2015年日本週末興行成績1位の映画の一覧

ウィキメディアの一覧記事

本項目は、2015年日本全国での各週末 () における興行成績1位の映画の一覧である。

観客動員数1位の映画の一覧であり、観客動員数1位と興行収入1位とが異なる映画の週は備考欄に記した。ただし、週末興行収入額が全作品で発表されているわけではないため、書き漏れている週末興行収入1位がある可能性もある。

全国集計 観客動員数1位編集

# 週末日付 日本週末観客動員数1位の映画 週末観客動員数 週末興行収入 備考 出典
1 1月3日、4日 ベイマックス 50万5074人 6億6541万4100円 [1][2][3]
2 1月10日、11日 ベイマックス 41万3230人 5億4608万8800円 [4][5][6]
3 1月17日、18日 ベイマックス 31万7070人[要出典] 4億2565万4600円[要出典] [7][8][9]
4 1月24日、25日 ベイマックス 26万0795人 3億4940万1400円 [10][11][12][13]
5 1月31日、2月1日 ベイマックス 26万4721人 3億0671万3700円 [14][15][16]
6 2月7日、8日 ベイマックス 17万2040人 2億2706万4700円 興行収入は『ミュータント・タートルズ』が1位 (16万8577人、2億5931万4200円) 。 [17][18][19][20]
7 2月14日、15日 テラスハウス クロージング・ドア 18万9897人 2億5113万2500円 [21][22][23]
8 2月21日、22日 アメリカン・スナイパー 24万9321人 3億3239万6600円 [24][25][26]
9 2月28日、3月1日 アメリカン・スナイパー 24万2428人 2億9202万2600円 [27][28][29]
10 3月7日、8日 ドラえもん のび太の宇宙英雄記 55万7310人 6億4473万5500円 [30][31][32]
11 3月14日、15日 ドラえもん のび太の宇宙英雄記 41万8700人 4億7468万3950円 [33][34][35]
12 3月21日、22日 映画 暗殺教室 35万0900人 4億1078万8100円 [36][37][38]
13 3月28日、29日 ドラえもん のび太の宇宙英雄記 26万7559人 3億0958万6900円 [39][40][41]
14 4月4日、5日 ドラえもん のび太の宇宙英雄記 21万6690人 2億5479万5700円 [42][43][44]
15 4月11日、12日 ソロモンの偽証 後篇・裁判 12万4275人 1億6228万4900円 [45][46][47]
16 4月18日、19日 ドラゴンボールZ 復活の「F」 71万5727人 9億6058万6350円 [48][49][50]
17 4月25日、26日 シンデレラ 41万9796人 5億5610万8800円 [51][52][53]
18 5月2日、3日 シンデレラ 38万6129人 5億1195万7900円 [54][55][56]
19 5月9日、10日 シンデレラ N/A N/A [57][58][59]
20 5月16日、17日 シンデレラ 23万4461人[要出典] 3億1491万4000円[要出典] [60][61][62]
21 5月23日、24日 シンデレラ 18万3506人 2億4659万4800円 [63][64][65]
22 5月30日、31日 新宿スワン 17万5337人 2億5232万4500円 [66][67][68]
23 6月6日、7日 トゥモローランド 19万0216人 2億6451万0300円 [69][70][71]
24 6月13日、14日 ラブライブ!The School Idol Movie 25万1811人 4億0023万5800円 [72][73][74]
25 6月20日、21日 ラブライブ! The School Idol Movie 18万8061人 2億6124万1140円 興行収入は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が1位 (17万4807人、2億6478万4500円) 。 [75][76][77]
26 6月27日、28日 ラブライブ! The School Idol Movie 18万8004人 2億6716万1780円 [78][79][80]
27 7月4日、5日 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 50万5521人 7億9390万8800円 [81][82][83]
28 7月11日、12日 バケモノの子 49万4170人 6億6703万5100円 [84][85][86]
29 7月18日、19日 HERO 54万0963人 7億3277万4900円 [87][88][89]
30 7月25日、26日 HERO 27万0605人 3億6763万0200円 [90][91][92]
31 8月1日、2日 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 46万6953人 6億0346万6200円 [93][94][95]
32 8月8日、9日 ジュラシック・ワールド 54万4759人 約8億4512万円 [96][97][98]
33 8月15日、16日 ジュラシック・ワールド 61万1308人 9億4138万9200円 [99][100][101]
34 8月22日、23日 ジュラシック・ワールド 37万8941人 5億9749万8800円 [102][103][104]
35 8月29日、30日 テッド2 30万7960人 4億4190万2000円 興行収入は『ジュラシック・ワールド』 (30万0794人、4億7160万8300円) が『テッド2』を上回った。 [105][106][107]
