2018-2019シーズンのNBA

2018-2019シーズンのNBAは、NBAの73回目のシーズンである。プレシーズンは、2018年9月28日に始まり、10月12日終了。レギュラーシーズンは、2018年10月16日に始まり、2019年4月10日に終了。

2018-2019シーズンのNBA
トロント・ラプターズ 
期間 2018年10月16日-2019年6月
TV 放送 ABC, TNT, ESPN, NBA TV
観客動員数  人
サラリーキャップ  101.8百万ドル
ドラフト
トップ指名 ディアンドレ・エイトン(20歳)/アリゾナ大学
指名チーム フェニックス・サンズ
レギュラーシーズン
MVP ヤニス・アデトクンボ
新人王 ルカ・ドンチッチ
チーム平均得点  
プレーオフ
 イースタン  優勝 トロント・ラプターズ
   ミルウォーキー・バックス
ファイナル
 チャンピオン NBA FINAL CHAMP.png トロント・ラプターズ
ファイナルMVP カワイ・レナードトロント・ラプターズ
Arrow Blue Left 001.svg2017-18

移籍編集

引退選手編集

フリーエージェント編集

NBAフリーエージェントの交渉は2018年7月1日より開始され、7月6日から期限までに契約が交わされた。

ヘッドコーチの交代編集

ヘッドコーチの交代
オフシーズン
チーム 2017–18 2018–19
シーズン中
チーム 前任 後任

オフシーズン編集

ドラフト編集

ドラフトではディアンドレ・エイトンフェニックス・サンズから全体1位指名を受けた。他には、ルカ・ドンチッチ(3位)、トレイ・ヤング(5位)、ウェンデル・カーター・ジュニア(7位)、コリン・セクストン(8位)、シェイ・ギルジアス=アレクサンダー(11位)、マイルズ・ブリッジズ(12位)、マイケル・ポーター・ジュニア(14位)、アンファニー・サイモンズ(24位)、デズモンド・ベイン(30位)、ジェイレン・ブランソン(33位)、ディボンテ・グラハム(34位)、ゲイリー・トレント・ジュニア(37位)などが指名を受けた。ドラフト外選手にはケンドリック・ナンらがいる。

オールスターにはL・ドンチッチ、T・ヤングの2人が選ばれている。

プレシーズン編集

プレシーズンは、2018年9月28日(現地時間)に始まり、10月12日(同)終了。

レギュラーシーズン編集

レギュラーシーズンは、2018年10月16日(現地時間)に始まり、2019年4月10日(同)終了。

DR = ディビジョン順位, CR = カンファレンス順位,PCT = 勝率 Z = 全体でホームコートアドバンテージ,x = カンファレンスでホームコートアドバンテージ

