メインメニューを開く
2018年-19年のフォーミュラEのシーズン
前年: 2017年-18 翌年: 2019年-20

2018年-19年のフォーミュラEは、フォーミュラEの5年目のシーズンである。

目次

レギュレーション変更編集

  • 今シーズンから新たなシャシー「Gen2」が導入される。「Gen2」はバッテリーの大容量化が図られ電力量が約2倍になったため、マシン乗り換えの必要がなくなった[1]
  • 従来、規定周回数で争われていたレースは、45分+1周の時間レースとなる。
  • スーパーポールの枠が1つ増え、上位6名がスーパーポールに進出できるようになった。
  • 決勝レース中に使用できる新たなパワーモードとして「アタックモード」が設けられる。決勝では通常時の最大出力が200kWなのに対し、アタックモードでは最大225kWまでの出力を使用することが認められる。一方でアタックモードの利用にはレーシングライン外に設けられる「アクティベーションゾーン」を通過した上で、ステアリング上にあるボタンを押さなければいけない(この仕組みはマリオカートシリーズを参考にしたという)[2]。なおアタックモードを利用できる時間・回数については、各エントラントがシミュレーションで最適解を見つけるのを防ぐため、決勝レーススタートの数時間前まで公開されない[2]
  • ファンブーストの獲得者が3名から5名に拡大される。ファンブースト獲得者は、アタックモードのうち1回で、最大250kWまでの出力が使用できる。ただし、レースタイムの経過時間が23分以降でなければ使用できない。

参戦チーム・ドライバー編集

エントラント マニュファクチャラー マシン名 No. ドライバー 参戦Rd. リザーブドライバー
  DS・テチーター DSオートモビルズ DS E-Tense FE 19 25   ジャン=エリック・ベルニュ All   ジェームズ・ロシター
  周冠宇
36   アンドレ・ロッテラー All
  アウディ・スポーツ・アプト・シェフラー・フォーミュラEチーム アウディ・スポーツ Audi e-tron FE05 11   ルーカス・ディ・グラッシ All   ニコ・ミュラー
66   ダニエル・アプト All
  エンヴィジョン・ヴァージン・レーシング アウディ・スポーツ Audi e-tron FE05 2   サム・バード All
4   ロビン・フラインス All
  マヒンドラ・レーシング マヒンドラ Mahindra M5Electro 64   ジェローム・ダンブロシオ All   ニック・ハイドフェルド
  サム・デヨング
94   フェリックス・ローゼンクビスト 1
  パスカル・ウェーレイン 2-
 [3] ニッサンe.dams ニッサン Nissan IM01 23   セバスチャン・ブエミ[4] All   高星明誠
  ヤン・マーデンボロー
22   オリバー・ローランド All
  パナソニック・ジャガー・レーシング ジャガー Jaguar I-Type III 3   ネルソン・ピケJr. 1-6   董荷斌
  アレックス・リン 7-
20   ミッチ・エバンス All
  ヴェンチュリー・フォーミュラEチーム ヴェンチュリー Venturi VFE05 48   エドアルド・モルタラ All   ノーマン・ナト
  シモーナ・デ・シルベストロ
19   フェリペ・マッサ All
  NIO・フォーミュラEチーム NIO NIO Sport 004 16   オリバー・ターベイ All   馬青驊
8   トム・ディルマン All
  ジェオックス・ドラゴン ペンスキー Penske EV-3 7   ホセ・マリア・ロペス All   アントニオ・フォコ
  マキシミリアン・ギュンター
6   マキシミリアン・ギュンター 1-3, 7-10
  フェリペ・ナッセ 4-6
 [3] BMW i・アンドレッティ・モータースポーツ BMW BMW iFE.18 28   アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ All   ベイスク・フィッセール
  ブルーノ・スペングラー
27   アレクサンダー・シムズ All
  HWA・レースラボ ヴェンチュリー Venturi VFE05 17   ゲイリー・パフェット All   ダニエル・ジュンカデラ
5   ストフェル・バンドーン All

