2020年ロシアグランプリ

2020年ロシアグランプリ (2020ねんロシアグランプリ、英語: 2020 Russian Grand Prix) は、2020年のF1世界選手権第10戦として、2020年9月27日ソチ・オートドロームで開催された。

ロシアの旗 2020年ロシアグランプリ
レース詳細
Circuit Sochi.svg
日程 2020年シーズン第10戦
決勝開催日 9月27日
開催地 ソチ・オートドローム
ロシアの旗 ロシア クラスノダール地方 ソチ 
コース 恒久的レース施設および市街地コース
コース長 5.848km
レース距離 53周 (309.745km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:31.304
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス
タイム 1:37.030 (51周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

正式名称は「Formula 1 VTB Russian Grand Prix 2020[1]

背景編集

タイヤ
本レースでピレリが持ち込むドライ用タイヤのコンパウンドはハード(白):C3、ミディアム(黄):C4、ソフト(赤):C5の柔らかい組み合わせ[2]
サーキット
トラックリミット規則の厳格化を目指すFIAは、ターン2で4輪全てがコースをはみ出して走行したドライバーに対し、フリー走行及び予選においてはラップタイムが抹消され、決勝においては2回で黒白旗[注 1]を掲示し、それ以上の場合はスチュワードに報告される。また、フリー走行及び予選においてドライバーが前方にスペースを空けるために著しく減速するのを防止する目的で、ターン12と13で極端な減速をしてはならないと全ドライバーに通告した[3]
本レースで達成する可能性がある記録

エントリー編集

レギュラードライバーは前戦トスカーナGPから変更なし。FP1のみ走行するドライバーはなし。

フリー走行編集

予選編集

2020年9月26日 15:00 MSK(UTC+3)

  • 気温26、路面温度34度、ドライコンディション[7]

ルイス・ハミルトンが5戦連続で今季8度目のポールポジションを獲得した。Q3で2番手のマックス・フェルスタッペンと3番手でチームメイトのバルテリ・ボッタスに0.5秒以上の大差を付ける圧巻な走りを見せたが、Q2では1回目のアタックでトラックリミット違反を犯してタイムが抹消され、2回目にミディアムタイヤでアタック中にセバスチャン・ベッテルがクラッシュし、残り2分15秒のところで赤旗中断となったためQ2敗退の危機が差し迫った。再開後にソフトタイヤで残り0秒というギリギリのタイミングでスタートラインを通過し、何とかQ3に進出することができたが、決勝に向けてのタイヤ戦略に影響を残した[8][注 2]。一方、メルセデス勢に割って入ったフェルスタッペンはQ2をミディアムタイヤで通過し、Q3でボッタスを上回ってフロントローを獲得した[9][注 2]。なおフェルスタッペンはこのラップの前半、前を走っていたボッタスのスリップストリームを利用して加速できた。一説ではP2だったボッタスが、この決勝のスタートでより有利なP3を得るために故意にフェルスタッペンの前を走っていたとも言われている。この説に関してボッタスはNetflixのインタービューで「故意かどうかを知っているのは僕だけだ」と応えている。[10]ロシアグランプリのコースはスタートから約1kmがほぼストレートでスリップストリームが利用できないP2に比べてポールポジションのスリップストリームを利用できるP3の方がテイクオーバーできる可能性が高い。

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:32.983 1:32.835 1:31.304 1
2 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 1:33.630 1:33.157 1:31.867 2
3 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 1:32.656 1:32.405 1:31.956 3
4 11   セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:33.704 1:33.038 1:32.317 4
5 3   ダニエル・リカルド ルノー 1:33.650 1:32.218 1:32.364 5
6 55   カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 1:33.967 1:32.757 1:32.550 6
7 31   エステバン・オコン ルノー 1:33.557 1:33.196 1:32.624 7
8 4   ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 1:33.804 1:33.081 1:32.847 8
9 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 1:33.734 1:33.139 1:33.000 9
10 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 1:34.071 1:33.239 10
11 26   ダニール・クビアト アルファタウリ-ホンダ 1:33.511 1:33.249 11
12 18   ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:33.852 1:33.364 12
13 63   ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 1:34.020 1:33.583 13
14 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:34.134 1:33.609 14
15 23   アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 1:33.919 1:33.153 1:33.008 15 1
16 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:34.592 16
17 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 1:34.594 17
18 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:34.681 18
19 7   キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 1:35.267 19
20 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 1:35.066 20 2
107% time: 1:39.141
ソース:[11][12]

