メインメニューを開く

2016年のXリーグは20回目のXリーグである。8月27日に始まり、12月12日に終了した。富士通がジャパンエックスボウルでオービックを16-3で破り、2年ぶり2回目の優勝を決めた[1]

Xリーグ 2016
リーグ Xリーグ
スポーツ アメリカンフットボール
期間 レギュラーシーズン: 2016年8月27日-2016年10月30日
プレーオフ: 2016年11月5日-2016年12月12日
チーム数 18 (EASTERN:6、 CENTRAL:6、 WESTERN:6)
シーズン優勝 富士通フロンティアーズ (6回目)
準優勝 オービックシーガルズ
昇格 クラブホークアイ
富士ゼロックスミネルヴァAFC
X2リーグ降格 サイドワインダーズ
ブルザイズ東京
プレーオフ
ジャパンエックスボウル
優勝 富士通フロンティアーズ (2回目)
  準優勝 オービックシーガルズ
ファイナルMVP コービー・キャメロン
シーズン
← 2015

第38回パールボウル編集

参加チーム編集

結果編集

Super 9編集

試合数 備考
富士通 (C, CPO) 6 6 0 準々決勝へ
オービック 6 6 0
パナソニック 6 5 1
リクシル 6 4 2
IBM 6 3 3
アサヒビール 6 3 3
エレコム神戸 6 2 4 ワイルドカードへ
アサヒ飲料 6 2 4
ノジマ相模原 6 1 5 残留

Battle 9編集

試合数 備考
オール三菱 6 5 1 ワイルドカードへ
アズワン 6 4 2
東京ガス 6 3 3 残留
明治安田 6 3 3
名古屋 6 2 4
警視庁 6 2 4
BULLS 6 1 5
サイドワインダーズ (R) 6 1 5 入れ替え戦に出場、X2リーグ降格
東京 (R) 6 1 5

プレーオフ編集

ワイルドカード編集

Super 9の7位または8位がBattle 9の1位または2位と対戦する。

アサヒ飲料vsオール三菱編集

11月5日
アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ 20–6
(0-0, 3-0, 10-3, 7-3)
オール三菱ライオンズ
白神有貴 タッチダウン(影山進治 キック成功) 2Q(10:43)
影山進治 フィールドゴール 2Q(12:00)
影山進治 フィールドゴール 3Q(10:36)
山中良助 タッチダウン(影山進治 キック成功) 4Q(8:16)
谷澤隼人 フィールドゴール 3Q(7:01)
谷澤隼人 フィールドゴール 4Q(4:05)

エレコム神戸vsアズワン編集

11月5日
エレコム神戸ファイニーズ 34–7
(7-7, 7-0, 10-0, 10-0)
アズワンブラックイーグルス
酒本和樹 タッチダウン(仲野秀隆 キック成功) 1Q(4:37)
常包健二 タッチダウン(仲野秀隆 キック成功) 2Q(3:25)
木下雅斗 タッチダウン(仲野秀隆 キック成功) 3Q(3:49)
仲野秀隆 フィールドゴール 3Q(5:13)
仲野秀隆 フィールドゴール 4Q(3:23)
糟谷 啓二郎 タッチダウン(仲野秀隆 キック成功) 4Q(6:55)
川畑一輝 タッチダウン(中西崇之 キック成功) 1Q(8:42)

準々決勝編集

リクシルvsIBM編集

11月12日
リクシルディアーズ 16–37 
(0-7, 6-14, 3-9, 7-7)
IBMビッグブルー
前田直輝 タッチダウン(青木大介 キック失敗) 2Q(2:26)
青木大介 フィールドゴール 3Q(8:07)
永川勝也 タッチダウン(青木大介 キック成功) 4Q(7:31)
栗原嵩 タッチダウン(佐藤敏基 キック成功) 1Q(11:27)
末吉智一 タッチダウン(小田倉彦 キック成功) 2Q(2:09)
末吉智一 タッチダウン(佐藤敏基 キック成功) 2Q(11:56)
ジョン・スタントン タッチダウン(佐藤敏基 キック成功) 3Q(2:21)
小田倉彦 フィールドゴール 3Q(5:05)
政本悠紀 タッチダウン(小田倉彦 キック成功) 4Q(5:47)
横浜スタジアム横浜市
観客数: 1586人

