メインメニューを開く
Jリーグ > Jリーグカップ > 2015年のJリーグカップ

2015年のJリーグカップは、2015年3月18日より開催され、同年10月31日に決勝が行われた、第23回Jリーグカップである。 鹿島アントラーズが3年ぶり6回目の優勝を果たした。

2015 Jリーグカップ
Jリーグヤマザキナビスコカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2015年3月18日-10月31日
参加チーム数 18
優勝 鹿島アントラーズ
準優勝 ガンバ大阪
スルガ銀行CS出場 鹿島アントラーズ
試合総数 55
ゴール数 149 (1試合平均 2.71 点)
観客動員数 449,786 (1試合平均 8,178 人)
得点王 日本の旗 渡邉千真 (神戸)
(7得点)
最優秀選手 日本の旗 小笠原満男 (鹿島)
2014
2016
テンプレートを表示

目次

大会名称編集

ヤマザキナビスコを冠スポンサーとして「2015Jリーグヤマザキナビスコカップ」の名称で行う。

大会レギュレーション編集

大会の基本レギュレーションについては2014年12月16日にJリーグより発表された[1]。基本的には2014年大会までの大会方式を踏襲しているが、AFCチャンピオンズリーグ2015 (ACL) の出場チームの進出ステージ割り当て変更に伴い、シードチームの割り当てが一部変則的になっている。

大会日程編集

日程の概略については2014年12月16日に発表となり[1]、2015年1月22日に詳細が発表になった。この時点でグループリーグ参加が未定の柏については暫定的にAグループの日程に組み込まれ、柏がACLプレーオフに勝利したため、柏との対戦カードが組まれたクラブが試合なしとなった。 なお、決勝の会場は前年大会と同様、埼玉スタジアム2002で開催される[6]

ステージ ラウンド 第1戦 第2戦 備考
グループリーグ 第1節 2015年3月18日 広島(Aグループ)、神戸(Bグループ)試合なし
第2節 2015年3月28日 甲府(Aグループ)、川崎(Bグループ)試合なし
第3節 2015年4月8日 FC東京(Aグループ)、横浜FM(Bグループ)試合なし
第4節 2015年4月22日 湘南(Aグループ)、山形(Bグループ)試合なし
第5節 2015年5月20日 新潟(Aグループ)、仙台(Bグループ)試合なし
第6節 2015年5月27日 松本(Aグループ)、名古屋(Bグループ)試合なし
第7節 2015年6月3日[注 3] 鳥栖[注 4](Aグループ)、清水(Bグループ)試合なし
決勝トーナメント
準々決勝 2015年9月2日 2015年9月6日 ACL2015グループリーグ出場チームの出場
準決勝 2015年10月7日 2015年10月11日
決勝 2015年10月31日

グループリーグ編集

Aグループ編集









Bグループ編集









決勝トーナメント編集

準々決勝と準決勝については、トーナメント表上段のチームが、第2戦をホームで行う。

抽選に当たっては、ホームスタジアムの都合により浦和が準々決勝第2戦ホーム、神戸が準決勝第1戦ホームになるように両チームのポジションが先に決められ、その後に村井チェアマンがチームを選びチーム代表がポジションの抽選を行う方法で行われた。

  準々決勝
(9月2日・9月6日)
準決勝
(10月7日・10月11日)
決勝
(10月31日)
                             
 鹿島アントラーズ 2 3 5  
 FC東京 2 0 2  
   鹿島アントラーズ 2 4 6  
   ヴィッセル神戸 1 1 2  
 ヴィッセル神戸 2 2 4
   柏レイソル 0 3 3  
     鹿島アントラーズ 3
   ガンバ大阪 0
   名古屋グランパス 1 2 3 (9)  
 ガンバ大阪 (PK) 1 2 3 (10)  
   ガンバ大阪 1 2 3
   アルビレックス新潟 2 0 2  
 浦和レッズ 0 3 3
   アルビレックス新潟 5 0 5  

準々決勝編集

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
鹿島アントラーズ 5 - 2 FC東京 2 - 2 3 - 0
ヴィッセル神戸 4 - 3 柏レイソル 2 - 0 2 - 3
名古屋グランパス 3 - 3 (PK 9 - 10) ガンバ大阪 1 - 1 2 - 2 (延長)
浦和レッズ 3 - 5 アルビレックス新潟 0 - 5 3 - 0