追記
  • ^1 - アルボンは決勝前に6戦以内のギアボックス交換を行ったため5グリッド降格[13][14]
  • ^2 - ラティフィ決勝前に6戦以内のギアボックス交換を行ったため5グリッド降格[15][14]

決勝編集

2020年9月27日 14:10 MSK(UTC+3)

バルテリ・ボッタス(メルセデス)が開幕戦オーストリアGP以来となる2勝目。2位には3戦ぶりの完走を果たしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が入った。一方でルイス・ハミルトン(メルセデス)は2回の5秒加算ペナルティを受けた影響で3位で終わり、ミハエル・シューマッハの歴代最多勝記録に並ぶのは次戦以降にお預けとなった。また、2点のペナルティポイント加算処分により1年間の累計ペナルティポイントが10点となってしまい、1レース出場停止の可能性があったが、レース後にチームからの指示であることが判明したため、ハミルトンへのペナルティポイントは取り消され、メルセデスに25000ユーロ(約300万円)の罰金が科されることになった[16]

展開編集

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 53 1:34:00.364 3 26 FL
2 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 53 +7.729 2 18
3 44   ルイス・ハミルトン 1 メルセデス 53 +22.729 1 15
4 11   セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 53 +30.558 4 12
5 3   ダニエル・リカルド ルノー 53 +52.065 2 5 10
6 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 53 +1:02.186 10 8
7 31   エステバン・オコン ルノー 53 +1:08.006 7 6
8 26   ダニール・クビアト アルファタウリ-ホンダ 53 +1:08.740 11 4
9 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 53 +1:29.766 9 2
10 23   アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 53 +1:37.860 3 15 1
11 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 52 +1 Lap 17
12 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 52 +1 Lap 18
13 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 52 +1 Lap 14
14 7   キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 52 +1 Lap 19
15 4   ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 52 +1 Lap 8
16 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 52 +1 Lap 20
17 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 52 +1 Lap 16
18 63   ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 52 +1 Lap 13
Ret 55   カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 0 アクシデント 6
Ret 18   ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 0 アクシデント 12
ソース:[17][18]

追記
  • ^FL - ファステストラップの1点を含む
  • ^1 - ハミルトンはレコノサンスラップにおいて規定外の場所でスタート練習を2回行ったため、5秒ペナルティ及びペナルティポイント1点が2回科せられたが、レース後にチームからの指示であることが判明したためペナルティポイント2点は取り消され、メルセデスに罰金が科された(5秒ペナルティ2回はピットインで消化)[19][20][21][22][23][16]
  • ^2 - リカルドはターン2でショートカットしてコースに復帰したため5秒ペナルティとペナルティポイント1点(合計3点)が科されたが、ピットインでペナルティを消化しなかったため、レースタイムに5秒加算された[24][21]
  • ^3 - アルボンはターン2でショートカットしてコースに復帰したため5秒ペナルティとペナルティポイント1点(合計5点)が科されたが、ピットインでペナルティを消化しなかったため、レースタイムに5秒加算された[25][21]

優勝者バルテリ・ボッタスの平均速度[18]
197.697 km/h (122.843 mph)
ファステストラップ[26]
ラップリーダー[27]
太字は最多ラップリーダー

第10戦終了時点のランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ サッカーにおけるイエローカードと同じ警告を示す。
  2. ^ a b Q3に進出したドライバーは、Q2でベストタイムを出したタイヤで決勝をスタートするため。

