メインメニューを開く
2018 FIFAワールドカップ > 2018 FIFAワールドカップ・グループF

2018 FIFAワールドカップ・グループFリーグ戦6月17日から6月27日にかけて6試合が行われる[1]。グループFには、ドイツメキシコスウェーデン韓国の4カ国が入っており、試合の勝敗による勝ち点などでグループ内での順位が決まり、上位2チームが決勝トーナメントに進出する[2]

目次

出場チーム編集

組番 チーム ポット 連盟 予選成績 出場決定日 出場回数 前回出場 最高成績 FIFAランキング
2017年10月[3] 2018年6月[4]
F1   ドイツ 1 UEFA 欧州予選グループC1位 2017年3月28日 19回目[nb 1] 2014 優勝 (1954), (1974), (1990), (2014) 1 1
F2   メキシコ 2 CONCACAF 5次予選1位 2017年9月1日 16回目 2014 ベスト8 (1970), (1986) 16 15
F3   スウェーデン 3 UEFA 欧州予選プレーオフ勝者 2017年11月13日 12回目 2006 準優勝 (1958) 25 24
F4   韓国 4 AFC 3次予選グループA2位 2017年9月5日 10回目 2014 4位 (2002) 62 57
Notes
  1. ^ ドイツとしては9回目。西ドイツ時代の10回の出場も含まれる。

順位表編集

チーム 出場権
1   スウェーデン (A) 3 2 0 1 5 2 +3 6 決勝トーナメントに進出
2   メキシコ (A) 3 2 0 1 3 4 −1 6
3   韓国 (E) 3 1 0 2 3 3 0 3
4   ドイツ (E) 3 1 0 2 2 4 −2 3
出典: FIFA
順位の決定基準: グループステージ 順位決定方法
(A) 上位ラウンド進出; (E) 敗退.

試合結果編集

ドイツ vs メキシコ編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドイツ[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メキシコ[6]
 
ドイツ
GK 1 マヌエル・ノイアー  
RB 18 ヨシュア・キミッヒ
CB 17 ジェローム・ボアテング
CB 5 マッツ・フンメルス   84分
LB 2 マルヴィン・プラッテンハルト   79分
CM 8 トニ・クロース
CM 6 サミ・ケディラ   60分
RW 13 トーマス・ミュラー   83分
AM 10 メスト・エジル
LW 7 ユリアン・ドラクスラー
CF 9 ティモ・ヴェルナー   86分
控え
DF 4 マティアス・ギンター
FW 11 マルコ・ロイス   60分
GK 12 ケヴィン・トラップ
MF 14 レオン・ゴレツカ
DF 15 ニクラス・ジューレ
DF 16 アントニオ・リュディガー
MF 19 セバスティアン・ルディ
MF 20 ユリアン・ブラント   86分
MF 21 イルカイ・ギュンドアン
GK 22 マルクアンドレ・テア・シュテーゲン
FW 23 マリオ・ゴメス   79分
DF 3 ヨナス・ヘクター (欠席)
監督
  ヨアヒム・レーヴ
 
 
メキシコ
GK 13 ギジェルモ・オチョア
RB 3 カルロス・サルセド
CB 2 ウーゴ・アヤラ
CB 15 エクトル・モレノ   40分
LB 23 ヘスス・ガジャルド
CM 16 エクトル・エレーラ   90分
CM 18 アンドレス・グアルダード     74分
RW 7 ミゲル・ラジュン
AM 11 カルロス・ベラ   58分
LW 22 イルビング・ロサノ   66分
CF 14 ハビエル・エルナンデス
控え
GK 1 ホセ・コロナ
DF 4 ラファエル・マルケス   74分
MF 5 エリック・グティエレス
MF 6 ジョナタン・ドス・サントス
FW 8 マルコ・ファビアン
FW 9 ラウル・ヒメネス   66分
MF 10 ジョバニ・ドス・サントス
GK 12 アルフレド・タラベラ
MF 17 ヘスス・コロナ
FW 19 オリベ・ペラルタ
MF 20 ハビエル・アキーノ
DF 21 エドソン・アルバレス   58分
監督
  フアン・カルロス・オソリオ

