メインメニューを開く

< 2017年

2017年のスポーツでは、2017年平成29年)のスポーツ関連の出来事についてまとめる。

2017年前後:2016年のスポーツ - 2017年のスポーツ - 2018年のスポーツ

目次

できごと編集

記事の肥大化防止のため、下記のスポーツはそれぞれの個別記事に記載、参照すること。

2017年の野球プロ野球MLB)、2017年のサッカー2017年の相撲2017年のバレーボール2017年のバスケットボール2017年の日本競馬2017年の自転車競技競輪)、2017年のNFL

ただし上記に含まれるスポーツのうち、世界的な影響があった事件、一般社会に対しても長期的かつ大きな影響を及ぼした事件や快挙、複数のスポーツに跨る事態等については本項に重複記載する。

1月編集

2月編集

3月編集

4月編集

5月編集

  • 10日 - 【ラグビー】 2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップの組み合わせ抽選会が、京都府京都市の京都御所内の京都迎賓館で行われ開催国の日本は1次リーグA組に入り、アイルランド、スコットランドなどとの対戦が決定[76]
  • 15日 - 【ゴルフ】 この日発表された最新の世界ランキングで、松山英樹が日本人最高位となる3位に浮上[77]。→2月26日の出来事参照
  • 16日
    • 【テニス】 元プロテニスプレーヤーの三橋淳が、2015年11月と12月に八百長を持ちかけ、さらに同年10月から11月の間に76回にわたり賭博行為をしていたとして、不正監視団体Tennis Integrity Unit英語版(TIU)から永久追放及び罰金5万米ドル(約560万円)の処分が科されていたことが判明。日本人が処分されたのは史上初[78]
    • 【テニス】 全仏オープンの主催者は、今年4月にドーピング違反による資格停止処分が解けたマリア・シャラポワ  ロシア)について主催者推薦で出場させないことを発表。フランステニス連盟会長は「ドーピングからの復帰に対して主催者推薦で出場させることはあり得ない」と言明[79]
  • 18日 - 【スキー】 全日本スキー連盟は、2016-17シーズンで活躍した各種目の選手への表彰、スキー競技並びにスキー文化の発展に寄与した人物を顕彰する『スノー・アワード』を開催。シーズン最優秀選手には、4度目のワールドカップ総合優勝を果たした高梨沙羅(クラレ)が選出された[80]
  • 20日 - 【プロボクシング】 WBA世界ミドル級タイトルマッチ(有明コロシアム)で、同級1位のハッサン・ヌダム・ヌジカムが同2位の村田諒太を2-1の判定で破り王座を獲得したが[81]、その後WBA会長のヒルベルト・ヘスス・メンドサが、自らの採点では村田が勝利していたとして不満を訴えて村田陣営に謝罪。同月25日に行った記者会見で両者の再戦を命じるとともに、ヌジカム勝利の判断を下したパナマカナダのジャッジに対して6か月間の資格停止処分を下した[82]
  • 26日 - 【ゴルフ】 プロゴルファーの宮里藍が今シーズン限りで引退することを所属マネジメント会社が発表[83]。29日に東京都内で行われた記者会見で引退の理由について「4、5年前からモチベーションの維持が難しくなった」と説明した[84]
  • 27日 - 【バスケットボール】 B.LEAGUEの年間チャンピオンを決定する「B.LEAGUE FINAL 2016-17」が開催され、栃木ブレックス川崎ブレイブサンダースを、85-79で破って初代リーグ王者に輝いた[85]
  • 28日 - 【自動車】 第101回インディアナポリス500マイルレースで、佐藤琢磨が8回目の挑戦で日本人ドライバー初制覇を飾る[86]

6月編集

7月編集

8月編集

9月編集

10月編集

11月編集

12月編集

アメリカンフットボール編集

日本の大会編集

オートレース編集

SG・特別GIの優勝者についてのみまとめるものとする。

カーリング編集

競艇編集

SG・プレミアムGI・レディースオールスター・レディースチャレンジカップ競走賞金女王シリーズ戦の優勝者についてのみまとめるものとする。

グレード 競走名 開催競艇場 期間 優勝者
GII 第1回レディースオールスター 宮島 2月28日 - 3月5日 山川美由紀香川
SG 第52回鳳凰賞競走(ボートレースクラシック) 児島 3月15日 - 20日 桐生順平埼玉[174]
GI 第18回競艇名人戦競走(マスターズチャンピオン) 4月11日 - 16日 今村豊山口[175]
SG 第44回笹川賞競走(ボートレースオールスター) 福岡 5月23日 - 28日 石野貴之大阪[176]
SG 第27回グランドチャンピオン決定戦競走(グランドチャンピオン) 鳴門 6月20日 - 25日 石野貴之(大阪)[177]
SG 第22回オーシャンカップ競走 丸亀
ナイター競走
7月12日 - 17日 峰竜太 佐賀[178]
GI 第31回女子王座決定戦競走(レディースチャンピオン) 芦屋 8月1日 - 6日 小野生奈福岡[179]
SG 第63回モーターボート記念競走(ボートレースメモリアル) 若松
(ナイター競走)
8月22日 - 27日 寺田祥(山口)[180]
GI 第4回ヤングダービー競走 蒲郡 9月19日 - 24日 中田竜太埼玉[181]
SG 第64回全日本選手権競走(ボートレースダービー) 平和島 10月24日 - 29日 深川真二(佐賀)[182]
GII 第4回レディースチャレンジカップ競走 下関
(ナイター競走)
11月21日 - 26日 遠藤エミ滋賀[183]
SG 第20回チャレンジカップ競走 下関
(ナイター競走)
11月21日 - 26日 毒島誠群馬[184]
SG
GP
第32回賞金王決定戦競走(ボートレースグランプリ) 住之江 12月19日 - 24日 シリーズ 新田雄史三重[185]
決定戦 桐生順平(埼玉)[186]
GⅢ
GI
第6回賞金女王決定戦競走(クイーンズクライマックス) 大村 12月28日 - 31日 シリーズ 廣中智紗衣東京[187]
決定戦 遠藤エミ(滋賀)[188]

