2020年の世界ラリー選手権

2020年の世界ラリー選手権
ドライバー選手権優勝
フランスの旗 セバスチャン・オジェ
マニュファクチャラー選手権優勝
大韓民国の旗 ヒュンダイ
前年: 2019 翌年: 2021

2020年の世界ラリー選手権: 2020 World Rally Championship)は、FIA世界ラリー選手権の第48回大会である。

ドライバーズ/コドライバーズ選手権では、トヨタ・ガズー・レーシングWRT所属のセバスチャン・オジェ/ジュリアン・イングラシア組が通算7回目のタイトルを獲得した。マニュファクチャラーズ選手権では、ヒュンダイ・シェル・モービスWRTが昨年に続いて優勝し通算2回目のタイトルを獲得した[1]

2020年のスケジュール編集

国際自動車連盟 (FIA) は選手権をよりグローバル化するため、ヨーロッパ圏内のイベントを減らし、ヨーロッパ圏外のイベントを増やす方針でカレンダーを決定した[2]サファリラリーケニア)は2002年以来17年ぶり、ラリー・ニュージーランド2012年以来7年ぶり、ラリージャパン2010年以来10年ぶりにWRCに復活する。ラリージャパンは北海道から本州の愛知県岐阜県に舞台を移して開催される。代わりにツール・ド・コルスフランス)、ラリー・カタルーニャスペイン)、ラリー・オーストラリアが落選した。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響による予定変更編集

改訂後の開催について編集

現時点の開催予定のラリーイベント
ラウンド 日程 ラリー名 本拠地 詳細
スタート フィニッシュ 路面 SS数 距離 注記
1 1月23日 1月26日   ラリー・オートモビール・モンテカルロ ギャップ 混合 16 304 km [注釈 1]
2 2月13日 2月16日   ラリー・スウェーデン トルスビー スノー 19
11
301 km
180 km
3 3月12日 3月15日   ラリー・グアナフアト・メキシコ レオン グラベル 24
21
325 km
251 km
4 9月4日 9月6日   ラリー・エストニア タルトゥ グラベル 17 233 km
5 9月18日 9月20日   ラリー・オブ・ターキー マルマリス グラベル 12 223 km
6 10月8日 10月11日   ラリー・イタリア・サルディニア アルゲーロ グラベル 16 239 km
7 12月4日 12月6日   ラリー・モンツァ英語版 モンツァ ターマック 16 239 km

中止が決定したイベントについて編集

中止が決定したラリーイベント
ラリー名 本拠地 詳細
路面 中止理由 注記
  ラリー・チリ コンセプシオン グラベル 政情不安
  ラリー・アルゼンチン ビジャ・カルロス・パス英語版 グラベル COVID-19の流行
  ラリー・ポルトガル マトジーニョス英語版 グラベル
  サファリ・ラリー ナイロビ グラベル
  ラリー・フィンランド ユヴァスキュラ グラベル
  ラリー・ニュージーランド オークランド グラベル
  ラリー・ドイチュラント ノーフェルデン英語版 ターマック
  ウェールズ・ラリーGB スランディドノ英語版 グラベル
  ラリー・ジャパン 愛知県長久手市 タ-マック
  イープル・ラリー英語版 イーペル ターマック

2020年の参加チームおよびドライバー編集

チームの変更点編集

シトロエンが前年限りでワークス・チームとしての参戦を終了[20]。撤退理由としては「セバスチャン・オジェが2019年限りでチームを離脱すること」を挙げ、「彼のような第一線級のドライバーが不在の状態では、ワールドタイトルを争うことはできない。そのため、WRCプログラムを終了するという決断に至った」としている[20]。なおシトロエン・C3 R5によるカスタマープログラムは継続する[20]

