メインメニューを開く

2019年の音楽

2019年の音楽の動向

2019年の音楽(2019ねんのおんがく)では、2019年音楽分野に関する動向をまとめる。

2018年の音楽 - 2019年の音楽 - 2020年の音楽

動向編集

1月編集

  • 1日、「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の表記を「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」に変更[1]
  • 8日
    • 西野カナが2月1日~3日に横浜アリーナで行われる3DAYSライブ「Kana Nishino Love Collection Live 2019」をもって無期限活動休止をする旨を自身の公式ウェブサイト[2]、及び、公式ファンクラブ内にて発表した。
    • サザンオールスターズ桑田佳祐が桑田佳祐 & The Pin Boys名義で発売したシングル「レッツゴーボウリング」が2019年1月14日付のオリコン週間ランキングで1位を獲得したことにより、桑田が62歳11か月での1位獲得となりそれまで秋元順子が61歳7か月で保持していた最年長首位獲得を更新した。また、ソロとして30代、40代、50代、60代で首位獲得を記録し、史上初の「年齢4年代連続のシングル1位」も記録した[3]
  • 11日、男性歌謡グループ純烈のメンバー・友井雄亮が、自身に関する記事が週刊誌に掲載されたことを受けて記者会見を行い、記事内容の概ねを認め、グループからの脱退と芸能活動の引退を表明[4]
  • 15日、先月19日に発売した星野源の『POP VIRUS』が1月21日付のオリコン週間アルバムランキングで初登場から4週連続での1位を達成。4週連続のアルバム1位は宇多田ヒカルの『Fantôme』以来2年3ヶ月ぶり、男性ソロアーティストとしては徳永英明の『VOCALIST 4』以来8年8ヶ月ぶり[5]
  • 16日Fear, and Loathing in Las VegasのKeiが1月12日急性心不全により死去。それに伴いアルバムリリース、ツアーや主催イベント「MEGA VEGAS」の開催などを一旦中止。活動自体は継続予定[6]
  • 17日三浦大知が2月24日に国立劇場で行われる式典「天皇陛下御在位三十年記念式典」の中で、天皇陛下作詞、皇后陛下作曲の「歌声の響」を披露することが発表された[7]
  • 27日が公式ファンクラブサイトに配信した動画にて2020年12月31日をもって活動を休止することを発表[8]。リーダーの大野智が同日をもって休養に入ることも記者会見で発表した[9]

2月編集

  • 11日欅坂46の2軍的存在として結成されたけやき坂46が、3年の活動を経て、2月11日にグループ名を日向坂46に改名することをサプライズで発表。活動中のグループの改名は坂道シリーズでは初。3月27日にデビューシングル「キュン」を発売[10]
  • 27日9nineが同年4月6日の単独ライブを以って活動を休止することを所属事務所が発表。メンバー個人の芸能活動は継続する[11]

3月編集

4月編集

  • 5日ヒトリエのボーカルwowakaが急性心不全により死去。オフィシャルサイトでは6日・7日の公演を「メンバーの諸事情」により中止する旨をアナウンスしていた。なおこの訃報に伴い全国ツアーは中止し、イベントはキャンセルとなった[15]
  • 22日、シンガーソングライターの岡村孝子急性白血病と診断されたことを、自身の公式ホームページなどで明らかにした。長期入院のため、6〜7月に予定されていたコンサートツアー全4公演を中止することも発表された[16][17][18]

5月編集

山口真帆の暴行被害編集

2018年12月8日、NGT48山口真帆が、新潟市内の自宅マンションの一室前で暴行被害を受けた。暴行の実行犯である男性2名は新潟県警逮捕されたものの、同月末に不起訴となり、釈放されている。この事件はメディア等でも報じられず、表沙汰になっていなかったが、2019年1月8日から翌日にかけて、山口自身がSHOWROOMおよびツイッターによって被害を告発したことで明るみに出た。告発内容は、他のNGT48メンバー複数名が事件に関与していたことや、NGT48の運営スタッフが適切な対応を行わなかったことを伺わせる内容であり、1月9日にNHKが報道したことで世間に知られることとなった[20]1月10日の3周年記念公演において山口本人がステージに立ち、騒動になったことについて謝罪を行った。責任者である劇場支配人(当時)の今村悦朗が姿を見せないまま被害者に謝罪をさせたとして、世界各国のメディアからもNGT48運営の姿勢に対して批判が集まった[21]。その後は公の場には姿を見せず、ツイッターでの「いいね」を除いて発信のない状況が続いていたが、3月22日、第三者委員会による調査報告に関するAKSの会見中にツイッターを計5度更新し、AKSの主張にリアルタイムで反論。会見に出席した記者が山口のツイートを見てAKS側に確認するという異例の展開となった[22]。4月21日、NGT48劇場で101日ぶりに公演に出演し、アンコールの後「(事務所社長に)会社を攻撃する加害者」と言われていたことを明かし[23]、「今の私にNGT48のためにできることは、卒業しかありません」と卒業を発表した[24][25]

