2018年のMLBドラフト(英語: 2018 First-Year Player Draft)は、メジャーリーグベースボール (MLB)の第59回ドラフト会議で、2018年6月に行われたファースト・イヤードラフト(アマチュアドラフト)である。 2017年のMLBで最下位のデトロイト・タイガースサンフランシスコ・ジャイアンツが同率で最下位だったが、2016年のMLBではジャイアンツが上回っていたため、タイガースが全体1位の権利を得た[1]。タイガースは全体1位でケイシー・マイズを指名した。アトランタ・ブレーブスは、当時のジョン・コッポレラ英語版GMが2015年から2017年まで不正に外国人選手を獲得していたことが発覚したため、本年の3巡目(全体85位相当)の指名権が剥奪された[2]

1巡目全体8位でアトランタ・ブレーブスに指名されて入団拒否したカーター・スチュワートは、2019年5月にNPB福岡ソフトバンクホークスに入団した。

1巡目全体9位でオークランド・アスレチックスに入団したカイラー・マレーは、2019年のNFLドラフト全体1位指名されたため、1年足らずで野球を辞めた。

1巡目全体24位でシカゴ・カブスに入団したニコ・ホーナー2019年9月、このドラフトで指名された1214人の中で最初にMLBの試合に出場した[3]

1巡目全体29位でクリーブランド・インディアンスに入団したボー・ネイラーカナダ国籍であり、1巡目指名では唯一のアメリカ合衆国以外の出身選手であった。

1巡目指名 編集

= オールスター
= MLB未出場 = 契約せず
順位 選手 チーム 守備位置 学校
1 ケイシー・マイズ デトロイト・タイガース 投手 オーバーン大学 (AL)
2 ジョーイ・バート サンフランシスコ・ジャイアンツ 捕手 ジョージア工科大学
3 アレク・ボーム フィラデルフィア・フィリーズ 三塁手 ウィチタ州立大学英語版 (KS)
4 ニック・マドリガル シカゴ・ホワイトソックス 二塁手 オレゴン州立大学
5 ジョナサン・インディア シンシナティ・レッズ 三塁手 フロリダ大学
6 ジャレッド・ケルニック ニューヨーク・メッツ 外野手 ウォキショー西高等学校英語版 (WI)
7 ライアン・ウェザース サンディエゴ・パドレス 投手 ロレット高等学校 (TN)
8 カーター・スチュワート アトランタ・ブレーブス 投手
オーガリー高等学校英語版 (FL)
9 カイラー・マレー オークランド・アスレチックス 外野手 オクラホマ大学
10 トラビス・スワガティ ピッツバーグ・パイレーツ 外野手 南アラバマ大学英語版
11 グレイソン・ロドリゲス ボルチモア・オリオールズ 投手 セントラルハイツ高等学校英語版 (TX)
12 ジョーダン・グロシャンズ トロント・ブルージェイズ 遊撃手 マグノリア高等学校英語版 (TX)
13 コナー・スコット英語版 マイアミ・マーリンズ 外野手 プラント高等学校英語版 (FL)
14 ローガン・ギルバート シアトル・マリナーズ 投手 ウェキバ高等学校英語版 (FL)
15 コール・ウィン テキサス・レンジャーズ 投手 オレンジルーテル高等学校英語版 (CA)
16 マシュー・リベラトーレ タンパベイ・レイズ 投手 マウンテンリッジ高等学校英語版 (AZ)
17 ジョーディン・アダムス ロサンゼルス・エンゼルス 外野手 グリーンホープ高等学校英語版 (NC)
18 ブレイディ・シンガー カンザスシティ・ロイヤルズ 投手 フロリダ大学
19 ノーラン・ゴーマン セントルイス・カージナルス 三塁手 サンドラ・デイ・オコナー高等学校英語版 (AZ)
20 トレバー・ラーナック ミネソタ・ツインズ 外野手 オレゴン州立大学
21 ブライス・チュレイン ミルウォーキー・ブルワーズ 外野手 サンティアゴ高等学校英語版 (CA)
22 ライアン・ロリソン コロラド・ロッキーズ 投手 ミシシッピ大学
23 アンソニー・シーグラー英語版 ニューヨーク・ヤンキース 捕手 カーターズビル高等学校英語版 (GA)
24 ニコ・ホーナー シカゴ・カブス 遊撃手 スタンフォード大学 (CA)
25 マット・マクレイン アリゾナ・ダイヤモンドバックス 遊撃手 アーノルド・ベッカム高等学校英語版 (CA)
26 トリストン・カサス ボストン・レッドソックス 一塁手 アメリカンヘリテージスクール英語版 (FL)
27 メイソン・デナバーグ英語版 ワシントン・ナショナルズ 投手 メリット島高等学校英語版 (FL)
28 セス・ビアー ヒューストン・アストロズ 投手 クレムゾン大学 (SC)
29 ボー・ネイラー クリーブランド・インディアンス 捕手 en:St. Joan of Arc Catholic Secondary School (ON)
30 J.T.ギン ロサンゼルス・ドジャース 投手 ブランドン高等学校 (MS)

