2020年アブダビグランプリ

2020年アブダビグランプリ (英語: 2020 Abu Dhabi Grand Prix) は、2020年のF1世界選手権第17戦(最終戦)として、2020年12月13日ヤス・マリーナ・サーキットで開催された。

アラブ首長国連邦の旗 2020年アブダビグランプリ
レース詳細
Circuit Yas-Island.svg
日程 2020年シーズン第17戦
決勝開催日 12月13日
開催地 ヤス・マリーナ・サーキット
アラブ首長国連邦の旗 UAE アブダビ ヤス島
コース 恒久的レース施設
コース長 5.554km
レース距離 55周 (305.355km)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:35.246
ファステストラップ
ドライバー オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド
タイム 1:40.926 (55周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

正式名称は「Formula 1 Etihad Airways Abu Dhabi Grand Prix 2020[1]

背景編集

新型コロナウイルス感染症の世界的流行による影響
本レースは本来11月29日に開催される予定であったが[2]、同感染症の拡大によって多数のレースが開催中止や延期に追い込まれたことから、日程は白紙状態となった[3]8月25日にシーズン終盤戦の日程が発表され、当初の予定から2週間後に変更された[4]
タイヤ
本レースでピレリが持ち込むドライ用タイヤのコンパウンドはハード(白):C3、ミディアム(黄):C4、ソフト(赤):C5の柔らかめな組み合わせ[5]。これとは別に、翌年向けのC4コンパウンドタイヤが1台あたり1セット用意され、フリー走行2回目(FP2)で各車とも計測ラップを最低8周走らせる必要がある[6]
その他
来季からチーム名をアルピーヌに改称するルノーは、翌年からの加入が決まっているフェルナンド・アロンソが自身初のチャンピオンを獲得した2005年R25でデモランを行う[7]

エントリー編集

フリー走行編集

前戦サヒールGPを制したセルジオ・ペレスレーシング・ポイント)はパワーユニット(PU)の寿命が限界に近づいたため、FP1開始前に新しいエンジン(ICE)、ターボチャージャー(TC)、MGU-Hを交換した。この3つのコンポーネントはいずれも4基目で年間使用基数の上限を超え、ケビン・マグヌッセンハース)も上限を超える3基目のエナジーストア(ES)とコントロールエレクトロニクス(CE)に交換し、両者とも降格グリッド数が15を超えたため最後尾グリッドに下げられる[注 1][13]

FP1は気温25、路面温度39度、ドライコンディションで始まり、悪天候によりアイフェルGPで走行できなかったミック・シューマッハも無事走行することができた。トップタイムはマックス・フェルスタッペンの1分37秒378[14]ダニエル・リカルドは燃料ポンプのトラブルによりタイムを記録できなかった[15]

FP2は気温24度、路面温度31度、ドライコンディションで始まり、バルテリ・ボッタスが1分36秒276でトップタイム、ルイス・ハミルトンが2番手でメルセデスが1-2。ジョージ・ラッセルがMGU-Kの問題でマシン後方から白煙を上げ、直後にキミ・ライコネンのマシン後方から炎上して赤旗中断となった。このセッションは翌年用のタイヤテストも行われ、加えて赤旗が出されたことやトラックリミットによるタイム抹消もあり、メルセデス勢や3番手のフェルスタッペンはロングラン走行を満足に行えなかった[15][16]

一夜明けて土曜日のFP3は気温24度、路面温度37度、ドライコンディションで始まり、フェルスタッペンが1分36秒251でトップタイム、アレクサンダー・アルボンが0.5秒差で2番手とレッドブルが1-2[17]

予選編集

2020年12月12日 17:00 GST(UTC+4)

  • 気温23、路面温度29度、ドライコンディション[18]

