メインメニューを開く

2015/2016 ISUジュニアグランプリシリーズ英語: 2015/2016 ISU Junior Grand Prix of Figure Skating)は、2015年に世界7か国で開催された、ジュニアクラスにおける一連のフィギュアスケート競技大会の総称。

2015/2016 ISUジュニアグランプリシリーズ
大会種: ISUジュニアグランプリシリーズ
シーズン: 2015 - 2016
日程: 8月19日 - 12月13日
開催地: スロバキアの旗ラトビアの旗アメリカ合衆国の旗オーストリアの旗ポーランドの旗スペインの旗クロアチアの旗
賞金総額: 22,500ドル
大会情報
前回大会:
2014/2015 ISUジュニアグランプリシリーズ
次回大会:
2016/2017 ISUジュニアグランプリシリーズ

目次

概要編集

2015-2016シーズンのISUジュニアグランプリシリーズ。シニアクラスのISUグランプリシリーズとは異なり、開催地は毎年変わる。今シーズンはスロバキアラトビアアメリカオーストリアポーランドスペインクロアチアの7大会、及びスペインで開催される決勝大会・ISUジュニアグランプリファイナルで構成される。

各国のフィギュアスケート統括団体が選抜した選手が出場し、男女シングルペアアイスダンス競技を行う。ただし、ペアが行われるのは7大会中4大会のみである。

大会日程編集

大会名 開催地 日程
  JGP J&Tバンカ スロバキア,ブラチスラヴァ 2015年8月19日-23日
  JGPリガ杯 ラトビア,リガ 2015年8月26日-30日
  JGPコロラドスプリングス アメリカ,コロラドスプリングス 2015年9月2日-6日
  JGPオーストリア杯 オーストリア,リンツ 2015年9月9日-13日
  JGPコペルニクススターズ ポーランド,トルン 2015年9月23日-27日
  JGPログローニョ スペイン,ログローニョ 2015年9月30日-10月4日
  JGPクロアチア杯 クロアチア,ザグレブ 2015年10月7日-10日
  JGPファイナル スペイン,バルセロナ 2015年12月10日-13日

ペアは7大会のうちJ&Tバンカ、ログローニョとクロアチア杯を除く4大会で行われる。また、ファイナルはシニアのグランプリファイナルと同時開催される。

出場資格編集

各国・地域に対し出場枠が与えられ、出場選手は各国・地域の統括団体が決定する。ファイナルを除く各大会には、1選手(組)につき2大会まで出場できる。

なお、グランプリシリーズに参加する選手(組)は、当ジュニアグランプリシリーズには出場できない。

シリーズ出場枠編集

2015年世界ジュニアフィギュアスケート選手権の結果に基づき、次の通り各国・地域に割り当てられた。下記にかかわらず、大会の開催国は自国の選手を3名(組)まで出場させることができる。

男女シングル編集

条件 出場枠
各国・地域から出場した選手のうち
最上位選手の成績を比較し、10位までに
該当する国・地域
1-3位の国・地域 7大会すべてに2名ずつ
4-6位の国・地域 7大会すべてに1名ずつ
7-10位の国・地域 6大会に1名ずつ
ここまでに割り当てられた出場枠を使用しない国・地域がある場合、各大会ごとに
空いた枠数を超えない限りで、上位4-6か国・地域に順に1枠ずつ出場枠が追加される。
上位10か国・地域以外でFSに進出した選手が所属する国・地域 5大会に1名ずつ
SPの順位が25-30位の選手が所属する国・地域 4大会に1名ずつ
SPの順位が31位以下の選手が所属する国・地域 3大会に1名ずつ
前年度の世界ジュニア選手権に参加しなかった国・地域 2大会に1名ずつ

ペア編集

条件 出場枠
各国・地域から出場した選手のうち最上位選手の成績を比較し、
4位までに該当する国・地域
4大会すべてに3組ずつ
上位4か国・地域以外でFSに進出した選手が所属する国・地域 4大会すべてに2組ずつ
その他の国・地域 3大会に1組ずつ

