メインメニューを開く

2014年アジア競技大会におけるバスケットボール競技

メダリスト編集

順位 国・地域
1   韓国 2 0 0 2
2   イラン 0 1 0 1
  中国 0 1 0 1
3   日本 0 0 2 2
Total 2 2 2 6
Event
男子   韓国

ムン・テジョン
パク・チャニ
ヤン・ドングン
キム・テスル
イ・ジョンヒョン
キム・ソニョン
チョ・ソンミン
梁熙鍾
金鋳城
ホ・イリョン
呉世根
キム・ジョンギュ

  イラン

ロウズベー・アルガーバン
Sajjad Mashayekhi
Behnam Yakhchali
マーディ・カムラニー
Arman Zangeneh
Farid Aslani
ハメッド・アファグ
オーシン・サハキアン
アスガー・カルドウスト
モハッマド・ジャムシディ
サマド・ニックハ・バーラミ
ハメッド・ハッダディ

  日本

石崎巧
小野龍猛
比江島慎
古川孝敏
太田敦也
辻直人
竹内公輔
田中大貴
張本天傑
富樫勇樹
金丸晃輔
竹内譲次

女子   韓国

Kim Dan-bi
Lee Mi-sun
Lee Kyung-eun
Park Hyejin
Kwak Jooyeong
Yang Jinhee
Beon Yeon-ha
Lim Yunghui
Ha Eun-joo
Kim Jungeun
Kang Youngsuk
Sin Jung-ja

  中国

Liu Dan
Jin Weina
Yu Dong
Shi Shiufeng
Sun Xiaoyu
Shen Binbin
Ma Xueya
Ding Yuan
Zhang Fan
Yang Banban
Yang Hengyu
Jin Jiabao

  日本

馬瓜エブリン
諏訪裕美
本川紗奈生
森ムチャ
川原麻耶
牛田悠理
町田瑠唯
三好南穂
加藤瑠倭
大沼美琴
渡邉亜弥
赤穂さくら

男子編集

組み合わせ編集

組み合わせ抽選は2014年8月21日に仁川で行われた。Pot1には2010年大会ベスト4の4チーム、Pot2には今大会に参加しているうち上位の4チームが入った。Pot1および2の8チームはシードされ、2次リーグから出場する。

シードチーム(2次リーグより出場) ノーシードチーム(1次リーグより出場)
Pot 1 Pot 2 Pot 3 Pot 4 Pot 5 Pot 6

  中国(14)
  韓国(27)
  イラン(17)
  日本(46)

  カタール(47)
  フィリピン(31)
  ヨルダン(28)
  チャイニーズタイペイ(44)

  モンゴル
  サウジアラビア(76)

  カザフスタン(52)
  香港(69)

  クウェート(70)
  パレスチナ

  インド(61)
  モルディブ

()は2014年9月14日付FIBAランク。

予選1次リーグ編集

予選2次リーグへ進出

グループA編集

チーム 試合 得失差 勝点
  クウェート 3 3 0 279 190 +89 6
  モンゴル 3 2 1 279 213 +66 5
  香港 3 1 2 257 212 +45 4
  モルディブ 3 0 3 143 343 -200 3
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
9月20日 14:00   モンゴル 86 17-21 28-21 14-12 27-23 77   香港
9月20日 16:15   クウェート 116 30-10 29-7 32-13 25-14 44   モルディブ
9月21日 14:00   香港 65 15-20 19-20 22-19 9-22 81   クウェート
9月21日 16:15   モルディブ 54 10-15 7-36 15-34 22-27 112   モンゴル
9月22日 14:00   クウェート 82 25-24 16-17 17-22 24-18 81   モンゴル
9月22日 16:15   香港 115 37-12 17-5 33-10 28-18 45   モルディブ

グループB編集

チーム 試合 得失差 勝点 タイブレーク
  インド 3 2 1 236 183 +53 5 1–1 1.097
  カザフスタン 3 2 1 222 189 +33 5 1–1 1.079
  サウジアラビア 3 2 1 211 227 −16 5 1–1 0.846
  パレスチナ 3 0 3 180 250 −70 3
月日 開始時間 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
9月20日 14:00   サウジアラビア 59 17-15 12-20 17-25 13-29 89   カザフスタン
9月20日 16:15   パレスチナ 49 6-20 17-20 18-28 8-21 89   インド
9月21日 14:00   カザフスタン 72 22-7 12-6 18-17 20-20 50   パレスチナ
9月21日 16:15   インド 67 13-19 14-21 19-19 21-14 73   サウジアラビア
9月22日 14:00   パレスチナ 71 18-17 22-17 21-29 10-16 89   サウジアラビア
9月22日 16:15   カザフスタン 61 14-24 17-23 19-22 11-11 80   インド

