メインメニューを開く

2017年のNFLは、2017年9月7日NFL98回目のレギュラーシーズンとして開幕し、ミネソタ州ミネアポリス第52回スーパーボウルが開催された。サンディエゴに本拠を構えていたチャージャーズがロサンゼルスに移転した[2][3][4]

2017年のNFL
レギュラーシーズン
日程 2017年9月7日 - 12月31日
プレイオフ
開幕日 2018年1月6日
AFC優勝 ニューイングランド・ペイトリオッツ
NFC優勝 フィラデルフィア・イーグルス
第52回スーパーボウル
開催日 2018年2月4日
開催都市 ミネソタ州ミネアポリス
スタジアム USバンク・スタジアム
チャンピオン フィラデルフィア・イーグルス
プロボウル
開催日 2018年1月28日
開催都市 フロリダ州オーランド
スタジアム キャンピング・ワールド・スタジアム
サラリーキャップ
1億6,700万ドル(約189億8,500万円)[1]
NFLシーズン
« 2016
2018 »

主なルール変更編集

  • オーバータイムの試合時間を15分から10分に短縮[5]
  • フィールドゴールやポイント・アフター・タッチダウンのキックの際、ディフェンス側の選手が相手のオフェンシブライン選手の頭上を乗り越えてキッカーにプレッシャーを与えようとする行為を禁止する[6]
  • 頭部への悪質なヒットをした選手に対しては即刻退場処分を下す[5]

日程編集

主な日程編集

  • ドラフト:4月27日から29日までの日程でペンシルベニア州フィラデルフィアで開催。
  • ホール・オブ・フェイム・ゲーム:8月3日に開催。カウボーイズとカージナルスの対戦でNBCで放送された。
  • 開幕戦:9月7日にペイトリオッツが本拠地ジレット・スタジアムでチーフスとの開幕戦を迎えた。
  • インターナショナルシリーズ:今年もロンドンのウェンブリー・スタジアムトゥイッケナム・スタジアムメキシコシティエスタディオ・アステカで公式戦を実施。ジャガーズVSレイブンズ、ドルフィズVSセインツがウェンブリーで[7]、バイキングスVSブラウンズ、ラムズVSカーディナルスがトゥイッケナムで[8]、ペイトリオッツVSレイダーズがアステカで開催された[9][10]
  • サンクスギビングデー: 11月23日の感謝祭の日には、デトロイト・ライオンズがミネソタ・バイキングスを迎えた試合、とダラス・カウボーイズがロサンゼルス・チャージャースを迎えた試合、ワシントン・レッドスキンズがニューヨーク・ジャイアンツを迎えた試合が行われた。
  • クリスマスデー: 12月25日は月曜日であった。12月23日土曜日には、グリーンベイ・パッカーズがミネソタ・バイキングを迎え、インディアナ・コルツがボルティモア・レイブンスを迎えて二試合が行われ、12月25日にはヒューストン・テキサンズがピッツバーグ・スティーラーズを迎え、フィラデルフィア・イーグルスがオークランド・レイダースを迎えて二試合が行われた。
  • ニューイヤーズイブゲーム: 12月31日は全16試合一斉開催となり、カレッジフットボール・プレーオフ準決勝とNHLウィンター・クラシックは元日開催とった。
  • プレーオフ: レギュラーシーズンは12月31日に終了し、2017年1月6日からプレーオフに突入した。カンファレンスチャンピオンシップはAFCが1月21日午後3時(ET)にCBSで、NFCが午後6時30分(ET)にFOXで、放送された。第52回スーパーボウルは2月4日午後5時30分(CT)より、ミネソタ州ミネアポリスのUSバンク・スタジアムで開催され、全米ではNBCによって生中継された。

レギュラーシーズン編集

各チームの16試合の対戦相手はNFLの規則に基づき、前年度の成績や地区ごとのローテーションで自動的に決定される。

  • 同地区(ホーム&アウェイ、6試合)
  • カンファレンス内他の1地区総当り(4試合)
  • カンファレンス内上記除く他地区の前年同順位(2試合)
  • 他カンファレンスの1地区総当り(4試合)

