,189
  ネイト・マクラウス (BAL) 1 3,221,179
DH   デビッド・オルティーズ (BOS) 3 6,226,301
  エドウィン・エンカーナシオン (TOR) - 2,585,988
  ランス・バークマン (TEX) 6 2,491,474
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出 得票数
C   ヤディアー・モリーナ (STL) 5 6,883,258
  バスター・ポージー (SF) 2 6,474,088
  ジョン・バック (NYM) 1 1,747,122
1B   ジョーイ・ボット (CIN) 4 5,128,515
  ポール・ゴールドシュミット (ARI) - 4,269,685
  アレン・クレイグ (STL) - 3,241,131
2B   ブランドン・フィリップス (CIN) 3 4,799,417
  マット・カーペンター (STL) - 4,337,408
  マルコ・スクータロ (SF) - 4,117,815
3B   デビッド・ライト (NYM) 7 6,411,381
  パブロ・サンドバル (SF) 2 4,507,219
  デビッド・フリース (STL) 1 2,989,600
SS   トロイ・トゥロウィツキー (COL) 3 5,404,860
  ブランドン・クロフォード (SF) - 3,036,479
  ジーン・セグラ (MIL) - 2,715,444
OF   カルロス・ベルトラン (STL) 8 6,786,919
  カルロス・ゴンザレス (COL) 2 4,214,904
  ブライス・ハーパー (WSH) 2 4,097,009
  アンドリュー・マカッチェン (PIT) 2 3,855,928
  ジャスティン・アップトン (ATL) 2 3,678,190

監督推薦・選手間投票編集

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
SP   クレイ・バックホルツ (BOS) † 2
  バートロ・コローン (OAK) ‡[2][3] 3
  ダルビッシュ有 (TEX) † 2
  フェリックス・ヘルナンデス (SEA) 4
  岩隈久志 (SEA)[3]
  ジャスティン・マスターソン (CLE)
  マット・ムーア (TB) ‡[4]
  クリス・セール (CWS) 2
  マックス・シャーザー (DET)
  クリス・ティルマン (BAL) ‡[5]
  ジャスティン・バーランダー (DET)[3] 6
RP   グラント・バルフォア (OAK) ‡[6]
  ブレット・セシル (TOR)
  ジェシー・クレイン (HOU) †
  スティーブ・デラバー (TOR)
  グレッグ・ホランド (KC) ‡[7]
  ジョー・ネイサン (DET) 6
  グレン・パーキンス (MIN) ‡[8]
  マリアノ・リベラ (NYY) 13
C   ジェイソン・カストロ (HOU)
  サルバドール・ペレス (KC)
1B   プリンス・フィルダー (DET) 5
2B   ジェイソン・キプニス (CLE)
  ダスティン・ペドロイア (BOS) 4
  ベン・ゾブリスト (TB) 2
3B   マニー・マチャド (BAL)
SS   ジョニー・ペラルタ (DET) 2
OF   ネルソン・クルーズ (TEX) 2
  アレックス・ゴードン (KC)
  トリー・ハンター (DET) 5
DH   エドウィン・エンカーナシオン (TOR)
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
SP   マディソン・バンガーナー (SF)
  パトリック・コービン (ARI)
  ホセ・フェルナンデス (MIA)
  マット・ハービー (NYM)
  クレイトン・カーショウ (LAD) 3
  クリフ・リー (PHI) 4
  ジェフ・ロック (PIT) †
  アダム・ウェインライト (STL)[3] 2
  トラビス・ウッド (CHC)
  ジョーダン・ジマーマン (WSH) †
RP   アロルディス・チャップマン (CIN) 2
  ジェイソン・グリーリ (PIT)
  クレイグ・キンブレル (ATL) 3
  マーク・マランソン (PIT) ‡[9]
  エドワード・ムヒカ (STL) ‡[10]
  セルジオ・ロモ (SF) ‡[11]
C   バスター・ポージー (SF) 2
  ブライアン・マッキャン (ATL) ‡[12] 7
1B   ポール・ゴールドシュミット (ARI)
  アレン・クレイグ (STL)
2B   マット・カーペンター (STL)
  マルコ・スクータロ (SF)
3B   ペドロ・アルバレス (PIT)
SS   エバース・カブレラ (SD)
  ジーン・セグラ (MIL)
OF   ドモニク・ブラウン (PHI)
  マイケル・カダイアー (COL)
  カルロス・ゴメス (MIL)
  アンドリュー・マカッチェン (PIT) 3

