メインメニューを開く
WBSCプレミア12 > 2019 WBSCプレミア12
 2019 WBSCプレミア12優勝国 

日本
初優勝

2019 WBSCプレミア12(ダブリュービーエスシー プレミアトゥエルブ、英語: 2019 WBSC Premier12)は、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)主催により2019年に開催された野球の国際大会、WBSCプレミア12の第2回大会である[1]。日本では「WBSC世界野球プレミア12」(ダブリュービーエスシーせかいやきゅう プレミアじゅうに)とも表記される。

2019 WBSCプレミア12
概要
開催国・地域 日本の旗 日本
中華民国の旗 中華民国台湾
大韓民国の旗 韓国
メキシコの旗 メキシコ   
本選日程 2019年11月2日 - 11月17日
本選出場 12チーム
前回優勝  韓国(1回目)
結果
Gold medal world.svg
優勝
 日本 (初)
Silver medal world.svg
準優勝
 韓国
Bronze medal world.svg
3位
 メキシコ
統計
試合数 32試合
総入場者数 312,565人 (試合平均11,173人)
最高入場試合 11月17日 3位決定戦
メキシコの旗アメリカ合衆国の旗
同日 決勝
日本の旗大韓民国の旗44,960人
大会本塁打 46本
大会MVP 日本の旗鈴木誠也
WBSCプレミア12
 < 20152023 > 
テンプレートを表示

本大会は、東京五輪野球競技の予選も兼ねており、開催国の日本を除いたアジア・オセアニア最上位国の韓国と北中南米最上位国のメキシコが出場権を獲得した。

大会概要編集

主催
日程
開催国・地域
出場国・地域
試合数
  • 32試合(オープニングラウンド 18試合/スーパーラウンド 12試合/3位決定戦・決勝 2試合)
ランキングポイント
  • 国際大会で最高のポイントを分配(詳細後日発表)

大会ルール編集

参考[2]

  • 代表資格
五輪憲章に基づく(当該国の有効なパスポートの保持)
  • 使用球
WBSC公認球(エスエスケイ社製[3]
  • 球数制限
なし
  • 試合方式
12チームを3グループ4チームに分けてラウンドロビン総当り戦)のオープニングラウンド、各上位2チームの計6チームでラウンドロビン(総当り戦)のスーパーラウンド(オープニングラウンドで当たったチーム同士の試合結果は、オープニングラウンドでの結果を持ち越すため、スーパーラウンドでは試合を行わない)を行う。スーパーラウンドの1位と2位が決勝、3位と4位が3位決定戦を行う。
延長戦 - 9回を終えて同点である場合10回よりタイブレーク方式を採用。引き分けなしの完全決着制。
コールドゲーム - スーパーラウンド・決勝を除き、5・6回終了時に15点差以上、7・8回終了時に10点差以上がついた場合は大会規定によりコールドゲームとして試合成立とみなす。
指名打者適用
  • トーナメント規則
試合で使用するベンチは、原則として日程表左側のチームがホーム(後攻め)扱いの1塁側とする。
  • オープニングラウンド・スーパーラウンドの順位決定方法(同じ勝敗数で終了した場合)
  1. 該当チームの直接対決の成績
  2. 該当チームのTQB[注 1]が大きい順
  3. 該当チームのER-TQB[注 2]が大きい順
  4. 該当チームの打率
  5. コイントス

