メインメニューを開く

2019年の相撲(2019ねんのすもう)では、2019年平成31年/令和元年)の相撲関連の出来事についてまとめる。

2018年-2019年-2020年

できごと編集

1月編集

  • 13日 - 【大相撲】日本相撲協会は1月場所の新弟子検査の合格者10名を発表した[1]
  • 16日 - 【大相撲】横綱稀勢の里が、1月場所で3連敗し、4日目に引退を表明[2]。年寄「荒磯」を襲名した[3]
  • 18日 - 【大相撲】横綱鶴竜が、右足首の怪我のため1月場所を6日目から休場した。鶴竜の休場は2場所連続12回目[4]
  • 20日 - 【大相撲】明仁天皇美智子皇后による最後の天覧相撲観戦。退席する際、観客席全体から万歳が発生した。[5]
  • 22日 - 【大相撲】元関脇・豪風が現役を引退し、年寄「押尾川」を襲名した[6]
  • 23日 - 【大相撲】前日まで休場し、1月場所11日目のこの日から再出場した小結御嶽海が、横綱白鵬に勝利した。休場明け初日の対戦で横綱に勝利したのは1952年1月場所の横綱東富士(対千代の山戦)以来約67年ぶり、三役以下の力士に限定した場合は1951年9月場所の小結備州山(対千代の山戦)以来約68年ぶりの珍事だった。また、御嶽海は休場前に稀勢の里と鶴竜にも勝っていたため、三役以下の力士としては1984年3月場所の大乃国以来、約35年ぶりの3横綱総なめとなった。[7]
  • 26日 - 【大相撲】横綱白鵬が、右膝と左足関節の怪我のため1月場所を14日目から休場した。白鵬の休場は2場所連続11回目[8]
  • 27日
    • 【大相撲】1月場所はこの日に千秋楽を迎え、幕内は関脇玉鷲が13勝2敗で初優勝した。玉鷲は34歳2ヶ月で、旭天鵬(2012年5月場所、37歳8ヶ月)に次ぐ2番目の年長初優勝となった[9]
    • 【大相撲】1月場所で8勝4敗3休の成績だった小結御嶽海が、休場した力士としては史上初めて三賞(殊勲賞)を受賞した[10]
  • 30日 - 【大相撲】3月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進4名(うち再十両2名)と、引退力士19名を発表した[11]
  • 31日 - 【大相撲/不祥事】日本相撲協会は、鳴戸部屋所属の三段目力士が2018年9月頃から2019年1月にかけ、弟弟子に暴力を含むいじめを繰り返していたことを発表した[12]

2月編集

  • 8日 - 【大相撲/不祥事】日本相撲協会は、鳴戸部屋で発生した暴力問題に関して関係者の処分を決定し、加害者の三段目力士は引退勧告相当(同日付で引退届受理)、師匠の鳴戸親方(元大関・琴欧洲)は3ヶ月間の報酬減額10パーセントの処分となった。このほか、三段目力士に命じられていじめを行った力士2人も処分された[13]
  • 25日 - 【大相撲】日本相撲協会が2019年3月場所の番付を発表した[14]

3月編集

  • 10日
    • 【大相撲】日本相撲協会は3月場所の新弟子検査の合格者40名を発表した[15]
    • 【大相撲】大関経験者で、5場所連続休場中だった照ノ富士がこの日から序二段で復帰し、大関経験者として初めて幕下以下で相撲を取った[16]
  • 13日 - 【大相撲】大関経験者の照ノ富士と、幕内経験者の天風が、この日序二段で対戦した。元幕内力士同士の取組が序二段で組まれるのは初めてのことだった[17]
  • 23日 - 【大相撲】元幕内・天鎧鵬が現役を引退し、年寄「秀ノ山」を襲名した[18]
  • 24日
    • 【大相撲】3月場所千秋楽に、大関栃ノ心の2場所連続の負け越しが決定し、大関から在位5場所で陥落することが決定した。大関在位の最短記録は、年6場所制となった1958年以降では大受の5場所であり、栃ノ心の記録はこれに並ぶこととなった[19]
    • 【大相撲】平成最後の本場所となった3月場所は千秋楽を迎えて、横綱白鵬が15戦全勝で優勝した。白鵬の優勝は3場所ぶり42回目で、全勝優勝は15回目となった(どちらも白鵬自身が持つ最多記録を更新)[20]。しかし、表彰式で受けたインタビュー中に三本締めを行ったことは、翌日の横綱審議委員会の会合で問題視された[21]
  • 27日
    • 【大相撲】日本相撲協会は番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇貴景勝の大関昇進を決定した。平成時代最後の新大関となった貴景勝は、伝達式で「武士道精神を重んじ、感謝と思いやりの気持ちを忘れず、相撲道に精進してまいります」と口上を述べた[22]
    • 【大相撲】5月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進3名(うち再十両2名)と、引退力士11名を発表した[23]

