2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

監督を務めた山本浩二

2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表(2013ワールド・ベースボール・クラシックにっぽんだいひょう)は、2013年に開催されたワールド・ベースボール・クラシック第3回大会野球日本代表である。通称「山本ジャパン」。

目次

概要編集

編成までの経緯編集

2010年
  • NPBは、第2回大会の監督についての選考が難航、長期化したことや、代表チーム編成が遅れたことの前回大会の反省点、また第3回大会に向けての監督の選考について、第2回大会当時のWBC体制検討会議メンバーであった王貞治らより、「大会の2、3年前には監督決定など準備に入るべきでは」との意見や巨人滝鼻卓雄オーナー(当時)の「来年中には監督の選考システムを決めておいた方がいい。」との指摘を踏まえ、2013年に行われる予定の第3回大会での3連覇に向け、日本代表監督を2010年7月に決定する構想を持っていることが2009年12月31日に判明、2010年5月頃に「WBC体制検討会議」を発足させ、代表監督の選考作業を開始する見通しであることを発表。また代表監督決定に伴いにコーチ陣も決め、2011年及び2012年にNPBが独自に開催する国際大会を通じて日本代表の強化を図る計画であることも発表した(尚、「日本代表チームと国際大会にはそれぞれスポンサーをつけ、NPBの収入増も狙っている」とも報道された)[1]
2011年
  • 2月10日 - 12球団代表者会議が行われ、広告代理店などから強化試合の構想が既に示されていることが報告され、正式な提案を早急に求めることで、12球団がほぼ一致した[2]
  • 7月22日 - 日本プロ野球選手会は臨時大会を開き、参加条件が改善されなければ第3回大会に参加しないことを決めた。第2回大会の収益配分は大リーグ機構・選手会が66%だったのに対してNPBは13%しかなく、選手会は大会収入における日本代表の貢献度は大きいと主張[3]。その後、8月10日に日本代表に係る収入の権利を日本野球機構に譲渡するよう交渉したが、主催者側は要求を拒否した上で日本不出場でも開催する意向を示し、出場可否の回答期限を9月30日まで定めた[4]
  • 9月28日 - NPBと球団も、選手会同様に金銭面での不満から不出場の姿勢を取っていたが、出場可否の回答期限を過ぎても交渉出来るように求める文書を出すことを決め[5]、12月のオーナー会議で出場するとの返答をすることとなった[6]
  • 11月 - 侍ジャパン常設化が決定。
2012年
  • 3月10日 - 代表常設後の初の試合として、2013年WBCの強化とは関係の無い、東日本大震災復興支援ベースボールマッチを行う。秋山幸二が監督として指揮を取ったが、この試合限定のものであった[7]
  • 7月9日 - 2012年秋と2013年春に国際試合をすることが決まった[8]
  • 7月20日 - 日本プロ野球選手会が2013年WBCの不参加を全会一致で決定[9]
  • 8月28日 - WBC不参加の場合には、2015年のプレミア12への参加に照準を切り替えるとした[10]。ただし、プレミア12への参加はWBCへの参加が前提条件とIBAFが発表している[11]
  • 9月4日 - 日本プロ野球選手会は、WBCへ公平さを求め不参加を決めていたが、NPBがWBCのスポンサー料の代わりに代表ビジネスで4年で40億が確保出来ると選手会へ伝えると、WBCIから参加条件の見直しが無いにも関わらず[12]、「MLB、WBCIとの関係において、選手会が要望してきたことが概ね実現していると判断できる状況が整ったこと」、「NPBとの関係において、NPBが確立した権利を最大限に活かすための体制作りを確約した事」、以上を理由にWBC不出場決議の撤回をNPBに通知、WBCに参加することが正式に決定した[13]
  • 10月10日 - 日本代表「侍ジャパン」監督コーチ就任会見が行われ、監督に山本浩二の就任が発表された。また、コーチ陣には、元西武ライオンズ監督の東尾修、元日本ハム監督の梨田昌孝与田剛立浪和義高代延博緒方耕一の就任も発表された。11月16日の福岡ドームで行われる、国際親善試合キューバ戦より指揮を執る[14]。親善試合である11月のキューバ戦では山本監督の選考ではなく、12球団の監督によるアンケート結果から代表選手を選出することとなった[15]
  • 11月14日 - アサヒビールが2013年9月30日までの、約1年契約でスポンサーとなることとなった[16]
  • 11月15日 - テレビ朝日とTBSがWBCの放映権を獲得したことを発表[17][18]
  • 11月16日18日 - 侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」が行われる。試合は16日が2-0、18日は3-1でともに日本代表が勝利した。
  • 11月19日 - かねてよりWBCへの出場要請をしていたMLB所属のダルビッシュ有岩隈久志青木宣親川崎宗則イチロー黒田博樹の6選手全員から出場を辞退されることとなり、山本監督はNPB所属選手のみで大会に出場することをコメントした[19]
  • 12月4日 - 代表候補34人を発表[20]
2013年