競馬編集

日本編集

競輪編集

ゴルフ編集

米国PGAツアー編集

全米女子プロゴルフ協会(LPGA)編集

日本ゴルフツアー機構(JGTO)編集

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)編集

サッカー編集

柔道編集

相撲編集

体操編集

卓球編集

テニス編集

グランドスラム編集

バスケットボール編集

バレーボール編集

ボクシング編集

日本のジム所属選手の世界戦編集

日本のジムに所属するプロボクサーが2017年度に国内外で戦った世界戦!開催日
開催日 会場 タイトル種別 対戦者 結果 対戦者
2月26日 熊本県上天草市
松島総合運動公園「アロマ」
WBO世界ミニマム級
暫定王座決定戦[246]
福原辰弥
(2位/本田フィットネス
☆判定2-1★ モイセス・カジェロス
(1位/  メキシコ
3月1日   タイチョンブリー県 WBA世界ミニマム級
タイトルマッチ[247]
大平剛
(15位/花形
★5回1分7秒TKO☆ ノックアウト・CPフレッシュマート
(王者/  タイ
3月2日 東京都墨田区
両国国技館
WBC世界バンタム級
タイトルマッチ[248]
山中慎介
(王者/帝拳
☆7回57秒TKO★ カルロス・カールソン
(6位/  メキシコ
3月4日   メキシコハリスコ州グアダラハラ IBF女子世界ライトフライ級
タイトルマッチ[249]
柴田直子
(王者/ワールドスポーツ
★判定0-3☆ アロンドラ・ガルシア
  メキシコ
3月13日 東京都文京区
後楽園ホール
WBA女子世界フライ級
王座決定戦[250]
藤岡奈穂子
(2位/竹原&畑山ジム
☆10回21秒TKO★ イサベル・ミジャン
(1位/  メキシコ
3月18日   アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市
マディソン・スクエア・ガーデン
WBC世界スーパーフライ級
タイトルマッチ[251]
ローマン・ゴンサレス
(王者/  ニカラグア
★判定0-2☆ シーサケット・ソー・ルンヴィサイ
(2位/  タイ
3月25日   イギリスマンチェスター
マンチェスター・アリーナ
WBA世界ライト級
タイトルマッチ[252]
ホルヘ・リナレス
(王者/  ベネズエラ
☆判定3-0★ アンソニー・クローラ
(4位/  イギリス
4月9日 大阪府大阪市浪速区
大阪府立体育会館
WBA世界スーパーバンタム級
タイトルマッチ[253]
久保隼
(10位/真正
☆11回5秒TKO★ ネオマール・セルメニョ
(王者/  ベネズエラ
4月15日   韓国京畿道始興市 WBA女子世界スーパーフェザー級
タイトルマッチ[254]
三好喜美佳
川崎新田
★判定0-3☆ 崔賢美
(王者/  韓国
4月23日 大阪府大阪市浪速区
大阪府立体育会館
WBO世界バンタム級
タイトルマッチ[255]
大森将平
(6位/ウォズ
★11回16秒TKO☆ マーロン・タパレス
(前王者/  フィリピン
WBA世界フライ級
タイトルマッチ[256]
井岡一翔
(王者/井岡
☆判定3-0★ ノックノイ・シップラサート
(2位/  タイ
4月29日 大阪府堺市南区
国際障害者交流センタービッグ・アイ
WBO女子世界フライ級
タイトルマッチ[257]
好川菜々
(王者/堺東ミツキ
★負傷判定0-3☆ モンセラット・アラルコン
  メキシコ
5月13日   イギリスバーミンガム
バークレイカード・アリーナ
WBA世界スーパーフライ級
タイトルマッチ[258]
村中優
(10位/フラッシュ赤羽
★判定0-3☆ カリッド・ヤファイ
(王者/  イギリス
5月19日 東京都文京区
後楽園ホール
WBO女子世界ミニフライ級
王座決定戦[259]
江畑佳代子
ワタナベ
☆判定3-0★ 塙英理加
UNITED
5月20日 愛知県名古屋市港区
テバオーシャンアリーナ
WBO世界ライトフライ級
タイトルマッチ[260]
田中恒成
(王者/畑中
☆判定3-0★ アンヘル・アコスタ
(1位/  プエルトリコ
東京都江東区
有明コロシアム
WBC世界ライトフライ級
タイトルマッチ[261]
拳四朗
(4位/B.M.B
☆判定2-0★ ガニガン・ロペス
(王者/  メキシコ
WBC世界フライ級
タイトルマッチ[262]
比嘉大吾
(1位/白井・具志堅
☆6回2分58秒TKO★ フアン・エルナンデス
(前王者/  メキシコ
WBA世界ミドル級
王座決定戦[263]
村田諒太
(2位/帝拳)
★判定1-2☆ ハッサン・ヌダム・ヌジカム
(暫定王者/  フランス
5月21日 IBF世界ライトフライ級
王座統一戦[264]
八重樫東
(正規王者/大橋
★1回2分45秒TKO☆ ミラン・メリンド
(暫定王者/  フィリピン
WBO世界スーパーフライ級
タイトルマッチ[265]
井上尚弥
(王者/大橋)
☆3回1分8秒KO★ リカルド・ロドリゲス
(2位/  アメリカ合衆国
7月2日   オーストラリアブリスベン
サンコープ・スタジアム
IBF世界スーパーフライ級
タイトルマッチ[266]
帝里木下
(3位/千里馬神戸
★7回1分53秒TKO☆ ヘルウィン・アンカハス
(王者/  フィリピン
7月8日   メキシコハリスコ州サポパン
アウディトリオ・ベニート・フアレス
WBC女子世界バンタム級
タイトルマッチ[267]
ぬきてるみ
井岡弘樹
★判定0-3☆ マリアナ・フアレス
(王者/  メキシコ
7月11日 東京都文京区
後楽園ホール
WBO女子世界アトム級
タイトルマッチ[268]
池山直
(王者/フュチュール
判定1-1 花形冴美
(花形)
7月15日   アメリカ合衆国イングルウッド
ザ・フォーラム
WBC世界スーパーフェザー級
タイトルマッチ[269]
三浦隆司
(1位/帝拳)
★判定0-3☆ ミゲール・ベルチェット
(王者/  メキシコ
7月23日 東京都大田区
大田区総合体育館
WBA世界ライトフライ級
タイトルマッチ[270]
田口良一
(王者/ワタナベ)
☆9回24秒TKO★ ロベルト・バレラ
(1位/  コロンビア
IBF世界ミニマム級
タイトルマッチ[271]
京口紘人
(9位/ワタナベ)
☆判定3-0★ ホセ・アルグメド
(王者/  メキシコ
7月28日   中華人民共和国上海
上海オリエタルスポーツセンター
WBO世界フライ級
タイトルマッチ[272]
木村翔
(王者/青木
☆11回2分28秒TKO★ 鄒市明
(王者/  中華人民共和国
8月15日 京都府京都市
島津アリーナ京都
WBC世界バンタム級
タイトルマッチ[273]
山中慎介
(王者/帝拳)
★4回2分29秒TKO☆ ルイス・ネリー
(1位/  メキシコ
8月26日   アメリカ合衆国カーソン
スタブハブ・センター
WBO世界スーパーウェルター級
王座決定戦[274]
亀海喜寛
(6位/帝拳)
★判定0-3☆ ミゲール・コット
(1位/  プエルトリコ
8月27日 熊本県芦北町
芦北町民総合センター「しろやまスカイドーム」
WBO世界ミニマム級
タイトルマッチ[275]
福原辰弥
(王者/本田フィットネス)
★判定0-3☆ 山中竜也
(1位/真正)
9月3日 京都府京都市
島津アリーナ京都
WBA世界スーパーバンタム級
タイトルマッチ[276]
久保隼
(王者/真正)
★9回1分21秒TKO☆ ダニエル・ローマン
(2位/  アメリカ合衆国
9月9日   アメリカ合衆国・カーソン
スタブハブ・センター
WBO世界スーパーフライ級
タイトルマッチ[277]
井上尚弥
(王者/大橋)
☆6回終了TKO★ アントニオ・ニエベス
(7位/  アメリカ合衆国
WBC世界スーパーフライ級
タイトルマッチ[278]
ローマン・ゴンサレス
(1位/  ニカラグア
★4回1分18秒KO☆ シーサケット・ソー・ルンヴィサイ
(王者/  タイ
9月13日 大阪府大阪市浪速区
大阪府立体育会館
WBO世界ライトフライ級
タイトルマッチ[279]
田中恒成
(王者/畑中)
☆9回1分27秒TKO★ パランポン・CPフレッシュマート
(13位/  タイ
IBF世界スーパーバンタム級
タイトルマッチ[280]
小國以載
(王者/角海老宝石
★6回2分16秒TKO☆ 岩佐亮佑
(3位/セレス
9月22日   アメリカ合衆国ツーソン
ツーソン・コンベンションセンター
WBO世界フェザー級
タイトルマッチ[281]
ジェネシス・セルバニア
(4位/  フィリピン
★判定0-3☆ オスカル・バルデス
(王者/  メキシコ
9月23日   アメリカ合衆国・イングルウッド
ザ・フォーラム
WBA世界ライト級
タイトルマッチ[282]
ホルヘ・リナレス
(王者/  ベネズエラ
☆判定2-1★ ルーク・キャンベル
(1位/  イギリス
10月22日 東京都墨田区
両国国技館
WBC世界ライトフライ級
タイトルマッチ[283]
拳四朗
(王者/B.M.B)
☆判定2-0★ ペドロ・ゲバラ
(1位/  メキシコ
WBC世界フライ級
タイトルマッチ[284]
比嘉大吾
(王者/白井・具志堅)
☆7回1分10秒TKO★ トマ・マソン
(6位/  フランス
WBA世界ミドル級
タイトルマッチ[285]
村田諒太
(1位/帝拳)
☆7回終了TKO★ ハッサン・ヌダム・ヌジカム
(王者/  フランス
10月28日   イギリスカーディフ
プリンシパリティ・スタジアム
WBA世界スーパーフライ級
タイトルマッチ[286]
石田匠
(1位/井岡)
★判定0-3☆ カリッド・ヤファイ
(王者/  イギリス
11月4日   アメリカ合衆国・ニューヨーク州ニューヨーク市
バークレイズ・センター
IBF世界スーパーライト級
王座決定戦[287]
近藤明広
(10位/一力
★判定0-3☆ セルゲイ・リピネッツ
(1位/  ロシア
11月24日   タイナコーンラーチャシーマー県 WBC世界ミニマム級
タイトルマッチ[288]
福原辰弥
(10位/本田フィットネス
★判定0-3☆ ワンヒン・ミナヨーティン
(王者/  タイ
12月1日 東京都文京区
後楽園ホール
WBO女子世界ライトフライ級
王座決定戦[289]
藤岡奈穂子
(竹原&畑山ジム)
☆判定3-0★ ヨカスタ・バジェ
  コスタリカ
12月9日   アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス市
マンダレイ・ベイ・イベント・センター
IBF世界スーパーフェザー級
王座決定戦[290]
尾川堅一
(4位/帝拳)
☆判定2-1★ テビン・ファーマー
(5位/  アメリカ合衆国
12月30日 神奈川県横浜市中区
横浜文化体育館
WBC世界ライトフライ級
タイトルマッチ[291]
拳四朗
(王者/B.M.B)
☆4回1分12秒TKO★ ヒルベルト・ペドロサ
(11位/  パナマ
WBO世界スーパーフライ級
タイトルマッチ[292]
井上尚弥
(王者/大橋)
☆3回1分40秒TKO★ ヨアン・ボワイヨ
(6位/  フランス
12月31日 東京都大田区
大田区総合体育館
IBF世界ミニマム級
タイトルマッチ[293]
京口紘人
(王者/ワタナベ)
☆8回2分28秒TKO★ カルロス・ブイトラゴ
(3位/  ニカラグア
WBO世界フライ級
タイトルマッチ[294]
木村翔
(王者/青木)
☆9回2分34秒TKO★ 五十嵐俊幸
(1位/帝拳)
WBA・IBF世界ライトフライ級
王座統一戦[295]
田口良一
(WBA王者/ワタナベ)
☆判定3-0★ ミラン・メリンド
(IBF王者/  フィリピン

モータースポーツ編集

FIA F1世界選手権シリーズ
FIA 世界耐久選手権シリーズ(WEC)

野球編集

ラグビー編集

第54回日本選手権編集

ジャパンラグビートップリーグ編集

  • リーグ優勝:サントリーサンゴリアス(4季ぶり4度目)[302]

日本の学生ラグビー編集

陸上競技編集

マラソン編集

総合編集

男子編集

女子編集

駅伝編集

男女同日開催編集

男子編集

女子編集

死去編集

1月編集

2月編集

3月編集

4月編集

5月編集

6月編集

7月編集

8月編集

9月編集

10月編集

11月編集

12月編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ これまでの記録は丸山茂樹の3勝。
  2. ^ 但し、小山ちれ(中国名:何智麗)は中華人民共和国から日本へ帰化した選手であり、日本人女子選手としての優勝は1974年(横浜大会)の枝野とみえ(元川徳デパート)以来43年ぶりとなる。
  3. ^ 昭和時代に記録された日本記録として、男女通じて最古のものとして残っていた。
  4. ^ 2017年8月15日現在。
  5. ^ これまでの男子選手のツアー大会最年少優勝は于子洋中華人民共和国)の16歳30日。
  6. ^ 宮里藍も畑岡同様にアマチュア(東北高等学校)時代の2003年MMT杯ダンロップ女子オープンで日本女子ツアー初優勝を果たしており、ツアー2勝目となった2004年のダイキンオーキッドレディスがプロ初優勝である。
  7. ^ 当初、ユニバーサルエンターテインメントが2時間16分45秒で優勝したが、大会に出場した選手の一人が2018年7月19日にドーピング検査で禁止薬物の陽性反応を示したことが発覚し、同日に優勝が剥奪されたため繰り上げ優勝となった[321]