4月編集

  • 24日 - 【大相撲/不祥事】日本相撲協会理事会は、横綱白鵬が3月場所千秋楽の優勝インタビューで三本締めを行った問題で関係者の処分を決定し、白鵬は譴責処分、白鵬の師匠の宮城野親方(元幕内・竹葉山)は3ヶ月間の報酬減額10パーセントの処分となった[24]
  • 26日 - 【大相撲】日本相撲協会は、楯山親方(元関脇・玉ノ富士)が4月25日付で退職したと発表した[25]
  • 30日 - 【大相撲】日本相撲協会が2019年5月場所の番付を発表した[26]

5月編集

  • 9日 - 【大相撲】横綱白鵬が右上腕の怪我のため5月場所を休場することが、この日に決定した[27]
  • 12日 - 【大相撲】日本相撲協会は5月場所の新弟子検査の合格者13名を発表した[28]
  • 25日
    • 【大相撲】大相撲5月場所は14日目に、西前頭8枚目朝乃山の初優勝が決まった。平幕優勝は2018年1月場所の栃ノ心以来で、三役経験のない力士が優勝するのは1961年5月場所の佐田の山以来58年ぶりのことだった。[29]
    • 【大相撲】5月場所で大関から関脇に降下した栃ノ心がこの日に10勝目を挙げたため、大関から陥落した直後の場所で10勝を挙げれば大関に復帰できる特例により、翌7月場所から大関に復帰することが決まった。この規定が出来た1969年7月場所以降、この特例で大関に復帰するのは5人目(6度目)である。[30]
    • 【大相撲】元十両の栃飛龍と、元十両の出羽疾風が引退した[31]
  • 26日 - 【大相撲】日本を国賓として訪問中のアメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプが、安倍晋三内閣総理大臣らとともに大相撲5月場所千秋楽を観戦した。表彰式では、この場所を12勝3敗で優勝した朝乃山に、トランプ大統領が自らアメリカ合衆国大統領杯を手渡した。[32]アメリカ合衆国大統領杯については、2020年以降も5月場所の優勝者に贈呈されることが発表された[33]
  • 29日 - 【大相撲】5月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進5名(うち再十両1名)と[34]、引退力士12名を発表した[35]

6月編集

  • 24日 - 【大相撲】日本相撲協会が2019年7月場所の番付を発表した[36]

7月編集

  • 7日 - 【大相撲】日本相撲協会は7月場所の新弟子検査の合格者3名を発表した[37]
  • 13日 - 【大相撲】7月場所を初日から休場中の大関貴景勝は、この日に編成された8日目の取組に入らなかったため、2場所連続の負け越しと大関陥落が決定した。2場所での大関陥落は、1969年7月場所以降では2000年7月場所の武双山以来2人目となった[38]
  • 16日 - 【大相撲】西十両11枚目で元関脇の安美錦が現役引退を表明[39]
  • 17日
    • 【大相撲】7月場所は11日目のこの日から大関髙安の休場が決定。既に貴景勝、栃ノ心豪栄道も休場しており、4大関休場は昭和以降で初めてとなった[40]
    • 【大相撲】日本相撲協会は、元関脇安美錦の引退と年寄「安治川」襲名を承認した[41]
  • 21日 - 【大相撲】7月場所は千秋楽を迎え、幕内は横綱鶴竜が14勝1敗で7場所ぶり6回目の優勝を果たした[42]。また、序ノ口では7戦全勝者がいずれも鳴戸部屋所属の3名となり、史上初めて7戦全勝3人による序ノ口優勝決定巴戦が行われた[43]
  • 24日 - 【大相撲】5月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進4名(うち再十両2名)と、引退力士6名を発表した[44]
  • 25日 - 【大相撲】春日山親方(元幕内・翔天狼)が、年寄「北陣」に名跡を変更した[45]

8月編集

  • 26日 - 【大相撲】日本相撲協会が2019年9月場所の番付を発表した[46]

9月編集

  • 9月3日 - 【大相撲】モンゴル出身の大相撲の横綱・白鵬が日本国籍を取得したことが、同日付の官報で告示された。日本相撲協会の規約では外国出身の力士について「現役引退後に協会に残り親方となるには日本国籍が必要」であるとしており、これにより白鵬は、現役引退後に親方として、日本相撲協会に残る資格を得た[47]。なお、外国出身の歴代横綱で日本国籍を有するのは、アメリカ出身の曙、武蔵丸(現武蔵川親方)に次いで3人目。

