2019年6月9日香港逃亡犯条例改正案反対デモ

2019年6月9日香港逃亡犯条例改正案反対デモ中国語の正式名称:「守護香港反送中」大遊行[17]、中国語の通称:6月9日大遊行69大遊行[18])は2019年逃亡犯条例改正案への反対[注釈 1]を目的として[19]民間人権陣線中国語版(民陣)の主催で2019年6月9日に行われたデモである[20]。改正案の香港立法会での審議をめぐり、5月3日から24日まで民主派建制派中国語版の間で議員の間でもみ合いになるほどの激しい攻防があったが、政府は改正案委員会の審議を待たずに6月12日に第二読会を再開することを決定した[21]。これにより、逃亡犯条例改正案の反対運動は5月末には社会運動に発展した[21]。2019年6月9日のデモは反対運動における初の大規模なデモであり、同日には香港のほか世界中で29の都市で集会が開催された[22]。デモの後、政府は第二読会の予定を変更しないと発表したが[23]、第二読会の予定日である6月12日に大規模デモが行われ、参加者が主要道路を占拠するなどした結果、審議が延期された[24]。その後、6月15日に法案審査のさらなる延期が発表された[4]

2019年6月9日香港逃亡犯条例改正案反対デモ
2019年-2020年香港民主化デモ内で発生
June9protestTreefong03.jpg
軒尼詩道の7車線と両側の歩道にあふれるデモ参加者を軍器廠街中国語版から撮影した様子
日時
  • デモ行進:2019年6月9日 (2019-06-09)(14:20[1] - 22:00[2]
  • 道路占拠:2019年6月10日 (2019-06-10)(00:00 - 06:00[3]
場所
原因 2019年逃亡犯条例改正案への不満
目的
手段
  • 大規模なデモ
結果
参加集団
指導者
人数
警察2,000人[11]
死傷者数
負傷者 警察8名、ジャーナリスト1名、デモ参加者複数が体調不良[12][13][14]
逮捕者 19人[15]
ほか358人が身元を記録され、顔写真を撮られた上で警察が起訴の可能性を留保した[16]
起訴者 14人(2020年1月2日時点)

デモ主催者の民陣は6月2日に警察から「不反対通知書」(Letter of no objection[注釈 2])を受け取り、9日15時より銅鑼湾ヴィクトリアパークの芝生から出発して金鐘立法会総合ビル中国語版まで行進することを許可された[26]。民陣はデモの主催にあたり、30万人の参加を呼びかけたが[27]、9日の14時までにヴィクトリアパークの芝生の8割がデモ参加者であふれたため、15時から40分前倒しして14時20分にデモ行進を開始した。以降デモ隊は18時すぎまでにヴィクトリアパークを出発し[28]、22時に民陣がデモの終了を宣言した[29]。デモの参加者数は、主催者発表では103万人[30]、警察発表ではヴィクトリアパークから出発した時点で15万3千人、最も多い時点で24万人である[28]。主催者発表の103万人という参加者数は、2003年7月1日香港デモ中国語版における50万人を大幅に上回る数字であるが[31]、1週間後の2019年6月16日香港逃亡犯条例改正案反対デモでさらにこれを上回る数字が発表されている。このデモは世界中のマスコミから広く注目され、10日には『ニューヨーク・タイムズ[32][33]と『ワシントン・ポスト[34]が1面でデモについて報じた。

背景編集

逃亡犯条例改正案の提出と審議編集

2019年2月、香港政府は容疑者の身柄引き渡し手続きを簡略化して、中国大陸マカオ台湾中華民国)にも刑事事件の容疑者を引き渡しできるようにする2019年逃亡犯条例改正案を提出した[35]。改正案の直接のきっかけとなったのは、2018年2月17日に台湾で起きた潘曉穎殺害事件中国語版である[36]。殺人事件が香港で起きたものではなく、香港の刑法では殺人罪で訴追できなかったため[37]、逃亡犯条例の規定で中国大陸やマカオが除外されていることが「抜け穴」であると香港政府は主張した。改正案が成立した場合、香港行政長官は事例毎に引き渡し要請を受け付けることになる。要請を受け付ける容疑には殺人罪のほかには贈収賄、入出国審査官に対する詐欺など7年以上の懲役刑が科される可能性のある犯罪が30種類以上含まれる[38][39]。また、中国大陸などから要請を受けて資産凍結差押を行うこともできるようになる[40]

改正案の香港立法会での審議では4月3日に第一読会を通過した後、5月3日から24日まで法案委員会の主席選出をめぐって民主派建制派中国語版の間で議員の間でもみ合いになるほどの激しい攻防があったが、政府は改正案委員会の審議を待たずに6月12日に第二読会を再開することを決定した[21]

改正案の反対運動編集

改正案の提出直後より、世論は香港の裁判権の独立性に悪影響を及ぼすと危惧し、香港法廷弁護士協会英語版香港事務弁護士協会英語版キリスト教の教会などが中国大陸への引き渡しを盛り込む改正案への反対を表明した[41]民間人権陣線中国語版(民陣)は3月31日に1回目の反対デモを実施、主催者発表で12,000人、警察発表で5,200人が参加した[42]。4月28日に実施された2度目の反対デモでは主催者発表で13万人、警察発表で22,800人が参加したデモが実施された[43]。その後、世論の盛り上がりをみた民陣は、6月9日に3度目の反対デモを実施することとした[21]

デモの経過編集

デモの計画編集

2019年5月29日、デモを主催する民間人権陣線中国語版(民陣)は警察代表40名との会議でデモの行進ルートなどについて議論した[44]。民陣が提示したルートでは銅鑼湾東角道から行進する予定だったが、警察はそれをヴィクトリアパークに変更することを要求した。また、行進ルートの軒尼詩道は4車線と香港トラムの線路があったが、警察は行進ルートを3車線に制限し、必要に応じてトラム線路も開放することを要求した。これに対し、民陣は4車線とトラム線路を全て開放する必要があると不満を示したが、警察は折れず、民陣の代表は警察の決定に抗議して会議の途中で退席、6月1日までに再度打ち合わせを行うよう求めた[45]

警察は6月2日にデモへの「不反対通知書」(Letter of no objection[注釈 2])を発したが、この通告では警察側の要求が決定事項として盛り込まれており、デモ行進のルートがヴィクトリアパークから始まり、車線についても3車線しか開放しなかった[46]。警察発表では、東角道と比べてヴィクトリアパークの芝生の面積が大きいため、ヴィクトリアパークから出発したほうが安全であり、また4車線全てを開放することは交通に極めて大きい影響を与えるため不可能であるとしている[47]

6月7日と8日には政治家の朱凱廸中国語版姚松炎中国語版パウルス・ツィンメルマン中国語版胡志偉中国語版香港島九龍で自転車を利用したデモ行進を行い、逃亡犯条例改正案への反対を改めて表明するとともに9日のデモへの参加を呼びかけた[48][49]。また、黄子悅中国語版劉康中国語版楊逸朗中国語版陳家駒中国語版周永康岑敖暉孫曉嵐中国語版梁麗幗中国語版など多くの人物が動画を発表し、逃亡犯条例の改正が香港における人権と自由に悪影響を与えるとしてデモへの参加を呼びかけた[50]

デモ行進のなされた街路と始点(ヴィクトリアパーク)、終点(立法会総合ビル)

デモ行進中の交通編集

 
金鐘駅の3番ホーム。デモ参加者であふれており、平均で8、9本目の列車になってようやく乗れるという状況だった。

デモ行進の期間中には港島線銅鑼湾駅天后駅中環駅荃湾線旺角駅尖沙咀駅ラッシュ時以上の混雑になり、改札口が一時的に閉鎖されることとなった。また、天后駅ではホームの混雑により停止せず通過する列車もあった[51]香港駅と中環駅を結ぶ地下通路もデモ参加者であふれた[51]。17時には炮台山からヴィクトリアパークまで徒歩でしか進めず[52]、デモ隊が北角の電廠街(Tin Chong Street)まで長蛇の列をなすほどだった[53]。香港島の対岸にあるスター・フェリー・ピア中国語版でもフェリー乗り場に並ぶ列が香港スペース・ミュージアム中国語版まで伸びた[53]

新界においては多くのバス停で長蛇の列ができていた。うち元朗中国語版から天后中国語版に向かう路線バス968番では並び始めてから11から12便目のバスになってようやく乗れるという有様だった[54]

デモの経過編集

デモ行進はヴィクトリアパークの芝生を起点とし、高士威道禮頓道中国語版、伊榮街(Irving Street)、邊寧頓街(Pennington Street)、軒尼詩道金鐘道中国語版樂禮街中国語版夏慤道中国語版添美道中国語版を経由して、添美道にある立法会総合ビル中国語版を終点としていた[46]