開催地編集

大会の進行編集

出場国・地域と日程編集

招待順位[4] 出場国・地域 所属連盟 出場回数 過去最高位
1   日本 BFA 2 3位 (2015)
2   アメリカ合衆国 COPABE 2 準優勝 (2015)
3   韓国 BFA 2 優勝 (2015)
4   チャイニーズタイペイ BFA 2 9位 (2015)
5   キューバ COPABE 2 6位 (2015)
6   メキシコ COPABE 2 4位 (2015)
7   オーストラリア BCO -
8   オランダ CEB 2 7位 (2015)
9   ベネズエラ COPABE 2 10位 (2015)
10   カナダ COPABE 2 5位 (2015)
11   プエルトリコ COPABE 2 8位 (2015)
12   ドミニカ共和国 COPABE 2 11位 (2015)
オープニングラウンド スーパーラウンド 3位決定戦・決勝
グループA (11/2 - 11/5)
 サポパン
  アメリカ合衆国
  メキシコ
  オランダ
  ドミニカ共和国
スーパーラウンド (11/11 - 11/16)
 東京

 千葉

  メキシコ
  アメリカ合衆国
  日本
  チャイニーズタイペイ
  韓国
  オーストラリア
決勝 (11/17)
 東京
  日本
  韓国

3位決定戦 (11/17)
 東京

  メキシコ
  アメリカ合衆国
グループB (11/5 - 11/7)
 台中
 桃園
  日本
  チャイニーズタイペイ
  ベネズエラ
  プエルトリコ
グループC (11/6 - 11/8)
 ソウル
  韓国
  キューバ
  オーストラリア
  カナダ
  • ()内は日付。全て現地時間。
  • 枠外は開催都市。枠内は出場国・地域。太字は各組勝利国・地域。
  • オープニングラウンド・スーパーラウンドの試合方式は総当たりリーグ戦で行う。

オープニングラウンド編集

グループA編集

順位 チーム名         勝数 敗数 得点 失点
1   メキシコ - ○8-2 ○6-1 ○10-2 3 0 24 5
2   アメリカ合衆国 ●2-8 - ○10-8 ○9-0 2 1 21 16
3   ドミニカ共和国 ●1-6 ●8-10 - ○14-4 1 2 23 20
4   オランダ ●2-10 ●0-9 ●4-14 - 0 3 6 33
日程 試合開始 先攻 スコア 後攻 試合時間 観客動員 試合詳細
2019年11月2日 12:00 オランダ   0-9   アメリカ合衆国   2時間17分 3,015人 外部リンク
2019年11月2日 19:00 ドミニカ共和国   1-6   メキシコ 6[5] 2時間00分 8,000人 外部リンク
2019年11月3日 12:00 ドミニカ共和国   14-4   オランダ 7 3時間01分 5,132人 外部リンク
2019年11月3日 19:00 メキシコ   8-2   アメリカ合衆国   3時間03分 10,123人 外部リンク
2019年11月4日 19:00 アメリカ合衆国   10-8   ドミニカ共和国   3時間20分 3,102人 外部リンク
2019年11月5日 19:00 オランダ   2-10   メキシコ   3時間17分 6,895人 外部リンク

グループB編集

順位 チーム名         勝数 敗数 得点 失点
1   日本 - ○8-1 ○8-4 ○4-0 3 0 20 5
2   チャイニーズタイペイ ●1-8 - ○3-0 ○6-1 2 1 10 9
3   ベネズエラ ●4-8 ●0-3 - ○7-1 1 2 11 12
4   プエルトリコ ●0-4 ●1-6 ●1-7 - 0 3 2 17
日程 試合開始 先攻 スコア 後攻 試合時間 観客動員 試合詳細
2019年11月5日 18:00 ベネズエラ   4-8   日本   3時間39分 3,868人 外部リンク
2019年11月5日 18:30 プエルトリコ   1-6   チャイニーズタイペイ   2時間58分 11,852人 外部リンク
2019年11月6日 18:00 プエルトリコ   0-4   日本   2時間35分 4,209人 外部リンク
2019年11月6日 18:30 チャイニーズタイペイ   3-0   ベネズエラ   3時間56分 10,983人 外部リンク
2019年11月7日 12:00 ベネズエラ   7-1   プエルトリコ   2時間48分 618人 外部リンク
2019年11月7日 18:30 日本   8-1   チャイニーズタイペイ   3時間37分 20,465人 外部リンク

