2020年東京オリンピックのセーリング競技

2020年東京オリンピックセーリング競技[1](2020ねんとうきょうオリンピックのセーリングきょうぎ)は、1964年大会同様、江の島ヨットハーバー[2]神奈川県藤沢市江の島)で開催された。大会主管はワールドセーリング。参加選手は前回大会と比較で30名減少し350名となった[3]

2020年東京オリンピック
セーリング
Enoshima.JPG
江の島ヨットハーバー
会場江の島ヨットハーバー
開催日2021年7月25日-8月4日
参加選手数65か国 350人
« 20162024 »
Sailing at the 2020 Summer Olympics - Argentina (3).jpg

競技種目編集

ウィンドサーフィン

1人乗りディンギーヨット

2人乗りディンギーヨット

カタマランヨット(2人乗り)

参加国編集

開催国の日本は自動的に全10種目(計15名)の出場枠を得る[4]。その他、主に2018年セーリング世界選手権デンマークオーフス)と2019年に開催されたクラス別の世界選手権の結果などによりNOCに出場枠が与えられた[5]日本代表(日の丸セーラーズ)には、日本セーリング連盟の選考基準により、2018年世界選手権女子470級銀メダルの吉田愛吉岡美帆[6]を始め、2021年5月までに全15名の選手が内定した[7][8][9]。本大会では男子 470級の岡田奎樹外薗潤平組、女子 470級の吉田愛・吉岡美帆組が決勝(メダルレース)に進出し、いずれも最終順位は7位となった[10][11]

競技形式編集

種目ごとに10又は12の予選レースを行い、レースごとに順位に応じた得点(1位=1点、2位=2点…、失格の場合は参加チーム数+1点)が与えられる。最も成績が悪い1レースを除く合計が少ない順に10名(組)が決勝(メダルレース)に出場する。予選の得点とメダルレースの得点(1位=2点、2位=4点…)の合計が少ない順に最終順位を決定する。合計が並んだ場合は、メダルレースの順位により、上位を決定する。

競技日程編集

S シリーズレース(予選) MR メダルレース

悪天候により8月2日の競技は3日に順延された[12]

競技日程[13][14]
種目/日付 7/25 7/26 7/27 7/28 7/29 7/30 7/31 8/ 1 8/ 2 8/ 3 8/ 4
男子 RS:X S S MR
男子 レーザー級 S S MR
男子 フィン級 S S MR
男子 470級 S S S MR
男子 49er S MR
女子 RS:X S S MR
女子 レーザーラジアル級 S S MR
女子 470級 S S S MR
女子 49erFX S S MR
Nacra 17 S S MR

競技結果編集

男子種目編集

種目
RS:X[15]   キラン・バドルー
オランダ (NED)
37   トマ・ゴヤール
フランス (FRA)
74   畢焜
中国 (CHN)
75
レーザー級[16]   マシュー・ウィアン
オーストラリア (AUS)
53   トンシ・スティパノビッチ
クロアチア (CRO)
82   ヘルマン・トマスゴール
ノルウェー (NOR)
85
フィン級[17]   ジャイルズ・スコット
イギリス (GBR)
36   ベレツ・ジョンボル
ハンガリー (HUN)
39   ホアン・カルドナ・メンデス
スペイン (ESP)
51
470級[10]   オーストラリア (AUS)
マシュー・ベルチャー
ウィリアム・ライアン
23   スウェーデン (SWE)
アントン・ダールベリ
フレデリック・ベリストローム
45   スペイン (ESP)
ホルディ・シャマル
ニコラス・ロドリゲス・ガルシア=パス
55
49er[18]   イギリス (GBR)
ディラン・フレッチャー
スチュアート・ビセル
58(MR:2)   ニュージーランド (NZL)
ピーター・バーリング
ブレア・トゥーク
58(MR:6)   ドイツ (GER)
エリック・ハイル
トーマス・プレセル
70

女子種目編集

種目
RS:X[19]   盧雲秀
中国 (CHN)
36   シャルリーヌ・ピコン
フランス (FRA)
38(MR:2)   エマ・ウィルソン
イギリス (GBR)
38(MR:4)
レーザーラジアル級[20]   アンネ=マリー・リンドン
デンマーク (DEN)
78   ヨセフィン・オルソン
スウェーデン (SWE)
81   マリット・ボウメースター
オランダ (NED)
83
470級[11]   イギリス (GBR)
ハンナ・ミルズ
エイリー・マキンタイア
38   ポーランド (POL)
アグニエシュカ・スクジプレッツ
ヨランタ・オガル
54(MR:8)   フランス (FRA)
カミーユ・ルコワントル
アロイズ・ルトルナズ
54(MR:12)
49erFX[21]   ブラジル (BRA)
マルティネ・グラエル
カエナ・クンゼ
76   ドイツ (GER)
ティナ・ルッツ
ズザン・ボイケ
83   オランダ (NED)
アネミック・ベッカーリンク
アネット・ドゥエツ
88