6月編集

  • 13日KANA-BOONの飯田祐馬が5日から連絡が取れない状態であることと14日に行われるはずだったライブイベントの中止をサイト上で発表。その後無事帰宅したものの、医療機関で精神的な病気と診断され治療に専念するため飯田は一時活動休止となる(飯田不在の間はサポートベーシストを入れライブを行う)[26]
  • 14日、チケット不正転売禁止法が施行。これにより不正に転売したり転売目的で譲り受ける行為が禁止となった[27]

7月編集

  • 7日Czecho No Republicの武井優心とタカハシマイが入籍したことをオフィシャルホームページやSNSアカウントで手書きメッセージによって発表[28]

8月編集

  • 25日CHAGE and ASKAASKAがこの日、同デュオから脱退することを、自らの公式サイトにて表明した[29]

9月編集

10月編集

11月編集

12月編集

  • 31日(予定)
    • EXILEらが所属するLDHが主催するカウントダウンライブイベント「LDH PERFECT YEAR 2020 COUNTDOWN LIVE 2019→2020」が福岡ヤフオク!ドームにて開催予定( - 2020年1月1日未明)[32]

各チャート編集

イベント編集

毎年恒例イベント編集

メジャーデビュー編集

1月編集

2月編集

3月編集

4月編集

5月編集

6月編集

7月編集

8月編集

9月編集

10月編集

11月編集

12月編集

時期未定編集

活動再開・再結成編集

活動休止・解散・引退予定編集

活動休止編集

解散編集

引退編集

脱退(卒業)編集

改名・表記変更編集

結婚・出産・離婚編集

結婚編集

出産編集

特に記載がない場合第一子

離婚編集

死去編集

脚注編集

ユニットメンバー

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 三代目 J SOUL BROTHERSが3月にシングル発売、4月からは5大ドームツアー”. 音楽ナタリー (2019年1月1日). 2019年1月10日閲覧。
  2. ^ 西野カナが活動休止「最高の20代」紅白は9年連続”. 日刊スポーツ (2019年1月8日). 2019年1月10日閲覧。
  3. ^ 桑田佳祐、歴代最年長1位&史上初の4年代シングル連続1位 オリコン 2019年1月8日
  4. ^ 純烈・友井雄亮 グループ脱退、芸能界引退を発表 DV報道認め涙の謝罪”. スポニチアネックス (2019年1月11日). 2019年1月11日閲覧。
  5. ^ 星野源、『POP VIRUS』がアルバムランキング4週連続1位獲得。5大ドームツアーは即日完売”. rockinon.com (2019年1月15日). 2019年1月17日閲覧。
  6. ^ Fear, and Loathing in Las VegasのベーシストKeiが死去”. 音楽ナタリー (2019年1月16日). 2019年1月18日閲覧。
  7. ^ 三浦大知、天皇陛下ご在位30年式典で記念演奏”. 音楽ナタリー (2019年1月17日). 2019年1月18日閲覧。
  8. ^ 嵐、2020年をもって活動を休止 ファンクラブサイトで発表 オリコン 2019年1月27日
  9. ^ 【嵐緊急会見】嵐・大野智、2021年から芸能活動休止 会見で涙も「申し訳ない気持ちがある…」 オリコン 2019年1月27日
  10. ^ けやき坂46が「日向坂(ひなたざか)46」に電撃改名」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2019年2月11日。2019年2月13日閲覧。
  11. ^ 9nineが活動休止を発表 4・6単独ライブで 今後は個人で活動へ”. デイリースポーツ online (2019年2月27日). 2019年2月27日閲覧。
  12. ^ “AKBグループ恒例の「選抜総選挙」、今年は開催せず”. スポーツ報知. (2019年3月13日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190313-OHT1T50180.html 2019年3月13日閲覧。 
  13. ^ Kalafina、解散を発表”. BARKS (2019年3月13日). 2019年3月13日閲覧。
  14. ^ やなわらばー、2020年末での解散発表 20周年へ向け「前進し夢をつかむ」”. ORICON NEWS (2019年3月13日). 2019年3月13日閲覧。
  15. ^ ヒトリエのwowaka、急性心不全により31歳で死去”. rockinon.com (2019年4月8日). 2019年4月8日閲覧。
