メインメニューを開く

2014 FIFAワールドカップ・アジア予選

2014 FIFAワールドカップ・アジア予選は、アジア地区の2014 FIFAワールドカップ・予選である。本大会出場枠は4.5で、全試合ホーム・アンド・アウェー方式で行われる。予選に参加する国および地域は、アジアサッカー連盟 (AFC) 所属の46チームのうち、参加辞退のブータンの旗 ブータングアムの旗 グアム国際サッカー連盟(FIFA)から資格停止処分を受けていたブルネイの旗 ブルネイを除く43チームである。

目次

予選形式編集

出場枠は4.5(4チームが直接本大会出場権を獲得、1チームが大陸間プレーオフに進出)。

予選は5段階に分けられている。詳細は以下の通り[1]

1次予選
シード順が28位から43位のチーム(16チーム)を2チームずつ8組に分け、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。各勝者が2次予選に進出する。
2次予選
シード順が6位から27位のチーム(22チーム)と、1次予選の勝者8チーム、合計30チームを2チームずつ15組に分け、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。各勝者が3次予選に進出する。
3次予選
シード順が1位から5位のチーム(5チーム)と、2次予選の勝者15チーム、合計20チームを4チームずつ5組に分け、ホーム・アンド・アウェーの総当たり戦を行う。各組上位2チームが最終予選(4次予選)に進出する。
4次予選
3次予選を勝ち抜いた10チームを5チームずつ2組に分け、ホーム・アンド・アウェーの総当たり戦を行う。各組上位2チームが本大会出場権を得る。また各組3位のチームはアジア地区プレーオフに進出する。
5次予選
進出した2チームがホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。勝者が大陸間プレーオフに進出する。

シード順編集

当初シード順は、前回大会(2010 FIFAワールドカップおよびそのアジア予選)の成績によって定められるものとされ[2][3]、各チームが予選のどの段階から参加するかの決定、および1次予選・2次予選の組み合わせ抽選はこの順位により行われた。ただしその後、3次予選の組み合わせ抽選については、2011年7月のFIFAランキング順にシード順が定められることとなった[4][5]。また4次予選については、抽選会時点の最新のFIFAランキングに基づいてシード順が定められることとなった[6](その後、組み合わせ抽選は2012年3月9日に、その前のFIFAランキングの発表は3月7日に決まった[7][8])。

1次予選・2次予選のシード順編集

2010年FIFAワールドカップとそのアジア予選の成績によってシード順が決められ、各チームが予選のどの段階から参加するかの決定、および1次予選・2次予選の組み合わせ抽選に使われた。

3次予選から参加 2次予選から参加 1次予選から参加

  日本
  韓国
  オーストラリア
  朝鮮民主主義人民共和国
  バーレーン

  サウジアラビア
  イラン
  カタール
  ウズベキスタン
  アラブ首長国連邦
  シリア
  オマーン
  ヨルダン
  イラク
  シンガポール
  中国
  クウェート
  タイ
  トルクメニスタン
  レバノン
  イエメン
  タジキスタン
  香港
  インドネシア
  キルギス
  モルディブ
  インド

  マレーシア
  アフガニスタン
  カンボジア
  ネパール
  バングラデシュ
  スリランカ
  ベトナム
  モンゴル
  パキスタン
  パレスチナ
  東ティモール
  マカオ
  チャイニーズタイペイ
  ミャンマー
  フィリピン
  ラオス

1次予選のシード順編集

ポット1 ポット2

2次予選のシード順編集

ポット1 ポット2

1次予選の勝者はシード順が決められた時は未定であった。

3次予選のシード順編集

2011年7月のFIFAランキングに基づいてシード順が決められ、3次予選の組み合わせ抽選に使われた。抽選会は、2011年7月30日にブラジルのリオデジャネイロで行われた。

かっこ内はシード順を決めるのに用いられたFIFAランキングを示す。

ポット1 ポット2 ポット3 ポット4

なお組み合わせ抽選後、  シリア2次予選での規約違反により失格となったため、抽選結果でシリアが割り当てられた箇所にそのまま  タジキスタンが割り当てられるものとされた。

4次予選のシード順編集

2012年3月7日発表のFIFAランキングに基づいてシード順が決められ、4次予選の組み合わせ抽選に使われた。抽選会は、2012年3月9日にマレーシアクアラルンプールのAFC本部で行われた。

かっこ内はシード順を決めるのに用いられたFIFAランキングを示す。

ポット1 ポット2 ポット3 ポット4 ポット5

1次予選編集

1次予選および2次予選の抽選は、2011年3月30日にマレーシアクアラルンプールのAFC本部で行われた[9]