36 9月5日、6日 アンフェア the end 21万4198人 2億9456万4500円 興行収入は『テッド2』が1位 (21万1365人、3億0620万9300円) 。 [108][109][110]
37 9月12日、13日 ピクセル 13万9339人 2億1578万2700円 [111][112][113]
38 9月19日、20日 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド 23万7016人 3億2791万5700円 [114][115][116]
39 9月26日、27日 ヒロイン失格 19万6496人 2億3382万5500円 [117][118][119]
40 10月3日、4日 バクマン。 18万4263人 2億5160万7900円 [120][121][122]
41 10月10日、11日 図書館戦争-THE LAST MISSION- 24万6395人 3億2946万2700円 [123][124][125]
42 10月17日、18日 図書館戦争-THE LAST MISSION- 13万0351人 1億7381万9400円 [126][127]
43 10月24日、25日 ギャラクシー街道 19万9340人 2億7045万7900円 [128][129]
44 10月31日、11月1日 ギャラクシー街道 15万6502人 1億8248万4300円 [130]
45 11月7日、8日 劇場版 MOZU N/A N/A
46 11月14日、15日 劇場版 MOZU N/A N/A
47 11月21日、22日 レインツリーの国 9万1726人 1億2394万4520円 興行収入は『ガールズ&パンツァー 劇場版』が1位 (8万4752人、1億2843万8980円) 。 [131]
48 11月28日、29日 リトルプリンス 星の王子さまと私 6万1016人 7801万200円 [132]
49 12月5日、6日 007 スペクター 26万2663人 3億6222万1200 [133]
50 12月12日、13日 orange −オレンジ− 26万1779人 3億1177万8900円 [134]
51 12月19日、20日 映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン! 97万4557人 10億5780万8800円 興行収入は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(80万0258人、興収12億4502万3900円)が1位。 [135][136]
52 12月26日、27日 映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン! N/A N/A 興行収入は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が1位。

上記の表の作品のうち以下の作品には、映画倫理委員会 (略称:映倫) のレイティングにより、入場に年齢制限がなされた。

上記の表の作品のうち、以下の作品は3D映画。興行収入の金額に3D版鑑賞者の3D料金が含まれている。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「ベイマックス」が1位に浮上!!前週を上回る好成績!!(1月3日-1月4日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年1月5日). 2015年1月6日閲覧。
  2. ^ 和田隆 (2015年1月5日). “国内映画ランキング(2015年1月3日〜2015年1月4日)” (日本語). 映画.com. 2015年1月14日閲覧。
  3. ^ 壬生智裕 (2015年1月6日). “『ベイマックス』が『妖怪ウォッチ』を抜き2015年初のナンバーワン!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年1月14日閲覧。
  4. ^ 「ベイマックス」が1位をキープ!!人気ドラマの劇場版「映画 ST 赤と白の捜査ファイル」ほか新作3本が初登場!(1月10日-1月11日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年1月13日). 2015年1月14日閲覧。
  5. ^ 和田隆 (2015年1月13日). “国内映画ランキング(2015年1月10日〜2015年1月11日)” (日本語). 映画.com. 2015年1月21日閲覧。
  6. ^ 壬生智裕 (2015年1月14日). “『ベイマックス』『妖怪ウォッチ』強し!『サイコパス』も初登場4位!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年1月15日閲覧。
  7. ^ 「ベイマックス」が3週連続で1位!!「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE」ほか3作が初登場!(1月17日-1月18日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年1月19日). 2015年1月20日閲覧。
  8. ^ 和田隆 (2015年1月19日). “国内映画ランキング(2015年1月17日〜2015年1月18日)” (日本語). 映画.com. 2015年1月27日閲覧。
  9. ^ 壬生智裕 (2015年1月20日). “『ベイマックス』が『妖怪ウォッチ』抜きまであと一歩!3週連続ナンバーワン!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年1月21日閲覧。
  10. ^ 吉田唯 (2015年1月26日). “『ベイマックス』4週連続No.1で興収70億円突破!” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年1月27日閲覧。