イースタン・カンファレンス
アトランティック・ディビジョン
DR CR チーム PCT
1 2  TOR  トロント・ラプターズ 58 24 0.707
2 3  PHI  フィラデルフィア・セブンティシクサーズ 51 31 0.622
3 4  BOS  ボストン・セルティックス 49 33 0.598
4 6  BKN  ブルックリン・ネッツ 42 40 0.512
5 15  NYK  ニューヨーク・ニックス 17 65 0.207
セントラル・ディビジョン
DR CR チーム PCT
1 1  MIL  ミルウォーキー・バックス 60 22 0.732
2 5  IND  インディアナ・ペイサーズ 48 34 0.585
3 8  DET  デトロイト・ピストンズ 41 41 0.500
4 13  CHI  シカゴ・ブルズ 22 60 0.268
5 14  CLE  クリーブランド・キャバリアーズ 19 63 0.232
サウスイースト・ディビジョン
DR CR チーム PCT
1 7  ORL  オーランド・マジック 42 40 0.512
2 9  CHA  シャーロット・ホーネッツ 39 43 0.476
3 10  MIA  マイアミ・ヒート 39 43 0.476
4 11  WAS  ワシントン・ウィザーズ 32 50 0.390
5 12  ATL  アトランタ・ホークス 29 53 0.354
ウェスタン・カンファレンス
ノースウェスト・ディビジョン
DR CR チーム PCT
1 2  DEN  デンバー・ナゲッツ 54 28 0.659
2 3  TOR  ポートランド・トレイルブレイザーズ 53 29 0.646
3 5  UTA  ユタ・ジャズ 50 32 0.610
4 6  OKC  オクラホマシティ・サンダー 49 33 0.598
5 11  MIN  ミネソタ・ティンバーウルブズ 36 46 0.439
パシフィック・ディビジョン
DR CR チーム PCT
1 1  GSW  ゴールデンステート・ウォリアーズ 57 25 0.695
2 8  LAC  ロサンゼルス・クリッパーズ 48 34 0.585
3 9  SAC  サクラメント・キングス 39 43 0.476
4 10  LAL  ロサンゼルス・レイカーズ 37 45 0.451
5 15  PHO  フェニックス・サンズ 19 63 0.232
サウスウェスト・ディビジョン
DR CR チーム PCT
1 4  HOU  ヒューストン・ロケッツ 53 29 0.646
2 7  SAS  サンアントニオ・スパーズ 48 34 0.585
3 12  MEM  メンフィス・グリズリーズ 33 49 0.402
4 13  NOP  ニューオーリンズ・ペリカンズ 33 49 0.402
5 14  DAL  ダラス・マーベリックス 33 49 0.402

オールスター・ウィークエンド編集

出場選手編集

オールスターゲーム編集

February 18, 2019
9:30 p.m. ET
 レブロン  178,  ヤニス  164
クォーター・スコア: 37–53, 45–42, 50–36, 46–33
Pts: ケビン・デュラント 31
Rebs: カイリー・アービング 9
Asts: ベン・シモンズ 7
Pts: ヤニス・アデトクンポ 38
Rebs: ジョエル・エンビード 12
Asts: ケンバ・ウォーカー 8
スペクトラム・センター, シャーロット

スタッツリーダー編集

個人スタッツリーダー編集

スタッツ 受賞者 チーム
得点 ジェームズ・ハーデン  HOU 
アシスト ラッセル・ウェストブルック  OKC 
リバウンド アンドレ・ドラモンド  DET 
ブロック マイルズ・ターナー  IND 
スティール ポール・ジョージ  OKC 
3ポイント% ジョー・ハリス  BKN 
# 得点 リバウンド アシスト スティール
選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg
1 ジェームズ・ハーデン(HOU) 36.1 アンドレ・ドラモンド(DET) 15.6 ラッセル・ウェストブルック(OKC) 10.7 ポール・ジョージ(OKC) 2.2
2 ポール・ジョージ(OKC) 28.0 ジョエル・エンビード(PHI) 13.6 カイル・ロウリー(TOR) 8.7 クリス・ポール(OKC) 2.0
3 ヤニス・アデトクンボ(MIL) 27.7 デアンドレ・ジョーダン(NYK) 13.1 クリス・ポール(HOU) 8.1 ジェームズ・ハーデン(HOU) 2.0
# ブロックショット FG成功率 3P成功率 FT成功率
選手名 avg 選手名 % 選手名 % 選手名 %
1 マイルズ・ターナー(IND) 2.7 ルディ・ゴベール(UTA) 66.9 ジョー・ハリス(BKN) 47.4 マルコム・ブログドン(MIL) 92.8
2 ミッチェル・ロビンソン(NYK) 2.4 クリント・カペラ(HOU) 64.8 ダニー・グリーン(TOR) 45.5 ステフィン・カリー(GSW) 91.6
3 ルディ・ゴベール(UTA) 2.3 ジャベール・マギー(LAL) 62.4 セス・カリー(POR) 45.0 デイミアン・リラード(POR) 91.2

個人ゲームハイ編集

項目 プレーヤー チーム 記録
得点 ジェームズ・ハーデン ヒューストン・ロケッツ 61
リバウンド カール=アンソニー・タウンズ ミネソタ・ティンバーウルブズ 27
アシスト ラッセル・ウェストブルック オクラホマシティ・サンダー 24
スティール
ブロック
3ポイント成功数 クレイ・トンプソン ゴールデンステート・ウォリアーズ 14

