2020年トルコグランプリ

2020年トルコグランプリ英語: 2020 Turkish Grand Prix)は、2020年のF1世界選手権第14戦として、2020年11月15日イスタンブール・パークで開催された。

トルコの旗 2020年トルコグランプリ
レース詳細
Istanbul park.svg
日程 2020年シーズン第14戦
決勝開催日 11月15日
開催地 イスタンブール・パーク
トルコの旗 トルコ イスタンブール
コース長 5.338km
レース距離 58周 (309.396km)
決勝日天候 曇(ウエット)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:47.765
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ランド・ノリス
タイム 1:36.806 (58周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

正式名称は「Formula 1 DHL Turkish Grand Prix 2020[1]

背景編集

開催に至る経緯
トルコGP2005年からイスタンブール・パークで開催されたが、2011年を最後にF1カレンダーから外された。以後、トルコではF1が開催されない状況が続いていたが[2]新型コロナウイルス感染症の世界的流行により多くのレースが開催中止または延期に追い込まれたことから、その代替として8月25日に9年ぶりとなるトルコGPの開催が発表された[3]。当初、主催者は10万人の入場を想定してチケットを販売していたが[4]、開催日が近づくに連れてヨーロッパで同感染症が再び拡大してきたことから、一転して無観客で開催されることになった[5]
タイヤ
本レースでピレリが持ち込むドライ用タイヤのコンパウンドはハード(白):C1、ミディアム(黄):C2、ソフト(赤):C3の硬めな組み合わせ[6]
ルイス・ハミルトンドライバーズチャンピオン獲得条件
ランキング首位のハミルトンは前戦エミリア・ロマーニャGP終了時点で282点を獲得しており、ランキング2位でチームメイトのバルテリ・ボッタス(197点)に85点差を付けている。したがって、ボッタスが本レースでハミルトンとの差を78点未満まで縮められなかった場合[注 1]、3戦を残してハミルトンの4年連続7回目のドライバーズチャンピオンが決定する[7]
  • ただし、ハミルトンが優勝でフィニッシュした場合、ボッタスの順位に関係なく無条件でチャンピオン決定
  • また、ボッタスが7位以下でフィニッシュした場合、ハミルトンは無得点でもチャンピオンが決定する
  • ハミルトンが2位以下で、ボッタスが6位以上の場合は以下の通り(カッコ内はドライバーズポイント)。
ボッタスの順位 FL獲得 ハミルトンの順位
優勝 有(223) (チャンピオン決定は次戦バーレーンGP以降に持ち越し)
無(222) 2位(300)
2位 有(216) 4位以上(294)
無(215) 4位以上(294)または5位+ファステストラップ(293)
3位 有(213) 5位以上(292)
無(212) 6位以上(290)
4位 有(210) 7位以上(288)
無(209) 7位以上(288)または8位+ファステストラップ(287)
5位 有(208) 8位以上(286)
無(207) 8位以上(286)または9位+ファステストラップ(285)
6位 有(206) 9位以上(284)
無(205) 10位以上(283)
その他
  • レッドブル2005年の初参戦以来、300戦目の出走を迎える[8]
  • ウィリアムズのチーム代表を暫定的に務めているサイモン・ロバーツが新型コロナウイルス感染症の検査で陽性と判定された。これによりロバーツはトルコへの渡航が不可能になったため、現場の指揮はチームマネージャーのデイブ・レディングと車両デザインのチーフエンジニアであるアダム・カーターが執り行う[9]

エントリー編集

前戦エミリア・ロマーニャGPから変更なし。レッドブル及びアルファタウリは本レースのリザーブドライバーとして、レッドブル・ジュニアチームに所属するユーリ・ビップスを起用した。本来のリザーブドライバーであるセバスチャン・ブエミFIA 世界耐久選手権に出場し、セルジオ・セッテ・カマラスーパーフォーミュラに参戦中であり、急遽松下信治に交代したが調整がつかなかった[10]

フリー走行編集

FP1開始を前に、ジョージ・ラッセルウィリアムズ)のパワーユニット(PU)を交換。交換されたエレメントはエンジン(ICU)、ターボチャージャー(TC)、MGU-H、MGU-Kで、MGU-K(3基目)を除く3つのエレメントが年間最大基数[注 2]を上回る4基目に達したためグリッド降格ペナルティの対象となり、グリッド降格数が15を超えたことから最後尾グリッドに降格する[注 3]。なお、同じメルセデスPUを使用するセルジオ・ペレスレーシング・ポイント)もFP1開始前にMGU-Kを交換したが、3基目であるためペナルティの対象にはならない[13]

