2020年東京オリンピックのソフトボール競技

2021年に日本の東京で開催された東京オリンピックのソフトボール競技について

2020年東京オリンピックソフトボール競技(2020ねんとうきょうオリンピックのソフトボールきょうぎ)は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の管轄の下で実施された2020年東京オリンピックでの野球ソフトボール競技の追加種目ソフトボールである[1]アメリカ日本など一部の国では盛んだが世界的な普及度が高くないなどの理由によって、2012年ロンドンオリンピック2016年リオデジャネイロオリンピックでは正式種目から除外されたが、2020年東京オリンピックでは男子の野球と共に開催都市が選定する追加種目として実施された[2]

2020年東京オリンピック
ソフトボール競技

横浜スタジアム
会場横浜スタジアム
福島あづま球場
開催日2021年7月21日 - 7月27日
参加選手数 90人
参加チーム数6ヵ国
メダリスト
金メダル 
銀メダル 
銅メダル 
« 20082028 »

競技概要

編集

2021年7月21日~27日に福島あづま球場横浜スタジアムで開催される[3]。種目は女子ソフトボール1種目で構成される。大会は6チームが出場。総当たり戦を行った後、3位決定戦と決勝戦が行われる。

大会ルール

編集

参考[4][5]

  • 代表資格 - 五輪憲章に基づく(当該国の有効なパスポートの保持)
  • 出場登録人数 - 15人
  • 7イニング制
  • 投球間隔(ピッチクロック)- 20秒
  • 使用球 - WBSC公認球(ミズノ社製)
  • 球数制限 - なし
  • 試合方式
    延長戦 - 7回を終えて同点である場合8回よりタイブレーク方式を採用。引き分けなしの完全決着制。
    コールドゲーム - 3回終了時に15点差以上、4回終了時に10点差以上、5・6回終了時に7点差以上がついた場合は大会規定によりコールドゲームとして試合成立とみなす。
    指名選手[broken anchor]適用
  • 順位決定方法(同じ勝敗数で終了した場合)
    • 2チームが並んだ場合
      1. 該当チームの直接対決の勝敗
    • 3チーム以上が並んだ場合
      1. 該当チームの直接対決の勝敗
      2. 該当チームの直接対決の得点数が少ない順に下位とするが、最後に残った2チームについては直接対決で勝った方が上位となる。
      3. 該当チームの直接対決の得点数が並んだ場合は、2チームが並んだ場合は直接対決の勝敗、3チーム以上が並んだ場合はオープニングラウンド全試合の得点数が少ない順に下位とするが、最後に残った2チームについては直接対決で勝った方が上位となる。

出場枠

編集
大会 日程 開催都市 枠数 出場権獲得
開催国 N/A N/A 1   日本
2018年世界選手権 2018年8月8日 - 12日   千葉県 1   アメリカ
ヨーロッパ・アフリカ予選英語版 2019年7月23日 - 27日   ユトレヒト 1   イタリア
アメリカ大陸予選英語版 2019年8月25日 - 9月1日   サリー 2   メキシコ
  カナダ
アジア・オセアニア予選英語版 2019年9月24日 - 29日   上海 1   オーストラリア
6

開催国の日本を含め、16ヵ国が出場した。優勝チーム(日本が優勝した場合は、2位のチーム)が出場権を獲得する[6]

優勝したアメリカが(日本とともに決勝進出を決めた時点で)オリンピック出場権を獲得した[7]

ヨーロッパ・アフリカ予選

編集

[8]

2019年女子ソフトボールヨーロッパ選手権の上位6ヵ国(オランダイギリスチェコイタリアスペインフランス)と2019年ソフトボールアフリカカップの上位2ヵ国(ボツワナ南アフリカ)が出場した。優勝チームが出場権を獲得する[6]

優勝したイタリアがオリンピック出場権を獲得した[9]

アメリカ大陸予選

編集

[10][11]

12ヵ国が出場した(うち、アルゼンチン英領ヴァージン諸島は出場辞退)。上位2ヵ国が出場権を獲得する[6]

優勝したメキシコと2位のカナダがオリンピック出場権を獲得した[12]

アジア・オセアニア予選

編集

[13]