出典編集

  1. ^ “The Ladies' Golf Union and The R&A sign merger agreement” (英語) (プレスリリース), R&A, (2016年6月22日), http://www.randa.org/News/2016/07/The-Ladies-Golf-Union-and-The-RA-sign-merger-agreement 2017年1月13日閲覧。 
  2. ^ “"Challenge!" - New Year's Greetings from Morinari Watanabe” (英語) (HTML) (プレスリリース), 国際体操連盟, (2017年1月3日), http://www.fig-gymnastics.com/site/figNews/view?id=1715 2017年1月8日閲覧。 
  3. ^ 箱根駅伝10区であわや事故 交通規制不十分「止め切れなかった」 スポーツニッポン 2017年1月5日配信 同日閲覧
  4. ^ 箱根10区あわや事故 関東学生陸連「再発防止」 スポーツニッポン 2017年1月6日配信 同日閲覧
  5. ^ 未成年飲酒3名と同席2名 計5選手の強化指定を取り消し処分 スポーツニッポン 2017年1月7日配信 同日閲覧
  6. ^ “サッカーW杯、48チームに=26年大会から拡大”. 時事通信. (2017年1月10日). http://www.jiji.com/sp/article?k=2017011000792&g=scr 2017年1月10日閲覧。 
  7. ^ 松山 日本ツアー3年連続で登録見送り 理由は明らかにせず スポーツニッポン 2017年1月12日配信 同日閲覧
  8. ^ 日本ペイントが女子卓球部 三原孝博氏が監督就任 スポニチアネックス 2017年1月12日配信 同日閲覧
  9. ^ キヤノン永友監督 今季限りで退任 14日の最終節・ホンダ戦がラスト スポーツニッポン 2017年1月14日配信 同日閲覧
  10. ^ 京太郎 アジア人初!K-1転向から6年で東洋ヘビー級王座獲得 スポニチアネックス 2017年1月15日
  11. ^ a b 大雪警報の中の激走!京都が3年ぶり皇后杯 全国女子駅伝 スポーツニッポン 2017年1月15日配信 同日閲覧
  12. ^ PGA倉本会長 大相撲に懸賞出す構想 ファン層重なる実感 スポニチアネックス 2017年1月18日配信 同日閲覧
  13. ^ 埼玉・所沢の市民マラソンで不正発覚…コース逸脱、入れ替え出走 サンケイスポーツ 2017年1月19日配信 2017年3月2日閲覧
  14. ^ トライアスロン実業団選手が死亡 練習中に崖転落 スポーツニッポン 2017年1月22日配信 同日閲覧
  15. ^ 16歳平野美宇が史上最年少V 女王石川佳純を破る 日刊スポーツ 2017年1月22日配信 同日閲覧
  16. ^ a b “13歳張本、最年少で代表に選出 世界選手権個人戦/卓球”. サンケイスポーツ. (2017年1月22日). http://www.sanspo.com/sports/news/20170122/tab17012221110006-n1.html 2017年1月22日閲覧。 
  17. ^ “長野が3年ぶり7度目V/都道府県対抗男子駅伝詳細”. 日刊スポーツ. (2017年1月22日). http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1768137_m.html 2017年1月22日閲覧。 
  18. ^ 横審が稀勢の里の横綱昇進を推薦 横綱昇進確定 産経新聞 2017年1月23日
  19. ^ 横綱稀勢の里が誕生 「横綱の名に恥じぬよう精進」 日本経済新聞 2017年1月25日
  20. ^ 【茨城新聞】稀勢の里、72代横綱 「名に恥じぬよう精進」 茨城新聞クロスアイ 2016年1月26日
  21. ^ “高梨沙羅、逆転VでW杯通算50勝達成「やっと迎えられてホッとしている」/ジャンプ”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2017年1月29日). http://www.sanspo.com/sports/news/20170129/ski17012921250011-n1.html 2017年1月30日閲覧。 
  22. ^ 渡辺一平が200メートル平泳ぎ世界新 山口抜く 日刊スポーツ 2017年1月29日 2017年1月30日閲覧
  23. ^ “ロンドン五輪代表・重友が5年ぶり2度目のV…大阪国際女子マラソン”. スポーツ報知. (2017年1月29日). http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170129-OHT1T50138.html 2017年2月5日閲覧。 
  24. ^ “中本が優勝=別大マラソン”. 時事通信. (2017年2月5日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020500291&g=spo 2017年2月5日閲覧。 
  25. ^ “不屈のライオンが15年ぶりのネイションズカップ制覇、カメルーンが逆転でエジプト破る”. AFPBBNews. (2017年2月6日). http://www.afpbb.com/articles/-/3116725?act=all 2017年2月6日閲覧。 
  26. ^ “NFL ペイトリオッツが5回目の優勝 スーパーボウル”. 毎日新聞. (2017年2月6日). http://mainichi.jp/articles/20170206/k00/00e/050/251000c 2017年2月6日閲覧。 
  27. ^ “松山連覇!マスターズ勝てる 米賞金ランク1位&日本人最多米4勝”. スポニチアネックス. (2017年2月7日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/02/07/kiji/20170206s00043000492000c.html 2017年2月7日閲覧。 
  28. ^ 清元 登子、涂 阿玉が日本プロゴルフ殿堂入り”. 日本女子プロゴルフ協会 (2017年2月8日). 2017年2月13日閲覧。
  29. ^ “近大空手部員ひったくり「生活費をパチンコに使ってしまい…」”. スポーツニッポン. (2017年2月11日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/02/11/kiji/20170211s00105000044000c.html 2017年2月11日閲覧。 
  30. ^ “アイスホッケー日本女子、平昌五輪出場決める”. 日本経済新聞. (2017年2月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040007_S7A210C1000000/ 2017年2月12日閲覧。 
  31. ^ “沙羅W杯4度目総合V 荻原健司抜き日本人単独トップ”. スポーツニッポン. (2017年2月16日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/02/16/kiji/20170216s00074000035000c.html 2017年2月16日閲覧。 
  32. ^ “高梨沙羅 歴代最多タイ53勝目 逆転で決めた! 伊藤とワンツー”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年2月16日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/02/16/kiji/20170216s00074000217000c.html 2017年2月16日閲覧。 
  33. ^ “鈴木圭が初の全国1位 最年長・谷口は3月で引退…JKA発表”. スポーツニッポン. (2017年2月18日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/02/18/kiji/20170217s00054000427000c.html 2017年2月18日閲覧。 
  34. ^ “谷口、75歳99日で現役生活に幕引き「オート人生悔いなし」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2017年3月8日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/03/08/kiji/20170307s00054000450000c.html 2017年3月8日閲覧。 
  35. ^ “北九州スタジアム 小倉北区に完成 「ミクニ」が命名権”. 毎日新聞. (2017年1月31日). http://mainichi.jp/articles/20170131/k00/00e/040/178000c 2017年2月6日閲覧。 
  36. ^ 【進め!ギラヴァンツ北九州】「ミクスタ」集客へ特典チケット 開幕戦まで3週間 クラブ準備西日本新聞 2017年02月23日
  37. ^ 下田現役引退 Sバンタム元世界王者 昨年大みそかの敗戦で決断 スポニチアネックス 2017年2月22日
  38. ^ “ブダペストが24年五輪断念 パリとロサンゼルスの一騎打ちに”. スポーツニッポン. (2017年2月23日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/02/23/kiji/20170223s00048000118000c.html 2017年2月23日閲覧。 
  39. ^ “小平奈緒が総合V 87年黒岩彰以来30年ぶり快挙”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年2月27日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1784759.html 2017年2月28日閲覧。 
  40. ^ “キプサング2時間3分58秒でV/東京マラソン詳細”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年2月26日). http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1783788.html 2017年2月26日閲覧。 
  41. ^ “東京マラソン 女子はチェプチルチルV 2時間20分突破”. 毎日新聞デジタル. 毎日新聞社. (2017年2月26日). http://mainichi.jp/articles/20170226/k00/00e/050/196000c 2017年2月26日閲覧。 
  42. ^ 福原辰弥、熊本のジムから初の世界王座獲得…WBO世界ミニマム級 スポーツ報知 2017年2月26日
  43. ^ “松山 日本男子最高タイ世界4位 26日付ランクで”. スポーツニッポン. (2017年2月28日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/02/28/kiji/20170228s00043000018000c.html 2017年2月28日閲覧。 
  44. ^ 阿部健吾 (2017年3月3日). “山中慎介5度ダウン奪った「神の左」は10割パンチ”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). http://www.nikkansports.com/battle/news/1786695.html 2017年3月4日閲覧。 
  45. ^ “WBC、韓国戦で開幕 侍J、キューバ戦先発は石川に - 2017WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)”. 朝日新聞デジタル. (2017年3月6日). http://www.asahi.com/articles/ASK364HK9K36UTQP00G.html 2017年3月7日閲覧。 
  46. ^ “堀島行真が日本男子初の金 モーグル世界選手権”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年3月9日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1789462.html 2017年3月9日閲覧。 
  47. ^ a b c “安藤友香、初マラソンで日本人最高2位 日本歴代4位で世陸代表内定”. スポーツニッポン. (2017年3月12日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/03/12/kiji/20170312s00057000188000c.html 2017年3月12日閲覧。 
  48. ^ “名古屋ウィメンズマラソン 参加者3人が一時心肺停止”. スポーツニッポン. (2017年3月13日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/03/13/kiji/20170313s00057000082000c.html 2017年3月13日閲覧。 
  49. ^ “全美貞、藤崎莉歩とのプレーオフ制し通算25勝目”. 日刊スポーツ. (2017年3月12日). http://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1791216.html 2017年3月12日閲覧。 
  50. ^ “丸亀ボートに爆破予告、安全確保のためレース中止”. 日刊スポーツ. (2017年3月12日). http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1791313.html 2017年3月13日閲覧。 
  51. ^ “鳴門ボートに爆破予告…5R以降中止で27日に順延”. スポーツニッポン. (2017年3月27日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/03/27/kiji/20170326s00053000450000c.html 2017年3月27日閲覧。 
  52. ^ 藤岡奈穂子TKOで世界4階級制覇!吉川晃司が肩車 日刊スポーツ 2017年3月13日
  53. ^ “有希 板が逆でも3連覇 今季国内最終戦 沙羅は出場せず”. スポーツニッポン. (2017年3月19日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/03/19/kiji/20170319s00074000028000c.html 2017年3月19日閲覧。 
  54. ^ “ヤマダ電機に5選手移籍 モンテローザ廃部で”. スポーツニッポン. (2017年3月18日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/03/18/kiji/20170318s00056000118000c.html 2017年3月20日閲覧。 
  55. ^ “葛西2位「日本に勇気」44歳9か月、最年長表彰台記録また更新”. スポーツニッポン. (2017年3月20日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/03/20/kiji/20170320s00074000150000c.html 2017年3月20日閲覧。 
  56. ^ “葛西また表彰台3位 強風で打ち切り「持ってますね」”. スポーツニッポン. (2017年3月27日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/03/27/kiji/20170327s00074000054000c.html 2017年3月28日閲覧。 
  57. ^ a b “フィギュア宮原知子が世界選手権欠場 五輪3枠取りに暗雲”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2017年3月20日). https://www.daily.co.jp/general/2017/03/20/0010018056.shtml 2017年3月20日閲覧。 
  58. ^ “霞ヶ関CC、女性正会員OK!東京五輪ゴルフ会場問題解決”. サンケイスポーツ. (2017年3月21日). http://www.sanspo.com/golf/news/20170321/gld17032105020001-n1.html 2017年3月21日閲覧。 
  59. ^ “公務員ランナー川内、東京五輪を固辞 瀬古リーダーもタジタジ”. スポーツニッポン. (2017年3月21日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/03/21/kiji/20170321s00057000038000c.html 2017年3月21日閲覧。 
  60. ^ “アメリカが悲願のWBC初優勝!決勝でプエルトリコを8対0で下す”. wbc2017.jp. (2017年3月23日). http://www.wbc2017.jp/news/article/20170323_1.html 2019年5月1日閲覧。 
  61. ^ 侍ジャパンまた準決勝で涙…米国に1点差惜敗、世界一奪回ならず”. スポニチアネックス (2017年3月22日). 2017年3月23日閲覧。
  62. ^ ““山の神”柏原竜二が現役引退 腰痛完治せず「復帰のメドたたない」”. スポーツニッポン. (2017年4月4日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/04/kiji/20170403s00056000437000c.html 2017年4月7日閲覧。 
  63. ^ ““山の神”改め“MG”に!? 柏原竜二さん、アメフトチームの裏方に転身”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2017年6月2日). https://www.daily.co.jp/general/2017/06/02/0010246165.shtml 2017年6月2日閲覧。 