第1試合は2011年6月29日に、第2試合は7月3日に実施された[9]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
マレーシア   (a)4 - 4   チャイニーズタイペイ 2 - 1 2 - 3
バングラデシュ   3 - 0   パキスタン 3 - 0 0 - 0
カンボジア   6 - 8   ラオス 4 - 2 2 - 6
(a.e.t.)
スリランカ   1 - 5   フィリピン 1 - 1 0 - 4
アフガニスタン   1 - 3   パレスチナ 0 - 2 1 - 1
ベトナム   13 - 1   マカオ 6 - 0 7 - 1
ネパール   7 - 1   東ティモール 2 - 1 5 - 0
モンゴル   1 - 2   ミャンマー 1 - 0 0 - 2

2次予選編集

第1試合は2011年7月23日に、第2試合は7月28日に実施された[9]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
タイ   3 - 2   パレスチナ 1 - 0 2 - 2
レバノン   4 - 2   バングラデシュ 4 - 0 0 - 2
中国   13 - 3   ラオス 7 - 2 6 - 1
トルクメニスタン   4 - 5   インドネシア 1 - 1 3 - 4
クウェート   5 - 1   フィリピン 3 - 0 2 - 1
オマーン   5 - 0   ミャンマー 3 - 0 2 - 0
サウジアラビア   8 - 0   香港 3 - 0 5 - 0
イラン   5 - 0   モルディブ 4 - 0 1 - 0
シリア   0 - 6
  タジキスタン 0 - 3 0 - 3
カタール   4 - 2   ベトナム 3 - 0 1 - 2
イラク   2 - 0   イエメン 2 - 0 0 - 0
シンガポール   6 - 4   マレーシア 5 - 3 1 - 1
ウズベキスタン   7 - 0   キルギス 4 - 0 3 - 0
アラブ首長国連邦   5 - 2   インド 3 - 0 2 - 2
ヨルダン   10 - 1   ネパール 9 - 0 1 - 1

3次予選編集

4チームずつの5組に分かれ、2順の総当たり戦(各チーム6試合ずつ)を行う。2011年9月2日9月6日10月11日11月11日11月15日および、2012年2月29日に実施された。

グループ A編集

チーム 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 点差
  イラク 15 6 5 0 1 14 4 +10
  ヨルダン 12 6 4 0 2 11 7 +4
  中国 9 6 3 0 3 10 6 +4
  シンガポール 0 6 0 0 6 2 20 -18
チーム AWAY
       
H
O
M
E
  イラク X 0-2 1-0 7-1
  ヨルダン 1-3 X 2-1 2-0
  中国 0-1 3-1 X 2-1
  シンガポール 0-2 0-3 0-4 X

左の数字がHOMEチームの得点

グループ B編集

チーム 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 点差
  韓国 13 6 4 1 1 14 4 +10
  レバノン 10 6 3 1 2 10 14 -4
  クウェート 8 6 2 2 2 8 9 -1
  アラブ首長国連邦 3 6 1 0 5 9 14 -5
チーム AWAY
       
H
O
M
E
  韓国 X 6-0 2-0 2-1
  レバノン 2-1 X 2-2 3-1
  クウェート 1-1 0-1 X 2-1
  アラブ首長国連邦 0-2 4-2 2-3 X

左の数字がHOMEチームの得点

グループ C編集

チーム 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 点差
  ウズベキスタン 16 6 5 1 0 8 1 +7
  日本 10 6 3 1 2 14 3 +11
  朝鮮民主主義人民共和国 7 6 2 1 3 3 4 -1
  タジキスタン 1 6 0 1 5 1 18 -17
チーム AWAY
       
H
O
M
E
  ウズベキスタン X 1-1 1-0 3-0
  日本 0-1 X 1-0 8-0
  朝鮮民主主義人民共和国 0-1 1-0 X 1-0
  タジキスタン 0-1 0-4 1-1 X

左の数字がHOMEチームの得点

グループ D編集

チーム 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 点差
  オーストラリア 15 6 5 0 1 13 5 +8
  オマーン 8 6 2 2 2 3 6 -3
  サウジアラビア 6 6 1 3 2 6 7 -1
  タイ 4 6 1 1 4 4 8 -4
チーム AWAY
       
H
O
M
E
  オーストラリア X 3-0 4-2 2-1
  オマーン 1-0 X 0-0 2-0
  サウジアラビア 1-3 0-0 X 3-0
  タイ 0-1 3-0 0-0 X

左の数字がHOMEチームの得点

グループ E編集

チーム 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 点差
  イラン 12 6 3 3 0 17 5 +12
  カタール 10 6 2 4 0 10 5 +5
  バーレーン 9 6 2 3 1 13 7 +6
  インドネシア 0 6 0 0 6 3 26 -23
チーム AWAY
       