行進が始まる時間は15時の予定だったが、ヴィクトリアパークの芝生がデモ参加者であふれ、倒れる年寄りが続出したため、民陣は警察の求めに応じて、行進を40分前倒しして14時20分に開始した。デモ隊の先頭には「反送中[注釈 3]と書かれた巨大な懸垂幕が民主党初代主席の李柱銘、元立法会議員吳靄儀中国語版蘋果日報を創刊した黎智英、歌手の何韻詩黄耀明により掲示され、「反送中、撤惡法、林鄭下台[注釈 4]のスローガンを叫びながら行進し、両側に立つ市民は拍手してデモ隊を歓迎した[53]。一方の起点ヴィクトリアパークでは警察がサッカー場の開放を拒否したため、デモ参加者が園内で道を塞がれ緩慢にしか進めなくなり、結局デモ参加者が「開路」(道を開け)と騒ぎ立てたのち警察が折れてサッカー場を開放した[55]

行進ルートの両側にあり、ルート自体から外れる道路である糖街中国語版記利佐治街中国語版渣甸街中国語版利園山道中国語版波斯富街中国語版でもデモ参加者であふれ、それぞれが赤色の背景に黒文字で「反送中」と書かれたプラカードを持って「林鄭月娥下台」(林鄭月娥は辞任せよ)のスローガンを繰り返した。人数の多さにもかかわらず警察が全ての車線の開放を頑なに拒否したが、やがて17時頃に開放したのちは軒尼詩道の車線全てがデモ参加者であふれた[56]。ほかにも保安局長の李家超中国語版律政司司長鄭若驊中国語版の辞任を求めるスローガンもあった。デモ行進はその後、22時頃まで続いた[2]

デモ行進の終点近くの夏愨道中国語版では1車線しか開放されておらず、デモ参加者の一部がそれを理由に金鐘で止まって前進を拒否した。19時すぎになってデモ参加者数人が夏愨道の占拠を試みたが失敗、警察1名がトウガラシスプレーを使用するという事件がおきた[57][58]

行進後の衝突編集

 
20時33分に立法会総合ビルの駐車場前に座り込む香港衆志の成員。その後、警察により2時半頃に1人ずつ運び去られた
 
10日の午前2時すぎに分域街中国語版から告士打道中国語版の車線に出て、ごみ箱やバス停標識柱などをバリケードとして用いた様子

20時33分、香港衆志は立法会総合ビルの駐車場前に座り込み、デモ参加者に「堵塞立法會」(立法会の封鎖)を呼びかけた。また、政府に対しては保安局長の李家超中国語版と行政長官の林鄭月娥との会談を要求した[58]。その後、警察により10日の午前2時半頃に1人ずつ連行された。

また9日の23時には政府が逃亡犯条例改正案の第二読会の予定(6月12日)を変更しないと発表したため、デモ参加者の一部が立法会総合ビルの占拠を試みた。これに対し機動隊トウガラシスプレー警棒による鎮圧を試みたが、警察1名が警棒で殴られるという事件もおき[59]、合計では警察3名と無綫電視のカメラマン1名が負傷した[60]。そして、警察はデモ隊に違法デモへの参加をやめるよう警告したのち、デモ隊を立法会近辺から追い出した。デモ隊数百人はすぐに龍和道中国語版に移ってバリケードを設けたが、警察の特殊戦術小隊により分断され、西の中環と東の湾仔の2方向に追いやられた[61]

東側のデモ隊は午前2時すぎに分域街中国語版から告士打道中国語版の車線に出て、ごみ箱やバス停標識柱などをバリケードとして設置し、一方西側のデモ隊はタマール・パーク中国語版からセントラル・フェリーターミナル中国語版まで追いやられ、フェリーターミナルで休んでいた記者も追い出された。このとき、立場新聞中国語版の記者が取材中に警察から「垃圾」(ごみ)とののしられ、記者であると身分を表明した後も警察用の盾で押されたり、カメラにフラッシュを向けられたりしたという事件がおきた。さらに警棒で指差されつつ「不要拍攝」(撮影するな)と命じられたほか、警察1名が記者の鞄にあるボトルウォーターを武器であると主張して捜査を要求した[62][63]香港記者協会中国語版は警察の行為が取材権の侵害であるとして抗議した[64]。現場にいた記者は後に「このような取材の経験は深圳川中国語版の北(中国大陸)ではよくあることだが、まさか香港でもこのような経験をするとは思わなかった。そして、おそらく、今後も頻繁に起こるだろう」との感想を述べた[65]。西側のデモ隊を追いかけていた警察は香港駅人道橋まで前進したのち、フェリーターミナルでデモ隊の一部を押し倒して逮捕した[66]

東側のデモ隊については3時頃より告士打道中国語版旧湾仔警察署中国語版近くで包囲されたが、その間にデモ参加者2名が倒れて病院に運ばれた。また、逮捕する前にデモ隊に帽子やマスクを外すよう要求して、上司になだめられるという事件もあった[67]。そして、警察は4時に包囲したデモ隊358人に対し、違法デモに参加した疑いがあるとして持ち物検査を行い、デモ隊の写真を撮影したのち釈放した(違法デモへの参加の容疑による起訴については留保した)。その後、IDカードを持っていないことを理由に逮捕されたデモ隊1名を除き、6時までに全員が釈放された[68]

デモ参加者の人数編集

デモ参加者の人数は、主催者(民間人権陣線中国語版)発表の103万人と警察発表の24万人の間で大きな隔たりがあった。そのため、ロイター[70]BBCニュース[71]、『コロンビア・ジャーナリズム・レビュー英語版』誌[72]天下雜誌中国語版[73]香港フリープレス英語版[74]は報道で多くの統計法に言及した。香港ではデモに参加した人数が議論になることが多く、2003年7月1日香港デモ中国語版に関する香港電台の報道では、主催者発表と警察発表の人数に常に数倍の差があるとしている。これらの2つの発表の間をとって実際の人数を概算する人もいる一方、香港大学香港中文大学の教員で構成される研究グループによる計算結果では、主催者発表にかなり近い数字になったという[75]。過去のデモでは人の手によって参加者を数えていたが、2019年6月9日のデモでは人工知能による参加者数統計が香港で初めて用いられ、より客観的な数値となることが期待された[76][77]。たとえば、蘋果日報が人工知能を用いた統計では軒尼詩道と馬師道中国語版の交差点を通ったデモ参加者だけで少なくとも51万7千人はいたという[5]。この数字は2003年7月1日香港デモの参加者数を超えているが、前出の交差点を通らず近隣の駱克道中国語版莊士敦道中国語版を通った参加者、湾仔からデモに参加した者が含まれていないため、実際の参加者数はさらに多いとされる[75][5]

ほかにも元立法会議員の姚松炎中国語版は86万から138万人と計算した[6]。元経済学教授の雷鼎鳴中国語版は、デモ隊の隊列の面積を約5万平方メートルとして、これに1平方メートルあたり3.3人という密度をかけて、さらに終点の人数を数えて合計で187,000人から212,000人としたが[7]、これに対しテキサス州立大学の地理学准教授は、正しい面積は14万8千平方メートルであると指摘した[78]。また、ビッグデータを利用して、デモの関連キーワードのトレンドを追跡した結果、6月8日には487,000人から754,900人という予測が出された[8][9]。そして、これらの計算と比較し、警察発表の人数があまりにも少ないことから、毅進制中国語版という警察発表を揶揄する造語が生まれた。

このように、統計の大半は6月9日のデモの参加者数が2003年7月1日香港デモの参加者数を上回ることを示し[75]、香港におけるデモでは六四天安門事件に関連した1989年5月28日香港デモ中国語版に次ぐ史上2位となったが[79][80]、歴代1位であった1989年デモの記録は、この6月9日のデモからわずか1週間後の2019年6月16日香港逃亡犯条例改正案反対デモで破られることになる。

反応編集

香港の政界編集

デモ参加者数に対し編集

民主党はデモの参加者数が100万人に上ったことが市民の怒りを示しているとの見解を表明して、林鄭月娥に責任を負って辞任するよう要求した。公民党は声明を発表し、デモ集会が平和だったにもかかわらず、政府が高慢にも譲歩を拒否したため、デモ参加者を怒らせて衝突を引き起こすとなったと述べ、公民党党首楊岳橋中国語版も「今回の法案改正には緊急性がないにもかかわらず、(政府が)強行採決に踏み切ったことは論理に反する」との見解を述べた。また、「正常に機能している政府がこのような大規模なデモに直面した場合、必ず前向きな回答をするものである」とも述べた[81]。一方、建制派中国語版の一員で約20万人がデモに参加したという数字を出した雷鼎鳴中国語版は主催者発表の103万人を「無乜用腦」(ほとんど頭を使わなかった)とこき下ろした[82](ただし、雷の計算は誤りが指摘されている[78])。