マックス・フェルスタッペンレッドブル)がメルセデス勢を僅差で逆転し、今季初のポールポジションを獲得した。通算3回目のポールポジションを獲得したフェルスタッペンはメルセデスPUの全戦ポールポジション[注 2]を阻んだのみならず、アブダビGPにおいて2014年のPU導入以降初めてメルセデス以外のPUによるポールポジション[19]、PUを供給するホンダにとっての通算80回目のポールポジションをもたらした[20]。なお、ホンダPU勢はレッドブルのアレクサンダー・アルボンが4番手、アルファタウリダニール・クビアトが7番手、同じくピエール・ガスリーが10番手(シャルル・ルクレールのペナルティにより9番手スタート)で4台ともトップ10に入った[21]。コンストラクターランキング3位を争うレーシング・ポイントセルジオ・ペレスがPU交換によるペナルティもありQ2で敗退、ランス・ストロールが8番手、マクラーレンランド・ノリスが4番手、カルロス・サインツJr.が6番手、ルノー勢は2台ともQ2で敗退した。

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 1:35.993 1:35.641 1:35.246 1
2 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 1:35.699 1:35.527 1:35.271 2
3 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:35.528 1:35.466 1:35.332 3
4 4   ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 1:36.016 1:35.849 1:35.497 4
5 23   アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 1:36.106 1:35.654 1:35.571 5
6 55   カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 1:36.517 1:36.192 1:35.815 6
7 26   ダニール・クビアト アルファタウリ-ホンダ 1:36.459 1:36.214 1:35.963 7
8 18   ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:36.502 1:36.143 1:36.046 8
9 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 1:36.545 1:36.282 1:36.242 9
10 31   エステバン・オコン ルノー 1:36.783 1:36.359 10
11 3   ダニエル・リカルド ルノー 1:36.704 1:36.406 11
12 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 1:35.881 1:35.932 1:36.065 12 1
13 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:36.655 1:36.631 13
14 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 1:37.075 1:38.248 14
15 7   キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 1:37.555 15
16 63   ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 1:38.045 16
17 51   ピエトロ・フィッティパルディ ハース-フェラーリ 1:38.173 17
18 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 1:38.443 18
19 11   セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:36.034 No Time 19 2
20 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:37.863 20 3
107% time: 1:42.214
ソース:[22][23]

追記
  • ^1 - ルクレールは前戦サヒールGPの決勝でペレスとの接触によりフェルスタッペンとともにクラッシュした件の責任を問われ、3グリッド降格[24][25]
  • ^2 - ペレスはFP1の開始前に年間使用基数を超えるPUコンポーネント(4基目のエンジン(ICE)/ターボチャージャー(TC)/MGU-H)に交換し、降格グリッド数が15を超えたため後方グリッドに降格[26][13]
  • ^3 - マグヌッセンはFP1の開始前に年間使用基数を超えるPUコンポーネント(3基目のエナジーストア(ES)/コントロールエレクトロニクス(CE))に交換し、降格グリッド数が15を超えたため後方グリッドに降格[27][13]

決勝編集

2020年12月13日 17:10 GST(UTC+4)

8週目にペレスがマシントラブルでストップ、そしてセーフティカーが入り多くのマシンがピットストップをする、ここでフェラーリの2台とリカルドはステイアウト、それ以外は特に混乱もなく、フェルスタッペンがメルセデス2台に大差をつけて一度もトップを譲らずにポールトゥーウィン、マクラーレンは5位と6位に入りレーシングポイントを逆転しコンストラクターズ3位を獲得、レーシングポイントはペレスのリタイアが大きく影響した。 メルセデスは今週末はMGU-Kの信頼性に不安ができ僅かに出力を落としていた ホンダ勢は3台入賞で今シーズンを締め括った

