2020年のJ2リーグ

2020年に行われたサッカーJ2リーグ戦

この項目では、2020年シーズンのJ2リーグについて述べる。

明治安田生命J2リーグ
シーズン 2020
優勝 徳島ヴォルティス
昇格 徳島ヴォルティス
アビスパ福岡
天皇杯出場 徳島ヴォルティス
試合数 462
ゴール数 1119 (1試合平均2.42)
得点王 ピーター・ウタカ (京都・22得点)
最大差勝利ホーム試合
磐田 6-0 金沢(第14節・8月23日)
琉球 6-0 愛媛(第40節・12月13日)
最大差勝利アウェー試合
松本 1-6 琉球(第21節・9月23日)
最多得点試合
新潟 3-5 金沢(第3節・7月4日)
最多連勝記録
12 - 福岡(第17節 - 第27節)
最多連続負け無し記録
15 - 福岡(第16節 - 第29節)
最多連続勝ち無し記録
11 - 山口(第28節 - 第38節)
最多連敗記録
7 - 山口(第32節 - 第38節)
最多観客動員
14,526人 - 磐田 vs 山形 (第1節・2月23日)
最少観客動員
0人 - 第2節・第3節全試合他
合計観客動員 1,271,830人
平均観客動員 2,753人
2019
2021

概要編集

J2リーグとして22年目のシーズン。

明治安田生命保険相互会社をタイトルパートナー(冠スポンサー)として、「2020明治安田生命J2リーグ」(: 2020 MEIJI YASUDA J2 LEAGUE)の名称で行う(4年契約の2年目[1])。

当初はリーグ戦そのもののレギュレーションに変更はなかったが、J2の3位から6位までが参加するJ1参入プレーオフの決定戦の試合方式については、2019年12月16日の新シーズン大会方式発表時点では「調整中」とされた[2]

また当シーズンより、J2、J3リーグについて「U-21選手出場奨励ルール」を導入、J2リーグにおいては、特別指定選手、2種登録選手を含むシーズン中の21歳以下日本人選手のリーグ戦総出場時間が年間3,780分以上(目安:90分×42試合。ただしGKの出場時間は2倍換算)となったクラブ1クラブあたり300万円の奨励金を支給することとなっていた[3]が、新型コロナウイルス感染拡大による財務的な影響やチーム編成の状況に鑑み、2020年5月14日に同シーズンの適用を見送ることを決定した[4]

第1節を終えた後、新型コロナウイルス感染拡大を受けてリーグが中断され、中断が長期化する中で、ホームスタジアムの利用頻度や試合日程、アウェイゲームやホームゲームの連戦格差など、競技の不公正が生じる可能性を踏まえ、3月19日に行われた臨時実行委員会での了承をもってリーグ昇降格に関する「特例ルール」の適用が決定した[5]。具体的には、J1参入プレーオフを取りやめJ2からJ1への昇格は「自動昇格2枠」とした上で、J2からJ3への降格を取りやめるというものである。

スケジュール編集

2019年12月16日に大会方式および試合方式が発表された[6]2月23日開幕・11月22日閉幕の全42節(ホーム・アンド・アウェー2回戦総当たり)・合計462試合で行われ、東京オリンピック開催の関係で、7月18日・19日開催の第25節から8月10日開催の第26節までの約3週間にわたりリーグ戦が中断する予定とされた[7]

その後、第1節が行われた後の2月24日に示された新型コロナウイルス感染拡大についての国の専門家会議の見解[8]を受け、2月25日に行われた理事会で3月15日まで開催予定のJリーグ全公式戦(J2は第4節まで)の延期を決定[9]。さらに3月12日の理事会で、3月29日までに開催予定のJリーグ全公式戦(J2は第7節まで)の延期を決定[10]。この時点で4月3日(第8節)からの再開を目指したが、事態が収束しないことや準備等を勘案し、3月25日の臨時実行委員会で、J2の再開目標を5月2日の第13節に再設定し、第12節までの延期を決定した[11][12]

4月3日の臨時の実行委員会は、5回目の「新型コロナウイルス対策連絡会議」での専門家チームからの助言を受け、3月25日に決めた再開・開幕の日程を白紙に戻すことを決定[13]。4月8日に5月27日まで開催予定のすべての公式戦123試合(J2は第13節-第17節の55試合)の延期を発表した上で、その後の開催予定も「未定」とした[14]。さらに4月30日には6月7日まで開催予定のすべての公式戦49試合(J2は第18節・第19節の22試合)の延期を発表した上で、その後の開催予定も引き続き「未定」とした[15]

5月29日に行われた臨時実行委員会で、J2の再開日を6月27日とすることを決定し[16]、6月15日に再編した第2節以降の日程が発表された[17]。8月30日の第15節まで具体的に対戦カード、試合時間、会場が決定され、第16節以降は対戦カード、開催日(週末開催の場合は、土曜日又は日曜日と表示)のみ決定とされた。第2節・第3節についてはリモートマッチ(無観客試合)での開催とされ、以後の試合の扱いは決定次第公表とされた[18]。なお、試合運営方法の変遷については2020年のJリーグ#新型コロナウイルス感染拡大の影響を参照のこと。

2020年シーズンのJ2クラブ編集

2020年シーズンのJ2のクラブ数は前年同様の22[19]2019年のJ1リーグ17位の松本山雅FC2018年シーズン以来2年ぶり、同最下位のジュビロ磐田2015年シーズン以来5年ぶりの降格。また2019年のJ3リーグ優勝のギラヴァンツ北九州2016年シーズン以来4年ぶり、同2位のザスパクサツ群馬2017年シーズン以来3年ぶりの昇格。京都サンガF.C.はこのシーズンから本拠地をサンガスタジアム by KYOCERAに移転する[20]