試合結果編集

下記(青帯)表記は、以下の通り。

ゲームNo. 試合開始時間(試合時間、入場者数)

壮行試合・強化試合編集

日付 対戦相手 勝敗 結果 場所 備考
2月17日 広島東洋カープ 0-7 サンマリンスタジアム宮崎 強化試合
前田健太と今村猛は広島側の投手として登板した
2月18日 埼玉西武ライオンズ 中止 サンマリンスタジアム宮崎 強化試合・非公開
2月23日  オーストラリア代表 3-2 京セラドーム大阪 壮行試合
2月24日  オーストラリア代表 10-3 京セラドーム大阪 壮行試合
2月26日 阪神タイガース 0-1 京セラドーム大阪 強化試合
2月28日 読売ジャイアンツ 6-1 福岡ヤフオク!ドーム 強化試合
3月15日 サンフランシスコ・ジャイアンツ 6-3 スコッツデール・スタジアム 強化試合
3月16日 シカゴ・カブス 5-7 ホホカム・スタジアム 強化試合

第1ラウンドA組編集

1回戦(3月2日)編集

ゲーム1 試合開始時間19:00(3時間20分、28,181人)[25]

  日本 5 - 3   ブラジル
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  日本 0 0 1 1 0 0 0 3 0 5 7 1
  ブラジル 1 0 0 1 1 0 0 0 0 3 9 0
  1. 日 : 田中杉内、〇攝津能見、(S)牧田 - 相川阿部
  2. ブ : フェルナンデスゴウベイア、●仲尾次コンドウノリス - フランカ
  3. : 攝津正(1勝)  : 仲尾次オスカル(1敗)  S: 牧田和久(1S)  

2回戦(3月3日)編集

ゲーム3 試合開始時間19:00(2時間57分、13,891人)[26]

  中国 2 - 5   日本


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  中国 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 3 2
  日本 0 1 0 0 4 0 0 0 X 5 6 0
  1. 中 : ●羅夏朱大衛陳坤楊海帆李帥呂建剛 - 王偉
  2. 日 : 〇前田内海涌井澤村山口 - 阿部炭谷
  3. : 前田健太(1勝)  : 羅夏(1敗)  

3回戦(3月6日)編集

ゲーム6 試合開始時間19:00(3時間39分、26,860人)[27]

  日本 3 - 6   キューバ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  日本 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 7 0
  キューバ 0 0 1 1 0 1 0 3 X 6 10 1
  1. 日 : ●大隣田中澤村森福今村 - 阿部相川
  2. キ : 〇ペレスゲバラカスティーヨゴンサレスイグレシアスヌニェスガルシア - サンチェスモレホン
  3. : ウィルベル・ペレス (1勝0敗0セーブ)  : 大隣憲司 (0勝1敗0セーブ)  
  4. :  キ – ヤズマニー・トマス1号ソロ(3回、大隣)、アルフレド・デスパイネ1号3ラン(8回、今村

第2ラウンド1組編集

1回戦(3月8日)編集

ゲーム2 試合開始時間19:00(4時間37分、43,527人)[28]

  日本 4 - 3   チャイニーズタイペイ


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
  日本 0 0 0 0 0 0 0 2 1 1 4 13 0
  チャイニーズタイペイ 0 0 1 0 1 0 0 1 0 0 3 11 0
  1. 日 : 能見攝津田中山口沢村、○牧田、S杉内 -阿部相川炭谷
  2. チ : 王建民潘威倫郭泓志王鏡銘、●陳鴻文林羿豪陽耀勲 - 林泓育高志綱
  3. : 牧田(1勝1S)  : 陳鴻文(1敗)  S: 杉内(1S)  

2回戦(3月10日)編集

ゲーム4 試合開始時間19:00(2時間53分、37,745人)[29]

