2017年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

クライマックスシリーズ > 2017年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

2017年のセントラル・リーグクライマックスシリーズは、2017年10月に開催されるプロ野球セントラル・リーグクライマックスシリーズである。

目次

概要編集

ファーストステージ編集

レギュラーシーズン2位の阪神タイガースと3位の横浜DeNAベイスターズが3戦2勝先取制で争い、勝者がファイナルステージに進出する。

また、グンゼの特別協賛で「2017 GUNZE クライマックスシリーズ・セ 1stステージ」として開催[1]

会期:10月14日から10月17日(10月16日開催予定の第3戦が雨天中止となり、予備日である翌17日に開催されたため[2]

球場:阪神甲子園球場

ファイナルステージ編集

レギュラーシーズン1位(1勝分のアドバンテージが与えられる)の広島東洋カープとファーストステージ勝者の横浜DeNAベイスターズが6戦4勝先取制で争い、勝者がSMBC日本シリーズ2017への出場権を得る。

また、マツダの特別協賛で「2017 マツダ クライマックスシリーズ セ ファイナルステージ」として開催[3]

会期:10月18日から10月25日

球場:MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

トーナメント表編集

1stステージ(準決勝) ファイナルステージ(決勝)
 
(6戦4勝制)
マツダスタジアム
 
 広島(セ優勝) ☆○●●●●
(3戦2勝制)
阪神甲子園球場
 DeNA ★●○○○○
 阪神(セ2位) ○●●
 DeNA(セ3位) ●○○  
    
    
☆・★=ファイナルステージのアドバンテージによる1勝・1敗分

試合結果編集

ファーストステージ編集

2017 GUNZE クライマックスシリーズ セ ファーストステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月14日(土) 第1戦 横浜DeNAベイスターズ 0 - 2 阪神タイガース 阪神甲子園球場
10月15日(日) 第2戦 横浜DeNAベイスターズ 13 - 6 阪神タイガース
10月16日(月) 雨天中止
10月17日(火) 第3戦 横浜DeNAベイスターズ 6 - 1 阪神タイガース
勝者:横浜DeNAベイスターズ

ファイナルステージ編集

2017 マツダ クライマックスシリーズ セ ファイナルステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
アドバンテージ 横浜DeNAベイスターズ 広島東洋カープ
10月18日(水) 第1戦 横浜DeNAベイスターズ 0 - 3 広島東洋カープ MAZDA Zoom-Zoom
スタジアム広島
10月19日(木) 第2戦 横浜DeNAベイスターズ 6 - 2 広島東洋カープ
10月20日(金) 第3戦 横浜DeNAベイスターズ 1 - 0 広島東洋カープ
10月21日(土) 雨天中止
10月22日(日)
10月23日(月) 第4戦 横浜DeNAベイスターズ 4 - 3 広島東洋カープ
10月24日(火) 第5戦 横浜DeNAベイスターズ 9 - 3 広島東洋カープ
勝者:横浜DeNAベイスターズ

表彰選手編集

テレビ・ラジオ放送およびネット配信編集

テレビ放送編集

ファーストステージ放送日程編集

ファーストステージを戦う阪神とDeNAの地元放送局で中継が行われるのは例年通りであるが、第1・2戦は広島が関係しない試合にも関わらず在広局でも中継が行われることとなった。第2戦の中継を行ったテレビ神奈川は自社でHD対応の大型中継車を保有していないため[注 1]、前年に引き続き現地からの映像の提供を受けた。