  64. ^ “跳馬の新技「シライ3」に 国際体操連盟が正式発表”. スポーツニッポン. (2017年4月4日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/04/kiji/20170404s00067000364000c.html 2017年4月7日閲覧。 
  65. ^ “五島、『ゴシマ』命名に喜び「技に自分の名前を残したいと思っていた」/体操”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2017年4月6日). http://www.sanspo.com/sports/news/20170406/gym17040620120002-n1.html 2017年4月7日閲覧。 
  66. ^ “世界1位ジョンソンがスタート直前に棄権 前日に階段から転落/マスターズ”. ゴルフダイジェスト・オンライン. (2017年4月7日). http://news.golfdigest.co.jp/news/pga/article/68056/1/ 2017年4月7日閲覧。 
  67. ^ “浅田真央が現役引退「フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2017年4月10日). http://www.sanspo.com/sports/news/20170410/fgr17041023000002-n1.html 2017年4月10日閲覧。 
  68. ^ “浅田真央、涙こらえ「笑顔で前に進んでいきたい」”. 日刊スポーツ. (2017年4月12日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1806343.html 2017年4月12日閲覧。 
  69. ^ “美宇アジア選手権初V! 世界1位、2位、5位の中国勢破り日本女子21年ぶり”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年4月15日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/15/kiji/20170415s00026000384000c.html 2017年4月15日閲覧。 
  70. ^ “東京五輪マラソン代表選考 男女2枠は一発勝負、残りは記録上位”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年4月19日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/19/kiji/20170418s00057000444000c.html 2017年4月19日閲覧。 
  71. ^ “ウッズ、4度目手術で再び長期離脱 復帰まで半年”. スポーツニッポン. (2017年4月21日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/21/kiji/20170421s00043000139000c.html 2017年4月21日閲覧。 
  72. ^ “比嘉の打球が観客の頭部直撃「頭の中が真っ白に…」/フジサンケイL”. サンケイスポーツ. (2017年4月21日). http://www.sanspo.com/golf/news/20170421/jlp17042119130015-n1.html 2017年4月21日閲覧。 
  73. ^ “村上佳菜子が現役を引退 世界選手権5度出場”. スポーツニッポン. (2017年4月23日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/23/kiji/20170423s00079000241000c.html 2017年4月23日閲覧。 
  74. ^ “青木、ツアー最年長出場記録更新 AO対決はジャンボがリード”. スポーツニッポン. (2017年4月27日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/27/kiji/20170427s00043000164000c.html 2017年4月27日閲覧。 
  75. ^ “名門ヨネクラジム8月で閉鎖、ガッツ石松氏ら輩出”. 日刊スポーツ. (2017年4月27日). http://www.nikkansports.com/battle/news/1814191.html 2017年4月27日閲覧。 
  76. ^ <スポーツ編>ラグビーW杯アイルランドなどと同組東京新聞 2017年5月24日
  77. ^ “松山英樹が日本勢初の世界ランク3位”. ゴルフダイジェスト・オンライン (ゴルフダイジェスト社). (2017年5月15日). http://news.golfdigest.co.jp/news/weeklywr/pga/article/68668/1/?car=top_nw_t01 2017年5月15日閲覧。 
  78. ^ “錦織元ペア、三橋元プロを八百長追放 日本人初の処分 罰金も”. スポーツニッポン. (2017年5月17日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/05/17/kiji/20170516s00028000396000c.html 2017年5月17日閲覧。 
  79. ^ “シャラポワ全仏出場できず 主催者推薦選手に含まれず”. スポーツニッポン. (2017年5月17日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/05/17/kiji/20170517s00028000129000c.html 2017年5月17日閲覧。 
  80. ^ “高梨沙羅が最優秀選手 松任谷正隆氏&由実夫妻にスノー文化功労賞「スノー・アワード」初開催”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年5月18日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/05/18/kiji/20170518s00095000351000c.html 2017年5月18日閲覧。 
  81. ^ “ボクシング村田、王座奪取ならず WBAミドル級王座決定戦”. 日本経済新聞. (2017年5月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDH20H1C_Q7A520C1000000/ 2017年5月26日閲覧。 
  82. ^ “WBA会長、村田らに再戦指令 ジャッジ2人は資格停止”. 日本経済新聞. (2017年5月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK50220_W7A520C1000000/ 2017年5月26日閲覧。 
  83. ^ “宮里藍 今季限りでの引退を発表…29日に会見”. スポーツニッポン. (2017年5月26日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/05/26/kiji/20170526s00043000251000c.html 2017年5月26日閲覧。 
  84. ^ “宮里藍、引退会見「モチベーションの維持が難しく」”. 日刊スポーツ. (2017年5月29日). http://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1831606.html 2017年5月29日閲覧。 
  85. ^ B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2016-17 - B.LEAGUE(Bリーグ)公式サイト
  86. ^ “琢磨 初快挙!インディ500で日本人初優勝「信じられない」”. スポーツニッポン. (2017年5月29日). http://www.sponichi.co.jp/car/news/2017/05/29/kiji/20170529s00045000148000c.html 2017年5月29日閲覧。 
  87. ^ “吉村真晴、石川佳純組が混合ダブルス優勝…日本勢48年ぶり金”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年6月3日). http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20170603-OHT1T50330.html 2017年6月4日閲覧。 
  88. ^ “アメリカで96歳の調教師の管理馬が勝利、最高齢記録を更新”. netkeiba.com. (2017年6月5日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=122626 2017年6月6日閲覧。 
  89. ^ エアレース室屋義秀選手2連覇飾る 千葉・幕張で開催の「空のF1」大盛況で幕”. 産経新聞社 (2017年6月4日). 2017年6月6日閲覧。
  90. ^ 東京五輪、バスケ3人制など新採用 リオから33種目増”. 朝日新聞社 (2017年6月10日). 2017年6月13日閲覧。
  91. ^ “新星現る!多田9秒94 追い風参考も国内日本勢初9秒台”. スポーツニッポン. (2017年6月11日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/06/11/kiji/20170611s00056000095000c.html 2017年6月11日閲覧。 
  92. ^ “「9秒94」の関学大・多田修平、決勝は10秒08で優勝「気持ちよかったです」”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年6月10日). http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170610-OHT1T50137.html 2017年6月12日閲覧。 
  93. ^ “茂野海人、NECを退団 本人の希望で”. スポーツニッポン. (2017年6月12日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/06/12/kiji/20170612s00044000133000c.html 2017年6月12日閲覧。 
  94. ^ “マクドナルド五輪協賛撤退 契約3年残し異例の終了”. 日刊スポーツ. (2017年6月17日). https://www.nikkansports.com/sports/news/1841453.html 2017年6月17日閲覧。 
  95. ^ a b “松山が世界ランク2位浮上 自身の日本勢最高更新”. 日刊スポーツ. (2017年6月19日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1842867.html 2017年6月19日閲覧。 
  96. ^ インテルが最高位スポンサーに=IOC時事通信 2017年6月22日
  97. ^ a b “日本体協新会長に味の素・伊藤氏 名称は日本スポーツ協会へ”. Nikkei WEB. 日本経済新聞社. (2017年6月23日). http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK50707_T20C17A6000000/ 2017年6月24日閲覧。 
  98. ^ “第16回世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン) 日本代表選手” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 日本陸上競技連盟, (2017年6月26日), http://www.jaaf.or.jp/files/upload/201706/26_133139.pdf 2017年6月26日閲覧。 
  99. ^ レスリング 伊調の五輪4連覇などギネス認定NHK 2017年6月27日
  100. ^ “イ・ボミ“韓”げき!平昌五輪の広報大使就任、さあ母国に“恩返し””. サンケイスポーツ. (2017年6月28日). http://www.sanspo.com/golf/news/20170628/jlp17062805010004-n1.html 2017年6月30日閲覧。 
  101. ^ “杉田祐一がマナリノを破り、日本人として史上3人目のATPツアー優勝 [アンタルヤ・オープン]”. ベースボール・マガジン社. THE TENNIS DAILY. (2017年7月2日). https://www.thetennisdaily.jp/news/contents/overseas/atp/20170702_0024721.php 2017年7月2日閲覧。 
  102. ^ “山下氏がJOC選手強化本部長就任「力を発揮できる環境を」”. スポーツニッポン. (2017年7月5日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/07/05/kiji/20170704s00048000321000c.html 2017年7月5日閲覧。 
  103. ^ 移籍選手の制限で調査 公取委がラグビー協会に”. サンケイスポーツ (2017年7月15日). 2017年7月16日閲覧。
  104. ^ JBCと亀田ジムが和解、大毅世界戦で資格剥奪処分”. 日刊スポーツ (2017年7月19日). 2017年7月20日閲覧。
  105. ^ 大相撲 白鵬が通算1048勝 歴代単独1位に NHK 2017年7月21日
  106. ^ “最古の日本記録更新! 円盤投げ堤雄司が60m37”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年7月22日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1859955.html 2017年7月23日閲覧。 
  107. ^ 「シンクロ」の名消える 「アーティスティックスイミング」に変更”. スポーツニッポン (2017年7月23日). 2017年7月23日閲覧。
  108. ^ 宮原が関大休学…平昌へ「スケートに集中」/フィギュア”. サンケイスポーツ (2017年7月29日). 2017年7月29日閲覧。
  109. ^ “元王者三浦が引退表明、15日返り咲き失敗「後悔ありません」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年7月29日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2017/07/29/kiji/20170729s00021000023000c.html 2017年7月29日閲覧。 
  110. ^ “内山高志 現役引退を表明 日本歴代3位となる11度の防衛に成功”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年7月29日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2017/07/29/kiji/20170729s00021000233000c.html 2017年7月29日閲覧。 
  111. ^ 内山高志、現役引退を表明 「きょうで引退することを決めました」/BOX”. サンケイスポーツ (2017年7月29日). 2017年7月29日閲覧。
  112. ^ 前WBA王者の内山高志が引退、闘志沸き上がらず”. 日刊スポーツ (2017年7月29日). 2017年7月29日閲覧。
  113. ^ “LOS ANGELES DECLARES CANDIDATURE FOR OLYMPIC GAMES 2028 - IOC TO CONTRIBUTE USD 1.8 BILLION TO THE LOCAL ORGANISING COMMITTEE” (英語) (HTML) (プレスリリース), INTERNATIONAL OLYMPIC COMMITTEE, (2017年7月31日), https://www.olympic.org/news/los-angeles-declares-candidature-for-olympic-games-2028-ioc-to-contribute-usd-1-8-billion-to-the-local-organising-committee 2017年8月1日閲覧。 
  114. ^ “ロス、28年五輪でIOCと合意…パリは24年”. Yomiuri ONLINE. 読売新聞社. (2017年8月1日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20170801-OYT1T50023.html 2017年8月1日閲覧。 
  115. ^ “近大 ボクシング部監督を解雇 女子選手にセクハラ”. スポーツニッポン. (2017年8月2日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2017/08/02/kiji/20170802s00021000221000c.html 2017年8月3日閲覧。 
  116. ^ “世界陸上ホテルで食中毒か 胃腸炎の訴え相次ぐと”. 日刊スポーツ. (2017年8月8日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1868814.html 2017年8月8日閲覧。 
  117. ^ “世界陸上 公式ホテルで胃腸炎相次ぐ 2件ノロウイルス感染”. スポーツニッポン. (2017年8月9日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/09/kiji/20170808s00056000383000c.html 2017年8月9日閲覧。 