チーム名 監督 所在
都道府県
ホームスタジアム 前年成績 ライセンス
モンテディオ山形   石丸清隆[21] 06山形県 NDソフトスタジアム山形 J2 06位 J1
水戸ホーリーホック   秋葉忠宏[22] 08茨城県 ケーズデンキスタジアム水戸 J2 07位 J2
栃木SC   田坂和昭[23] 09栃木県 栃木県グリーンスタジアム J2 20位 J1
ザスパクサツ群馬   奥野僚右[24] 10群馬県 正田醤油スタジアム群馬 J3 02位 J1
大宮アルディージャ   高木琢也[25] 11埼玉県 NACK5スタジアム大宮 J2 03位 J1
ジェフユナイテッド千葉   尹晶煥[26] 12千葉県 フクダ電子アリーナ J2 17位 J1
東京ヴェルディ   永井秀樹[27] 13東京都 味の素スタジアム J2 13位 J1
FC町田ゼルビア    ランコ・ポポヴィッチ[28] 町田GIONスタジアム J2 18位 J1
ヴァンフォーレ甲府   伊藤彰[29] 11山梨県 山梨中銀スタジアム J2 05位 J1
松本山雅FC   布啓一郎[30] 11長野県 サンプロ アルウィン J1 17位 J1
アルビレックス新潟   アルベルト[31] 15新潟県 デンカビッグスワンスタジアム J2 10位 J1
ツエーゲン金沢   柳下正明[32] 17石川県 石川県西部緑地公園陸上競技場 J2 11位 J1
ジュビロ磐田   フェルナンド・フベロ[33] 11静岡県 ヤマハスタジアム (磐田) J1 18位 J1
京都サンガF.C.   實好礼忠[34] 26京都府 サンガスタジアム by KYOCERA J2 08位 J1
ファジアーノ岡山   有馬賢二[35] 33岡山県 シティライトスタジアム J2 09位 J1
レノファ山口FC   霜田正浩[36] 35山口県 維新みらいふスタジアム J2 15位 J1
徳島ヴォルティス   リカルド・ロドリゲス[37] 36徳島県 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム J2 04位 J1
愛媛FC   川井健太[38] 38愛媛県 ニンジニアスタジアム J2 19位 J1
アビスパ福岡   長谷部茂利[39] 40福岡県 ベスト電器スタジアム J2 16位 J1
ギラヴァンツ北九州   小林伸二[40] ミクニワールドスタジアム北九州 J3 0 1位優勝 J1
V・ファーレン長崎   手倉森誠[41] 42長崎県 トランスコスモススタジアム長崎 J2 12位 J1
FC琉球   樋口靖洋[42] 47沖縄県 タピック県総ひやごんスタジアム J2 14位 J1
  • 本拠地名については各チームのホーム開幕戦時点のもの[20]

監督交代編集

特記なき場合、監督代行はトップチームのヘッドコーチが務めている。

チーム名 前監督 退任日 監督代行 新監督 就任日 備考
松本山雅FC   布啓一郎 9月25日[43] -   柴田峡 9月25日[44] 編成部長より異動
ジュビロ磐田   フェルナンド・フベロ 10月1日[45] -   鈴木政一 10月2日[46] 強化本部長より異動

キットサプライヤー・スポンサー編集

  • 鎖骨スポンサーは両側でスポンサー、もしくは表記が異なる場合のみ左右を表示する(着用時基準)。
チーム名 メーカー 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ前面 パンツ背面
01モンテディオ山形 PENALTY ABeam UNITE つや姫 (1st)
雪若丸 (2nd)
雪若丸 (1st)
つや姫 (2nd)
でん六 平田牧場 -
02水戸ホーリーホック GAViC K's ケーズデンキ - Atræ - - - -
03栃木SC ATHLETA TKC 足利銀行 (左)
TOYOTA WOODYOU HOME (右)
カワチ薬品 monmiya ALSOK
北総警
- -
04ザスパクサツ群馬 KELME Farmdo
group
和豚 もちぶた (左)
SUNWA (右)
CAINZ Beisia - - -
05大宮アルディージャ Under Armour NTT docomo »5G 武蔵野銀行 NTT東日本 しまむら 富士薬品 武蔵コーポレーション -
06ジェフユナイテッド千葉 Kappa 富士電機 古河電工 (左)
JR東日本 (右)
JRE MALL 新昭和 ZOZO
TOWN
PeRIe -
07東京ヴェルディ ATHLETA Akatsuki NICHIGAS MJS e ground グッドコムアセット BRI -
08FC町田ゼルビア SVOLME AbemaTV AQUA RESORT (左)
25th Anniversary[注釈 1] (右)
odakyu TERADA 玉川大学 - -
09ヴァンフォーレ甲府 Mizuno はくばく NNS
日本ネットワークサービス
山梨中央銀行 コイケ クスリの
サンロード
〇愛
MARUAI
山梨日日新聞社[注釈 2]
10松本山雅FC adidas EPSON RAZUSO[注釈 3] 長野銀行 キッセイ薬品 ALPICO 信濃毎日 -
11アルビレックス新潟 adidas 亀田製菓 Denka コメリ NSG
GROUP
NAMiCS 新潟日報 -
12ツエーゲン金沢 adidas 北國新聞 中森かいてき薬局グループ (左・1st)
あしたのチーム (左・2nd)
100満ボルト (右)
北國銀行 澁谷工業 米沢電気 - -
13ジュビロ磐田 PUMA YAMAHA - SALA SAKURA HAMAMATSU - -
14京都サンガF.C. PUMA 京セラ HORIBA (左)
Wacoal (右)
任天堂 au 京都銀行 大和証券 -
15ファジアーノ岡山 PENALTY GROP - un.deux ハローズ おかやま信金 山陽新聞 -
16レノファ山口FC FINTA upr FRONTIER (左)
山口銀行 (右)
山口マツダ EXZEAL ME MaxValu (1st)[注釈 4]
BIG (2nd)[注釈 4]
-
17徳島ヴォルティス Mizuno POCARI
SWEAT
FAIR PRIDE
勝利を超える価値がある
(左)
BODY MAINTE (右)
大塚製薬 - アース 阿波銀行 -
18愛媛FC Mizuno elleair
エリエール
Benefit one (左)
HIKARI (右)
伊予銀行 - MIURA FUJI -
19アビスパ福岡 YONEX Fj.
福岡地所
HAKATA
GREEN
HOTEL (左)
日本パーク (右)
新日本製薬 プランテルEX 味の明太子
博多中洲 ふくや
WITH ALL SUPPORTERS
ピエトロ -
20ギラヴァンツ北九州 PENALTY TOTO - 安川電機 - ナフコ ZENRIN -
21V・ファーレン長崎 umbro Japanet メモリード (左・1st)
メモリード・ライフ (左・2nd)
モリリン (右)
MSC UNICEF Regional Creation NAGASAKI - -
22FC琉球 sfida [注釈 5] - GMOコイン - JTA 琉球銀行 -