富士通vsアサヒ飲料編集

11月12日
富士通フロンティアーズ 42–6 
(0-0, 22-0, 0-0, 20-6)
アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ
高口和起 タッチダウン(西村豪哲 キック成功) 2Q(0:05)
中村輝晃クラーク タッチダウン(西村豪哲 キック失敗) 2Q(4:41)
樋田祥一 タッチダウン (宜本慎平 キック失敗) 2Q(4:53)
西村豪哲 フィールドゴール 2Q(11:00)
高口和起 タッチダウン(西村豪哲 キック成功) 4Q(2:15)
高野橋慶大 タッチダウン(西村豪哲 キック成功) 4Q(5:08)
アルリワン・アディヤミ タッチダウン(西村豪哲 キック成功) 4Q(6:07)
河田一樹 タッチダウン(影山進治 キック失敗) 4Q(11:11)
横浜スタジアム横浜市
観客数: 1283人

オービックvsエレコム神戸編集

11月12日
オービックシーガルズ 35–0 
(0-0, 6-0, 15-0, 14-0)
エレコム神戸ファイニーズ
星野貴俊 フィールドゴール 2Q(0:17)
星野貴俊 フィールドゴール 2Q(10:36)
望月麻樹 タッチダウン(畑卓志郎 ツーポイント・コンバージョン成功) 3Q(4:45)
望月麻樹 タッチダウン(星野貴俊 キック成功) 3Q(6:07)
池井勇輝 タッチダウン(星野貴俊 キック成功) 4Q(1:36)
池井勇輝 タッチダウン(星野貴俊 キック成功) 4Q(2:37)
横浜スタジアム横浜市
観客数: 2042人

パナソニックvsアサヒビール編集

11月13日
パナソニック インパルス 21–14
(0-0, 14-0, 0-0, 7-14)
アサヒビールシルバースター
頓花達也 タッチダウン(佐泊栄太 キック成功) 2Q(0:06)
大原隆史 タッチダウン(佐泊栄太 キック成功) 2Q(5:27)
横田惇 タッチダウン(佐泊栄太 キック成功) 4Q(3:52)
戸倉和哉 タッチダウン(飯島良紀 キック成功) 4Q(3:21)
戸倉和哉 タッチダウン(飯島良紀 キック成功) 4Q(11:04)
万博記念競技場吹田市
観客数: 1177人

準決勝編集

富士通vsIBM編集

11月27日
富士通フロンティアーズ 28–26
(3-0, 16-16, 3-10, 6-0)
IBMビッグブルー
西村豪哲 フィールドゴール 1Q(9:00)
宜本慎平 タッチダウン(西村豪哲 キック成功) 2Q(0:49)
中村輝晃クラーク タッチダウン(西村豪哲 キック失敗) 2Q(10:06)
西村豪哲 フィールドゴール 2Q(12:00)
西村豪哲 フィールドゴール 3Q(4:58)
西村豪哲 フィールドゴール 4Q(4:00)
西村豪哲 フィールドゴール 4Q(12:00)
ジョン・スタントン タッチダウン(佐藤敏基 キック成功) 2Q(8:11)
矢部伯門 セーフティ 2Q(10:06)
栗原嵩 タッチダウン(小田倉彦 ツーポイント・コンバージョン) 2Q(11:21)
小田倉彦 フィールドゴール3Q(2:08)
ジョン・スタントン タッチダウン(小田倉彦 キック成功) 3Q(9:00)

オービックvsパナソニック編集

11月27日
オービックシーガルズ 9–6
(0-0, 0-0, 0-0, 3-3, TB[2] 6-3)
パナソニックインパルス
星野貴基 フィールドゴール 4Q(11:17)
池井勇輝 タッチダウン TB(0:01)
佐泊栄太 フィールドゴール 4Q(5:12)
佐泊栄太 フィールドゴール TB(0:00)
長居陸上競技場大阪市
観客数: 1947人