前年まで複数チームにマシン類を提供していたルノー・スポールがマニュファクチャラーから撤退。ルノーとの合弁チームであったe.damsは日産自動車と提携し、本年度からチーム国籍がフランスから日本に変更された。

ドライバー変更編集

  • マヒンドラは開幕戦に限り、メルセデスとの契約のため参戦できないパスカル・ウェーレインに代え、フェリックス・ローゼンクビストを起用。
  • ドラゴンは第4戦以降、マキシミリアン・ギュンターに代え、フェリペ・ナッセを起用。第7戦から第10戦はUSCC参戦のため欠場するナッセに代え、ギュンターが復帰。
  • ジャガーは第7戦以降、ネルソン・ピケJr.に代え、アレックス・リンを起用。

開催スケジュール編集

Rd. レース名称 都市 開催日 周回数
1 SAUDIA Ad Diriyah E-Prix   サウジアラビア ディルイーヤ 2018年12月15日 33周
2 Marrakesh E-Prix   モロッコ マラケシュ 2019年1月12日 31周
3 Antofagasta Minerals Santiago E-Prix   チリ サンティアゴ 2019年1月26日 36周
4 CBMM Niobium Mexico City E-Prix   メキシコ メキシコシティ
エルマノス・ロドリゲス・サーキット
2019年2月16日 45周
5 HKT Hong Kong E-Prix   香港 香港 2019年3月10日 36周
6 FWD Sanya E-Prix   中国 三亜 2019年3月23日 36周
7 GEOX Rome E-Prix   イタリア ローマ 2019年4月13日 29周
8 Paris E-Prix   フランス パリ 2019年4月27日 32周
9 Monaco E-Prix   モナコ モンテカルロ
モンテカルロ市街地コース
2019年5月11日 51周
10 BMW i Berlin E-Prix Presented by CBMM Niobium   ドイツ ベルリン
ベルリン・テンペルホーフ空港
2019年5月25日 37周
11 Julius Baer Bern E-Prix   スイス ベルン 2019年6月22日
12 New York City E-Prix Race 1   アメリカ ニューヨーク 2019年7月13日
13 New York City E-Prix Race 2 2019年7月14日

結果編集

レース編集

Rd. レース名 ポールポジション ファステストラップ 勝者 優勝エントラント
1   ディルイーヤ   アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ   アンドレ・ロッテラー   アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ   BMW i・アンドレッティ・モータースポーツ
2   マラケシュ   サム・バード   ルーカス・ディ・グラッシ   ジェローム・ダンブロシオ   マヒンドラ・レーシング
3   サンティアゴ   セバスチャン・ブエミ[5]   ダニエル・アプト   サム・バード   エンヴィジョン・ヴァージン・レーシング
4   メキシコシティ   パスカル・ウェーレイン   パスカル・ウェーレイン   ルーカス・ディ・グラッシ   アウディ・スポーツ・アプト・シェフラー・フォーミュラEチーム
5   香港   ストフェル・バンドーン   アンドレ・ロッテラー[6]   エドアルド・モルタラ[7]   ヴェンチュリー・フォーミュラEチーム
6   三亜   オリバー・ローランド   ジャン=エリック・ベルニュ   ジャン=エリック・ベルニュ   DS・テチーター
7   ローマ   アンドレ・ロッテラー   ジャン=エリック・ベルニュ[8]   ミッチ・エバンス   パナソニック・ジャガー・レーシング
8   パリ   オリバー・ローランド[9]   トム・ディルマン[10]   ロビン・フラインス   エンヴィジョン・ヴァージン・レーシング
9   モナコ   オリバー・ローランド[11]   パスカル・ウェーレイン   ジャン=エリック・ベルニュ   DS・テチーター
10   ベルリン   セバスチャン・ブエミ   ルーカス・ディ・グラッシ   ルーカス・ディ・グラッシ   アウディ・スポーツ・アプト・シェフラー・フォーミュラEチーム
11   ベルン
12   ニューヨーク
13