  118. ^ “山中慎介V13ならず ネリの猛攻に4回TKO負け”. Boxing News(ボクシングニュース). ボクシングビート編集部. (2017年8月15日). http://boxingnews.jp/news/50478/ 2017年8月15日閲覧。 
  119. ^ “錦織が全米OP含む今季残り試合欠場 右手首腱裂傷”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年8月16日). https://www.nikkansports.com/sports/news/1873130.html 2017年8月16日閲覧。 
  120. ^ “女子マラソン元日本代表が万引逮捕…“恋人”との破局が原因か”. サンケイスポーツ. (2017年8月18日). http://www.sanspo.com/sports/news/20170818/ath17081805030002-n1.html 2017年8月18日閲覧。 
  121. ^ “米山、5差追いつき初V!史上最多5人プレーオフ制す/国内シニア(2/3ページ)”. サンケイスポーツ. (2017年8月21日). http://www.sanspo.com/golf/news/20170821/gld17082105030002-n2.html 2017年8月21日閲覧。 
  122. ^ “張本智和がワールドツアー史上最年少V チェコOP”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年8月27日). https://www.nikkansports.com/sports/news/1878836.html 2017年8月30日閲覧。 
  123. ^ “奥原希望が銅 相手3決棄権で日本初、単のメダル”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年8月28日). https://www.nikkansports.com/sports/news/1879017.html 2017年8月28日閲覧。 
  124. ^ “伊達公子、2度目の引退表明「再チャレンジにピリオドを打つ決断をいたしました」/テニス”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2017年8月28日). http://www.sanspo.com/sports/news/20170828/ten17082815160003-n1.html 2017年8月28日閲覧。 
  125. ^ “Олимпийская чемпионка Юлия Липницкая завершила карьеру”. 24СМИ. 24smi.org. (2017年8月28日). https://24smi.org/news/58771-olimpiiskaia-chempionka-iuliia-lipnitskaia-zaversh.html 2017年8月28日閲覧。 
  126. ^ “藍 現役ラストは9・14開幕エビアン選手権、家族サポートへ”. スポーツニッポン. (2017年8月31日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/31/kiji/20170830s00043000223000c.html 2017年8月31日閲覧。 
  127. ^ ツアー史上初の快挙 O.サタヤが現地ウェイティングから優勝”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2017年9月3日). 2017年9月3日閲覧。
  128. ^ “桐生祥秀9秒98! 100mで日本人初の9秒台出た”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年9月9日). https://www.nikkansports.com/m/sports/athletics/news/amp/1884721.html 2017年9月9日閲覧。 
  129. ^ 渡辺会長と蒲生副会長が辞任 日本ハンドボール協会”. 日刊スポーツ (2017年9月9日). 2018年3月21日閲覧。
  130. ^ “LS北見が初五輪代表 藤沢五月「幸せ者だなと」”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年9月10日). https://www.nikkansports.com/sports/news/1885666.html 2017年9月10日閲覧。 
  131. ^ “IOC makes historic decision by simultaneously awarding Olympic Games 2024 to Paris and 2028 to Los Angeles” (英語) (HTML) (プレスリリース), INTERNATIONAL OLYMPIC COMMITTEE, (2017年9月13日), https://www.olympic.org/news/ioc-makes-historic-decision-by-simultaneously-awarding-olympic-games-2024-to-paris-and-2028-to-los-angeles 2017年9月14日閲覧。 
  132. ^ “第121期選手養成訓練修了記念競走 ~ ボートレーサー養成所修了式”. 養成所公式 (養成所公式). (2017年9月22日). http://www.boatrace.jp/yamato/pc/site/news/2017/09/278/ 2017年9月22日閲覧。 
  133. ^ “表純子の鉄人記録は241試合で幕「解放感はある」”. ゴルフダイジェスト・オンライン. (2017年9月23日). http://news.golfdigest.co.jp/news/jlpga/article/70764/1/?car=top_nw_t01 2017年9月23日閲覧。 
  134. ^ “18歳畑岡奈紗がプロ初勝利! ツアー2勝目は藍超え最年少/国内女子”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2017年9月24日). http://www.sanspo.com/golf/news/20170924/jlp17092414260004-n1.html 2017年9月24日閲覧。 
  135. ^ “ニューリーダー誕生! 奈紗、樋口以来40年ぶり日本女子OP連覇/国内女子”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2017年10月2日). http://www.sanspo.com/smp/golf/news/20171002/jlp17100205050002-s.html 2017年10月2日閲覧。 
  136. ^ “内村棄権、V7ならず=白井は暫定で4位-世界体操”. 時事ドットコム. (2017年10月3日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100300292&g=spo 2017年10月3日閲覧。 
  137. ^ “尾崎将司エージシュートも予選落ち 宮里優作が首位”. 日刊スポーツ. (2017年10月6日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/201710060000629.html 2017年10月6日閲覧。 
  138. ^ 宮里優作史上初ノーボギー完全V!妹藍さん連日激励”. 日刊スポーツ (2017年10月9日). 2017年10月9日閲覧。
  139. ^ 箱根駅伝予選会 帝京大、中大などが本大会切符 日大、明大ら伝統校が涙”. スポーツニッポン (2017年10月14日). 2017年10月15日閲覧。
  140. ^ “内山を引退へ追い込んだコラレスが王座剥奪 なんと1.8キロオーバー”. スポーツニッポン. (2017年10月21日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2017/10/21/kiji/20171021s00021000096000c.html 2017年10月21日閲覧。 
  141. ^ ダウン応酬 マチャドがコラレスに逆転KOで新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月22日
  142. ^ 史上初…男女ツアーが2週連続で最終日中止 台風22号で大雨”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2017年10月29日). 2017年10月29日閲覧。
  143. ^ “女子団体追い抜き世界新V 高木美帆「すごい記録」”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年11月11日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201711110000039.html 2017年11月11日閲覧。 
  144. ^ V争いにハプニング発生!ランナーがコースから逸脱”. 日刊スポーツ (2017年11月12日). 2017年11月13日閲覧。
  145. ^ a b さいたま国際 女子優勝のダニエルら距離不足で参考記録扱い”. スポーツニッポン (2017年12月12日). 2017年12月12日閲覧。
  146. ^ 世界戦最速11秒KO! 王者が開始6秒右フック!”. スポーツニッポン (2017年11月20日). 2017年11月20日閲覧。
  147. ^ レスリング男子代表選手が頸椎損傷 協会が公表せず”. スポーツニッポン (2017年11月22日). 2017年11月22日閲覧。
  148. ^ 第52回テレビ朝日ビッグスポーツ賞 受賞者 テレビ朝日、2017年11月22日 (PDF)
  149. ^ “フィギュアの羽生らにビッグスポーツ賞”. 時事通信. 時事通信社. (2017年11月21日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112100818&g=spo 2017年11月22日閲覧。 
  150. ^ まさかの結末…大橋健典 日本フェザー級新王者に!坂にKO勝ち”. スポーツニッポン (2017年12月1日). 2017年12月2日閲覧。
  151. ^ 藤岡奈穂子、世界最多タイ5階級制覇「ホッとした」 日刊スポーツ 2017年12月1日
  152. ^ a b “IOC SUSPENDS RUSSIAN NOC AND CREATES A PATH FOR CLEAN INDIVIDUAL ATHLETES TO COMPETE IN PYEONGCHANG 2018 UNDER THE OLYMPIC FLAG” (英語) (HTML) (プレスリリース), 国際オリンピック委員会, (2017年12月5日), https://www.olympic.org/news/ioc-suspends-russian-noc-and-creates-a-path-for-clean-individual-athletes-to-compete-in-pyeongchang-2018-under-the-olympic-flag 2017年12月6日閲覧。 
  153. ^ a b “ロシア選手団の平昌五輪派遣は禁止 IOC処分決定”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年12月6日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201712060000035.html 2017年12月6日閲覧。 
  154. ^ 遼 日本ツアー復帰へ、来年4月から「全試合出て結果を出す」”. スポーツニッポン (2017年12月6日). 2017年12月6日閲覧。
  155. ^ ○○○○○、有罪判決で会員資格を2年6カ月停止処分へ/国内男子”. サンケイスポーツ (2017年12月6日). 2017年12月6日閲覧。 ※安全側に倒してプロゴルファーの実名は秘匿化しています。
  156. ^ “ゴルフのスコア改ざんで10年間ツアー出場停止 20歳の斉藤拳汰”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2017年12月6日). https://www.daily.co.jp/golf/2017/12/06/0010794493.shtml 2017年12月6日閲覧。 
  157. ^ “スコア改ざんの斉藤拳汰、10年間の出場停止…若さと反省を考慮し除名せず/国内男子”. サンケイスポーツ. (2017年12月7日). http://www.sanspo.com/golf/news/20171207/jgt17120705010002-n1.html 2017年12月7日閲覧。 
  158. ^ 尾川堅一が新王者 36年ぶり米国での王座奪取 日刊スポーツ 2017年12月10日
  159. ^ ツアー20勝プロゴルファーの○○○容疑者、ひき逃げで逮捕…大学生が軽傷”. サンケイスポーツ (2017年12月11日). 2017年12月11日閲覧。 ※これについても安全側に倒してプロゴルファーの実名は秘匿化しています。
  160. ^ 東京マラソン、2019年から「3月第1日曜」開催に変更 天皇誕生日が2月23日になること受け”. サンケイスポーツ (2017年12月12日). 2017年12月12日閲覧。
  161. ^ ロンドン五輪女子マラソン代表、重友引退へ 今年の世陸も出場”. スポーツニッポン (2017年12月20日). 2017年12月20日閲覧。
  162. ^ “宮原知子 逆転! 涙の全日本4連覇で五輪初切符 今季自己最高220.39点”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年12月23日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/12/23/kiji/20171223s00079000209000c.html 2017年12月23日閲覧。 
  163. ^ 井岡一翔が引退表明、15年に世界最速3階級制覇 日刊スポーツ 2017年12月31日
  164. ^ 富士通が2度目V、関学大は雪辱ならず アメフット 日刊スポーツ 2017年1月3日配信 同日閲覧
  165. ^ 日大 27年ぶり大学日本一 甲子園ボウルで関学撃破 スポーツニッポン 2017年12月17日配信 同日閲覧
  166. ^ 富士通が最多得点&得失点差V 日大と日本選手権 日刊スポーツ 2017年12月18日配信 2017年12月19日閲覧
  167. ^ Auto race2017年3月22日掲載・10月13日閲覧
  168. ^ Auto race2017年5月3日掲載・10月13日閲覧
  169. ^ Auto race2017年8月15日掲載・10月13日閲覧
  170. ^ Auto race2017年9月21日掲載・10月13日閲覧
  171. ^ [1]2017年11月5日掲載・11月5日閲覧
  172. ^ [2]2017年12月31日掲載・12月31日閲覧
  173. ^ “カーリング男子、軽井沢ク優勝…女子は中部電V”. 読売新聞. (2017年2月5日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00050064-yom-spo 
  174. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2017年3月20日掲載・閲覧
  175. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2017年4月16日掲載・閲覧
  176. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2017年5月29日掲載・閲覧
  177. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2017年6月25日掲載・閲覧
  178. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2017年7月17日掲載・閲覧
  179. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2017年8月6日掲載・閲覧
  180. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2017年8月27日掲載・閲覧
  181. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2017年9月24日掲載・閲覧
  182. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2017年10月29日掲載・閲覧
  183. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2017年11月26日掲載・閲覧
  184. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2017年11月67日掲載・閲覧
  185. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2017年12月24日掲載・閲覧
  186. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE2017年12月24日掲載・閲覧
  187. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2017年12月31日掲載・閲覧