Man of the Match:
イルビング・ロサノ (メキシコ)[5]

副審:[5]
レザ・ソハンダン (イラン)
モハメドレザ・マンソウリ (イラン)
第4の審判:
モハメド・アブドゥラ・ハッサン・モハメド (アラブ首長国連邦)
予備副審:
モハメド・アル=ハンマーディー (アラブ首長国連邦)
ビデオ副審:
マッシミリアーノ・イラッティ (イタリア)
アシスタントビデオ副審:
ウィルトン・サンパイオ (ブラジル)
カルロス・アストローサ (チリ)
マーク・ガイガー (米国)

スウェーデン vs 韓国編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
スウェーデン[8]
 
 
 
 
 
 
 
 
韓国[8]
 
スウェーデン
GK 1 ロビン・オルセン
RB 6 ルドビク・アウグスティンソン
CB 4 アンドレアス・グランクヴィスト  
CB 18 ポントゥス・ヤンソン
LB 2 ミカエル・ルスティグ
RM 17 ヴィクトル・クラエソン   61分
CM 7 セバスティアン・ラーション   81分
CM 8 アルビン・エクダル   71分
LM 10 エミル・フォルスベリ
CF 9 マルクス・ベリ
CF 20 オラ・トイヴォネン   77分
控え
DF 5 マルティン・オルソン
FW 11 ヨン・グイデッティ
GK 12 カール=ヨハン・ヨンソン
MF 13 グスタフ・スヴェンソン   81分
DF 14 フィリップ・ヘランデル
MF 15 オスカル・ヒリェマルク   71分
DF 16 エミル・クラフト
MF 19 マルクス・ローデン
MF 21 ジミー・ドゥルマズ
FW 22 イサーク・キーセ・テリン   77分
GK 23 クリストファー・ノルフェルト
DF 3 ビクトル・リンデロフ (欠席)
監督
  ヤンネ・アンデション
 
 
韓国
GK 23 チョ・ヒョヌ
RB 2 イ・ヨン
CB 20 チャン・ヒョンス
CB 19 キム・ヨングォン
LB 6 パク・チュホ   28分
CM 17 イ・ジェソン
CM 16 キ・ソンヨン  
CM 13 ク・ジャチョル   73分
RF 11 ファン・ヒチャン   55分
CF 9 キム・シヌク   13分   66分
LF 7 ソン・フンミン
控え
GK 1 キム・スンギュ
DF 3 チョン・スンヒョン
DF 4 オ・バンソク
DF 5 ユン・ヨンソン
MF 8 チュ・セジョン
MF 10 イ・スンウ   73分
DF 12 キム・ミヌ   28分
DF 14 ホン・チョル
MF 15 チョン・ウヨン   66分
MF 18 ムン・ソンミン
GK 21 キム・ジニョン
DF 22 コ・ヨハン
監督
  シン・テヨン

Man of the Match:
アンドレアス・グランクヴィスト (スウェーデン)[7]

副審:[7]
フアン・スンバ (エルサルバドル)
フアン・カルロス・モラ (コスタリカ)
第4の審判:
ノルベール・アウアタ (タヒチ)
予備副審:
ベルトラン・ブリアル (ニューカレドニア)
ビデオ副審:
マウロ・ヴィリャーノ (アルゼンチン)
アシスタントビデオ副審:
アブドゥルラフマン・アル=ジャシム (カタール)
タレブ・アル=マーリ (カタール)
ダニエレ・オルサート (イタリア)

韓国 vs メキシコ編集

2018年6月23日
18:00 MSK (UTC+3)
韓国   1 - 2   メキシコ
ソン・フンミン   90+3分 レポート ベラ   26分 (pen.)
エルナンデス   66分
ロストフ・アリーナ (ロストフ・ナ・ドヌ)
観客数: 43,472人[9]
主審: ミロラド・マジッチ (セルビア)[9]
 
 
 
 
 