政党以外では鄭経翰中国語版が6月9日のデモを香港人による、林鄭月娥率いる香港政府への103万票の不信任票として形容した[83]

中国共産党の機関紙『環球時報』はデモ隊が西側諸国と結託していると主張した[84]。一方、ボイス・オブ・アメリカによると、中国の国営放送は主催者発表の103万人などの統計にわざと言及せず、警察発表の24万人という過小な数字や親共派の「70万人が改正案を支持している」との主張のみを引用して、香港返還以降で最大規模のデモというインパクトを薄めようとしたという[85]

デモ自体に対し編集

2003年7月1日香港デモ中国語版と同日にデモ隊側に寝返った自由党の名誉主席田北俊中国語版建制派中国語版が選挙で大敗することを憂慮して、政府に改正案の撤回を呼びかけるとともに[86]行政会議が機能不全に陥っていると批判した[87]。これに対し、自由党と新民党が声明を発表して、逃亡犯条例改正案への支持を改めて表明した[88]。一方、民主党は建制派に対し、「助紂為虐」(「悪人を助けて悪事を働く」という意味の熟語)をしないよう警告した[89]。またメディアでは、香港政府が中国政府の言いなりの状態であるため、中国政府が下した命令に行政長官と建制派がそれに唯々諾々と従うことになる、とする評論がある[90][91]

6月9日の23時には政府のスポークスマンが声明を発表して、「一部交通渋滞があったが、デモに参加した人数の多さにしては平和で秩序を保っている」としつつ、「改正案の第二読会は今月12日に立法会で行われる」と予定通りに行うことを発表した[92]

立法会での衝突に対し編集

 
行政長官の林鄭月娥律政司司長鄭若驊中国語版、保安局長の李家超中国語版が6月10日の11時に記者会見を行い、デモ隊を批判している様子
 
民陣が6月10日の13時に記者会見を行い、次の行動について説明している様子

10日の午前3時、警察局長盧偉聡中国語版は記者会見を行った。盧はデモ隊が暴力をはたらいたと批判、これを言論の自由を超えた行動としてとことん追及すると表明した[93]政務司司長張建宗も遺憾の意を表明して、法改正が立法会で理性的に議論されることを期待した[94]

10日の11時、行政長官の林鄭月娥律政司司長鄭若驊中国語版、保安局長の李家超中国語版が記者会見を行い、デモの参加者数の多さを認めたものの、法改正が社会正義を目的とするものであり、問題があるところを見て見ぬふりはできないと述べた。一方、民意にしたがって辞任するかの質問についてははっきりした回答を避けた[95]

公民党と社会民主連線(社民連)は衝突の責任を負うべきのは林鄭月娥であると主張した[96]。民陣と民主派の諸政党は同10日の13時に記者会見を行い、12日に立法会ビルの包囲を敢行することを表明した[97]ソーシャルワーカー業界代表議員の張超雄中国語版は業界が12日にストライキを行うことを検討していると述べた[98]。民陣の記者会見に出席した民主派諸政党はいずれも政府の民意無視を批判、教育業界代表議員葉建源中国語版は政府が独裁的であるとして、公民党党首楊岳橋中国語版は政府が香港を統治できていないとして批判した。民主派の立法会議員24名が連名で声明を発表して、林鄭月娥にデモ参加者の要求を受け入れるよう求めた[99]

10日、政府人員協会、香港公務員労働組合(中国語名:香港公務員總工會、いずれも香港の公務員の労働組合で前者は建制派の香港工会連合会所属)、国家行政学院中国語版中国共産党中央党校)の香港同窓会は連名で声明を発表、デモ隊の一部が市民の安全に危害を及ぼすとして批判した一方、「逃亡犯条例が香港市民に幸福をもたらす」(《逃犯條例》可造福香港市民)と褒め称えた[100]

諸国編集

中華人民共和国編集

ラジオ・フランス・アンテルナショナルの報道によると、デモの影響を受け中央政治局は逃亡犯条例改正案に対する意見の相違が広がり、習近平はデモのビデオをみた後に「香港の情勢が手の付けられない状況になる危険性がある」(香港局勢有失控的危險)と発言した[101]

中華人民共和国外交部のスポークスマン耿爽は、6月10日の記者会見で中国政府が引き続き逃亡犯条例の改正を支持することを明らかにした[102]。デモの参加者数については警察発表の24万人を採用し、法改正を支持する保公義撐修例大聯盟のインターネット署名運動に80万人以上が参加したことをもって世論が法改正を支持すると断定した[103]。これに対し、前線科技人員という団体は、10秒ごとに署名者数を記録したところ、署名者数が時間に比例して毎日6時から24時まで約1分に60人の速度で増えており、署名運動の数値は全くのデタラメであることが分かったと主張している[104]。また、インターネット上では、「中国人民解放軍が香港の警察内に紛れ込んでいる」という噂が流れたが[105]、耿爽はこれをフェイクニュースであると断じた[106]

台湾(中華民国)編集

9日、中華民国総統蔡英文は香港の情勢に注目していると述べ、一国二制度が台湾人にとって選択肢ですらないと表明した。行政院長蘇貞昌行政院副院長陳其邁も同様に香港の情勢への注目を述べた。中国国民党の総統候補選挙に立候補していた郭台銘は香港における一国二制度の実施が失敗したと批判、高雄市長韓国瑜は最初はよく知らないと発言して批判を受けたが、すぐに声明を発表して、中華民国の主権を守ることと、台湾における一国二制度の実施と台湾独立運動への反対、九二共識への支持を表明した[107][108]。元新北市長朱立倫も香港における民主制度への関心や一国二制度への反対を表明、台北市長柯文哲は一国二制度が台湾の主流世論には受け入れられないと発言した。

イギリス編集

イギリスの首相テリーザ・メイ庶民院で香港の逃亡犯条例が1984年の英中共同声明のうち権利と自由を保障する条項に適合する必要があるとの見解を述べ、「多数のイギリス国民が香港に滞在していることから、法改正が引き起こしうる影響について憂慮している」とも述べた[109]

外務・英連邦大臣ジェレミー・ハントは12日に外務・英連邦省の公式ウェブサイトで声明を発表、香港政府に物議を醸す施策を一時的に停止して、逃亡犯条例改正案への憂慮の声に耳を傾けるよう呼び掛けた。また、英中共同声明に定められている一国二制度の堅持が香港の未来へのカギとなるとも述べた[110]

アメリカ編集

米国では6月13日にクリス・スミス英語版共和党所属、ニュージャージー第4選挙区英語版選出下院議員)とジム・マクガヴァン英語版民主党所属、マサチューセッツ第2選挙区英語版選出下院議員)が連名で香港人権・民主主義法案を提出、アメリカの法律における香港の待遇を、香港における民主的制度の動向や人権と結びつけた。また、大統領ドナルド・トランプは13日に「あれは大規模なデモだった。今日見てみたが、あれは本当に100万人だった」(They’re massive demonstrations. I looked today and that really is a million people)と述べ、ホワイトハウスのアドバイザーはトランプが第14回20か国・地域首脳会合中国最高指導者習近平に逃亡犯条例問題について言及する可能性があるとした[111]

カナダ編集

カナダ外務大臣英語版クリスティア・フリーランド英語版は12日に声明を発表して、カナダが香港の逃亡犯条例改正に注目しており、香港の一連のデモが香港人の憂慮を示していると述べた。また、香港の国際間の名声や香港に滞在しているカナダ国民20万人も影響を受ける可能性があるため、香港政府に対し香港市民や諸外国の声に耳を傾け、条例改正を一時停止するよう求めた[112]

香港以外でのデモ編集

 
6月9日、ニューヨークタイムズスクエアで行われたデモ
 
6月9日、ホワイトハウスの北側で行われたデモ
 
6月9日、台北市で香港からの留学生が行った、逃亡犯条例改正案に反対するための署名運動

香港に合わせて、6月9日に海外の都市で逃亡犯条例改正案の反対デモを主催する団体が続出、6月3日までに6か国16都市の団体がデモ主催を発表した[113][114]。うちオーストラリアパースでのデモは9日ではなく8日に行われた[115]。その後、16日までに14か国35都市でデモが行われた。

2019年6月9日から16日まで、逃亡犯条例改正案に反対するデモ行進やデモ集会が開催された都市(香港を除く)は下記の通り[116](6月17日以降のデモについては2019年6月16日香港逃亡犯条例改正案反対デモを参照)。