アイスダンス編集

条件 出場枠
各国・地域から出場した選手のうち
最上位組の成績を比較し、10位までに
該当する国・地域
1-3位の国・地域 7大会すべてに2組ずつ
4-6位の国・地域 7大会すべてに1組ずつ
7-10位の国・地域 6大会に1組ずつ
ここまでに割り当てられた出場枠を使用しない国・地域がある場合、各大会ごとに
空いた枠数を超えない限りで、上位4-6か国・地域に順に1枠ずつ出場枠が追加される。
上位10か国・地域以外でFDに進出した組が所属する国・地域 5大会に1組ずつ
SDの順位が21-25位の選手が所属する国・地域 4大会に1組ずつ
SDの順位が26位以下の選手が所属する国・地域 3大会に1組ずつ
前年度の世界ジュニア選手権に参加しなかった国・地域 2大会に1組ずつ

出場枠一覧編集

各国・地域の開催国枠を除いた出場枠は、以下の表の通りである。

出場枠 男子シングル 女子シングル ペア アイスダンス
大会ごとに3名(組)ずつ   中国
  カナダ
  ロシア
  アメリカ合衆国
大会ごとに2名(組)ずつ   日本
  中国
  アメリカ合衆国
  ロシア
  日本
  カザフスタン
  日本
  チェコ
  イタリア
  ウクライナ
  ロシア
  アメリカ合衆国
  ウクライナ
大会ごとに1名(組)ずつ   ロシア
  ラトビア
  イスラエル
  アメリカ合衆国
  韓国
  ラトビア
  カナダ
  ポーランド
  フランス
6大会に1名(組)ずつ   韓国
  アルゼンチン
  カナダ
  ウクライナ
  スロバキア
  アルメニア
  フィンランド
  ドイツ
  ハンガリー
  ドイツ
  アルメニア
  ベラルーシ
5大会に1名(組)ずつ   ドイツ
  ジョージア
  マレーシア
  イギリス
  イタリア
  スイス
  アルメニア
  イタリア
  オーストラリア
  チェコ
  リトアニア
  フランス
  中国
  ノルウェー
  オランダ
  シンガポール
  イタリア
  韓国
  エストニア
4大会に1名(組)ずつ   ノルウェー
  チャイニーズタイペイ
  チェコ
  フランス
  スロバキア
  ルーマニア
  カナダ
  イギリス
  ハンガリー
  チェコ
  イスラエル
  リトアニア
  オーストリア
  イギリス
3大会に1名(組)ずつ   オーストラリア
  スペイン
  アゼルバイジャン
  スウェーデン
  ベラルーシ
  フィンランド
  エストニア
  ポーランド
  オーストリア
  スウェーデン
  イスラエル
  エストニア
  トルコ
  ウクライナ
  南アフリカ共和国
  スペイン
  デンマーク
  ベラルーシ
  香港
  スイス
  タイ
上記以外の国・地域   スイス
2大会に1名(組)ずつ 上記以外の国・地域 上記以外の国・地域 上記以外の国・地域

ファイナル出場資格編集

JGP J&TバンカからJGPクロアチア杯までの7大会(ペアは4大会)の順位に応じて選手に得点が与えられ、合計得点上位6選手(組)がジュニアグランプリファイナルの出場資格を得る。

順位 男女シングル ペア・アイスダンス
1位 15点 15点
2位 13点 13点
3位 11点 11点
4位 9点 9点
5位 7点 7点
6位 5点 5点
7位 4点 4点
8位 3点 3点
9位 2点 -
10位 1点 -

複数の選手(組)が同点で並んだ場合は最高順位の高い選手(組)が、さらに最高順位も同じだった場合はスコア合計の高い選手(組)が出場資格を得る。上位6選手(組)の中に辞退者が出た場合は、獲得ポイント7位以下の選手(組)が繰り上がる。

競技結果編集

決勝成績編集

シリーズ成績編集

男子シングル編集

順位 名前 大会ごとの得点 得点
合計
最高
順位
スコア
合計
SVK LAT USA AUT POL ESP CRO
1   ネイサン・チェン 15 15 30 1 473.13
2   ドミトリー・アリエフ 15 15 30 1 435.86
3   山本草太 11 15 26 1 436.10
4   ローマン・サドフスキー 15 11 26 1 402.10
5   ダニエル・サモーヒン 13 13 26 2 434.36
6   ヴィンセント・ジョウ 13 13 26 2 412.81
以上決勝進出
7   デニス・ヴァシリエフス 13 13 26 2 412.43
8   アレクサンドル・サマリン 9 15 24 1 410.09
9   ニコラ・ナドー 7 13 20 2 408.42
以上補欠
以下省略