チームスタッツリーダー編集

項目 チーム 記録
PPG ミルウォーキー・バックス 118.1
RPG ミルウォーキー・バックス 49.7
APG ゴールデンステート・ウォリアーズ 29.4
SPG オクラホマシティ・サンダー 9.3
BPG ゴールデンステート・ウォリアーズ 6.4
TPG アトランタ・ホークス 17.0
FG% ゴールデンステート・ウォリアーズ 49.1%
FT% サンアントニオ・スパーズ 81.9%
3P% サンアントニオ・スパーズ 39.2%

各賞編集

プレーオフ編集

プレーオフは、2019年4月13日(土)に開幕。

  ファースト ラウンド カンファレンス セミファイナル カンファレンス ファイナル NBAファイナル
                                     
1  MIL  ミルウォーキー・バックス  4  
8  DET  デトロイト・ピストンズ 0  
  1  MIL  ミルウォーキー・バックス  4  
  4  BOS  ボストン・セルティックス 1  
4  BOS  ボストン・セルティックス  4
5  IND  インディアナ・ペイサーズ 0  
  1  MIL  ミルウォーキー・バックス  2  
イースタン・カンファレンス
  2  TOR  トロント・ラプターズ 4  
2  TOR  トロント・ラプターズ  4  
7  ORL  オーランド・マジック 1  
  2  TOR  トロント・ラプターズ  4
  3  PHI  フィラデルフィア・76ers 3  
3  PHI  フィラデルフィア・76ers  4
6  BKN  ブルックリン・ネッツ 1  
  2  TOR  トロント・ラプターズ  4
  1  GSW  ゴールデンステート・ウォリアーズ 2
1  GSW  ゴールデンステート・ウォリアーズ  4  
8  LAC  ロサンゼルス・クリッパーズ 2  
  1  GSW  ゴールデンステート・ウォリアーズ  4
  4  HOU  ヒューストン・ロケッツ 2  
4  HOU  ヒューストン・ロケッツ  4
5  UTA  ユタ・ジャズ 1  
  1  GSW  ゴールデンステート・ウォリアーズ  4
ウェスタン・カンファレンス
  3  POR  ポートランド・トレイルブレイザーズ 0  
2  DEN  デンバー・ナゲッツ  4  
7  SAS  サンアントニオ・スパーズ 3  
  2  DEN  デンバー・ナゲッツ  3
  3  POR  ポートランド・トレイルブレイザーズ 4  
3  POR  ポートランド・トレイルブレイザーズ  4
6  OKC  オクラホマシティ・サンダー 1  

