メインメニューを開く

2017 ワールド・ベースボール・クラシック・プエルトリコ代表

2017 ワールド・ベースボール・クラシック・プエルトリコ代表(2017ワールド・ベースボール・クラシック・プエルトリコだいひょう)は、2017年に開催されたワールド・ベースボール・クラシック第4回大会に出場したプエルトリコ代表である。

獲得メダル
プエルトリコの旗 プエルトリコ
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球

目次

経緯編集

2016年
2017年
  • 1月3日 - 母親がプエルトリコ出身ということで代表選出資格があったジョージ・スプリンガーが代表不参加の意思を表明した[6]
  • 2月8日 - 代表選出選手28名が発表された[7]
  • 3月22日 - 決勝アメリカ戦に敗戦し、2大会連続2度目の準優勝に終わった[8]。敗戦後、勝者のアメリカを称え、脱帽して右手の親指をサムアップするジェスチャーを行ったことがスポーツマンシップがあると評された[9]。ちなみにプエルトリコのWBC大会の唯一の敗戦でもあった。

試合結果編集

公式練習試合編集

3月8日編集

15:05試合開始予定、試合時間 時間 分、観衆 [10]

サンフランシスコ・ジャイアンツ   -     プエルトリコ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  プエルトリコ                        
ジャイアンツ                        

3月9日編集

15:10試合開始予定、試合時間 時間 分、観衆 [11]

コロラド・ロッキーズ   -     プエルトリコ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  プエルトリコ                        
ロッキーズ                        

第1ラウンドD組編集

3月10日編集

20:00試合開始予定、試合時間2時間43分、観衆14,806人

  プエルトリコ 11 - 0   ベネズエラ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
  ベネズエラ 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
  プエルトリコ 0 0 2 0 0 3 11 10 0
  1. : セス・ルーゴ(1勝)  : フェリックス・ヘルナンデス(1敗)  
  2. :  プ – カルロス・コレア(1号)、ヤディアー・モリーナ(1号)、T.J.リベラ(1号)

3月11日編集

20:30試合開始予定、試合時間3時間40分、観衆15,647人

  メキシコ 9 - 4   プエルトリコ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  プエルトリコ 2 0 1 0 1 0 1 0 4 9 13 1
  メキシコ 1 0 0 0 0 0 3 0 0 4 7 1
  1. : ホルヘ・ロペス (野球)(1勝)  : ミゲル・ゴンザレス (1984年生の投手)(1敗)  
  2. :  プ – フランシスコ・リンドーア(1号・2号)、ハビアー・バエズ(1号)

3月12日編集

14:30試合開始予定、試合時間 時間 分、観衆 

  プエルトリコ 9 - 3   イタリア
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  イタリア 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3 3 0
  プエルトリコ 1 2 1 3 2 0 0 0 × 9 13 0
  1. : ベリオス(1勝)  : ルーゴ(1敗)  
  2. :  イ – アンドレオリ(1号)、ブテラ(1号)  プ – コレア(2号)

第2ラウンドF組編集

3月14日編集

18:08試合開始、試合時間3時間16分、観衆16,637人[12]

  プエルトリコ 3 - 1   ドミニカ共和国
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  ドミニカ共和国 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 1
  プエルトリコ 1 0 0 1 0 1 0 0 × 3 6 0
  1. ド : マルティネスネリスロメロベタンセス
  2. プ : ロマンサンティアゴヒメネスコローンディアス
  3. : サンティアゴ  : マルティネス  S: ディアス  
  4. :  ド – クルーズ(2号)  プ – モリーナ(2号)

3月17日編集

19:00試合開始予定、試合時間 時間 分、観衆 

  プエルトリコ 6 - 5   アメリカ合衆国
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
  アメリカ合衆国 0 1 0 0 1 1 0R8=0 5 7 2
  プエルトリコ 4 0 0 0 0 2 0 6 8 0
  1. : ルーゴ(2勝)  : ストローマン(1敗)  S: ディアス(2セーブ)  
  2. :  ア – ポージー(2号)、A・ジョーンズ(2号)