競技結果編集

大相撲編集

本場所編集

一月場所(初場所)編集

両国国技館東京都)を会場に、初日の2019年(平成31年)1月13日から千秋楽の1月27日までの15日間開催された。番付発表は2018年(平成30年)12月25日[48]

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 玉鷲一朗片男波部屋  モンゴルウランバートル出身) - 13勝2敗(初優勝)
三賞 殊勲賞 玉鷲一朗(片男波部屋   モンゴル・ウランバートル出身) - 13勝2敗(初受賞)
御嶽海久司(出羽海部屋 長野県木曽郡上松町出身) - 8勝4敗3休(3場所ぶり4回目)
敢闘賞 玉鷲一朗(片男波部屋  モンゴルウランバートル出身) - 13勝2敗(初受賞)
技能賞 貴景勝光信千賀ノ浦部屋 兵庫県芦屋市出身) - 11勝4敗(初受賞)
十両優勝 志摩ノ海航洋木瀬部屋 三重県志摩市出身) - 13勝2敗
幕下優勝 若元春港荒汐部屋 福島県福島市出身) - 7戦全勝
三段目優勝 朝弁慶大吉高砂部屋 神奈川県平塚市出身) - 7戦全勝
序二段優勝 鳩岡良祐(木瀬部屋 神奈川県横浜市港北区 出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序ノ口優勝 狼雅力二子山部屋  モンゴル・ウランバートル出身) - 7戦全勝 
三月場所(春場所、大阪場所)編集

大阪府立体育会館大阪府大阪市)を会場に、初日の2019年3月10日から千秋楽の3月24日までの15日間開催された。番付発表は2月25日[49]平成最後の本場所。

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 白鵬翔宮城野部屋  モンゴル・ウランバートル出身) - 15戦全勝(3場所ぶり42回目)
三賞 殊勲賞 逸ノ城駿湊部屋  モンゴルアルハンガイ出身) - 14勝1敗(27場所ぶり2回目)
敢闘賞 碧山亘右春日野部屋  ブルガリアヤンボル出身) - 12勝3敗(10場所ぶり3回目)
技能賞 貴景勝光信(千賀ノ浦部屋 兵庫県芦屋市出身) - 10勝5敗(初受賞)
十両優勝 志摩ノ海航洋(木瀬部屋 三重県志摩市出身) - 13勝2敗
幕下優勝 美ノ海義久((木瀬部屋 沖縄県うるま市出身) - 7戦全勝
三段目優勝 唐津海誠二玉ノ井部屋 佐賀県唐津市出身) - 7戦全勝
序二段優勝 狼雅力(二子山部屋   モンゴル・ウランバートル出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序ノ口優勝 寺沢樹高砂部屋 新潟県佐渡市出身) - 7戦全勝 
五月場所(夏場所)編集

両国国技館(東京都)を会場に、初日の2019年(令和元年)5月12日から千秋楽の5月26日までの15日間開催された。番付発表は4月30日[49]

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 朝乃山英樹(高砂部屋 富山県富山市出身) - 12勝3敗(初優勝)
三賞 殊勲賞 朝乃山英樹(高砂部屋 富山県富山市出身) - 12勝3敗(初受賞)
敢闘賞 阿炎政虎錣山部屋 埼玉県越谷市出身) - 10勝5敗(8場所ぶり2回目)
朝乃山英樹(高砂部屋 富山県富山市出身) - 12勝3敗(5場所ぶり3回目)
志摩ノ海航洋(木瀬部屋 三重県志摩市出身) - 10勝5敗(初受賞)
技能賞 竜電剛至高田川部屋 山梨県甲府市出身) - 10勝5敗(初受賞)
十両優勝 貴源治賢(千賀ノ浦部屋 栃木県小山市出身) - 13勝2敗
幕下優勝 貴ノ富士三造(千賀ノ浦部屋 栃木県小山市出身) - 7戦全勝
三段目優勝 白石雅仁(玉ノ井部屋 東京都足立区出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序二段優勝 栃神山龍一春日野部屋 埼玉県入間市出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序ノ口優勝 川渕一意錣山部屋 石川県金沢市出身) - 7戦全勝 
七月場所(名古屋場所)編集

愛知県体育館愛知県名古屋市)を会場に、初日の2019年7月7日から千秋楽の7月21日までの15日間開催された。番付発表は6月24日[49]