北アメリカ
(11都市)
オセアニア
(7都市)
アジア
(8都市)
ヨーロッパ
(9都市)

その後編集

6月9日のデモ以降、逃亡犯条例改正案反対運動は2019年-2020年香港民主化デモに発展したが、本項では次の大規模デモである2019年6月12日香港逃亡犯条例改正案反対デモまでの展開のみを述べる。

ゼネスト編集

6月9日のデモに合わせて、香港各地の店(合計で75軒)が逃亡犯条例改正案への抗議およびデモへの参加を目的として1日間のストライキを宣言した[119]

6月9日のデモの後に政府が第二読会の予定(6月12日)を変更しないことを発表すると、100毛中国語版アブタイ中国語版など400以上の会社が抗議として12日にゼネストを行うことを宣言した。また、新世界第一バスの労働組合は順法闘争を決定した[120]。一方、自由党党首鍾國斌中国語版は、ゼネストはただの意見表明にすぎず、政府に何ら損害を与えないばかりか自身が損するとして批判した[121]

建制派中国語版でも逃亡犯条例改正案への支持を示すために6月12日の17時よりゼネストを行うという噂があった[122]

これに対し、交通渋滞を予想した4大会計事務所スタンダードチャータード銀行恒生銀行香港上海銀行は6月12日限定でフレックスタイムを許可した[123]。また鷹君集団中国語版のホテルイートンHK英語版は従業員のタマール・パーク集会参加への不反対を表明した[124]

6月12日の反対デモ編集

6月12日の午前8時、金鐘タマール・パーク中国語版でデモ集会に参加していた市民が突如夏慤道中国語版龍和道中国語版を占拠して、香港立法会による改正案の第二読会を阻止しようとした。このとき、デモ隊が歩道のレンガ舗装を掘り起こして武器として使用したほか、警察側が催涙弾約150枚、ビーンバッグ弾20発、ゴム弾数発を使用した結果、80人以上が負傷し、うちデモ隊数人が頭部を撃たれ重傷となった[125][126]

注釈編集

  1. ^ 現地ではもっぱら「反送中」(国大陸への還に対)と呼ばれる。
  2. ^ a b 香港ではデモを主催する場合は警察に届け出て、警察からデモに反対しないという旨の通告を受け取る必要がある[25]
  3. ^ 国大陸への還に対」といった意味。
  4. ^ 訳注:「反送中」は「中国大陸への送還に反対」(2019年逃亡犯条例改正案への反対を意味する)、「撤惡法」は「悪法を撤回せよ」、「林鄭下台」は行政長官林鄭月娥への辞任要求を意味する。