2017年シーズンの地区外との対戦ルールは以下のようである。

   カンファレンス内
AFC東地区 vs. AFC西地区
AFC北地区 vs. AFC南地区
NFC東地区 vs. NFC西地区
NFC北地区 vs. NFC南地区

   カンファレンス外
AFC東地区 vs. NFC南地区
AFC北地区 vs. NFC北地区
AFC南地区 vs. NFC西地区
AFC西地区 vs. NFC東地区

(例)当年王者イーグルスの対戦相手
AFC NFC
前年 西地区 南地区 北地区 東地区 西地区 南地区 北地区 東地区
1位 チーフス テキサンズ スティーラーズ ペイトリオッツ シーホークス ファルコンズ パッカーズ カウボーイズ
2位 レイダーズ タイタンズ レイブンズ ドルフィンズ カージナルス バッカニアーズ ライオンズ ジャイアンツ
3位 ブロンコス コルツ ベンガルズ ビルズ ラムズ セインツ バイキングス レッドスキンズ
4位 チャージャーズ ジャガーズ ブラウンズ ジェッツ 49ERS パンサーズ ベアーズ イーグルス

    :1度対戦     :2度対戦

レギュラーシーズン順位表編集

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(1)ニューイングランド・ペイトリオッツ 13 3 0 .813 458 296
(6)バッファロー・ビルズ 9 7 0 .563 302 359
マイアミ・ドルフィンズ 6 10 0 .375 281 393
ニューヨーク・ジェッツ 5 11 0 .313 298 382
AFC北地区
チーム 勝率 得点 失点
(2)ピッツバーグ・スティーラーズ 13 3 0 .813 406 308
ボルチモア・レイブンズ 9 7 0 .563 395 303
シンシナティ・ベンガルズ 7 9 0 .438 290 349
クリーブランド・ブラウンズ 0 16 0 .000 234 410
AFC南地区
チーム 勝率 得点 失点
(3)ジャクソンビル・ジャガーズ 10 6 0 .625 417 268
(5)テネシー・タイタンズ 9 7 0 .563 334 356
インディアナポリス・コルツ 4 12 0 .250 263 404
ヒューストン・テキサンズ 4 12 0 .250 338 436
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(4)カンザスシティ・チーフス 10 6 0 .625 415 339
ロサンゼルス・チャージャーズ 9 7 0 .563 355 272
オークランド・レイダーズ 6 10 0 .375 301 373
デンバー・ブロンコス 5 11 0 .313 289 382
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(1)フィラデルフィア・イーグルス 13 3 0 .813 457 295
ダラス・カウボーイズ 9 7 0 .563 354 332
ワシントン・レッドスキンズ 7 9 0 .438 342 388
ニューヨーク・ジャイアンツ 3 13 0 .188 246 388
NFC北地区
チーム 勝率 得点 失点
(2)ミネソタ・バイキングス 13 3 0 .813 382 252
デトロイト・ライオンズ 9 7 0 .563 410 376
グリーンベイ・パッカーズ 7 9 0 .438 320 384
シカゴ・ベアーズ 5 11 0 .313 264 320
NFC南地区
チーム 勝率 得点 失点
(4)ニューオーリンズ・セインツ 11 5 0 .688 448 326
(5)カロライナ・パンサーズ 11 5 0 .688 363 327
(6)アトランタ・ファルコンズ 10 6 0 .625 353 315
タンパベイ・バッカニアーズ 5 11 0 .313 335 382
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(3)ロサンゼルス・ラムズ 11 5 0 .688 478 329
シアトル・シーホークス 9 7 0 .563 366 332
アリゾナ・カージナルス 8 8 0 .500 295 361
サンフランシスコ・49ERS 6 10 0 .375 331 383