*ディビジョン優勝
太字 シリーズ勝利
  ホームコート・アドバンテージ

関連項目編集


ファイナル編集

ロースター編集

選手 その他
Pos # 名前 国籍 年齢 身長  体重 出身
F 2 ジョーダン・ベル (Jordan Bell)   27 (1995/01/07) 6 ft 9 in (2.06 m) 224 lb (102 kg) オレゴン大学 
C 12 アンドリュー・ボーガット (Andrew Bogut)   37 (1984/11/28) 7 ft 0 in (2.13 m) 260 lb (118 kg) ユタ大学 
G 4 クイン・クック (Quinn Cook)   29 (1993/03/23) 6 ft 2 in (1.88 m) 179 lb (81 kg) デューク大学 
C 0 デマーカス・カズンズ (DeMarcus Cousins)     32 (1990/08/13) 6 ft 11 in (2.11 m) 270 lb (122 kg) ケンタッキー大学 
G 30 ステフィン・カリー (Stephen Curry)     34 (1988/03/14) 6 ft 3 in (1.91 m) 190 lb (86 kg) デイビッドソン大学 
F 35 ケビン・デュラント (Kevin Durant)   33 (1988/09/29) 6 ft 9 in (2.06 m) 215 lb (98 kg) テキサス大学 
F 23 ドレイモンド・グリーン (Draymond Green)   32 (1990/03/04) 6 ft 7 in (2.01 m) 230 lb (104 kg) ミシガン州立大学 
G/F 9 アンドレ・イグダーラ (Andre Iguodala) 6th   38 (1984/01/28) 6 ft 6 in (1.98 m) 207 lb (94 kg) アリゾナ大学 
C 15 デイミアン・ジョーンズ (Damian Jones)     27 (1995/06/30) 7 ft 0 in (2.13 m) 245 lb (111 kg) ヴァンダービルト大学 
G 34 ショーン・リビングストン (Shaun Livingston)   36 (1985/09/11) 6 ft 7 in (2.01 m) 175 lb (79 kg) ピオリア・セントラル高校 
F 5 ケヴォン・ルーニー (Kevon Looney)   26 (1996/02/06) 6 ft 9 in (2.06 m) 222 lb (101 kg) UCLA 
G/F 11 クレイ・トンプソン (Klay Thompson)   32 (1990/02/08) 6 ft 7 in (2.01 m) 205 lb (93 kg) ワシントン州立大学 
G 10 ジェイコブ・エバンス (Jacob Evans)   25 (1997/06/18) 6 ft 6 in (1.98 m) 210 lb (95 kg) シンシナティ大学 
F 21 ヨナス・イェレブコ (Jonas Jerebko)   35 (1987/03/02) 6 ft 10 in (2.08 m) 231 lb (105 kg) スウェーデン 
G 1 デイミオン・リー (Damion Lee)     29 (1992/10/21) 6 ft 6 in (1.98 m) 210 lb (95 kg) ルイビル大学 
F 32 マーカス・デリクソン (Marcus Derrickson)     26 (1996/02/01) 6 ft 7 in (2.01 m) 249 lb (113 kg) ジョージタウン大学 
F 28 アルフォンゾ・マキニー (Alfonzo McKinnie)   29 (1992/09/17) 6 ft 8 in (2.03 m) 215 lb (98 kg) ウィスコンシン大学グリーンベイ校 

記号説明


外部リンク


更新日:2022年06月24日


プレーヤー スタッフ
Pos. # 名前 国籍 年齢 身長 体重 出身
F 3 OG・アヌノビー (OG Anunoby)   25 (1997/07/17) 6 ft 8 in (2.03 m) 235 lb (107 kg) インディアナ大学 
F 25 クリス・ブーシェー (Chris Boucher)   29 (1993/1/11) 6 ft 10 in (2.08 m) 200 lb (91 kg) オレゴン大学 
C 33 マルク・ガソル (Marc Gasol) FA   37 (1985/1/29) 7 ft 1 in (2.16 m) 255 lb (116 kg) ローザン高校 
F/C 9 サージ・イバーカ (Serge Ibaka) 6th   32 (1989/09/18) 6 ft 10 in (2.08 m) 235 lb (107 kg) スペイン 
G 17 ジェレミー・リン (Jeremy Lin) FA   33 (1988/08/23) 6 ft 3 in (1.91 m) 200 lb (91 kg) ハーバード大学 
G 7 カイル・ロウリー (Kyle Lowry)     36 (1986/3/25) 6 ft 1 in (1.85 m) 196 lb (89 kg) ビラノバ大学 
G 8 ジョーダン・ロイド (Jordan Loyd)     27 (1995/7/27) 6 ft 4 in (1.93 m) 210 lb (95 kg) インディアナポリス大学 
G 1 パトリック・マッカウ (Patrick McCaw) FA   26 (1995/10/25) 6 ft 7 in (2.01 m) 185 lb (84 kg) ネバダ大学ラスベガス校 
G 20 ジョディ・ミークス (Jodie Meeks) FA   34 (1987/8/21) 6 ft 4 in (1.93 m) 210 lb (95 kg) ケンタッキー大学 
F 13 マルコム・ミラー (Malcolm Miller)   29 (1993/3/6) 6 ft 7 in (2.01 m) 210 lb (95 kg) ホーリークロス大学 
F/C 15 エリック・モアランド (Eric Moreland)   30 (1991/12/24) 6 ft 10 in (2.08 m) 238 lb (108 kg) オレゴン州立大学 
G/F 24 ノーマン・パウエル (Norman Powell)   29 (1993/3/25) 6 ft 4 in (1.93 m) 215 lb (98 kg) UCLA 
F 43 パスカル・シアカム (Pascal Siakam)   28 (1994/04/04) 6 ft 10 in (2.08 m) 227 lb (103 kg) ニューメキシコ州立大学 
F 2 カワイ・レナード (Kawhi Leonard)   28 (1994/04/04) 6 ft 10 in (2.08 m) 227 lb (103 kg) ニューメキシコ州立大学 
G 23 フレッド・ヴァンブリート (Fred VanVleet)   28 (1994/02/25) 6 ft 0 in (1.83 m) 195 lb (88 kg) ウィチタ州立大学 

