2015 FIFA女子ワールドカップ・決勝

2015 FIFA女子ワールドカップ・決勝は、2015年7月6日にアメリカ合衆国日本(なでしこJAPAN)との間で、カナダBCプレイス・スタジアムを会場に行われた。アメリカが日本を5-2で破り、4大会ぶり3度目の優勝を成し遂げた。

2015 FIFA女子ワールドカップ・決勝
大会名 2015 FIFA女子ワールドカップ
アメリカが優勝
開催日 2015年7月6日
会場 BCプレイス・スタジアム(バンクーバー)
最優秀選手 アメリカ合衆国の旗 カーリー・ロイド
観客数
2011
2019

試合前編集

前回大会で初優勝を成し遂げ、史上初の大会連覇を目指す日本と、1991年・1999年に次ぐ史上最多3度目の優勝を狙うアメリカの対戦となった。前回大会、2012年のロンドンオリンピックに続いて、世界大会の決勝では3大会連続でこのマッチアップとなる。前回大会決勝では日本がPK戦の末アメリカを破って初優勝を果たし、ロンドンオリンピック決勝ではアメリカが2-1で日本に勝利している。対戦成績は日本の1勝6分23敗と一方的であるが、2011年以降は日本の1勝2分2敗とほぼ五分の成績である。

準決勝までの戦い編集

アメリカは2014年のCONCACAF女子ゴールドカップで優勝、一方の日本も2014年のAFC女子アジアカップで優勝して出場が決まった。

本大会のグループリーグでは、アメリカはグループDでスウェーデンには引き分けたが、オーストラリアとナイジェリアには勝利し首位通過。決勝トーナメントはラウンド16でコロンビア、準々決勝で中国、準決勝でドイツにいずれも完封勝ちを収め、大会通算1失点という堅守で決勝に駒を進めた。日本もグループCでカメルーン、スイス、エクアドルに全勝、1位で通過した。決勝トーナメントではラウンド16でオランダに快勝したが、準々決勝はオーストラリアに87分の決勝点で辛勝、準決勝はイングランドにPKと試合終了間際の劇的決勝オウンゴールで勝利し、なんとか2大会連続で決勝に駒を進めた。


アメリカ ラウンド 日本
対戦相手国 結果 グループリーグ 対戦相手国 結果
  オーストラリア 3 - 1 第1試合   スイス 1 - 0
  スウェーデン 0 - 0 第2試合   カメルーン 2 - 1
  ナイジェリア 1 - 0 第3試合   エクアドル 1 - 0
チーム 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 点差 勝点
  アメリカ合衆国 3 2 1 0 4 1 +3 7
  オーストラリア 3 1 1 1 4 4 0 4
  スウェーデン 3 0 3 0 4 4 0 3
  ナイジェリア 3 0 1 2 3 6 -3 1
結果
チーム 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 点差 勝点
  日本 3 3 0 0 4 1 +3 9
  カメルーン 3 2 0 1 9 3 +6 6
  スイス 3 1 0 2 11 4 +7 3
  エクアドル 3 0 0 3 1 17 -16 0
対戦相手 結果 決勝トーナメント 対戦相手 結果
  コロンビア 2 - 0 ラウンド16   オランダ 2 - 1
  中国 1 - 0 準々決勝   オーストラリア 1 - 0
  ドイツ 2 - 0 準決勝   イングランド 2 - 1

結果編集

アメリカ合衆国   5 - 2
(延長)
  日本
ロイド   3,5,16分
ホリデー   14分
ヒース   54分
レポート 大儀見優季   27分
アーツ   52分 (OG)
BCプレイス・スタジアムバンクーバー
観客数: 48,817人
主審: カテリーナ・モンズール(ウクライナ)
 
 
 
 
 
アメリカ合衆国[1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本[1]
 
日本:
GK 21 海堀あゆみ
RB 2 近賀ゆかり
CB 3 岩清水梓   120+1分
CB 4 熊谷紗希
LB 15 鮫島彩
CM 6 阪口夢穂
CM 10 澤穂希
RW 11 大野忍   66分
LW 8 宮間あや   97分
CF 7 安藤梢   66分
CF 9 川澄奈穂美
途中出場:
FW 18 丸山桂里奈   66分   119分
FW 17 永里優季   66分
FW 20 岩渕真奈   119分
監督:
  佐々木則夫
 
 
アメリカ合衆国:
GK 1 ホープ・ソロ
RB 11 アレックス・クリーガー英語版
CB 19 レイチェル・ビューラー英語版
CB 3 クリスティ・ランポーン英語版
LB 6 エイミー・レペイルベット英語版
CM 10 カーリー・ロイド
CM 7 シャノン・ボックス英語版
RW 9 ヘザー・オライリー英語版
LW 15 ミーガン・ラピノー   114分
SS 12 ローレン・チェニー英語版   46分
CF 20 アビー・ワンバック
途中出場:
FW 13 アレックス・モーガン   46分
MF 17 トビン・ヒース英語版   114分
監督:
  ピア・スンドハーゲ

プレーヤー・オブ・ザ・マッチ:
海堀あゆみ(日本)

副審:

ナタリヤ・Rachynska(ウクライナ)
ヨランダ・パルガ(スペイン)

第4審判:

クラウディアUmpierrez(ウルグアイ)

第五公式:

ロレートToloza(チリ)

[2][3]  日本 アメリカ
枠内シュート数 6 8
枠外シュート数 8 16
コーナーキック 4 8
ファウル数 11 10
ポゼッション 53% 47%

脚注編集

  1. ^ a b Tactical Line-up (PDF)” (英語). FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2011年7月17日). 2011年8月6日閲覧。
  2. ^ Japan stun US from the spot to take global title” (英語). UEFA.com (2011年7月17日). 2011年8月22日閲覧。
  3. ^ Matchies Japan vs. USA” (英語). FIFA.com. 2011年8月22日閲覧。