2020年東京オリンピックのイラン選手団

2020年東京オリンピックのイラン選手団は、2021年7月23日から8月8日にかけて日本の首都東京で開催された2020年東京オリンピックイラン選手団、およびその競技結果。

オリンピックのイラン選手団
イランの国旗
IOCコード IRI
NOC イランオリンピック委員会
公式サイト
2020年東京オリンピック
人員: 選手 65人
メダル
国別順位: 27 位

3

2

2

7
夏季オリンピックイラン選手団
1900190419081912192019241928193219361948195219561960196419681972197619801984198819921996200020042008201220162020
冬季オリンピックイラン選手団
195619601964196819721976198019841988199219941998200220062010201420182022

概要

編集

ロゴに「アルジャーンの器」が採用された。[1]

メダル

編集
メダル 選手名 競技 種目 日付
1  金 ジャバド・フォルギ 射撃 男子10mエアピストル 7月24日
1  金 モハンマド・レザ・ゲラエイ レスリング 男子グレコローマンスタイル67kg級 8月4日
1  金 サジャド・ガンジザデ 空手 男子組手75kg超級 8月7日
2  銀 アリ・ダブーディ ウエイトリフティング 男子109kg超級 8月4日
2  銀 ハッサン・ヤズダニ・チャラティ レスリング 男子フリースタイル86kg級 8月5日
3  銅 モハンマド・ハディ・サラビー レスリング 男子グレコローマンスタイル97kg級 8月3日
3  銅 アミル・ホセイン・ザレ レスリング 男子フリースタイル125kg級 8月6日

出場選手

編集
種目 男子 女子 合計
アーチェリー 1 0 1
陸上競技 2 1 3
バドミントン 0 1 1
バスケットボール 12 0 12
ボクシング 2 0 2
カヌー 1 0 1
自転車 1 0 1
フェンシング 4 0 4
空手 1 2 3
ボート 0 1 1
射撃 2 4 6
競泳 1 0 1
卓球 1 0 1
テコンドー 2 1 3
バレーボール 12 0 12
ウエイトリフティング 2 0 2
レスリング 11 0 11
合計 55 10 65

アーチェリー

編集

バンコクで行われた2019年アジア選手権にて、男子1名の出場枠を獲得した。[2]

選手 種目 ランキングラウンド 1回戦 2回戦 3回戦 準々決勝 準決勝 決勝 / BM
得点 順位 対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
順位
Milad Vaziri 男子 個人 629 63   エリソン英語版 (USA)
L 0–6
1回戦敗退

陸上競技

編集

トラック種目

選手 種目 予選 準々決勝 準決勝 決勝
結果 順位 結果 順位 結果 順位 結果 順位
ハサン・タフティアン 男子 100m Bye 10.19 4 準々決勝敗退
Mahdi Pirjahan 男子 400mハードル COVID-19検査陽性[3]により棄権
Farzaneh Fasihi 女子 100m 11.76 1 Q 11.79 8 準々決勝敗退
フィールド種目
選手 種目 予選 決勝
結果 順位 結果 順位
エフサン・ハダディ 男子 円盤投 58.98 26 予選敗退

バドミントン

編集

世界バドミントン連盟による出場枠の再割当の結果、Sorayya Aghaeiが出場資格を獲得し、イランの女子選手で初めてオリンピックバドミントン競技に出場した。[4]

選手 種目 グループリーグ 1回戦 準々決勝 準決勝 決勝 / BM
対戦相手
結果
対戦相手
結果
順位 対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
順位
Sorayya Aghaei 女子シングルス   Abdul Razzaq (MDV)
W (21–14, 21–7)
  英語版 (CHN)
L (11–21, 3–21)
2 グループリーグ敗退

バスケットボール

編集

2019年FIBAバスケットボール・ワールドカップにおいて、アジア勢最上位となったことにより、オリンピック出場権を得た。
男子

チーム 種目 グループリーグ 準々決勝 準決勝 決勝 / BM
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
順位 対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
順位
イラン代表(メンバー) 男子   チェコ
L 78–84
  アメリカ
L 66–120
  フランス
L 62–79
4 グループリーグ敗退

ボクシング

編集

アンマンで行われたアジア予選にて、2名の選手が出場資格を得た。[5]

選手 種目 ラウンド32 ラウンド16 準々決勝 準決勝 決勝
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
順位
Danial Shahbakhsh 男子 フェザー級   Hamout (MAR)
W 5–0
  アルヴァレス英語版 (CUB)
L RSC
ラウンド16敗退
Seyed Shahin Mousavi 男子 ミドル級   森脇 (JPN)
L 2–3
ラウンド32敗退