 日本 16 - 4  オランダ


チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
 日本 1 5 1 3 1 1 4 16 17 0
 オランダ 0 0 0 0 0 4 0 4 6 3
  1. 7回規定によりコールドゲーム
  2. 日 : ○前田内海山口涌井 - 阿部
  3. 蘭 : ●コルデマンスストイフバーゲンファンドリエルベジスティックバレンティナ - リカルド
  4. : 前田(2勝)  : コルデマンス(1勝1敗)  
  5. :  日 – 鳥谷1号(1回、コルデマンス)、松田1号2ラン(2回、コルデマンス)、内川1号3ラン(2回、コルデマンス)、稲葉1号(3回、ストイフバーゲン)、糸井1号3ラン(4回、ストイフバーゲン)、坂本1号満塁(7回、ファンドリエル)

ラウンド1位決定戦(3月12日)編集

ゲーム6、試合開始時刻:19:00 (試合時間:3時間30分、入場者数:30,301人)

(ゲーム5勝者)  オランダ 6 - 10  日本 (ゲーム4勝者)


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
 オランダ 1 0 0 0 0 0 2 3 0 6 10 0
 日本 0 8 0 0 0 0 0 2 x 10 9 0
  1. 蘭 : ●バーグマンイセニアパベレクヘイエスタクバレンティナ - リカルドデクーバ
  2. 日 : ○大隣澤村田中今村森福山口涌井牧田 - 炭谷相川
  3. : 大隣(1勝1敗)  : バーグマン(1敗)  
  4. :  蘭 – シモンズ2号ソロ(1回、大隣)  日 – 阿部1号ソロ(2回、ベルクマン)、阿部2号3ラン(2回、イセニア)

準決勝・決勝(サンフランシスコラウンド)編集

準決勝1組(3月17日)編集

試合開始時刻:18:00 (試合時間:3時間27分、入場者数:33,683人)[30]

 プエルトリコ 3 - 1  日本
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
 プエルトリコ 1 0 0 0 0 0 2 0 0 3 9 1
 日本 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 6 1
  1. プ : ○サンティアゴデラトーレセデーニョ、フォンタネス、ロメロカブレラ - モリーナ
  2. 日 : ●前田能見摂津杉内涌井山口 - 阿部
  3. : サンティアゴ(1勝1敗)  : 前田(2勝1敗)  S: カブレラ(3S)  
  4. :  プ – アレックス・リオス1号2ラン(7回、能見)

[31][32]

代表メンバー(ロースター)編集

 
第2次ラウンド一回戦、チャーニーズタイペイ戦での日本代表メンバー

所属は2013年2月時点での所属チーム。

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考
監督 88 山本浩二
コーチ 78 東尾修 投手総合コーチ
99 梨田昌孝 野手総合コーチ
92 与田剛  サウザンリーフ市原投手コーチ 投手コーチ
81 立浪和義 打撃コーチ
63 高代延博 内野守備走塁コーチ
73 緒方耕一 外野守備走塁コーチ
75 橋上秀樹  読売ジャイアンツ戦略コーチ 戦略コーチ
投手 11 涌井秀章  埼玉西武ライオンズ
14 能見篤史  阪神タイガース
15 澤村拓一  読売ジャイアンツ
16 今村猛  広島東洋カープ
17 田中将大  東北楽天ゴールデンイーグルス
18 杉内俊哉  読売ジャイアンツ
20 前田健太  広島東洋カープ
21 森福允彦  福岡ソフトバンクホークス
26 内海哲也  読売ジャイアンツ
28 大隣憲司  福岡ソフトバンクホークス
35 牧田和久  埼玉西武ライオンズ
47 山口鉄也  読売ジャイアンツ
50 攝津正  福岡ソフトバンクホークス
捕手 2 相川亮二  東京ヤクルトスワローズ
10 阿部慎之助  読売ジャイアンツ
27 炭谷銀仁朗  埼玉西武ライオンズ
内野手 1 鳥谷敬  阪神タイガース
3 井端弘和  中日ドラゴンズ
5 松田宣浩  福岡ソフトバンクホークス
6 坂本勇人  読売ジャイアンツ
7 松井稼頭央  東北楽天ゴールデンイーグルス
41 稲葉篤紀  北海道日本ハムファイターズ
46 本多雄一  福岡ソフトバンクホークス
外野手 9 糸井嘉男  オリックス・バファローズ
13 中田翔  北海道日本ハムファイターズ
24 内川聖一  福岡ソフトバンクホークス
34 長野久義  読売ジャイアンツ
61 角中勝也  千葉ロッテマリーンズ

途中代表落ちとなった候補選手編集

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考
投手 19 吉見一起  中日ドラゴンズ 肘の故障のため辞退
22 浅尾拓也  中日ドラゴンズ 代表合宿で脱落
29 山井大介  中日ドラゴンズ
内野手 25 村田修一  読売ジャイアンツ
外野手 8 大島洋平  中日ドラゴンズ
23 聖澤諒  東北楽天ゴールデンイーグルス