女子シングル編集

順位 名前 大会ごとの得点 得点
合計
最高
順位
スコア
合計
SVK LAT USA AUT POL ESP CRO
1   ポリーナ・ツルスカヤ 15 15 30 1 377.35
2   マリア・ソツコワ 15 15 30 1 369.89
3   白岩優奈 15 15 30 1 351.30
4   本田真凜 13 15 28 1 337.66
5   三原舞依 13 13 26 2 361.41
6   アリサ・フェディチキナ 9 13 22 2 353.97
以上決勝進出
7   坂本花織 13 9 22 2 329.39
8   チェ・ダビン 11 11 22 3 340.67
9   ヴィヴィアン・リー 11 11 22 3 332.38
以上補欠
以下省略

ペア編集

順位 名前 大会ごとの得点 得点
合計
最高
順位
スコア
合計
LAT USA AUT POL
1   アミナ・アタハノワ
and イリヤ・スピリドノフ
15 13 28 1 312.02
2   レナータ・オガネシアン
and マルク・バルデイ
15 11 26 1 297.21
3   エカテリーナ・ボリソワ
and ドミトリー・ソポト
11 15 26 1 294.24
4   アナスタシヤ・グバノワ
and アレクセイ・シンツォフ
15 11 26 1 287.19
5   アナ・ドゥシュコヴァー
and マルティン・ビダジュ
9 13 22 2 293.54
6   アナスタシヤ・ポルヤノワ
and ステパン・コロトコフ
13 9 22 2 274.21
以上決勝進出
7   ブリン・ホフマン
and ブライス・チュダク
9 9 18 4 271.67
8   ジョイ・ワインバーグ
and マキシミリアーノ・フェルナンデス
13 4 17 2 263.74
9   エレーナ・イワノワ
and タギル・ハキモフ
11 5 16 3 265.35
以上補欠
以下省略

アイスダンス編集

順位 名前 大会ごとの得点 得点
合計
最高
順位
スコア
合計
SVK LAT USA AUT POL ESP CRO
1   ロレイン・マクナマラ
and クイン・カーペンター
15 15 30 1 321.94
2   レイチェル・パーソンズ
and マイケル・パーソンズ
15 15 30 1 310.21
3   アッラ・ロボダ
and パヴェル・ドロースト
13 15 28 1 301.02
4   ベティナ・ポポワ
and ユーリ・ブラセンコ
15 13 28 1 297.29
5   マリー=ジャード・ローリオ
and ロマン・ルギャック
13 15 28 1 297.07
6   アナスタシヤ・スコプツォワ
and キリル・アリョーシン
11 13 24 2 290.36
以上決勝進出
7   アンジェリーク・アバチキナ
and ルイ・トーロン
13 9 22 2 281.90
8   クリスティーナ・カレイラ
and アンソニー・ポノマレンコ
9 13 22 2 277.40
9   ソフィヤ・シェフチェンコ
and イーゴリ・エレメンコ
11 11 22 3 282.71
以上補欠
以下省略

各大会成績編集

男子シングル編集

大会名
JGP J&Tバンカ   ローマン・サドフスキー   ヴィンセント・ジョウ   デニス・マルガリク
JGPリガ杯   ドミトリー・アリエフ   デニス・ヴァシリエフス   アレクセイ・クラスノジョン
JGPコロラドスプリングス   ネイサン・チェン   ダニエル・サモーヒン   山本草太
JGPオーストリア杯   ドミトリー・アリエフ   ヴィンセント・ジョウ   イワン・パブロフ
JGPコペルニクススターズ   山本草太   デニス・ヴァシリエフス   ローマン・サドフスキー
JGPログローニョ   ネイサン・チェン   ダニエル・サモーヒン   張鶴
JGPクロアチア杯   アレクサンドル・サマリン   ニコラ・ナドー   樋渡知樹
JGPファイナル   ネイサン・チェン   ドミトリー・アリエフ   山本草太

女子シングル編集

大会名
JGP J&Tバンカ   ポリーナ・ツルスカヤ   三原舞依   ヴィヴィアン・リー
JGPリガ杯   マリア・ソツコワ   坂本花織   チェ・ダビン
JGPコロラドスプリングス   白岩優奈   本田真凜   ヴィヴィアン・リー
JGPオーストリア杯   マリア・ソツコワ   三原舞依   チェ・ダビン
JGPコペルニクススターズ   ポリーナ・ツルスカヤ   エカテリーナ・ミトロファノワ   新田谷凜
JGPログローニョ   白岩優奈   アリサ・フェディチキナ   松田悠良
JGPクロアチア杯   本田真凜   樋口新葉   ディアナ・ペルブシュキナ
JGPファイナル   ポリーナ・ツルスカヤ   マリア・ソツコワ   本田真凜