カヌー

編集

  スプリント

パタヤで行われたアジア予選にて、男子K-1 1000mの出場枠を得た。[6]

選手 種目 予選 準々決勝 準決勝 決勝
結果 順位 結果 順位 結果 順位 結果 順位
Ali Aghamirzaei 男子 K-1 1000 m 3:48.609 5 QF 3:52.834 4 準々決勝敗退

自転車

編集

  ロード

イランはUCIによる世界ランキングにより、1名の出場枠を得た。[7]

選手 種目 結果 順位
Saeid Safarzadeh 男子 ロードレース 途中棄権
男子 タイムトライアル 1:05:14.62 35

フェンシング

編集

国際フェンシング連盟のチームランキング[8]により、男子サーブル団体戦、個人戦3名の出場資格を得た。[9]

選手 種目 ラウンド64 ラウンド32 ラウンド16 準々決勝 準決勝 決勝 / BM
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
順位
Mojtaba Abedini 男子 サーブル個人 -   Gordon (CAN)
W 15–10
  シラージ (HUN)
L 7–15
ラウンド16敗退
Ali Pakdaman -   サトマーリ英語版 (HUN)
W 15–12
  Hartung (GER)
W 15–9
  シラージ (HUN)
L 6–15
準々決勝敗退
Mohammad Rahbari -   Apithy (FRA)
W 15–13
  ザメーレ英語版 (ITA)
L 7–15
ラウンド16敗退
Mojtaba Abedini
Ali Pakdaman
Mohammad Rahbari
(リザーブ)
Mohammad Fotouhi
男子 サーブル団体 N/A   イタリア (ITA)
L 44–45
順位決定戦
  アメリカ合衆国 (USA)
W 45–36
5位決定戦
  エジプト (EGY)
L 24–45
6

空手

編集

当初、WKFのオリンピックランキングにより、4名の選手が出場資格を得たと発表された[10]が、1名がドーピング違反により出場資格を失った[11]ため、3名の選手が出場した。

組手
選手 種目 グループリーグ 準決勝 決勝
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
順位 対戦相手
結果
対戦相手
結果
順位
サジャド・ガンジザデ 男子 75kg超級   Kvesić (CRO)
W 3–1
  ハメディ英語版 (KSA)
D 0–0
  Irr (USA)
W 6–0
  Gaysinsky (CAN)
W 2–1
1 Q   アクタシュ英語版 (TUR)
W 2–2
  ハメディ英語版 (KSA)
W 4–0 HAN[12]
 
Sara Bahmanyar 女子 55kg級   Özçelik (TUR)
W 5–4
   (TPE)
L 1–5
  Goranova (BUL)
L 2–5
N/A 3 グループリーグ敗退
Hamideh Abbasali 女子 61kg超級   Matoub (ALG)
W 4–0
  Quirici (SUI)
L 0–4
  アブデルアジズ英語版 (EGY)
W 9–7
  Gong L (CHN)
L 4–8
4 グループリーグ敗退

ボート

編集

海の森水上競技場にて行われたアジア・オセアニア予選にて、1艇の出場枠を得た。[13]

選手 種目 予選 敗者復活戦 準々決勝 準決勝 決勝
結果 順位 結果 順位 結果 順位 結果 順位 結果 順位
Nazanin Malaei 女子 シングルスカル 7:59.01 3 QF bye 8:07.32 3 SA/B 7:45.52 6 FB 7:42.57 11

予選結果の凡例: FB=決勝 Bに出場; SA/B=準決勝 A/B進出; QF=準々決勝進出

射撃

編集

6名分の出場枠を得た。[14]

選手 種目 予選 予選2 決勝
結果 順位 結果 順位 結果 順位
ジャバド・フォルギ 男子10mエアピストル 580 5 Q - 244.8 OR  [15]
Mahyar Sedaghat 男子10mエアライフル 629.1 9 予選敗退
男子50mライフル3姿勢 1168 20 予選敗退
Fatemeh Karamzadeh 女子50mライフル3姿勢 1163 22 予選敗退
女子10mエアライフル 624.9 23 予選敗退
Najmeh Khedmati 女子50mライフル3姿勢 1165 18 予選敗退
Hanieh Rostamian 女子10mエアピストル 576 10 予選敗退
女子25mピストル 577 28 予選敗退
Armina Sadeghian 女子10mエアライフル 622.6 30 予選敗退
Mahyar Sedaghat
Najmeh Khedmati
混合団体10mエアライフル 624.9 15 予選敗退
Javad Foroughi
Hanieh Rostamian
混合団体エアピストル 575 8 Q 382 5 予選敗退