  11. ^ 「ベイマックス」が首位をキープ!!ブロードウェイ・ミュージカルの映画化「ANNIE/アニー」は2位に初登場(1月24日-1月25日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年1月26日). 2015年1月27日閲覧。
  12. ^ 和田隆 (2015年1月26日). “国内映画ランキング(2015年1月24日〜2015年1月25日)” (日本語). 映画.com. 2015年2月3日閲覧。
  13. ^ 壬生智裕 (2015年1月27日). “『ベイマックス』4週連続トップ!『妖怪ウォッチ』と共に70億円超え!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年1月28日閲覧。
  14. ^ 「ベイマックス」が5週連続で1位をキープ!!亀梨和也主演「ジョーカー・ゲーム」は2位に初登場!(1月31日-2月1日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年2月2日). 2015年2月3日閲覧。
  15. ^ 和田隆 (2015年2月2日). “国内映画ランキング(2015年1月31日〜2015年2月1日)” (日本語). 映画.com. 2015年2月13日閲覧。
  16. ^ 壬生智裕 (2015年2月3日). “『ベイマックス』が『妖怪ウォッチ』を抜いた!正月興収ナンバーワン!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年2月4日閲覧。
  17. ^ 「ベイマックス」が6週連続で首位!!4人組の亀がスクリーンに復活「ミュータント・タートルズ」は2位に初登場!(2月7日-2月8日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年2月9日). 2015年2月13日閲覧。
  18. ^ 和田隆 (2015年2月9日). “国内映画ランキング(2015年2月7日〜2015年2月8日)” (日本語). 映画.com. 2015年2月17日閲覧。
  19. ^ 壬生智裕 (2015年2月10日). “『ベイマックス』6週連続トップ!『タートルズ』は2位発進!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年2月13日閲覧。
  20. ^ 映画ランキング、キモカワ亀忍者がふわぷにベイマックスに肉薄 | ORICON STYLE” (日本語). オリコン (2015年2月10日). 2015年2月14日閲覧。
  21. ^ 「テラスハウス クロージング・ドア」が初登場1位!!官能ラブ・ロマンス「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」は5位にランクイン!(2月14日-2月15日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年2月16日). 2015年2月17日閲覧。
  22. ^ 和田隆 (2015年2月16日). “国内映画ランキング(2015年2月14日〜2015年2月15日)” (日本語). 映画.com. 2015年2月26日閲覧。
  23. ^ 壬生智裕 (2015年2月17日). “『テラスハウス』が『ベイマックス』のV7を阻止!バレンタイン初日で初登場1位!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年2月18日閲覧。
  24. ^ クリント・イーストウッド監督最新作「アメリカン・スナイパー」が初登場1位!!(2月21日-2月22日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年2月23日). 2015年2月26日閲覧。
  25. ^ 和田隆 (2015年2月23日). “国内映画ランキング(2015年2月21日〜2015年2月22日)” (日本語). 映画.com. 2015年3月4日閲覧。
  26. ^ 壬生智裕 (2015年2月24日). “イーストウッド『アメリカン・スナイパー』が今年最高の出足でナンバーワン!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年2月26日閲覧。
  27. ^ 「アメリカン・スナイパー」が2週連続で1位!!新垣結衣主演「くちびるに歌を」は4位に初登場!(2月28日-3月1日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年3月2日). 2015年3月4日閲覧。
  28. ^ 和田隆 (2015年3月2日). “国内映画ランキング(2015年2月28日〜2015年3月1日)” (日本語). 映画.com. 2015年3月20日閲覧。
  29. ^ 壬生智裕 (2015年3月3日). “『アメリカン・スナイパー』がV2!『幕が上がる』『ガンダム』もヒットスタート!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年3月4日閲覧。
  30. ^ 「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記」が初登場1位!!宮部みゆき原作のミステリー「ソロモンの偽証 前篇・事件」は3位にランクイン!(3月7日-3月8日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年3月9日). 2015年3月20日閲覧。
  31. ^ 和田隆 (2015年3月9日). “国内映画ランキング(2015年3月7日〜2015年3月8日)” (日本語). 映画.com. 2015年3月20日閲覧。