リーグ概要編集

新型コロナウィルス感染症 (COVID-19) の影響により第1節終了後4か月あまりの中断期間が入ったリーグ戦は、8月8日・9日開催の第10節以降、「16日間で5試合」の5連戦をひたすら繰り返す(第10節から最終節までにミッドウィークに試合が行われない週は6回のみ)という超過密日程となったが、序盤は長崎が粘り強い戦いで開幕9試合無敗(7勝2分)、さらに第17節まで2敗のみと首位を快走する。しかし、長崎は9月に入って5分け3敗と失速。替わって「昇格請負人」小林伸二の下でJ3から昇格した北九州が第7節から9連勝・10戦無敗で第18節にクラブ初の首位に躍り出る[50]。しかし北九州も9月下旬から停滞し失速、そこへ就任4年目のリカルド・ロドリゲスが率い、新加入のFW垣田裕暉とMF西谷和希を中心にパスサッカーを展開する徳島が第22節で首位に立つ[50]。さらには、新たに招聘した長谷部茂利の下でリーグ最少失点の堅守を誇る福岡が第16節から15試合負け無し・第17節から12連勝で第27節で首位に躍り出る。福岡が11月に入って停滞したところへ、第17節から17試合で1敗の徳島が第30節で首位を奪い返して終盤戦を迎える。第39節を終わった時点で首位徳島を勝ち点差5で福岡、さらに一時は4位にまで沈みながらFWエジガル・ジュニオを緊急補強し反転攻勢に出た長崎が勝ち点差2(徳島から7差)で追う展開となり、優勝・昇格争いはこの3チームに絞られた[50]

迎えた第40節、勝てばJ1昇格となる徳島は千葉の粘りの前にスコアレスドロー。2位福岡が京都に、3位長崎が東京Vに勝利し、3チームの勝ち点差は5に縮まる。そして第41節、徳島はホームで大宮に勝利し自力での2位以内を確定[51]。福岡もアウェイで愛媛に勝利。長崎がホームで甲府相手に先制するも追いつかれドローとなったため、長崎と福岡の勝ち点差が4となり、福岡の2位以内も確定[52]。両チームのJ1昇格が決定した。

そして最終節、首位徳島と2位福岡の直接対決が組まれ、FW石津大介のゴールでホームの福岡が勝利するも、得失点差で及ばず徳島が逃げ切ってJ2初優勝を遂げた[53]

結果編集

順位表編集

チーム 出場権または降格
1 徳島ヴォルティス (C) (P) 42 25 9 8 67 33 +34 84 J1リーグ 2021へ昇格 1,2,3
2 アビスパ福岡 (P) 42 25 9 8 51 29 +22 84
3 V・ファーレン長崎 42 23 11 8 66 39 +27 80 J2残留
4 ヴァンフォーレ甲府 42 16 17 9 50 41 +9 65
5 ギラヴァンツ北九州 42 19 8 15 59 51 +8 65
6 ジュビロ磐田 42 16 15 11 58 47 +11 63
7 モンテディオ山形 42 17 11 14 59 42 +17 62
8 京都サンガF.C. 42 16 11 15 47 45 +2 59
9 水戸ホーリーホック 42 16 10 16 68 62 +6 58
10 栃木SC 42 15 13 14 41 39 +2 58
11 アルビレックス新潟 42 14 15 13 55 55 0 57
12 東京ヴェルディ 42 13 15 14 48 48 0 54
13 松本山雅FC 42 13 15 14 44 52 −8 54
14 ジェフユナイテッド千葉 42 15 8 19 47 51 −4 53
15 大宮アルディージャ 42 14 11 17 43 52 −9 53
16 FC琉球 42 14 8 20 58 61 −3 50
17 ファジアーノ岡山 42 12 14 16 39 49 −10 50
18 ツエーゲン金沢 42 12 13 17 57 67 −10 49
19 FC町田ゼルビア 42 12 13 17 41 52 −11 49
20 ザスパクサツ群馬 42 15 4 23 40 62 −22 49
21 愛媛FC 42 8 10 24 38 68 −30 34
22 レノファ山口FC 42 9 6 27 43 74 −31 33

最終更新は2020年12月20日の試合終了時
出典: J. League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 直接対決の勝点; 4. 直接対決の得失点差; 5. 直接対決の得点数; 6. 勝利数; 7. 得点数.
1J1リーグ昇格は、J1ライセンスを保有するクラブに限る。
2J2における年間順位の上位2クラブのうちJ1クラブライセンスの交付判定を受けられなかったJ2クラブがあった場合は、当該J2クラブはJ1に昇格できない。この場合において、J2における年間順位3位以下のJ2クラブがJ1に昇格することはない。
32020年シーズン終了時点において、J2リーグ戦がリーグ戦成立要件を満たさなかった場合、J2クラブのJ1への昇格は行わない。

順位推移表編集

1節-21節編集

チーム / 節 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
ギラヴァンツ北九州 15 20 15 7 8 14 8 5 4 3 3 2 2 2 2 2 2 1 1 1 1
徳島ヴォルティス 1 8 7 3 3 4 3 4 3 2 2 3 3 3 3 3 3 3 3 2 2
V・ファーレン長崎 6 1 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 2 3 3
アビスパ福岡 6 4 11 17 12 6 4 3 7 8 11 14 16 13 15 17 14 12 5 4 4
京都サンガF.C. 15 9 8 4 5 3 7 9 5 5 5 6 6 7 10 13 10 8 6 6 5
ヴァンフォーレ甲府 11 15 16 9 15 10 6 7 7 8 7 7 4 6 7 5 4 4 4 5 6
ジュビロ磐田 3 11 11 6 10 5 10 10 7 6 7 9 10 4 5 6 5 6 7 8 7
アルビレックス新潟 1 3 8 5 6 8 5 6 6 7 6 8 9 5 4 4 7 5 8 9 8
栃木SC 15 20 20 16 10 15 19 14 13 10 9 10 11 11 7 11 8 10 11 7 9
FC町田ゼルビア 11 15 16 9 9 17 11 7 10 13 15 17 17 14 11 9 6 9 10 10 10
東京ヴェルディ 21 19 19 20 16 12 14 13 12 16 12 11 5 8 6 7 9 7 9 11 11
水戸ホーリーホック 13 9 18 17 16 11 15 15 11 14 14 16 13 16 16 15 16 15 14 15 12
ツエーゲン金沢 15 17 8 15 19 15 8 11 14 11 13 12 12 14 11 8 11 11 12 13 13
ジェフユナイテッド千葉 6 11 3 8 4 7 12 12 15 11 10 5 8 10 14 14 15 16 15 12 14
大宮アルディージャ 4 1 1 1 2 2 2 2 2 4 4 4 7 9 13 10 12 13 13 14 15
ファジアーノ岡山 6 4 5 13 7 12 16 17 17 15 16 13 13 16 17 16 17 17 17 17 16
モンテディオ山形 20 14 13 13 16 20 18 19 19 20 17 15 15 12 9 12 13 14 16 16 17
FC琉球 15 17 21 21 22 22 21 21 21 17 18 18 18 18 18 18 20 18 19 18 18
レノファ山口FC 6 4 14 19 20 18 20 20 20 21 21 20 20 22 22 22 22 21 22 22 19
松本山雅FC 4 4 5 12 13 8 13 16 16 18 19 19 19 19 20 20 19 19 18 19 20
ザスパクサツ群馬 21 22 22 22 21 21 22 22 22 22 22 22 22 21 21 21 21 22 21 20 21
愛媛FC 13 11 3 9 13 19 17 18 18 19 20 21 21 20 19 19 18 20 20 21 22