出典編集

  1. ^ 無綫新聞 - 港澳 - 民陣指遊行人數站滿維園草坪 按要求提早下午2時20分出發”. news.tvb.com. 2019年6月10日閲覧。
  2. ^ a b 民陣宣布集會遊行結束 - RTHK” (中国語). news.rthk.hk. 2019年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  3. ^ 示威者通宵一度佔據告士打道 警方清晨6時完成清場 - RTHK” (中国語). news.rthk.hk. 2019年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  4. ^ a b “【反送中】林鄭月娥宣佈暫緩修訂逃犯條例 令社會盡快回復平靜【不斷更新】”. 香港經濟日報. (2019年6月15日). オリジナルの2019年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190912205337/https://topick.hket.com/article/2377566/%E3%80%90%E5%8F%8D%E9%80%81%E4%B8%AD%E3%80%91%E6%9E%97%E9%84%AD%E5%AE%A3%E4%BD%88%E6%9A%AB%E7%B7%A9%E4%BF%AE%E4%BE%8B%E3%80%80%E4%B8%8D%E8%BE%AD%E8%81%B7%E4%B8%8D%E6%94%B6%E5%9B%9E%E6%9A%B4%E5%8B%95%E5%AE%9A%E6%80%A7%E3%80%90%E4%B8%8D%E6%96%B7%E6%9B%B4%E6%96%B0%E3%80%91 2019年6月15日閲覧。 
  5. ^ a b c 警方勁低估遊行人數 AI銅鑼灣數人頭揭真●數據” (中国語). 蘋果日報 (2019年6月11日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月11日閲覧。
  6. ^ a b 姚松炎 (2019年6月16日). “點算遊行人數的簡化方程式” (中国語). 2019年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月11日閲覧。
  7. ^ a b “雷鼎鳴估20萬人遊行 民陣引述警方:30萬人 警否認” (中国語). 香港01. (2019年6月9日). オリジナルの2019年7月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190711130223/https://www.hk01.com/%E6%94%BF%E6%83%85/338576/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E9%9B%B7%E9%BC%8E%E9%B3%B4%E4%BC%B020%E8%90%AC%E4%BA%BA%E9%81%8A%E8%A1%8C-%E6%B0%91%E9%99%A3%E5%BC%95%E8%BF%B0%E8%AD%A6%E6%96%B9-30%E8%90%AC%E4%BA%BA-%E8%AD%A6%E5%90%A6%E8%AA%8D 2019年7月11日閲覧。 
  8. ^ a b 大數據系統顯示「反送中」遊行人數逾 75 萬人” (中国語). 立場新聞 (2019年6月9日). 2019年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月11日閲覧。
  9. ^ a b 6‧16遊行人數飈 大數據系統早猜出 稱政府漠視輿情 開發者:分析助解公關災難” (中国語). 明報 (2019年6月26日). 2019年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月11日閲覧。
  10. ^ 【逃犯條例.反修例遊行】吳秋北:反對派針對撐修例聯署「作大」遊行人數 又逼專業團體政治歸邊 (10:08) - 20190610 - 港聞” (中国語). 明報. 2019年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  11. ^ “警民同料遊行人多 警力增至2000 民陣籲開放更多車路 眾志預告有「重要呼籲」”. 明報. (2019年6月10日). https://news.mingpao.com/pns/%e8%a6%81%e8%81%9e/article/20190609/s00001/1560017237121 2019年6月10日閲覧。 
  12. ^ “不斷更新:警方登記200示威者資料 1女子被捕” (中国語). on.cc東網. (2019年6月10日). オリジナルの2019年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190912210446/https://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/news/20190610/bkn-20190610000050477-0610_00822_001.html 
  13. ^ “示威者衝擊立會與警方爆衝突時序 一文睇晒!” (中国語). on.cc東網. (2019年6月10日). オリジナルの2019年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190912210447/https://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/news/20190610/bkn-20190610104141256-0610_00822_001.html 
  14. ^ “群眾夜攻立會與警血戰”. 蘋果日報. オリジナルの2019年6月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190609204149/https://hk.news.appledaily.com/local/daily/article/20190610/20700168 2019年6月10日閲覧。 (要登録)
  15. ^ 【6.10 警民衝突】19 人被捕 至少 4 人為中大學生 當中 1 人身在醫院 | 立場報道 | 立場新聞” (英語). 立場新聞 Stand News (2019年6月10日). 2019年12月25日閲覧。
  16. ^ “留守衝突 19示威者被捕358摘名 八成被記身分者16至25歲 警:日後或檢控”. 明報. (2019年6月11日). オリジナルの2019年7月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190706101935/https://news.mingpao.com/pns/%25E8%25A6%2581%25E8%2581%259E/photo1/20190611/s00001/1560191261779/1560191261920 2019年7月6日閲覧。 
  17. ^ 民間人權陣線 (2019年5月22日). “「守護香港反送中」大遊行”. 2019年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月18日閲覧。(繁体字中国語)
  18. ^ “【逃犯條例】回顧6.9大遊行一個月 林鄭三度錯失拆彈時機”. 香港01. (2019年7月9日). オリジナルの2019年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190713081805/https://www.hk01.com/%E7%A4%BE%E6%9C%83%E6%96%B0%E8%81%9E/348969/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E5%9B%9E%E9%A1%A76-9%E5%A4%A7%E9%81%8A%E8%A1%8C%E4%B8%80%E5%80%8B%E6%9C%88-%E6%9E%97%E9%84%AD%E4%B8%89%E5%BA%A6%E9%8C%AF%E5%A4%B1%E6%8B%86%E5%BD%88%E6%99%82%E6%A9%9F 2019年7月13日閲覧。 
  19. ^ “六月九日「反送中」遊行前後 團體發起信徒及教牧聚會”. 時代論壇. (2019年6月6日). オリジナルの2019年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190615090835/https://christiantimes.org.hk/Common/Reader/News/ShowNews.jsp?Nid=158222&Pid=102&Version=0&Cid=2141&Charset=big5_hkscs 2019年6月11日閲覧。 
  20. ^ 警方指24萬人遊行 政府如期周三恢復二讀修逃犯例”. 東網 (2019年6月9日). 2019年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月18日閲覧。
  21. ^ a b c d 反《逃犯條例》修訂戰役時序” (中国語). 立場新聞 (2019年5月31日). 2019年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月12日閲覧。
  22. ^ “【全球聲援 ‧ 不斷更新】多個城市辦 6.9 集會 悉尼 3000 人聲援香港反送中”. 立場新聞. (2019年6月9日). オリジナルの2019年6月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190610144758/https://thestandnews.com/politics/6-9-%E5%A4%A7%E9%81%8A%E8%A1%8C-%E5%85%A8%E7%90%83%E5%A4%9A%E5%9C%B0%E7%99%BC%E8%B5%B7%E9%9B%86%E6%9C%83%E5%8F%8D%E9%80%81%E4%B8%AD-%E6%82%89%E5%B0%BC-2000-%E4%BA%BA%E8%81%B2%E6%8F%B4%E9%A6%99%E6%B8%AF/ 2019年6月9日閲覧。 
  23. ^ 立法會會議 (例行會議) (或緊接行政長官質詢時間的會議後開始)”. 2019年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  24. ^ “香港、大規模デモで中心部がまひ 「逃亡犯条例」改正案に抗議”. AFPBB News. (2019年6月12日). https://www.afpbb.com/articles/-/3229649 
  25. ^ 法政匯思 (2019年7月26日). “警方反對遊行通知書懶人包” (中国語). 立場新聞. https://www.thestandnews.com/politics/%E8%AD%A6%E6%96%B9%E5%8F%8D%E5%B0%8D%E9%81%8A%E8%A1%8C%E9%80%9A%E7%9F%A5%E6%9B%B8%E6%87%B6%E4%BA%BA%E5%8C%85/ 
  26. ^ “6月9日反修例遊行獲發不反對通知書 維園草地出發”. 明報. (2019年6月2日). https://news.mingpao.com/ins/%E6%B8%AF%E8%81%9E/article/20190602/s00001/1559488578218/%E3%80%90%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B%E3%80%916%E6%9C%889%E6%97%A5%E5%8F%8D%E4%BF%AE%E4%BE%8B%E9%81%8A%E8%A1%8C%E7%8D%B2%E7%99%BC%E4%B8%8D%E5%8F%8D%E5%B0%8D%E9%80%9A%E7%9F%A5%E6%9B%B8-%E7%B6%AD%E5%9C%92%E8%8D%89%E5%9C%B0%E5%87%BA%E7%99%BC 2019年10月11日閲覧。 
  27. ^ “民陣下周日遊行獲發不反對通知書”. 頭條日報. (2019年6月2日). http://hd.stheadline.com/news/realtime/hk/1514041/%E5%8D%B3%E6%99%82-%E6%B8%AF%E8%81%9E-%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E6%B0%91%E9%99%A3%E4%B8%8B%E5%91%A8%E6%97%A5%E9%81%8A%E8%A1%8C%E7%8D%B2%E7%99%BC%E4%B8%8D%E5%8F%8D%E5%B0%8D%E9%80%9A%E7%9F%A5%E6%9B%B8 2019年10月11日閲覧。 
  28. ^ a b “民陣:103萬人參與反逃犯條例修訂遊行”. 信報. (2019年6月9日). https://www2.hkej.com/instantnews/current/article/2158153/%E6%B0%91%E9%99%A3%3A103%E8%90%AC%E4%BA%BA%E5%8F%83%E8%88%87%E5%8F%8D%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B%E4%BF%AE%E8%A8%82%E9%81%8A%E8%A1%8C 2019年10月11日閲覧。 
  29. ^ “民陣反修例遊行現場”. NOW新聞. (2019年6月9日). https://news.now.com/home/local/player?newsId=351070 2019年10月11日閲覧。 
  30. ^ “69大遊行人數”. NOW新聞. (2019年6月9日). https://news.now.com/home/local/player?newsId=351083 2019年10月11日閲覧。 
  31. ^ “抗议《逃犯条例》,香港爆发大规模游行”. 紐約時報. (2019年6月10日). https://cn.nytimes.com/china/20190610/hong-kong-extradition-protest/ 2019年10月11日閲覧。 
  32. ^ “Today’s Paper The Times in Print For June 10, 2019”. New York Times. (2019年6月10日). オリジナルの2019年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190713102755/https://www.nytimes.com/issue/todayspaper/2019/06/10/todays-new-york-times 2019年7月13日閲覧。 