AFC
順位 チーム 地区 勝率 対地区 対AFC 対戦
相手
勝率
勝利
相手
勝率
地区優勝
1[注 1] ペイトリオッツ 13 3 0 .813 5-1 10-2 .484 .466
2[注 1] スティーラーズ 13 3 0 .813 6-0 10-2 .453 .423
3[注 2] ジャガーズ 10 6 0 .625 4-2 9-3 .434 .394
4[注 2] チーフス 西 10 6 0 .625 5-1 8-4 .477 .481
ワイルドカード
5[注 3] タイタンズ 9 7 0 .563 5-1 8-4 .434 .396
6[注 3][注 4] ビルズ 9 7 0 .563 3-3 7-5 .492 .396
レギュラーシーズン敗退
7[注 3][注 4] レイブンズ 9 7 0 .563 3-3 7-5 .441 .299
8[注 3] チャージャーズ 西 9 7 0 .563 3-3 6-6 .457 .347
9 ベンガルズ 7 9 0 .438 3-3 6-6 .465 .321
10[注 5] レイダーズ 西 6 10 0 .375 2-4 5-7 .512 .396
11[注 5] ドルフィンズ 6 10 0 .375 2-4 5-7 .543 .531
12[注 6] ブロンコス 西 5 11 0 .313 2-4 4-8 .492 .413
13[注 6] ジェッツ 5 11 0 .313 2-4 5-7 .520 .438
14[注 7] コルツ 4 12 0 .250 2-4 3-9 .480 .219
15[注 7] テキサンズ 4 12 0 .250 1-5 3-9 .516 .375
16 ブラウンズ 0 16 0 .000 0-6 0-12 .520 .000
タイブレーク
  1. ^ a b ペイトリオッツがスティーラーズとの直接対決(第15週)で勝利
  2. ^ a b カンファレンス内勝率でジャガーズがチーフスを上回る
  3. ^ a b c d 9勝7敗で並んだ4チームの内、カンファレンス内勝率でタイタンズの5位、チャージャーズの8位が確定
  4. ^ a b 勝利した対戦相手の勝率でビルズがレイブンズを上回る
  5. ^ a b レイダーズがドルフィンズとの直接対決(第9週)で勝利
  6. ^ a b ブロンコスがジェッツとの直接対決(第14週)で勝利
  7. ^ a b コルツがテキサンズとの直接対決(第9週、第17週)で勝利
NFC
順位 チーム 地区 勝率 対地区 対NFC 対戦
相手
勝率
勝利
相手
勝率
地区優勝
1[注 1] イーグルス 13 3 0 .813 5-1 10-2 .461 .433
2[注 1] バイキングス 13 3 0 .813 5-1 10-2 .492 .447
3[注 2] ラムズ 西 11 5 0 .688 4-2 7-5 .504 .460
4[注 3][注 2] セインツ 11 5 0 .688 4-2 8-4 .535 .483
ワイルドカード
5[注 3] パンサーズ 11 5 0 .688 3-3 7-5 .539 .500
6 ファルコンズ 10 6 0 .625 4-2 9-3 .543 .475
レギュラーシーズン敗退
7[注 4] ライオンズ 9 7 0 .563 5-1 8-4 .496 .368
8[注 4][注 5] シーホークス 西 9 7 0 .563 4-2 7-5 .492 .444
9[注 4][注 5] カウボーイズ 9 7 0 .563 5-1 7-5 .496 .438
10 カージナルス 西 8 8 0 .500 3-3 5-7 .488 .406
11[注 6] パッカーズ 7 9 0 .438 2-4 5-7 .539 .357
12[注 6] レッドスキンズ 7 9 0 .438 1-5 5-7 .539 .429
13 49ERS 西 6 10 0 .375 1-5 3-9 .512 .438
14[注 7] バッカニアーズ 5 11 0 .313 1-5 3-9 .555 .375
15[注 7] ベアーズ 5 11 0 .313 0-6 1-11 .559 .500
16 ジャイアンツ 3 13 0 .188 1-5 1-11 .531 .458
タイブレーク
  1. ^ a b 共通の相手(ベアーズ、レッドスキンズ、ラムズ、パンサーズ)との成績でイーグルスが上回る(イーグルス:5勝0敗、バイキングス:4勝1敗)
  2. ^ a b ラムズがセインツとの直接対決(第12週)で勝利
  3. ^ a b セインツがパンサーズとの直接対決(第3週、第13週)で勝利
  4. ^ a b c 9勝7敗で並んだ3チームの内、カンファレンス内勝率でライオンズの7位が確定
  5. ^ a b シーホークスがカウボーイズとの直接対決(第16週)で勝利
  6. ^ a b 共通の相手(バイキングス、カウボーイズ、セインツ、シーホークス)との成績でパッカーズが上回る(パッカーズ:2勝3敗、レッドスキンズ:1勝4敗)
  7. ^ a b バッカニアーズがベアーズとの直接対決(第2週)で勝利