第1戦(10月14日)
第2戦(10月15日)
  • 朝日放送(ABC) ≪地上波、テレビ朝日系列≫ - 広島ホームテレビ(HOME)でも同時ネット
  • サンテレビ(SUN)≪地上波、独立局・兵庫県ローカル。朝日放送の制作による裏送りリレー中継[注 4]
    • 放送時間:15:55 - 19:55[5](115分延長)
  • テレビ神奈川(tvk)≪地上波、独立局・神奈川県ローカル。映像提供:朝日放送≫
    • 放送時間:14:00 - 15:55・15:55 - 試合終了まで(15:55からマルチ編成を実施し、032ch〈サブチャンネル〉で放送)
  • NHK BS1(マルチ編成を実施し、101ch〈メインチャンネル〉で放送)
    • 放送時間:14:00 - 19:50
  • GAORA 《有料CS。Tigers-ai制作》[4]
    • 放送時間:13:45 - 17:20
10月16日
  • 試合中止。この日中継予定だった局は引き続き翌17日の中継を担当。
第3戦(10月17日)
  • 読売テレビ(ytv)≪地上波、日本テレビ系列・関西地方ローカル≫
    • 放送時間:翌2:13 - 4:13(録画中継)
      • 試合が予定通り開催された場合、生中継を予定していた。
  • NHK BS1
    • 放送時間:18:00 - 21:50(21:50以降も試合が続いている場合は、それ以降マルチ編成を実施し、102ch〈サブチャンネル〉で継続放送)
  • スカイA 《有料CS。Tigers-ai制作》[6]
    • 放送時間:17:45 - 22:30(試合終了まで延長あり)

ファイナルステージ放送日程編集

第1戦(10月18日)
  • 広島テレビ(HTV)≪地上波、日本テレビ系列・広島県ローカル≫
  • 放送時間:
    • トップナイター:18:15 - 19:00
    • 本編:19:00 - 21:00
  • J SPORTS1 ≪有料BS/CS≫
    • 放送時間:17:55 - 22:00(22:00 - 翌2:00に再放送も別途あり)
第2戦(10月19日)
  • 中国放送(RCC)≪地上波、TBS系列・広島県ローカル≫
    • 放送時間:18:15 - 19:00・19:00 - 21:57
  • J SPORTS1 ≪有料BS/CS≫
    • 放送時間:17:55 - 22:00(22:00 - 翌2:00に再放送も別途あり)
第3戦(10月20日)
  • フジテレビ(CX)≪地上波、フジテレビ系列全国ネット[注 5]
    • 放送時間:19:00 - 21:29(35分延長)[注 6]
  • J SPORTS1 ≪有料BS/CS≫
    • 放送時間:17:45 - 22:00(22:00 - 翌2:00に再放送も別途あり)
10月21日
  • 試合中止。
    • 中国放送(RCC)≪地上波、TBS系列・広島県ローカル≫・J SPORTS1 ≪有料BS/CS≫が中継予定だった。以降の中継は当初予定の日程の日時に中継を予定していた局が担当。
10月22日
  • 試合中止。
    • 広島ホームテレビ(HOME)≪地上波、テレビ朝日系列・広島県ローカル≫・テレビ神奈川(tvk)≪地上波、独立局・神奈川県ローカル。映像提供:広島ホームテレビ≫・J SPORTS1 ≪有料BS/CS≫が中継予定だった。以降の中継は当初予定の日程の日時に中継を予定していた局が担当。
第4戦(10月23日)
  • フジテレビ(CX)≪地上波、フジテレビ系列全国ネット[注 7]
    • 放送時間:19:00 - 21:30(30分延長)[注 6]
  • J SPORTS1 ≪有料BS/CS≫
    • 放送時間:17:45 - 22:00
第5戦(10月24日)
  • 中国放送(RCC)≪地上波、TBS系列・広島県ローカル≫
    • 放送時間:18:15 - 19:00・19:00 - 20:54
  • J SPORTS1 ≪有料BS/CS≫
    • 放送時間:17:45 - 22:00
打ち切りとなった試合
  • 第6戦(10月25日)が実施された場合には、広島ホームテレビ(HOME)≪地上波、テレビ朝日系列・広島県ローカル≫、テレビ神奈川(tvk)≪地上波、独立局・神奈川県ローカル。映像提供:広島ホームテレビ≫、J SPORTS1 ≪有料BS/CS≫で放送する予定だった。

ラジオ放送編集

ファーストステージ放送日程編集

  • 関西地区では朝日放送(ABC)と毎日放送(MBS)がそれぞれ関西ローカル向けに自社制作し、朝日放送では2015年以来2年ぶりの中継となった。一方、NHKラジオ第1放送大阪局)は、土曜日の全国向け番組「かんさい土曜ほっとタイム」や、第48回衆議院議員総選挙の政見放送を優先するため、一切中継しなかった。
  • 前年同様、ニッポン放送(LF)が全試合自社制作で中継を行い、東海ラジオに第1戦と第2戦のみネットした。いずれもパ・リーグファーストステージを予備カード(東海ラジオにも適用)とし、実際に当初の第3戦が中止となった10月16日にパ・リーグへの切り替えを行った。
  • TBSラジオはナイター開催となった第3戦のみ自社制作で中継した。こちらはパ・リーグファーストステージの予備は配置しなかった。

