2020年の相撲(2020ねんのすもう)では、2020年令和2年)の相撲関連の出来事についてまとめる。

2019年-2020年-2021年

できごと編集

1月編集

  • 4日 - 【大相撲】宮城野部屋所属の幕内石浦と、同部屋所属の幕下力士が、部屋の稽古場で互いに拳を振るう騒動を起こした[1]
  • 9日 - 【大相撲】日本相撲協会は、喧嘩問題を起こした幕内石浦と宮城野部屋所属の幕下力士の処分を決定し、石浦は譴責と1ヶ月20パーセントの報酬減額処分、幕下力士は譴責処分となった。師匠の宮城野親方(元幕内・竹葉山)も、監督責任を問われて3ヶ月20パーセントの報酬減額処分となった[2]
  • 12日 - 【大相撲】日本相撲協会は1月場所の新弟子検査の合格者10名を発表した。このうち1名はウクライナ出身で初めての力士となった[3]
  • 20日 - 【大相撲】1月場所で大関から陥落し、10勝を挙げれば大関に復帰できる関脇髙安が、この日に6敗目を喫して1場所で大関に復帰することが不可能になった[4]
  • 23日 - 【大相撲】1月場所12日目に、この場所角番の大関豪栄道関脇朝乃山寄り切りで敗れて8敗目を喫し、33場所在位した大関から陥落することが決定した[5]
  • 25日 - 【大相撲】1月場所14日目は、今上天皇皇后雅子愛子内親王が幕内の後半戦を観戦した。令和初の天覧相撲となる[6]
  • 26日 - 【大相撲】1月場所千秋楽で、西前頭17枚目(幕尻)の德勝龍木瀬部屋)が大関貴景勝を寄り切り、14勝1敗で2000年3月場所の貴闘力以来20年ぶりの幕尻優勝を果たした。木瀬部屋からは初めての幕内最高優勝で、奈良県出身者の幕内最高優勝は1922年1月場所鶴ヶ濱以来98年ぶり[7]
  • 28日 - 【大相撲】1月場所カド番で負け越し来場所の関脇陥落が決定していた大関豪栄道が日本相撲協会に引退し年寄武隈を襲名[8]
  • 30日
    • 【大相撲】昨年12月13日に先代東関親方(元前頭・潮丸)が死去後東関部屋が師匠空席となり、八角部屋一時預かりになっていた問題で、日本相撲協会は理事会を開き、振分親方(元小結高見盛)の東関への名跡変更と部屋継承を承認[9]
    • 日本相撲協会は任期満了に伴う役員改選に伴う立候補者受付が行われ、理事候補選挙(定数10)副理事候補選挙(定数3)ともに2008年以来6期ぶり無投票となる[10]

2月編集

  • 1日 - 【大相撲】秀ノ山親方(元幕内・天鎧鵬)が年寄「音羽山」に名跡変更した[11]
  • 4日 - 【大相撲】日本相撲協会が、「大相撲 東京2020オリンピック・パラリンピック場所」を8月12・13日に両国国技館で開催することを発表[12]

3月編集

  • 1日 - 【大相撲】日本相撲協会は、3月8日に大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)で初日を迎える3月場所について、新型コロナウイルス感染拡大の影響により無観客で開催することを発表した[13]
  • 6日 - 【大相撲】日本相撲協会の理事会が開かれ、1月30日の副理事候補選挙に無投票当選した3親方を新副理事に選任した[14]
  • 8日 - 【大相撲】日本相撲協会は3月場所の新弟子検査の合格者45名(うち三段目付出1名)を発表した[15]
  • 22日 - 【大相撲】無観客で開催された3月場所はこの日に千秋楽を迎え、横綱白鵬が2場所ぶり44回目の幕内最高優勝を果たした[16]
  • 23日 - 【大相撲】日本相撲協会はこの日の評議員会で、理事10人と外部理事3人を選任した。その後開かれた理事会では理事長の互選が行われ、現職の八角理事長(元横綱・北勝海)が再選した[17]
  • 25日 - 【大相撲】日本相撲協会はこの日の臨時理事会と番付編成会議で、関脇朝乃山の大関昇進を全会一致で決定した[18]
  • 26日
    • 【大相撲】元幕内・蒼国来が現役を引退し、年寄「荒汐」を襲名するとともに、荒汐部屋を継承した。中国出身者が相撲部屋の師匠になるのは初めて。同時に、荒汐親方(元小結・大豊)は日本相撲協会を退職した[19]
    • 【大相撲】日本相撲協会が、「大相撲 東京2020オリンピック・パラリンピック場所」の開催を中止することを発表[20]