トーナメント表編集

                                   
2018年1月7日
メルセデス・ベンツ・スーパードーム
  1月14日
USバンク・スタジアム
         
 5  パンサーズ  26
 4  セインツ  24
 4  セインツ  31     1月21日
リンカーン・フィナンシャル・フィールド
 2  バイキングス  29  
NFC
2018年1月6日
ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム
 2  バイキングス  7
1月13日
リンカーン・フィナンシャル・フィールド
   1  イーグルス  38  
 6  ファルコンズ  26 NFC チャンピオンシップ
 6  ファルコンズ  10
 3  ラムズ  13   2月4日
USバンク・スタジアム
 1  イーグルス  15  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
2018年1月7日
エバーバンク・フィールド
 N1  イーグルス  41
1月14日
ハインツ・フィールド
   A1  ペイトリオッツ  33
 6  ビルズ  3 第52回スーパーボウル
 3  ジャガーズ  45
 3  ジャガーズ  10     1月21日
ジレット・スタジアム
 2  スティーラーズ  42  
AFC
2018年1月6日
アローヘッド・スタジアム
 3  ジャガーズ  20
1月13日
ジレット・スタジアム
   1  ペイトリオッツ  24  
 5  タイタンズ  22 AFC チャンピオンシップ
 5  タイタンズ  14
 4  チーフス  21  
 1  ペイトリオッツ  35  
  • 対戦カード及びスタジアムはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する(つまり、ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが決まる)。
  • スーパーボウル開催地は事前にオーナー会議で決定。
  • チーム名の左の数字は、2017年レギュラーシーズンの結果に基づいて決定されたシード順。
  • * 延長戦決着

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本円は当時のレートによる
  2. ^ Spanos, Dean (2016年1月12日). “Letter From Dean Spanos”. San Diego Chargers. http://www.chargers.com/news/2017/01/12/letter-dean-spanos 2017年1月12日閲覧。 
  3. ^ “Chargers to Relocate to Los Angeles”. San Diego Chargers. (2017年1月12日). http://www.chargers.com/news/2017/01/12/chargers-relocate-los-angeles 2017年1月12日閲覧。 
  4. ^ “Chargers announce decision to relocate to Los Angeles”. National Football League. (2017年1月12日). http://www.nfl.com/news/story/0ap3000000773179/article/chargers-announce-decision-to-relocate-to-los-angeles 2017年1月12日閲覧。 
  5. ^ a b オーバータイムが10分に短縮、各チームオーナーが承認”. NFL JAPAN (2017年5月24日). 2017年9月6日閲覧。
  6. ^ オフェンシブラインを飛び越える行為が禁止に”. NFL JAPAN (2017年3月29日). 2017年9月6日閲覧。
  7. ^ 2017 London games: NFL announces which teams will be playing”. nfl.com. NFL. 2016年12月13日閲覧。
  8. ^ 2017年ロンドンシリーズ、セインツ対ドルフィンズ戦の日程が決定”. NFL JAPAN (2017年4月11日). 2017年9月11日閲覧。
  9. ^ NFL in Mexico City, 2017 edition: Patriots and the Raiders?”. ESPN (2016年11月29日). 2016年12月9日閲覧。
  10. ^ http://www.nfl.com/news/story/0ap3000000781630/article/raiders-to-host-patriots-in-mexico-city-next-season