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 55 1:36:28.645 1 25
2 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 55 +15.976 2 18
3 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 55 +18.415 3 15
4 23   アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 55 +19.987 5 12
5 4   ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 55 +1:00.729 4 10
6 55   カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 55 +1:05.662 6 8
7 3   ダニエル・リカルド ルノー 55 +1:13.748 11 7 FL
8 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 55 +1:29.718 9 4
9 31   エステバン・オコン ルノー 55 +1:41.069 10 2
10 18   ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 55 +1:42.738 8 1
11 26   ダニール・クビアト アルファタウリ-ホンダ 54 +1 Lap 7
12 7   キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 54 +1 Lap 15
13 16   シャルル・ルクレール 1 フェラーリ 54 +1 Lap 12
14 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 54 +1 Lap 13
15 63   ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 54 +1 Lap 16
16 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 54 +1 Lap 14
17 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 54 +1 Lap 18
18 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 54 +1 Lap 20
19 51   ピエトロ・フィッティパルディ ハース-フェラーリ 53 +2 Laps 17
Ret 11   セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 8 トランスミッション[28] 19
ソース:[29]

追記
  • ^FL - ファステストラップの1点を含む

優勝者マックス・フェルスタッペンの平均速度[30]
189.902 km/h (118.000 mph)
ファステストラップ[31]
ラップリーダー[32]
太字は最多ラップリーダー

ランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ この年のPUコンポーネントの年間使用基数はICE/TC/MGU-H/MGU-Kが3基、ES/CEが2基。規定数を上回る最初のコンポーネント投入時は10グリッド、それ以降は追加で5グリッドの降格ペナルティが科され、降格グリッド数が15を超えた場合は最後尾グリッドに降格する。このペナルティによる最後尾グリッド降格者が複数人いた場合、予選順位でグリッドを決める。F1レギュレーション「パワーユニット & ERS編」”. Formula1-Data (2020年7月9日). 2020年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月11日閲覧。
  2. ^ トルコGPランス・ストロール(レーシング・ポイント-BWTメルセデス)を含む。