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 鶴竜力三郎井筒部屋   モンゴルスフバートル出身) - 14勝1敗(7場所ぶり6回目)
三賞 殊勲賞 友風勇太尾車部屋 神奈川県川崎市川崎区出身) - 11勝4敗(初受賞)
敢闘賞 照強翔輝伊勢ヶ濱部屋 兵庫県南あわじ市出身) - 12勝3敗(初受賞)
技能賞 遠藤聖大追手風部屋 石川県鳳珠郡穴水町出身) - 10勝5敗(8場所ぶり3回目)
炎鵬晃(宮城野部屋 石川県金沢市出身) - 9勝6敗(初受賞)
十両優勝 剣翔桃太郎(追手風部屋 東京都葛飾区出身) - 13勝2敗
幕下優勝 千代ノ皇王代仁九重部屋 鹿児島県大島郡与論町出身) - 7戦全勝
三段目優勝 寺沢樹(高砂部屋 新潟県佐渡市出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序二段優勝 時栄秀喜時津風部屋 宮城県栗原市出身) - 7戦全勝 
序ノ口優勝 元林健治鳴戸部屋 大阪府東大阪市出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利

その他編集

巡業編集

春巡業編集

春巡業は全部で25日間が興行され、1991年1992年に並ぶ多さとなった。[50]

夏巡業編集

トーナメント大会編集

その他編集

昇格編集

断髪式編集

アマチュア相撲編集

国際大会編集

予定編集

本場所編集

九月場所(秋場所)編集

両国国技館(東京都)を会場に、初日の2019年9月8日から千秋楽の9月22日までの15日間開催される。番付発表は8月26日[49]

十一月場所(九州場所)編集

福岡国際センター福岡県)を会場に、初日の2019年11月10日から千秋楽の11月24日までの15日間開催される。番付発表は10月28日[49]