競泳

編集

FINAのユニバーサリティ枠により、1名の選手が競技に出場した。

選手 種目 予選 準決勝 決勝
結果 順位 結果 順位 結果 順位
Matin Balsini 男子 200mバタフライ 1:59.97 NR 33 敗退

卓球

編集

ドーハで行われた中央アジア予選を勝ち抜いた1名の選手が競技に出場した。[16]

選手 種目 予選 1回戦 2回戦 3回戦 ラウンド16 準々決勝 準決勝 決勝 / BM
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
順位
ニマ・アラミヤン 男子シングルス (bye)   ドリンコール (GBR)
L 1–4
敗退

テコンドー

編集
選手 種目 1回戦 ラウンド16 準々決勝 準決勝 敗者復活戦 決勝 / BM
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
順位
Armin Hadipour 男子 58kg級 N/A   Ochoa (COL)
W 22–19
  Guzmán (ARG)
L 6–26
敗退
Mirhashem Hosseini 男子 68kg級 (bye)   Huang Y-j (TPE)
W 18–15
  Rashitov (UZB)
L 22–34
敗退   Lee D-h (KOR)
L 21–30
敗退 7
Nahid Kiani 女子 57kg級   アリザデ (EOR)
L 9–18
敗退

バレーボール

編集

アジア予選を勝ち抜き出場権を獲得した。

チーム 種目 グループリーグ 準々決勝 準決勝 決勝 / BM
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
順位 対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
順位
イラン男子代表(メンバー) 男子   ポーランド
W 3–2
  ベネズエラ
W 3–0
  カナダ
L 0–3
  イタリア
L 1–3
  日本
L 2–3
5 グループリーグ敗退

ウエイトリフティング

編集

IWFの定める世界ランキング[17]により2名の選手が出場権を得た。

選手 種目 スナッチ クリーン&ジャーク 合計 順位
結果 順位 結果 順位
Ali Hashemi 男子109kg級 184 5 228 DNF 0 DNF
アリ・ダブーディ 男子109kg超級 200 2 241 2 441  

レスリング

編集

2019年世界選手権とアジア予選を通じて、11名の分の出場枠を獲得した。

凡例:

  • VT (ランキングポイント: 5–0 or 0–5) – ピンフォールによる勝利
  • PP (ランキングポイント: 3–1 or 1–3) – ポイント差による勝利(敗者はポイントあり)
  • PO (ランキングポイント: 3–0 or 0–3) – ポイント差による勝利(敗者はポイントなし)
  • ST (ランキングポイント: 4–0 or 0–4) – テクニカルフォールによる勝利(敗者はポイントなし)
  • SP (ランキングポイント: 4–1 or 1–4) – テクニカルフォールによる勝利(敗者はポイントあり)
男子 フリースタイル
選手 種目 ラウンド16 準々決勝 準決勝 敗者復活戦 決勝 / BM
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
順位
Reza Atri −57 kg   Atlı (TUR)
W 3–1 PP
  Bekhbayar (MGL)
W 3–1 PP
  Uguev (ROC)
L 1–3 PP
-   Gilman (USA)
L 1–3 PP
5
Morteza Ghiasi −65 kg   Dakhlaoui (TUN)
W 3–1 PP
  Punia (IND)
L 0–5 VT
敗退 8
Mostafa Hosseinkhani −74 kg   Dake (USA)
L 0–3 PO
敗退 15
ハッサン・ヤズダニ・チャラティ −86 kg   Shapiev (UZB)
W 3–1 PP
  Reichmuth (SUI)
W 4–1 SP
  Naifonov (ROC)
W 3–1 PP
-   Taylor (USA)
L 1–3 PP
 
Mohammad Hossein Mohammadian −97 kg   オディカゼ (GEO)
L 1–3 PP
敗退 13
アミル・ホセイン・ザレ −125 kg   Khotsianivskyi (UKR)
W 3–0 PO
  Shala (KOS)
W 4–1 SP
  ペトリアシヴィリ (GEO)
L 1–3 PP
-   Deng Zw (CHN)
W 3–0 PO
 
男子 グレコローマンスタイル
選手 種目 ラウンド16 準々決勝 準決勝 敗者復活戦 決勝 / BM
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
対戦相手
結果
順位
Alireza Nejati −60 kg   Melikyan (ARM)
L 1–3 PP
敗退 10
モハンマド・レザ・ゲラエイ −67 kg   Horta (COL)
W 4–0 ST
  Stäbler (GER)
W 3–1 PP
  Zoidze (GEO)
W 3–1 PP
-   Nasibov (UKR)
W 4–1 ST
 