ペア編集

大会名
JGPリガ杯   レナータ・オガネシアン
and マルク・バルデイ
  アナスタシヤ・ポルヤノワ
and ステパン・コロトコフ
  エカテリーナ・ボリソワ
and ドミトリー・ソポト
JGPコロラドスプリングス   アナスタシヤ・グバノワ
and アレクセイ・シンツォフ
  ジョイ・ワインバーグ
and マキシミリアーノ・フェルナンデス
  エレーナ・イワノワ
and タギル・ハキモフ
JGPオーストリア杯   アミナ・アタハノワ
and イリヤ・スピリドノフ
  アナ・ドゥシュコヴァー
and マルティン・ビダジュ
  レナータ・オガネシアン
and マルク・バルデイ
JGPコペルニクススターズ   エカテリーナ・ボリソワ
and ドミトリー・ソポト
  アミナ・アタハノワ
and イリヤ・スピリドノフ
  アナスタシヤ・グバノワ
and アレクセイ・シンツォフ
JGPファイナル   エカテリーナ・ボリソワ
and ドミトリー・ソポト
  アナ・ドゥシュコヴァー
and マルティン・ビダジュ
  アミナ・アタハノワ
and イリヤ・スピリドノフ

アイスダンス編集

大会名
JGP J&Tバンカ   レイチェル・パーソンズ
and マイケル・パーソンズ
  アッラ・ロボダ
and パヴェル・ドロースト
  ソフィヤ・シェフチェンコ
and イーゴリ・エレメンコ
JGPリガ杯   ベティナ・ポポワ
and ユーリ・ブラセンコ
  アンジェリーク・アバチキナ
and ルイ・トーロン
  ソフィヤ・エフドキモワ
and エゴール・バジン
JGPコロラドスプリングス   ロレイン・マクナマラ
and クイン・カーペンター
  マッケンジー・ベント
and ドミトリー・ラザグリアエフ
  ソフィヤ・ポリシュチュク
and アレクサンドル・ヴァクノフ
JGPオーストリア杯   アッラ・ロボダ
and パヴェル・ドロースト
  マリー=ジャード・ローリオ
and ロマン・ルギャック
  ジュリア・ビークラー
and デイミアン・ドッジ
JGPコペルニクススターズ   ロレイン・マクナマラ
and クイン・カーペンター
  クリスティーナ・カレイラ
and アンソニー・ポノマレンコ
  アナスタシヤ・スコプツォワ
and キリル・アリョーシン
JGPログローニョ   マリー=ジャード・ローリオ
and ロマン・ルギャック
  ベティナ・ポポワ
and ユーリ・ブラセンコ
  エリアナ・ポグレビンスキー
and アレックス・ブノワ
JGPクロアチア杯   レイチェル・パーソンズ
and マイケル・パーソンズ
  アナスタシヤ・スコプツォワ
and キリル・アリョーシン
  ソフィヤ・シェフチェンコ
and イーゴリ・エレメンコ
JGPファイナル   ロレイン・マクナマラ
and クイン・カーペンター
  アッラ・ロボダ
and パヴェル・ドロースト
  レイチェル・パーソンズ
and マイケル・パーソンズ

賞金編集

ISUジュニアグランプリシリーズ各大会での成績に応じ、以下の賞金が与えられる。

順位 男女シングル ペア・アイスダンス
1位 2,000米ドル 3,000米ドル
2位 1,500米ドル 2,250米ドル
3位 1,000米ドル 1,500米ドル
  • またISUジュニアグランプリファイナルに出場した場合、2,500米ドルが賞金として与えられる。

ISUジュニアグランプリファイナルでの成績に応じ、以下の賞金が与えられる。

順位 男女シングル ペア・アイスダンス
1位 6,000米ドル 9,000米ドル
2位 5,000米ドル 7,500米ドル
3位 4,000米ドル 6,000米ドル
4位 3,000米ドル 4,500米ドル
5位 2,000米ドル 3,000米ドル
6位 1,000米ドル 1,500米ドル

関連項目編集

脚注編集

出典編集