  33. ^ “百萬人遊行登《紐時》頭版 大量外媒網站頭條關注”. 立場新聞. (2019年6月10日). オリジナルの2019年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190816214403/https://thestandnews.com/politics/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E7%99%BE%E8%90%AC%E4%BA%BA%E9%81%8A%E8%A1%8C%E7%99%BB-%E7%B4%90%E6%99%82-%E9%A0%AD%E7%89%88-%E5%A4%A7%E9%87%8F%E5%A4%96%E5%AA%92%E7%B6%B2%E7%AB%99%E9%A0%AD%E6%A2%9D%E9%97%9C%E6%B3%A8/ 2019年9月25日閲覧。 
  34. ^ “The Washington Post 2019-06-10”. The Washington Post. (2019年6月10日). オリジナルの2019年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190713103955/https://www.pressreader.com/usa/the-washington-post/20190610 2019年7月13日閲覧。 
  35. ^ Torode, Greg「焦点:香港大規模デモ、火種となった「引き渡し条例」とは何か」『Reuters』、2019年6月10日。2020年6月9日閲覧。
  36. ^ “港女來台失蹤 同行男友坦承殺人裝行李箱棄屍” (中国語). 自由時報. (2018年3月13日). https://news.ltn.com.tw/news/society/breakingnews/2364354 
  37. ^ “【殺人棄屍】港、台無司法互助難控疑犯謀殺 警今午晤律政司急研對策” (中国語). 蘋果日報. (2018年3月14日). オリジナルの2019年5月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190507090021/https://hk.news.appledaily.com/breaking/realtime/article/20180314/57945599 
  38. ^ 修訂有關逃犯及法律協助條例填補法律缺陷” (中国語). www.sb.gov.hk. 2019年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月28日閲覧。
  39. ^ “商人、社工、民運人士,《逃犯條例》修訂後,誰將成為「逃犯」?” (中国語). 端傳媒. (2019年4月18日). オリジナルの2019年4月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190423003646/https://theinitium.com/article/20190418-hongkong-fugitive-offenders-ordinance/ 2020年6月9日閲覧。 
  40. ^ “保安局認修例助內地沒收在港財產 金融界憂大舉走資” (中国語). 蘋果日報. (2019年5月15日). https://hk.news.appledaily.com/local/realtime/article/20190515/59604262 
  41. ^ “六月九日「反送中」遊行前後 團體發起信徒及教牧聚會” (中国語). 時代論壇. (2019年6月6日). https://christiantimes.org.hk/Common/Reader/News/ShowNews.jsp?Nid=158222&Pid=102&Version=0&Cid=2141&Charset=big5_hkscs 
  42. ^ “保安局回應反逃犯條例遊行 絕非為某一司法管轄區修訂” (中国語). 巴士的報. (2019年3月31日). オリジナルの2019年5月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190511045907/https://www.bastillepost.com/hongkong/article/4179556-%e3%80%90%e9%80%83%e7%8a%af%e6%a2%9d%e4%be%8b%e3%80%91%e4%bf%9d%e5%ae%89%e5%b1%80%e7%a8%b1%e7%b5%95%e9%9d%9e%e7%82%ba%e6%9f%90%e4%b8%80%e5%8f%b8%e6%b3%95%e7%ae%a1%e8%bd%84%e5%8d%80%e4%bf%ae%e8%a8%82 
  43. ^ “影像:反逃犯條例修訂大遊行 民陣指人數高達13萬”. 端傳媒. (2019年4月28日). オリジナルの2019年4月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190428150458/https://theinitium.com/article/20190428-photo-extradition-law-protest/ 2019年4月28日閲覧。 
  44. ^ “6.9遊行 警稱「唔使傾」只開3行車線”. 蘋果日報. (2019年5月30日). オリジナルの2019年6月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190605132650/https://hk.news.appledaily.com/local/daily/article/20190530/20691265 2019年5月30日閲覧。 (要登録)
  45. ^ “民陣不滿警遊行安排 開會中途離場”. 明報. (2019年5月30日). オリジナルの2019年5月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190530083046/https://news.mingpao.com/pns/%25E6%25B8%25AF%25E8%2581%259E/article/20190530/s00002/1559153399906/%25E6%25B0%2591%25E9%2599%25A3%25E4%25B8%258D%25E6%25BB%25BF%25E8%25AD%25A6%25E9%2581%258A%25E8%25A1%258C%25E5%25AE%2589%25E6%258E%2592-%25E9%2596%258B%25E6%259C%2583%25E4%25B8%25AD%25E9%2580%2594%25E9%259B%25A2%25E5%25A0%25B4 2019年5月30日閲覧。 
  46. ^ a b "警逼民陣維園草地起步". 蘋果日報. 3 June 2019. 2019年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月3日閲覧
  47. ^ (中国語) 【 6月9日公眾活動注意事項 】, オリジナルの2019-09-12時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190912210556/https://www.facebook.com/HongKongPoliceForce/videos/462643227825277/ 2019年6月3日閲覧。 
  48. ^ 【逃犯條例】朱凱廸單車遊行反對修例 30多人參與”. www.msn.com. 2019年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月25日閲覧。
  49. ^ 胡志偉單車遊行 籲市民上街反對《逃犯條例》修訂” (中国語). www.bastillepost.com. 2020年6月9日閲覧。
  50. ^ “本土派吹雞︰今逆轉終局”. 蘋果日報. (2019年6月9日). オリジナルの2019年8月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190801152014/https://hk.news.appledaily.com/local/daily/article/20190609/20699359 2019年8月1日閲覧。 
  51. ^ a b “【6.9 大遊行】銅鑼灣、中環、旺角、尖沙咀港鐵站均逼爆 天后一度「飛站」”. 立場新聞. (2019年6月9日). オリジナルの2019年6月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190610143604/https://thestandnews.com/politics/6-9-%E5%A4%A7%E9%81%8A%E8%A1%8C-%E9%8A%85%E9%91%BC%E7%81%A3-%E4%B8%AD%E7%92%B0-%E6%97%BA%E8%A7%92-%E5%B0%96%E6%B2%99%E5%92%80%E6%B8%AF%E9%90%B5%E7%AB%99%E5%9D%87%E9%80%BC%E7%88%86-%E5%A4%A9%E5%90%8E%E4%B8%80%E5%BA%A6-%E9%A3%9B%E7%AB%99/ 2019年6月10日閲覧。 
  52. ^ 林劍,李慧妍 (2019年6月9日). “【逃犯條例】港鐵銅鑼灣天后封站 炮台山變龍尾 市民遠征入維園”. 香港01. オリジナルの2019年6月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190610144735/https://www.hk01.com/%E7%A4%BE%E6%9C%83%E6%96%B0%E8%81%9E/338544/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E6%B8%AF%E9%90%B5%E9%8A%85%E9%91%BC%E7%81%A3%E5%A4%A9%E5%90%8E%E5%B0%81%E7%AB%99-%E7%82%AE%E5%8F%B0%E5%B1%B1%E8%AE%8A%E9%BE%8D%E5%B0%BE-%E5%B8%82%E6%B0%91%E9%81%A0%E5%BE%81%E5%85%A5%E7%B6%AD%E5%9C%92 2019年6月10日閲覧。 
  53. ^ a b c “香港人漂亮的固執 1,030,000”. 蘋果日報. (2019年6月10日). オリジナルの2019年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190912210514/https://hk.news.appledaily.com/local/daily/article/20190610/20700277 2019年6月10日閲覧。 
  54. ^ 袁澍 (2019年6月9日). “【反逃犯條例遊行】新界西巴士逼爆 元朗出天后預計等7班車” (中国語). 香港: 香港01. オリジナルの2019年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190617150759/https://www.hk01.com/%E7%A4%BE%E6%9C%83%E6%96%B0%E8%81%9E/338504/%E5%8F%8D%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B%E9%81%8A%E8%A1%8C-%E6%96%B0%E7%95%8C%E8%A5%BF%E5%B7%B4%E5%A3%AB%E9%80%BC%E7%88%86-%E5%85%83%E6%9C%97%E5%87%BA%E5%A4%A9%E5%90%8E%E9%A0%90%E8%A8%88%E7%AD%897%E7%8F%AD%E8%BB%8A 2019年6月10日閲覧。 
  55. ^ 勞敏儀 (2019年6月9日). “【逃犯條例】龍尾滯留維園 市民鼓譟高呼開路 警方開球場紓人流”. 香港. オリジナルの2019年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190912210556/https://www.hk01.com/%E7%A4%BE%E6%9C%83%E6%96%B0%E8%81%9E/338528/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E9%BE%8D%E5%B0%BE%E6%BB%AF%E7%95%99%E7%B6%AD%E5%9C%92-%E5%B8%82%E6%B0%91%E9%BC%93%E8%AD%9F%E9%AB%98%E5%91%BC%E9%96%8B%E8%B7%AF-%E8%AD%A6%E6%96%B9%E9%96%8B%E7%90%83%E5%A0%B4%E7%B4%93%E4%BA%BA%E6%B5%81 2019年6月10日閲覧。 
  56. ^ 朱雅霜; 楊婉婷; 彭愷欣 (2019年6月9日). “【逃犯條例】遊行人士衝破封鎖 車輛被困軒尼詩道 司機諒解力撐”. 香港01. オリジナルの2019年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190912210449/https://www.hk01.com/%E7%AA%81%E7%99%BC/338587/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E9%81%8A%E8%A1%8C%E4%BA%BA%E5%A3%AB%E8%A1%9D%E7%A0%B4%E5%B0%81%E9%8E%96-%E8%BB%8A%E8%BC%9B%E8%A2%AB%E5%9B%B0%E8%BB%92%E5%B0%BC%E8%A9%A9%E9%81%93-%E5%8F%B8%E6%A9%9F%E8%AB%92%E8%A7%A3%E5%8A%9B%E6%92%90 2019年6月10日閲覧。 
  57. ^ “警方批評多名戴口罩男子企圖佔領主要幹道並與警推撞”. 香港電台. (2019年6月9日). オリジナルの2019年6月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190610144809/https://hk.news.yahoo.com/%E8%AD%A6%E6%96%B9%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%A4%9A%E5%90%8D%E6%88%B4%E5%8F%A3%E7%BD%A9%E7%94%B7%E5%AD%90%E4%BC%81%E5%9C%96%E4%BD%94%E9%A0%98%E4%B8%BB%E8%A6%81%E5%B9%B9%E9%81%93%E4%B8%A6%E8%88%87%E8%AD%A6%E6%8E%A8%E6%92%9E-123401459.html 