  32. ^ 壬生智裕 (2015年3月10日). “『ドラえもん』が初登場1位! 3D版のファンも劇場に!【映画週末興行成績】(1/2)” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年3月20日閲覧。
  33. ^ 「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記」が2週連続で1位!!「イントゥ・ザ・ウッズ」ほか新作6本が初登場!(3月14日-3月15日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年3月16日). 2015年3月20日閲覧。
  34. ^ 和田隆 (2015年3月16日). “国内映画ランキング(2015年3月14日〜2015年3月15日)” (日本語). 映画.com. 2015年3月25日閲覧。
  35. ^ 壬生智裕 (2015年3月17日). “『ドラえもん』が新作6本を抑えてV2!『イントゥ・ザ・ウッズ』も好スタート!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年3月20日閲覧。
  36. ^ 人気コミックの実写化「映画 暗殺教室」が初登場1位!!シリーズ第3弾「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」は3位にランクイン!(3月21日-3月22日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年3月23日). 2015年3月25日閲覧。
  37. ^ 和田隆 (2015年3月23日). “国内映画ランキング(2015年3月21日〜2015年3月22日)” (日本語). 映画.com. 2015年4月16日閲覧。
  38. ^ 壬生智裕 (2015年3月24日). “山田涼介主演『暗殺教室』が初登場1位!10代から圧倒的な支持!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年3月25日閲覧。
  39. ^ 「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記」が1位に返り咲き!!SFアクション「ジュピター」は6位にランクイン!(3月28日-3月29日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年3月30日). 2015年4月16日閲覧。
  40. ^ 和田隆 (2015年3月30日). “国内映画ランキング(2015年3月28日〜2015年3月29日)” (日本語). 映画.com. 2015年4月16日閲覧。
  41. ^ 壬生智裕 (2015年3月31日). “『ドラえもん』が春休み効果で上昇!1位に返り咲き!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年4月16日閲覧。
  42. ^ 「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記」が1位をキープ!!27名の豪華キャストが共演「エイプリルフールズ」は3位に初登場!(4月4日-4月5日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年4月6日). 2015年4月16日閲覧。
  43. ^ 和田隆 (2015年4月6日). “国内映画ランキング(2015年4月4日〜2015年4月5日)” (日本語). 映画.com. 2015年4月16日閲覧。
  44. ^ 壬生智裕 (2015年4月7日). “『ドラえもん』が1位をキープ!『エイプリルフールズ』も好スタート!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年4月16日閲覧。
  45. ^ 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」が初登場1位!!第87回アカデミー賞作品賞受賞「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」は6位にランクイン!(4月11日-4月12日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年4月13日). 2015年4月16日閲覧。
  46. ^ 和田隆 (2015年4月13日). “国内映画ランキング(2015年4月11日〜2015年4月12日)” (日本語). 映画.com. 2015年4月21日閲覧。
  47. ^ 壬生智裕 (2015年4月14日). “『ソロモンの偽証』後篇が前篇からの期待で初登場1位!『バードマン』は6位スタート!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年4月16日閲覧。
  48. ^ 「劇場版 ドラゴンボールZ 復活の『F』」が初登場1位!!新作4本が上位を独占!(4月18日-4月19日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年4月20日). 2015年4月21日閲覧。
  49. ^ 和田隆 (2015年4月20日). “国内映画ランキング(2015年4月18日〜2015年4月19日)” (日本語). 映画.com. 2015年4月28日閲覧。
  50. ^ 壬生智裕 (2015年4月21日). “『ドラゴンボールZ』今年最高の大ヒットスタートで1位!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年4月22日閲覧。