  16. ^ “岡村孝子さん、急性白血病で治療専念 公演は中止に”. 朝日新聞デジタル. (2019年4月22日). https://www.asahi.com/articles/ASM4Q3QN8M4QUTFL002.html 2019年4月22日閲覧。 
  17. ^ “岡村孝子が白血病「お会いできる日を信じて頑張る」”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2019年4月22日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904220000306.html 2019年4月22日閲覧。 
  18. ^ “岡村孝子さんが診断を受けた急性白血病とは”. ヨミドクター. 読売新聞社. (2019年4月22日). https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190422-OYTET50010/ 2019年4月22日閲覧。 
  19. ^ つばきファクトリー 浅倉樹々 活動休止のお知らせ|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト
  20. ^ ファン2人がアイドル宅押しかけ. NHK.(2019年1月9日付) 2019年1月20日閲覧。
  21. ^ 内田コースケ. NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝罪文化」. Newsweek日本版.(2019年1月16日付) 2019年1月20日閲覧。
  22. ^ 山口真帆のツイッターに「いいね!」26万件、会見中に異例反論ツイート”. デイリースポーツ (2019年4月1日). 2019年4月1日閲覧。
  23. ^ NGT卒業発表の山口真帆「会社を攻撃する加害者と言われていました」”. SANSPO.COM(サンスポ). 産経デジタル (2019年4月21日). 2019年4月21日閲覧。
  24. ^ NGT48山口真帆、卒業を発表「今の私にNGT48のためにできることは、卒業しかありません」”. ORICON NEWS. oricon ME (2019年4月21日). 2019年4月21日閲覧。
  25. ^ 「黙ってた思いを言いたい」 NGT48山口さんの“卒業論文”全文”. 産経ニュース. 産経デジタル (2019年4月21日). 2019年4月21日閲覧。
  26. ^ KANA-BOON飯田祐馬が一時活動休止、バンドはサポート迎え活動継続”. 音楽ナタリー (2019年6月16日). 2019年6月26日閲覧。
  27. ^ 音楽・スポーツ業界待望の「チケット不正転売禁止法」施行 チケット会社の新システム稼働”. ORICON NEWS (2019年6月14日). 2019年8月20日閲覧。
  28. ^ Czecho No Republicの武井優心とタカハシマイが入籍”. 音楽ナタリー (2019年7月7日). 2019年9月3日閲覧。
  29. ^ a b c “ASKAさんが脱退を表明 活動休止中のチャゲアス”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会 (NHKオンライン). (2019年8月25日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190825/k10012048001000.html 2019年8月25日閲覧。 
  30. ^ “関係者の返礼品に秘蔵フォトアルバム ジャニーさん語録も収録”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2019年9月5日). https://hochi.news/articles/20190904-OHT1T50312.html 2019年9月6日閲覧。 
  31. ^ a b “関ジャニ・錦戸亮、ジャニーズを退所…ジャニーさんお別れの会一夜明け激震”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2019年9月6日). https://hochi.news/articles/20190905-OHT1T50232.html 2019年9月6日閲覧。 
  32. ^ “LDH、ヤフオク!ドームで初のカウントダウンライブ開催”. 音楽ナタリー. (2019年5月25日). https://natalie.mu/music/news/332932 2019年5月25日閲覧。 
  33. ^ “アンカフェ、来年1月で活動休止へ”. 日テレNEWS24. 日本テレビ (日本テレビ). (2018年6月22日). http://www.news24.jp/articles/2018/06/22/08396653.html 2018年6月25日閲覧。