2018年アジア競技大会

2018年アジア競技大会(2018ねんアジアきょうぎたいかい、The 18th Asian Games XVIII Asiad)は、2018年に開催された第18回アジア競技大会。当初はベトナムハノイで開催される予定であったが、ベトナム政府が財政難を理由として2014年4月に開催の返上(辞退)を決定した[2]。2014年9月、代替開催地としてインドネシアジャカルタパレンバンが決定した[3]。2都市での共同開催はアジア競技大会としては初めてである。大会MVPには競泳で6冠を達成した池江璃花子が選出された[4]

第18回アジア競技大会
XVIII Asian Games
開催都市 インドネシアの旗 インドネシア
ジャカルタ/パレンバン
参加国・地域数 45[1]
競技種目数 40競技465種目
開会式 2018年8月18日
閉会式 2018年9月2日
開会宣言 ジョコ・ウィドド大統領
最終聖火ランナー スシ・スサンティ
主競技場 ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム
« 2014
2022 »
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

大会招致まで編集

2012年における開催都市決定編集

従来通りの間隔であれば2018年に開催される予定であるが、2009年7月29日のOCA総会において1年遅らせて2019年に開催することが決定した。2010年6月30日までに立候補を受け付け、2012年11月8日にマカオで行われたOCA総会にて開催地がハノイに決まった[5]。この時点ではベトナムでは初の開催となるはずであった。

立候補都市編集

開催権返上編集

2014年3月に、ベトナムでは国会にて、アジア大会の開催予算が当初計上した1.5億USドルでは現実的では無いとの懸念を提起し、過去の大会での経費を引用し3.0億USドル以上必要との試算を示した。加えて2003年の東南アジア競技大会ベトナム大会のために建設された施設のうち、ホーチミン市の多くの施設は使用出来ない状況にあるなど、訴えた[9]。その結果、2014年4月17日にグエン・タン・ズン首相が、財政難により大会運営費を調達できないとして大会開催を返上することを発表[2]。OCAは開催返上に当たり、違約金を課さないことを発表した。

代替開催地選考編集

これを受けて、OCAは代替開催地の選考を含めて新たな対応に乗り出す姿勢を示した[10]。代替開催地としてはインドネシア、中国、アラブ首長国が候補とされていた。インドネシアは2012年に落選したスラバヤも興味を示し、フィリピンも南京ユースオリンピック後に立候補を発表。インドはニューデリーが興味を示すもナレンドラ・モディ首相など政府の承認が下りず立候補を辞退した[11]。台湾では高雄市が興味を示すも[12]新北市2022年大会に立候補を決めている。

OCAは2014年9月20日仁川で行われるOCA総会で開催地を決める[13]予定となっていた。

代替開催地発表編集

OCAは2014年7月25日にクウェートで開催されたOCA総会にて、インドネシアのジャカルタがアジア競技大会の開催地に決定したと発表した。その際、2019年開催となっていたものを2018年に前倒しすることとし、パレンバンと共に2都市での開催に決定した[14]。これは公式的には2019年に大統領選挙があるため、1年前倒しで2018年の開催を希望したところ受け入れられた。1962年の第4回大会以来2度目の開催となる。正式には韓国仁川で開催された2014年大会閉会式にて次回開催地の発表を行なった。

参加国・地域編集

今大会では南北朝鮮合同チーム(3競技)が2018年平昌五輪に続いて結成される[15][16]

