メインメニューを開く

スラウェシ島地震(スラウェシとうじしん、インドネシア語: Gempa bumi Sulawesi)とは、2018年9月28日18時2分43秒にインドネシアスラウェシ島中部スラウェシ州ドンガラ県パルの北78kmを震央として発生したモーメント・マグニチュード(Mw)7.5の地震[3]。世界でも例のない、液状化現象による大規模な被害が発生し[4][5]地すべりによるとみられる津波も発生した。

2018年スラウェシ島地震
2018年スラウェシ島地震の位置(スラウェシ島内)
パル
パル
2018年スラウェシ島地震
本震
発生日 2018年9月28日
発生時刻 18時02分43秒(現地時間UTC+8
震源の深さ 10.0 km
規模    モーメントマグニチュード(Mw)7.5
津波 約11.3 m - パル東部[1]
地震の種類 左横ずれ断層
前震
最大前震 M 6.1 - 9月28日15時00分[2]
被害
被害地域  インドネシア中部スラウェシ州
出典:特に注記がない場合はアメリカ地質調査所[3]による。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

地震編集

本震の発震機構は南北走向の左横ずれ断層型と推定されている[3]。メカニズム解および余震分布から、震源断層は左横ずれ断層であるパル-コロ断層とみられる[6]。この断層はスラウェシ島北西沖からパルを経由してスラウェシ島中部まで、北北西から南南東に延びる形で分布している。この断層の平均変位速度は32-45 mm/年と非常に活動的であり、スンダプレートモルッカ海プレートトランスフォーム境界とされている[7]

M7.5の本震の約3時間前にM6.1の地震が発生しており[2]、この前震によって1人が死亡、10人が負傷が報告されていた[8]

この地震によってドンガラやパルでは改正メルカリ震度階級IXが報告されている[3]

液状化編集

パル市サウスパルのペトボ地区(地図[9]など3地域で、液状化現象による大規模な泥流が発生した[5]。これによる被害地域は計5平方キロ以上で、いずれも傾きが1度程度のなだらかな斜面であり[5]、場所によっては1キロ以上も地面が水平に移動[5]、幅1キロ、長さ3キロにわたって流動した[4]。この現象は地下水圧が高い地層(被圧帯水層)が影響しているとみられ[5]、地震前から棒を刺すと水が出たこともあったという[5]。現地を調査した東京大学准教授の清田隆は、水圧の高い地層の上を普段は粘土層が蓋をする形となっているが、地震によりこれが崩れ、地下水の上昇が続いて液状化が止まらなかった可能性を指摘した[4]。なお日本で同様の大規模な地盤流動が発生した記録はない[5]

津波編集

地震発生直後に中部スラウェシ州と西スラウェシ州沿岸に津波警報が発表されたが、1時間後に解除された[10]。その後パルで2m程度の津波が到達している動画や画像がSNS上に挙がり、津波が発生していたことが確認された[11]

インドネシア国家災害対策庁の報道官は今回の地震による津波が最大で11.3mの高さに達していたと発表した。津波は海岸線から約468mの内陸部まで達したという[1]

この地震の発震機構は左横ずれ断層型であり、ふつうは大きな津波を発生させない。パル湾で大きな津波を発生させた要因としては、沿岸や海底で発生した複数の地すべりによるものの可能性が高い[12][4]。津波の到達時間が通常よりも早く、浸水範囲が海岸から100-300メートルの範囲に限られていた事は、原因が地すべりである可能性を示している[13]港湾空港技術研究所の佐々真志によると、この津波の原因となった地すべりは液状化によってもたらされたもので、沿岸部の少なくとも5か所で痕跡を確認したと言う[14]。一方、湾内の海底の大半が地震によって陥没した形跡があり、これが津波を発生させたとの研究報告もある[15]

被害編集

インドネシア国家防災庁は10月26日時点で、死者数を2081人、特定できた行方不明者を1309人と発表した[16][17]。一方で当局は5000人以上が行方不明になっているとみている[18]。政府は同年10月12日に大規模な捜索活動を打ち切った[19][17]

パルで発生した大規模な液状化現象により、住宅は流されながら倒壊したり押しつぶされたりした[4]国際協力機構(JICA)は、死者2113人、行方不明者1300人以上の大部分は液状化に起因すると分析している[14]。このように液状化が原因となって多数が死亡した類例は世界的にもない[14]

中部スラウェシ州のパルやドンガラでは地震発生直後に停電が発生した。また、通信基地局500ヵ所以上が被害を受けた[20]

パルでは病院やモスクのほとんどが崩壊した。また、5階建のショッピングセンターMALL TATURAが崩壊。その他のショッピングセンターも崩壊し、数十人が閉じ込められた。8階建のホテルRoa Roa Hotelも地震によって崩壊した[21]。パルを象徴的する建造物であるパル川河口付近に架かる橋、パル橋IVインドネシア語版も地震と津波によって崩壊した[22]。パルのムティアラ・SIS・アル・ジュフリー空港英語版では、滑走路に約500mの亀裂が入ったほか、管制塔が崩壊したことから、空港を一時閉鎖した[23]

スラウェシ島にある3か所の刑務所から、受刑者およそ1200人が脱獄したことを明らかにした[24]