出典編集

  1. ^ Russian Grand Prix 2020 - F1 Race”. The Official F1 Website. 2020年9月25日閲覧。
  2. ^ 最も柔らかい3種類のタイヤが使用されるロシアGP”. Bella Gara (2020年9月23日). 2020年9月25日閲覧。
  3. ^ F1ロシアGP:FIA、ターン12&13での不必要な減速を禁じる。ターン2ではトラックリミット違反を取り締まり”. autosport web (2020年9月25日). 2020年9月25日閲覧。
  4. ^ F1ロシアGP木曜会見(3):シューマッハーに並ぶ最多91勝目を目前に控えるも、複雑な思いを抱くハミルトン”. autosport web (2020年9月25日). 2020年9月25日閲覧。
  5. ^ Russian Grand Prix - Seb e Charles: “Concentrating on our goals””. フェラーリ (2020年9月25日). 2020年9月25日閲覧。
  6. ^ Entry List - DOC 5”. FIA (2020年9月24日). 2020年9月25日閲覧。
  7. ^ 特記のない場合、F1ロシア予選:圧巻ポールのハミルトン、Q2で赤旗危機”一発”。フェルスタッペン意地の2番手”. motorsport.com (2020年9月26日). 2020年9月27日閲覧。
  8. ^ F1 Topic:ハミルトンがピットレーンでQ2再開を待たなかった理由。タイヤ戦略変更で、レースに影響も”. autosport web (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  9. ^ フェルスタッペンが最前列獲得「キャリアベストの予選。有利なタイヤで好結果目指す」レッドブル・ホンダ【F1第10戦】”. autosport web (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  10. ^ Formula 1: Drive to Survive | Netflix Official Site” (英語). www.netflix.com. 2021年3月22日閲覧。
  11. ^ FORMULA 1 VTB RUSSIAN GRAND PRIX 2020 - QUALIFYING” (2020年9月26日). 2020年9月27日閲覧。
  12. ^ FORMULA 1 VTB RUSSIAN GRAND PRIX 2020 - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  13. ^ Doc 41 - Russian Grand Prix - Offence - Car 23 - Gearbox”. FIA (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  14. ^ a b 【追記】アルボンとラティフィがギヤボックス交換で5グリッド降格/2020年F1第10戦ロシアGPグリッド”. autosport web (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  15. ^ Doc 42 - Russian Grand Prix - Offence - Car 6 - Gearbox”. FIA (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  16. ^ a b 厳罰に怒りのハミルトン。スチュワードはメルセデスの過失を認め、ペナルティポイントを撤回【F1第10戦決勝】”. autosport web (2020年9月28日). 2020年9月28日閲覧。
  17. ^ FORMULA 1 VTB RUSSIAN GRAND PRIX 2020 - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  18. ^ a b Russia 2020 - Result”. STATS F1 (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  19. ^ Doc 46 - Russian Grand Prix - Offence - Car 44 - 1st Practice start”. FIA (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。(レース中1回目)
  20. ^ Doc 47 - Russian Grand Prix - Offence - Car 44 - 2nd Practice start”. FIA (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。(レース中2回目)
  21. ^ a b c ボッタスが得意のソチで今季2勝目、最速ラップも記録。ホンダPU勢は全4台が入賞【決勝レポート/F1第10戦】”. autosport web (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  22. ^ Doc 54 - Russian Grand Prix - Replacement for Document 46 - Offence - Car 44 - 1st Practice Start”. FIA (2020年9月27日). 2020年9月28日閲覧。(レース後1回目)
  23. ^ Doc 55 - Russian Grand Prix - Replacement for Document 47 - Offence - Car 44 - 2nd Practice Start”. FIA (2020年9月27日). 2020年9月28日閲覧。(レース後2回目)
  24. ^ Doc 48 - Russian Grand Prix - Offence - Car 3 - RD Instruction”. FIA (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  25. ^ Doc 50 - Russian Grand Prix - Offence - Car 23 - RD Instruction Turn 2”. FIA (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  26. ^ FORMULA 1 VTB RUSSIAN GRAND PRIX 2020 - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  27. ^ Russia 2020 - Laps led”. STATS F1 (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  28. ^ 2020 Formula One Russian Grand Prix - Driver Standings”. Motorsport Stats (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  29. ^ 2020 Formula One Russian Grand Prix - Team Standings”. Motorsport Stats (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
前戦
2020年トスカーナグランプリ
FIA F1世界選手権
2020年シーズン
次戦
2020年アイフェルグランプリ
前回開催
2019年ロシアグランプリ
  ロシアグランプリ次回開催
2021年ロシアグランプリ