4月編集

5月編集

  • 4日 - 【大相撲】日本国内の新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言延長に伴い、日本相撲協会は、当初2週間延期で開催予定だった5月場所を中止とし、7月場所の日程は2週間延期のままで東京開催に変更し無観客開催を目指すことを表明した。
  • 13日 - 【大相撲】勝武士が、新型コロナウイルスによる多臓器不全により逝去。日本国内の同ウイルス感染による20歳代初の死亡例であり[22]、現役力士の病没は2008年12月の若三梅雅裕(当時番付外)以来。
  • 28日 - 【大相撲】序二段の華吹が50歳の誕生日を迎えて、昭和以降で初となる50歳の現役力士になった[30]

6月編集

  • 7日 - 【アマチュア相撲】石川県加賀市相撲連盟が、市体育協会から脱会する方針を固めたことが判明[31]
  • 10日 - 【大相撲】日本相撲協会が6月22日に予定していた7月場所の番付発表を実施しないことを発表[32]

7月編集

  • 13日
    • 【大相撲】日本相撲協会が臨時理事会を開き、7月場所を開催することを決定した。当初は無観客での開催を目指すとしていたが、国技館の定員の約4分の1となる1日あたり2500人程度に制限して観客を入れることも決まった[33]
    • 【大相撲】日本相撲協会は、中川親方(元幕内・旭里)が弟子に暴力を振るうなどの不適切な指導をしたとして、同親方を2階級降格の懲戒処分とすることを決定した。同親方が師匠の中川部屋は閉鎖されることになり、中川親方は時津風部屋に、所属力士9人は、1人が引退、残りの8人は時津風部屋を含めた6つの部屋に分かれて転籍することになった[34]
  • 15日 - 【大相撲】元関脇の栃煌山が現役引退、年寄「清見潟」を襲名した[35]
  • 19日 - 【大相撲】日本相撲協会は7月場所の新弟子検査の合格者10名を発表した[36]
  • 20日 - 【大相撲】横綱鶴竜が、右肘の怪我のため7月場所を2日目から休場した。鶴竜の休場は、2020年1月場所以来16度目[37]
  • 24日 - 【大相撲】7月場所6日目、50歳の華吹が序二段で勝利。大相撲での50代力士の勝利は1908年以来、112年ぶり[38]
  • 25日 - 【大相撲】幕内力士の阿炎が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて日本相撲協会の制定した感染予防ガイドラインに違反したとして、この日から休場した[39]。阿炎は協会外部の人間と2度会食をしたとされ、この場所は再出場しなかった[40]
  • 27日 - 【大相撲】田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)が、日本相撲協会のガイドラインで不要不急の外出をしないよう定められていたにもかかわらず、外出して泥酔したことが判明したとして、この日に日本相撲協会執行部から厳重注意を受けた[41]
  • 31日 - 【大相撲】横綱白鵬が、右膝の怪我のため7月場所を13日目から休場した。白鵬の休場は、2020年1月場所以来15度目[42]