予選2次リーグ編集

準々決勝へ進出

グループC編集

チーム 試合 得失差 勝点
  中国 2 2 0 135 117 +18 4
  カザフスタン 2 1 1 133 144 −11 3
  チャイニーズタイペイ 2 0 2 126 133 −7 2
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
9月23日 14:00   チャイニーズタイペイ 68 14-23 16-17 13-9 25-25 74   カザフスタン
9月24日 14:00   カザフスタン 59 7-19 5-20 22-15 25-22 76   中国
9月25日 14:00   中国 59 17-10 13-12 17-16 12-20 58   チャイニーズタイペイ

グループD編集

チーム 試合 得失差 勝点
  韓国 2 2 0 188 136 +52 4
  モンゴル 2 1 1 150 164 −14 3
  ヨルダン 2 0 2 117 161 −44 2
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
9月23日 18:30   ヨルダン 74 18-14 15-21 18-28 23-20 83   モンゴル
9月24日 18:30   モンゴル 67 21-18 17-21 12-30 17-21 90   韓国
9月25日 18:30   韓国 98 18-8 32-17 24-17 24-27 69   ヨルダン

グループE編集

チーム 試合 得失差 勝点
  イラン 2 2 0 144 104 +40 4
  フィリピン 2 1 1 148 144 +4 3
  インド 2 0 2 117 161 −44 2
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
9月23日 14:00   フィリピン 85 15-15 22-22 19-19 20-21 76   インド
9月24日 14:00   インド 41 16-22 12-16 8-20 5-18 76   イラン
9月25日 14:00   イラン 68 29-17 7-17 14-19 18-10 63   フィリピン

グループF編集

チーム 試合 得失差 勝点
  カタール 2 2 0 151 140 +11 4
  日本 2 1 1 160 147 +13 3
  クウェート 2 0 2 144 168 −24 2
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
9月23日 18:30   カタール 79 21-16 22-16 19-14 17-23 69   クウェート
9月24日 18:30   クウェート 75 19-25 13-30 20-22 23-12 89   日本
9月25日 18:30   日本 71 22-21 9-18 25-19 15-14 72   カタール

準々決勝編集

決勝ラウンド進出
5位-8位決定戦へ

グループG編集

チーム 試合 得失差 勝点
  イラン 3 3 0 264 195 +69 6
  日本 3 2 1 234 224 +10 5
  中国 3 1 2 247 221 +26 4
  モンゴル 3 0 3 206 311 −105 3
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
9月26日 14:00   中国 108 32-18 18-17 29-11 29-21 67   モンゴル
9月26日 18:30   イラン 82 16-15 29-22 16-9 21-13 59   日本
9月27日 14:00   モンゴル 69 20-25 17-27 16-37 16-18 107   イラン
9月27日 18:30   日本 79 14-21 19-21 21-19 25-11 72   中国
9月28日 15:15   イラン 75 22-13 13-13 21-18 19-23 67   中国
9月28日 19:45   モンゴル 70 23-29 13-20 18-22 16-25 96   日本

グループH編集

チーム 試合 得失差 勝点 タイブレーク
  韓国 3 3 0 239 213 +26 6
  カザフスタン 3 1 2 190 201 −11 4 1–1 1.048
  カタール 3 1 2 192 198 −6 4 1–1 1.008
  フィリピン 3 1 2 230 239 −9 4 1–1 0.951
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
9月26日 14:00   カザフスタン 60 5-20 21-22 14-15 20-20 77   韓国
9月26日 18:30   フィリピン 68 19-19 20-17 12-20 17-21 77   カタール
9月27日 14:00   韓国 97 18-22 26-29 27-21 26-23 95   フィリピン
9月27日 18:30   カタール 57 14-12 14-11 14-25 15-17 65   カザフスタン
9月28日 15:15   フィリピン 67 14-8 21-13 17-18 15-26 65   カザフスタン
9月28日 19:45   韓国 65 12-17 20-16 17-12 16-13 58   カタール

順位決定戦編集

予備戦 5位決定戦
           
9月29日 – Samsan    
   モンゴル 78
   カタール 87  
  10月1日 – Samsan
   カタール 60
     中国 70
 
3位決定戦
9月29日 – Hwaseong 10月1日 – Hwaseong
   中国 78    モンゴル 68
   フィリピン 71      フィリピン 84
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
9月29日 16:15   モンゴル 78 24-19 14-23 18-23 22-22 87   カタール
9月29日 16:15   中国 78 21-17 21-17 23-19 13-18 71   フィリピン
10月1日 15:15   モンゴル 68 21-18 9-20 25-25 13-21 84   フィリピン
10月1日 15:15   カタール 60 10-29 20-16 13-16 17-9 70   中国