22節-42節編集

チーム / 節 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42
徳島ヴォルティス 1 1 1 1 1 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
アビスパ福岡 4 3 2 2 2 1 1 1 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2
V・ファーレン長崎 3 4 4 4 4 4 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3
ヴァンフォーレ甲府 5 5 7 7 6 6 6 6 6 6 5 4 5 6 5 5 4 4 4 4 4
ギラヴァンツ北九州 2 2 3 3 3 3 4 4 4 4 6 6 4 4 4 4 5 5 5 5 5
ジュビロ磐田 10 12 13 14 12 11 10 8 7 8 10 9 9 11 9 7 9 7 8 6 6
モンテディオ山形 17 16 16 13 11 8 9 7 9 10 9 7 7 9 7 8 7 9 6 7 7
京都サンガF.C. 6 6 5 6 9 10 7 10 8 7 7 8 10 8 10 10 8 6 7 8 8
水戸ホーリーホック 11 13 12 10 10 12 13 12 13 14 12 14 12 10 11 12 12 10 10 11 9
栃木SC 7 8 10 11 13 13 11 9 10 9 8 10 11 12 12 11 11 11 11 9 10
アルビレックス新潟 9 7 6 5 5 5 5 5 5 5 4 5 6 5 6 6 6 8 9 10 11
東京ヴェルディ 8 9 8 8 7 7 8 11 11 11 13 11 8 7 8 9 10 12 12 12 12
松本山雅FC 19 21 20 19 19 21 20 19 19 19 19 19 19 17 17 16 17 16 14 13 13
ジェフユナイテッド千葉 12 14 14 17 17 17 16 17 17 16 17 16 15 16 14 14 14 13 13 15 14
大宮アルディージャ 14 10 11 12 15 16 17 16 16 15 15 17 16 15 13 13 13 17 14 16 15
FC琉球 18 18 18 18 20 18 19 18 18 18 18 18 18 19 19 17 18 18 17 14 16
ファジアーノ岡山 16 17 17 15 16 15 15 14 12 12 11 13 13 13 15 15 15 14 18 18 17
ツエーゲン金沢 15 11 9 9 8 9 12 13 14 12 14 12 14 14 16 18 15 14 16 17 18
FC町田ゼルビア 13 15 15 16 14 13 14 15 15 17 16 15 17 18 18 19 19 19 19 19 19
ザスパクサツ群馬 21 22 22 21 18 20 18 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20
愛媛FC 22 20 21 22 22 22 22 22 22 22 21 21 21 21 21 21 21 21 21 21 21
レノファ山口FC 20 19 19 20 21 19 21 21 21 21 22 22 22 22 22 22 22 22 22 22 22