参加国・地域人数編集

IOCコード 参加国・地域 人数
AFG   アフガニスタン (AFG) 65
BAN   バングラデシュ (BAN) 117
BHU   ブータン (BHU) 24
BRN   バーレーン (BRN) 109
BRU   ブルネイ (BRU) 15
CAM   カンボジア (CAM) 45
CHN   中国 (CHN) 845
COR   南北合同チーム (COR) 60
HKG   香港 (HKG) 580
INA   インドネシア (INA) 941
IND   インド (IND) 572
IRI   イラン (IRI) 378
IRQ   イラク (IRQ) 56
JOR   ヨルダン (JOR) 35
JPN   日本 (JPN) 762
KAZ   カザフスタン (KAZ) 440
KGZ   キルギス (KGZ) 211
KOR   韓国 (KOR) 807
KSA   サウジアラビア (KSA) 169
KUW   クウェート (KUW) 24
LAO   ラオス (LAO) 142
LBN   レバノン (LBN) 28
MAC   マカオ (MAC) 109
MAS   マレーシア (MAS) 426
MDV   モルディブ (MDV) 146
MGL   モンゴル (MGL) 269
MYA   ミャンマー (MYA) 112
NEP   ネパール (NEP) 185
OMA   オマーン (OMA) 47
PAK   パキスタン (PAK) 245
PHI   フィリピン (PHI) 272
PLE   パレスチナ (PLE) 88
PRK   北朝鮮 (PRK) 168
QAT   カタール (QAT) 222
SGP   シンガポール (SGP) 265
SRI   スリランカ (SRI) 173
SYR   シリア (SYR) 73
THA   タイ (THA) 829
TJK   タジキスタン (TJK) 112
TKM   トルクメニスタン (TKM) 72
TLS   東ティモール (TLS) 69
TPE   チャイニーズタイペイ (TPE) 588
UAE   アラブ首長国連邦 (UAE) 138
UZB   ウズベキスタン (UZB) 232
VIE   ベトナム (VIE) 352
YEM   イエメン (YEM) 32

実施競技編集

2018年アジア競技大会では、以下の競技から465種目を実施[19]

この他、公開競技としてeスポーツ[20]、及びカヌーポロが初めて行われる。

国・地域別メダル獲得数編集

  *   開催国(インドネシア)[21]

国・地域
1   中国 (CHN) 132 92 65 282
2   日本 (JPN) 75 56 74 205
3   韓国 (KOR) 56 58 70 177
4   インドネシア (INA)* 31 24 43 98
5   ウズベキスタン (UZB) 21 24 25 70
6   イラン (IRI) 20 20 22 62
7   チャイニーズタイペイ (TPE) 17 19 31 67
8   インド (IND) 15 24 30 69
9   カザフスタン (KAZ) 15 17 44 76
10   北朝鮮 (PRK) 12 12 13 37
11-37 他の国・地域 78 119 205 402
総計 (37 NOCs) 465 465 622 1,552

競技施設・会場編集

競技施設は主にジャカルタ南スマトラ州パレンバンの4地区クラスターに配置されている(ジャカルタに3地区、パレンバンに1地区)が、補助的にバンテン州西ジャワ州に15会場と11のトレーニングセンターも用意されている[22]。組織委員会は2011年東南アジア競技大会の会場を出来るだけ活用することで費用削減を図る考えである。2018年2月のテストイベントののち、組織委員会はいくつかの競技をジャカルタ国際展示場(Jakarta International Expo)から、ジャカルタ・コンベンションセンターへ移動させた[23]

ジャカルタ地区編集

ゲロラ・ブン・カルノ・スポーツコンプレックス(Gelora Bung Karno Sports Complex)は改装後13競技を開催予定。築後55年になるゲロラ・ブン・カルノ・スタジアムの収容人数を88,000人から76,127人に削減。テロに備え顔認識システムの導入も予定されている。ジャカルタ国際自転車競技場(Jakarta International Velodrome)は東ジャカルタに新築された[24]。ジャカルタ国際馬事公苑(Jakarta International Equestrian Park)も収容人数1,000人の施設で新築[25]

パレンバン地区編集

ジャカバリン・スポーツシティー(Jakabaring Sport City)はゲロラ・シュリーヴィジャヤ・スタジアムの改装を含む計画を実施した[26][27]。ラナウ競技場など他の施設の改装も行なった[28]