巡業編集

秋巡業編集
冬巡業編集

トーナメント大会編集

引退相撲興行編集
その他編集

アマチュア相撲編集

国際大会編集

国内大会編集

死去編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ “初場所の新弟子検査合格者を発表 神山ら10人が合格”. SANSPO.COM. (2019年1月13日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190113/sum19011316230004-n1.html 2019年1月28日閲覧。 
  2. ^ 稀勢の里、怪我に泣いた短命横綱 在位12場所、勝率わずか5割…不本意なまま力尽く デイリースポーツ 2018年1月16日配信 2018年1月16日閲覧
  3. ^ “稀勢の里「一片の悔いもない」=引退、年寄「荒磯」襲名-大相撲”. 時事ドットコム. (2019年1月16日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011600888 2019年1月19日閲覧。 
  4. ^ “横綱鶴竜が休場 右足首「痛い」「違和感がある」”. 日刊スポーツ. (2019年1月18日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201901180000170.html 2019年1月19日閲覧。 
  5. ^ “力士らも天覧相撲に感謝 千代大龍「相撲をやっていて良かった」”. サンケイスポーツ. (2019年1月20日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190120/sum19012021410013-n1.html 2019年1月21日閲覧。 
  6. ^ “元関脇・豪風引退 年寄「押尾川」襲名・・・23日会見”. サンケイスポーツ. (2019年1月22日). https://www.sanspo.com/smp/sports/news/20190123/sum19012305020001-s.html 2019年1月27日閲覧。 
  7. ^ “御嶽海 再出場いきなり白鵬撃破、35年ぶり3横綱総なめ”. スポニチアネックス. (2019年1月24日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/01/24/kiji/20190123s00005000349000c.html 2019年1月28日閲覧。 
  8. ^ “白鵬休場、「脚が痛い」「眠れない」と親方に連絡”. 日刊スポーツ. (2019年1月26日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201901260000241.html 2019年1月28日閲覧。 
  9. ^ “関脇玉鷲が初優勝 34歳2カ月、史上2番目の高齢記録”. 朝日新聞. (2019年1月27日). https://www.asahi.com/articles/ASM1T6HRWM1TUTQP01W.html 2019年1月28日閲覧。 
  10. ^ “御嶽海が殊勲賞 休場力士の受賞は史上初の珍事”. 日刊スポーツ. (2019年1月27日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201901270000240.html 2019年1月28日閲覧。 
  11. ^ 相撲』2019年4月号、ベースボール・マガジン社、2019年、 126頁。
  12. ^ 鳴戸部屋の暴力事件に芝田山広報部長「残念」 師匠の元琴欧洲らへの処分は臨時理事会で決定」『SANSPO.COM』、2019年1月31日。2019年3月28日閲覧。
  13. ^ 鳴戸部屋三段目力士が暴力引退 悪質な弟弟子いじめ」『日刊スポーツ』、2019年2月9日。2019年3月28日閲覧。
  14. ^ 貴景勝が大関昇進へ意欲…春場所番付発表で」『読売新聞』、2019年2月25日。2019年3月28日閲覧。
  15. ^ 日本相撲協会、斎藤ら40人の新弟子検査合格者を発表」『SANSPO.COM』、2019年3月11日。2019年3月28日閲覧。
  16. ^ 元大関の照ノ富士、序二段で復帰「不思議な気持ち」」『朝日新聞』、2019年3月10日。2019年3月28日閲覧。
  17. ^ 序二段で初の元幕内対決 照ノ富士に敗れた天風「序二段でこんなに拍手をもらえるとは」/春場h祖」『SANSPO.COM』、2019年3月13日。2019年3月28日閲覧。 (記事タイトルは原文ママ)
  18. ^ 天鎧鵬が引退「やり切った」と涙、年寄秀ノ山を襲名」『日刊スポーツ』、2019年3月23日。2019年3月28日閲覧。
  19. ^ 栃ノ心「最短」在位5場所で大関陥落「負けた方が弱い 勝った方が強い」」『スポーツ報知』、2019年3月25日。2019年3月28日閲覧。
  20. ^ 白鵬、平成締める42度目V 15度目の全勝優勝」『朝日新聞』、2019年3月24日。2019年3月28日閲覧。