3月18日編集

12:30試合開始予定、試合時間3時間24分、観衆20,778人

  ベネズエラ 2 - 13   プエルトリコ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  プエルトリコ 1 0 1 0 1 2 5 1 2 13 17 0
  ベネズエラ 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 5 2
  1. : デレオン(1勝)  : M・ペレス(1敗)  
  2. :  プ – バルガス(1号)  べ – オドーア(2号)

決勝トーナメント編集

3月21日 (準決勝)編集

18:10試合開始、試合時間4時間19分、観衆24,865人

  プエルトリコ 4 - 3   オランダ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
  オランダ 2 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 3 11 0
  プエルトリコ 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 12 0
  1. : デレオン(1勝2セーブ)  : ファンミル(1敗)  
  2. :  オ – バレンティン(4号)  べ – コレア(3号)、T・リベラ(2号)

テレビ放映編集

試合   放送局[13]   放送局[14]
3月10日 プエルトリコ 対 ベネズエラ J SPORTS スポーツネット英語版
3月11日 メキシコ 対 プエルトリコ
3月12日 プエルトリコ 対 イタリア

代表選手編集

以下が代表選手であり、所属は同大会期間中のものとする。尚、フリーエージェントだが、ウィンターリーグに参加した選手は、そちらの所属球団とする。

ポジション 背番号 氏名 英語表記 所属球団 備考
監督 36 エドウィン・ロドリゲス Edwin Rodriguez
コーチ 99 カルロス・バイエガ Carlos Baerga 打撃コーチ
27 リッキー・ボーネス Ricky Bones   ニューヨーク・メッツ コーチ 投手コーチ
22 ホセ・バレンティン Jose Valentin 一塁ベースコーチ
6 ジョー・エスパーダ Joe Espada   ニューヨーク・ヤンキース コーチ 三塁ベースコーチ
25 カルロス・デルガド Carlos Delgado ベンチコーチ
19 フアン・ゴンザレス Juan Gonzalez ブルペンコーチ
ホセ・モリーナ Jose Molina ブルペン捕手
投手 51 アンドリュー・バルボザ Andrew Barbosa   クリオーヨス・デ・カグアス 途中参加
37 ホセ・ベリオス Jose Berrios   ミネソタ・ツインズ
54 ヒラム・ブルゴス Hiram Burgos   ミルウォーキー・ブルワーズ傘下
58 アレックス・クラウディオ Alex Claudio   テキサス・レンジャーズ
29 ジョゼフ・コローン Joseph Colon   クリーブランド・インディアンス
39 エドウィン・ディアス Edwin Diaz   シアトル・マリナーズ
43 ジョー・ヒメネス Joe Jimenez   デトロイト・タイガース
28 ホルヘ・ロペス Jorge Lopez   ミルウォーキー・ブルワーズ
67 セス・ルーゴ Seth Lugo   ニューヨーク・メッツ
47 ミゲル・メヒア Miguel Mejia   シカゴ・カブス傘下 途中離脱
13 エミリオ・パガン Emilio Pagan   シアトル・マリナーズ傘下
34 オーランド・ロマン Orlando Roman  中信兄弟
32 J.C.ロメロ J.C. Romero   カングレヘーロス・デ・サントゥルセ
53 ヘクター・サンティアゴ Hector Santiago   ミネソタ・ツインズ
35 ジョバンニ・ソト Giovanni Soto   シカゴ・ホワイトソックス傘下
捕手 4 ヤディアー・モリーナ Yadier Molina   セントルイス・カージナルス
55 ロベルト・ペレス Roberto Perez   クリーブランド・インディアンス
44 レネ・リベラ Rene Rivera   ニューヨーク・メッツ
内野手 14 マイク・アビレス Mike Aviles フリーエージェント
9 ハビアー・バエズ Javier Baez   シカゴ・カブス
1 カルロス・コレア Carlos Correa   ヒューストン・アストロズ
12 フランシスコ・リンドーア Francisco Lindor   クリーブランド・インディアンス
5 T.J.リベラ T.J. Rivera   ニューヨーク・メッツ
20 ケニス・バルガス Kennys Vargas   ミネソタ・ツインズ
外野手 15 カルロス・ベルトラン Carlos Beltran   ヒューストン・アストロズ
3 レイモンド・フエンテス Reymond Fuentes   アリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下
7 エンリケ・ヘルナンデス Enrique Hernandez   ロサンゼルス・ドジャース
16 アンヘル・パガン Angel Pagan   ティブローネス・デ・アグアディージャ
17 エディ・ロザリオ Eddie Rosario   ミネソタ・ツインズ