その他の地域編集

大会マスコット編集

大会マスコットは、極楽鳥オオフウチョウ)の「ビンビン」(Bhin Bhin)、バウェアン島固有種バウェアンジカの「アトゥン」(Atung)、ジャワサイの「カカ」(Kaka)。それぞれインドネシアの東部、中部、西部を象徴する動物であるとともに、それぞれ戦略、スピード、強さを象徴している。またそれぞれのマスコットは、ビンビンがアスマット族様式のベスト、アトゥンがバティックサロン、カカはパレンバンの伝統的な花柄というように、異なる民族衣装をまとっている[29]

組織委員会が2015年9月に当初のエンブレムを発表した際に、極楽鳥を模したマスコット「ドラワ」を発表したが、エンブレムとともに国民に酷評されたため撤回した。最終のマスコットは、エンブレムとともに2016年7月28日に発表された[30][31][32]。 デザインを担当したジェファーソン・エドゥリ氏によると、くまモンなど日本のご当地キャラを参考にデザインしている。[33]

スポンサー編集

2018年アジア競技大会の公式スポンサーは、公式プレスティージアス・パートナー、公式パートナー、公式スポンサー、サポーティング・スポンサーの4層構造になっている[34]

公式プレスティージアス・パートナー編集

公式パートナー編集

公式スポンサー編集

テレビ放送編集

アジア大会はホストブロードキャスティングサービシズ(HBS)とIMGが設立したインターナショナルゲームズブロードキャスティングサービシズ(IGBS)がホストブロードキャスターを務め、アジアのみならず世界中で配信される。