 
 
 
韓国[10]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メキシコ[10]
 
韓国
GK 23 チョ・ヒョヌ
RB 2 イ・ヨン   63分
CB 20 チャン・ヒョンス
CB 19 キム・ヨングォン   58分
LB 12 キム・ミヌ   84分
RM 18 ムン・ソンミン   77分
CM 8 チュ・セジョン   64分
CM 16 キ・ソンヨン  
LM 11 ファン・ヒチャン
CF 17 イ・ジェソン
CF 7 ソン・フンミン
控え
GK 1 キム・スンギュ
DF 3 チョン・スンヒョン
DF 4 オ・バンソク
DF 5 ユン・ヨンソン
FW 9 キム・シヌク
MF 10 イ・スンウ   72分   64分
MF 13 ク・ジャチョル
DF 14 ホン・チョル   84分
MF 15 チョン・ウヨン   80分   77分
GK 21 キム・ジニョン
DF 22 コ・ヨハン
DF 6 パク・チュホ (怪我)
監督
  シン・テヨン
 
 
メキシコ
GK 13 ギジェルモ・オチョア
RB 21 エドソン・アルバレス
CB 3 カルロス・サルセド
CB 15 エクトル・モレノ
LB 23 ヘスス・ガジャルド
CM 7 ミゲル・ラユン
CM 16 エクトル・エレーラ
CM 18 アンドレス・グアルダード     68分
RF 11 カルロス・ベラ   77分
CF 14 ハビエル・エルナンデス
LF 22 イルビング・ロサノ   71分
控え
GK 1 ホセ・コロナ
DF 2 ウーゴ・アヤラ
DF 4 ラファエル・マルケス   68分
MF 5 エリック・グティエレス
MF 6 ジョナタン・ドス・サントス
FW 8 マルコ・ファビアン
FW 9 ラウル・ヒメネス
MF 10 ジョバニ・ドス・サントス   77分
GK 12 アルフレド・タラベラ
MF 17 ヘスス・コロナ   71分
FW 19 オリベ・ペラルタ
MF 20 ハビエル・アキーノ
監督
  フアン・カルロス・オソリオ

Man of the Match:
ハビエル・エルナンデス (メキシコ)[9]

副審:[9]
ミロヴァン・リスティッチ (セルビア)
ダリボル・ジュルジェヴィッチ (セルビア)
第4の審判:
ジョン・ピッティ (パナマ)
予備副審:
ガブリエル・ヴィクトリア (パナマ)
ビデオ副審:
ダニエレ・オルサート (イタリア)
アシスタントビデオ副審:
アルトゥル・ソアレス・ジアス (ポルトガル)
カルロス・アストローサ (チリ)
チアゴ・マルティンス (ポルトガル)

ドイツ vs スウェーデン編集

2018年6月23日
21:00 MSK (UTC+3)
ドイツ   2 - 1   スウェーデン
ロイス   48分
クロース   90+5分
レポート トイヴォネン   32分
フィシュト・スタジアム (ソチ)
観客数: 44,287人[11]
主審: シモン・マルチニアク (ポーランド)[11]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドイツ[12]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スウェーデン[12]
 
ドイツ
GK 1 マヌエル・ノイアー  
RB 18 ヨシュア・キミッヒ
CB 16 アントニオ・リュディガー
CB 17 ジェローム・ボアテング   71分   82分
LB 3 ヨナス・ヘクター   87分
CM 19 セバスティアン・ルディ   31分
CM 8 トニ・クロース
RW 13 トーマス・ミュラー
AM 7 ユリアン・ドラクスラー   46分
LW 11 マルコ・ロイス
CF 9 ティモ・ヴェルナー
控え
DF 2 マルヴィン・プラッテンハルト
DF 4 マティアス・ギンター
DF 5 マッツ・フンメルス
MF 6 サミ・ケディラ
MF 10 メスト・エジル
GK 12 ケヴィン・トラップ
MF 14 レオン・ゴレツカ
DF 15 ニクラス・ジューレ
MF 20 ユリアン・ブラント   87分
MF 21 イルカイ・ギュンドアン   31分
GK 22 マルクアンドレ・テア・シュテーゲン
FW 23 マリオ・ゴメス   46分
監督
  ヨアヒム・レーヴ
 