補償ラウンド 編集

前年にクオリファイング・オファーを拒否されて規定の条件を満たした球団に指名権が与えられた。前年のドラフトで1巡目(戦力均衡ラウンドA)指名選手と契約できなかった球団の指名権もこのラウンドに含まれる。

順位 選手 チーム 位置 学校
31 シェーン・マクラナハン タンパベイ・レイズ[補償 1] 投手 南フロリダ大学
32 ニック・シュネル英語版 タンパベイ・レイズ[補償 2] 外野手 ロンカッリ高等学校英語版
33 ジャクソン・カワー カンザスシティ・ロイヤルズ[補償 3] 投手 フロリダ大学
34 ダニエル・リンチ カンザスシティ・ロイヤルズ[補償 4] 投手 バージニア大学
35 イーサン・ハンキンス クリーブランド・インディアンス[補償 5] 投手 フォーサイスセントラル高等学校英語版 (GA)

戦力均衡ラウンドA 編集

前年のドラフトで戦力均衡ラウンドBの指名権があった8球団に指名権が与えられた[4]

順位 選手 チーム 守備位置 学校
36 ガナー・ホグランド ピッツバーグ・パイレーツ 投手 ファイベイ高等学校英語版 (FL)
37 ケイディン・グルニエ英語版 ボルチモア・オリオールズ 遊撃手 オレゴン州立大学
38 ゼイビア・エドワーズ サンディエゴ・パドレス 遊撃手 en:North Broward Preparatory School (FL)
39 ジェイク・マッカーシー アリゾナ・ダイヤモンドバックス 外野手 バージニア大学
40 クリス・ブビック カンザスシティ・ロイヤルズ 投手 スタンフォード大学 (CA)
41 レニー・トーレス英語版 クリーブランド・インディアンス 投手 ビーコンシティスクール英語版 (NY)
42 グラント・ラビーン英語版 コロラド・ロッキーズ 一塁手 ベッドフォード高等学校英語版 (NH)
43 グリフィン・ロバーツ英語版 セントルイス・カージナルス 投手 ウェイクフォレスト大学 (NC)

その他注目選手 編集

巡目 順位 選手 チーム 守備位置 学校
2 44 パーカー・メドウズ デトロイト・タイガース 外野手 グレイソン高等学校英語版 (GA)
2 59 ライアン・ジェファーズ ミネソタ・ツインズ 捕手 ノースカロライナ大学ウィルミントン校英語版
2B 71 タナー・ドッドソン タンパベイ・レイズ 投手/外野手 カリフォルニア大学バークレー校
3 79 コディ・クレメンス デトロイト・タイガース 二塁手 テキサス大学オースティン校
5 138 ジョナサン・スティーバー シカゴ・ホワイトソックス 投手 インディアナ大学ブルーミントン校 (IN)
5 150 タージ・ブラッドリー タンパベイ・レイズ 投手 レダン高等学校英語版 (GA)
6 168 コディ・ホイヤー シカゴ・ホワイトソックス 投手 ウィチタ州立大学 (KS)
6 185 ドリュー・ラスムッセン ミルウォーキー・ブルワーズ 投手 オレゴン州立大学
8 238 ジョーイ・ガーバー シアトル・マリナーズ 投手 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校
8 243 ラーズ・ヌートバー セントルイス・カージナルズ 外野手 南カリフォルニア大学
9 255 タリック・スクーバル デトロイト・タイガース 投手 シアトル大学 (WA)
14 431 アーロン・フレッチャー ワシントン・ナショナルズ 投手 ヒューストン大学英語版
17 507 アレックス・ベシア マイアミ・マーリンズ 投手 カリフォルニア州立大学イーストベイ校英語版 (CA)

関連項目 編集

脚注 編集

  1. ^ ボルチモア・オリオールズがアレックス・カッブと契約したため
  2. ^ 2017年のMLBドラフトドリュー・ラスムッセンと契約できなかったため
  3. ^ ミルウォーキー・ブルワーズがロレンゾ・ケインと契約したため
  4. ^ サンディエゴ・パドレスがエリック・ホズマーと契約したため
  5. ^ フィラデルフィア・フィリーズがカルロス・サンタナと契約したため

出典 編集

  1. ^ Tigers to select No. 1 overall in 2018 Draft” (英語). MLB.com (2017年10月1日). 2020年5月16日閲覧。
  2. ^ MLBコミッショナー、ブレーブス処分で不正根絶への本気度示す”. スポーティングニュース (2017年11月24日). 2020年5月30日閲覧。
  3. ^ Cubs' Hoerner first from '18 Draft to reach bigs” (英語). MLB.com (2019年9月9日). 2020年5月16日閲覧。
  4. ^ Competitive Balance rounds set for 2018 Draft”. MLB.com (2017年11月16日). 2020年5月19日閲覧。

外部リンク 編集