ドライバーズ・チャンピオンシップ編集

上位10台とポールポジション及び上位10台のファステストラップには以下のポイントが加算される。

順位  1位   2位   3位   4位   5位   6位   7位   8位   9位   10位  PP FL
ポイント 25 18 15 12 10 8 6 4 2 1 3 1

(略号と色の意味はこちらを参照

順位 ドライバー ADR
 
MAR
 
STI
 
MEX
 
HKG
 
SNY
 
RME
 
PAR
 
MON
 
BER
 
BRN
 
NYC
 
Pts
1   ジャン=エリック・ベルニュ 2 5 Ret 13 13 1 14 6 1 3 102
2   ルーカス・ディ・グラッシ 9* 7 12 1* 2 15†* 7* 4 Ret 1 96
3   アンドレ・ロッテラー 5 6 13 5 14 4 2 2 7 Ret 86
4   アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ 1* Ret* Ret* 2* 10* 3* 9* 7* DSQ* 4* 82
5   ロビン・フラインス 12 2 5 11 3 14† 4 1 17† 13 81
6   ミッチ・エバンス 4 9 6 7 7 9 1 16 6 12 69
7   ダニエル・アプト 8* 10 3* 10* 4* 5* 18* 3* 15* 6* 67
8   ジェローム・ダンブロシオ 3 1 10* 4 Ret 6 8 17† 11 17 65
9   オリバー・ローランド 7 15 Ret 20† Ret 2 6 12 2 8 63
10   セバスチャン・ブエミ 6 8* Ret* 21†* Ret* 8* 5* 15* 5* 2* 61
11   サム・バード 11 3 1 9 6 Ret 11 11 16† 9 56
12   エドアルド・モルタラ 19 13 4 3 1 13 Ret Ret Ret 11 52
13   パスカル・ウェーレイン Ret* 2 6 Ret* 7 10 10 4 10 52
14   フェリペ・マッサ 17* 18* Ret 8 5 10 Ret 9* 3 15* 32
15   ストフェル・バンドーン 16* Ret* Ret* 18* Ret* Ret* 3* Ret* 9* 5* 30
16   アレクサンダー・シムズ 18 4 7 14 Ret Ret 17 Ret 13 7 24
17   マキシミリアン・ギュンター 15 12 Ret 19† 5 Ret 14 10
18   ゲイリー・パフェット Ret Ret 14 16 8 Ret Ret 8 12 16 8
19   オリバー・ターベイ 13 16 8 12 9 11 13 14 Ret 18 6
20   アレックス・リン 12 Ret 8 Ret 4
21   ホセ・マリア・ロペス Ret 11 9 17 11 Ret 16 13 10* 20 3
22   ネルソン・ピケJr. 10 14 11 Ret Ret Ret 1
23   トム・ディルマン 14 17 Ret 15 12 12 15 Ret 14 19 0
24   フェリペ・ナッセ 19 Ret Ret 0
-   フェリックス・ローゼンクビスト Ret 0
順位 ドライバー ADR
 
MAR
 
STI
 
MEX
 
HKG
 
SNY
 
RME
 
PAR
 
MON
 
BER
 
BRN
 
NYC
 
Pts

太字 - ポールポジション斜体 - ファステストラップ、* - ファンブースト
† 印はリタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。