  51. ^ アナ雪の短編も同時上映「シンデレラ」が初登場1位!新作5本がランクイン!!(4月25日-4月26日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年4月27日). 2015年4月27日閲覧。
  52. ^ 和田隆 (2015年4月27日). “国内映画ランキング(2015年4月25日〜2015年4月26日)” (日本語). 映画.com. 2015年5月19日閲覧。
  53. ^ 壬生智裕 (2015年4月28日). “『シンデレラ』本年度洋画ナンバーワンの大ヒットスタートで1位!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年4月28日閲覧。
  54. ^ 「シンデレラ」が2週連続で1位!有村架純主演「映画 ビリギャル」は4位に初登場!!(5月2日-5月3日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年5月7日). 2015年5月7日閲覧。
  55. ^ 和田隆 (2015年5月7日). “国内映画ランキング(2015年5月2日〜2015年5月3日)” (日本語). 映画.com. 2015年5月19日閲覧。
  56. ^ 壬生智裕 (2015年5月8日). “実写版『シンデレラ』がV2!ゴールデンウイークを制する!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年5月8日閲覧。
  57. ^ 「シンデレラ」が3週連続で1位!!真木よう子主演「脳内ポイズンベリー」は7位に初登場!!(5月9日-5月10日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年5月11日). 2015年5月11日閲覧。
  58. ^ 和田隆 (2015年5月11日). “国内映画ランキング(2015年5月9日〜2015年5月10日)” (日本語). 映画.com. 2015年5月19日閲覧。
  59. ^ 壬生智裕 (2015年5月12日). “『シンデレラ』がV3!有村架純『ビリギャル』が2位にランクアップ!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年5月19日閲覧。
  60. ^ 「シンデレラ」が4週連続で1位!!大泉洋主演の人情時代劇「駆込み女と駆出し男」は3位に初登場!!(5月16日-5月17日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年5月18日). 2015年5月18日閲覧。
  61. ^ 和田隆 (2015年5月18日). “国内映画ランキング(2015年5月16日〜2015年5月17日)” (日本語). 映画.com. 2015年5月26日閲覧。
  62. ^ 壬生智裕 (2015年5月19日). “『シンデレラ』40億円突破でV4!大泉洋『駆込み女と駆出し男』は3位!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年5月20日閲覧。
  63. ^ 「シンデレラ」が5週連続で1位!!松田翔太、前田敦子主演「イニシエーション・ラブ」は2位に初登場!!(5月23日-5月24日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年5月25日). 2015年5月26日閲覧。
  64. ^ 和田隆 (2015年5月25日). “国内映画ランキング(2015年5月23日〜2015年5月24日)” (日本語). 映画.com. 2015年6月3日閲覧。
  65. ^ 壬生智裕 (2015年5月26日). “実写版『シンデレラ』が5週連続トップ!松田翔太×前田敦子『イニシエーション・ラブ』も好スタート!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年5月27日閲覧。
  66. ^ 綾野剛主演「新宿スワン」が初登場1位!!(5月30日-5月31日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年6月1日). 2015年6月3日閲覧。
  67. ^ 和田隆 (2015年6月1日). “国内映画ランキング(2015年5月30日〜2015年5月31日)” (日本語). 映画.com. 2015年6月9日閲覧。
  68. ^ 壬生智裕 (2015年6月2日). “綾野剛『新宿スワン』がナンバーワン!『名探偵コナン』は歴代トップ記録を更新!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年6月3日閲覧。
  69. ^ 「トゥモローランド」が初登場1位!!新作4本がランクイン(6月6日-6月7日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年6月8日). 2015年6月9日閲覧。
  70. ^ 和田隆 (2015年6月8日). “国内映画ランキング(2015年6月6日〜2015年6月7日)” (日本語). 映画.com. 2015年6月17日閲覧。
  71. ^ 壬生智裕 (2015年6月9日). “ディズニー『トゥモローランド』が生田斗真『予告犯』を制してナンバーワン!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年6月11日閲覧。
  72. ^ アニメ「ラブライブ!」が初登場1位!!是枝裕和監督作「海街diary」が2位に初登場(6月13日-6月14日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年6月15日). 2015年6月17日閲覧。
  73. ^ 和田隆 (2015年6月15日). “国内映画ランキング(2015年6月13日〜2015年6月14日)” (日本語). 映画.com. 2015年6月23日閲覧。