  188. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE 2017年12月31日掲載・閲覧
  189. ^ “ガルシア、19度目挑戦での初優勝「どれほど長く」”. 日刊スポーツ. (2017年4月11日). http://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1805764.html 2017年4月11日閲覧。 
  190. ^ “松山11位 意地の7バーディー 18年出場確定”. 日刊スポーツ. (2017年4月10日). http://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1805351.html 2017年4月11日閲覧。 
  191. ^ a b “松山英樹がメジャー自己最高2位 ケプカ逆転優勝”. ゴルフダイジェスト・オンライン. (2017年6月19日). http://news.golfdigest.co.jp/pga/5568/article/69071/5/?car=top_nw_t02 2017年6月19日閲覧。 
  192. ^ a b “スピースが全英OP初優勝、メジャータイトル3つ目”. 日刊スポーツ. (2017年7月24日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1860665.html 2017年7月24日閲覧。 
  193. ^ “松山-2優勝争い絡めず、メジャー制覇は全米プロへ”. 日刊スポーツ. (2017年7月24日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1860663.html 2017年7月24日閲覧。 
  194. ^ a b c “松山 メジャー初制覇ならず悔し涙 一時は首位も…後半3連続ボギーで5位”. スポーツニッポン. (2017年8月14日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/14/kiji/20170814s00043000080000c.html 2017年8月14日閲覧。 
  195. ^ “ユ・ソヨン「負けられない」完全アウェーでつかんだメジャー2勝目”. ゴルフダイジェスト・オンライン. (2017年4月3日). http://news.golfdigest.co.jp/news/lpga/article/67988/1/ 2017年4月7日閲覧。 
  196. ^ “柳簫然がメジャー2勝目 トンプソンとのPO制す”. スポーツニッポン. (2017年4月3日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/03/kiji/20170403s00043000117000c.html 2017年4月7日閲覧。 
  197. ^ “カンがメジャー初優勝、宮里藍、野村敏京は36位”. 日刊スポーツ. (2017年7月3日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1849427.html 2017年7月3日閲覧。 
  198. ^ 藍、2兆円改修『トランプ大統領コース』に挑む「米ツアーの集大成」/米女子”. サンケイスポーツ (2017年7月12日). 2017年7月12日閲覧。
  199. ^ a b パク・ソンヒョンがメジャー初V 宮里藍は41位”. 日刊スポーツ (2017年7月17日). 2017年7月17日閲覧。
  200. ^ a b キム・インキョンがメジャー初優勝 鈴木愛14位で次回出場権”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2017年8月7日). 2017年8月7日閲覧。
  201. ^ ノードクイスト、大雨のPO制しメジャー通算2勝目”. 日刊スポーツ (2017年9月18日). 2017年9月18日閲覧。
  202. ^ 宮里藍 最後の戦いは32位 ノルドクビストがメジャー2勝目”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2017年9月18日). 2017年9月18日閲覧。
  203. ^ 暴風雨で初日キャンセル、54ホール競技へ短縮 宮里藍のスコアも無効に”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2017年9月14日). 2017年9月19日閲覧。
  204. ^ TOUR 2017 賞金ランキング(海外メジャー含む)”. 日本ゴルフツアー機構 (2017年12月3日). 2017年12月3日閲覧。
  205. ^ a b “宮里優作が逆転で初賞金王!現職選手会長として初”. 日刊スポーツ. (2017年12月3日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/201712030000407.html 2017年12月3日閲覧。 
  206. ^ “宮里優作が2戦連続V 故郷に錦 ツアー通算5勝目”. 日刊スポーツ. (2017年5月14日). http://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1823346.html 2017年5月14日閲覧。 
  207. ^ a b “小平智は日本人トップ3位、谷原18位 男子ゴルフ”. 日刊スポーツ. (2017年6月4日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1834940.html 2017年6月4日閲覧。 
  208. ^ “池田勇太 逃げ切って2度目の優勝 日本オープン”. スポニチ. (2017年10月15日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/10/15/kiji/20171015s00043000218000c.html 2017年10月15日閲覧。 
  209. ^ 2017年 年間獲得賞金(2017年11月26日現在)”. 日本女子プロゴルフ協会 (2017年11月26日). 2017年11月26日閲覧。
  210. ^ a b c “鈴木愛が初の賞金女王 日本人4年ぶり”. ゴルフダイジェスト・オンライン. (2017年11月26日). https://news.golfdigest.co.jp/jlpga/5755/article/71763/5/ 2017年11月26日閲覧。 
  211. ^ “キム・ハヌル2週連続V、高真英ら2位 女子ゴルフ”. 日刊スポーツ. (2017年5月7日). http://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1819621.html 2017年5月7日閲覧。 
  212. ^ “キム・ハヌルが2週連続Vでメジャー2連勝を果たす”. ゴルフダイジェスト・オンライン (ゴルフダイジェスト社). (2017年5月7日). http://news.golfdigest.co.jp/jlpga/5782/article/68472/5/?car=contentTextRelated 2017年5月7日閲覧。 
  213. ^ a b “38歳の李知姫が国内女子メジャー2勝目 2打差で逃げ切り”. ゴルフダイジェスト・オンライン. (2017年9月10日). http://news.golfdigest.co.jp/jlpga/5765/article/70475/5/?car=top_nw_t01 2017年9月10日閲覧。 
  214. ^ “畑岡奈紗、樋口久子以来40年ぶり大会連覇”. 日刊スポーツ. (2017年10月1日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/201710010000513.html 2017年10月1日閲覧。 
  215. ^ “朝比奈沙羅が初Vで世界切符 目標は「東京五輪金と医師」”. デイリースポーツ. (2017年4月16日). https://www.daily.co.jp/general/2017/04/16/0010103035.shtml 2017年4月16日閲覧。 
  216. ^ “王子谷が3度目頂点 全日本柔道、12年ぶり連覇”. スポニチ Sponichi Annex. (2017年4月29日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/29/kiji/20170429s00006000262000c.html 2017年4月29日閲覧。 
  217. ^ “ラスト鉄棒で大逆転!内村、プロ初戦で個人総合V10/体操”. SANSPO.COM. (2017年4月9日). http://www.sanspo.com/sports/news/20170410/gym17041005040004-n1.html 2017年4月10日閲覧。 
  218. ^ “村上、1種目目で勝利確信「いい演技ができたので」/体操  ”. SANSPO.COM. (2017年4月9日). http://www.sanspo.com/sports/news/20170409/gym17040921370008-n1.html 2017年4月10日閲覧。 
  219. ^ “内村、V9&個人総合40連勝!最終種目の鉄棒で白井を逆転/体操”. SANSPO.COM. (2017年5月21日). http://www.sanspo.com/sports/news/20170521/gym17052115520002-n1.html 2017年5月21日閲覧。 
  220. ^ “全日本2連覇の村上茉愛、NHK杯で初V!2位杉原と世界体操代表”. SANSPO.COM. (2017年5月20日). http://www.sanspo.com/sports/news/20170520/gym17052017500002-n1.html 2017年5月20日閲覧。 
  221. ^ 水谷隼が史上最多9度目の優勝 大会4連覇【卓球・全日本選手権】 テレビ東京スポーツ 2017年1月22日
  222. ^ 平野美宇、王者・石川倒して、史上最年少V「絶対優勝しようと思った」 デイリースポーツ 2017年1月22日
  223. ^ 丹羽、酒井組が初優勝=水谷、石川ら4強<全日本卓球> 時事通信 2017年1月21日
  224. ^ 男子ダブルス 丹羽・酒井、女子ダブルスは平田・永尾が初優勝! テレビ東京スポーツ 2017年1月21日
  225. ^ 【全日本】混合ダブルス田添/前田が2連覇、3度目のV 卓球の総合メーカーNittaku(ニッタク) 日本卓球 2017年1月19日
  226. ^ “フェデラーがナダルとのライバル対決を制し、18度目のグランドスラム制覇 [全豪オープン”]. THE TENNIS DAILY. (2017年1月29日). http://www.thetennisdaily.jp/news_detail.asp?idx=121690&page=1&code_s= 
  227. ^ “Vセリーナ 姉ヴィーナスへ感謝「ありがとう」 最多23勝目と女王返り咲き<女子テニス>”. tennis365.net. (2017年1月28日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00010008-tennisnet-spo 
  228. ^ “地元メルボルン出身のピアースがコンティネンとのダブルスでグランドスラム初優勝 [全豪オープン”]. THE TENNIS DAILY. (2017年1月28日). http://www.thetennisdaily.jp/news_detail.asp?idx=121660&page=1&code_s= 
  229. ^ “マテック サンズとサファロバが2度目の女子ダブルス・タイトル獲得 [全豪オープン”]. THE TENNIS DAILY. (2017年1月28日). http://www.thetennisdaily.jp/news_detail.asp?idx=121634&page=2&code_s= 
  230. ^ “スピアーズとカバルがミックスダブルスでグランドスラム初優勝 [全豪オープン”]. THE TENNIS DAILY. (2017年1月29日). http://www.thetennisdaily.jp/news_detail.asp?idx=121682&page=1&code_s= 
  231. ^ “ナダル 全仏OP3年ぶり史上最多10度目V、前人未到の偉業達成<男子テニス>”. tennis365.net. (2017年6月12日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00010000-tennisnet-spo 
  232. ^ “オスタペンコがグランドスラムでツアー初優勝 [全仏テニス”]. THE TENNIS DAILY. (2017年6月11日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00010016-tennisd-spo 
  233. ^ “ハリソン/ヴィーナス組 四大大会初V、今季2勝目飾る<男子テニス>”]. tennis365.net. (2017年6月11日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00010004-tennisnet-spo 
  234. ^ “マテック サンズ/サファロバがグランドスラム3大会連続V [全仏テニス”]. THE TENNIS DAILY. (2017年6月11日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00010019-tennisd-spo 
  235. ^ “ダブロウスキーとボパンナが混合複でグランドスラム初優勝 [全仏テニス”]. THE TENNIS DAILY. (2017年6月8日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00010014-tennisd-spo 
  236. ^ “【ウィンブルドン】フェデラー、史上最年長35歳で史上最多8度目優勝”. スポーツ報知. (2017年7月17日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170716-00000220-sph-spo 
  237. ^ “<ウィンブルドン>ムグルサが初優勝 ビーナス降す”. 毎日新聞. (2017年7月15日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00000127-mai-spo 
  238. ^ “クボット組が初優勝 ウィンブルドン男子ダブルス”. 日本経済新聞. (2017年7月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK00316_W7A710C1000000/ 
  239. ^ “マカロワ/ベスニナ組、Wベーグルでウィンブルドン女子複優勝”. AFP=時事. (2017年7月16日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170716-00000015-jij_afp-spo 
  240. ^ “ヒンギス/マレー兄組がウィンブルドン混合複を制覇”. AFP=時事. (2017年7月17日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00000011-jij_afp-spo 
  241. ^ “31歳ナダル「特別な意味ある」全米V、四大大会16勝目<男子テニス> ”. tennis365.net. (2017年9月11日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00010009-tennisnet-spo 
  242. ^ “テニス=スティーブンスが初優勝、全米オープン女子(ロイター)”. ロイター. (2017年9月10日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00000003-reut-spo 
  243. ^ “ロジェ/テカウが男子ダブルス初優勝[全米オープン”]. THE TENNIS DAILY. (2017年9月9日). https://www.thetennisdaily.jp/news/contents/overseas/grandslam/us/20170909_0026659.php 
  244. ^ “女子ダブルス決勝、ユンジャン/ヒンギスが全米初優勝[全米オープン”]. THE TENNIS DAILY. (2017年9月11日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000002-tennisd-spo 
  245. ^ “テニス=ヒンギス組が優勝、全米オープン混合ダブルス”. ロイター. (2017年9月10日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00000004-reut-spo 
  246. ^ 福原辰弥「みんなのおかげ」故郷熊本に贈る暫定王者 日刊スポーツ 2017年2月26日
  247. ^ 大平は5回TKO負け WBA世界ミニマム級 鬼門タイでまたしても… スポニチアネックス 2017年3月1日
  248. ^ 山中慎介 圧巻7回TKOで12連続防衛 具志堅の日本記録にあと1 スポニチアネックス 2017年3月2日
  249. ^ 柴田6度目の防衛ならず ガルシアに判定0-3完敗 スポニチアネックス 2017年3月6日
  250. ^ 藤岡、10回TKOで日本選手初の4階級制覇「どうしても勝ちたかった」 スポニチアネックス 2017年3月13日
  251. ^ ロマゴン、まさかの初黒星で防衛失敗!井上尚弥も「言葉見つからない」 スポニチアネックス 2017年3月19日