 
スウェーデン
GK 1 ロビン・オルセン
RB 2 ミカエル・ルスティグ
CB 3 ビクトル・リンデロフ
CB 4 アンドレアス・グランクヴィスト  
LB 6 ルドビク・アウグスティンソン
RM 17 ヴィクトル・クラエソン   74分
CM 7 セバスティアン・ラーション   90+7分
CM 8 アルビン・エクダル   52分
LM 10 エミル・フォルスベリ
CF 9 マルクス・ベリ   90分
CF 20 オラ・トイヴォネン   78分
控え
DF 5 マルティン・オルソン
FW 11 ヨン・グイデッティ   78分
GK 12 カール=ヨハン・ヨンソン
MF 13 グスタフ・スヴェンソン
DF 14 フィリップ・ヘランデル
MF 15 オスカル・ヒリェマルク
DF 16 エミル・クラフト
DF 18 ポントゥス・ヤンソン
MF 19 マルクス・ローデン
MF 21 ジミー・ドゥルマズ   74分
FW 22 イサーク・キーセ・テリン   90分
GK 23 クリストファー・ノルフェルト
監督
  ヤンネ・アンデション

Man of the Match:
マルコ・ロイス (ドイツ)[11]

副審:[11]
パヴェウ・ソコルニキ (ポーランド)
トマシュ・リストキエヴィツ (ポーランド)
第4の審判:
佐藤隆治 (日本)
予備副審:
相楽亨 (日本)
ビデオ副審:
クレマン・テュルパン (フランス)
アシスタントビデオ副審:
パヴェウ・ギル (ポーランド)
シリル・グランゴル (フランス)
パオロ・ヴァレーリ (イタリア)

韓国 vs ドイツ編集

2018年6月27日
17:00 MSK (UTC+3)
韓国   2 - 0   ドイツ
キム・ヨングォン   90+3分
ソン・フンミン   90+6分
レポート
カザン・アリーナ (カザン)
観客数: 41,385人[13]
主審: マーク・ガイガー (米国)[13]
 
 
 
 
 
 
 
 
韓国[14]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドイツ[14]
 
韓国
GK 23 チョ・ヒョヌ
RB 2 イ・ヨン
CB 5 ユン・ヨンソン
CB 19 キム・ヨングォン
LB 14 ホン・チョル
RM 17 イ・ジェソン   23分
CM 15 チョン・ウヨン   9分
CM 20 チャン・ヒョンス
LM 18 ムン・ソンミン   48分   69分
CF 13 ク・ジャチョル   56分
CF 7 ソン・フンミン     65分
控え
GK 1 キム・スンギュ
DF 3 チョン・スンヒョン
DF 4 オ・バンソク
DF 6 パク・チュホ
MF 8 チュ・セジョン   69分
FW 9 キム・シヌク
MF 10 イ・スンウ
FW 11 ファン・ヒチャン   56分   79分
DF 12 キム・ミヌ
MF 16 キ・ソンヨン
GK 21 キム・ジニョン
DF 22 コ・ヨハン   79分
監督
  シン・テヨン
 
 
ドイツ
GK 1 マヌエル・ノイアー  
RB 18 ヨシュア・キミッヒ
CB 5 マッツ・フンメルス
CB 15 ニクラス・ジューレ
LB 3 ヨナス・ヘクター   78分
CM 6 サミ・ケディラ   56分
CM 8 トニ・クロース
RW 14 レオン・ゴレツカ   63分
AM 10 メスト・エジル
LW 11 マルコ・ロイス
CF 9 ティモ・ヴェルナー
控え
DF 2 マルヴィン・プラッテンハルト
DF 4 マティアス・ギンター
MF 7 ユリアン・ドラクスラー
GK 12 ケヴィン・トラップ
FW 13 トーマス・ミュラー   63分
DF 16 アントニオ・リュディガー
MF 19 セバスティアン・ルディ
MF 20 ユリアン・ブラント   78分
MF 21 イルカイ・ギュンドアン
GK 22 マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン
FW 23 マリオ・ゴメス   58分
DF 17 ジェローム・ボアテング (出場停止)
監督
  ヨアヒム・レーヴ