8月編集

  • 2日 - 【大相撲】7月場所が千秋楽を迎えて、幕内は東前頭17枚目の照ノ富士が13勝2敗で、30場所ぶり2度目の優勝を果たした。大関経験者が関脇以下で優勝するのは1976年9月場所の魁傑以来2例目、幕尻優勝は2020年1月場所の德勝龍以来3例目である[43]
  • 4日 - 【大相撲】式秀部屋から、おかみの指導に不満を募らせた所属力士9人が集団で脱走した[44]
  • 6日 - 【大相撲】日本相撲協会が臨時理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて制定した感染予防ガイドラインに違反して不要不急の外出をした関係者の懲戒処分を決定した。7月場所前と場所中に4度接待を伴う飲食店で会食をした幕内阿炎は3場所の出場停止と5ヶ月間の報酬減額50パーセント、それに同席していた錦戸部屋所属の幕下力士は2場所の出場停止で、阿炎の師匠の錣山親方(元関脇・寺尾)は監督責任を問われて6ヶ月間の報酬減額20パーセント、錦戸親方(元関脇・水戸泉)は譴責となった[45]。7月場所前に飲食店に行った田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)は譴責処分となった[46]

9月編集

  • 10日 - 【大相撲】日本相撲協会は、玉ノ井部屋でこの日までに所属力士計19人[注 1]新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。これを受けて、同部屋所属の全力士と師匠の玉ノ井親方(元大関・栃東)が、9月場所を休場することになった[48]
  • 11日
    • 【大相撲】横綱の白鵬鶴竜が、共に9月場所を初日から休場することが決定した。2人以上の横綱が全員初日から休場するのは、1983年5月場所以来、約37年ぶり。[49]
    • 【大相撲】日本相撲協会は、時津風親方(元幕内・時津海)に新型コロナウイルスの感染拡大を受けて制定した感染予防ガイドラインに違反する行動があったとして、同親方を謹慎させると発表した[50]
  • 12日 - 【大相撲】日本相撲協会は、松ヶ根親方(元幕内・玉力道)に新型コロナウイルスの感染拡大を受けて制定した感染予防ガイドラインに違反する行動があったとして、同親方を謹慎させると発表した[51]
  • 13日 - 【大相撲】日本相撲協会は9月場所の新弟子検査の合格者1名を発表した[52]
  • 15日 - 【大相撲】当初は9月場所3日目から予定されていた前相撲が、出場者が1人しかいないため中止されることになった。昭和40年代に制定された現行制度下で、前相撲が実施されないのは初めて[53]
  • 27日 - 【大相撲】9月場所が千秋楽を迎えて、幕内は関脇正代が13勝2敗で初優勝した[54]。熊本県出身者、東京農業大学出身者としての初めての優勝となった[54]時津風部屋からは1963年7月場所の北葉山以来57年ぶり[54]
  • 30日 - 【大相撲】日本相撲協会はこの日の臨時理事会と番付編成会議で、関脇正代の大関昇進を全会一致で決定した[55]

10月編集

  • 1日 - 【大相撲】日本相撲協会は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて制定した感染予防ガイドラインに違反して9月場所直前に不要不急の外出をした関係者の懲戒処分を決定した[56]。時津風親方(元幕内・時津海)は、宮城県や福岡県を旅行し、会食やゴルフコンペに参加していたとして、2階級降格の処分になった[56]。松ヶ根親方(元幕内・玉力道)は、家族と外食をするなど少なくとも4度外出していたとして、譴責処分になった[56][57]

競技結果編集

大相撲編集

本場所編集

一月場所(初場所)編集

両国国技館東京都)を会場に、初日の2020年(令和2年)1月12日から千秋楽の1月26日までの15日間開催された。番付発表は2019年(令和元年)12月24日[58]

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 德勝龍誠木瀬部屋 奈良県奈良市出身) - 14勝1敗(初優勝)
三賞 殊勲賞 遠藤聖大追手風部屋 石川県鳳珠郡穴水町出身) - 9勝6敗(初受賞)
德勝龍誠(木瀬部屋 奈良県奈良市出身) - 14勝1敗(初受賞)
敢闘賞 正代直也時津風部屋 熊本県宇土市出身) - 13勝2敗(2場所ぶり4回目)
霧馬山鐵雄陸奥部屋   モンゴルドルノド県出身) - 11勝4敗(初受賞)
德勝龍誠(木瀬部屋 奈良県奈良市出身) - 14勝1敗(初受賞)
技能賞 北勝富士大輝八角部屋 埼玉県所沢市出身) - 11勝4敗(13場所ぶり2回目)
十両優勝 照ノ富士春雄伊勢ヶ濱部屋  モンゴルウランバートル出身) - 13勝2敗
幕下優勝 魁渡頌胆浅香山部屋 新潟県佐渡市出身) - 7戦全勝
三段目優勝 勇磨猛阿武松部屋 大阪府枚方市出身) - 7戦全勝
序二段優勝 宇良和輝(木瀬部屋 大阪府寝屋川市出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序ノ口優勝 二本柳亘(阿武松部屋 東京都足立区出身) - 7戦全勝
三月場所(春場所、大阪場所)編集