  58. ^ a b “【反修例遊行】香港眾志發起堵塞立會停車場行動 促與林鄭月娥及李家超對話” (中国語). 頭條日報 (頭條日報). (2019年6月9日). https://hd.stheadline.com/news/realtime/hk/1518858/ 
  59. ^ “凌晨立法會前爆衝突!香港反送中遊行警「血濺滿臉」、民被噴胡椒水” (中国語). ETtoday新聞雲 (台湾). (2019年6月10日). オリジナルの2019年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190912210601/https://www.ettoday.net/news/20190610/1463762.htm 2019年6月9日閲覧。 
  60. ^ “警方已清理夏愨道 防暴警察在添美道布防”. 信報財經新聞. (2019年6月10日). https://www2.hkej.com/instantnews/current/article/2158369/%E8%AD%A6%E6%96%B9%E5%B7%B2%E6%B8%85%E7%90%86%E5%A4%8F%E6%84%A8%E9%81%93+%E9%98%B2%E6%9A%B4%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E5%9C%A8%E6%B7%BB%E7%BE%8E%E9%81%93%E5%B8%83%E9%98%B2 2020年6月8日閲覧。 
  61. ^ “警築多重人牆包圍被逐至舊灣仔警署的示威者”. Now新聞台. (2019年6月10日). https://news.now.com/home/local/player?newsId=351114 2020年6月8日閲覧。 
  62. ^ “稱懷疑水樽是武器 警惡意驅逐《立場》記者 搜查背包阻採訪” (中国語). 立場新聞 (香港). (2019年6月10日). オリジナルの2019年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190614014900/https://thestandnews.com/politics/6-10-%E8%AD%A6%E6%B0%91%E8%A1%9D%E7%AA%81-%E7%A8%B1%E6%87%B7%E7%96%91%E6%B0%B4%E6%A8%BD%E6%98%AF%E6%AD%A6%E5%99%A8-%E8%AD%A6%E6%83%A1%E6%84%8F%E9%A9%85%E9%80%90-%E7%AB%8B%E5%A0%B4-%E8%A8%98%E8%80%85-%E6%90%9C%E6%9F%A5%E8%83%8C%E5%8C%85%E9%98%BB%E6%8E%A1%E8%A8%AA/ 2019年9月12日閲覧。 
  63. ^ “【7 分鐘影片全紀錄】 警懷疑水樽是武器 驅逐《立場》記者 搜查背包阻採訪”. 立場新聞. (2019年6月9日). オリジナルの2019年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190912210514/https://www.facebook.com/standnewshk/videos/467336684040660/ 2019年6月10日閲覧。 
  64. ^ “【逃犯條例】警持盾牌驅趕記者阻採訪 質疑樽裝水為攻擊性武器”. 香港01. (2019年6月10日). オリジナルの2019年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190912210453/https://www.hk01.com/%E7%AA%81%E7%99%BC/338786/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E8%AD%A6%E8%B3%AA%E7%96%91%E8%A8%98%E8%80%85%E6%A8%BD%E8%A3%9D%E6%B0%B4%E7%82%BA%E6%AD%A6%E5%99%A8-%E8%A8%98%E5%8D%94-%E5%9A%B4%E6%AD%A3%E6%8A%97%E8%AD%B0 2019年9月25日閲覧。 
  65. ^ “清場時不斷喝罵、無理對待記者的警察”. TheNewsLens. (2019年6月10日). オリジナルの2019年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190611144916/https://hk.thenewslens.com/article/120484 2019年6月10日閲覧。 
  66. ^ “示威者霸佔灣仔及中環路面 多人被捕” (中国語). now新聞台 (香港). (2019年6月10日). オリジナルの2019年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190617151719/https://news.now.com/home/local/player?newsId=351105 2019年6月10日閲覧。 
  67. ^ “[現場舊灣仔警署外逾百示威者坐地上 料警方將採取拘捕行動”] (中国語). 香港: 無綫新聞. (2019年6月10日). オリジナルの2019年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190617151555/http://news.tvb.com/local/5cfd6360e603830f3992ec96 
  68. ^ “舊灣仔警署示威者完成搜身 一人無身份證被帶走” (中国語). 信報 (香港). (2019年6月10日). オリジナルの2019年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190617151400/https://www2.hkej.com/instantnews/current/article/2158415/%C3%A8%C2%88%C2%8A%C3%A7%C2%81%C2%A3%C3%A4%C2%BB%C2%94%C3%A8%C2%AD%C2%A6%C3%A7%C2%BD%C2%B2%C3%A7%C2%A4%C2%BA%C3%A5%C2%A8%C2%81%C3%A8%C2%80%C2%85%C3%A5%C2%AE%C2%8C%C3%A6%C2%88%C2%90%C3%A6%C2%90%C2%9C%C3%A8%C2%BA%C2%AB+%C3%A4%C2%B8%C2%80%C3%A4%C2%BA%C2%BA%C3%A7%C2%84%C2%A1%C3%A8%C2%BA%C2%AB%C3%A4%C2%BB%C2%BD%C3%A8%C2%AD%C2%89%C3%A8%C2%A2%C2%AB%C3%A5%C2%B8%C2%B6%C3%A8%C2%B5%C2%B0 2019年6月10日閲覧。 
  69. ^ “遊行後衝突警方拘19人 舊灣仔警署外358人被記錄”. 熱血時報. (2019年6月10日). https://www.passiontimes.hk/article/06-10-2019/53534 2020年6月8日閲覧。 
  70. ^ Hong Kong protests: Measuring the mass” (英語). Reuters (2019年6月20日). 2019年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月11日閲覧。
  71. ^ 香港遊行人數統計和輿論「制高點」之爭” (中国語). BBC中文網 (2019年6月26日). 2019年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月12日閲覧。
  72. ^ Amanda Darrach (2019年6月14日). “How many really marched in Hong Kong? And how should we best guess crowd size?” (英語). Columbia Journalism Review. 2019年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月12日閲覧。
  73. ^ 為什麼警方與民間統計的遊行人數差總是很大?沒關係,讓AI算” (中国語). 未來城市@天下 (2019年7月6日). 2019年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月12日閲覧。
  74. ^ Prof. Paul Stapleton (2019年6月16日). “How protest turnout figures are manipulated on both sides of Hong Kong’s political divide” (中国語). Hong Kong Free Press英語版. 2019年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月12日閲覧。
  75. ^ a b c 如何統計「七一大遊行」人數” (中国語). rthk (2003年7月15日). 2014年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月12日閲覧。
  76. ^ “How A.I. Helped Improve Crowd Counting in Hong Kong Protests” (英語). New York Times. (2019年7月3日). オリジナルの2019年7月4日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20190704024059/https://www.nytimes.com/interactive/2019/07/03/world/asia/hong-kong-protest-crowd-ai.html 2019年7月11日閲覧。 
  77. ^ 用AI準確統計遊行人數 (吳歷山)” (中国語). 信報 (2019年6月29日). 2019年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月11日閲覧。
  78. ^ a b 6.9 遊行人數的啟示和反思” (中国語). 立場新聞 (2019年6月13日). 2019年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月13日閲覧。
  79. ^ 逃犯條例爭議:破紀錄百萬人遊行後 警員與示威者爆發衝突”. BBC中文網 (2019年6月9日). 2019年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  80. ^ 抗议《逃犯条例》,香港爆发大规模游行”. 紐約時報中文網 (2019年6月10日). 2019年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  81. ^ “逃犯條例:百萬香港人抗議後 下一步如何走”. BBC. https://www.bbc.com/zhongwen/trad/chinese-news-48581437 
  82. ^ 【逃犯條例.反修例遊行】民陣估算103萬人 雷鼎鳴:無乜用腦” (中国語). 明報 (2019年6月10日). 2019年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月25日閲覧。
  83. ^ “大班(鄭經翰):香港人逃犯條例69大遊行向林鄭政府投下103萬不信任票、雷鼎鳴賤過何君堯、衰過湯家驊公然侮辱百萬港人(風波裏的茶杯特別版 D100) asi 2.1”. D100. https://www.youtube.com/watch?v=SlHE8L623aQ 
  84. ^ 【逃犯條例】質疑百萬人上街「報大數」 《環時》斥勾結西方搞串連 挾洋自重違反一國兩制” (英語). 立場新聞. 2019年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  85. ^ “中国官媒刻意淡化并攻击香港回归后规模空前的反送中大游行”. ボイス・オブ・アメリカ. (2019年6月10日). オリジナルの2019年7月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190704100121/https://www.voachinese.com/a/Chinese-Media-Blames-HK-Demo-On-Collusion-With-West-20190610/4952599.html 2019年6月10日閲覧。 
  86. ^ 姚國雄; 林俊謙 (2019年6月11日). “倘政府硬闖 田北俊:商界議席勢易手” (中国語). 蘋果日報 (香港). オリジナルの2019年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190615090810/https://hk.news.appledaily.com/local/daily/article/20190611/20701194 2019年6月11日閲覧。 (要登録)
  87. ^ 陳淑霞 (2019年6月10日). “【逃犯條例】行會成員聲明撐修例 田北俊:行會已廢 特首話晒事” (中国語). 2019年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  88. ^ 【6.9 大遊行】無視 103 萬民意 自由黨、新民黨企硬撐修例|立場報道|立場新聞” (中国語). 立場新聞. 2019年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  89. ^ 【逃犯條例】自由黨重申支持修例 民主黨警告建制派勿助紂為虐” (中国語) (2019年6月10日). 2019年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  90. ^ 【23條立法.博評】習近平下旨,林鄭月娥敢違旨?”. 香港01 (2017年11月19日). 2019年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
  91. ^ 【引渡惡法】林鄭拒收回草案 指中聯辦表態全因外國勢力介入”. 蘋果日報 (香港) (2019年5月21日). 2019年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。(要登録)