Man of the Match:
チョ・ヒョヌ (韓国)[13]

副審:[13]
ジョー・フレッチャー (カナダ)
フランク・アンダーソン (米国)
第4の審判:
フリオ・バスクニャン (チリ)
予備副審:
クリスチャン・シーマン (チリ)
ビデオ副審:
ダニー・マッケリ (オランダ)
アシスタントビデオ副審:
チアゴ・マルティンス (ポルトガル)
コーリー・ロックウェル (米国)
アルトゥル・ソアレス・ジアス (ポルトガル)

メキシコ vs スウェーデン編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
メキシコ[16]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スウェーデン[16]
 
メキシコ
GK 13 ギジェルモ・オチョア
RB 21 エドソン・アルバレス
CB 3 カルロス・サルセド
CB 15 エクトル・モレノ   61分
LB 23 ヘスス・ガジャルド   1分   65分
CM 18 アンドレス・グアルダード     75分
CM 16 エクトル・エレーラ
RW 7 ミゲル・ラユン   86分   89分
AM 11 カルロス・ベラ
LW 22 イルビング・ロサノ
CF 14 ハビエル・エルナンデス
控え
GK 1 ホセ・コロナ
DF 2 ウーゴ・アヤラ
DF 4 ラファエル・マルケス
MF 5 エリック・グティエレス
MF 6 ジョナタン・ドス・サントス
FW 8 マルコ・ファビアン   65分
FW 9 ラウル・ヒメネス
MF 10 ジョバニ・ドス・サントス
GK 12 アルフレド・タラベラ
MF 17 ヘスス・コロナ   75分
FW 19 オリベ・ペラルタ   89分
MF 20 ハビエル・アキーノ
監督
  フアン・カルロス・オソリオ
 
 
スウェーデン
GK 1 ロビン・オルセン
RB 2 ミカエル・ルスティグ   88分
CB 3 ビクトル・リンデロフ
CB 4 アンドレアス・グランクヴィスト  
LB 6 ルドビク・アウグスティンソン
RM 17 ヴィクトル・クラエソン
CM 7 セバスティアン・ラーション   26分   57分
CM 8 アルビン・エクダル   80分
LM 10 エミル・フォルスベリ
CF 9 マルクス・ベリ   68分
CF 20 オラ・トイヴォネン
控え
DF 5 マルティン・オルソン
FW 11 ヨン・グイデッティ
GK 12 カール=ヨハン・ヨンソン
MF 13 グスタフ・スヴェンソン   57分
DF 14 フィリップ・ヘランデル
MF 15 オスカル・ヒリェマルク   80分
DF 16 エミル・クラフト
DF 18 ポントゥス・ヤンソン
MF 19 マルクス・ローデン
MF 21 ジミー・ドゥルマズ
FW 22 イサーク・キーセ・テリン   68分
GK 23 クリストファー・ノルフェルト
監督
  ヤンネ・アンデション

Man of the Match:
ルドビク・アウグスティンソン (スウェーデン)[15]

副審:[15]
エルナン・マイダナ (アルゼンチン)
フアン・パブロ・ベラッティ (アルゼンチン)
第4の審判:
アンドレス・クーニャ (ウルグアイ)
予備副審:
マウリシオ・エスピノーサ (ウルグアイ)
ビデオ副審:
マウロ・ヴィリャーノ (イタリア)
アシスタントビデオ副審:
ゲリー・ヴァルガス (ボリビア)
カルロス・アストローサ (チリ)
ウィルトン・サンパイオ (ブラジル)