大阪府立体育会館大阪府大阪市)を会場に、初日の2020年3月8日から千秋楽の3月22日までの15日間開催された。番付発表は2月24日[58]。但し、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止の為、無観客開催で行われた。力士の感染が確認された場合、即刻中止する方針であったが無事に15日間開催された[59]

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 白鵬翔宮城野部屋   モンゴル・ウランバートル出身) - 13勝2敗(2場所ぶり44回目)
三賞 殊勲賞 阿武咲奎也(阿武松部屋 青森県北津軽郡中泊町出身) - 9勝6敗(初受賞)
敢闘賞 隆の勝伸明千賀ノ浦部屋 千葉県出身) - 12勝3敗(初受賞)
技能賞 碧山亘右春日野部屋   ブルガリアヤンボル出身) - 11勝4敗(初受賞)
十両優勝 琴勝峰吉成(佐渡ヶ嶽部屋 千葉県柏市出身) - 12勝3敗
幕下優勝 錦富士隆聖(伊勢ケ浜部屋 青森県十和田市出身) - 7戦全勝
三段目優勝 宇良和輝 (木瀬部屋 大阪府寝屋川市出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序二段優勝 出羽ノ龍和季出羽海部屋   モンゴル・ウランバートル出身) - 7戦全勝 
序ノ口優勝 篠原大河藤島部屋 静岡県富士市出身) - 7戦全勝
五月場所(夏場所)(中止)編集

両国国技館(東京都)を会場に、初日の2020年5月24日から千秋楽の6月7日までの15日間開催される予定であったが、新型コロナウイルスの感染拡大などを受けて中止になった。番付発表は4月27日で、五月場所の番付がそのまま七月場所の番付となる[32]。大相撲の本場所中止は、大相撲八百長問題による2011年三月場所の中止以来、9年ぶりである。

七月場所編集

両国国技館(東京都)を会場に[60]、初日の2020年7月19日から千秋楽の8月2日までの15日間開催された[21]。先述の通り、五月場所の番付がそのまま当場所の番付となるため、番付発表は行わず[32]

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 照ノ富士春雄(伊勢ヶ濱部屋   モンゴル・ウランバートル出身) - 13勝2敗(30場所ぶり2回目)
三賞 殊勲賞 御嶽海久司出羽海部屋 長野県木曽郡上松町 出身) - 11勝4敗(5場所ぶり6回目)
大栄翔勇人(追手風部屋 埼玉県朝霞市出身) - 11勝4敗(3場所ぶり2回目)
照ノ富士春雄(伊勢ヶ濱部屋   モンゴル・ウランバートル出身) - 13勝2敗(31場所ぶり2回目)
敢闘賞 正代直也(時津風部屋 熊本県宇土市 出身) - 11勝4敗(3場所ぶり5回目)
技能賞 照ノ富士春雄(伊勢ヶ濱部屋   モンゴル・ウランバートル出身) - 13勝2敗(初受賞)
十両優勝 明生力 (立浪部屋 鹿児島県大島郡瀬戸内町) - 10勝5敗 ※優勝決定戦勝利
幕下優勝 千代の国憲輝九重部屋 三重県伊賀市出身) - 7戦全勝
三段目優勝 深井拓斗 (高砂部屋 石川県羽咋市出身) - 7戦全勝 ※優勝決定戦勝利
序二段優勝 竹岡勇人尾車部屋 東京都墨田区出身) - 7戦全勝 
序ノ口優勝 北青鵬治(宮城野部屋 北海道札幌市東区 出身) - 7戦全勝
九月場所(秋場所)編集