また、長年PWRCやWRC2を支えてきたシュコダも19年シーズンをもってワークス活動を終了。今後はカスタマーを中心にプライベートチームを支援する。

2020年シーズンのエントリーリストは以下の通り
マニュファクチャラー エントラント チーム代表 タイヤ クルー
No. ドライバー名 コ・ドライバー名 出走Rd.
  Mスポーツフォード
(フォード・フィエスタWRC)
  Mスポーツ・フォードWRT   リチャード・ミルナー M 3   テーム・スニネン   ヤルモ・レーティネン all
4   エサペッカ・ラッピ   ヤンネ・フェルム all
44   ガス・グリーンスミス   エリオット・エドモンドソン 1,3-7
  ヒュンダイ
(ヒュンダイ・i20クーペWRC)
  ヒュンダイ・シェル・モービスWRT   アンドレア・アダモ M 6   ダニ・ソルド   カルロス・デル・バリオ 3,6-7
8   オィット・タナック   マルティン・ヤルヴェオヤ all
9   セバスチャン・ローブ   ダニエル・エレナ 1,5
11   ティエリー・ヌービル   ニコラ・ジルスール all
16   クレイグ・ブリーン   ポール・ネイグル 2
42 4
  トヨタ
(トヨタ・ヤリスWRC)
  トヨタ・GAZOO・レーシングWRT   トミ・マキネン M 17   セバスチャン・オジェ   ジュリアン・イングラシア all
33   エルフィン・エバンス   スコット・マーティン all
69   カッレ・ロバンペラ   ヨンネ・ハルットゥネン all
マニュファクチャラータイトル対象外のワールドラリーカーエントリー
マニュファクチャラー チーム タイヤ 車番 ドライバー コ・ドライバー 出走Rd.
トヨタ
(トヨタ・ヤリスWRC)
  ラトバラ・モータースポーツ M 10   ヤリ=マティ・ラトバラ   ユホ・ハンニネン 2
  トヨタ・GAZOO・レーシングWRT M 18   勝田貴元   ダニエル・バリット 1-2,4,6-7
ヒュンダイ
(ヒュンダイ・i20クーペWRC)
  ヒュンダイ・2Cコンペティション M 7   ピエール=ルイ・ルーベ   ヴァンサン・ランデ 4-6
15   ピテル・ツュン   エディー・シュヴェリエ [21]
96   オーレ=クリスチャン・ヴェイビー   ヨナス・アンデション 7
  ヒュンダイ・モータースポーツ・ニュージーランド M 20   ヘイデン・パッドン   ジョン・ケナード [22]
フォード
(フォード・フィエスタWRC)
  Mスポーツ・フォードWRT M 19   デイヴィダス・ヨツィウス   ミンダウガス・ヴァルジャ 2
34 3
40 1
  OTレーシング M 64   ゲオルグ・グロス   ライゴ・モルデル 4
  ヤンプロレーシング M 65   キムモ・クルケラ   レータ・ハマライネン 4
フォード
(フォード・フィエスタ RS WRC)
  マルティン・プロコップ M 22   マルティン・プロコップ   ズデニェク・ユールカ 6
シトロエン
(シトロエン・C3 WRC)
  サンテロック・ジュニアチーム P 21   ペター・ソルベルグ   アンドレアス・ミケルセン 6
WRC2クラスエントリー
チーム タイヤ ドライバー コ・ドライバー 出走Rd.
 PHスポール
(シトロエン・C3 R5)
M   マッズ・オストベルグ   トシュテン・エリクセン 1-2,4,6-7
  ヒュンダイ・モータースポーツ・N
(ヒュンダイ・i20 R5)
P   ニコライ・グリヤジン   ヤロスラフ・フェドロフ 1-3
  コンスタンティン・アレクサンドロフ 4,6
  オーレ=クリスチャン・ヴェイビー   ヨナス・アンデション 1-4,6
  Mスポーツ・フォード
(フォード・フィエスタ R5 MKII)
M   アドリアン・フルモー   ルノー・ジャムール 1-2,4-6
  リース・イェイツ   ジェイムズ・モーガン 1
  Tokシュポルト
(シュコダ・ファビア R5 evo)
P   ポンタス・ティデマンド   パトリク・バルト 2-7
  エイヴィンド・ブリニルドセン   イルカ・ミノア 4-6
  ヤン・コペツキー   ヤン・フロウシェク 7