  • 日本では前回大会同様、TBSNHKの共同制作で放送。地上波TBS系列での中継[35]を中心に、NHK(BS1・総合[36])、BS-TBS[37]にて放送。

脚注編集

  1. ^ OCAウェブサイトより[1]
  2. ^ a b c ベトナム、アジア大会開催を辞退…経済的理由で 読売新聞 2014年4月18日閲覧
  3. ^ 次回18年はジャカルタで決定へ=アジア大会 時事通信 2014年9月19日
  4. ^ “Japan's swimmer Ikee named Asian Games' MVP”. Xinhua News Agency. (2018年9月2日). http://www.xinhuanet.com/english/2018-09/02/c_137438736.htm 2021年8月11日閲覧。 
  5. ^ “2019年のアジア競技大会、ハノイでの開催が決定”. ベトナムニュース. (2012年11月13日). http://www.viet-jo.com/news/entertainment/121109043805.html 2012年11月13日閲覧。 
  6. ^ “19年アジア大会はハノイ OCA総会で開催地決定”. 日本経済新聞. (2012年11月9日). http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKE0682_Y2A101C1000000/ 2012年11月9日閲覧。 
  7. ^ “Big chance for RI to host 2019 Asian Games: KONI”. Jakarta Post. (2011年3月17日). http://www.thejakartapost.com/news/2011/03/17/big-chance-ri-host-2019-asian-games-koni.html 2011年3月17日閲覧。 
  8. ^ Menpora Terus Jajaki Kans Indonesia Gelar Asian Games 2019” (Indonesian). detik sport (2012年1月26日). 2012年2月6日閲覧。
  9. ^ [2]
  10. ^ 19年ハノイ辞退で代替都市選考へ OCA事務局長 産経新聞 2014年4月18日閲覧
  11. ^ [3]
  12. ^ [4]
  13. ^ Hong'e, Mo (2014年4月19日). “OCA to select 2019 Asian Games host city”. Ecns.cn. http://www.ecns.cn/2014/04-19/110206.shtml 2014年4月19日閲覧。 
  14. ^ [5]
  15. ^ a b North & South Korea agree to some combined teams at Asian Games”. BBC Sport. 2018年6月18日閲覧。
  16. ^ “南北が合同入場 ジャカルタ・アジア大会開幕”. 日本経済新聞社. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34319890Y8A810C1EA5000/ 2022年1月4日閲覧。 
  17. ^ Uthra Ganesan (2018年7月3日). “IOA clears 523-strong contingent for 18th Asian Games” (Indonesian). Antara. http://www.thehindu.com/sport/other-sports/ioa-clears-523-strong-contingent-for-18th-asian-games/article24323275.ece 2018年7月4日閲覧。 
  18. ^ Ramakrishnan, Karuppiah (2018年7月5日). “SL to send record number of athletes to Asian Games”. Daily News (Colombo, Sri Lanka). http://www.dailynews.lk/2018/07/05/sports/155940/sl-send-record-number-athletes-asian-games 2018年7月5日閲覧。 
  19. ^ JOC公式ウェブサイト[6]より
  20. ^ “光、音の演出…さながらライブ会場 eスポーツに観客熱狂”. 産経新聞. (2018年8月26日). https://www.sankei.com/article/20180826-CZCRYWBJNRMMZJ2TXMHX5M5TCY/ 2018年8月26日閲覧。 
  21. ^ Medals”. asiangames2018.id. 2018年9月2日閲覧。
  22. ^ “Indonesia Works Hard to Complete Asian Games 2018 Facilities”. Tempo. https://en.tempo.co/read/news/2017/04/23/068868768/Indonesia-Works-Hard-to-Complete-Asian-Games-2018-Facilities 2018年1月3日閲覧。 
  23. ^ Raya, Mercy (2018年4月7日). “Lima Bulan Menuju Asian Games, INASGOC Ubah Venue Cabor” (Indonesian). https://sport.detik.com/sport-lain/3958978/lima-bulan-menuju-asian-games-inasgoc-ubah-venue-cabor 2018年7月18日閲覧。 
  24. ^ “Perusahaan Inggris Bangun Velodrome Asian Games 2018”. Tempo. https://sport.tempo.co/read/774209/perusahaan-inggris-bangun-velodrome-asian-games-2018 2018年1月3日閲覧。 
  25. ^ “Pulo Mas equestrian facility to be completed next month”. The Jakarta Post. http://www.thejakartapost.com/news/2017/10/14/pulo-mas-equestrian-facility-to-be-completed-next-month.html 2018年1月3日閲覧。 
  26. ^ “Direnovasi, Kapasitas Stadion Jakabaring Berkurang” (インドネシア語). superball.bolasport.com. https://superball.bolasport.com/read/bola/liga-1/184773-direnovasi-kapasitas-stadion-jakabaring-berkurang 2018年7月12日閲覧。 
  27. ^ Media, Kompas Cyber (2018年5月31日). “APP Sinar Mas Serahkan Jakabaring Bowling Center - Kompas.com” (英語). KOMPAS.com. https://olahraga.kompas.com/read/2018/05/31/04134958/app-sinar-mas-serahkan-jakabaring-bowling-center 2018年7月12日閲覧。 
  28. ^ “Jelang Asian Games, ISTAF Apresiasi Persiapan GOR Ranau - klikampera” (インドネシア語). klikampera. (2018年3月28日). https://www.klikampera.com/jelang-asian-games-istaf-apresiasi-persiapan-gor-ranau/ 2018年7月19日閲覧。 
  29. ^ [7]
  30. ^ Wardhani, Dewanti A.. “Ministry to change logo, mascot after outcry”. The Jakarta Post. 2016年3月4日閲覧。
  31. ^ Etchells, Daniel (2016年7月29日). “Official logo and mascots relaunched for 2018 Asian Games”. Inside the Games. http://www.insidethegames.biz/articles/1040089/official-logo-and-mascots-relaunched-for-2018-asian-games 2017年7月22日閲覧。 
  32. ^ Ina Parlina (2016年7月29日). “RI gets down to business with new logo, cute mascots”. The Jakarta Post (Jakarta). http://www.thejakartapost.com/news/2016/07/29/ri-gets-down-to-business-with-new-logo-cute-mascots.html 2017年10月21日閲覧。 
  33. ^ 「くまモン」参考のアジア大会マスコット グッズが人気
  34. ^ [8]
  35. ^ 生中継の場合が多いが、録画中継の種目もある。
  36. ^ 24時台に当日種目のダイジェスト版のみ放送。
  37. ^ 23時台に一部種目を録画中継

外部リンク編集