最終更新: 2020年12月20日
出典: J. League data

首位、J1リーグ 2021に昇格
2位、J1リーグ 2021に昇格

戦績表編集

ホーム / アウェー[1] MON HOL TOC SPA ARD JEF VER ZEL VEN YAM ALB ZWE JÚB SAN FAG REN VOR EHI AVI GIR VVN RYU
モンテディオ山形

1–1

1–0

2–3

2–1

0–0

4–0

3–2

3–1

1–3

1–2

4–0

1–0

3–4

2–0

0–0

0–1

4–1

0–1

0–2

1–0

3–0

水戸ホーリーホック

1–1

1–2 3–1

1–2

0–3

0–2

4–0

2–2

2–2

1–3

3–2

2–1

2–1

0–0

4–2

1–0

0–0

0–1

2–2

2–3

0–2

栃木SC

0–1

1–3 2–2

1–0

1–0

1–1

2–0

0–0

1–1

0–0

0–1

1–2

1–0

2–1

2–0

0–1

0–0

0–1

2–2

0–1

4–1

ザスパクサツ群馬

1–4

1–3 0–1

1–2

1–0

0–3

1–0

0–1

1–0

0–3

0–5

2–2

0–2

2–0

2–1

2–3

1–0

0–1

1–2

1–2

0–1

大宮アルディージャ

1–1

2–1

0–0

2–0

0–0

1–0

0–0

1–2

1–0

3–1

1–0

2–2

1–0

1–1

3–1

1–2

3–3

0–1

1–4

0–0

0–3

ジェフユナイテッド千葉

1–5

1–5

0–1

1–2

0–1

1–2

0–0

1–0

3–0

1–3

2–0

1–2

0–0

2–1

1–2

1–2

1–1

2–2

2–1

0–1

1–0

東京ヴェルディ

0–0

0–1

0–0

1–3

3–1

1–1

1–1

4–2

3–0

1–1

2–2

0–0

2–0

0–1

2–1

1–2

0–1

1–1

1–0

0–2

0–1

FC町田ゼルビア

0–0

1–0

2–0

0–3

0–0

0–2

1–0

0–0

1–2

3–3

2–2

0–0

3–0

2–0

1–0

0–1

1–2

0–0

1–1

1–1

4–2

ヴァンフォーレ甲府

0–0

2–0

0–1

1–0

1–0

2–1

0–0

2–1

0–1 3–3

2–1

1–1

0–0

0–2

1–1

1–1

3–2

0–2

3–2

2–0

1–0

松本山雅FC

1–0

2–2

0–0

2–0

1–1

2–3

1–1

0–2

1–1

3–1

0–1

0–0

0–0

1–0

2–1

1–3

2–0

1–0

1–2

2–2

1–6

アルビレックス新潟 1–1

1–0

2–2

1–2

1–1

0–2

2–2

4–0

1–1

1–0

3–5

1–3

1–1

1–1

2–1

0–1

0–3

1–2

1–0

2–2

1–0

ツエーゲン金沢

1–1

2–4

1–1

1–0

0–1

0–2

0–0

1–1

2–1

0–0

1–2

0–1

2–0

0–0

4–2

3–4

4–3

1–2

1–4

1–1

2–1

ジュビロ磐田

2–0

0–0

2–3

3–1

2–0

1–2

2–2

3–2

1–1

2–1

1–1

6–0

1–2

1–1

2–1

0–2

1–1

2–1

2–0

1–0

3–0

京都サンガF.C.

3–0

2–2

3–2

0–1

2–4

2–0

1–2

1–0

1–1

2–2

1–2

1–1

2–0

2–1

0–1

2–0

2–1

2–0

1–0

2–1

1–0

ファジアーノ岡山

2–1

3–1

2–3

0–1

3–2

3–2

0–1

1–0

0–0

1–0

1–0

1–0

1–1

1–1

2–2 1–1 0–1

1–1

0–2

1–2

1–2

レノファ山口FC

0–2

1–4

0–1

1–1

1–0

1–2

2–1

0–2

0–2

2–2

1–0

1–3

3–0

1–0

1–2 0–3 0–3

0–1

4–1

1–2

4–1

徳島ヴォルティス

1–0

1–2

2–0

1–0

0–0

2–0

3–0

3–0

0–1

1–1

0–0

1–1

3–1

1–1

0–0 4–0 2–0

0–1

4–1

3–1

1–1

愛媛FC

0–1

2–1

0–1

0–1

2–1

0–2

1–4

1–2

0–2

1–2

0–0

0–0

1–2

0–1

0–1 0–0 4–3

0–2

0–1

1–4

1–1

アビスパ福岡

1–1

0–1

1–0

1–0

1–0

1–0

1–3

2–1

2–2

0–1

0–1

2–2

1–0

2–0

1–0

2–0

1–0

1–1

2–0 1–2 3–1
ギラヴァンツ北九州

2–0

0–3

1–0

0–0

1–2

3–2

2–1

2–1

0–3

0–1

2–1

2–1

2–0

0–0

1–1

2–0

2–0

3–1

0–1 1–1 4–0
V・ファーレン長崎

1–0

4–1

1–0

3–1

1–0

2–0

0–0

3–1

1–1

1–1

2–0

3–1

0–0

1–0

5–0

4–3

0–1

2–0

1–3 2–1 0–1
FC琉球

1–4

3–2

2–2

0–1

5–0

0–1

4–0

0–1

1–2

2–0

0–1

0–2

2–2

2–1

1–1

1–0

1–3

6–0

1–1 1–1 1–1

最終更新は2020年12月20日の試合終了時
出典: J. League data
1左縦列のチームがホーム側。
: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

表彰編集

得点ランキング編集

順位 選手 所属 得点
得点王   ピーター・ウタカ 京都サンガF.C. 22
2   ディサロ燦シルヴァーノ ギラヴァンツ北九州 18
3   垣田裕暉 徳島ヴォルティス 17
4   山口一真 水戸ホーリーホック 15
5   ヴィニシウス・アラウージョ モンテディオ山形 14
T6   中山仁斗 水戸ホーリーホック 13
  加藤陸次樹 ツエーゲン金沢
  阿部拓馬 FC琉球
T9   高井和馬 レノファ山口FC 11
  遠野大弥 アビスパ福岡

最終更新は2020年12月20日の試合終了時
出典: J. League Data

ハットトリック編集

J2
選手 所属 対戦相手 試合結果 日付 出典
西谷和希 徳島ヴォルティス 1節 東京ヴェルディ 3 - 0 (H) 2月23日 [54]
ピーター・ウタカ4 京都サンガF.C. 10節 モンテディオ山形 4 - 3 (A) 8月8日 [55]
鄭大世 アルビレックス新潟 24節 FC町田ゼルビア 4 - 0 (H) 10月4日 [56]
風間宏矢 FC琉球 40節 愛媛FC 6 - 0 (H) 12月13日 [57]
Note: 4 1試合4得点
(H) – ホーム (A) – アウェイ

月間MVP編集

J2
選手 所属 出典
2月・6月・7月 秋野央樹 V・ファーレン長崎 [58]
8月 ディサロ燦シルヴァーノ ギラヴァンツ北九州 [59]
9月 上島拓巳 アビスパ福岡 [60]
10月 ヴィニシウス・アラウージョ モンテディオ山形 [61]
11月 垣田裕暉 徳島ヴォルティス [62]
12月 遠野大弥 アビスパ福岡 [63]

月間ベストゴール編集

J2
選手 所属 対戦相手 (試合会場) 得点時間 出典
2月・6月・7月 本間至恩 アルビレックス新潟 7節 水戸 (デンカS) 71分 [64]
8月 大山啓輔 大宮アルディージャ 11節 磐田 (NACK) 43分 [65]
9月 小西雄大 徳島ヴォルティス 18節 栃木 (栃木グ) 51分 [66]
10月 鄭大世 アルビレックス新潟 24節 町田 (デンカS) 90+5分 [67]
11月 阿部拓馬 FC琉球 30節 大宮 (NACK) 19分 [68]
12月 大竹洋平 V・ファーレン長崎 40節 東京V (味スタ) 32分 [69]

月間優秀監督賞編集

J2
監督 クラブ 出典
2月・6月・7月 手倉森誠 V・ファーレン長崎 [70]
8月 小林伸二 ギラヴァンツ北九州 [71]
9月 長谷部茂利 アビスパ福岡 [72]
10月 石丸清隆 モンテディオ山形 [73]
11月 リカルド・ロドリゲス 徳島ヴォルティス [74]
12月 奥野僚右 ザスパクサツ群馬 [75]