両国国技館(東京都)を会場に、初日の2020年9月13日から千秋楽の9月27日までの15日間開催された。番付発表は8月31日[58]

タイトル 人物(所属部屋 出身地) - 成績
幕内最高優勝 正代直也(時津風部屋 熊本県宇土市 出身) - 13勝2敗(初優勝)
三賞 殊勲賞 正代直也(時津風部屋 熊本県宇土市 出身) - 13勝2敗(初受賞)
敢闘賞 正代直也(時津風部屋 熊本県宇土市 出身) - 13勝2敗(2場所連続6回目)
翔猿正也(追手風部屋 東京都江戸川区出身) - 11勝4敗(初受賞)
技能賞  該当者なし
十両優勝 千代の国憲輝九重部屋 三重県伊賀市出身) - 14勝1敗
幕下優勝 寺沢樹(高砂部屋 新潟県佐渡市出身) - 7戦全勝
三段目優勝 北天海葵尾上部屋   モンゴル・ウランバートル出身) - 7戦全勝
序二段優勝 北青鵬治(宮城野部屋 北海道札幌市東区出身) - 7戦全勝 
序ノ口優勝 久之虎克太(出羽海部屋 和歌山県和歌山市出身) - 7戦全勝

巡業編集

春巡業編集

春場所終了後の3月29日から4月26日まで予定されていたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い全日程中止となった[61]。一部は2020年冬巡業以降に延期して開催される予定である[62]

夏巡業編集

夏巡業は、東京オリンピックパラリンピックの開催に伴い実施せず[63]、8月12・13日に両国国技館で「大相撲 東京2020オリンピック・パラリンピック場所」を開催予定[12]だったが中止された[20]

秋巡業編集

9月場所終了後の10月に行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い全日程中止となった[64]

冬巡業編集

例年は11月場所の終了後に実施され、中止になった春巡業のうち5箇所が振替開催される予定になっていた[62]が、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い2020年7月13日の理事会で中止が決定した。1年を通じて巡業が開催されないのは、大相撲八百長問題が発生した2011年以来である。[65]

トーナメント大会編集

その他編集

昇格編集
現役引退(関取経験者のみ)編集
引退相撲興行編集

予定編集

大相撲編集

本場所編集

十一月場所編集

両国国技館(東京都)を会場に、初日の2020年11月8日から千秋楽の11月22日までの15日間開催される。番付発表は10月26日[58]

その他編集

その他編集

断髪式編集

死去編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ うち1人は5日に感染が公表されていた[47]
  2. ^ 当初は5月30日に実施予定だったものの、5月場所の2週間延期に伴い本場所の日程と重なったため延期が決定した