  21. ^ 白鵬、表彰式で三本締め 横審が問題視「教育しっかり」」『朝日新聞』、2019年3月26日。2019年3月28日閲覧。
  22. ^ 貴景勝は例に倣わない口上 自身変えた恩師の教えも」『日刊スポーツ』、2019年3月28日。2019年3月28日閲覧。
  23. ^ 元幕内天鎧鵬ら11人が引退」『SANSPO.COM』、2019年3月27日。2019年3月28日閲覧。
  24. ^ 白鵬が三本締めで「けん責」処分 宮城野親方は減額」『日刊スポーツ』、2019年4月24日。2019年5月1日閲覧。
  25. ^ 楯山親方が25日付で退職」『日刊スポーツ』、2019年4月26日。2019年5月1日閲覧。
  26. ^ 新大関貴景勝 碧山は約5年ぶり小結復帰 新番付」『日刊スポーツ』、2019年4月30日。2019年5月1日閲覧。
  27. ^ 白鵬休場「仕方ない」親方 元号またぐ連続Vならず」『日刊スポーツ』、2019年5月9日。2019年5月13日閲覧。
  28. ^ 大相撲・新弟子検査に13人合格」『毎日新聞』、2019年5月12日。2019年5月13日閲覧。
  29. ^ 平幕の朝乃山が初V!三役経験なしは58年ぶり」『日刊スポーツ』、2019年5月25日。2019年5月26日閲覧。
  30. ^ 栃ノ心が大関復帰=現行制度で5人目-大相撲夏場所」『時事ドットコム』、2019年5月25日。2019年5月26日閲覧。
  31. ^ 栃飛龍、出羽疾風が引退=相撲協会」『時事ドットコム』、2019年5月25日。2019年5月26日閲覧。
  32. ^ トランプ氏、朝乃山に米大統領杯を授与」『日刊スポーツ』、2019年5月26日。2019年5月26日閲覧。
  33. ^ 米大統領杯、来年以降も贈呈へ 夏場所の優勝力士に」『朝日新聞』、2019年5月26日。2019年5月26日閲覧。
  34. ^ 新十両4人誕生 名古屋場所番付編成会議」『東京新聞』、2019年5月30日。2019年8月26日閲覧。
  35. ^ 元十両の出羽疾風ら12人が引退 力士一覧」『日刊スポーツ』、2019年5月29日。2019年8月26日閲覧。
  36. ^ 朝乃山 前頭筆頭に 名古屋場所番付発表」『中日新聞』、2019年6月25日。2019年7月21日閲覧。
  37. ^ 大相撲名古屋場所 新弟子検査 長谷川ら3人が合格」『毎日新聞』、2019年7月8日。2019年7月21日閲覧。
  38. ^ 貴景勝の大関陥落が決定」『日本経済新聞』、2019年7月13日。2019年7月21日閲覧。
  39. ^ 安美錦が引退発表「全部受け止めて出した結果」」『日刊スポーツ』、2019年7月16日。2019年7月21日閲覧。
  40. ^ 大関高安が休場 4大関休場は昭和以降初の異常事態」『日刊スポーツ』、2019年7月17日。2019年7月21日閲覧。
  41. ^ 引退の安美錦が安治川を襲名 日本相撲協会」『毎日新聞』、2019年7月17日。2019年7月21日閲覧。
  42. ^ 鶴竜6度目賜杯 幕内出場1000回節目に令和初V」『日刊スポーツ』、2019年7月21日。2019年7月21日閲覧。
  43. ^ 序ノ口で史上初、同部屋3人が全勝で優勝決定戦」『朝日新聞』、2019年7月21日。2019年7月21日閲覧。
  44. ^ 朝玉勢と魁勝が新十両 大相撲秋場所番付編成会議」『SANSPO.COM』、2019年7月24日。2019年8月26日閲覧。
  45. ^ 9月30日に全日本力士選士権 春日山親方は「北陣」襲名」『SANSPO.COM』、2019年7月25日。2019年8月26日閲覧。
  46. ^ 貴景勝は関脇で再出発 遠藤8場所ぶり三役 新番付」『日刊スポーツ』、2019年8月26日。2019年8月26日閲覧。
  47. ^ 白鵬が日本国籍取得 親方として角界に残る資格得る2019年9月3日 スポーツニッポン
  48. ^ “大相撲初場所:番付発表 稀勢の里「一日一番集中」”. 毎日新聞. (2018年12月25日). https://mainichi.jp/articles/20181225/dde/007/050/025000c 2019年1月19日閲覧。 
  49. ^ a b c d e f 日本相撲協会公式サイト 年間日程表
  50. ^ “大相撲春巡業日程発表 3・31伊勢神宮から25日間”. スポニチアネックス. (2019年1月25日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/01/25/kiji/20190125s00005000252000c.html 2019年1月28日閲覧。 
  51. ^ 北勝富士、幕内力士トーナメント選士権を初制覇」『デイリースポーツ』、2019年3月31日。2019年5月1日閲覧。
  52. ^ 式守伊之助「令」書くのは苦戦「キレのいい形の字」」『日刊スポーツ』、2019年4月1日。2019年5月1日閲覧。
  53. ^ 新大関貴景勝「体をつくって」焦らず基礎固め集中」『日刊スポーツ』、2019年4月2日。2019年5月1日閲覧。
  54. ^ 貴景勝&妙義龍の兵庫県勢に大声援 加古川春巡業」『日刊スポーツ』、2019年4月4日。2019年5月1日閲覧。