グループC編集

順位 チーム名         勝数 敗数 得点 失点 TQB[注 1]
1   韓国 - ○5-0 ○3-1 ○7-0 3 0 15 1 -[6]
2   オーストラリア ●0-5 - ○3-1 ●2-3 1 2 5 9 +0.0635
3   カナダ ●1-3 ●1-3 - ○3-0 1 2 5 6 +0.0458
4   キューバ ●0-7 ○3-2 ●0-3 - 1 2 3 12 -0.1024
日程 試合開始 先攻 スコア 後攻 試合時間 観客動員 試合詳細
2019年11月6日 12:00 カナダ   3-0   キューバ   3時間16分 250人 外部リンク
2019年11月6日 19:00 オーストラリア   0-5   韓国   2時間50分 5,899人 外部リンク
2019年11月7日 12:00 オーストラリア   2-3   キューバ 10 3時間15分 252人 外部リンク
2019年11月7日 19:00 韓国   3-1   カナダ   3時間15分 6,000人 外部リンク
2019年11月8日 12:00 カナダ   1-3   オーストラリア   2時間50分 200人 外部リンク
2019年11月8日 19:00 キューバ   0-7   韓国   3時間05分 13,600人 外部リンク

スーパーラウンド編集

順位 チーム名             勝数 敗数 得点 失点
1   日本 - ○10-8 ○3-1 ●3-4 ○8-1 ○3-2 4 1 27 16
2   韓国 ●8-10 - ○7-3 ○5-1 ●0-7 ○5-0 3 2 25 21
3   メキシコ ●1-3 ●3-7 - ○8-2 ○2-0 ○3-0 3 2 17 12
4   アメリカ合衆国 ○4-3 ●1-5 ●2-8 - ○3-2 ●1-2 2 3 11 20
5   チャイニーズタイペイ ●1-8 ○7-0 ●0-2 ●2-3 - ○5-1 2 3 15 14
6   オーストラリア ●2-3 ●0-5 ●0-3 ○2-1 ●1-5 - 1 4 5 17
日程 試合開始 先攻 スコア 後攻 試合時間 観客動員 試合詳細
2019年11月11日 12:00 チャイニーズタイペイ   0-2   メキシコ   2時間49分 2,803人 外部リンク
2019年11月11日 19:00 オーストラリア   2-3   日本   2時間39分 17,819人 外部リンク
2019年11月11日 19:00 アメリカ合衆国   1-5   韓国   3時間21分 3,012人 外部リンク
2019年11月12日 12:00 オーストラリア   0-3   メキシコ   2時間36分 2,089人 外部リンク
2019年11月12日 19:00 チャイニーズタイペイ   7-0   韓国   3時間32分 4,056人 外部リンク
2019年11月12日 19:00 アメリカ合衆国   4-3   日本   3時間27分 27,827人 外部リンク
2019年11月13日 12:00 オーストラリア   2-1   アメリカ合衆国   2時間45分 2,149人 外部リンク
2019年11月13日 19:00 メキシコ   1-3   日本   3時間01分 31,776人 外部リンク
2019年11月15日 12:00 チャイニーズタイペイ   2-3   アメリカ合衆国   2時間37分 4,967人 外部リンク
2019年11月15日 19:00 メキシコ   3-7   韓国   3時間34分 5,121人 外部リンク
2019年11月16日 12:00 オーストラリア   1-5   チャイニーズタイペイ   2時間57分 7,299人 外部リンク
2019年11月16日 19:00 韓国   8-10   日本   3時間40分 44,224人 外部リンク

オープニングラウンド各グループの1位と2位がスーパーラウンド進出。オープニングラウンドで当たったチーム同士の試合結果は、オープニングラウンドでの結果を持ち越すため、スーパーラウンドでは試合を行わない。

