2019年ネパール洪水

2019年ネパール洪水(2019ねんネパールこうずい)は、2019年7月11日からネパールの広範囲に影響を与えた鉄砲水被害である。特にテライ地域とカトマンズで深刻な被害に見舞われた[1]

2019年ネパール洪水
Flooding village.jpg
日付7月11日
場所ネパールの旗 ネパール
死者117人
負傷者80人
行方不明者38人
物的損害全壊: 約20000戸
半壊: 約40000戸

モンスーンの季節による豪雨が7月11日に始まり、多くの地域、特に第一州第二州で混乱を招いた[2]。ネパールの内務省が発表したところによると、子ども51人を含む117人が死亡し、38人が行方不明となった[2]。また、一時は200万人が被災者として生活した[3]。また、現地メディアによれば、家畜の死傷、財産やインフラへの深刻な被害もあったとされている。この洪水被害により、主要幹線道路を含む複数の路線では、通行止めになり[4]、路面の崩壊が見られた路線もあった[3]

出典編集

  1. ^ 洪水や土砂崩れで死者100人超、さらに増える恐れも ネパールなど3カ国” (日本語). CNN.co.jp. 2019年8月28日閲覧。
  2. ^ a b UNICEF Nepal Humanitarian Situation Report 5, 2 August 2019 - Nepal” (英語). ReliefWeb. 2019年8月28日閲覧。
  3. ^ a b 洪水や土砂崩れで死者100人超、さらに増える恐れも ネパールなど3カ国” (日本語). CNN.co.jp. 2019年8月28日閲覧。
  4. ^ Nepal: Floods and Landslides - Jul 2019” (英語). ReliefWeb. 2019年8月28日閲覧。

外部リンク編集