Mohammad Ali Geraei −77 kg   Peña (CUB)
W 3–1 PP
  Starčević (CRO)
W 3–1 PP
  Lőrincz (HUN)
L 1–3 PP
-   屋比久 (JPN)
L 1–4 SP
5
モハンマド・ハディ・サラビー −97 kg   Boudjemlin (ALG)
W 4–0 ST
  Milov (BUL)
W 3–0 PO
  Aleksanyan (ARM)
L 1–3 PP
-   Savolainen (FIN)
W 3–1 PP
 
Amin Mirzazadeh −130 kg   Kim M-s (KOR)
W 3–0 PO
  ロペス (CUB)
L 0–4 ST
敗退   Alexuc-Ciurariu (ROU)
W 3–1 PP
  Kayaalp (TUR)
L 1–3 PP
5

脚注

編集
  1. ^ (日本語) 東京オリンピック2020、イラン選手団のシンボル:アルジャーンの器, https://www.youtube.com/watch?v=DEMJ27H77yg 2022年7月14日閲覧。 
  2. ^ Karma qualifies Bhutan an Olympic quota place for the first time in history” (英語). World Archery. 2022年9月2日閲覧。
  3. ^ Tokyo 2020: Iranian Athlete Pirjahan Tests Positive for COVID-19 - Sports news” (英語). Tasnim News Agency. 2022年2月5日閲覧。
  4. ^ Aghaei becomes the first woman to represent Iran at Olympics badminton”. Tehran Times (2021年6月27日). 2021年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月17日閲覧。
  5. ^ “Boxing Olympic Qualification: The Key Takeaways From Amman”. オリンピックチャンネル. (2020年3月12日). https://www.olympicchannel.com/en/stories/news/detail/boxing-olympic-qualification-learned-amman-review/ 2020年3月12日閲覧。 
  6. ^ “Thailand set for Olympic canoe sprint debut”. 国際カヌー連盟. (2021年5月6日). https://www.canoeicf.com/news/thailand-set-olympic-canoe-sprint-debut 2021年5月6日閲覧。 
  7. ^ “Athletes' quotas for Road Cycling events at the Tokyo 2020 Olympic Games”. UCI. (2019年11月18日). オリジナルの2021年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210111041418mp_/https://www.uci.org/docs/default-source/official-documents/tokyo-2020---olympic-games/liste-des-noc-qualifi-s-me-2020.pdf?sfvrsn=3bc0989c_10 2019年11月23日閲覧。 
  8. ^ The International Fencing Federation official website”. INTERNATIONAL FENCING FEDERATION - The International Fencing Federation official website. 2022年2月5日閲覧。
  9. ^ “Iran’s Sabre Fencing Team Qualify for 2020 Olympics”. Iran Front Page. (2020年2月25日). https://ifpnews.com/irans-sabre-fencing-team-qualify-for-2020-olympics 2020年2月25日閲覧。 
  10. ^ WKF announces first qualified athletes for Tokyo 2020” (英語). www.wkf.net. 2022年2月5日閲覧。
  11. ^ Iranian karate athlete Asgari misses Olympics for doping” (英語). Tehran Times (2021年7月3日). 2022年2月5日閲覧。
  12. ^ 空手決勝でKOされた選手が金メダリストに 寸止めルール違反で「目を覚ました時に…勝ったと言われた」”. スポニチ Sponichi Annex. 2022年2月5日閲覧。
  13. ^ “Finals racing decides Asia & Oceania Olympic & Paralympic quota spots”. 国際ボート連盟. (2021年5月7日). https://worldrowing.com/2021/05/07/finals-racing-decides-asia-oceania-olympic-paralympic-quota-spots/ 2021年6月20日閲覧。 
  14. ^ ISSF - International Shooting Sport Federation - issf-sports.org”. www.issf-sports.org. 2021年12月26日閲覧。
  15. ^ Results”. web.archive.org. 2021年12月26日閲覧。
  16. ^ Marshall, Ian (2021年3月20日). “Nima Alamian, Clarence Chew and Anastassiya Lavrova qualify for Tokyo”. 国際卓球連盟. https://www.ittf.com/2021/03/20/nima-alamian-clarence-chew-anastassiya-lavrova-qualify-tokyo/ 2021年3月20日閲覧。 
  17. ^ Tokyo 2020 Absolute Ranking Lists”. web.archive.org (2021年6月28日). 2022年9月2日閲覧。

出典

編集

外部リンク

編集