メインメニューを開く

2019年の相撲(2019ねんのすもう)では、2019年平成31年)の相撲関連の出来事についてまとめる。

2018年-2019年-2020年

目次

できごと編集

1月編集

  • 13日 - 【大相撲】日本相撲協会は1月場所の新弟子検査の合格者10名を発表した[1]
  • 16日 - 【大相撲】横綱稀勢の里が、1月場所で3連敗し、4日目に引退を表明[2]。年寄「荒磯」を襲名した[3]
  • 18日 - 【大相撲】横綱鶴竜が、右足首の怪我のため1月場所を6日目から休場した。鶴竜の休場は2場所連続12回目[4]
  • 20日 - 【大相撲】今上天皇美智子皇后による最後の天覧相撲観戦。退席する際、観客席全体から万歳が発生した。[5]
  • 22日 - 【大相撲】元関脇・豪風が現役を引退し、年寄「押尾川」を襲名した[6]
  • 23日 - 【大相撲】前日まで休場し、1月場所11日目のこの日から再出場した小結御嶽海が、横綱白鵬に勝利した。休場明け初日の対戦で横綱に勝利したのは1952年1月場所の横綱東富士(対千代の山戦)以来約67年ぶり、三役以下の力士に限定した場合は1951年9月場所の小結備州山(対千代の山戦)以来約68年ぶりの珍事だった。また、御嶽海は休場前に稀勢の里と鶴竜にも勝っていたため、三役以下の力士としては1984年3月場所の大乃国以来、約35年ぶりの3横綱総なめとなった。[7]
  • 26日 - 【大相撲】横綱白鵬が、右膝と左足関節の怪我のため1月場所を14日目から休場した。白鵬の休場は2場所連続11回目[8]
  • 27日
    • 【大相撲】1月場所はこの日に千秋楽を迎え、幕内は関脇玉鷲が13勝2敗で初優勝した。玉鷲は34歳2ヶ月で、旭天鵬(2012年5月場所、37歳8ヶ月)に次ぐ2番目の年長初優勝となった[9]
    • 【大相撲】1月場所で8勝4敗3休の成績だった小結御嶽海が、休場した力士としては史上初めて三賞(殊勲賞)を受賞した[10]

競技結果編集

大相撲編集

本場所編集

一月場所(初場所)編集

両国国技館東京都)を会場に、初日の2019年(平成31年)1月13日から千秋楽の1月27日までの15日間開催された。番付発表は2018年(平成30年)12月25日[11]

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 玉鷲一朗片男波部屋  モンゴルウランバートル出身) - 13勝2敗(初優勝)
三賞 殊勲賞 玉鷲一朗(片男波部屋  モンゴル・ウランバートル出身) - 13勝2敗(初受賞)
御嶽海久司(出羽海部屋 長野県木曽郡上松町出身) - 8勝4敗3休(3場所ぶり4回目)
敢闘賞 玉鷲一朗(片男波部屋  モンゴル・ウランバートル出身) - 13勝2敗(初受賞)
技能賞 貴景勝光信千賀ノ浦部屋 兵庫県芦屋市出身) - 11勝4敗(初受賞)
十両優勝 志摩ノ海航洋木瀬部屋 三重県志摩市出身) - 13勝2敗
幕下優勝 若元春港荒汐部屋 福島県福島市出身) - 7戦全勝
三段目優勝 朝弁慶大吉高砂部屋 神奈川県平塚市出身) - 7戦全勝
序二段優勝 鳩岡良祐(木瀬部屋 神奈川県横浜市港北区 出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序ノ口優勝 狼雅力二子山部屋  モンゴル・ウランバートル出身) - 7戦全勝 

その他編集

トーナメント大会編集

その他編集

断髪式編集

予定編集

本場所編集

三月場所(春場所、大阪場所)編集

大阪府立体育会館大阪府大阪市)を会場に、初日の2019年3月10日から千秋楽の3月24日までの15日間開催される。番付発表は2月25日[15]平成最後の本場所。

五月場所(夏場所)編集

両国国技館(東京都)を会場に、初日の2019年(新元号元年)5月12日から千秋楽の5月26日までの15日間開催される。番付発表は4月30日[15]

七月場所(名古屋場所)編集

愛知県体育館愛知県名古屋市)を会場に、初日の2019年7月7日から千秋楽の7月21日までの15日間開催される。番付発表は6月24日[15]

九月場所(秋場所)編集

両国国技館(東京都)を会場に、初日の2019年9月8日から千秋楽の9月22日までの15日間開催される。番付発表は8月26日[15]

十一月場所(九州場所)編集

福岡国際センター福岡県)を会場に、初日の2019年11月10日から千秋楽の11月24日までの15日間開催される。番付発表は10月28日[15]


巡業編集

春巡業編集

春巡業は全部で25日間の興行となる予定であり、1991年1992年に並ぶ多さとなった。[16]

