メインメニューを開く

2013年世界陸上競技選手権大会・女子三段跳

2013年世界陸上競技選手権大会・女子三段跳(2013ねんせかいりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかい・じょしさんだんとび)は、2013年8月13日から8月15日ロシアモスクワルジニキ・スタジアムで行われた[1]

2013年世界陸上競技選手権大会
女子三段跳
2013 IAAF World Championship in Moscow Triple Jump Women.JPG
決勝に出場した選手たち
会場2ルジニキ・スタジアム
開催日8月13日8月15日
参加選手数17ヶ国 21人
優勝記録14m85
メダリスト
金メダル  コロンビア コロンビア
銀メダル  ロシア ロシア
銅メダル  ウクライナ ウクライナ
« 2011 大邱2015 北京 »
2013年
世界陸上競技選手権大会

Athletics pictogram.svg
トラック
100m   男子   女子
200m 男子 女子
400m 男子 女子
800m 男子 女子
1500m 男子 女子
5000m 男子 女子
10000m 男子 女子
100mハードル 女子
110mハードル 男子
400mハードル 男子 女子
3000mSC 男子 女子
4×100mリレー 男子 女子
4×400mリレー 男子 女子
ロード
マラソン 男子 女子
20km競歩 男子 女子
50km競歩 男子
フィールド
走幅跳 男子 女子
三段跳 男子 女子
走高跳 男子 女子
棒高跳 男子 女子
砲丸投 男子 女子
円盤投 男子 女子
やり投 男子 女子
ハンマー投 男子 女子
混成
七種競技 女子
十種競技 男子

前回覇者のオルハ・サラドゥハは、同じ記録を2度出して予選を1位で通過した。イリーナ・グメニュク英語版カテリーン・イバルグエンは1回目の跳躍で決勝進出を決めた。サラドゥハの元チームメイトであったハンナ・クニャゼワ=ミネンコ英語版はイスラエル代表として出場、3位で予選を通過したが、1回目と2回目の試技をファールしてしまい、苦しい戦いであった。

決勝では、1回目の試技でサラドゥハとクニャゼワ=ミネンコが14m30を超える跳躍を見せた。2回目の試技が勝敗を決した。まず、ロシア代表のエカテリーナ・コネワが14m81をマークし、トップに躍り出た。その後2人の試技が終わってイバルグエンがコネワを4cm超える14m85をマークし、自身の持つ今季世界最高記録をも超えた。その後2人の試技が終わってサラドゥハが登場し、14m65に記録を伸ばした。イバルグエンは4回目の試技で14m83をマークしたが、コネワが5回目の試技で14m79と肉薄し、緊張感を持って試技を見ていた。最終的にはイバルグエンが世界選手権でコロンビアに初めての金メダルをもたらし、前回の大邱大会で自身と競歩選手のルイス・フェルナンド・ロペス英語版が獲得した銅メダルを超える成績を残した[2][3]

競技日程編集

ラウンド
2013年8月13日 11:25 予選
2013年8月15日 19:40 決勝

時刻はモスクワ時間UTC+4JST-5)

結果編集

予選編集

決勝進出条件:14m30以上をマークする(Q)または記録上位12人に入ること[4]

順位 選手 国籍 #1 #2 #3 最終記録 備考
1 A オルハ・サラドゥハ   ウクライナ 13.95 14.69 14.69 Q
2 B カテリーン・イバルグエン   コロンビア 14.52 14.52 Q
3 A ハンナ・クニャゼワ=ミネンコ   イスラエル x x 14.46 14.46 Q
4 B アンナ・ピャティフ英語版   ロシア 13.80 x 14.34 14.34 Q
5 A キンベリー・ウィリアムズ英語版   ジャマイカ 14.25 14.36 14.36 Q
6 B エカテリーナ・コネワ   ロシア 13.32 14.30 14.30 Q
7 A イリーナ・グメニュク   ロシア 14.30 14.30 Q
8 A マーベル・ガイ英語版   キューバ 13.99 13.95 14.17 14.17 q
9 B スネジャナ・ロディッチ英語版   スロベニア 13.73 x 14.17 14.17 q
10 B アンナ・ジャガシアク英語版   ポーランド x 13.21 13.96 13.96 q
11 B アサナシア・ペラ英語版   ギリシャ x 13.85 13.92 13.92 q
12 A ダナ・ベルダコワ英語版   スロバキア x 13.88 13.85 13.88 q
13 A Keila Costa   ブラジル 13.82 13.80 13.67 13.82
14 B Simona La Mantia   イタリア 13.57 x 13.80 13.80
15 A Niki Panetta   ギリシャ 13.04 13.69 13.52 13.69
16 B Ruslana Tsykhotska   ウクライナ 13.51 x x 13.51
17 B Baya Rahouli   アルジェリア x 13.41 x 13.41
18 A Irina Litvinenko Ektova   カザフスタン x 13.09 13.37 13.37
19 A Anastasiya Juravleva   ウズベキスタン 13.03 13.32 x 13.32
20 A Sarah Nambawa   ウガンダ x x 13.31 13.31
21 B Natallia Viatkina   ベラルーシ 13.19 x 13.02 13.19
Q 順位による通過| q 記録による通過

決勝編集

 
カテリーン・イバルグエンの跳躍

19:40に競技が始まった[5]

順位 選手 国籍 #1 #2 #3 #4 #5 #6 最終成績 備考
  カテリーン・イバルグエン   コロンビア x 14.85 14.69 14.83 x x 14.85 WL
  エカテリーナ・コネワ   ロシア 14.29 14.81 14.59 14.33 14.79 12.18 14.81
  オルハ・サラドゥハ   ウクライナ 14.42 14.65 14.33 14.51 14.60 14.49 14.65
4 キンベリー・ウィリアムズ   ジャマイカ x 13.98 14.17 14.62 x x 14.62 PB
5 マーベル・ガイ   キューバ 14.28 14.38 13.83 14.45 14.29 x 14.45 SB
6 ハンナ・クニャゼワ=ミネンコ   イスラエル 14.33 14.19 x x 14.14 x 14.33
7 アンナ・ピャティフ   ロシア 14.29 11.68 14.08 14.21 14.22 14.20 14.29
8 イリーナ・グメニュク   ロシア x x 14.15 x 13.98 x 14.15
9 スネジャナ・ロディッチ   スロベニア 13.75 x 14.13 14.13
10 アンナ・ジャガシアク   ポーランド 13.65 13.95 13.65 13.95
11 ダナ・ベルダコワ   スロバキア x 13.84 13.60 13.84
12 アサナシア・ペラ   ギリシャ x 13.75 13.55 13.75

WR 世界記録 | AR エリア記録 | CR 選手権記録 | GR 大会記録 | NR 国家記録 | OR オリンピック記録 | PB 自己ベスト | SB シーズンベスト | WL 世界最高(当該シーズン中)

脚注編集

外部リンク編集