決勝ラウンド編集

準決勝 決勝
           
10月1日 – Samsan    
   日本 63
   韓国 71  
  10月3日 – Samsan
   韓国 79
     イラン 77
 
3位決定戦
10月1日 – Hwaseong 10月3日 – Samsan
   イラン 80    日本 76
   カザフスタン 78      カザフスタン 72
  • 準決勝
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
10月1日 19:45   日本 63 20-18 14-16 9-15 20-22 71   韓国
10月1日 19:45   イラン 80 23-22 25-20 16-22 16-14 78   カザフスタン
  • 3位決定戦
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
10月3日 16:00   日本 76 20-22 22-15 15-19 19-16 72   カザフスタン
  • 決勝
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
10月3日 18:15   韓国 79 25-16 17-20 16-25 21-16 77   イラン

最終順位編集

順位 チーム Pld W L
    韓国 7 7 0
    イラン 7 6 1
    日本 7 4 3
4   カザフスタン 10 4 6
5   中国 7 5 2
6   カタール 7 4 3
7   フィリピン 7 3 4
8   モンゴル 10 3 7
9   チャイニーズタイペイ 2 0 2
10   クウェート 5 3 2
11   ヨルダン 2 0 2
12   インド 5 2 3
13   サウジアラビア 3 2 1
14   香港 3 1 2
15   パレスチナ 3 0 3
16   モルディブ 3 0 3

女子編集

日本は同時期に開催される2014年女子バスケットボール世界選手権にも出場するため、アジア大会へは若手主体のチームを派遣している[1]。逆に韓国は地元開催のアジア大会に主力を投入している。

出場チーム編集

予選ラウンドより出場 ファイナルラウンドより出場

  香港
  カザフスタン
  モンゴル
  ネパール
  カタール

  中国
  韓国
  日本
  チャイニーズタイペイ
  タイ
  インド

予選ラウンド編集

上位2チームが決勝ラウンドに進出。カタールは初戦開始前にヒジャブの着用を禁止されたため棄権した。

チーム 試合 得失差 勝点 タイブレーク
  モンゴル 4 3 1 240 163 +77 7 1–1 1.182
  カザフスタン 4 3 1 260 167 +93 7 1–1 1.015
  香港 4 3 1 245 173 +72 7 1–1 0.834
  ネパール 4 1 3 125 287 −162 5
  カタール 4 0 4 0 80 -80 0
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
9月23日 16:15   モンゴル 64 17-22 17-10 18-21 12-15 68   香港
9月23日 16:15   カザフスタン 101 29-4 23-10 27-11 27-10 35   ネパール
9月24日 16:15   香港 53 18-19 9-17 14-25 12-20 81   カザフスタン
9月24日 16:15   カタール 0 20   モンゴル
9月25日 16:15   ネパール 20 0   カタール
9月25日 16:15   モンゴル 79 24-16 16-9 25-9 14-19 53   カザフスタン
9月26日 16:15   カタール 0 20   カザフスタン
9月26日 16:15   香港 104 30-10 36-3 20-5 18-10 28   ネパール
9月27日 16:15   ネパール 42 5-25 13-18 12-9 12-25 77   モンゴル
9月27日 16:15   香港 20 0   カタール

決勝ラウンド編集

準々決勝 準決勝 決勝
                   
9月28日 – Samsan        
   中国 71
10月1日 – Samsan
   カザフスタン 57  
   中国 75
9月28日 – Hwaseong
     チャイニーズタイペイ 63  
   チャイニーズタイペイ 98
10月2日 – Samsan
   タイ 44  
   中国 64
9月28日 – Samsan
     韓国 70
   日本 70
10月1日 – Hwaseong
   インド 37  
   日本 53 3位決定戦
9月28日 – Hwaseong
     韓国 58  
   韓国 124    中華台北 59
   モンゴル 41      日本 61
10月2日 – Samsan
順位決定予備戦 5位決定戦
           
9月29日 – Samsan    
   カザフスタン 62
   タイ 49  
  10月1日 – Hwaseong
   カザフスタン 68
     インド 47
 
