メインメニューを開く

2013 ワールド・ベースボール・クラシック・オランダ代表

2013 ワールド・ベースボール・クラシックオランダ代表(2013ワールド・ベースボール・クラシックオランダだいひょう)(英語表記:Kingdom of the Netherlands)は、2013年に開催された第3回WBC大会に出場したオランダ代表である。2013年3月2日から3月5日に台中台中インターコンチネンタル野球場で開催される第1ラウンドのB組からの開幕となる。

経緯編集

第1ラウンドを2位で突破し、東京ドームでの第2ラウンドに進出すると、敗者復活2回戦でキューバ代表に勝利し、ヨーロッパからの出場チームとしては大会史上初の準決勝進出を成し遂げた。準決勝ではドミニカ共和国代表に敗れた。

試合結果編集

第1ラウンドB組編集

1回戦(3月2日)編集

ゲーム2、試合開始時刻:19:30 (試合時間:3時間24分、入場者数:1,085人)[1]

 韓国 0 - 5  オランダ

2回戦(3月3日)編集

ゲーム3、試合開始時刻:14:30 (試合時間:3時間9分、入場者数:20,035人)[2]

 オランダ 3 - 8  チャイニーズタイペイ

3回戦(3月5日)編集

ゲーム5、試合開始時刻:12:30 (試合時間:2時間50分、入場者数:1,113人)[3]

 オーストラリア 1 - 4  オランダ

第2ラウンド1組編集

1回戦(3月8日)編集

ゲーム1、試合開始時刻:12:00 (試合時間:3時間38分、入場者数:38,588人)[4]

(B組2位)  オランダ 6 - 2  キューバ  (A組1位)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
 オランダ 0 2 0 0 0 3 0 1 0 6 14 0
 キューバ 0 1 0 0 0 0 1 0 0 2 12 2
  1. 蘭 : ○ディエゴマー・マークウェルレオン・ボイドルーク・ファンミル - ダシェンコ・リカルド
  2. キ : ●イスメル・ヒメネスフレディ・アルバレスヤディエル・ペドロソヤンデル・ゲバラノルベルト・ゴンサレスラシエル・イグレシアスディオスダニ・カスティーヨ - エリエル・サンチェスフランク・モレホン
  3. : ディエゴマー・マークウェル(2勝)  : イスメル・ヒメネス(1勝1敗)  
  4. :  蘭 – クルト・スミス1号ソロ(2回、イスメル・ヒメネス)、ジョナサン・スコープ2号3ラン(6回、ヤディエル・ペドロソ)  キ – アルフレド・デスパイネ2号ソロ(2回、ディエゴマー・マークウェル)、ユリエスキ・グリエル1号ソロ(7回、レオン・ボイド

2回戦(3月10日)編集

ゲーム4、試合開始時刻:19:00 (試合時間:2時間53分、入場者数:37,745人)[5]

(ゲーム2勝者)  日本 16 - 4  オランダ (ゲーム1勝者)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
 日本 1 5 1 3 1 1 4 16 17 0
 オランダ 0 0 0 0 0 4 0 4 6 3
  1. 7回規定によりコールドゲーム
  2. 日 : ○前田健太内海哲也山口鉄也涌井秀章 - 阿部慎之助
  3. 蘭 : ●ロブ・コルデマンストム・ストイフバーゲンベリー・ファンドリエルケビン・ベジスティックジョナサン・バレンティナ - ダシェンコ・リカルド
  4. : 前田健太(2勝)  : ロブ・コルデマンス(1勝1敗)  
  5. :  日 – 鳥谷敬1号(1回、コルデマンス)、松田宣浩1号2ラン(2回、コルデマンス)、内川聖一1号3ラン(2回、コルデマンス)、稲葉篤紀1号(3回、ストイフバーゲン)、糸井嘉男1号3ラン(4回、ストイフバーゲン)、坂本勇人1号満塁(7回、ファンドリエル)

敗者復活2回戦(3月11日)編集

ゲーム5、試合開始時刻:19:00 (試合時間:3時間52分、入場者数:7,613人)[6]

(ゲーム3勝者)  キューバ 6 - 7  オランダ (ゲーム4敗者)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
 キューバ 0 0 0 2 2 0 0 2 0 6 12 2
 オランダ 0 0 2 2 0 0 0 2 1x 7 12 0
  1. キ : ブラディミール・ガルシアノルベルト・ゴンサレス、●ヤンデル・ゲバララシエル・イグレシアスディオスダニ・カスティーヨ - フランク・モレホンエリエル・サンチェス
  2. 蘭 : オーランド・イェンテマシャイロン・マルティスレオン・ボイド、○ルーク・ファンミル - ダシェンコ・リカルド
  3. : ルーク・ファンミル(1勝1S)  : ヤンデル・ゲバラ(1敗)  
  4. :  キ – ホセ・アブレイユ3号ソロ(4回、オーランド・イェンテマ)  蘭 – アンドレルトン・シモンズ1号2ラン(8回、ノルベルト・ゴンサレス

