2019年ノルディックスキー世界選手権

2019年ノルディックスキー世界選手権は、第52回ノルディックスキー世界選手権で2019年2月20日から3月3日にかけてゼーフェルトオーストリアチロル州)で開催された[1]

開催決定まで編集

2019年ノルディックスキー世界選手権の誘致にはアルマトイカザフスタン)、オーベルストドルフドイツ)、プラニツァスロベニア)にゼーフェルトオーストリアチロル州)の4つが立候補した。オーベルストドルフは2013年、2015年、2017年大会、プラニツァは2017年の誘致で敗れている。

そして2014年6月5日、スペインのバルセロナで行われたFIS総会で、理事による投票の結果、ゼーフェルトに決定した。

候補都市 1回目 2回目 3回目
  ゼーフェルト 6 6 9
  オーベルストドルフ 8 8 8
  プラニツァ 3 3
  アルマトイ 0

スケジュール編集

現地時間 (UTC+1).[2]

  • スキージャンプに女子団体が追加された。ノーマルヒルで行われる。
  • ノルディックコンバインドおよびスキージャンプのラージヒルはインスブルック(HS 130)で行われた。

メダリスト編集

クロスカントリー編集

男子編集

種目
15 km クラシカル マルティン・ヨンスル・スンビ
  ノルウェー
38分22秒6 Alexander Bessmertnykh
  ロシア
38分25秒5 Iivo Niskanen
  フィンランド
38分43秒0
30 km スキーアスロン Sjur Røthe
  ノルウェー
1時間10分21秒8 Alexander Bolshunov
  ロシア
1時間10分21秒9 マルティン・ヨンスル・スンビ
  ノルウェー
1時間10分22秒5
50 km フリースタイル マススタート Hans Christer Holund
  ノルウェー
1時間49分59秒3 Alexander Bolshunov
  ロシア
1時間50分27秒1 Sjur Røthe
  ノルウェー
1時間50分57秒1
4 × 10 km リレー   ノルウェー
Emil Iversen
マルティン・ヨンスル・スンビ
Sjur Røthe
Johannes Høsflot Klæbo
1時間42分32秒1   ロシア
Andrey Larkov
Alexander Bessmertnykh
Alexander Bolshunov
Sergey Ustiugov
1時間43分10秒9   フランス
Adrien Backscheider
Maurice Manificat
Clément Parisse
Richard Jouve
1時間43分33秒1
スプリント Johannes Høsflot Klæbo
  ノルウェー
3分21秒17 Federico Pellegrino
  イタリア
3分21秒40 Gleb Retivykh
  ロシア
3分22秒54
チームスプリント   ノルウェー
Emil Iversen
Johannes Høsflot Klæbo
18分49秒86   ロシア
Gleb Retivykh
Alexander Bolshunov
18分51秒74   イタリア
Francesco De Fabiani
Federico Pellegrino
18分53秒89

女子編集

種目
10 km クラシカル テレーセ・ヨーハウグ
  ノルウェー
27分02秒1 Frida Karlsson
  スウェーデン
27分14秒3 Ingvild Flugstad Østberg
  ノルウェー
27分37秒7
15 km スキーアスロン テレーセ・ヨーハウグ
  ノルウェー
36分54秒5 Ingvild Flugstad Østberg
  ノルウェー
37分52秒1 Natalya Nepryaeva
  ロシア
37分53秒2
30 km フリースタイル マススタート テレーセ・ヨーハウグ
  ノルウェー
1時間14分26秒2 Ingvild Flugstad Østberg
  ノルウェー
1時間15分03秒0 Frida Karlsson
  スウェーデン
1時間15分10秒2
4 × 5 km リレー   スウェーデン
Ebba Andersson
Frida Karlsson
Charlotte Kalla
Stina Nilsson
53分21秒0   ノルウェー
Heidi Weng
Ingvild Flugstad Østberg
Astrid Uhrenholdt Jacobsen
テレーセ・ヨーハウグ
53分24秒1   ロシア
Yuliya Belorukova
Anastasia Sedova
Anna Nechaevskaya
Natalya Nepryaeva
57分24秒8
スプリント Maiken Caspersen Falla
  ノルウェー
2分32秒35 Stina Nilsson
  スウェーデン
2分34秒01 Mari Eide
  ノルウェー
2分35秒19
チームスプリント   スウェーデン
Stina Nilsson
Maja Dahlqvist
15分14秒93   スロベニア
Katja Višnar
Anamarija Lampič
15分15秒30   ノルウェー
Ingvild Flugstad Østberg
Maiken Caspersen Falla
15分15秒53