  74. ^ 壬生智裕 (2015年6月16日). “『ラブライブ!』4億円突破でナンバーワン!『まどマギ』超えの大ヒットスタート!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年6月17日閲覧。
  75. ^ 「ラブライブ!」2週連続1位、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が2位に初登場(6月20日-6月21日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年6月22日). 2015年6月23日閲覧。
  76. ^ 和田隆 (2015年6月22日). “国内映画ランキング(2015年6月20日〜2015年6月21日)” (日本語). 映画.com. 2015年7月1日閲覧。
  77. ^ 壬生智裕 (2015年6月23日). “『ラブライブ!』V2で動員56万人!『マッドマックス』は興収トップ!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年6月24日閲覧。
  78. ^ 「ラブライブ!」3週連続1位、岡田将生主演「ストレイヤーズ・クロニクル」が7位に初登場(6月27日-6月28日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年6月29日). 2015年7月1日閲覧。
  79. ^ 和田隆 (2015年6月29日). “国内映画ランキング(2015年6月27日〜2015年6月28日)” (日本語). 映画.com. 2015年7月8日閲覧。
  80. ^ 壬生智裕 (2015年6月30日). “『ラブライブ!』驚異的な粘りでV3!早くも興収10億円を突破【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年7月1日閲覧。
  81. ^ 「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」初登場1位、「映画 ひつじのショーン −バック・トゥ・ザ・ホーム−」が3位に(7月4日-7月5日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年7月6日). 2015年7月8日閲覧。
  82. ^ 和田隆 (2015年7月6日). “国内映画ランキング(2015年7月4日〜2015年7月5日)” (日本語). 映画.com. 2015年7月15日閲覧。
  83. ^ 壬生智裕 (2015年7月7日). “『アベンジャーズ』最新作、2015年洋画ナンバーワン成績で首位発進!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年7月8日閲覧。
  84. ^ 「バケモノの子」初登場1位、「ターミネーター:新起動/ジェニシス」が2位に初登場(7月11日-7月12日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年7月13日). 2015年7月14日閲覧。
  85. ^ 和田隆 (2015年7月13日). “国内映画ランキング(2015年7月11日〜2015年7月12日)” (日本語). 映画.com. 2015年7月23日閲覧。
  86. ^ 壬生智裕 (2015年7月14日). “『バケモノの子』が『おおかみこども』上回る好スタート!前作比約183%の興収で首位【映画週末興行成績】(1/2)” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年7月14日閲覧。
  87. ^ 木村拓哉主演、人気ドラマ劇場版第2弾「HERO」が初登場1位、「ポケモン・ザ・ムービー XY『光輪の超魔神 フーパ』」は3位に初登場!(7月18日-7月19日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年7月21日). 2015年7月23日閲覧。
  88. ^ 和田隆 (2015年7月21日). “国内映画ランキング(2015年7月18日〜2015年7月19日)” (日本語). 映画.com. 2015年7月28日閲覧。
  89. ^ 壬生智裕 (2015年7月22日). “木村拓哉『HERO』2015年実写ナンバーワン成績で1位!アニメ勢抑える【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年7月23日閲覧。
  90. ^ 「HERO」が2週連続1位、「バケモノの子」も2位をキープ(7月25日-7月26日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年7月27日). 2015年7月28日閲覧。
  91. ^ 和田隆 (2015年7月27日). “国内映画ランキング(2015年7月25日〜2015年7月26日)” (日本語). 映画.com. 2015年8月4日閲覧。
  92. ^ 壬生智裕 (2015年7月28日). “『HERO』が2週連続ナンバーワン!公開7週目『ラブライブ!』もいよいよ20億超え!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年7月28日閲覧。
  93. ^ 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」が初登場1位、「ミニオンズ」が2位に初登場(8月1日-8月2日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年8月3日). 2015年8月4日閲覧。