予選編集

2020年11月14日 15:00 TRT(UTC+3)

  • 気温11度、路面温度13度、ウェットコンディション(文章の出典先[14])。

雨の中行われた予選は、ランス・ストロールレーシング・ポイント)が自身初のポールポジション(PP)を獲得し、メルセデスチームの連続PPを阻止した。一方でこの年圧倒的な差を見せていたメルセデス[15]だが、ルイス・ハミルトンが6番手、バルテリ・ボッタスが9番手とまさかの位置に沈んだ[14]。Q2まで好調を保っていたレッドブルマックス・フェルスタッペンもストロールのタイムを上回ることはできず今季初ポールポジションをあと少しのところで逃した[16]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 18   ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 2:07.467 1:53.372 1:47.765 1
2 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 1:57.485 1:50.293 1:48.055 2
3 11   セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 2:07.614 1:54.097 1:49.321 3
4 23   アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 1:59.431 1:52.282 1:50.448 4
5 3   ダニエル・リカルド ルノー 2:05.598 1:54.278 1:51.595 5
6 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 2:07.599 1:52.709 1:52.560 6
7 31   エステバン・オコン ルノー 2:06.115 1:53.657 1:52.622 7
8 7   キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 2:01.249 1:53.793 1:52.745 8
9 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 2:07.001 1:53.767 1:53.258 9
10 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 2:07.341 1:53.431 1:57.226 10
11 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 2:03.356 1:55.169 11
12 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 2:04.464 1:56.696 12
13 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 2:08.007 13
14 4   ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 2:07.167 1:54.945 14 1
15 55   カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 2:07.489 1:55.410 15 2
16 26   ダニール・クビアト アルファタウリ-ホンダ 2:09.070 16
17 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 2:12.909 17
18 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 2:05.579 1:58.556 18 3
PL 63   ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 2:10.017 PL 4
PL 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 2:21.611 PL 5
107% time: 2:05.708
ソース:[17][18]

追記
  • ^1 - ノリスは予選セッション中にターン8で黄旗を無視したため、5グリッド降格ペナルティとペナルティポイント3点(合計5点)が科せられた[19]
  • ^2 - サインツは予選セッション中にペレスのアタックを妨害したため、3グリッド降格ペナルティとペナルティポイント1点(合計1点)が科せられた[20]
  • ^3 - ガスリーは予選後にパルクフェルメを破りパワーユニット(PU)の交換を申請したが、実際にPUの交換は行われず申請を取り下げた。この際にFIAの立会人が不在であったためパルクフェルメ規定違反の疑いをかけられたが[21]、スチュワードの調査の結果PU交換規定が定められた競技規約に違反したと判断され、後方へのグリッド降格ペナルティが科せられた[22][23]
  • ^4 - ラッセルはFP1で年間最大基数を超えるPU交換(4基目のエンジン(ICE)/ターボ(TC)/MGU-H)により降格グリッド数が15を超えたため、最後尾グリッドに降格[13][24]。また、予選セッション中にターン3で黄旗を無視したため、5グリッド降格ペナルティとペナルティポイント3点(合計6点)が科せられた[25]。決勝はピットレーンスタートを選択
  • ^5 - ラティフィはピットレーンスタートを選択

決勝編集

2020年11月15日 13:10 TRT(UTC+3)

  • 気温13度、路面温度16度、ウェットコンディション(文章の出典先[26])。

決勝は、スタート時は雨はやんでいたものの、開始前の降雨により、路面はウエットコンディションとなった。前半はランス・ストロールセルジオ・ペレスレーシング・ポイント勢がリードするが、2台のピットインに合わせ、スタート時より順位を上げていたルイス・ハミルトン(メルセデス)が首位に立ち、そこから抜群のタイヤマネジメントによって独走。そのままレースを制し、4年連続キャリア7回目となるドライバーズチャンピオンを獲得した[27]。また、ノーポイントで終えたバルテリ・ボッタス(メルセデス)は本戦終了時点でランキング3位以上が確定した。