順位決定戦編集

各地区の3位と4位が対戦し、勝者が3位となる

ノジマ相模原vs東京ガス編集

11月26日
ノジマ相模原ライズ 69–7
(14-0, 28-7, 14-0, 13-0)
東京ガスクリエイターズ
松尾海太 タッチダウン(出澤信 キック成功) 1Q(8:17)
金子泰徳 タッチダウン(出澤信 キック成功) 1Q(11:29)
吉田武蔵 タッチダウン(出澤信 キック成功) 2Q(2:13)
出島崇秀 タッチダウン(出澤信 キック成功) 2Q(7:10)
デヴィン・ガードナー タッチダウン(出澤信 キック成功) 2Q(8:51)
八木雄平 タッチダウン(出澤信 キック成功) 2Q(10:33)
増山純季 タッチダウン(出澤信 キック成功) 3Q(6:31)
デヴィン・ガードナー タッチダウン(出澤信 キック成功) 3Q(10:21)
松尾海太 タッチダウン(出澤信 キック成功) 4Q(2:51)
松尾海太 タッチダウン(出澤信 キック失敗) 4Q(6:21)
笠原康輝 タッチダウン(金親洋介 キック成功) 2Q(8:22)

アサヒ飲料vsアズワン編集

11月26日
アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ 39–7
(0-0, 12-0, 13-0, 14-7)
アズワンブラックイーグルス
横山公則 タッチダウン(前川護之 キック失敗) 2Q(1:40)
前川護之 フィールドゴール 2Q(9:10)
前川護之 フィールドゴール 2Q(11:35)
ドニー・キング タッチダウン(前川護之 キック成功) 3Q(2:43)
平松海 タッチダウン(前川護之 キック失敗) 3Q(10:23)
白神有貴 タッチダウン(前川護之 キック成功) 4Q(7:26)
西山正啓 タッチダウン(前川護之 キック成功) 4Q(11:11)
清水宏樹 タッチダウン(中西崇之 キック成功) 4Q(10:11)

アサヒビールvsオール三菱編集

11月27日
アサヒビールシルバースター 17–0
(7-0, 0-0, 7-0, 3-0)
オール三菱ライオンズ
大澤健太 タッチダウン(飯島良紀 キック成功) 1Q(9:35)
大澤健太 タッチダウン(飯島良紀 キック成功) 3Q(12:00)
飯島良紀 フィールドゴール 4Q(10:20)

ファイナル編集

2016年のXリーグ#第30回ジャパンエックスボウルを参照せよ。

第30回ジャパンエックスボウル編集

プレーオフを勝ち上がった富士通とオンワードが東京ドームで対戦した。

JAPAN X BOWL 2016 -30周年- 公式特設サイト

映像外部リンク
  Xリーグ公式によるハイライト動画

得点経過

12月12日
富士通フロンティアーズ 16–3
(3-0, 6-0, 7-3, 0-0)
オービックシーガルズ
西村豪哲 フィールドゴール 1Q(5:45)
西村豪哲 フィールドゴール 2Q(5:26)
西村豪哲 フィールドゴール 2Q(11:22)
ジーノ・ゴードン タッチダウン(西村豪哲 キック成功) 3Q(11:21)
星野貴俊 フィールドゴール 3Q(6:31)
東京ドーム東京都文京区
観客数: 25455人

勝利した富士通は2年ぶり2回目の優勝。第70回ライスボウル進出を決めた。12月18日に開催された第71回甲子園ボウルで勝利した関西学院大学[3]と対戦することとなった。

入れ替え戦編集

Battle 9の下位2チームとX2リーグ東日本(EAST、CENTRAL)と西日本(WEST)の各1位のチームが対戦する。Battle 9の下位2チーム、17位のサイドワインダーズと18位のブルザイズ東京、そしてX2リーグ東日本4位の富士ゼロックスミネルヴァAFC[4]と西日本1位のクラブホークアイが進出し、サイドワインダーズがクラブホークアイと、ブルザイズ東京が富士ゼロックスミネルヴァAFCと対戦することが決まった。