  94. ^ 和田隆 (2015年8月3日). “国内映画ランキング(2015年8月1日〜2015年8月2日)” (日本語). 映画.com. 2015年8月11日閲覧。
  95. ^ 壬生智裕 (2015年8月4日). “実写版『進撃の巨人』が『ミニオンズ』『HERO』抑えナンバーワン!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年8月4日閲覧。
  96. ^ 「ジュラシック・ワールド」が初登場1位、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」が2位に初登場(8月8日-8月9日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年8月10日). 2015年8月11日閲覧。
  97. ^ 和田隆 (2015年8月10日). “国内映画ランキング(2015年8月8日〜2015年8月9日)” (日本語). 映画.com. 2015年8月19日閲覧。
  98. ^ 壬生智裕 (2015年8月1日). “『ジュラシック・ワールド』8億円超えでナンバーワン!公開5日間で100万人突破!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年8月11日閲覧。
  99. ^ 「ジュラシック・ワールド」が2週連続1位、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」も2位をキープ(8月15日-8月16日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年8月17日). 2015年8月9日閲覧。
  100. ^ 和田隆 (2015年8月17日). “国内映画ランキング(2015年8月15日〜2015年8月16日)” (日本語). 映画.com. 2015年9月4日閲覧。
  101. ^ 壬生智裕 (2015年8月18日). “お盆休みで映画館は大盛況!『ジュラシック・ワールド』がV2【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年8月19日閲覧。
  102. ^ 「ジュラシック・ワールド」が3週連続1位、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」も2位をキープ(8月22日-8月23日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年8月24日). 2015年9月4日閲覧。
  103. ^ 和田隆 (2015年8月24日). “国内映画ランキング(2015年8月22日〜2015年8月23日)” (日本語). 映画.com. 2015年9月4日閲覧。
  104. ^ 壬生智裕 (2015年8月25日). “『ジュラシック・ワールド』が夏休みを席巻!3週連続トップ!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年9月4日閲覧。
  105. ^ 「テッド2」が初登場1位、「ジュラシック・ワールド」が2位(8月29日-8月30日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年8月31日). 2015年9月4日閲覧。
  106. ^ 和田隆 (2015年8月31日). “国内映画ランキング(2015年8月29日〜2015年8月30日)” (日本語). 映画.com. 2015年9月9日閲覧。
  107. ^ 壬生智裕 (2015年9月1日). “R指定テディベアが続編も初登場ナンバーワン!前作超えの大ヒット!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年9月4日閲覧。
  108. ^ 「アンフェア the end」が初登場1位、「テッド2」が2位(9月5日-9月6日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年9月7日). 2015年9月9日閲覧。
  109. ^ 和田隆 (2015年9月7日). “国内映画ランキング(2015年9月5日〜2015年9月6日)” (日本語). 映画.com. 2015年9月16日閲覧。
  110. ^ 壬生智裕 (2015年9月8日). “篠原涼子『アンフェア』完結編が初登場1位!『弱虫ペダル』も大躍進!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年9月9日閲覧。
  111. ^ 「ピクセル」が初登場1位、「天空の蜂」が3位(9月12日-9月13日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年9月14日). 2015年9月16日閲覧。
  112. ^ 和田隆 (2015年9月14日). “国内映画ランキング(2015年9月12日〜2015年9月13日)” (日本語). 映画.com. 2015年10月6日閲覧。
  113. ^ 壬生智裕 (2015年9月15日). “懐かしのゲームキャラ大活躍!『ピクセル』が初登場ナンバーワン!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年9月16日閲覧。
  114. ^ 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」が初登場1位、「ヒロイン失格」が2位(9月19日-9月20日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年9月24日). 2015年10月6日閲覧。
  115. ^ 駒井尚文 (2015年9月24日). “国内映画ランキング(2015年9月19日〜2015年9月20日)” (日本語). 映画.com. 2015年10月6日閲覧。