出典編集

  1. ^ 石浦ら稽古で互いに拳 協会は不問に、師匠が注意」『SANSPO.COM』、2020年1月4日。2020年1月7日閲覧。
  2. ^ 稽古中けんか、石浦ら減俸 「悪質性は高くない」と判断」『朝日新聞』、2020年1月9日。2020年1月26日閲覧。
  3. ^ 新弟子検査、大桑ら10人が合格 大相撲初場所」『東京新聞』、2020年1月12日。2020年1月26日閲覧。
  4. ^ 高安6敗目 来場所の大関復帰ならず 八角理事長「気持ちがあるのは分かるが体がついてこない」」『スポニチアネックス』、2020年1月20日。2020年1月26日閲覧。
  5. ^ 豪栄道 大関陥落…9度目“カド番”で力尽く「力がなかったということ」」『スポニチアネックス』、2020年1月24日。2020年1月24日閲覧。
  6. ^ 両陛下と相撲好きの愛子さま初場所観戦 盛んに拍手」『日刊スポーツ』、2020年1月25日。2020年1月26日閲覧。
  7. ^ 德勝龍が男泣き幕尻V!木瀬初!奈良98年ぶり」『日刊スポーツ』、2020年1月26日。2020年1月26日閲覧。
  8. ^ a b 引退豪栄道が年寄「武隈」襲名 臨時理事会で承認」『日刊スポーツ』、2020年1月28日。2020年1月28日閲覧。
  9. ^ 振分親方「ドキドキ」東関部屋継承「できることを精いっぱい」元高見山の教え弟子に伝える」『スポニチアネックス』、2020年1月31日。2020年1月31日閲覧。
  10. ^ 日本相撲協会12年ぶり無投票で理事候補確定 八角理事長ら現職多数、伊勢ケ浜親方は2期ぶり立候補:大相撲」『中日スポーツ』、2020年1月30日。2020年1月30日閲覧。
  11. ^ 秀ノ山親方が「音羽山」に 大相撲」『時事ドットコム』、2020年2月1日。2020年3月31日閲覧。
  12. ^ a b 相撲を世界に発信、8月に「五輪・パラ場所」」『読売新聞』、2020年2月4日。2020年7月9日閲覧。
  13. ^ 大相撲春場所 無観客で開催、新型コロナウイルス感染拡大の影響受け」『スポニチアネックス』、2020年3月1日。2020年3月1日閲覧。
  14. ^ 相撲協会、プロスポーツ協会脱退を決定 副理事候補3人を選任」『SANSPO.COM』、2020年3月6日。2020年3月31日閲覧。
  15. ^ 大鵬の孫ら45人合格 新弟子検査-大相撲春場所」『時事ドットコム』、2020年3月8日。2020年3月31日閲覧。
  16. ^ 白鵬44度目V「これで終わった…」異例場所締めた」『日刊スポーツ』、2020年3月22日。2020年3月31日閲覧。
  17. ^ 八角理事長が続投「全協会員で乗り切った」異例場所」『日刊スポーツ』、2020年3月23日。2020年3月31日閲覧。
  18. ^ a b 朝乃山、新大関へ口上「正義を全うし一生懸命努力」」『日刊スポーツ』、2020年3月25日。2020年3月31日閲覧。
  19. ^ a b 蒼国来、引退し荒汐部屋を継承 八百長事件から復帰」『日本経済新聞』、2020年3月26日。2020年3月31日閲覧。
  20. ^ a b 大相撲 8月の「オリパラ場所」中止を決定 夏場所開催の結論は出ず」『毎日新聞』、2020年3月26日。2020年7月9日閲覧。
  21. ^ a b 夏場所、7月名古屋場所2週間延期「再び変更も」」『日刊スポーツ』、2020年4月3日。2020年4月3日閲覧。
  22. ^ a b c 高田川部屋の勝武士さんがコロナ感染死 28歳」『日刊スポーツ』、2020年5月13日。2020年5月13日閲覧。
  23. ^ 相撲界にコロナ感染者…力士名、部屋名を非公表でいいのか? (1/2ページ)」『夕刊フジ』、2020年4月11日。2020年4月11日閲覧。
  24. ^ 力士1人に新型コロナ陽性反応、相撲部屋の暮らしとは…関取のお世話は全て若い衆」『スポーツ報知』、2020年4月11日。2020年4月11日閲覧。
  25. ^ a b 豊ノ島が引退、年寄井筒襲名 36歳関取復帰ならず」『日刊スポーツ』、2020年4月17日。2020年4月17日閲覧。