展開編集

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 58 1:42:19.313 6 25
2 11   セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 58 +31.633 3 18
3 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 58 +31.960 11 15
4 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 58 +33.858 12 12
5 55   カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 58 +34.363 15 10
6 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 58 +44.873 2 8
7 23   アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 58 +46.484 4 6
8 4   ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 58 +1:01.259 9 5 FL
9 18   ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 58 +1:12.353 1 2
10 3   ダニエル・リカルド ルノー 58 +1:35.460 5 1
11 31   エステバン・オコン ルノー 57 +1 Lap 7
12 26   ダニール・クビアト アルファタウリ-ホンダ 57 +1 Lap 16
13 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 57 +1 Lap PL
14 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 57 +1 Lap 9
15 7   キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 57 +1 Lap 8
16 63   ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 57 +1 Lap PL
17 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 55 撤退[28] 13
Ret 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 49 接触ダメージ[28] 17
Ret 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 39 接触ダメージ PL
Ret 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 11 ギアボックス 10
ソース:[29][30]

追記
  • ^FL - ファステストラップの1点を含む
  • - リタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い

優勝者ルイス・ハミルトンの平均速度[31]
181.425 km/h (112.732 mph)
ファステストラップ[32]
ラップリーダー[33]
太字は最多ラップリーダー

第14戦終了時点のランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ハミルトンとボッタスが同点の場合は、優勝回数が多いハミルトンのチャンピオンが決定する。ハミルトンは前戦エミリア・ロマーニャGP終了時点で9勝、ボッタスは2勝であり、ボッタスが残り4戦を全勝してもハミルトンの優勝回数には届かない。
  2. ^ 本年のPUエレメントの年間最大基数はICE/TC/MGU-H/MGU-Kが3基、エナジーストア(ES)/コントロールエレクトロニクス(CE)が2基。
  3. ^ 年間最大基数を上回る最初の投入時は10グリッド、それ以降は追加で5グリッド降格となるため、ラッセルの降格グリッド数は20となる。