第1戦編集








第2戦編集



二試合合計スコア 5 - 2で鹿島アントラーズが準決勝進出


二試合合計スコア 4 - 3でヴィッセル神戸が準決勝進出


二試合合計スコア 2 - 2(アウェーゴール1 - 1)で延長戦を実施、延長戦スコア1 - 1(合計3 - 3)で決着がつかないためPK戦を実施し、10 - 9でガンバ大阪が準決勝進出


二試合合計スコア 5 - 3でアルビレックス新潟が準決勝進出



準決勝編集

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
鹿島アントラーズ 6 - 2 ヴィッセル神戸 2 - 1 4 - 1
ガンバ大阪 3 - 2 アルビレックス新潟 1 - 2 2 - 0

第1戦編集






第2戦編集



二試合合計スコア 6 - 2で鹿島アントラーズが決勝進出


二試合合計スコア 3 - 2でガンバ大阪が決勝進出



決勝編集

決勝戦は、準決勝第2戦の後半3得点で神戸を突き放し、大会最多6度目の優勝を目指す鹿島と、第1戦のビハインドから逆転で新潟を下し、4クラブ目の大会連覇を目指すG大阪の対戦となった[8]。会場には2004年大会以来となる5万人を超える観衆が詰めかけた。

試合はG大阪に公式戦4連敗中の鹿島が序盤から攻勢を仕掛け[9]、幾度となく決定機をつかむも、G大阪GK東口順昭のファイセーブなどもあり得点を挙げることが出来ない。一方、G大阪は鹿島の速いプレスに手こずって思うように攻撃の形を作れず[9]、前半をスコアレスで折り返す。

後半も鹿島の攻勢を何とかしのいできたG大阪だったが、後半15分に鹿島MF小笠原満男の左CKをゴール前に飛び込んだDFファン・ソッコが頭で合わせ、鹿島がついに均衡を破る[10][11]。同点に追いつきたいG大阪は徐々に攻勢を強めて流れを引き寄せかけるが、鹿島は後半21分にMFカイオを投入[12]。これが功を奏し、後半39分、カイオの絡んだ攻撃で得たMF小笠原の左CKの流れからFW金崎夢生がヘディングシュートを決めて逆に鹿島が突き放す[11][12]。さらにその2分後には、鹿島が自陣からのカウンターでMF柴崎岳のスルーパスを受けたカイオがゴールを決めてダメ押しとなる3点目を挙げる[11]

試合はそのまま終了、鹿島が3年ぶり6度目の優勝を成し遂げた。鹿島はシーズン途中に監督に就任した石井正忠の球際の競り合いで体を張る「戦う姿勢」を重視した戦術が浸透し[10][12]、終わってみれば、24本(前半10本、後半14本)のシュートを放ち、G大阪のシュートを5本に抑え、圧勝とも言える試合展開であった。一方、長谷川健太監督が試合後に「勝てるだろうという慢心があったのではないかと思う」[9] と語ったG大阪は2年連続のシーズン三冠の夢が潰えた[10]

鹿島アントラーズ
GK 21   曽ヶ端準
DF 22   西大伍
DF 14   ファン・ソッコ
DF 03   昌子源
DF 16   山本脩斗
MF 20   柴崎岳
MF 40   小笠原満男  
MF 25   遠藤康   66分
MF 13   中村充孝   69分
FW 33   金崎夢生
FW 18   赤崎秀平   81分
控え:
GK 01   佐藤昭大
DF 04   山村和也   81分
DF 05   青木剛
MF 10   本山雅志
MF 07   カイオ   87分   66分
FW 19   豊川雄太
FW 34   鈴木優磨   69分
   
監督
  石井正忠
ガンバ大阪
GK 01   東口順昭
DF 14   米倉恒貴
DF 03   西野貴治   30分
DF 05   丹羽大輝
DF 04   藤春廣輝
MF 15   今野泰幸   25分
MF 07   遠藤保仁  
MF 13   阿部浩之   65分
MF 39   宇佐美貴史
MF 11   倉田秋   78分
FW 29   パトリック   89分
控え:
GK 18   藤ヶ谷陽介
DF 22   オ・ジェソク
DF 08   岩下敬輔   30分
MF 10   二川孝広
MF 19   大森晃太郎   90分   65分
MF 21   井手口陽介
FW 09   リンス   78分
   
監督
  長谷川健太
2015 Jリーグカップ 優勝
鹿島アントラーズ
3年ぶり6回目
テレビ中継

表彰編集

表彰名 選手名 所属クラブ 出典
ニューヒーロー賞   赤崎秀平 鹿島アントラーズ [13]
大会MVP   小笠原満男 鹿島アントラーズ [11]