最終投票編集

選出選手の発表後、選出に漏れた選手の中から各リーグ5名が選ばれ、最後の1枠をかけたファン投票(All-Star Final Vote)が同年7月6日から11日まで行われ、ア・リーグはスティーブ・デラバーTOR)が、ナ・リーグはフレディ・フリーマンATL)が選出された。尚、この年投票にノミネートされた各リーグの5名は、ア・リーグは全員投手、ナ・リーグは全員野手だった。

アメリカンリーグ
選手(チーム) 守備 過去
選出
  スティーブ・デラバー (TOR) P 0
  デビッド・ロバートソン (NYY) P 1
  上原浩治 (BOS) P 0
  タナー・シェパーズ (TEX) P 0
  ホアキン・ベノワ (DET) P 0
ナショナルリーグ
選手(チーム) 守備 過去
選出
  フレディ・フリーマン (ATL) † 1B 0
  イアン・デズモンド (WSH) SS 1
  エイドリアン・ゴンザレス (LAD) 1B 4
  ハンター・ペンス (SF) OF 2
  ヤシエル・プイグ (LAD) OF 0

ホームランダービー編集

オールスターゲーム前日の7月15日に第29回ホームランダービーが同球場で開催され、オールスターゲーム本戦には出場しないヨエニス・セスペデスOAK)が優勝した。

順位 選手(チーム) ラウンド1 ラウンド2 1+2 決勝
1   ヨエニス・セスペデス (OAK) 17 6 23 9
2   ブライス・ハーパー (WSH) 8 8 16 8
3   マイケル・カダイアー (COL) 7 8 15 -
4   クリス・デービス (BAL) 8 4 12 -
5   ペドロ・アルバレス (PIT) 6 - 6 -
6   プリンス・フィルダー (DET) 5 - 5 -
6   デビッド・ライト (NYM) 5 - 5 -
8   ロビンソン・カノ (NYY) 4 - 4 -

フューチャーズゲーム編集

試合2日前の7月14日には、同球場でマイナーリーグのオールスターゲーム“フューチャーズゲーム”が開催された。試合は米国選抜が世界選抜を4-2で下し、MVPには米国選抜のマット・デビッドソンARI傘下)が選ばれた。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
世界選抜 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 3 0
米国選抜 0 1 0 2 0 0 0 1 X 4 9 0
  1. : ジェシー・ビドル (PHI傘下)  : マイケル・イノア (OAK傘下)  
  2. 試合時間:2時間39分[13]