観客動員編集

順位 チーム 合計 最多 最小 平均 推移
1 アルビレックス新潟 112,571 9,355 0 5,361 -0.3623031695614−63.7%
2 V・ファーレン長崎 89,582 9,436 0 4,266 -0.55137650252036−44.8%
3 松本山雅FC 83,488 7,560 0 3,976 -0.22829581993569−77.1%
4 アビスパ福岡 78,502 9,006 0 3,738 -0.53530001432049−46.4%
5 ジュビロ磐田 70,953 14,526 0 3,379 -0.22118216927407−77.8%
6 ギラヴァンツ北九州 70,400 13,574 0 3,352 -0.55414118036039−44.5%
7 京都サンガF.C. 66,416 8,589 0 3,163 -0.40292993630573−59.7%
8 徳島ヴォルティス 65,117 9,033 0 3,101 -0.54062064156206−45.9%
9 ファジアーノ岡山 64,516 12,434 0 3,072 -0.32528589580686−67.4%
10 モンテディオ山形 61,832 5,435 0 2,944 -0.35516950174931−64.4%
11 ジェフユナイテッド千葉 58,344 9,701 0 2,778 -0.28636223069787−71.3%
12 栃木SC 52,970 10,767 0 2,522 -0.48989898989899−51.0%
13 大宮アルディージャ 52,834 4,549 0 2,516 -0.26545684743617−73.4%
14 ヴァンフォーレ甲府 52,181 5,309 0 2,485 -0.30037471292155−69.9%
15 東京ヴェルディ 51,015 5,181 0 2,429 -0.45224353006889−54.7%
16 レノファ山口FC 44,231 8,424 0 2,106 -0.3740674955595−62.5%
17 水戸ホーリーホック 42,391 7,029 0 2,019 -0.33169048792509−66.8%
18 ツエーゲン金沢 39,188 6,928 0 1,866 -0.35822614705318−64.1%
19 ザスパクサツ群馬 32,773 11,038 0 1,561 -0.43433500278242−56.5%
20 愛媛FC 31,757 5,681 0 1,512 -0.4−60.0%
21 FC町田ゼルビア 27,358 6,421 0 1,303 -0.27617634590928−72.3%
22 FC琉球 23,409 3,246 0 1,115 -0.22511609125782−77.4%
リーグ合計 1,271,830 14,526 0 2,753 −61.6%

最終更新:2020年12月20日
出典: J. League Data
註記:
第2節・第3節の全試合、第11節・第13節・第15節の琉球のホームゲームはリモートマッチ(無観客試合)で開催。第4節以降(琉球のリモートマッチを除く)は入場制限ありで開催。
前シーズンはJ1。 前シーズンはJ3。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 「イーグル建創」の創立25周年ロゴ
  2. ^ 第20節より掲出[47]
  3. ^ 松本の育成サポート会員組織の名前[48]
  4. ^ a b スポンサーは1st・2ndともマックスバリュ西日本
  5. ^ スポンサーでは無いが、胸ロゴの位置に2019年に発生した火災により焼失した首里城のイラストと「REVIVE」の文字を掲出。ユニフォーム売上金の一部を首里城再建支援金として寄付する[49]