ドライバーの変更点編集

前年ドライバーズチャンピオンのオィット・タナックトヨタからヒュンダイに移籍した[23]

トヨタはドライバーを総入れ替えし、シトロエンを離脱したセバスチャン・オジェに加え、Mスポーツからエルフィン・エバンスが移籍、さらに前年のWRC2チャンピオンであるカッレ・ロバンペラの3人が加入する[24]。前年まで在籍していたヤリ=マティ・ラトバラはスポット参戦で北欧系のラリーに出場する[25]

Mスポーツ(フォード)は、エバンスの後任として、シトロエンからエサペッカ・ラッピが加入した[26]

レース結果とランキング編集

各ラリーの結果編集

ラウンド イベント 優勝ドライバー 優勝コ・ドライバー 優勝エントラント 優勝タイム 出典
1   ラリー・モンテカルロ   ティエリー・ヌービル   ニコラ・ジルスール   ヒュンダイ・シェル・モービスWRT 3:10:57.6
2   ラリー・スウェーデン   エルフィン・エバンス   スコット・マーティン   トヨタ・ガズー・レーシングWRT 1:11:43.1
3   ラリー・メキシコ   セバスチャン・オジェ   ジュリアン・イングラシア   トヨタ・ガズー・レーシングWRT 2:47:47.6
4   ラリー・エストニア   オィット・タナック   マルティン・ヤルヴェオヤ   ヒュンダイ・シェル・モービスWRT 1:59:53.6
5   ラリー・オブ・ターキー   エルフィン・エバンス   スコット・マーティン   トヨタ・ガズー・レーシングWRT 2:43:02.7
6   ラリー・イタリア・サルディニア   ダニ・ソルド   カルロス・デル・バリオ   ヒュンダイ・シェル・モービスWRT 2:41:37.5
7   ラリー・モンツァ   セバスチャン・オジェ   ジュリアン・イングラシア   トヨタ・ガズー・レーシングWRT 2:15:51.0

ドライバーズ・チャンピオンシップ編集

順位 ドライバー MON
 
SWE
 
MEX
 
EST
 
TUR
 
ITA
 
MNZ
 
ポイント
1   セバスチャン・オジェ 22 43 1 34 Ret 33 1 122
2   エルフィン・エバンス 34 1 4 42 14 44 293 114
3   オィット・タナック Ret 24 2 13 172 61 22 105
4   ティエリー・ヌービル 11 62 16 Ret 21 22 Ret 87
5   カッレ・ロバンペラ 5 31 5 51 43 Ret 5 80
6   エサペッカ・ラッピ 45 55 Ret 7 6 Ret 44 52
7   テーム・スニネン 83 8 3 6 Ret 5 Ret 44
8   ダニ・ソルド Ret 15 35 42
9   クレイグ・ブリーン 7 25 25
10   セバスチャン・ローブ 6 35 24
11   ガス・グリーンスミス 63 9 8 5 25 Ret 16
12   ポンタス・ティデマンド 15 6 15 8 10 10 14
13   勝田貴元 7 9 Ret Ret 201 13
14   ヤリ・フットゥネン 10 11 8 8 9
15   アンドレアス・ミケルセン 6 8
16   カイェタン・カイェタノヴィッチ 14 Ret 7 9 14 8
17   オリバー・ソルベルグ 25 17 Ret 9 18 7 8
18   ニコライ・グリヤジン 16 21 7 19 Ret 6
19   ピエール=ルイ・ルーベ Ret Ret 7 6
20   マルコ・ブラシア・ウィルキンソン 8 14 10 11 16 5
21   マッズ・オストベルグ 10 12 10 14 9 4
22   アドリアン・フルモー 15 18 13 9 Ret 49 2
23   エリック・カミリ 9 Ret 2
24   オーレ・クリスチャン・ヴェイビー Ret 13 10 Ret 12 Ret 1
順位 ドライバー MON
 