得点ランキング編集

順位 選手 所属 得点
1   渡邉千真 ヴィッセル神戸
7
2   金崎夢生 鹿島アントラーズ
5
T3   山崎亮平 アルビレックス新潟
4
  指宿洋史 アルビレックス新潟
  浅野拓磨 サンフレッチェ広島

最終更新は2015年10月31日の試合終了時
出典: J.League Data Site

注記編集

  1. ^ 柏がACLプレーオフに敗退した場合はAグループからは上位3クラブが決勝トーナメント進出予定となっていた。
  2. ^ 会場は事前には非公表とされた[4] が、映像内でフジテレビV8スタジオ(『すぽると!』の放送されるスタジオ)で行われたことが明らかにされている。
  3. ^ 同日はAFCチャンピオンズリーグ出場の都合で当初から延期になっていた当該4チームのJ1リーグ第1ステージ・第10節と同日開催
  4. ^ 柏がAFCプレーオフに敗れて、柏戦が生じる場合には、左記のリーグ戦を優先させるため6月13日に開催する予定だった。
  5. ^ 当初はノエビアスタジアム神戸にて18:00キックオフで開催する予定だったが、ピッチコンディションの悪化を理由に会場とキックオフ時間が変更された[7]

出典・補足編集

  1. ^ a b “【2015Jリーグヤマザキナビスコカップ】 大会方式および試合方式について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年12月16日), http://www.jleague.jp/release/article-00006248/ 2014年12月22日閲覧。 
  2. ^ “【決勝Tオープンドロー:ヤマザキナビスコカップ】鹿島とFC東京が準々決勝で激突!”. J.League. (2015年6月29日). http://www.jleague.jp/news/article/1830 2015年6月29日閲覧。 
  3. ^ 2015Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝トーナメント抽選会 - YouTube
  4. ^ a b “2015Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝トーナメントオープンドロー 無料動画配信サイト「フジテレビ+」とJリーグ.jpでライブ配信決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年6月24日), http://www.jleague.jp/release/post-36241/ 2015年6月29日閲覧。 
  5. ^ “2015Jリーグヤマザキナビスコカップ 「決勝トーナメント オープンドロー」出席選手決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年6月24日), http://www.jleague.jp/release/post-36239/ 2015年6月24日閲覧。 
  6. ^ a b “2015 Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝 試合会場決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年6月29日), http://www.jleague.jp/release/post-36316/ 2015年6月30日閲覧。 
  7. ^ “9/6(日)ナビスコカップ準々決勝第2戦vs.柏のキックオフ時刻と開催スタジアムの変更およびチケット販売に関するお知らせ” (プレスリリース), ヴィッセル神戸, (2015年8月19日), http://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/9762.html 2015年8月30日閲覧。 
  8. ^ “決勝はG大阪vs.鹿島 ナビスコ杯、連覇か6度目Vか”. 産経新聞. (2015年10月11日). http://www.sankei.com/sports/news/151011/spo1510110017-n1.html 2015年10月23日閲覧。 
  9. ^ a b c 増田啓佑 (2015年10月31日). “完敗のガ大阪、長谷川監督「慢心あった」 ナビスコ杯”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASHB0439HHB0UTQP01G.html 2015年11月1日閲覧。 
  10. ^ a b c “サッカー:Jリーグ・ナビスコカップ 決勝 鹿島3-0ガ大阪 鹿島3発、6度目V ガ大阪破る MVPに小笠原”. 毎日新聞. (2015年11月1日). http://mainichi.jp/shimen/news/20151101ddm035050062000c.html 2015年11月1日閲覧。 
  11. ^ a b c d 【サマリー:決勝】セットプレーを活かした鹿島が3年ぶり6回目の優勝を飾る”. J.LEAGUE.jp. 日本プロサッカーリーグ (2015年10月31日). 2015年11月1日閲覧。
  12. ^ a b c 後藤太輔 (2015年10月31日). “選手への要求絞った石井監督、鹿島再生導く ナビスコ杯”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASHB0439HHB0UTQP01F.html 2015年11月1日閲覧。 
  13. ^ “2015Jリーグヤマザキナビスコカップ ニューヒーロー賞 赤﨑 秀平選手(鹿島アントラーズ)に決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年10月25日), http://www.jleague.jp/release/post-39411/ 2015年10月25日閲覧。 

関連項目編集