出典編集

  1. ^ “サッカー「Jリーグ」との「Jリーグタイトルパートナー契約」を更新 ~地域社会の活性化へのさらなる貢献に向け、Jリーグと「新しい価値」を共創~” (PDF) (プレスリリース), 明治安田生命保険, (2018年12月14日), https://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2018/pdf/20181214_01.pdf 2018年12月14日閲覧。 
  2. ^ “2020Jリーグ 大会方式等の変更点について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年12月16日), https://www.jleague.jp/release/post-62303/ 2019年12月16日閲覧。 
  3. ^ “JリーグU-21選手出場奨励ルールを導入” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年12月19日), https://www.jleague.jp/release/post-62477/ 2019年12月19日閲覧。 
  4. ^ “JリーグU-21選手出場奨励ルールの2020年適用見送りについて” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年5月14日), https://www.jleague.jp/news/article/17042 2020年7月5日閲覧。 
  5. ^ “2020シーズンの大会方式変更について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年3月19日), https://www.jleague.jp/release/post-63203/ 2020年3月19日閲覧。 
  6. ^ “2020明治安田生命J2リーグ 大会方式および試合方式について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年12月16日), https://www.jleague.jp/release/post-62323/ 2019年12月16日閲覧。 
  7. ^ 公益財団法人日本サッカー協会 2020年度事業計画書 (PDF) - 日本サッカー協会 臨時評議員会 配布資料(2019年12月22日) 2020年1月4日閲覧。
  8. ^ 新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解”. 厚生労働省 (2020年2月24日). 2020年2月25日閲覧。
  9. ^ “2020Jリーグ 明治安田生命J1リーグ 第2節~第4節 明治安田生命J2リーグ 第2節~第4節 明治安田生命J3リーグ 第1節~第2節 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第2節~第3節 開催延期のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年2月25日), https://www.jleague.jp/release/post-63079/ 2020年2月25日閲覧。 
  10. ^ “2020Jリーグ 明治安田生命J1リーグ 第5節~第6節 明治安田生命J2リーグ 第5節~第7節 明治安田生命J3リーグ 第3節~第4節 開催延期のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年3月12日), https://www.jleague.jp/release/post-63165/ 2020年3月19日閲覧。 
  11. ^ “2020Jリーグ 明治安田生命J1リーグ 第7節~第12節 明治安田生命J2リーグ 第8節~第12節 明治安田生命J3リーグ 第5節~第6節 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第4節~第6節 開催延期のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年3月25日), https://www.jleague.jp/release/post-63207/ 2020年3月25日閲覧。 
  12. ^ 第2回臨時実行委員会後メディアブリーフィング発言録”. J.LEAGUE.jp (2020年3月26日). 2020年3月26日閲覧。
  13. ^ 再開の日程は白紙に。第5回新型コロナウイルス対策連絡会議会見レポート”. J.LEAGUE.jp (2020年4月3日). 2020年4月8日閲覧。
  14. ^ “2020Jリーグ 明治安田生命J1リーグ 第13節~第15節 明治安田生命J2リーグ 第13節~第17節 明治安田生命J3リーグ 第7節~第10節 JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ第1戦 開催延期のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年4月8日), https://www.jleague.jp/release/post-63266/ 2020年4月8日閲覧。 
  15. ^ “2020Jリーグ 明治安田生命J1リーグ 第16節 明治安田生命J2リーグ 第18節~第19節 明治安田生命J3リーグ 第11節~第12節 開催延期のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年4月30日), https://www.jleague.jp/release/post-63381/ 2020年5月2日閲覧。 
  16. ^ “2020明治安田生命J1リーグ・J2リーグの再開およびJ3リーグの開幕日について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年5月29日), https://www.jleague.jp/release/post-63469/ 2020年5月30日閲覧。 
  17. ^ “明治安田生命J1リーグ日程)” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年6月15日), https://www.jleague.jp/img/pdf/20200615_j1.pdf 2020年6月16日閲覧。 
  18. ^ “2020Jリーグ 日程発表!【Jリーグ】” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年6月15日), https://www.jleague.jp/news/article/17201/ 2020年6月16日閲覧。 
  19. ^ “2020 Jリーグ クラブ編成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年12月16日), https://www.jleague.jp/release/post-62328/ 2019年12月16日閲覧。 
  20. ^ a b “2020明治安田生命Jリーグ ホーム開幕カード決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年1月10日), https://www.jleague.jp/release/post-62736/ 2020年1月10日閲覧。 
  21. ^ “石丸 清隆 氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), モンテディオ山形, (2019年12月14日), https://www.montedioyamagata.jp/news/y-2019/n-00010279/ 2019年12月14日閲覧。 
  22. ^ “秋葉 忠宏氏 2020シーズン監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 水戸ホーリーホック, (2019年12月2日), http://www.mito-hollyhock.net/news/16733/ 2019年12月14日閲覧。 
  23. ^ “田坂和昭監督 2020シーズン続投のお知らせ” (プレスリリース), 栃木SC, (2019年12月10日), http://www.tochigisc.jp/info/11235 2019年12月14日閲覧。 
  24. ^ “【トップチーム】2020シーズン 奥野 僚右氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), ザスパクサツ群馬, (2019年12月17日), https://www.thespa.co.jp/thespa/club_newsinfo/news/newsdesc.cgi?newsid=2019121702 2019年12月17日閲覧。 
  25. ^ “高木琢也 監督 契約更新のお知らせ” (プレスリリース), 大宮アルディージャ, (2019年12月6日), https://www.ardija.co.jp/news/detail/16144.html 2019年12月14日閲覧。 
  26. ^ “尹 晶煥(ユン ジョンファン)監督の就任内定について” (プレスリリース), ジェフユナイテッド千葉, (2019年11月24日), https://jefunited.co.jp/news/2019/11/top/157459074013041.html 2019年12月14日閲覧。 
  27. ^ “永井秀樹監督 契約更新のお知らせ” (プレスリリース), 東京ヴェルディ, (2019年11月22日), https://www.verdy.co.jp/news/8647 2019年12月14日閲覧。 
  28. ^ “ランコ ポポヴィッチ氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), FC町田ゼルビア, (2019年12月9日), http://www.zelvia.co.jp/news/news-148328/ 2019年12月14日閲覧。 
  29. ^ “伊藤 彰 監督 2020シーズン続投のお知らせ” (プレスリリース), ヴァンフォーレ甲府, (2019年12月3日), http://www.ventforet.jp/news/press_release/518733 2019年12月14日閲覧。 
  30. ^ “布 啓一郎 氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 松本山雅FC, (2019年12月12日), https://www.yamaga-fc.com/archives/191122 2019年12月14日閲覧。 
  31. ^ “2020シーズン監督に アルベルト プッチ オルトネダ 氏 就任のお知らせ” (プレスリリース), アルビレックス新潟, (2019年11月17日), https://www.albirex.co.jp/news/58475/ 2019年12月14日閲覧。 
  32. ^ “柳下正明監督 来季続投決定のお知らせ” (プレスリリース), ツエーゲン金沢, (2019年11月7日), http://www.zweigen-kanazawa.jp/news/p3665.html 2019年12月14日閲覧。 
  33. ^ “フェルナンド・フベロ監督 続投のお知らせ” (プレスリリース), ジュビロ磐田, (2019年12月3日), https://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=7015&year=2019&month=12 2019年12月14日閲覧。 
  34. ^ “實好礼忠コーチ 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2019年11月29日), http://www.sanga-fc.jp/news/p/14737/ 2019年12月14日閲覧。 