サイドワインダーズvsホークアイ編集

11月26日
サイドワインダーズ
(Xリーグ17位)
17–19
(0-6, 7-7, 3-0, 7-6)
クラブホークアイ
(X2リーグ西日本1位)
国府紀行 タッチダウン(坂本佳太 キック成功) 2Q(8:27)
坂本佳太 フィールドゴール 3Q(9:23)
川嵜弘助 タッチダウン(坂本佳太 キック成功) 4Q(10:19)
豊福悠太 タッチダウン(陶山大樹 キック失敗) 1Q(3:25)
陶山大樹 タッチダウン(陶山大樹 キック成功) 2Q(4:41)
陶山大樹 フィールドゴール 4Q(8:41)
陶山大樹 フィールドゴール 4Q(12:00)

勝ったホークアイはXリーグ昇格、逆に敗れたサイドワインダーズはX2リーグ降格となった。

東京vs富士ゼロックス編集

11月26日
ブルザイズ東京
(Xリーグ18位)
7–27
(0-7, 7-6, 0-7, 0-7)
富士ゼロックスミネルヴァAFC
(X2リーグ東日本4位)
鈴木瑛二 タッチダウン(中村彰宏 キック成功) 2Q(8:39) 廣澤達也 タッチダウン(益本有人 キック成功) 1Q(5:53)
佐々健人 タッチダウン(益本有人 キック失敗) 2Q(11:24)
吉田諒平 タッチダウン(益本有人 キック成功) 3Q(4:48)
廣澤達也 タッチダウン(益本有人 キック成功) 4Q(10:24)

勝った富士ゼロックスはXリーグ昇格、逆に敗れた東京はX2リーグ降格となった。

表彰 (オールX)[5]編集

オールスターのためのチームである。

  • MVP: コービー・キャメロン (富士通)
  • 最優秀新人: デビン・ガードナー (相模原)
  • 最優秀オフェンス
    • オフェンシブライン
      • センター: エドモンド・ディビス (パナソニック)
      • ガード: 望月俊 (富士通)、山本祐介 (オービック)
      • タックル: 小林祐太郎 (富士通)、ケアラーカイ・マイアバ (オービック)
    • タイトエンド: ジョン・スタントン (IBM)
    • ワイドレシーバー: ジェメリー・ガロン (相模原)、中村輝晃クラーク (富士通)
    • ランニングバック: ギノ・ゴードン (富士通)、末吉智一 (IBM)
    • クォーターバック: コービー・キャメロン (富士通)
  • 最優秀ディフェンス
    • ディフェンシブラインマン: ジェームズ・ブルークス (IBM)、ライキーン・イェールス (IBM)、バイロン・ビーティ・ジュニア (オービック)、デビッド・モツ (パナソニック)
    • レフトバック: トラショーン・ニクソン (富士通)、竹内修平 (富士通)、田中喜貴 (相模原)
    • ディフェンシブバック: アル-リルワン・アデヤミ (富士通)、砂川敬三郎 (オービック)、エモリー・ポレー (パナソニック)、藤本将司 (オービック)
  • 最優秀スペシャルチーム
    • キッカー: 西村豪哲 (富士通)
    • パンター: 佐泊眞太郎 (パナソニック)
    • リターナー: 木下典明 (オービック)
  • フェアプレー賞
    • 警視庁イーグルス

脚注編集

  1. ^ [[]] (2016年12月12日). “富士通が優勝、2年ぶり2度目 ジャパンエックスボウル”. 朝日新聞デジタル. 2017年1月6日閲覧。
  2. ^ タイブレークの略。タイブレーク#アメリカンフットボールを参照せよ。
  3. ^ [[]] (2016年12月18日). “甲子園ボウル 関学大2年ぶりV 早大を降す”. 2017年1月7日閲覧。
  4. ^ 1位のSony Solidstate、2位の電通クラブキャタピラーズと4位のウォリアーズがそれぞれ会社の事情で辞退したため。
  5. ^ [[]] (2017年1月28日). “WR中村ら富士通が最多9人受賞 Xリーグアワード”. 日刊スポーツ. 2017年2月9日閲覧。