ドイツの敗退編集

FIFAランキング1位であったドイツ代表は、2014年の優勝などもあり多様性ある社会を作る上での模範例とされてきたが、大会前にトルコ系のメスト・エジルイルカイ・ギュンドアンがトルコ大統領レジェップ・タイイップ・エルドアンと撮影した写真が物議を呼び、団結に亀裂が入ったまま大会を迎えた[17]。初戦のメキシコ戦は監督のフアン・カルロス・オソリオが半年かけて作り上げた対策に屈して敗戦[18]。三戦目の韓国戦も、別会場のメキシコの敗勢でスウェーデンとメキシコが勝ち点6となったこともあって、勝利を求めてボールを支配し26本のシュートを浴びせたものの、後半追加タイムに左CKからのこぼれ球を金英権に押し込まれて失点。さらに、全員で反撃に出たためカウンターから失点し0-2で敗れた[19]。この敗戦には、ゲーリー・リネカーが「最後はドイツが勝つ」の有名な格言を「勝つとは限らない」に修正するなど大きな反響があった[20]。大会後、エジルは人種差別を理由に代表引退を表明[21]バイエルン・ミュンヘン会長のウリ・ヘーネスが「クソみたいなプレーだった」とエジルを酷評するなど混乱が続いた[22]

出典編集

  1. ^ 2018 FIFA World Cup Russia™ - Match Schedule (PDF)”. FIFA.com. 2017年12月2日閲覧。
  2. ^ 2018 FIFA World Cup Russia™ - Regulations (PDF)”. FIFA.com. 2017年12月2日閲覧。
  3. ^ Men's Ranking 16 October 2017” (英語). FIFA (2017年10月16日). 2017年12月2日閲覧。
  4. ^ Men's Ranking 07 June 2018” (英語). FIFA (2018年6月7日). 2018年6月7日閲覧。
  5. ^ a b c d Match report – Group F – Germany-Mexico (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月17日). 2018年6月17日閲覧。
  6. ^ a b Tactical Line-up – Group F – Germany-Mexico (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月17日). 2018年6月17日閲覧。
  7. ^ a b c d Match report – Group F – Sweden-Korea Republic (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月18日). 2018年6月19日閲覧。
  8. ^ a b Tactical Line-up – Group F – Sweden-Korea Republic (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月18日). 2018年6月18日閲覧。
  9. ^ a b c d Match report – Group F – Korea Republic-Mexico (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月23日). 2018年6月24日閲覧。
  10. ^ a b Tactical Line-up – Group F – Korea Republic-Mexico (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月23日). 2018年6月23日閲覧。
  11. ^ a b c d Match report – Group F – Germany-Sweden (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月23日). 2018年6月24日閲覧。
  12. ^ a b Tactical Line-up – Group F – Germany-Sweden (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月23日). 2018年6月23日閲覧。
  13. ^ a b c d Match report – Group F – Korea Republic v Germany (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月27日). 2018年6月28日閲覧。
  14. ^ a b Tactical Line-up – Group F – Korea Republic v Germany (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月27日). 2018年6月28日閲覧。
  15. ^ a b c d Match report – Group F – Mexico v Sweden (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月27日). 2018年6月28日閲覧。
  16. ^ a b Tactical Line-up – Group F – Mexico v Sweden (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月27日). 2018年6月28日閲覧。
  17. ^ ドイツ代表どころか国も揺るがす“エジルとギュンドアン”の禍根footballista 2018年6月27日
  18. ^ メキシコのドイツ撃破を演出した戦術家 オソリオ監督が仕掛ける“次の一手”は?2018年6月24日
  19. ^ 王者ドイツ無残 空砲26発、焦り空回り敗退日本経済新聞 2018年6月28日
  20. ^ リネカー氏「最後はドイツが勝つ」の有名な格言を「勝つとは限らない」に修正スポーツ報知 2018年6月28日
  21. ^ エジル「代表引退」表明 独に衝撃、政治議論に毎日新聞 2018年7月24日
  22. ^ バイエルン会長、代表引退のエジルに残したのは辛辣な言葉「クソみたいなプレーだった」goal 2018年7月23日

外部リンク編集