  92. ^ 政府回應遊行” (中国語). 香港政府新聞網. 2019年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  93. ^ “【最新】盧偉聰:對暴力行為必定追究到底”. Now新聞台. (2019年6月10日). https://news.now.com/home/local/player?newsId=351101 2020年6月11日閲覧。 
  94. ^ 張建宗:繼續加強解說修例工作”. 香港政府新聞網 (2019年6月10日). 2020年6月11日閲覧。
  95. ^ 吳倬安, 羅家晴 (2019年6月10日). “【逃犯條例】會否下台? 林鄭:對市民承諾堅定 ,全力做好工作” (中国語). 香港01. 2019年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  96. ^ 【6.10 警民衝突】公民黨、社民連發聲明 皆指林鄭須對衝突負全責|立場報道|立場新聞” (英語). 立場新聞 Stand News. 2019年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  97. ^ “泛民力阻修例 民陣號召圍堵 立會抗爭 明日內外開戰”. 蘋果日報. (2019年6月11日). オリジナルの2019年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190912205338/https://hk.news.appledaily.com/local/daily/article/20190611/20700938 2019年6月11日閲覧。 (要登録)
  98. ^ 民陣本周三包圍立法會 社工界商罷工|獨媒報導”. 香港獨立媒體網. 2019年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  99. ^ 民陣批評政府如玩「極限挑戰」 將會持續舉行集會 - RTHK” (中国語). news.rthk.hk. 2019年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  100. ^ “【逃犯條例.反修例遊行】有公務員工會譴責暴力 支持修例「造福香港市民」”. 明報. (2019年6月10日). オリジナルの2019年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190912210518/https://news.mingpao.com/ins/%E6%B8%AF%E8%81%9E/article/20190610/s00001/1560157134172/%E3%80%90%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E5%8F%8D%E4%BF%AE%E4%BE%8B%E9%81%8A%E8%A1%8C%E3%80%91%E6%9C%89%E5%85%AC%E5%8B%99%E5%93%A1%E5%B7%A5%E6%9C%83%E8%AD%B4%E8%B2%AC%E6%9A%B4%E5%8A%9B-%E6%94%AF%E6%8C%81%E4%BF%AE%E4%BE%8B%E3%80%8C%E9%80%A0%E7%A6%8F%E9%A6%99%E6%B8%AF%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%80%8D 2019年6月11日閲覧。 
  101. ^ 香港百萬人示威 習近平或憂有失控危險”. RFI. 2019年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月12日閲覧。
  102. ^ 2019年6月10日外交部发言人耿爽主持例行记者会” (中国語). 中华人民共和国外交部 (2019年6月10日). 2020年7月11日閲覧。
  103. ^ “外交部稱所謂遊行人數證明民意的說法沒有很大說服力”. 香港電台. (2019年6月10日). オリジナルの2019年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190611145735/https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1461912-20190610.htm 2019年6月10日閲覧。 
  104. ^ 前線科技人員 (2019年6月12日). “撐送中簽名做假,鐵證如山”. 立場新聞. 2019年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月25日閲覧。
  105. ^ “香港人反抗 解放軍扮港警?駐港營區出現鎮暴警打扮人士” (中国語). 自由時報. (2019年10月7日). https://news.ltn.com.tw/news/world/breakingnews/2939268 2020年7月11日閲覧。 
  106. ^ 2019年6月12日外交部发言人耿爽主持例行记者会” (中国語). 中华人民共和国外交部 (2019年6月12日). 2020年7月11日閲覧。
  107. ^ 香港反送中 韓國瑜:捍衛中華民國及台灣民主” (中国語). www.cna.com.tw. 2019年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月14日閲覧。
  108. ^ 郭凱杰 (2019年6月12日). “回應反送中 韓國瑜強調支持九二共識、不接受一國兩制” (中国語). 今日新聞. オリジナルの2019年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190612142011/https://www.nownews.com/news/20190612/3438198/ 2019年6月14日閲覧。 
  109. ^ 逃犯條例-英國首相文翠珊-港引渡條例須符合-中英聯合聲明”. 香港01. 2019年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月14日閲覧。
  110. ^ 逃犯條例-英國外相侯俊偉籲港府暫停-反思爭議措施”. 香港01. 2019年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月14日閲覧。
  111. ^ Gan, Nectar; Churchill, Owen (13 June 2019). "Donald Trump expresses confidence that despite massive protests over extradition bill, Hong Kong and Beijing can 'work it out'" (英語). South China Morning Post. 2020年6月11日閲覧
  112. ^ Statement on Protests in Hong Kong” (2019年6月12日). 2019年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月14日閲覧。
  113. ^ “全球16城市與港人同行 6.9集會反惡法 捍衞公民安全” (中国語). 蘋果日報 (香港). (2019年6月3日). オリジナルの2019年6月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190608001436/https://hk.news.appledaily.com/local/daily/article/20190603/20694183 2019年6月3日閲覧。 (要登録)
  114. ^ 吳倬安 (2019年6月2日). “【逃犯條例】民陣下周日遊行反修例 6國家共13城市將響應”. 香港01. オリジナルの2019年6月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190608001436/https://hk.news.appledaily.com/local/daily/article/20190603/20694183 2019年6月2日閲覧。 
  115. ^ 何先生 (2019年6月8日). “【逃犯條例】港人澳洲珀斯遊行 中國領事館前「反送共」”. 立場新聞. オリジナルの2019年6月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190609140356/https://thestandnews.com/politics/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E6%B8%AF%E4%BA%BA%E6%BE%B3%E6%B4%B2%E7%8F%80%E6%96%AF%E9%81%8A%E8%A1%8C-%E4%B8%AD%E5%9C%8B%E9%A0%98%E4%BA%8B%E9%A4%A8%E5%89%8D-%E5%8F%8D%E9%80%81%E5%85%B1/ 2019年9月12日閲覧。 
  116. ^ 【更新!全球29個城市同步聲援香港反送中!】”. 全球集氣反送中 Global Solidarity with Hong Kong (2019年6月7日). 2019年6月10日閲覧。
  117. ^ 今日香港 明日台灣 太陽花學運領袖林飛帆伸援香港"反送中"運動”. Montaggio影片推薦. 2019年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月12日閲覧。
  118. ^ 孫家銘. “反送中運動台灣開花 高雄港生發起靜坐抗議活動”. 臺灣高雄: 新頭殼. オリジナルの2019年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190613130009/https://newtalk.tw/news/view/2019-06-12/258929 2019年6月12日閲覧。 
  119. ^ “更多小店加入罷市一天 籲6.9上街反送中”. 立場新聞. (2019年6月6日). https://thestandnews.com/politics/%E5%90%8D%E5%96%AE%E4%B8%8D%E6%96%B7%E6%9B%B4%E6%96%B0-%E5%B0%8F%E5%BA%97%E9%99%B8%E7%BA%8C%E5%8A%A0%E5%85%A5%E7%BD%B7%E5%B8%82%E4%B8%80%E5%A4%A9-%E7%B1%B2-6-9-%E4%B8%8A%E8%A1%97%E5%8F%8D%E9%80%81%E4%B8%AD/ 
  120. ^ "林鄭蔑視百萬民意 6.12爆罷工罷市潮". 蘋果日報. 11 June 2019. 2019年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月11日閲覧
  121. ^ “【逃犯條例】坊間醖釀罷市 鍾國斌:自己揾自己笨”. 明報. (2019年6月11日). オリジナルの2019年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190912210642/https://news.mingpao.com/ins/%E6%B8%AF%E8%81%9E/article/20190611/s00001/1560216467819/%E3%80%90%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B%E3%80%91%E5%9D%8A%E9%96%93%E9%86%9E%E9%87%80%E7%BD%B7%E5%B8%82-%E9%8D%BE%E5%9C%8B%E6%96%8C-%E8%87%AA%E5%B7%B1%E6%90%B5%E8%87%AA%E5%B7%B1%E7%AC%A8 2019年9月25日閲覧。 
  122. ^ 沙半山 (2019年6月11日). “【逃犯條例】建制大動員 明晚罷工包圍立會者、撐修例人士勢對峙”. 香港01. 2019年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月25日閲覧。
  123. ^ 【逃犯條例】周三交通恐受阻,四大會計師樓員工可彈性上班”. 香港01 (2019年6月11日). 2019年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月11日閲覧。
  124. ^ “逸東酒店FB:不反對員工參與明日聚會 IG發布遊行相”. 香港01. (2019年6月11日). オリジナルの2019年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190912210626/https://www.hk01.com/%E7%A4%BE%E6%9C%83%E6%96%B0%E8%81%9E/339531/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E9%80%B8%E6%9D%B1%E9%85%92%E5%BA%97fb-%E4%B8%8D%E5%8F%8D%E5%B0%8D%E5%93%A1%E5%B7%A5%E5%8F%83%E8%88%87%E6%98%8E%E6%97%A5%E8%81%9A%E6%9C%83-ig%E7%99%BC%E5%B8%83%E9%81%8A%E8%A1%8C%E7%9B%B8 2019年9月25日閲覧。 
  125. ^ 【逃犯條例‧夏慤道持續更新】示威者掘磚 警施胡椒噴霧驅趕”. 香港01 (2019年6月12日). 2019年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月12日閲覧。
  126. ^ “衝擊立法會:早上亂局 一片睇晒”. on.cc東網. (2019年6月12日). オリジナルの2019年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190615090811/https://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/news/20190612/bkn-20190612123558592-0612_00822_001.html?eventsectio=hk_news&eventid=4028828d62039fca01621f88f7b810ea 2019年6月12日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集