  252. ^ リナレス判定で初防衛「いま、最高の瞬間です」 日刊スポーツ 2017年3月26日
  253. ^ 久保が11回TKOで新王者に WBAスーパーバンタム級 スポニチアネックス 2017年4月9日
  254. ^ 三好喜美佳が韓国で判定負け、2度目の挑戦も実らず Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月15日
  255. ^ タパレス 王座剥奪もTKO勝ち 余力あり? 「大森はパワーや動きが成長した」 スポニチアネックス 2017年4月23日
  256. ^ 井岡 判定で5度目の防衛に成功 具志堅氏に並ぶ世界戦14勝 スポニチアネックス 2017年4月23日
  257. ^ 38歳好川、初防衛成らず WBO女子フライ級 スポニチアネックス 2017年4月29日
  258. ^ 世界初挑戦の村中優、敵地で判定負け「これが世界チャンピオンか」 スポニチアネックス 2017年5月14日
  259. ^ 41歳の江畑佳代子 6度目挑戦で悲願の世界王座「やっと夢がかないました」 スポニチアネックス 2017年5月19日
  260. ^ 田中恒成、初防衛成功!死闘12回判定勝ち、最強挑戦者との無敗対決制す スポニチアネックス 2017年5月20日
  261. ^ “拳四朗10連勝で新王者に!ライトフライ級史上初日本人が王座独占”. スポニチアネックス. (2017年5月20日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2017/05/20/kiji/20170520s00021000280000c.html 2017年5月20日閲覧。 
  262. ^ 比嘉大吾 6回TKO勝ちで新王者に 具志堅氏ジムから初の世界王者誕生 スポニチアネックス 2017年5月20日
  263. ^ 村田1-2判定負け、関連ワードがSNS検索上位独占「村田」「エンダム」「手数」 スポニチアネックス 2017年5月20日
  264. ^ 八重樫 1回TKO負けで王座陥落 暫定王者メリンド「こんなに序盤で終わるとは」 スポニチアネックス 2017年5月21日
  265. ^ 尚弥 圧巻!3連続KO勝利でV5!米国進出視野「次はビッグな試合」 スポニチアネックス 2017年5月21日
  266. ^ “帝里木下、7回TKO負けで世界奪取ならず 右目付近から流血…”. スポニチアネックス. (2017年7月2日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2017/07/02/kiji/20170702s00021000158000c.html 2017年7月4日閲覧。 
  267. ^ ぬきてるみ0-3の判定負けで王座奪取ならず 日刊スポーツ 2017年7月9日
  268. ^ 王者・池山 採点で引き分け6度目の防衛に成功 スポニチアネックス 2017年7月11日
  269. ^ 三浦隆司、王座奪回ならず ベルチェルトに判定負け 日刊スポーツ 2017年7月16日
  270. ^ 田口良一V6「勝てば自信に」田中恒成と統一戦希望 日刊スポーツ 2017年7月23日
  271. ^ 京口、最速で世界王者に 田口はTKOで6度目防衛 日刊スポーツ 2017年7月24日
  272. ^ 木村翔がゾウを11回TKO! WBOフライ級王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月28日
  273. ^ タオル投入早すぎる!山中 涙の陥落…4回TKOでV13夢 スポニチアネックス2017年8月16日
  274. ^ 亀海 元4階級王者コットに大差判定負けも…本場沸かせた! スポニチアネックス 2017年8月28日
  275. ^ 福原 地元での王座陥落に茫然自失「何も考えられない」 スポニチアネックス2017年8月28日
  276. ^ 久保隼が初防衛に失敗 9回TKOでプロ初黒星 日刊スポーツ 2017年9月3日
  277. ^ 井上尚弥V6!米デビュー戦で衝撃の6回終了TKO勝利 スポニチアネックス 2017年9月10日
  278. ^ ロマゴン プロ初TKO負け シーサケットに惨敗、雪辱ならず スポニチアネックス 2017年9月11日
  279. ^ 田中恒成が9回TKOでV2 初回のダウンから逆転勝ち スポーツ報知 2017年9月13日
  280. ^ 岩佐亮佑、ライバル小国を破り新王者!6回TKOで日本人対決制す スポーツ報知 2017年9月13日
  281. ^ セルバニアは判定負け 北陸ジムから初の世界王者誕生ならず スポニチアネックス 2017年9月24日
  282. ^ リナレスV2 肋骨骨折もロンドン五輪金メダリスト撃破 スポニチアネックス 2017年9月25日
  283. ^ 拳四朗、初防衛に成功!ゲバラに判定2-0 スポーツ報知 2017年10月22日
  284. ^ 比嘉、TKOで初防衛成功!デビュー戦から14連続KO勝ち サンケイスポーツ 2017年10月22日
  285. ^ 村田諒太、エンダムにリベンジし日本人2人目のミドル級世界王者 7回TKO スポーツ報知 2017年10月22日
  286. ^ 石田匠は敵地カーディフで判定負け 井岡ジム3人目の世界王者誕生ならず デイリースポーツ 2017年10月29日
  287. ^ 近藤、0-3で判定負け IBF王座決定戦 サンケイスポーツ 2017年11月5日
  288. ^ 福原辰弥 11月タイで世界再挑戦「最後のチャンス」 デイリースポーツ 2017年10月14日
  289. ^ 藤岡奈穂子 判定勝ち 女子世界最多タイとなる5階級制覇を達成「難しいと思っていた うれしい」 スポニチアネックス 2017年12月1日
  290. ^ 新王者誕生!尾川堅一、判定勝ちに雄叫び 米国での日本人の王座奪取は36年ぶり スポニチアネックス 2017年12月10日
  291. ^ 拳四朗 4回TKO勝ちでV2 ペドロサを撃破「北斗百裂拳です」 スポニチアネックス 2017年12月30日
  292. ^ 井上尚弥 圧巻!3回TKO勝ちでV7 国内歴代2位タイ世界戦9度目KO スポニチアネックス 2017年12月30日
  293. ^ 京口 8回TKO勝ちで初防衛!師匠・辰吉直伝の強烈左ボディーさく裂 スポニチアネックス 2017年12月31日
  294. ^ 木村翔 9回TKO勝ちでV1 元世界王者・五十嵐を撃破 スポニチアネックス 2017年12月31日
  295. ^ 田口良一 3-0判定勝ちで2団体統一王者に!国内史上3人目 スポニチアネックス 2017年12月31日
  296. ^ ハミルトンが総合V メキシコGP決勝”. スポーツニッポン (2017年10月30日). 2017年10月30日閲覧。
  297. ^ ハミルトン、今季9勝目 メルセデス製造者部門4連覇”. スポーツニッポン (2017年10月23日). 2017年10月30日閲覧。
  298. ^ 【順位結果】F1第16戦日本GP決勝”. オートスポーツweb (2017年10月8日). 2017年10月8日閲覧。
  299. ^ 北海道新聞 2017年10月9日朝刊14版 24面(スポーツ面)にて確認、2017年10月9日閲覧
  300. ^ a b c d 【順位結果】2017ル・マン24時間 決勝総合結果”. オートスポーツweb (2017年6月18日). 2017年6月19日閲覧。
  301. ^ サントリーが2冠達成、パナに競り勝ち7度目V ラグビー日本選手権 スポーツニッポン 2017年1月29日配信 同日閲覧
  302. ^ サントリー 史上最大のV字回復V!15戦全勝で4季ぶり4度目 スポーツニッポン 2017年1月15日配信 同日閲覧
  303. ^ 東福岡、2大会ぶり6度目V 東海大仰星の連覇阻み「高校3冠」達成 スポーツニッポン 2017年1月7日配信 同日閲覧
  304. ^ 帝京大8連覇、東海大に逆転勝ち 14点差跳ね返す 全国大学ラグビー スポーツニッポン 2017年1月9日配信 同日閲覧
  305. ^ キプサング圧倒 国内歴代最速V 2時間3分58秒 スポーツニッポン 2017年2月27日配信 2017年2月27日閲覧
  306. ^ 24歳井上、日本人トップ8位 平成生まれ初の2時間8分台 スポーツニッポン 2017年2月27日配信 2017年2月27日閲覧
  307. ^ a b 女子も野口みずきマークの国内最高記録破られる/マラソン サンケイスポーツ 2017年2月26日配信 2017年2月27日閲覧
  308. ^ 34歳・中本、悲願のマラソン初優勝!別大毎日マラソン スポーツニッポン 2017年2月5日配信 2017年2月5日閲覧
  309. ^ 佐々木悟、日本人トップ4位/びわ湖マラソン詳細 日刊スポーツ 2017年3月5日閲覧
  310. ^ a b 大迫、日本勢最高3位!日本歴代5位の好記録 上門&竹ノ内とGC出場権獲得 スポーツニッポン 2017年12月3日閲覧
  311. ^ 重友梨佐が5年ぶりV/大阪国際女子マラソン詳細 日刊スポーツ 2017年1月29日配信 同日閲覧
  312. ^ a b 岩出、東京五輪代表選考会出場権逃す 日本勢最高5位も2時間29分切れず/マラソン サンケイスポーツ 2017年11月12日配信 同日閲覧
  313. ^ 佐久長聖が9年ぶり2度目V 全国高校男子駅伝詳細 日刊スポーツ 2017年12月24日配信 同日閲覧
  314. ^ 仙台育英23年ぶり3度目V 全国高校女子駅伝詳細 日刊スポーツ 2017年12月24日配信 同日閲覧
  315. ^ 旭化成が18年ぶりV/ニューイヤー駅伝詳細 日刊スポーツ 2017年1月1日配信 同日閲覧
  316. ^ a b c 青学大、圧勝で3連覇/箱根駅伝復路詳細 日刊スポーツ 2017年1月3日配信 同日閲覧
  317. ^ 長野が3年ぶり7度目V/都道府県対抗男子駅伝詳細 日刊スポーツ 2017年1月22日配信 同日閲覧
  318. ^ 東海大が10年ぶり制覇 青学大2位/出雲駅伝詳細 日刊スポーツ 2017年10月9日配信 同日閲覧
  319. ^ 神奈川大20年ぶりV エース鈴木健吾で逆転/詳細 日刊スポーツ 2017年11月5日配信 同日閲覧
  320. ^ 名城大、12年ぶり優勝 全日本大学女子駅伝 サンケイスポーツ 2017年10月29日閲覧
  321. ^ 女子駅伝でドーピング違反、ユニバーサルの優勝取り消し 昨年の全日本実業団 - サンケイスポーツ、2018年7月19日配信、同日閲覧
  322. ^ お知らせ:「第37回全日本実業団女子駅伝競走大会」成績訂正について - 一般社団法人日本実業団陸上競技連合、2018年7月19日発表、同日閲覧
  323. ^ ドーピング違反、ユニバーサル優勝取り消し - 毎日新聞、2018年7月19日配信、同日閲覧
  324. ^ 立命大V5!佐藤、13位から一気トップで快勝導いた/富士山女子駅伝 サンケイスポーツ 2017年12月31日配信 同日閲覧
  325. ^ “DÉCÈS DE L'ANCIEN CHAMPION OLYMPIQUE DE SKI JEAN VUARNET”. フィガロ. Le Figaro. (2017年1月2日). http://sport24.lefigaro.fr/sports-d-hiver/actualites/deces-de-l-ancien-champion-olympique-de-ski-jean-vuarnet-839711 2017年1月3日閲覧。 
  326. ^ 元阪急のスペンサー氏が死去、「野球博士」の異名 日刊スポーツ 2017年1月3日掲載 2017年1月4日閲覧
  327. ^ 加茂公成氏死去、84歳 全米選手権ダブルス覇者 日刊スポーツ 2017年1月12日配信 同日閲覧
  328. ^ ボクシング・ビート』(フィットネススポーツ社)2017年3月号91頁参照
  329. ^ 元バスケ男子日本代表監督 小浜元孝氏が死去 84歳 スポーツニッポン 2017年1月12日配信 2017年1月13日閲覧
  330. ^ 「スーパーフライ」「飛獣」ジミー・スヌーカ氏が死去 WWE殿堂 スポーツニッポン 2017年1月16日配信 同日閲覧
  331. ^ 木之本興三さん死去 川淵氏らとJリーグ創設立役者 日刊スポーツ 2017年1月17日配信 同日閲覧
  332. ^ “Willy Quatuor ist mit 79 Jahren verstorben”. RUHR NACHRICHTEN. Medienhaus Lensing. (2017年1月28日). https://www.ruhrnachrichten.de/Lokalsport/Dortmund/Willy-Quatuor-ist-mit-79-Jahren-verstorben-53741.html 2018年1月16日閲覧。 
  333. ^ カルロス・アルベルト氏死去=サッカーブラジル代表、読売ク指揮 時事通信 2017年1月21日
  334. ^ a b ベンチュラが自動車事故で死去…25歳、ロイヤルズ右腕 スポーツ報知 2017年1月23日
  335. ^ 船橋競馬の柿本政男調教師が死去 59歳 - 日刊スポーツ、2017年1月30日配信、2017年1月31日閲覧
  336. ^ 間垣親方 悪性リンパ腫のため死去 37歳 スポーツニッポン 2017年1月31日配信 同日閲覧
  337. ^ 岡野俊一郎さん死去、85歳 日本サッカー協会元会長、日韓W杯成功導く スポーツニッポン 2017年2月3日配信 2017年2月3日閲覧
  338. ^ 元ノア泉田純さん51歳死去、詐欺事件で巨額被害も 日刊スポーツ 2017年2月8日配信 2017年2月8日閲覧
  339. ^ 山中毅氏が死去 五輪競泳で銀メダル四つ スポーツニッポン、2017年2月14日配信 2017年2月14日閲覧
  340. ^ タイガースのオーナーが死去 ピザのチェーン店の創立者 スポーツニッポン 2017年2月11日掲載 2017年2月22日閲覧
  341. ^ 元セルティックスのファブ・メロが死去、26歳の若さで 写真1枚 国際ニュース”. フランス通信社 (2017年2月13日). 2017年3月20日閲覧。
  342. ^ 元新体操日本代表コーチ・岡久留実さんが死去、55歳 サンケイスポーツ、2017年2月13日配信 2017年2月14日閲覧
  343. ^ 元「オールブラックス」シオネ・ラウアキ氏死去 35歳 スポーツニッポン 2017年2月12日配信 2017年2月12日閲覧
  344. ^ 米で活躍のプロレスラー、チャボ・ゲレロさん死去…68歳 スポーツニッポン 2017年2月12日配信 2017年2月12日閲覧
  345. ^ 元女子サッカー選手の田村奈津枝さんが交通事故死 日刊スポーツ 2017年2月14日配信 2017年2月20日閲覧
  346. ^ 旧ソ連の陸上女王オリザレンコ氏が死去、63歳 日刊スポーツ 2017年2月20日閲覧
  347. ^ 藤池昇龍さんが死去…'03日本プロシニアVなど サンケイスポーツ 2017年2月21日閲覧
  348. ^ 元大洋 プロ野球からプロゴルフ 藤池昇龍氏が死去 日刊スポーツ 2017年2月20日配信 2017年2月23日閲覧
  349. ^ サッカー元日本代表・桑原楽之氏、死去 68年メキシコ五輪出場 スポーツニッポン 2017年3月2日閲覧
  350. ^ フランス代表の名司令塔レーモン・コパ氏死去 日刊スポーツ 2017年3月3日掲載 2017年3月7日閲覧
  351. ^ Former professional wrestler ‘Cowboy’ Ron Bass dies at TGH”. WFLA News Channel 8 (March 8, 2017). 2017年3月9日閲覧。
  352. ^ 宮部行範さん死去 スピードスケート・アルベールビル五輪銅 スポーツニッポン 2017年3月9日閲覧
  353. ^ ルー・デュバ氏死去 ホリフィールド、ウィテカーら育てた名トレーナー スポーツニッポン 2017年3月9日閲覧
  354. ^ 耐久レース王者が事故死=オートバイ 時事通信、2017年3月10日配信、2017年3月11日閲覧
  355. ^ 【訃報】第1期ホンダF1でも1勝のジョン・サーティース逝く・・・2輪と4輪で優勝した唯一の男の死去にF1界からも嘆きの声 TopNews 2017年3月11日閲覧
  356. ^ 試合前にピッチ上で倒れた元パラグアイ代表監督が死去。06年W杯で指揮”. フットボールチャンネル (2017年3月11日). 2017年3月20日閲覧。
  357. ^ 元春日富士の岩永祥紀氏が死去、51歳…名跡訴訟和解したばかり スポーツニッポン 2017年3月11日閲覧
  358. ^ “村岡博人氏 元共同通信社会部次長、元サッカー日本代表”. 東京新聞. 中日新聞社. (2017年3月16日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/obituaries/CK2017031602000205.html 2017年3月17日閲覧。 
  359. ^ 70代でマラソン「サブ3」のカナダの男性死去 日刊スポーツ 2017年3月14日掲載、2017年3月15日閲覧
  360. ^ “Karl Stotz verstorben”. ORF. オーストリア放送協会. (2017年4月4日). http://wien.orf.at/news/stories/2835103/ 2017年4月6日閲覧。 
  361. ^ “プロ通算26勝の西三雄さんが逝去 西武が発表”. デイリースポーツ. (2017年4月6日). https://www.daily.co.jp/baseball/2017/04/06/0010072182.shtml 2017年4月6日閲覧。 
  362. ^ “Hasta siempre, Fishman”. LA PRENSA. LA PRENSA. (2017年4月11日). https://www.la-prensa.com.mx/deportes/168461-hasta-siempre-fishman 2017年4月11日閲覧。 