パル、神戸国際支縁機構 (2018年9月30日)、 被災の子ども施設建造着工[25]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 津波最大11.3m 公式データは初” (2018年10月10日). 2018年10月10日閲覧。
  2. ^ a b M 6.1 - 55km NNW of Palu, Indonesia” (英語). アメリカ地質調査所 (2018年9月28日). 2018年9月28日閲覧。
  3. ^ a b c d M 7.5 - 78km N of Palu, Indonesia” (英語). アメリカ地質調査所 (2018年9月28日). 2018年9月28日閲覧。
  4. ^ a b c d e 【クローズアップ科学】液状化と地滑り津波で被害拡大 インドネシア地震産経ニュース(2018年11月11日)、2019年1月12日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g “インドネシア地震 地下の高水圧で大規模泥流 東大調査”. 毎日新聞. (2018年11月6日). https://mainichi.jp/articles/20181107/k00/00m/030/009000c 2018年11月6日閲覧。 
  6. ^ 東北大学災害科学国際研究所、今村文彦2018年インドネシア・パル(スラウェシ島)地震津波インドネシア・パル地震・津波の現地調査報告(2018年インドネシア・パル地震津波に関する現地調査報告会資料、2018年10月11日)、2019年1月12日閲覧。
  7. ^ Bellier et al. (2001). “High slip rate for a low seismicity along the Palu-Koro active fault in central Sulawesi (Indonesia)”. Terra Nova, Wiley-Blackwell 13 (6): 463-370. doi:10.1046/j.1365-3121.2001.00382.x. https://hal.archives-ouvertes.fr/hal-00802264 2018年9月28日閲覧。. 
  8. ^ “Dua gempa besar terjadi di Donggala, Sulawesi Tengah, peringatan dini tsunami sudah berakhir”. BBC Indonesia. (2018年9月28日). https://www.bbc.com/indonesia/indonesia-45680350 2018年9月28日閲覧。 
  9. ^ “Quake-triggered mudflow flattens Palu villages, thousands feared dead”. The Jakarta Post. (2018年10月1日). http://www.thejakartapost.com/news/2018/09/30/quake-triggered-mudflow-flattens-palu-villages-thousands-feared-dead.html 2018年10月1日閲覧。 
  10. ^ “Tsunami Warning Called Off After 7.5 Magnitude Earthquake Hits Indonesia”. NDTV.com. (2018年9月28日). https://www.ndtv.com/world-news/indonesia-earthquake-tsunami-warning-after-powerful-7-5-magnitude-earthquake-hits-indonesia-1923775 2018年9月28日閲覧。 
  11. ^ “Indonesia Earthquake, Tsunami Causes Major Damage on Sulawesi Island”. Weather.com. (2018年9月28日). https://weather.com/news/news/2018-09-28-indonesia-earthquakes-sulawesi 2018年9月28日閲覧。 
  12. ^ Fountain, Henry (2018年9月30日). “Scientists Surprised by Power of Indonesia Tsunami”. ニューヨーク・ポスト. https://www.nytimes.com/2018/09/30/world/asia/indonesia-tsunami-science.html 2018年10月1日閲覧。 
  13. ^ インドネシア地震 津波、海底の地滑りが原因か、毎日新聞(2018年10月9日)、2019年1月12日閲覧。
  14. ^ a b c 地滑り・津波、液状化が原因=「日本でも起き得る」-インドネシア地震・JICAAFPBBNews(2018年10月24日)、2019年1月12日閲覧。
  15. ^ インドネシア津波 「驚きの発見」で仕組み解明へBBC NEWS JAPAN(2018年12月11日)、2019年1月12日閲覧。
  16. ^ “1309人不明のまま”. 毎日新聞. (2018年10月27日). https://mainichi.jp/articles/20181028/k00/00m/030/043000c 2018年11月6日閲覧。 
  17. ^ a b “インドネシア地震1カ月、なお1300人以上が不明”. 日本経済新聞. (2018年10月28日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO37045850Y8A021C1CC1000?s=0 2018年11月6日閲覧。 
  18. ^ “スラウェシ島地震・津波、捜索打ち切り 現在も5000人が行方不明”. AFPBB. (2018年10月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/3192967?act=all 2018年11月6日閲覧。 
  19. ^ “インドネシア地震、捜索打ち切り 死者2千超、多数の生死不明”. 福井新聞. (2018年10月12日). https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/718047 2018年11月6日閲覧。 
  20. ^ Lebih dari 500 BTS di Palu dan Donggala Tak Berfungsi”. Liputan6. 2018年9月29日閲覧。
  21. ^ Indonesia earthquake: At least 30 dead in Palu”. BBC. 2018年9月29日閲覧。
  22. ^ Jembatan Kuning Ikon Palu Hancur Akibat Gempa, Ini Kondisinya”. Detik. 2018年9月29日閲覧。
  23. ^ Jaringan Telekomunikasi dan ATC di Palu Terputus Akibat Gempa”. Pikiran Rakyat. 2018年9月29日閲覧。
  24. ^ スラウェシ島地震、刑務所3か所から受刑者1200人が脱獄” (2018年10月1日). 2018年10月2日閲覧。
  25. ^ “孤児の児童施設 建造”. (神戸新聞 (2018年11月6日)、 読売新聞 (2018年11月9日)、 中外日報 (2018年11月21日)、 クリスチャン新聞 (2017年11月25日)、 ラダー スルテン紙 (2019年5月10日))