指名投手枠(入れ替え可能投手)編集

背番号 氏名 英語表記 所属球団 備考
51 アンドリュー・バルボザ Andrew Barbosa   クリオーヨス・デ・カグアス
52 ホセ・デラトーリ Jose De La Torre   カンペチェ・パイレーツ
87 ホセ・デレオン Jose De Leon   タンパベイ・レイズ
38 ジョエル・ピネイロ Joel Pineiro   クリオーヨス・デ・カグアス
30 デレク・ロドリゲス Dereck Rodriguez   ミネソタ・ツインズ傘下
48 アンドレス・サンティアゴ Andres Santiago   カングレヘーロス・デ・サントゥルセ
41 マリオ・サンティアゴ Mario Santiago   ティグレス・デル・リセイ

不参加選手編集

選出される以前に辞退した選手編集

ポジション 氏名 英語表記 所属球団 備考
投手 マーカス・ストローマン Marcus Stroman   トロント・ブルージェイズ アメリカ合衆国代表で参加するため[3]

脚注編集

  1. ^ Dodger Stadium will host 2017 World Baseball Classic final The official site of World Baseball Classic (英語) (2016年8月26日) 2016年11月1日閲覧
  2. ^ “【WBC】侍メジャー全員予備登録…2月最終登録28選手に絞る”. スポーツ報知. (2016年12月2日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20161202-OHT1T50042.html 2017年1月10日閲覧。 
  3. ^ a b [1] Marcus Stroman (@MStrooo6) - Twitter (2016年12月3日) 2016年12月15日閲覧
  4. ^ 24 All-Stars among initial confirmed players for 2017 World Baseball Classic MLB.com Press Release (英語) (2016年12月5日) 2016年12月15日閲覧
  5. ^ Source: Lugo, Rosario to play for PR in WBC MLB.com (英語) (2016年12月28日) 2017年1月10日閲覧
  6. ^ Springer decides to skip World Baseball Classic MLB.com (英語) (2016年1月3日) 2017年1月10日閲覧
  7. ^ Young stars join Beltran, Yadi for Puerto Rico MLB.com (英語) (2017年2月8日) 2017年3月5日閲覧
  8. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧
  9. ^ 準Vプエルトリコ、モリーナ中心に米国称えるジェスチャーが「一流」と話題に”. フルカウント (2017年3月24日). 2017年3月24日閲覧。
  10. ^ Puerto RIco vs Giants 03/08/17 MLB.com (英語)
  11. ^ Puerto Rico vs. Rockies 03/09/17 MLB.com (英語)
  12. ^ Puerto Rico 3, Dominican Rep.1 World Baseball Classic (英語) (2017年3月14日) 2017年3月15日閲覧
  13. ^ 放送予定 J SPORTS - 国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局 2017年3月1日閲覧
  14. ^ Sportsnet’s World Baseball Classic broadcast schedule Sportsnet (英語) (2017年2月16日) 2017年3月1日

関連項目編集