3位決定戦・決勝編集

日程 試合開始 先攻 スコア 後攻 試合時間 観客動員 試合詳細
2019年11月17日 12:06 アメリカ合衆国   2-3   メキシコ 10 3時間15分 44,960人 外部リンク
2019年11月17日 19:03 韓国   3-5   日本   3時間00分 〃人 外部リンク

スーパーラウンドの1位と2位が決勝、3位と4位が3位決定戦進出。

最終成績編集

順位 国・地域 試合 勝数 敗数 勝率 得点 失点
優勝   日本 8 7 1 .875 44 23
準優勝   韓国 8 5 3 .625 38 27
3位   メキシコ 8 6 2 .750 36 17
4位   アメリカ合衆国 8 4 4 .500 32 31
5位   チャイニーズタイペイ 7 4 3 .571 24 15
6位   オーストラリア 7 2 5 .286 10 21
7位   カナダ 3 1 2 .333 5 6
7位   ドミニカ共和国 3 1 2 .333 23 20
7位   ベネズエラ 3 1 2 .333 11 12
10位   キューバ 3 1 2 .333 3 12
10位   オランダ 3 0 3 .000 6 33
10位   プエルトリコ 3 0 3 .000 2 17

表彰選手編集

個人賞編集

タイトル 選出選手 所属球団 成績
最優秀選手(MVP)  鈴木誠也  広島東洋カープ
首位打者  鈴木誠也  広島東洋カープ .478
最優秀防御率  張奕  オリックス・バファローズ 0.00(13回2/3)
最高勝率  張奕  オリックス・バファローズ 1.000(2勝0敗)
最多打点  鈴木誠也  広島東洋カープ 12打点
最多本塁打  ブレント・ロッカー  ミネソタ・ツインズ傘下 3本[7]
最多盗塁  周東佑京  福岡ソフトバンクホークス 4盗塁
最多得点  鈴木誠也  広島東洋カープ 9得点
最優秀守備  菊池涼介  広島東洋カープ

オール・ワールド・チーム(ベストナイン)編集

守備位置 選出選手 所属球団
投手(先発)  張奕  オリックス・バファローズ
投手(救援)  ブランドン・ディクソン  オリックス・バファローズ
捕手  エリック・クラッツ フリーエージェント
一塁手  ボビー・ダルベック  ボストン・レッドソックス傘下
二塁手  菊池涼介  広島東洋カープ
三塁手  王威晨  中信兄弟
遊撃手  金河成  キウム・ヒーローズ
外野手  鈴木誠也  広島東洋カープ
 ジョナサン・ジョーンズ  ユカタン・ライオンズ
 李政厚  キウム・ヒーローズ
指名打者  ブレント・ロッカー  ミネソタ・ツインズ傘下

大会スポンサー編集

プレミア12トップパートナー
プレミア12オフィシャルパートナー
WBSCグローバルパートナー

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b Total Quality Balanceの略。(得点/攻撃イニング)-(失点/守備イニング)で計算される
  2. ^ 自責点によるTQB。(相手自責点による得点/攻撃イニング)-(自責点/守備イニング)

出典編集

  1. ^ 侍ジャパンは台湾、ベネズエラ、プエルトリコと同組”. 日刊スポーツ (2019年2月14日). 2019年10月24日閲覧。
  2. ^ 2019 Premier 12 Tournament Regulations”. WBSC (2019年10月31日). 2019年11月8日閲覧。
  3. ^ WBSC Premier12 new Sponsorships revealed, Ticket Sales set to launch for Super Round and Finals in Japan”. WBSC (2019年7月22日). 2019年11月18日閲覧。
  4. ^ 2018年11月末までのWBSC世界野球ランキング
  5. ^ 降雨コールド
  6. ^ 韓国は、勝敗数でスーパーラウンド進出を決定したため、TQBの算出は不要
  7. ^  鈴木誠也、 ジョナサン・ジョーンズも3本塁打で並んでいるが、より打数の少ないロッカーがタイトルに選出された。

外部リンク編集