チーム・チャンピオンシップ編集

順位 エントラント 車番 ADR
 
MAR
 
STI
 
MEX
 
HKG
 
SNY
 
RME
 
PAR
 
MON
 
BER
 
BRN
 
NYC
 
Pts
1   DS・テチーター 25 2 5 Ret 13 13 1 14 6 1 3 188
36 5 6 13 5 14 4 2 2 7 Ret
2   アウディ・スポーツ・アプト・シェフラー・フォーミュラEチーム 11 9* 7 12 1* 2 15†* 7* 4 Ret 1 163
66 8* 10 3* 10* 4* 5* 18* 3* 15* 6*
3   エンヴィジョン・ヴァージン・レーシング 2 11 3 1 9 6 Ret 11 11 16† 9 137
4 12 2 5 11 3 14 4 1 17† 13
4   ニッサン・e.dams 23 6 8* Ret* 21†* Ret* 8* 5* 15* 5* 2* 124
22 7 15 Ret 20† Ret 2 6 12 2 8
5   マヒンドラ・レーシング 64 3 1 10* 4 Ret 6 8 17† 11 17 117
94 Ret Ret* 2 6 Ret* 7 10 10 4 10
6   BMW i・アンドレッティ・モータースポーツ 28 1* Ret* Ret* 2* 10* 3* 9* 7* DSQ* 4* 106
27 18 4 7 14 Ret Ret 17 Ret 13 7
7   ヴェンチュリー・フォーミュラEチーム 48 19 13 4 3 1 13 Ret Ret Ret 11 84
19 17* 18* Ret 8 5 10 Ret 9* 3 15*
8   パナソニック・ジャガー・レーシング 3 10 14 11 Ret Ret Ret 12 Ret 8 Ret 74
20 4 9 6 7 7 9 1 16 6 12
9   HWA・レースラボ 17 Ret Ret 14 16 8 Ret Ret 8 12 16 38
5 16* Ret* Ret* 18* Ret* Ret* 3* Ret* 9* 5*
10   ジェオックス・ドラゴン 7 Ret 11 9 17 11 Ret 16 13 10* 20 13
6 15 12 Ret 19 Ret Ret 19 5 Ret 14
11   NIO・フォーミュラEチーム 16 13 16 8 12 9 11 13 14 Ret 18 6
8 14 17 Ret 15 12 12 15 Ret 14 19
順位 エントラント 車番 ADR
 
MAR
 
STI
 
MEX
 
HKG
 
SNY
 
RME
 
PAR
 
MON
 
BER
 
BRN
 
NYC
 
Pts

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ レース中の乗り換え不要。フォーミュラE次世代モデル"Gen2"初公開”. jp.motorsport.com/ (2018年3月6日). 2018年12月2日閲覧。
  2. ^ a b フォーミュラE、”アタックモード”運用法発表。日本のゲームを参考に!? - motorsport.com 2018年12月5日
  3. ^ a b 2018 - 2019 FIA FORMULA E CHAMPIONSHIP Ad Diriyah E-Prix - Official Entry List”. 2018年12月15日閲覧。
  4. ^ 日産自動車、ブエミとアルボンの起用を発表”. f1-gate.com (2018年9月20日). 2018年9月20日閲覧。
  5. ^ 予選では  ルーカス・ディ・グラッシがポールポジションを獲得したが、予選後にレギレーション違反によって失格となり、予選2番手だったブエミが昇格した。
  6. ^ ポイントは  サム・バードが獲得。
  7. ^ レースでは  サム・バードがトップチェッカーを受けたが、残り2周での  アンドレ・ロッテラーとの接触に対し5秒のタイム加算ペナルティが科され6位に降格したため、2位でチェッカーを受けたモルタラが昇格し、優勝となった。
  8. ^ ポイントは  セバスチャン・ブエミが獲得。
  9. ^ 予選では  パスカル・ウェーレインがポールポジションを獲得したが、予選後にタイヤ圧の違反によって失格となり、予選2番手だったローランドが昇格した。
  10. ^ ポイントは  ロビン・フラインスが獲得。
  11. ^ 予選ではローランドがポールポジションを獲得したが、前戦での接触による3グリッド降格処分により予選2番手だった  ジャン=エリック・ベルニュが昇格。なお、ポールポジションに与えられる3ポイントはローランドが獲得している。