出典編集

  1. ^ Turkish Grand Prix 2020 - F1 Race”. The Official F1 Website. 2020年11月13日閲覧。
  2. ^ 【F1サーキット巡り】独特な特徴を持つイスタンブール・パーク・サーキット。名物は高速コーナー“ターン8””. autosport web (2020年11月12日). 2020年11月13日閲覧。
  3. ^ 2020年シーズンのF1スケジュールが確定。トルコGPが復活、今季は全17戦の開催に”. autosport web (2020年8月25日). 2020年11月13日閲覧。
  4. ^ 9年ぶりに復活のF1トルコGP、6時間で4万枚のチケットを販売。主催者は10万人の入場を想定”. autosport web (2020年9月18日). 2020年11月13日閲覧。
  5. ^ 10万人の入場を予定していたF1トルコGP、新型コロナ感染状況の悪化により無観客での開催へ”. autosport web (2020年10月6日). 2020年11月13日閲覧。
  6. ^ ピレリ、2020年F1後半7戦のコンパウンドを発表…イモラ・アルガルベ・イスタンブールは変則セット供給”. Formula1-Data (2020年9月10日). 2020年11月13日閲覧。
  7. ^ ハミルトン、史上最多タイ7回目のF1タイトルに王手。トルコGPで戴冠の条件は?”. autosport web (2020年11月13日). 2020年11月13日閲覧。
  8. ^ フェルスタッペン、レッドブルF1の300戦目トルコGPで好結果を狙う「メルセデスにプレッシャーをかけ続ける」”. autosport web (2020年11月12日). 2020年11月13日閲覧。
  9. ^ ウイリアムズの代表代理であるサイモン・ロバーツ、新型コロナ陽性に。トルコGP欠場”. motorsport.com (2020年11月12日). 2020年11月13日閲覧。
  10. ^ レッドブルとアルファタウリ、F1トルコGPでユーリ・ビップスをリザーブに任命”. Formula1-Data (2020年11月13日). 2020年11月13日閲覧。
  11. ^ DOC 5 - 2020 Turkish Grand Prix - Entry List”. FIA (2020年11月12日). 2020年11月15日閲覧。
  12. ^ Turkey 2020 - Race entrants”. STATS F1. 2020年11月15日閲覧。
  13. ^ a b F1トルコGP:パワーユニット投入状況…ラッセルが今季第一号のグリッド降格ペナ、ペレスも週末を前にPU交換”. Formula1-Data (2020年11月13日). 2020年11月13日閲覧。
  14. ^ a b F1トルコ予選:ストロールが大波乱の予選を制し、初ポール! フェルスタッペン2番手jp.motorsport.com(2020年11月15日)2020年11月17日閲覧。
  15. ^ メルセデス:懸念的中…今季初めてポール逃す6-9番手「今日はこれが精一杯」とハミルトンformula1-data.com(2020年11月15日)2020年11月17日閲覧。
  16. ^ マックス・フェルスタッペン、”まさか”の2番手に失望と動揺収まらず「決勝では実力を見せつけたい」formula1-data.com(2020年11月15日)2020年11月18日閲覧。
  17. ^ FORMULA 1 DHL TURKISH GRAND PRIX 2020 - QUALIFYING” (2020年11月14日). 2020年11月15日閲覧。
  18. ^ FORMULA 1 DHL TURKISH GRAND PRIX 2020 - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2020年11月15日). 2020年11月15日閲覧。
  19. ^ DOC 36 - 2020 Turkish Grand Prix - Offence - Car 4 - Failure to respect yellow flags at turn 8”. FIA (2020年11月14日). 2020年11月15日閲覧。
  20. ^ DOC 31 - 2020 Turkish Grand Prix - Offence - Car 55 - Impeding car 11”. FIA (2020年11月14日). 2020年11月15日閲覧。
  21. ^ アルファタウリ・ホンダにパルクフェルメ違反の疑い…ピエール・ガスリー、F1トルコGP決勝でピットスタートの恐れ”. Formula1-Data (2020年11月15日). 2020年11月15日閲覧。
  22. ^ F1トルコGP:ピエール・ガスリー、パルクフェルメ規定違反逃れるもグリッド後方スタート”. Formula1-Data (2020年11月15日). 2020年11月15日閲覧。
  23. ^ DOC 50 - 2020 Turkish Grand Prix - Offence - Car 10 - PU Elements authorization.”. FIA (2020年11月15日). 2020年11月15日閲覧。
  24. ^ DOC 50 - 2020 Turkish Grand Prix - Offence - Car 10 - PU Elements authorization.”. FIA (2020年11月15日). 2020年11月15日閲覧。
  25. ^ DOC 38 - 2020 Turkish Grand Prix - Offence - Car 63 - Failure to respect double yellow flags”. FIA (2020年11月14日). 2020年11月15日閲覧。
  26. ^ ハミルトン逆転勝利、シューマッハに並ぶ7度目の栄冠「旅はまだ始まったばかりだ」F1トルコGP《決勝》結果とダイジェストformula1-data.com(2020年11月15日)2020年11月17日閲覧。
  27. ^ F1トルコ決勝:ハミルトン、抜群のタイヤ管理で逆転優勝。7度目の戴冠に華を添えるjp.motorsport.com(2020年11月15日)2020年11月17日閲覧。
  28. ^ a b ピットストップのミスが響いたハースF1”. Bella Gara (2020年11月16日). 2020年11月16日閲覧。
  29. ^ FORMULA 1 DHL TURKISH GRAND PRIX 2020 - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2020年11月15日). 2020年11月15日閲覧。
  30. ^ Turkey 2020 - Result”. STATS F1 (2020年11月15日). 2020年11月15日閲覧。
  31. ^ 2020 Formula One Turkish Grand Prix - Classification - Race”. Motorsport Stats (2020年11月15日). 2020年11月15日閲覧。
  32. ^ FORMULA 1 DHL TURKISH GRAND PRIX 2020 - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2020年11月15日). 2020年11月15日閲覧。
  33. ^ Turkey 2020 - Laps led”. STATS F1 (2020年11月15日). 2020年11月15日閲覧。
  34. ^ 2020 Formula One Turkish Grand Prix - Driver Standings”. Motorsport Stats (2020年11月15日). 2020年11月15日閲覧。
  35. ^ 2020 Formula One Turkish Grand Prix - Team Standings”. Motorsport Stats (2020年11月15日). 2020年11月15日閲覧。
前戦
2020年エミリア・ロマーニャグランプリ
FIA F1世界選手権
2020年シーズン
次戦
2020年バーレーングランプリ
前回開催
2011年トルコグランプリ
  トルコグランプリ