出典編集

  1. ^ Abu Dhabi Grand Prix 2020 - F1 Race”. The Official F1 Website. 2020年12月9日閲覧。
  2. ^ 2020年F1カレンダーが承認、日本GPは10月11日に開催。史上最多22戦の過密スケジュールでテストが大幅縮小へ”. autosport web (2019年10月5日). 2020年12月9日閲覧。
  3. ^ F1が公式サイトから2020年カレンダーを取り下げ「調整がつき次第、修正版を発表」夏開幕を目指すと改めて表明”. autosport web (2020年4月17日). 2020年12月9日閲覧。
  4. ^ 2020年シーズンのF1スケジュールが確定。トルコGPが復活、今季は全17戦の開催に”. autosport web (2020年8月25日). 2020年12月9日閲覧。
  5. ^ ピレリ、2020年F1後半7戦のコンパウンドを発表…イモラ・アルガルベ・イスタンブールは変則セット供給”. Formula1-Data (2020年9月10日). 2020年12月9日閲覧。
  6. ^ バーレーンとアブダビのフリー走行で、全車が2021年F1新タイヤのテスト”. autosport web (2020年11月27日). 2020年12月9日閲覧。
  7. ^ “ルノーF1チーム”最後のグランプリで、アロンソがチャンピオンマシンR25のデモラン”. autosport web (2020年12月11日). 2020年12月11日閲覧。
  8. ^ ロマン・グロージャン、苦楽を共にしたハース同僚達に別れ…ケビン・マグヌッセンとヘルメット交換”. Formula1-Data (2020年12月8日). 2020年12月9日閲覧。
  9. ^ ハミルトン、コロナ陰性に。最終戦アブダビGPへの出場が認められる”. motorsport.com (2020年12月11日). 2020年12月11日閲覧。
  10. ^ a b ミック・シューマッハーがF1フリープラクティス初走行へ「すべての経験を2021年のデビューに役立てたい」”. autosport web (2020年12月10日). 2020年12月11日閲覧。
  11. ^ アルファロメオF1のクビサがアブダビFP1で走行。若手ドライバーテストにも参加へ”. autosport web (2020年12月11日). 2020年12月11日閲覧。
  12. ^ Entry List”. FIA (2020年12月10日). 2020年12月12日閲覧。
  13. ^ a b c ペレス、PU交換でグリッド降格ペナルティ。前戦同様最後方からの追い上げなるか?”. motorsport.com (2020年12月11日). 2020年12月11日閲覧。
  14. ^ F1アブダビFP1:フェルスタッペン首位。ミック・シューマッハーが“F1デビュー”果たす”. motorsport.com (2020年12月11日). 2020年12月12日閲覧。
  15. ^ a b F1アブダビFP2:ボッタス首位、フェルスタッペン3番手もトップ3はアタック消化不良? 終盤にトラブル続発”. motorsport.com (2020年12月12日). 2020年12月12日閲覧。
  16. ^ レッドブル・ホンダ分析:トラックリミットでベストタイム抹消も“貯金”を持って予選へ。感触の良いソフトで戦えるか”. autosport web (2020年12月12日). 2020年12月12日閲覧。
  17. ^ F1アブダビFP3:レッドブルがワンツー。フェルスタッペンは2番手以下に0.5秒差つける”. motorsport.com (2020年12月12日). 2020年12月12日閲覧。
  18. ^ この節で特記のない出典は、F1アブダビ予選:フェルスタッペン、今季最初で最後のポール獲得! 僅差でボッタス抑える”. motorsport.com (2020年12月13日). 2020年12月13日閲覧。
  19. ^ フェルスタッペン、今季初 通算3度目の雪辱のポール…メルセデス抑え込みに自信「十分なトップスピードがある」”. Formula1-Data (2020年12月13日). 2020年12月13日閲覧。
  20. ^ Honda - Pole positions”. STATS F1. 2020年12月13日閲覧。
  21. ^ フェルスタッペン逆転ポール。ホンダがメルセデスPUの予選全戦制覇を阻む「最後に一矢報いた」と田辺TD【F1第17戦】”. autosport web (2020年12月13日). 2020年12月13日閲覧。
  22. ^ FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX 2020 - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2020年12月12日). 2020年12月13日閲覧。
  23. ^ FORMULA 1 ROLEX SAKHIR GRAND PRIX 2020 - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2020年12月12日). 2020年12月13日閲覧。
  24. ^ Doc 37 - 2020 Sakhir Grand Prix - Offence - Car 16 - causing a collision”. FIA (2020年12月6日). 2020年12月12日閲覧。
  25. ^ ルクレール、1周目のクラッシュでペナルティ。最終戦アブダビGPで3グリッド降格”. motorsport.com (2020年12月7日). 2020年12月12日閲覧。
  26. ^ DOC 9 - 2020 Abu Dhabi Grand Prix - Offence - Car 11 - PU elements”. FIA (2020年12月11日). 2020年12月12日閲覧。
  27. ^ DOC 8 - 2020 Abu Dhabi Grand Prix - Offence - Car 20 - PU elements”. FIA (2020年12月11日). 2020年12月12日閲覧。
  28. ^ F1 2020 アブダビGP - レース”. motorsport.com (2020年12月14日). 2020年12月14日閲覧。
  29. ^ FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX 2020 - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2020年12月13日). 2020年12月14日閲覧。
  30. ^ Abu Dhabi 2020 - Result”. STATS F1 (2020年12月13日). 2020年12月14日閲覧。
  31. ^ FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX 2020 - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2020年12月13日). 2020年12月14日閲覧。
  32. ^ Abu Dhabi 2020 - Laps led”. STATS F1 (2020年12月13日). 2020年12月14日閲覧。
  33. ^ 2020 Formula One Abu Dhabi Grand Prix - Driver Standings”. Motorsport Stats (2020年12月13日). 2020年12月14日閲覧。
  34. ^ 2020 Formula One Abu Dhabi Grand Prix - Team Standings”. Motorsport Stats (2020年12月13日). 2020年12月14日閲覧。
前戦
2020年サヒールグランプリ
FIA F1世界選手権
2020年シーズン
前回開催
2019年アブダビグランプリ
  アブダビグランプリ 次回開催
2021年アブダビグランプリ