選出選手編集

世界選抜
守備 選手(チーム)
P   ミゲル・アルモンテ (KC・A級)
  カルロス・コントレラス (CIN・A+級)
  ラファエル・デポーラ (NYY・A+級)
  ラファエル・モンテロ (NYM・AAA級)
  アンドレ・リエンゾ (CWS・AAA級)
  エドゥアルド・ロドリゲス (BAL・A+級)
  エニー・ロメロ (TB・AA級)
  ヨーダノ・ベンチュラ (KC・AAA級)
  マイケル・イノア (OAK・A級)
C   クリスチャン・ベタンコート (ATL・AA級)
  A.J.ヒメネス (TOR・AA級)
IF   アリスメンディ・アルカンタラ (CHC・AA級)
  ザンダー・ボガーツ (BOS・AAA級)
  崔志萬 (SEA・AA級) ‡
  カルロス・コレア (HOU・A級)[14]
  マイケル・フランコ (PHI・AA級)
  ディルソン・ヘレーラ (PIT・A級)
  ジョーダン・レナートン (DET・AAA級)
  フランシスコ・リンドーア (CLE・A+級)
  ミゲル・サノ (MIN・AA級)
OF   イェイソン・アセンシオ (SD・AA級)
  レイモンド・フエンテス (SD・AA級) ‡
  ヘスス・ガリンド (SF・A級) ‡
  グレゴリー・ポランコ (PIT・AA級)
  ヘンリー・ウルティア (BAL・AA級)
出場辞退   ホルヘ・アルファーロ (TEX・A級)[15]
  ホルヘ・ソレア (CHC・A+級)[15]
  オスカー・タベラス (STL・AAA級)[15]
  李振昌 (CLE・AAA級)[16]
米国選抜
守備 選手(チーム)
P   ジェシー・ビドル (PHI・AA級)
  アーチー・ブラッドリー (ARI・AA級)
  エディ・バトラー (COL・A+級)
  A.J.コール (WSH・A+級) ‡
  カイル・クリック (SF・A+級)
  ジミー・ネルソン (MIL・AAA級)
  アンソニー・ラナウド (BOS・AA級)
  C.J.リーフェンハウザー (TB・AAA級) ‡
  ノア・シンダーガード (NYM・AA級)
  タイフアン・ウォーカー (SEA・AAA級)
C   オースティン・ヘッジス (SD・A+級)
  ジェームズ・マッキャン (DET・AA級) ‡
IF   ギャリン・チェッキーニ (BOS・AA級) ‡
  C.J.クロン (LAA・AA級)
  デライノ・デシールズ・ジュニア (HOU・A+級)
  マット・デビッドソン (ARI・AAA級)
  クリス・オーウィングス (ARI・AAA級) ‡
  アディソン・ラッセル (OAK・A+級)
  クリスチャン・ウォーカー (BAL・A+級)
  コルテン・ウォン (STL・AAA級)
OF   バイロン・バクストン (MIN・A+級)
  ビリー・ハミルトン (CIN・AAA級)
  ブランドン・ニモ (NYM・A級)[14]
  ジョク・ピーダーソン (LAD・AA級)
  ジョージ・スプリンガー (HOU・AA級)
  クリスチャン・イエリッチ (MIA・AA級)
出場辞退   ジョーイ・ギャロ (TEX・A級)[15]
  テイラー・グリエリ (TB・A級)[15]
  ブラッド・ミラー (SEA・AAA級)[16]
  テイラー・ジョーダン (WSH・AA級)[16]
  ジョシュ・フェグリー (CWS・AAA級)[16]
  ジョーイ・テルドスラビッチ (ATL・AAA級)[16]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Two Column Box Score:American League All-Stars vs. National League All-Stars – July 16, 2013” (英語). MLB.com (2013年7月16日). 2013年7月18日閲覧。
  2. ^ クレイ・バックホルツの故障に伴い選出
  3. ^ a b c d 7月14日に登板したため回避
  4. ^ ダルビッシュ有の故障に伴い選出
  5. ^ ジャスティン・バーランダーの登板回避に伴い選出
  6. ^ バートロ・コローンの登板回避に伴い選出
  7. ^ 岩隈久志の登板回避に伴い選出
  8. ^ ジェシー・クレインの故障に伴い選出
  9. ^ ジェフ・ロックの故障に伴い選出
  10. ^ アダム・ウェインライトの登板回避に伴い選出
  11. ^ ジョーダン・ジマーマンの故障に伴い選出
  12. ^ フレディ・フリーマンの故障に伴い選出
  13. ^ World Futures vs. U.S. Futures - July 14, 2013” (英語). MLB.com (2013年7月14日). 2013年7月18日閲覧。
  14. ^ a b 最終投票選出
  15. ^ a b c d e 怪我のため出場辞退
  16. ^ a b c d e メジャーリーグ昇格のため出場辞退

出典編集