混合種目編集

種目
Nacra 17[22]   イタリア (ITA)
ルッジェーロ・ティタ
カテリーナ・バンティ
76   イギリス (GBR)
ジョン・ジムソン
アンナ・バーネット
83   ドイツ (GER)
パウル・コールホフ
アリカ・シュトゥーレマー
88


国・地域別のメダル獲得数編集

国・地域
1   イギリス (GBR) 3 1 1 5
2   オーストラリア (AUS) 2 0 0 2
3   オランダ (NED) 1 0 2 3
4   中国 (CHN) 1 0 1 2
5   ブラジル (BRA) 1 0 0 1
  デンマーク (DEN) 1 0 0 1
  イタリア (ITA) 1 0 0 1
8   フランス (FRA) 0 2 1 3
9   スウェーデン (SWE) 0 2 0 2
10   ドイツ (GER) 0 1 2 3
11   クロアチア (CRO) 0 1 0 1
  ハンガリー (HUN) 0 1 0 1
  ニュージーランド (NZL) 0 1 0 1
  ポーランド (POL) 0 1 0 1
15   スペイン (ESP) 0 0 2 2
16   ノルウェー (NOR) 0 0 1 1
合計 10 10 10 30

備考編集

  • フィン級は今大会におけるセーリング最古の種目であるが、前大会から新種目として採用された男女混合の登場もあり、五輪での開催は今大会が最後となる予定である[23]
  • 国際470級は今大会まで男女に分かれて実施されたが、2024年パリオリンピックからは男女混合で実施される予定である[24]
  • 開催場所である江の島ヨットハーバーがある神奈川県では新型コロナ感染拡大による緊急事態宣言が行われていたため、全ての競技が無観客で行われた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ セーリング” (日本語). 東京2020. 2021年10月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年6月18日閲覧。
  2. ^ 『江の島ヨットハーバー』2021年。 オリジナルの2021年7月9日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20210709210336/https://olympics.com/tokyo-2020/ja/venues/enoshima-yacht-harbour2021年8月1日閲覧 
  3. ^ “World Sailing respond to the IOC sports programme announcement for Tokyo 2020”. ワールドセーリング. (2017年6月9日). http://www.sailing.org/news/42116.php#.W1Sg9Ngza8o 2018年6月22日閲覧。 
  4. ^ Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – Sailing”. ワールドセーリング (2021年5月21日). 2021年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月27日閲覧。
  5. ^ Palmer, Dan (2018年4月8日). “World Sailing unveil Tokyo 2020 qualification system”. ワールドセーリング. https://www.insidethegames.biz/articles/1063681/world-sailing-unveil-tokyo-2020-qualification-system 2018年6月22日閲覧。 
  6. ^ セーリング、吉田・吉岡組五輪へ 世界選手権2位、女子470級 - JOC” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2020年11月21日閲覧。
  7. ^ 2020年東京オリンピック代表選考順位・選考得点 公示⑱ – オリンピック強化委員会”. jsaf-osc.jp. 2020年11月21日閲覧。
  8. ^ 2020年東京オリンピック代表選考順位・選考得点 公示⑲ – オリンピック強化委員会”. jsaf-osc.jp. 2021年5月15日閲覧。
  9. ^ 東京2020セーリング日本代表選手 – オリンピック強化委員会”. jsaf-osc.jp. 2021年5月15日閲覧。
  10. ^ a b 総合結果 男子470級”. 2021年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年9月20日閲覧。
  11. ^ a b 総合結果 女子470級”. 2021年9月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年9月20日閲覧。
  12. ^ Men's and Women's Skiff - Medal Races”. 2021年8月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年8月22日閲覧。
  13. ^ セーリング 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2021年7月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年12月27日閲覧。
  14. ^ Schedule - Sailing Tokyo 2020 Olympics”. Olympian Database. 2020年3月8日閲覧。
  15. ^ 総合結果 男子RS:X級” (日本語). 2021年10月17日閲覧。
  16. ^ 総合結果 男子レーザー級” (日本語). 2021年10月17日閲覧。
  17. ^ 総合結果 男子フィン級” (日本語). 2021年10月17日閲覧。
  18. ^ 総合結果 男子49er級” (日本語). 2021年10月17日閲覧。
  19. ^ 総合結果 女子RS:X級” (日本語). 2021年10月17日閲覧。
  20. ^ 総合結果 女子レーザーラジアル級” (日本語). 2021年10月17日閲覧。
  21. ^ 総合結果 女子49erFX級” (日本語). 2021年10月17日閲覧。
  22. ^ 総合結果 混合フォイリングナクラ17級” (日本語). 2021年10月17日閲覧。
  23. ^ “瀬川和正、最後に最高の5着「今できることは精いっぱいやった」/セーリング”. サンケイスポーツ. https://www.sanspo.com/article/20210801-KA6IV6426BLR5IMFYQCTQMIPPY/?outputType=theme_tokyo2020 2021年8月1日閲覧。 
  24. ^ “セーリング470級男子 岡田・外薗組は総合7位 予選最終日の低迷響いた”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/sailing/news/202108040000688.html 2021年8月4日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集