SWE
 
MEX
 
EST
 
TUR
 
ITA
 
MNZ
 
ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
WRCアカデミー完走 (Aca)
リタイヤ (Ret)
除外 (EX)
スタートせず (DNS)
空白 エントリーせず (WD)

Notes:
1 2 3 4 5 – パワーステージ順位

コ・ドライバーズ・チャンピオンシップ編集

順位 ドライバー MON
 
SWE
 
MEX
 
EST
 
TUR
 
ITA
 
MNZ
 
ポイント
1   ジュリアン・イングラシア 22 43 1 34 Ret 33 1 122
2   スコット・マーティン 34 1 4 42 14 44 293 114
3   マルティン・ヤルヴェオヤ Ret 24 2 13 172 61 22 105
4   ニコラ・ジルスール 11 62 16 Ret 21 22 Ret 87
5   ヨンネ・ハルトゥネン 5 31 5 51 43 Ret 5 80
6   ヤンネ・フェルム 45 55 Ret 7 6 Ret 44 52
7   ヤルモ・レーティネン 83 8 3 6 Ret 5 Ret 44
8   カルロス・デル・バリオ Ret 15 35 42
9   ポール・ネイグル 7 25 25
10   ダニエル・エレナ 6 35 24
11   エリオット・エドモンドソン 63 9 8 5 25 Ret 16
12   パトリク・バルト 15 6 15 8 10 10 14
13   ダニエル・バリット 7 9 Ret Ret 201 13
14   ミッコ・ルッカ 10 11 8 8 9
15   アンデルス・イェーヤー=アムランド 6 8
16   マチェイ・シュチェパニアク 14 Ret 7 9 14 8
17   アーロン・ジョンストン 25 17 Ret 9 18 7 8
18   ヤロスラフ・フェドロフ 16 21 7 36 6
19   ヴァンサン・ランデ Ret Ret 7 6
20   トシュテン・エリクセン 10 12 10 14 9 4
21   ジョヴァンニ・ベルナッキーニ 8 Ret Ret 4
22   ルノー・ジャムール 15 18 13 9 Ret 49 2
23   フランソワ=グザヴィエ・ビュレシ 9 Ret 2
24   マルセロ・デル・オアネシアン 14 10 11 16 1
25   ヨナス・アンデション Ret 13 10 Ret 12 Ret 1
順位 ドライバー MON
 
SWE
 
MEX
 
EST
 
TUR
 
ITA
 
MNZ
 
ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
WRCアカデミー完走 (Aca)
リタイヤ (Ret)
除外 (EX)
スタートせず (DNS)
空白 エントリーせず (WD)

Notes:
1 2 3 4 5 – パワーステージ順位

マニュファクチャラーズ・チャンピオンシップ編集

順位 マニュファクチャラー MON
 
SWE
 
MEX
 
EST
 
TUR
 
ITA
 
MNZ
 
ポイント
1   ヒュンダイ・シェル・モービスWRT 1 2 2 1 2 1 2 241
5 5 6 2 3 2 3
2   トヨタ・GAZOO・レーシングWRT 2 1 1 3 1 3 1 236
3 3 4 4 4 4 5
3   Mスポーツ・フォードWRT 4 4 3 5 5 5 4 129
6 6 5 6 6 7 Ret
4   ヒュンダイ・2Cコンペティション Ret Ret 6 Ret 8
順位 マニュファクチャラー MON
 
SWE
 
MEX
 
EST
 
TUR
 
ITA
 
MNZ
 
ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
WRCアカデミー完走 (Aca)
リタイヤ (Ret)
除外 (EX)
スタートせず (DNS)
空白 エントリーせず (WD)