  26. ^ 相撲の高校金沢大会中止 緊急事態宣言の全国拡大で」『産経ニュース』、2020年4月17日。2020年5月1日閲覧。
  27. ^ インターハイ中止決定 史上初 新型コロナ感染拡大で 21府県で分散開催予定」『毎日新聞』、2020年4月26日。2020年5月14日閲覧。
  28. ^ 照ノ富士幕内復帰に「どれだけ通用するのか楽しみ」」『日刊スポーツ』、2020年4月27日。2020年5月1日閲覧。
  29. ^ 全国中学体育大会、史上初の中止」『共同通信』、2020年4月28日。2020年5月14日閲覧。
  30. ^ 昭和以降初の50歳力士誕生、3元号またぎ土俵に」『日刊スポーツ』、2020年5月28日。2020年5月28日閲覧。
  31. ^ 加賀市相撲連盟が市体協から脱会へ」『中日新聞』、2020年6月7日。2020年6月8日閲覧。
  32. ^ a b c 7月場所の番付発表せず、中止の夏場所の番付通りに」『日刊スポーツ』、2020年6月10日。2020年6月22日閲覧。
  33. ^ 大相撲7月場所は観客入れて開催 1日当たり2500人程度に制限」『SANSPO.COM』、2020年7月13日。2020年7月13日閲覧。
  34. ^ 不適切指導の中川親方は2階級降格、部屋閉鎖も発表」『日刊スポーツ』、2020年7月13日。2020年7月13日閲覧。
  35. ^ a b 栃煌山が引退「一つの区切りついた」清見潟を襲名」『日刊スポーツ』、2020年7月15日。2020年7月16日閲覧。
  36. ^ 7月場所新弟子検査、10人全員が体格基準満たす」『日刊スポーツ』、2020年7月13日。2020年8月2日閲覧。
  37. ^ 横綱鶴竜が休場、右ひじのけが悪化 初日に金星配給」『朝日新聞』、2020年7月20日。2020年8月2日閲覧。
  38. ^ 50歳力士112年ぶり勝利 昭和入門の序二段華吹」『日刊スポーツ』、2020年7月24日。2020年7月25日閲覧。
  39. ^ 大相撲の阿炎が休場 協会外部数人と会食、親方は謝罪」『朝日新聞』、2020年7月25日。2020年8月2日閲覧。
  40. ^ 阿炎は今場所再出場させず「情状酌量の余地はない」」『日刊スポーツ』、2020年7月26日。2020年8月2日閲覧。
  41. ^ 外出し泥酔、ネット上に写真流出…田子ノ浦親方に注意 協会幹部怒り心頭」『スポニチアネックス』、2020年7月28日。2020年8月6日閲覧。
  42. ^ 白鵬が休場、けがで2週間要治療 2横綱1大関が不在に」『朝日新聞』、2020年7月31日。2020年8月2日閲覧。
  43. ^ 照ノ富士が史上最大の復活V 地獄を見た元大関、幕尻で5年2カ月ぶり2度目賜杯」『デイリースポーツ』、2020年8月2日。2020年8月2日閲覧。
  44. ^ おかみさんがモラハラ?式秀部屋の力士9人集団脱走」『日刊スポーツ』、2020年8月5日。2020年9月12日閲覧。
  45. ^ 阿炎に出場停止3場所と報酬減額の処分 引退届は“条件付き”で預かりに」『SANSPO.COM』、2020年8月6日。2020年8月6日閲覧。
  46. ^ 場所前に外出泥酔の田子ノ浦親方に最も軽いけん責」『日刊スポーツ』、2020年8月6日。2020年8月6日閲覧。
  47. ^ 幕下以下の力士1人感染 部屋関係者もPCR検査へ」『日刊スポーツ』、2020年9月6日。2020年9月12日閲覧。
  48. ^ 玉ノ井部屋で計19人感染 親方と所属力士全員全休」『日刊スポーツ』、2020年9月10日。2020年9月12日閲覧。
  49. ^ 白鵬と鶴竜が休場 37年ぶり初日から横綱全員不在」『日刊スポーツ』、2020年9月11日。2020年9月12日閲覧。
  50. ^ 時津風親方が謹慎 大相撲」『朝日新聞』、2020年9月12日。2020年10月2日閲覧。
  51. ^ 一度感染したのに指針守らず外出、松ヶ根親方を謹慎処分」『読売新聞』、2020年9月12日。2020年10月2日閲覧。