  55. ^ 栃ノ心が大関復帰へ本格始動、圧倒的内容に納得」『日刊スポーツ』、2019年4月4日。2019年5月1日閲覧。
  56. ^ 10年ぶりの「満員御礼」大相撲宇治場所、白鵬と鶴竜土俵入り」『京都新聞』、2019年4月6日。2019年5月1日閲覧。
  57. ^ 三重)大相撲津場所 志摩出身の志摩ノ海に大きな歓声」『朝日新聞』、2019年4月7日。2019年5月1日閲覧。
  58. ^ 安美錦、地元の星・魁勝とぶつかり稽古」『デイリースポーツ』、2019年4月7日。2019年5月1日閲覧。
  59. ^ 貴景勝ら土俵入りに歓声 富士山静岡場所に4千人」『静岡新聞』、2019年4月10日。2019年5月1日閲覧。
  60. ^ 栃ノ心、巡業で大雪に「ビックリした」珍体験も告白」『日刊スポーツ』、2019年4月10日。2019年5月1日閲覧。
  61. ^ 友風が兄弟子の貴景勝と稽古感謝、めいにはデレデレ」『日刊スポーツ』、2019年4月12日。2019年5月1日閲覧。
  62. ^ 鶴竜が巡業でトーナメント優勝 副賞の野菜に笑顔」『日刊スポーツ』、2019年4月13日。2019年5月1日閲覧。
  63. ^ 貴景勝は基礎稽古「1カ月ある」夏場所へ焦りなし」『日刊スポーツ』、2019年4月14日。2019年5月1日閲覧。
  64. ^ 高安が巡業に合流、新元号夏場所へ「感触良かった」」『日刊スポーツ』、2019年4月15日。2019年5月1日閲覧。
  65. ^ 白鵬「待つだけ」モンゴル国籍離脱否定も肯定もせず」『日刊スポーツ』、2019年4月17日。2019年5月1日閲覧。
  66. ^ 高安「初心」逸ノ城「痛みない」相撲取る稽古を再開」『日刊スポーツ』、2019年4月18日。2019年5月1日閲覧。
  67. ^ 高安が後輩指導「強くなって」基礎運動など教え込む」『日刊スポーツ』、2019年4月19日。2019年5月1日閲覧。
  68. ^ 豪栄道、鶴竜が春巡業初稽古 ともに全勝で好感触」『日刊スポーツ』、2019年4月20日。2019年5月1日閲覧。
  69. ^ 力士の迫力に熱視線 大相撲春巡業 高崎場所に4000人」『上毛新聞』、2019年4月22日。2019年5月1日閲覧。
  70. ^ 双子の貴源治&貴ノ富士が弟弟子の貴景勝に刺激」『日刊スポーツ』、2019年4月22日。2019年5月1日閲覧。
  71. ^ 「令和とともに新生白鵬で」 反省し、再出発誓う」『日刊スポーツ』、2019年4月25日。2019年5月1日閲覧。
  72. ^ 白鵬、右腕大事取り本格的な稽古は令和になってから」『日刊スポーツ』、2019年4月26日。2019年5月1日閲覧。
  73. ^ 栃ノ心「気合入った」大関返り咲きへ高安と三番稽古」『日刊スポーツ』、2019年4月27日。2019年5月1日閲覧。
  74. ^ 碧山が精力的に稽古 竜電、友風ら計16番を全勝」『日刊スポーツ』、2019年4月28日。2019年5月1日閲覧。
  75. ^ 白鵬ら昭和生まれ力士が人文字「S」令和でも熱く」『日刊スポーツ』、2019年4月29日。2019年5月1日閲覧。
  76. ^ 白鵬が琴ノ若に稽古「懐の深さが似てるね」」『日刊スポーツ』、2019年7月28日。2019年8月26日閲覧。
  77. ^ 白鵬の稽古に新十両一山本「光栄なことです」」『日刊スポーツ』、2019年7月29日。2019年8月26日閲覧。
  78. ^ 御嶽海「10勝以上目指す」大関とりへ秋場所照準」『日刊スポーツ』、2019年7月30日。2019年8月26日閲覧。
  79. ^ 友風が横綱の直接指導を初体験「貴重な」白鵬に感謝」『日刊スポーツ』、2019年7月31日。2019年8月26日閲覧。
  80. ^ 朝乃山が凱旋巡業 白鵬とぶつかり稽古にファン熱狂」『日刊スポーツ』、2019年8月1日。2019年8月26日閲覧。
  81. ^ 琴奨菊「夏場こそ外で汗を」炎天下に草の上で山稽古」『日刊スポーツ』、2019年8月2日。2019年8月26日閲覧。
  82. ^ 地元巡業の北勝富士に大歓声「次の世代の壁になる」」『日刊スポーツ』、2019年8月3日。2019年8月26日閲覧。
  83. ^ 御嶽海「コウスケ」3位に不満もお疲れさま会します」『日刊スポーツ』、2019年8月4日。2019年8月26日閲覧。
  84. ^ 白鵬と鶴竜が渋野日向子を絶賛「ハタチにして横綱」」『日刊スポーツ』、2019年8月6日。2019年8月26日閲覧。
  85. ^ 元球児の志摩ノ海「勝って」母校明徳義塾へエール」『日刊スポーツ』、2019年8月7日。2019年8月26日閲覧。
  86. ^ 阿武咲「光栄なこと」横綱白鵬から指名受け7分稽古」『日刊スポーツ』、2019年8月8日。2019年8月26日閲覧。
  87. ^ 十両若隆景「光栄」地元福島で琴奨菊とぶつかり稽古」『日刊スポーツ』、2019年8月9日。2019年8月26日閲覧。
  88. ^ 若隆元ら大波3兄弟が初の同時地元巡業「うれしい」」『日刊スポーツ』、2019年8月10日。2019年8月26日閲覧。
  89. ^ 母国ジョージアに来春「栃ノ心御殿」が完成予定」『日刊スポーツ』、2019年8月11日。2019年8月26日閲覧。