ラウンド1位決定戦(3月12日)編集

ゲーム6、試合開始時刻:19:00 (試合時間:3時間30分、入場者数:30,301人)

(ゲーム5勝者)  オランダ 6 - 10  日本 (ゲーム4勝者)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
 オランダ 1 0 0 0 0 0 2 3 0 6 10 0
 日本 0 8 0 0 0 0 0 2 x 10 9 0
  1. 蘭 : ●デビッド・バーグマンジョナタン・イセニアマーク・パベレクケビン・ベジスティックジョナサン・バレンティナ - ダシェンコ・リカルドクエンティン・デクーバ
  2. 日 : ○大隣憲司澤村拓一田中将大今村猛森福允彦山口鉄也涌井秀章牧田和久 - 炭谷銀仁朗相川亮二
  3. : 大隣憲司(1勝1敗)  : デビッド・バーグマン(1敗)  
  4. :  蘭 – アンドレルトン・シモンズ2号ソロ(1回、大隣憲司)  日 – 阿部慎之助1号ソロ(2回、デビッド・バーグマン)、2号3ラン(2回、ジョナタン・イセニア

準決勝第2試合(3月18日)編集

試合開始時刻:18:00 (試合時間:3時間9分、入場者数:27,527人)[7]

(1組2位)  オランダ 1 - 4  ドミニカ共和国 (2組1位)

チーム構成編集

MLB及びMLB傘下、フーフトクラッセ日本プロ野球カナダにある独立リーグの選手で構成されている。

代表選手編集

以下が代表選手であり、所属は同大会期間中のものとする。

ポジション 背番号 氏名 英語表記 所属球団 備考
監督 31 ヘンスリー・ミューレンス Hensley Meulens  サンフランシスコ・ジャイアンツ 打撃コーチ
コーチ 28 バート・ブライレブン Bert Blyleven 投手コーチ
ブライアン・ファーレイ Brian Farley
15 スティーブ・ヤンセン Steve Janssen
34 ウィム・マルティヌス Wim Martinus 三塁コーチ
38 チェルク・スメーツ Tjerk Smeets 打撃コーチ
44 ベン・テイセン Ben Thijssen 一塁コーチ
投手 3 ベリー・ファンドリエル Berry van Driel  DOORネプチューンズ
7 ジョナタン・イセニア Jonatan Isenia  ボルチモア・オリオールズ傘下 2次ラウンドで負傷離脱
13 ケビン・ベジスティック Kevin Heijstek  DOORネプチューンズ
19 ロブ・コルデマンス Robbie Cordemans  アムステルダム・パイレーツ
29 ジョナサン・バレンティナ Jonathan Balentina  ブラック・ベアーズメイン大学
36 ディエゴマー・マークウェル Diegomar Markwe  DOORネプチューンズ
39 シャイロン・マルティス Shairon Martis  ミネソタ・ツインズ傘下
40 オーランド・イェンテマ Orlando Yntema  UVV
47 デビッド・バーグマン David Bergman  コレンドン・キンヘイム
48 トム・ストイフバーゲン Tom Stuifbergen  ミネソタ・ツインズ傘下
51 ルーク・ファンミル Loek van Mil  シンシナティ・レッズ傘下
55 レオン・ボイド Leon Boyd  DOORネプチューンズ
74 ケンリー・ジャンセン Kenley Jansen  ロサンゼルス・ドジャース イセニアに代わり追加招集[8]
96 マーク・パフェレク Mark Pawelek
捕手 5 セバスチャン・ノーイ Sebastiaan Nooij  アムステルダム・パイレーツ
21 ダシェンコ・リカルド Dashenko Ricardo
内野手 1 ザンダー・ボガーツ Xander Bogaerts  ボストン・レッドソックス傘下
9 アンドレルトン・シモンズ Andrelton Simmons  アトランタ・ブレーブス
10 ジュリクソン・プロファー Jurickson Profar  テキサス・レンジャーズ デキャスターに代わり追加招集[9]
16 ヘインリー・スタティア Hainley Statia  ミルウォーキー・ブルワーズ傘下
18 クルト・スミス Curt Smith  マイアミ・マーリンズ傘下
22 ユレンデル・デキャスター Yurendell de Caster  ウィニペグ・ゴールドアイズ 2次ラウンド敗者復活2回戦で負傷離脱
23 クエンティン・デクーバ Quintin De Cuba  コレンドン・キンヘイム
46 ジョナサン・スコープ Jonathan Schoop  ボルチモア・オリオールズ傘下
外野手 2 ロジャー・バーナディーナ Roger Bernadina  ワシントン・ナショナルズ
4 ウラディミール・バレンティン Wladimir Balentien  東京ヤクルトスワローズ
8 マイケル・ダースマ Michael Duursma  アムステルダム・パイレーツ
12 カリアン・サムス Kalian Sams  シアトル・マリナーズ傘下
14 ランドルフ・オドゥバー Randolph Oduber  ボルティモア・オリオールズ傘下
25 アンドリュー・ジョーンズ Andruw Jones  東北楽天ゴールデンイーグルス

[10]

脚注編集

関連項目編集