  52. ^ トゥルトクトホが新弟子検査合格 モンゴル出身」『東京新聞』、2020年9月13日。2020年9月24日閲覧。
  53. ^ 出場者1人の前相撲は中止 昭和40年代以降初めて」『日刊スポーツ』、2020年9月15日。2020年9月24日閲覧。
  54. ^ a b c 正代が初優勝、大関も手中 熊本初、時津風57年ぶり-大相撲秋場所千秋楽」『時事ドットコム』、2020年9月27日。2020年10月2日閲覧。
  55. ^ a b 正代の大関昇進を正式決定…「至誠一貫」と口上」『読売新聞』、2020年9月30日。2020年10月2日閲覧。
  56. ^ a b c 不要不急外出で親方処分 時津風降格、松ケ根けん責」『日刊スポーツ』、2020年10月1日。2020年10月2日閲覧。
  57. ^ 協会のコロナ指針に違反し旅行、時津風親方を2階級降格処分」『読売新聞』、2020年10月1日。2020年10月2日閲覧。
  58. ^ a b c d e 日本相撲協会公式サイト 年間日程表
  59. ^ 大相撲春場所 無観客で開催へ 力士感染なら中止も」『NHKニュース』、2020年3月1日。2020年3月9日閲覧。
  60. ^ 理事会発表事項日本相撲協会
  61. ^ 大相撲 春場所後の巡業 来年春に延期へ 感染拡大防止で」『NHKニュース』、2020年3月6日。2020年3月6日閲覧。
  62. ^ a b 相撲』2020年5月号、ベースボール・マガジン社、2020年、 22-25頁。
  63. ^ 【大相撲】20年の夏巡業は中止 東京五輪に配慮、相撲協会」『産経新聞』、2018年9月27日。2020年1月7日閲覧。
  64. ^ 大相撲、10月の秋巡業も中止 冬巡業のみ開催予定」『日刊スポーツ』、2020年5月4日。2020年5月5日閲覧。
  65. ^ 冬巡業の中止決定、1年間未実施は八百長問題時以来」『日刊スポーツ』、2020年7月13日。2020年7月13日閲覧。
  66. ^ 高安、大相撲トーナメント連覇…白鵬は炎鵬に屈す」『読売新聞』、2020年2月9日。2020年2月9日閲覧。
  67. ^ 德勝龍、春場所は「朝乃山に注目を」福祉大相撲でトークショー」『SANSPO.COM』、2020年2月11日。2020年2月20日閲覧。
  68. ^ 引退発表の元前頭・荒鷲「感謝しかない」 断髪式は5月」『毎日新聞』、2020年1月24日。2020年1月26日閲覧。
  69. ^ 200キロ超の元十両徳真鵬が引退 今後は大学職員」『日刊スポーツ』、2020年6月1日。2020年7月9日閲覧。
  70. ^ 元幕内青狼が引退 大相撲」『時事ドットコム』、2020年7月13日。2020年7月13日閲覧。
  71. ^ 元十両の希善龍が引退 日大出身08年亀井で初土俵」『日刊スポーツ』、2020年8月2日。2020年8月2日閲覧。
  72. ^ 十両木崎海が引退届、兄の美ノ海と兄弟関取で活躍」『日刊スポーツ』、2020年8月27日。2020年8月27日閲覧。
  73. ^ 元関脇豪風が引退相撲 コールに涙「耐え切れなかった」」『日本経済新聞』、2020年2月1日。2020年3月31日閲覧。
  74. ^ 元旭富士の伊勢ケ浜親方、還暦土俵入りも延期」『SANSPO.COM』、2020年4月4日。2020年5月1日閲覧。
  75. ^ 元幕内の大喜鵬が引退 故障で番付落とす」『産経新聞』、2019年9月22日。2020年3月31日閲覧。
  76. ^ 近大相撲部・伊東監督が死去、55歳…朝乃山らを指導」『読売新聞』、2020年1月18日。2020年1月18日閲覧。
  77. ^ “井筒3兄弟”長男、元十両鶴嶺山の福薗好政氏死去 60歳」『SANSPO.COM』、2020年5月16日。2020年5月16日閲覧。
  78. ^ 元幕内の蔵玉錦さん死去、67歳 昨年9月に退職」『日刊スポーツ』、2020年8月9日。2020年8月9日閲覧。
  79. ^ 元小結豊山の先代湊親方が死去72歳、膵臓がん」『日刊スポーツ』、2020年9月24日。2020年9月24日閲覧。

外部リンク編集