  35. ^ “有馬賢二監督 契約更新のお知らせ” (プレスリリース), ファジアーノ岡山, (2019年11月25日), http://www.fagiano-okayama.com/news/p1473055401.html 2019年12月14日閲覧。 
  36. ^ “霜田正浩監督 続投のお知らせ” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2019年11月25日), http://www.renofa.com/archives/52988/ 2019年12月14日閲覧。 
  37. ^ “リカルド ロドリゲス監督 2020シーズン続投のお知らせ” (プレスリリース), 徳島ヴォルティス, (2019年12月15日), https://www.vortis.jp/information/news/detail.php?id=1853 2019年12月15日閲覧。 
  38. ^ “愛媛FC 川井 健太 監督 2020シーズン続投 のお知らせ” (プレスリリース), 愛媛FC, (2019年11月14日), http://www.ehimefc.com/topics/topic7418.html 2019年12月14日閲覧。 
  39. ^ “長谷部 茂利氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2019年11月26日), https://www.avispa.co.jp/news/post-27808 2019年12月14日閲覧。 
  40. ^ “小林 伸二 監督兼スポーツダイレクター 続投のお知らせ” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2019年12月14日), https://www.giravanz.jp/news/p34300.html 2019年12月14日閲覧。 
  41. ^ “手倉森 誠監督 契約更新のお知らせ” (プレスリリース), V・ファーレン長崎, (2019年12月25日), https://www.v-varen.com/news/107490.html 2019年12月28日閲覧。 
  42. ^ “樋口靖洋 監督 契約更新のお知らせ” (プレスリリース), FC琉球, (2019年11月26日), http://fcryukyu.com/news/22044/ 2019年12月14日閲覧。 
  43. ^ “監督・コーチ解任のお知らせ” (プレスリリース), 松本山雅FC, (2020年9月25日), https://www.yamaga-fc.com/archives/219755 2020年9月25日閲覧。 
  44. ^ “柴田 峡 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 松本山雅FC, (2020年9月25日), https://www.yamaga-fc.com/archives/219760 2020年9月25日閲覧。 
  45. ^ “フェルナンド・フベロ監督 退任のお知らせ” (プレスリリース), ジュビロ磐田, (2020年10月2日), https://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=7472 2020年10月2日閲覧。 
  46. ^ “鈴木 政一監督 就任のお知らせ” (プレスリリース), ジュビロ磐田, (2020年10月2日), https://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=7473 2020年10月2日閲覧。 
  47. ^ “株式会社山梨日日新聞社とユニフォームスポンサー(パンツ背面)契約締結のお知らせ” (プレスリリース), ヴァンフォーレ甲府, (2020年9月11日), https://www.ventforet.jp/news/press_release/519794 2020年11月3日閲覧。 
  48. ^ “トップチーム公式戦ユニフォームに「RAZUSO」ロゴを掲出” (プレスリリース), 松本山雅FC, (2019年9月12日), https://www.yamaga-fc.com/archives/183953 2019年10月22日閲覧。 
  49. ^ “2020シーズン FC琉球ユニフォームデザイン発表及び先行販売のお知らせ” (プレスリリース), FC琉球, (2020年1月16日), http://fcryukyu.com/news/22582/ 2020年1月17日閲覧。 
  50. ^ a b c 大住良之 (2020年12月10日). “いまJ2が熱い J1昇格2枠、3チームで争う”. 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/article/DGXZQODH082D60Y0A201C2000000 2020年12月15日閲覧。 
  51. ^ “徳島ヴォルティスのJ1昇格が決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年12月16日), https://www.jleague.jp/release/post-65537/ 2020年12月16日閲覧。 
  52. ^ “アビスパ福岡のJ1昇格が決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年12月16日), https://www.jleague.jp/release/post-65541/ 2020年12月16日閲覧。 
  53. ^ “徳島ヴォルティス優勝における村井 満チェアマンコメント” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年12月20日), https://www.jleague.jp/release/post-65598/ 2020年12月20日閲覧。 
  54. ^ “2020明治安田生命J2リーグ 第1節 西谷 和希 選手(徳島)ハットトリック達成” (プレスリリース), J.LEAGUE.jp, (2020年2月23日), https://www.jleague.jp/release/post-63049/ 2020年2月23日閲覧。 
  55. ^ “2020明治安田生命J2リーグ 第10節 ピーター ウタカ 選手(京都)ハットトリック達成” (プレスリリース), J.LEAGUE.jp, (2020年8月8日), https://www.jleague.jp/release/post-64093/ 2020年8月9日閲覧。 
  56. ^ “2020明治安田生命J2リーグ 第24節 鄭 大世 選手(新潟)ハットトリック達成” (プレスリリース), J.LEAGUE.jp, (2020年10月4日), https://www.jleague.jp/release/post-64651/ 2020年10月5日閲覧。 
  57. ^ “2020明治安田生命J2リーグ 第40節 風間 宏矢 選手(琉球)ハットトリック達成” (プレスリリース), J.LEAGUE.jp, (2020年12月13日), https://www.jleague.jp/release/post-65422/ 2020年12月13日閲覧。 
  58. ^ J2受賞者 V・ファーレン長崎 MF17秋野 央樹:明治安田生命Jリーグ 月間MVP”. J.LEAGUE.jp (2020年8月7日). 2020年8月7日閲覧。
  59. ^ J2受賞者 ギラヴァンツ北九州 FW9ディサロ 燦シルヴァーノ:明治安田生命Jリーグ 月間MVP”. J.LEAGUE.jp (2020年9月11日). 2020年9月11日閲覧。
  60. ^ J2受賞者 アビスパ福岡 DF50上島 拓巳:明治安田生命Jリーグ 月間MVP”. J.LEAGUE.jp (2020年10月9日). 2020年10月9日閲覧。
  61. ^ J2受賞者 モンテディオ山形 FW9ヴィニシウス アラウージョ:明治安田生命Jリーグ 月間MVP”. J.LEAGUE.jp (2020年11月13日). 2020年11月15日閲覧。
  62. ^ J2受賞者 徳島ヴォルティス FW19垣田 裕暉:明治安田生命Jリーグ 月間MVP”. J.LEAGUE.jp (2020年12月11日). 2020年12月11日閲覧。
  63. ^ J2受賞者 アビスパ福岡 FW26遠野 大弥:明治安田生命Jリーグ 月間MVP”. J.LEAGUE.jp (2020年12月21日). 2020年12月22日閲覧。
  64. ^ J2受賞者 アルビレックス新潟 MF10本間 至恩:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール”. J.LEAGUE.jp (2020年8月7日). 2020年8月7日閲覧。
  65. ^ J2受賞者 大宮アルディージャ MF15大山 啓輔:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール”. J.LEAGUE.jp (2020年9月11日). 2020年9月11日閲覧。
  66. ^ J2受賞者 徳島ヴォルティス MF7小西 雄大:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール”. J.LEAGUE.jp (2020年10月9日). 2020年10月9日閲覧。
  67. ^ J2受賞者 アルビレックス新潟 FW49鄭 大世:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール”. J.LEAGUE.jp (2020年11月13日). 2020年11月15日閲覧。
  68. ^ J2受賞者 FC琉球 FW16阿部 拓馬:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール”. J.LEAGUE.jp (2020年12月11日). 2020年12月11日閲覧。
  69. ^ J2受賞者 V・ファーレン長崎 MF20大竹 洋平:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール”. J.LEAGUE.jp (2020年12月21日). 2020年12月22日閲覧。
  70. ^ J2受賞者 V・ファーレン長崎 手倉森 誠:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞”. J.LEAGUE.jp (2020年8月7日). 2020年8月7日閲覧。
  71. ^ J2受賞者 ギラヴァンツ北九州 小林 伸二:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞”. J.LEAGUE.jp (2020年9月11日). 2020年9月11日閲覧。
  72. ^ J2受賞者 アビスパ福岡 長谷部 茂利:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞”. J.LEAGUE.jp (2020年10月9日). 2020年10月9日閲覧。
  73. ^ J2受賞者 モンテディオ山形 石丸 清隆:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞”. J.LEAGUE.jp (2020年11月13日). 2020年11月15日閲覧。
  74. ^ J2受賞者 徳島ヴォルティス リカルド ロドリゲス:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞”. J.LEAGUE.jp (2020年12月11日). 2020年12月11日閲覧。
  75. ^ J2受賞者 ザスパクサツ群馬 奥野 僚右:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞”. J.LEAGUE.jp (2020年12月21日). 2020年12月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集