3位決定戦
9月29日 – Hwaseong 10月1日 – Samsan
   インド 68    タイ 74
   モンゴル 50      モンゴル 59
  • 準々決勝
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
9月28日 13:00   中国 71 22-11 19-15 16-17 14-14 57   カザフスタン
9月28日 13:00   インド 37 5-15 13-21 9-22 10-12 70   日本
9月28日 17:30   チャイニーズタイペイ 98 28-10 25-12 25-8 20-14 44   タイ
9月28日 17:30   モンゴル 41 12-28 7-32 7-32 15-32 124   韓国
  • 順位決定戦
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
9月29日 14:00   カザフスタン 62 14-18 20-8 11-8 17-15 49   タイ
9月29日 14:00   インド 68 19-14 14-9 22-15 13-12 50   モンゴル
10月1日 13:00   タイ 74 21-13 17-18 20-15 16-13 59   モンゴル
10月1日 13:00   カザフスタン 68 15-12 21-10 19-4 13-21 47   インド
  • 準決勝
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
10月1日 17:30   中国 75 17-21 20-12 16-11 22-19 63   チャイニーズタイペイ
10月1日 17:30   日本 53 12-9 9-17 22-18 10-14 58   韓国
  • 3位決定戦
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
10月2日 16:00   中華台北 59 13-15 20-16 16-6 10-24 61   日本
  • 決勝戦
月日 時刻 チーム 得点 1Q 2Q 3Q 4Q OT 得点 チーム
10月2日 18:00   中国 64 19-18 16-15 20-21 12-16 70   韓国

最終順位編集

順位 チーム Pld W L
    韓国 3 3 0
    中国 3 2 1
    日本 3 2 1
4   チャイニーズタイペイ 3 1 2
5   カザフスタン 7 5 2
6   インド 3 1 2
7   タイ 3 1 2
8   モンゴル 7 3 4
9   香港 4 3 1
10   ネパール 4 1 3
11   カタール 4 0 4

ヒジャブ着用問題編集

  • 2014年9月24日、2014年アジア競技大会の女子バスケットボールで、イスラム教徒の女性が髪などを覆うヒジャブの着用を禁じられたため、カタール代表が試合を放棄した。モンゴルとの試合直前になって大会関係者から禁止を伝えられたという。大会の公式情報ページで、アマル・モハメド選手は「大会前は着用可能と聞いていた。禁止の理由が分からない。大会側が決定を変えるまで試合には出ない」と述べた。試合は規定により20-0でモンゴルの勝利となった。[2]
  • 大会組織委員会の広報担当者は「組織委としては着用をOKしたはず。問題を調査しているが、国際バスケットボール連盟のルールに抵触するようだ」と話した。国際バスケットボール連盟FIBA)の規定では、他の選手を負傷させる恐れがあるとしてヘアアクセサリーなどを原則として禁じている。そのルールにヒジャブが抵触すると判断された。[3] [4]
  • カタールのある女子選手は「全てのイスラム圏のチームがプレーできるよう、国際連盟を動かすためにここに来た。明確な態度を示さないといけない」とコメントし、最初から問題提起を目的とした行動だったことを示唆した。日本バスケットボール協会の関係者も「今回の件は一石を投じたと思う」と受け止めた。[5]
  • アジアにはキリスト教、イスラム教、仏教など多くの宗教が存在する。その中で開かれているスポーツの祭典で起きた騒ぎに、アジア・オリンピック評議会(OCA)は「選手の権利が最優先されるべきだ」などと選手を擁護する声明を出した。[6]
  • なお、サッカー、バレーボールをはじめとした他の競技では試合中のベール着用が認められている。[7]
  • 国際バスケットボール連盟(FIBA)は9月初め「ヒジャブなどを2年間のトライアル期間中認める」としたが、国際大会での扱いについては、明確な姿勢を示していなかった。カタールチーム代表Al-Jabir氏は、「試合を放棄したのではなく、試合することを許されなかった」と答え、「(大会組織委員会は)女性参加を推進している一方で、ヒジャブを着用したイスラム女性の参加を妨げている」と主催側を批判した(『Newsobserver』)。またバスケットボール専門家のHabeeba Husain氏は、実際の障壁となるのは「ヒジャブ」ではなく、「ヒジャブ」に体する間違った認識だ、と指摘している(『Patheos』)。[8]

脚注編集

  1. ^ a b 「第17回アジア競技大会」女子日本代表12名が決定!
  2. ^ ヒジャブ禁止で試合放棄 バスケット女子 2014.9.25 産経ニュース
  3. ^ ヒジャブ禁止で試合放棄 バスケット女子 2014.9.25 産経ニュース
  4. ^ 【アジア大会ヒジャブ禁止問題】スポーツ規定の整備に遅れ カタール女子、問題提起か] 2014/09/27 共同通信
  5. ^ 【アジア大会ヒジャブ禁止問題】スポーツ規定の整備に遅れ カタール女子、問題提起か] 2014/09/27 共同通信
  6. ^ ヒジャブ禁止で試合放棄 バスケット女子 2014.9.25 産経ニュース
  7. ^ [バスケのカタール代表、ヒジャブ禁止で試合放棄 アジア大会] 2014/9/24 日本経済新聞
  8. ^ ヒジャブ禁止は世界に逆行? 仁川アジア大会でイスラム女性が出場不可…海外から批判 2014年9月26日newsphere