記号説明


外部リンク


更新日:2022年06月24日


Game 1編集

May 30
9:00 pm/6:00 pm
 ウォリアーズ  109–118  ラプターズ 
クォーター・スコア: 21–25, 28–34, 32–29, 28–31
Pts: ステフィン・カリー 34
Rebs: ドレイモンド・グリーン 10
Asts: ドレイモンド・グリーン 10
Pts: パスカル・シアカム 32
Rebs: カワイ・レナード, パスカル・シアカム 10
Asts: カイル・ロウリー 9
Toronto leads series, 1–0
スコシアバンク・アリーナ, トロント
入場者数: 19,983
審判員: James Capers、John Goble、Jason Phillips

Game 2編集

June 8
8:00 pm/5:00 pm
 ヒート  98–96  スパーズ 
クォーター・スコア: 19-26, 24-17, 34–35, 21–18
Pts: レブロン・ジェームズ 35
Rebs: レブロン・ジェームズ 10
Asts: ウェイド, チャルマーズ 4 each
Pts: トニー・パーカー 21
Rebs: ティム・ダンカン 15
Asts: トニー・パーカー 7
Series tied, 1-1
AT&Tセンター, サンアントニオ
入場者数: 18,581
審判員: ダン・クロフォード, James Capers, Jason Phillips

Game 3編集

June 10
9:00 pm/6:00 pm
 スパーズ  111–92  ヒート 
クォーター・スコア: 41–25, 30–25, 15–25, 25–17
Pts: クワイ・レナード 29
Rebs: ティム・ダンカン 6
Asts: トニー・パーカー, パティ・ミルズ 4 each
Pts: ジェームズ, ウェイド 22 each
Rebs: ジェームズ, アンダーセン 5 each
Asts: レブロン・ジェームズ 7
San Antonio leads series, 2–1

Game 4編集

June 12
9:00 pm/6:00 pm
 スパーズ  107–86  ヒート 
クォーター・スコア: 26–17, 29–19, 26–21, 26–29
Pts: カワイ・レナード 20
Rebs: カワイ・レナード 14
Asts: ボリス・ディアウ 9
Pts: レブロン・ジェームズ 28
Rebs: レブロン・ジェームズ 8
Asts: マリオ・チャルマーズ 5
San Antonio leads series, 3–1
アメリカン・エアラインズ・アリーナ, マイアミ
入場者数: 19,900
審判員: ジョーイ・クロフォード, Mike Callahan, Tom Washington

Game 5編集

June 15
8:00 pm/5:00 pm
 ヒート  87–104  スパーズ 
クォーター・スコア: 29–22, 11–25, 18–30, 29–27
Pts: レブロン・ジェームズ 31
Rebs: レブロン・ジェームズ 10
Asts: レブロン・ジェームズ 5
Pts: クワイ・レナード 22
Rebs: クワイ・レナード 10
Asts: ボリス・ディアウ 6
San Antonio wins NBA Finals, 4–1
AT&Tセンター, サンアントニオ
入場者数: 18,581
審判員: Scott Foster, Marc Davis, ケン・マウアー