注釈編集

  1. ^ ラリー・モンテカルロではスノー/ターマックの路面が混在する。

出典編集

  1. ^ 【速報】WRCモンツァ:オジエ勝利で7度目の戴冠へ。マニュファクチャラーズタイトルはヒュンダイが連覇。勝田は初のSSベストを記録”. RALLY PLUS. 2020年12月20日閲覧。
  2. ^ マトン「WRCをよりグローバルに」、WRCジャパン招致委員会は2021年、2022年の開催国も一部発表 RALLY PLUS(2019年9月27日)
  3. ^ WRC:第2戦スウェーデンの最新アイテナリー発表。当初より8つ少ない全11ステージで構成 - オートスポーツ・2020年2月7日
  4. ^ ラリー・メキシコ、日曜日のステージをキャンセル - RallyX.net 2020年3月15日
  5. ^ WRC:5月開催のポルトガル、6月のイタリアが延期に。新型コロナウイルスの影響続く - オートスポーツ・2020年3月25日
  6. ^ WRC、今季の暫定カレンダーを発表。ラリー・ジャパンは予定通り11月に開催へ
  7. ^ ラリー・モンツァが2020年カレンダー入り。最終戦として12月4~6日開催へ - オートスポーツ・2020年10月10日
  8. ^ WRC:国内情勢不安の第4戦チリは開催中止へ。2020年シーズンは全13戦での争いに - オートスポーツ・2019年12月2日
  9. ^ WRC:新型コロナ対策で4月23~26日の第4戦アルゼンチンが開催延期に。振替日は今後決定 - オートスポーツ・2020年3月13日
  10. ^ WRCアルゼンチン、2020年の開催を公式にキャンセル - rallyplus.net 2020年7月2日
  11. ^ WRC:新型コロナの影響続く。ポルトガルの開催中止が決定、シリーズ再開は7月以降に
  12. ^ WRCサファリラリー、2020年の開催を断念し21年に延期へ - RALLY PLUS・2020年5月15日
  13. ^ ラリーフィンランド、2020年の開催キャンセルを決断 - RALLY PLUS 2020年6月3日
  14. ^ ラリーニュージーランドも今季の開催キャンセルを決断 - RALLY PLUS・2020年6月3日
  15. ^ WRCドイツが開催キャンセルを発表、サルディニアは会期を繰り上げ
  16. ^ WRC、10月末のラリーGBの開催中止を発表。新型コロナによる中止は5戦目 - motorsport・2020年6月10日
  17. ^ WRC日本ラウンド『ラリージャパン』2020年の開催断念。10年ぶりの復活は幻に - auto sport・2020年8月19日
  18. ^ イープル・ラリーが今季WRCカレンダーに追加 - rallyx.net・2020年8月19日
  19. ^ WRCイープルラリー・ベルギーが開催キャンセルを発表 - rallyplus.net・2020年10月30日
  20. ^ a b c WRC:シトロエンCEOが撤退理由を改めて説明。「セバスチャンなしの2020年は想像できない」 - オートスポーツ・2019年11月21日
  21. ^ ベルギー王者チューン、ヒュンダイWRカーで参戦 - RallyX・2020年10月28日
  22. ^ 元ヒュンダイのパッドン、2020年スポット参戦中止も“オールブラックス”の車両イメージ公開 - オートスポーツ・2020年6月11日
  23. ^ 【WRC】衝撃的な噂が現実のものに…トヨタで今季王者となったオット・タナク、来季はヒュンダイに移籍 - Response・2019年11月1日
  24. ^ WRC:トヨタ、三冠目指す2020年に向け体制一新。エースとしてセバスチャン・オジエ起用 - オートスポーツ・2019年11月27日
  25. ^ ラトバラ、2020年もヤリスWRCでスポット参戦へ。「マキネンとチームの力になりたい」 - オートスポーツ・2019年12月23日
  26. ^ WRC:Mスポーツが2020年布陣発表。元シトロエンのエサペッカ・ラッピが加入 - オートスポーツ・2020年1月3日

外部リンク編集