  363. ^ Larry Sharpe passes away at 66 years old”. Wrestling Observer (2017年4月10日). 2017年4月11日閲覧。
  364. ^ “Germaine Mason, Olympic medal-winning athlete, killed in crash in Jamaica”. CBS NEWS. CBS Interactive Inc. (2017年4月20日). http://www.cbsnews.com/news/germaine-mason-olympic-medal-winning-athlete-killed-in-crash-in-jamaica/ 2017年4月21日閲覧。 
  365. ^ “北京五輪走り高跳び銀ジャーメイン・メイソン事故死”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年4月21日). http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1810894.html 2017年4月21日閲覧。 
  366. ^ 元イングランド代表DFが44歳の若さで急死…練習場で心臓発作”. Goal.com (2017年4月21日). 2017年4月21日閲覧。
  367. ^ 【追悼コラム】スカルポーニを悲劇が襲う。夢半ばで、突然の別れ(宮本あさか)”. J SPORTS・サイクルロードレース特集ページ (2017年4月27日). 2017年4月29日閲覧。
  368. ^ “「極悪レフェリー」阿部四郎さん死去 クラッシュギャルズ苦しめる”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2017年4月25日). https://www.daily.co.jp/ring/2017/04/25/0010128654.shtml 2017年4月25日閲覧。 
  369. ^ “第50代横綱・佐田の山が死去 79歳”. スポーツニッポン. (2017年5月1日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/05/01/kiji/20170501s00005000163000c.html 2017年5月1日閲覧。 
  370. ^ “元NHKアナ・土門正夫さん死去 東京五輪閉会式やバレーボール実況”. スポーツニッポン. (2017年5月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/04/kiji/20170504s00041000284000c.html 2017年5月5日閲覧。 
  371. ^ “大相撲の元三役格行司の木村玉光さん、12日に死去”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年5月18日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1825138.html 2017年5月18日閲覧。 
  372. ^ “元AWA世界タッグ王者 ダグ・サマーズ氏死去 65歳”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年5月18日). http://www.nikkansports.com/battle/news/1825268.html 2017年5月18日閲覧。 
  373. ^ “小栗祐治氏死去 カーリング普及に尽力”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年5月28日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/05/28/kiji/20170528s00039000222000c.html 2017年9月12日閲覧。 
  374. ^ “バニング氏が死去 大リーグ通算224勝”. スポーツニッポン. (2017年5月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/05/28/kiji/20170528s00001007287000c.html 2017年6月1日閲覧。 
  375. ^ マラドーナの“神の手”ゴール見逃した副審、80歳で死去。生前「私の人生が台無しに」と発言も”. フットボールチャンネル (2017年6月2日). 2017年6月3日閲覧。
  376. ^ “バッドボーイズ、生みの親マクロスキー元GMが死去”. FC2. (2017年6月3日). http://fanspage.blog54.fc2.com/blog-entry-2548.html 2017年6月5日閲覧。 
  377. ^ “コートジボワール代表MFティオテが死去、クラブが公式発表”. Qoly. (2017年6月6日). https://qoly.jp/2017/06/06/cheick-tiote-died-at-30-kgn-1 2017年6月6日閲覧。 
  378. ^ 元NWAジュニア王者ロン・スターさん死去 藤波と対戦”. デイリースポーツ (2017年6月9日). 2017年6月11日閲覧。
  379. ^ “元広島、ダイエーの河野昌人氏死去 39歳 シドニー五輪代表”. スポーツニッポン. (2017年6月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/06/17/kiji/20170617s00001173003000c.html 2017年6月17日閲覧。 
  380. ^ “ミスター・ポーゴさん死去 大仁田と流血デスマッチ”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年6月24日). https://www.nikkansports.com/battle/news/1845050.html 2017年6月24日閲覧。 
  381. ^ “訃報 永射保さん63歳=元プロ野球投手”. Mainichi WEB. 毎日新聞社. (2017年6月24日). https://mainichi.jp/articles/20170625/k00/00m/050/044000c 2017年6月24日閲覧。 
  382. ^ “西武・森慎二投手コーチ死去 42歳…辻監督「ショックです」”. Sponichi ANNEX (スポーツニッポン). (2017年6月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/06/28/kiji/20170628s00001173388000c.html 2017年6月29日閲覧。 
  383. ^ “上田利治氏の通夜に200人参列 熊崎コミ「情熱と魂を感じた」”. スポーツニッポン. (2017年7月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/07/06/kiji/20170705s00001173309000c.html 2017年7月6日閲覧。 
  384. ^ “元バスケットボール男子日本代表選手の東海林周太郎氏が死去”. サンケイスポーツ. (2017年7月17日). http://www.sanspo.com/sports/news/20170717/bsk17071705000001-n1.html 2017年7月20日閲覧。 
  385. ^ “陸上男子100メートル元日本記録保持者、石沢隆夫氏死去 65歳”. スポーツニッポン. (2017年7月19日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/07/19/kiji/20170718s00056000442000c.html 2017年7月19日閲覧。 
  386. ^ “レイカーズ初期の黄金期を築いたクンドラ元監督、101歳で死去”. スポーツニッポン. (2017年7月24日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/07/24/kiji/20170724s00011061190000c.html 2017年7月24日閲覧。 
  387. ^ 四大大会2勝のローズ氏死去=男子テニス”. 時事通信 (2017年7月25日). 2017年7月25日閲覧。
  388. ^ “Mort de Jérôme Golmard: atteint de la maladie de Charcot, l'ancien tennisman, numéro 1 français en 1999, est décédé”. HUFFPOST. Le Huffington Post SAS. Tous droits réservés. (2017年8月1日). http://www.huffingtonpost.fr/2017/08/01/mort-de-jerome-golmard-lancien-tennisman-numero-1-francais-en_a_23059615/ 2017年8月2日閲覧。 
  389. ^ 「速報」アンヘル・ニエト氏(70)死す 死因は脳浮腫による容態悪化か”. Pressdigital (2017年8月3日). 2017年8月4日閲覧。
  390. ^ 79年ア・リーグMVP、ドン・ベイラー氏死去 巨人、ダイエーでも指導経験”. スポニチアネックス (2017年8月8日). 2017年8月8日閲覧。
  391. ^ 元フィリーズ打点王ドールトン氏が脳腫瘍で死去”. 日刊スポーツ (2017年8月7日). 2017年8月8日閲覧。
  392. ^ 東京五輪陸上女子400金のカスバートさんが死去”. 日刊スポーツ (2017年8月7日). 2017年8月10日閲覧。
  393. ^ “新日本プロレス元副社長 倍賞鉄夫さん死去” (日本語). デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2017年8月10日). https://www.daily.co.jp/ring/2017/08/10/0010449814.shtml 2017年8月10日閲覧。 
  394. ^ 元ダイエーオーナー代行兼社長、高塚猛氏死去 地域密着進める”. スポーツニッポン (2017年8月30日). 2017年8月30日閲覧。
  395. ^ “米カレッジバスケ界の名将、ミシガン州立大のヒースコート元監督が死去”. スポーツニッポン. (2017年8月29日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/29/kiji/20170829s00011000128000c.html 2017年9月10日閲覧。 
  396. ^ “関光徳、サルディバルと戦ったシュガー・ラモス死去”. Boxing News. (2017年9月4日). http://boxingnews.jp/news/51119/ 2017年9月4日閲覧。 
  397. ^ 元バレー日本代表・谷村孝さん死去、35歳 突然の訃報に「まだ信じられない」”. J CASTニュース (2017年9月7日). 2017年9月9日閲覧。
  398. ^ “宮本省三氏死去…67年「日本プロ」Vなど通算12勝”. サンケイスポーツ. (2017年9月6日). http://www.sanspo.com/golf/news/20170906/gld17090605000001-n1.html 2017年9月8日閲覧。 
  399. ^ 長崎昭義氏死去/青森放送会長 東奥日報 2017年9月5日(WEBArchives)
  400. ^ “元スキー代表で青森放送会長、長崎昭義氏死去 72歳”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2017年9月4日). http://www.sankei.com/life/news/170904/lif1709040040-n1.html 2017年9月10日閲覧。 
  401. ^ “大嶽部屋世話人の友鵬勝尊氏死去 60歳 8日の稽古後倒れる”. スポーツニッポン. (2017年9月9日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/09/09/kiji/20170909s00005000043000c.html 2017年9月9日閲覧。 
  402. ^ 飯田明弘元調教師が死去、メイショウマンボなど管理”. 日刊スポーツ (2017年9月17日). 2017年9月17日閲覧。
  403. ^ “清元登子氏が死去 不動裕理、大山志保、古閑美保らを指導”. ゴルフダイジェスト・オンライン. (2017年9月27日). http://news.golfdigest.co.jp/news/jlpga/article/70828/1/ 2017年9月27日閲覧。 
  404. ^ Bobby Heenan, Professional Wrestling Personality, Dies at 72”. The New York Times (September 18, 2017). 2017年9月22日閲覧。
  405. ^ “元ヤクルトのヒルトン氏死去 村上春樹随筆にも登場”. 日刊スポーツ. (2017年9月20日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201709190000638.html 2017年9月20日閲覧。 
  406. ^ 競泳で3度五輪の渡辺健司さん48歳、自宅で死去”. 日刊スポーツ (2017年9月19日). 2017年9月19日閲覧。
  407. ^ “Jake LaMotta dead: Legendary boxer and inspiration for Raging Bull dies aged 95” (英語). インデペンデント. (2017年9月20日). http://www.independent.co.uk/sport/general/boxing/jake-lamotta-dead-raging-bull-dies-death-boxer-robert-deniro-world-champion-middleweight-bronx-a7957726.html 2017年9月21日閲覧。 
  408. ^ “L'ancien pilote et préparateur John Nicholson est décédé” (フランス語). Fr.Motorsport com. Motorsport Network.. (2017年9月20日). https://fr.motorsport.com/f1/news/deces-john-nicholson-preparateur-moteur-955727/?s=1 2017年9月21日閲覧。 
  409. ^ “Two-time Soviet-era Olympic champion pair skater Ludmila Belousova passes away”. TASS. Information Telegram Agency of Russia. (2017年9月29日). http://tass.com/sport/968250 2017年9月29日閲覧。 
  410. ^ 群馬A1レーサー・進藤侑さん死去 34歳 同期に毒島ら”. スポーツニッポン (2017年10月7日). 2017年10月7日閲覧。
  411. ^ “元プロレスラーの大剛鉄之助氏死去 大相撲から転向”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年11月6日). https://www.nikkansports.com/battle/news/201711060000307.html 2017年11月6日閲覧。 
  412. ^ “プロレスラー、ドン荒川さん死去…「ひょうきんプロレス」で新日本の前座戦線を沸かす”. スポーツ報知. (2017年12月2日). http://www.hochi.co.jp/fight/20171202-OHT1T50097.html 2017年12月2日閲覧。 
  413. ^ “墜落死ハラデー氏 父がパイロット、空に憧れ…引退後に飛行機購入”. スポーツニッポン. (2017年11月9日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/11/09/kiji/20171109s00001007086000c.html 2017年11月9日閲覧。 
  414. ^ “オグリキャップなど手がけた瀬戸口元調教師が死去”. 日刊スポーツ. (2017年11月10日). http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=201711100000358&year=2017&month=11&day=10 2017年11月10日閲覧。 
  415. ^ “女子テニス 元世界2位のノボトナさん死去 98年にウィンブルドン制覇”. スポーツニッポン. (2017年11月21日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/11/21/kiji/20171120s00028000450000c.html 2017年11月21日閲覧。 
  416. ^ “早すぎる34歳…元フィリーズ右腕が自動車事故死”. スポーツニッポン. (2017年11月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/11/26/kiji/20171125s00001007259000c.html 2017年11月26日閲覧。 
  417. ^ “Benjamin Massing: Former Cameroon international dies aged 55” (英語). BBC Sport. British Broadcasting Corporation. (2017年12月10日). http://www.bbc.com/sport/football/42300565 2017年12月12日閲覧。