  90. ^ 琴ノ若「まだ師匠の名前で」第2の故郷で飛躍誓う」『日刊スポーツ』、2019年8月12日。2019年8月26日閲覧。
  91. ^ 元安美錦の安治川親方、地元青森巡業で感謝あいさつ」『日刊スポーツ』、2019年8月13日。2019年8月26日閲覧。
  92. ^ 振分親方「今の力士を」まわしオファー生真面目固辞」『日刊スポーツ』、2019年8月14日。2019年8月26日閲覧。
  93. ^ 一山本が白米増量作戦 地元隣町から米1俵贈られる」『日刊スポーツ』、2019年8月16日。2019年8月26日閲覧。
  94. ^ 十両一山本「次は2ケタ」故郷へ恩返し 札幌夏巡業」『日刊スポーツ』、2019年8月17日。2019年8月26日閲覧。
  95. ^ 明生「人それぞれで面白い」同世代阿炎らと積極交流」『日刊スポーツ』、2019年8月18日。2019年8月26日閲覧。
  96. ^ 朝乃山「積極的に」初V夏場所前と同様調整に手応え」『日刊スポーツ』、2019年8月19日。2019年8月26日閲覧。
  97. ^ 鶴竜「土俵に集中」夏巡業終え26日から本格稽古」『日刊スポーツ』、2019年8月25日。2019年8月26日閲覧。
  98. ^ 高安が初優勝、2横綱は初戦敗退 大相撲トーナメント」『産経新聞』、2019年2月10日。2019年2月17日閲覧。
  99. ^ 福祉大相撲結びの一番で白鵬と鶴竜、回復をアピール」『日刊スポーツ』、2019年2月9日。2019年2月17日閲覧。
  100. ^ 貴ノ岩 断髪式に日馬富士、白鵬ら350人以上が出席 欠席の元貴乃花親方に「感謝の気持ちでいっぱい」」『スポニチアネックス』、2019年2月2日。2019年2月17日閲覧。
  101. ^ 元天鎧鵬が断髪式「よく頑張りました」日大田中理事長」『日刊スポーツ』、2019年6月8日。2019年7月21日閲覧。
  102. ^ 白鵬が世界との架け橋へ 「白鵬杯」規模拡大に意欲」『日刊スポーツ』、2019年2月11日。2019年3月29日閲覧。
  103. ^ 七尾港開港120周年記念 大相撲七尾場所
  104. ^ 大相撲金沢場所 北國新聞イベントガイド
  105. ^ a b c d e 秋巡業は21日間開催」『毎日新聞』、2019年7月20日。2019年7月21日閲覧。
  106. ^ 大相撲那須与一大田原場所
  107. ^ 【公式】大相撲千葉場所 令和元年秋巡業
  108. ^ 【5月11(土)・12日(日)・18日(土)・19日(日)】大相撲 相模原場所 観戦チケット販売のお知らせ アリオ橋本
  109. ^ 大相撲 甲府場所 UTYテレビ山梨
  110. ^ 令和元年秋巡業
  111. ^ 第5回大相撲浜松出世場所 アットエス
  112. ^ 大相撲京都場所2019
  113. ^ 大相撲なにわ場所オフィシャルサイト
  114. ^ 【完売御礼!】大相撲 姫路場所 平錦建設株式会社
  115. ^ ○令和元年 秋巡業 大相撲 高知安芸場所について○ 安芸市
  116. ^ 鳴戸親方が大相撲倉敷場所を報告 市長表敬「被災者楽しませる」」『山陽新聞』、2019年4月5日。2019年5月1日閲覧。
  117. ^ 大相撲 出雲場所10月24日 式守伊之助さん襲名記念」『山陰中央新聞社』、2019年3月27日。2019年3月28日閲覧。
  118. ^ 大相撲安芸場所
  119. ^ 令和元年大相撲秋巡業 福山場所
  120. ^ 令和元年冬巡業 大相撲諫早場所
  121. ^ 8・26番付発表、初日は9・8 秋場所日程発表」『日刊スポーツ』、2019年8月21日。2019年8月26日閲覧。
  122. ^ 里山引退 佐ノ山襲名 披露大相撲
  123. ^ 稀勢の里引退 荒磯襲名 披露大相撲
  124. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as 相撲』2019年4月号、ベースボール・マガジン社、2019年、 121頁。
  125. ^ 相撲』2019年4月号、ベースボール・マガジン社、2019年、 127頁。
  126. ^ 北尾光司さん 早すぎる死 元横綱・双羽黒」『FNN PRIME』、2019年3月29日。2019年3月29日閲覧。
  127. ^ 元幕内・時津洋さん死去 49歳」『スポーツ報知』、2019年2月17日。2019年2月17日閲覧。
  128. ^ 元十両の彩豪・墨谷一義さん死去 不整脈で発作か」『日刊スポーツ』、2019年4月7日。2019年4月7日閲覧。
  129. ^ 元幕内清ノ森の檀崎政夫さん死去、84歳 誤嚥性肺炎のため」『SANSPO.COM』、2019年5月13日。2019年5月13日閲覧。
  130. ^ 元関脇黒姫山が死去 70歳、「デゴイチ」の異名」『朝日新聞』、2019年4月26日。2019年5月1日閲覧。
  131. ^ 元特等床山の床寿さん死去 朝青龍から「日本の父」」『日刊スポーツ』、2019年5月2日。2019年5月2日閲覧。
  132. ^ 元関脇逆鉾、井筒親方が死去 58歳すい臓がんか」『日刊スポーツ』、2019年9月16日。2019年9月16日閲覧。

外部リンク編集