2019年世界ジュニア柔道選手権大会

2019年世界ジュニア柔道選手権大会(第23回世界ジュニア柔道選手権大会)は、2019年10月16日20日モロッコマラケシュで開催された柔道の世界ジュニア選手権。モロッコでの開催は2010年大会アガディールで行われて以来9年ぶり2度目となる[1]。なお、2019年からは2009年以来行われてきた男女の最軽量級である55kg級と44kg級が廃止された。また、開催国は各階級2名出場することが可能となった[2][3]

大会結果編集

男子編集

階級
60kg以下級   コンスタンチン・シメオニディス   アーマド・ユシフォフ   末松賢
  サリフ・イルディズ
66kg以下級   ウィリアン・リマ   武岡毅   イブラヒム・アリエフ
  ミカエル・マルセリノ
73kg以下級   ソモン・マフマドベコフ   ゲオルギー・エルバキエフ   エドアルド・メッラ
  ビクトル・ステルプ
81kg以下級   ウラジーミル・アハルカツィ   ダビド・カラペティアン   タト・グリガラシビリ
  ギウエルメ・シュミット
90kg以下級   ラシャ・ベカウリ   ゴズ・ロランド   ジェンナーロ・ピレッリ
  ルイス・マイ
100kg以下級   神垣和他   イリア・スラマニゼ   メルト・シスマンラル
  ゾムボル・ベグ
100kg超級   松村颯祐   エリック・アブラモフ   シポツ・リカルド
  キム・ミンジョン

女子編集

階級
48kg以下級   古賀若菜   シリヌ・ブクリ   アンドレア・ストヤディノフ
  チョン・スソン
52kg以下級   ルハグバスレン・ソソルバラム   許琳宣   川田歩実
  ラリサ・ピメンタ
57kg以下級   エテリ・リパルテリアニ   袴田佳名瑚   プレウニ・コルネリセ
  金知秀
63kg以下級   エズバシュ・ソフィ   アニャ・オブラドヴィッチ   浦明澄
  ラウラ・ファズリウ
70kg以下級   朝飛真実   マディナ・タイマゾワ   モルガネ・フェレオル
  マルレーネ・ガランディ
78kg以下級   和田梨乃子   レネー・ファンハルセラール   パトリシア・サンパイオ
  クリスティナ・ファベル
78kg超級   高橋瑠璃   キム・ハユン   マリット・カンプス
  タイマ・デュラン

男女混合団体戦編集

優勝 2位 3位 3位
  日本
川田歩実
塚本綾
朝飛真実
増山香補
高橋瑠璃
松村颯祐
  ロシア
ダリア・カシナ
マフマドベク・マフマドベコフ
ダリ・リルアシビリ
マリア・グリズロワ
マンスール・ロルサノフ
アラナ・アルボロワ
バレリー・エンドビツキー
  フランス
オペリ・ベロッツィ
イスライル・ダカエフ
モルガネ・フェレオル
フランシス・ダミエル
エニエル・カロリ
タイナ・デュラン
レア・フォンテーヌ
ティエマン・ディアビ
  ジョージア
エテリ・リパルテリアニ
ルカ・カプナゼ
マリアム・チャントリア
ラシャ・ベカウリ
ミヘイリ・ベカウリ
サロメ・マキシビリ
ゲラ・ザアリシビリ

各国メダル数編集

国・地域
1   日本 7 2 3 12
2   ジョージア 3 1 2 6
3   ロシア 1 4 0 5
4   ハンガリー 1 1 2 4
5   ブラジル 1 0 3 4
6   モンゴル 1 0 0 1
  タジキスタン 1 0 0 1
8   ドイツ 0 1 3 4
  フランス 0 1 3 4
10   韓国 0 1 2 3
  オランダ 0 1 2 3
12   アゼルバイジャン 0 1 1 2
  セルビア 0 1 1 2
14   チャイニーズ・タイペイ 0 1 0 1
15   イタリア 0 0 2 2
  トルコ 0 0 2 2
17   コソボ 0 0 1 1
  モルドバ 0 0 1 1
  ポルトガル 0 0 1 1
  北朝鮮 0 0 1 1

優勝者の世界ランキング編集

男子編集

60kg級    ロシア コンスタンチン・シメオニディス  27位
66kg級    ブラジル ウィリアン・リマ  8位(シニアでは93位)
73kg級    タジキスタン ソモン・マフマドベコフ  58位(シニアでは31位)
81kg級    ジョージア ウラジーミル・アハルカツィ  17位
90kg級    ジョージア ラシャ・ベカウリ  1位(シニアでは42位)
100kg級    日本 神垣和他  65位
100kg超級    日本 松村颯祐  32位

女子編集

48kg級    日本 古賀若菜  43位(シニアでは57位)
52kg級    モンゴル ルハグバスレン・ソソルバラム  ランキング外(シニアでは21位)
57kg級    ジョージア エテリ・リパルテリアニ  1位(シニアでは49位)
63kg級    ハンガリー エズバシュ・ソフィ  5位
70kg級    日本 朝飛真実  77位
78kg級    日本 和田梨乃子  2位(シニアでは47位)
78kg超級    日本 高橋瑠璃  58位

世界ランキング1位の成績編集

男子編集

60kg級    ブラジル レナン・トレス  初戦敗退
66kg級    ブラジル ミカエル・マルセリノ  銅メダル
73kg級    アルジェリア アブデルカデル・マブルク  初戦敗退
81kg級    カナダ アレクサンドル・アレンシビア 3回戦敗退
90kg級    ジョージア ラシャ・ベカウリ  金メダル
100kg級    日本 関根聖隆  不出場
100kg超級    ジョージア ゲラ・ザアリシビリ  初戦敗退

女子編集

48kg級    カザフスタン ガリヤ・ティンバエワ 7位
52kg級    フランス ファイザ・モクダル  不出場
57kg級    ジョージア エテリ・リパルテリアニ  金メダル
63kg級    セネガル アンナ・シガ・ファエ  初戦敗退
70kg級    イギリス ケリー・ピーターセン=ポラード  初戦敗退
78kg級    ポルトガル パトリシア・サンパイオ  銅メダル
78kg超級    ブラジル ルイザ・クルス  初戦敗退

(出典[4]JudoInside.com)。

団体戦の完全制覇編集

今大会日本チームが男女混合団体戦を制したことにより、世界カデ世界選手権と、同一年に世界大会における男女の団体戦で、2015年に続いて2度目となるハットトリックを達成した[5]

脚注編集

外部サイト編集