2016年リオデジャネイロオリンピックのバレーボール競技・女子出場国決定プロセス

2016年リオデジャネイロオリンピックのバレーボール競技 > 2016年リオデジャネイロオリンピックのバレーボール競技・女子出場国決定プロセス

2016年リオデジャネイロオリンピックのバレーボール競技・女子出場国決定プロセス(2016ねんリオデジャネイロオリンピックのバレーボールきょうぎ・じょししゅつじょうこくけっていプロセス)では、同競技の出場国・地域の決定プロセスについて記述する[1]

出場チームは12か国・地域で、開催国、2015年ワールドカップの優勝・準優勝チーム、5大陸の大陸予選優勝チーム及び世界最終予選から4チームが選出される[1]

出場決定国・地域一覧編集

2016年1月15日現在の出場決定国は次の通り[1]

選考大会 日付 予選開催地 出場チーム
オリンピック開催国 2009年10月2日   コペンハーゲン 1   ブラジル
2015年ワールドカップ 2015年8月22日 - 9月6日   日本 2   中国
  セルビア
ヨーロッパ予選 2016年1月4日 -9日   アンカラ 1   ロシア
南アメリカ予選 2016年1月6日 - 10日   バリローチェ 1   アルゼンチン
北アメリカ予選 2016年1月7日 - 9日   リンカーン 1   アメリカ合衆国
アフリカ予選 2016年2月12日 - 16日   ヤウンデ 1   カメルーン
アジア予選 2016年5月14日 - 22日   東京 1   日本
世界最終予選(1) 3   イタリア
  オランダ
  韓国
世界最終予選(2) (it) 2016年5月20日 - 22日   サンファン 1   プエルトリコ
合 計 12

本記事における凡例編集

オリンピック出場が決定
世界最終予選(1)兼アジア予選に出場が決定
世界最終予選(2)に出場が決定

順位決定方式編集

リーグ戦方式をとる大会では、北米予選を除き、次の比較により順位を決定する。

  1. 勝利数
  2. 勝ち点(「3-2-1」方式による)
  3. セット率
  4. 得点率
  5. ここまで同率であった場合は、直接対決の勝敗

北米予選では、次の順位決定方法が採られた。

  1. 勝利数
  2. 勝ち点
    3-0で勝利:勝ち点5、3-1で勝利:勝ち点4、3-2で勝利:勝ち点3、2-3で敗戦:勝ち点2、1-3で敗戦:勝ち点1、0-3で敗戦:勝ち点0。
  3. セット率
  4. 得点率
  5. ここまで同率であった場合は、直接対決の勝敗

開催国編集

国際バレーボール連盟はオリンピック開催国として、出場枠を設けている。

2015年ワールドカップ編集

2015年ワールドカップ優勝チーム及び準優勝チームがオリンピックに出場する。

  • 開催地:日本各地
  • 大会開催日:2015年8月22日 - 9月6日
順位 チーム
    中国
    セルビア
    アメリカ合衆国
4   ロシア
5   日本
6   韓国
7   ドミニカ共和国
8   アルゼンチン
9   キューバ
10   ケニア
11   ペルー
12   アルジェリア

大陸予選編集

アフリカ編集

アフリカ予選優勝チームはオリンピック出場が決定。2位及び3位チームは世界最終予選(2)の出場権を得る。

  • 開催地:  ヤウンデ
  • 大会開催日:2016年2月12日 - 2月16日
順位 チーム
1   カメルーン
2   エジプト
3   ケニア
4   アルジェリア
5   ボツワナ
6   チュニジア
7   ウガンダ

アジア編集

アジア予選は世界最終予選(1)に組み込まれて実施される。開催国(日本)と2016年1月現在世界ランキング上位3か国が出場し、世界最終予選(1)でアジア最高順位となったチームがアジア代表となる。

ヨーロッパ編集

ヨーロッパ予選優勝チームはオリンピック出場が決定。2位及び3位チームは世界最終予選(1)の出場権を得る。

順位 チーム
1   ロシア
2   オランダ
3   イタリア
4   トルコ
5   ドイツ
6   ベルギー
7   ポーランド
8   クロアチア

北アメリカ編集

北アメリカ予選優勝チームはオリンピック出場が決定。2位チームは世界最終予選(1)の出場権を得、3位チームは世界最終予選(2)の出場権を得る。

順位 チーム
1   アメリカ合衆国
2   ドミニカ共和国
3   プエルトリコ
4   カナダ

南アメリカ編集

南アメリカ予選優勝チームはオリンピック出場が決定。2位チームは世界最終予選(1)の出場権を得、3位チームは世界最終予選(2)の出場権を得る。

順位 チーム
1   アルゼンチン
2   ペルー
3   コロンビア
4   ベネズエラ
5   チリ

世界最終予選 (1)編集

世界最終予選(1)はアジア予選を兼ねて実施される[2]。アジア予選参加チームは開催国(日本)と世界ランキング上位3チームの計4チームが参加し、他に世界各地から4チームの計8チームが出場する。アジア参加チームの最上位がアジア代表となり、これを除く上位3チームがオリンピック出場権を得る。

  • 開催地:  東京
  • 大会開催日:2016年5月14日 - 5月22日
出場理由 チーム
開催国   日本
アジアの世界ランキング上位国   韓国
  タイ
  カザフスタン
ヨーロッパ予選(2位・3位)   オランダ
  イタリア
北アメリカ予選(2位)   ドミニカ共和国
南アメリカ予選(2位)   ペルー
結果[3]
順位 チーム 備考
1   イタリア
2   オランダ
3   日本 アジア代表
4   韓国
5   タイ
6   ドミニカ共和国
7   ペルー
8   カザフスタン

世界最終予選 (2)編集

本オリンピック予選から新設された出場枠で、アフリカ予選2位・3位チーム、北アメリカ予選3位チーム及び南アメリカ予選3位チームが出場し、最上位となったチームがオリンピック出場最後の1枠となる[4]。出場予定であったエジプトが出場辞退を表明したため、アフリカ予選4位であったアルジェリアが代替出場した[5]

出場理由 チーム
アフリカ予選(2位・3位)   エジプト  アルジェリア
  ケニア
北アメリカ予選(3位)[7]   プエルトリコ
南アメリカ予選(3位)   コロンビア

※エジプトが出場辞退したため、アフリカ予選4位のアルジェリアが代替出場。

結果
順位 チーム
1   プエルトリコ
2   ケニア
3   コロンビア
4   アルジェリア

脚注編集

[脚注の使い方]