ノルディックコンバインド編集

種目
個人 ラージヒル/10km エリック・フレンツェル
  ドイツ
23分43秒0 Jan Schmid
  ノルウェー
23分47秒3 Franz-Josef Rehrll
  オーストリア
23分51秒7
個人 ノーマルヒル/10km Jarl Magnus Riiber
  ノルウェー
25分01秒3 ベルンハルト・グルーバー
  オーストリア
25分02秒7 渡部暁斗
  日本
25分05秒9
団体 ノーマルヒル/4 × 5km   ノルウェー
Espen Bjørnstad
Jan Schmid
Jørgen Graabak
Jarl Magnus Riiber
50分15秒5   ドイツ
ヨハネス・ルゼック
エリック・フレンツェル
Fabian Rießle
Vinzenz Geiger
50分16秒5   オーストリア
ベルンハルト・グルーバー
Mario Seidl
Franz-Josef Rehrl
Lukas Klapfer
50分20秒5
団体 スプリント ラージヒル/2 × 7.5km   ドイツ
エリック・フレンツェル
Fabian Rießle
28分29秒5   ノルウェー
Jan Schmid
Jarl Magnus Riiber
28分37秒7   オーストリア
Franz-Josef Rehrl
ベルンハルト・グルーバー
27分38秒7

スキージャンプ編集

男子編集

種目
個人ノーマルヒル ダヴィド・クバッキ
  ポーランド
218.3 カミル・ストッフ
  ポーランド
215.5 シュテファン・クラフト
  オーストリア
214.8
個人ラージヒル マルクス・アイゼンビヒラー
  ドイツ
279.4 カール・ガイガー
  ドイツ
267.3 Killian Peier
  スイス
266.1
団体ラージヒル   ドイツ
カール・ガイガー
リヒャルト・フライターク
Stephan Leyhe
マルクス・アイゼンビヒラー
987.5   オーストリア
フィリップ・アシェンヴァルト
ミヒャエル・ハイボック
Daniel Huber
シュテファン・クラフト
930.9   日本
佐藤幸椰
伊東大貴
小林潤志郎
小林陵侑
920.2

女子編集

種目
個人ノーマルヒル マーレン・ルンビ
  ノルウェー
259.6 カタリナ・アルトハウス
  ドイツ
259.1 ダニエラ・イラシュコ=シュトルツ
  オーストリア
247.6
団体ノーマルヒル   ドイツ
Juliane Seyfarth
Ramona Straub
カリーナ・フォークト
カタリナ・アルトハウス
898.9   オーストリア
Eva Pinkelnig
ジャクリーン・ザイフリーツベルガー
キアラ・ヘルツル
ダニエラ・イラシュコ=シュトルツ
880.3   ノルウェー
Anna Odine Strøm
Ingebjørg Saglien Bråten
Silje Opseth
マーレン・ルンビ
876.9

混合編集

種目
混合団体ノーマルヒル   ドイツ
カタリナ・アルトハウス
マルクス・アイゼンビヒラー
Juliane Seyfarth
カール・ガイガー
1012.2   オーストリア
Eva Pinkelnig
フィリップ・アシェンヴァルト
ダニエラ・イラシュコ=シュトルツ
シュテファン・クラフト
989.9   ノルウェー
Anna Odine Strøm
ロベルト・ヨハンソン
マーレン・ルンビ
アンドレアス・スティエルネン
938.4

日本代表選手の成績編集

メダル以外の成績を示す。

クロスカントリー編集

男子編集

女子編集

ノルディックコンバインド編集

スキージャンプ編集

男子編集

中村直幹は代表に選ばれたが、出場機会がなかった。

女子編集

混合編集

混合団体ノーマルヒル
順位 氏名 記録
5 伊藤有希
佐藤幸椰
高梨沙羅
小林陵侑
928.6

外部リンク編集

出典編集

  1. ^ Seefeld erhält Nordische WM 2019, APA-Meldung auf derstandard.at vom 5. Juni 2014, abgerufen am 5. Juni 2014.
  2. ^ Competition Programme