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 今夏にWBC監督決定へ 3連覇へ向けNPB 産経新聞 2010年1月1日付
  2. ^ WBC代表の強化策議論=プロ野球代表者会議 時事通信社 2011年2月10日付
  3. ^ WBC不参加も…選手会が改善要求 日刊スポーツ 2011年7月22日付
  4. ^ 要求拒否「日本出なくてもWBCやる」 日刊スポーツ 2011年8月10日付
  5. ^ NPB、WBC参加問題で交渉継続求め文書提出へ スポニチアネックス 2011年9月28日
  6. ^ WBC不参加、選手会が表明 「将来の野球界のため」 朝日新聞デジタル 2012年7月20日
  7. ^ “監督不在”で大丈夫? 代表常設化も再び混迷の気配… MSN産経ニュース 2012年5月7日
  8. ^ 侍ジャパン、今秋と来春に2試合ずつ国際試合 読売新聞 2012年7月9日
  9. ^ 選手会がWBC不参加方針を決議 スポーツ報知 2012年7月20日
  10. ^ 侍ジャパン WBC不参加なら「プレミア12」に照準を切り替える スポニチアネックス 2012年8月28日
  11. ^ President Fraccari at Charity Event in Tokyo IBAF (2012年3月12日)
  12. ^ 日本 WBC参加濃厚に 侍ジャパンで4年40億円確保へ スポニチアネックス 2012年9月4日
  13. ^ 選手会は、WBC(ワールドベースボールクラシック)不出場決議の撤回を通知しました。日本プロ野球選手会 公式ホームページ(2012年9月4日)
  14. ^ “WBC山本監督が誕生=3連覇へ「気持ち一つに」”. 時事通信社. (2012年10月10日). http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a3%d7%a3%c2%a3%c3&k=201210/2012101000639 2012年10月10日閲覧。 
  15. ^ 堂林、キューバ戦で初代表…広島 スポーツ報知 2012年10月13日
  16. ^ WBC日本代表の活躍を通じて、日本に“勇気と元気”を!『2013 WORLD BASEBALL CLASSIC™』の日本代表オフィシャルパートナーに決定!~アサヒビールは、WBC日本代表の夢と情熱を応援します!~ アサヒビール株式会社 2012年11月14日
  17. ^ 2013 ワールドベースボールクラシックをテレビ朝日が3大会連続で放送! テレビ朝日広報部 2012年11月15日
  18. ^ TBS、3大会連続でWBC放送決定 ORICON STYLE 2012年11月15日
  19. ^ イチロー、黒田も辞退 侍は純国産布陣 デイリースポーツ 2012年11月19日
  20. ^ 「侍ジャパン」に34候補…巨人から最多の8人読売新聞 2012年12月4日
  21. ^ 吉見がWBC辞退 代役候補はオリ金子、DeNA山口らスポーツニッポン 2013年1月8日
  22. ^ 侍ジャパン 5人が最終メンバー落ちに 西武戦中止なら選考は20日 ― スポニチ Sponichi Annex 野球
  23. ^ 2013WBC日本代表28選手の発表 日本野球機構オフィシャルサイト (2013年2月20日) 2015年4月2日閲覧
  24. ^ 日本代表に阿部ら=村田、浅尾ら外れる【WBC】 ― 時事通信 スポーツ
  25. ^ World Baseball Classic: Japan vs. Brazil at Fukuoka Yahoo! Japan Dome - Saturday, March 2, 2013”. WBC. 2013年3月2日閲覧。
  26. ^ World Baseball Classic: China vs. Japan at Fukuoka Yahoo! Japan Dome - Sunday, March 3, 2013”. WBC. 2013年3月3日閲覧。
  27. ^ 2013ワールドベースボールクラシック日本語公式サイト試合結果 福岡ラウンド GAME6」 2013年3月7日閲覧.
  28. ^ 3月8日(金) 第二ラウンド
  29. ^ 2013ワールドベースボールクラシック日本語公式サイト試合結果 東京ラウンド GAME4」 2013年3月12日閲覧.
  30. ^ 2013ワールドベースボールクラシック英語公式サイトPOOLS & VENUES > CHAMPIONSHIP ROUND, SAN FRANCISCO > GAME1 > Box Score” 英語, 2013年3月19日閲覧.
  31. ^ Puerto Rico vs. Japan
  32. ^ 日本vsプエリトルコ

関連項目編集

外部リンク編集