  116. ^ 壬生智裕 (2015年9月25日). “『進撃の巨人』後編が初登場1位!シルバーウイークを制する!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年10月6日閲覧。
  117. ^ 「ヒロイン失格」が1位、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」が2位(9月26日-9月27日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年9月28日). 2015年10月6日閲覧。
  118. ^ 和田隆 (2015年9月28日). “国内映画ランキング(2015年9月26日〜2015年9月27日)” (日本語). 映画.com. 2015年10月6日閲覧。
  119. ^ 壬生智裕 (2015年9月29日). “桐谷美玲『ヒロイン失格』が『進撃の巨人』からトップを奪う!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年10月6日閲覧。
  120. ^ 「バクマン。」が初登場1位、「ヒロイン失格」が2位(10月3日-10月4日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年10月5日). 2015年10月6日閲覧。
  121. ^ 和田隆 (2015年10月5日). “国内映画ランキング(2015年10月3日〜2015年10月4日)” (日本語). 映画.com. 2015年10月14日閲覧。
  122. ^ 壬生智裕 (2015年10月6日). “佐藤健&神木隆之介『バクマン。』初登場V!『蒼き鋼のアルペジオ』も大健闘【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年10月14日閲覧。
  123. ^ 「図書館戦争 THE LAST MISSION」が初登場1位、「バクマン。」が2位(10月10日-10月11日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年10月13日). 2015年10月14日閲覧。
  124. ^ 和田隆 (2015年10月13日). “国内映画ランキング(2015年10月10日〜2015年10月11日)” (日本語). 映画.com. 2015年10月23日閲覧。
  125. ^ 壬生智裕 (2015年10月14日). “岡田准一『図書館戦争』が前作超えの好スタートで1位!【映画週末興行成績】(1/2)” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年10月14日閲覧。
  126. ^ 「図書館戦争 THE LAST MISSION」が2週連続1位、「マイ・インターン」が2位(10月17日-10月18日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年10月19日). 2015年10月23日閲覧。
  127. ^ 壬生智裕 (2015年10月20日). “『図書館戦争』がV2!アン・ハサウェイ&デ・ニーロ共演作は女性人気で2位に浮上!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年10月23日閲覧。
  128. ^ 「ギャラクシー街道」が初登場1位、「図書館戦争 THE LAST MISSION」が2位(10月24日-10月25日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年10月26日). 2015年10月29日閲覧。
  129. ^ 壬生智裕 (2015年10月27日). “香取慎吾&三谷幸喜『ギャラクシー街道』が初登場ナンバーワン!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2015年10月29日閲覧。
  130. ^ 「ギャラクシー街道」が2週連続1位、「PAN−ネバーランド、夢のはじまり−」が2位(10月31日-11月1日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年11月2日). 2015年12月27日閲覧。
  131. ^ 「「レインツリーの国」が初登場1位、「ガールズ&パンツァー 劇場版」が2位(11月21日-11月22日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年11月30日). 2015年12月27日閲覧。
  132. ^ 「リトルプリンス 星の王子さまと私」が1位、「ガールズ&パンツァー 劇場版」が2位(11月28日-11月29日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年11月30日). 2015年12月27日閲覧。
  133. ^ 「007 スペクター」が初登場1位、「杉原千畝 スギハラチウネ」が2位(12月5日-12月6日)(/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年12月7日). 2015年12月27日閲覧。
  134. ^ 「orange −オレンジ−」が初登場1位、「007 スペクター」が2位 興行通信社
  135. ^ 『妖怪ウォッチ』観客動員数1位に 新『スター・ウォーズ』に競り勝つ シネマトゥデイ
  136. ^ 「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が初登場1位、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が2位 興行通信社