H
O
M
E
  イラン X 2-2 6-0 3-0
  カタール 1-1 X 0-0 4-0
  バーレーン 1-1 0-0 X 10-0
  インドネシア 1-4 2-3 0-2 X

左の数字がHOMEチームの得点

4次予選編集

5チームずつの2組に分かれ、2順の総当たり戦(各チーム8試合ずつ)を行い、各組1位及び2位の計4チームが本大会出場権を得る。また、各組3位となった2チームは5次予選(アジア地区プレーオフ)へ進出する。2012年6月3日6月8日6月12日9月11日10月16日11月14日および、2013年3月26日6月4日6月11日6月18日の日程で実施された(毎節、各組1チームは試合を行わない)。

なお、この最終節の日程はFIFAコンフェデレーションズカップ2013の日程と重複するという問題があり[10]、これに対しアジアサッカー連盟は2011年3月23日、「FIFAコンフェデレーションズカップ2013に出場する日本が4次予選に進出した場合、最終節に日本の試合が行われないように日程を割り当てる」という措置を取ることを発表した[1]

組み合わせ抽選は2012年3月9日[11] にクアラルンプールで行われた。

グループ A編集

チーム 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 点差
  イラン 16 8 5 1 2 8 2 +6
  韓国 14 8 4 2 2 13 7 +6
  ウズベキスタン 14 8 4 2 2 11 6 +5
  カタール 7 8 2 1 5 5 13 -8
  レバノン 5 8 1 2 5 3 12 -9
チーム AWAY
         
H
O
M
E
  イラン X 1-0 0-1 0-0 4-0
  韓国 0-1 X 1-0 2-1 3-0
  ウズベキスタン 0-1 2-2 X 5-1 1-0
  カタール 0-1 1-4 0-1 X 1-0
  レバノン 1-0 1-1 1-1 0-1 X

左の数字がHOMEチームの得点

グループ B編集

チーム 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 点差
  日本 17 8 5 2 1 16 5 +11
  オーストラリア 13 8 3 4 1 12 7 +5
  ヨルダン 10 8 3 1 4 7 16 -9
  オマーン 9 8 2 3 3 7 10 -3
  イラク 5 8 1 2 5 4 8 -4
チーム AWAY
         
H
O
M
E
  日本 X 1-1 6-0 3-0 1-0
  オーストラリア 1-1 X 4-0 2-2 1-0
  ヨルダン 2-1 2-1 X 1-0 1-1
  オマーン 1-2 0-0 2-1 X 1-0
  イラク 0-1 1-2 1-0 1-1 X

左の数字がHOMEチームの得点

5次予選編集

4次予選各グループ3位の2チーム同士がホームアンドアウェー方式で戦う。2013年9月6日9月10日に実施された。この勝者が南米予選5位のチームと戦い、これに勝ったチームがワールドカップ出場となる。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ヨルダン   2 - 2
(PK 9 - 8)
  ウズベキスタン 1 - 1 1 - 1
(a.e.t.)

大陸間プレーオフ編集

上記アジア地区プレーオフで勝った5位チームが、南米予選の5位チームと対戦し、勝者がワールドカップ出場権を獲得する。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ヨルダン   0 - 5   ウルグアイ 0 - 5 0 - 0

トピックス編集

出典編集

  1. ^ a b 43 in the fray for 2014 FWC qualifiers”. アジアサッカー連盟 (2011年3月23日). 2011年10月18日閲覧。
  2. ^ Asian Zone to play preliminary round for Brazil 2014”. 国際サッカー連盟 (2011年3月19日). 2011年3月25日閲覧。
  3. ^ FWCQ 2014 rankings announced”. アジアサッカー連盟 (2011年3月8日). 2011年3月21日閲覧。
  4. ^ 2014 FIFA World Cup Brazil(TM) Preliminary Competition Format & Draw Procedures 2011年6月13日閲覧。
  5. ^ 中国、「第1シード」で3次予選出場の可能性に大喜び―W杯”. サーチナ (2011年6月8日). 2011年6月13日閲覧。
  6. ^ AFC announces key competition decisions”. アジアサッカー連盟 (2011年8月2日). 2011年8月22日閲覧。
  7. ^ シード国、3月のランクが基準=サッカーW杯最終予選-時事ドットコム2012.2.3付
  8. ^ FIFA Ranking rescheduled to March 7”. アジアサッカー連盟 (2012年2月3日). 2012年2月7日閲覧。
  9. ^ a b c The battle for Brazil berth begins”. アジアサッカー連盟 (2011年3月30日). 2011年3月30日閲覧。
  10. ^ AFC、FIFAにコンフェデ杯日程変更を要請”. アジアサッカー連盟 (2011年1月31日). 2011年8月2日閲覧。
  11. ^ Final Round draw date set”. アジアサッカー連盟 (2012年1月26日). 2012年1月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集