夏巡業編集
引退相撲興行編集


その他編集


死去編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ “初場所の新弟子検査合格者を発表 神山ら10人が合格”. SANSPO.COM. (2019年1月13日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190113/sum19011316230004-n1.html 2019年1月28日閲覧。 
  2. ^ 稀勢の里、怪我に泣いた短命横綱 在位12場所、勝率わずか5割…不本意なまま力尽く デイリースポーツ 2018年1月16日配信 2018年1月16日閲覧
  3. ^ “稀勢の里「一片の悔いもない」=引退、年寄「荒磯」襲名-大相撲”. 時事ドットコム. (2019年1月16日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011600888 2019年1月19日閲覧。 
  4. ^ “横綱鶴竜が休場 右足首「痛い」「違和感がある」”. 日刊スポーツ. (2019年1月18日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201901180000170.html 2019年1月19日閲覧。 
  5. ^ “力士らも天覧相撲に感謝 千代大龍「相撲をやっていて良かった」”. サンケイスポーツ. (2019年1月20日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190120/sum19012021410013-n1.html 2019年1月21日閲覧。 
  6. ^ “元関脇・豪風引退 年寄「押尾川」襲名・・・23日会見”. サンケイスポーツ. (2019年1月22日). https://www.sanspo.com/smp/sports/news/20190123/sum19012305020001-s.html 2019年1月27日閲覧。 
  7. ^ “御嶽海 再出場いきなり白鵬撃破、35年ぶり3横綱総なめ”. スポニチアネックス. (2019年1月24日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/01/24/kiji/20190123s00005000349000c.html 2019年1月28日閲覧。 
  8. ^ “白鵬休場、「脚が痛い」「眠れない」と親方に連絡”. 日刊スポーツ. (2019年1月26日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201901260000241.html 2019年1月28日閲覧。 
  9. ^ “関脇玉鷲が初優勝 34歳2カ月、史上2番目の高齢記録”. 朝日新聞. (2019年1月27日). https://www.asahi.com/articles/ASM1T6HRWM1TUTQP01W.html 2019年1月28日閲覧。 
  10. ^ “御嶽海が殊勲賞 休場力士の受賞は史上初の珍事”. 日刊スポーツ. (2019年1月27日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201901270000240.html 2019年1月28日閲覧。 
  11. ^ “大相撲初場所:番付発表 稀勢の里「一日一番集中」”. 毎日新聞. (2018年12月25日). https://mainichi.jp/articles/20181225/dde/007/050/025000c 2019年1月19日閲覧。 
  12. ^ 高安が初優勝、2横綱は初戦敗退 大相撲トーナメント」『産経新聞』、2019年2月10日。2019年2月17日閲覧。
  13. ^ 福祉大相撲結びの一番で白鵬と鶴竜、回復をアピール」『日刊スポーツ』、2019年2月9日。2019年2月17日閲覧。
  14. ^ 貴ノ岩 断髪式に日馬富士、白鵬ら350人以上が出席 欠席の元貴乃花親方に「感謝の気持ちでいっぱい」」『スポニチアネックス』、2019年2月2日。2019年2月17日閲覧。
  15. ^ a b c d e f 日本相撲協会公式サイト 年間日程表
  16. ^ a b c d e f “大相撲春巡業日程発表 3・31伊勢神宮から25日間”. スポニチアネックス. (2019年1月25日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/01/25/kiji/20190125s00005000252000c.html 2019年1月28日閲覧。 
  17. ^ “来年4月に大相撲「五條場所」 64年ぶり”. 産経新聞. (2018年10月19日). https://www.sankei.com/region/news/181019/rgn1810190044-n1.html 2019年1月19日閲覧。 
  18. ^ 【公式】大相撲奈良場所 二〇十九年春巡業
  19. ^ 【公式】大相撲加古川場所 二〇十九年春巡業
  20. ^ 大相撲コウノトリ豊岡場所
  21. ^ 【公式】大相撲宇治場所 平成三十一年春巡業
  22. ^ 2019年春巡業 大相撲津場所 三重テレビ放送
  23. ^ 二〇十九年春巡業
  24. ^ 大相撲富士山静岡場所
  25. ^ 二〇十九年春巡業
  26. ^ 大相撲川崎場所
  27. ^ 大相撲藤沢場所 2019年 第27回
  28. ^ [1]
  29. ^ “来年4月17日に「大相撲羽田国際場所」 会場は大田区総合体育館”. スポニチアネックス. (2018年12月19日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/12/19/kiji/20181219s00005000118000c.html 2019年1月19日閲覧。 
  30. ^ 大相撲足立場所 平成三十一年 四月十八日
  31. ^ 大相撲行田場所 - 市制施行70周年・体育協会創立70周年記念
  32. ^ 大相撲高崎場所
  33. ^ 平成31年春巡業「大相撲日高場所」【4月25日開催】 埼玉県日高市
  34. ^ 大相撲青梅場所 平成三十一年 四月二十六日
  35. ^ 二〇十九年春巡業
  36. ^ 市制施行130周年記念 青少年育成大相撲水戸場所 水戸市ホームページ
  37. ^ “前売り券 特別先行販売に列 8月1日、大相撲富山場所”. 北日本新聞. (2019年1月2日). http://webun.jp/item/7529296 2019年1月19日閲覧。 
  38. ^ 『大相撲村山場所』開催決定!! 村山市
  39. ^ 里山引退 佐ノ山襲名 披露大相撲
  40. ^ 元幕内・時津洋さん死去 49歳」『スポーツ報知』、2019年2月17日。2019年2月17日閲覧。

外部リンク編集