ファイナルステージ放送日程編集

  • 広島県ではNHKラジオ第1(広島局)と中国放送が前年に続き中継を実施。NHKラジオ第1は第2戦まで広島県域ローカル、第3戦からは全国向けに放送。
  • 関西地区の民放では毎日放送のみで中継された。阪神が進出していれば朝日放送でも自社制作で中継される予定であったが、阪神がファーストステージで敗退したため同局での中継は取り消された。毎日放送も自社制作は行わずニッポン放送からのネット受け形式に変更された[注 8]
  • ニッポン放送は引き続き自社制作し、毎日放送に全試合を[注 8]、東海ラジオに第3戦までのみをネット。いずれもパ・リーグファイナルステージを予備カード(第3戦まではネット局にも適用)とし、実際に第1戦が降雨コールドゲームとなったため、ネット局も含めてパ・リーグの中継を続けて実施したほか、第4戦として行われる予定であった試合が中止となった21日と22日にもパ・リーグへの切り替えを行った。
  • TBSラジオも第3戦まで自社制作で中継したが、やはりパ・リーグファイナルステージの予備は、RKB毎日放送からのネット受けも含めて配置しなかった。第4戦以降はナイターカードも含めて中継せず。

ネット配信編集

ファーストステージ配信日程編集

全日程スポナビライブ虎テレで配信。

ファイナルステージ配信日程編集

  • DAZN(広島県内除く)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ DeNA主催ゲームの中継では、TBSテレビ東通からの配信映像に中型以下の自社中継車による独自映像を組み合わせている。また自社制作の高校野球神奈川大会などのアマチュア野球中継では、大型中継車を技術会社から借り受けて対応している。
  2. ^ 制作局の関西テレビに限り、後続の自社制作番組『コヤぶるッ!SPORTS』内で野球中継を実施。
  3. ^ ネット局全2局で13:55 - 14:00に「直前情報」を別途放送。
  4. ^ テレビ朝日系列女子プロゴルフトーナメント富士通レディース』最終日の中継放送を行うための代替措置。
  5. ^ クライマックス・パ・ファイナル第3戦に差し替える仙台放送テレビ西日本ならびにクロスネット局のテレビ宮崎を除く。
  6. ^ a b テレビ新広島(TSS)に限り、自社制作夕方ワイド番組『tssみんなのテレビ・第2部』(17:53 - 19:00)内で18:16から野球中継を放送。
  7. ^ クロスネット局のテレビ大分を除く。
  8. ^ a b 10月22日の日曜デーゲーム分も、阪神不出場のため競馬中継の放送を優先し中継を取りやめる予定であったが、試合そのものが中止となったため、結果的に順延分も含めた全試合が中継されることになった。

出典編集

  1. ^ “クライマックスシリーズ・セ ファーストステージのスポンサーシップ契約締結について” (プレスリリース), 阪神タイガース, (2017年9月26日), http://hanshintigers.jp/news/topics/info_5184.html 2017年10月3日閲覧。 
  2. ^ 2017年度「クライマックスシリーズ セ」試合日程追加のお知らせ(日本プロ野球機構・2017年10月16日)
  3. ^ “マツダ、「2017年度 セントラル・リーグ クライマックスシリーズ ファイナルステージ」の冠協賛社に決定” (プレスリリース), マツダ, (2017年9月20日), http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2017/201709/170920a.html 2017年9月23日閲覧。 
  4. ^ a b GAORAプロ野球中継(タイガース)”. GAORA. 2017年10月15日閲覧。
  5. ^ a b CS泥沼甲子園 初戦より大幅視聴率ダウン…6時間リレー中継も”. デイリースポーツ (2017年10月16日). 2017年10月16日閲覧。
  6. ^ スカイA スタジアム 阪神タイガース クライマックスシリーズ・セ ファーストステージ”. スカイA. 2017年10月15日閲覧。

関連項目編集