主な出来事編集

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f NBA All-Star 2019”. NBA.com. 2019年9月2日閲覧。
  2. ^ スパーズがレナード放出、ラプターズと大型トレードでデローザン獲得”. フランス通信社 (2018年7月19日). 2019年11月23日閲覧。
  3. ^ ウルブズのカール・アンソニー・タウンズが5年1億9,000万ドルで延長契約に合意”. バスケットボールキング (2018年9月23日). 2019年11月23日閲覧。
  4. ^ 渡辺雄太、日本人2人目のNBA出場 定着に現実味”. 日本経済新聞 (2018年10月28日). 2019年3月6日閲覧。
  5. ^ 開幕6連敗のキャブス、タロン・ルーHC解任に加え大黒柱ケビン・ラブも長期離脱か?”. バスケットボールキング (2018年10月30日). 2019年11月23日閲覧。
  6. ^ クレイ・トンプソンが14本の3P新記録を樹立、ウォリアーズがブルズに大勝”. スポーティングニュース (2018年10月30日). 2019年4月22日閲覧。
  7. ^ スパーズがジノビリ氏の20番を永久欠番に、球団史上9人目”. フランス通信社 (2018年10月31日). 2019年11月23日閲覧。
  8. ^ Sixers officially acquire Jimmy Butler in trade with Timberwolves” (英語). NBA.com (2018年11月13日). 2018年4月22日閲覧。
  9. ^ ビンス・カーターが通算2万5000得点に到達「エリートグループの一員になれた」”. バスケット・カウント (2018年11月24日). 2019年4月22日閲覧。
  10. ^ New Orleans Pelicans' Anthony Davis drops rare 5x5 game against 76ers”. USAトゥデイ (2018年11月28日). 2019年4月22日閲覧。
  11. ^ 21季目ノビツキーが初戦 同一球団では史上初めて”. サンケイスポーツ (2018年12月14日). 2019年11月23日閲覧。
  12. ^ About Last Night: Nurkic stands alone, career-high Kawhi”. NBA.com (2019年1月2日). 2019年4月22日閲覧。
  13. ^ グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代単独3位に浮上”. 楽天NBA (2019年1月15日). 2019年11月23日閲覧。
  14. ^ ジェームズ・ハーデンがコービー・ブライアントの記録を上回り、17戦連続30得点超えを達成”. スポーティングニュース (2019年1月15日). 2019年4月22日閲覧。
  15. ^ a b c d 【トレードデッドライン2019】期限までに成立した主なトレード”. スポーティングニュース (2019年2月8日). 2019年4月22日閲覧。
  16. ^ 『友情タッグ』発動、ウェストブルックがNBA初の10試合連続トリプル・ダブル”. バスケット・カウント (2019年2月13日). 2019年4月22日閲覧。
  17. ^ オーバータイム4回の大熱戦で49得点、新人王を狙うトレイ・ヤング「楽しかった」”. バスケット・カウント (2019年3月2日). 2019年4月22日閲覧。
  18. ^ ロンドが通算トリプルダブル数で歴代11位、史上2人目となる5チームで達成した選手に”. バスケットボールキング (2019年3月6日). 2019年4月22日閲覧。
  19. ^ ベンチからの得点で歴代1位に到達したルー・ウィリアムズがベンチ出場の転機を語る”. バスケットボールキング (2019年3月13日). 2019年4月22日閲覧。
  20. ^ バックスで自らの役割に徹するブルック・ロペスが史上初のユニークな記録を樹立!”. バスケットボールキング (2019年3月14日). 2019年4月22日閲覧。
  21. ^ ゴベール今季 275ダンク、NBA記録を更新”. TSP SPORTS (2019年3月27日). 2019年4月22日閲覧。
  22. ^ ウェストブルックが約51年ぶりの快挙! “20-20-20”の超絶トリプルダブルを達成!”. バスケットボールキング (2019年4月3日). 2019年4月22日閲覧。
  23. ^ W杯米国代表監督がNBA史上最速で退場 スパーズのポポビッチ監督が63秒で指揮権はく奪―”. スポーツニッポン (2019年4月4日). 2019年4月22日閲覧。

外部リンク編集