2019年女子ソフトボールアジアカップ日本を除く上位6ヵ国(中国チャイニーズタイペイフィリピン韓国インドネシア香港)、2019年オセアニアソフトボール選手権大会の上位2ヵ国(オーストラリアニュージーランド)が出場した[14][15]。優勝チームが出場権を獲得する[6]

優勝したオーストラリアがオリンピック出場権を獲得した[16]

出場チーム

編集
日本代表メンバー[17]
ポジション 名前 年齢 所属 備考
  日本代表選手
投手 160藤田倭 30歳 ビックカメラ高崎ビークイーン
170上野由岐子 38歳 ビックカメラ高崎ビークイーン
270後藤希友 20歳 トヨタ自動車レッドテリアーズ
捕手 010峰幸代 33歳 トヨタ自動車レッドテリアーズ
210清原奈侑 30歳 日立サンディーバ
250我妻悠香 26歳 ビックカメラ高崎ビークイーン
内野手 040市口侑果 29歳 ビックカメラ高崎ビークイーン
050山本優 32歳 ビックカメラ高崎ビークイーン
100川畑瞳 25歳 デンソーブライトペガサス
120渥美万奈 32歳 トヨタ自動車レッドテリアーズ
140内藤実穂 27歳 ビックカメラ高崎ビークイーン
外野手 020山崎早紀 29歳 トヨタ自動車レッドテリアーズ
080原田のどか 29歳 太陽誘電ソルフィーユ
090森さやか 32歳 ビックカメラ高崎ビークイーン
110山田恵里   37歳 デンソーブライトペガサス
スタッフ
監督 宇津木麗華 58歳 ビックカメラ高崎ビークイーン
コーチ ルーシー・カサレス 61歳 豊田自動織機シャイニングベガ
山路典子 50歳 太陽誘電ソルフィーユ

オープニングラウンド

編集

前半2日間は福島あづま球場、後半3日間は横浜スタジアムで開催される。

チーム 出場権
1   アメリカ (Q) 5 5 0 9 2 +7 1.000 決勝
2   日本 (H, Q) 5 4 1 18 5 +13 .800 1
3   カナダ (Q) 5 3 2 19 4 +15 .600 2 3位決定戦
4   メキシコ (Q) 5 2 3 11 10 +1 .400 3
5   オーストラリア (E) 5 1 4 5 21 −16 .200 4
6   イタリア (E) 5 0 5 1 21 −20 .000 5
出典: Tokyo 2020 and WBSC
(E) 敗退; (H) 開催地; (Q) 出場権獲得.

試合

編集

7月21日 福島あづま球場

編集
7月21日
  1 2 3 4 5 6 7 R H E
  オーストラリア 1 0 0 0 0 1 2 2
  日本 1 0 2 3 2 8 6 0
  1. (5回コールド)
  2. 勝利上野(1-0)  
  3. 敗戦パーナビー(0-1)  
  4. 本塁打
    JPN:内藤(1)、藤田(1)、山本(1)
  5. 試合結果:Tokyo 2020
7月21日
  1 2 3 4 5 6 7 R H E
  イタリア 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
  アメリカ 0 0 0 1 1 0 X 2 5 0
  1. 勝利オスターマン(1–0)  
  2. セーブアボット(1)  
  3. 敗戦チェッケッティ(0–1)  
  4. 試合結果:Tokyo 2020
7月21日
  1 2 3 4 5 6 7 R H E
  メキシコ 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
  カナダ 2 0 1 1 0 0 X 4 9 0
  1. 勝利グロンウェゲン(1–0)  
  2. セーブローリー(1)  
  3. 敗戦エスコベド(0–1)  
  4. 本塁打
    CAN:サリング(1)
  5. 試合結果:Tokyo 2020

7月22日 福島あづま球場

編集
7月22日
  1 2 3 4 5 6 7 R H E
  アメリカ 0 0 0 0 1 0 0 1 7 1
  カナダ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
  1. 勝利アボット(1–0)  
  2. 敗戦カイラ(0–1)  
  3. 試合結果:Tokyo 2020
7月22日
  1 2 3 4 5 6 7 8 R H E
  メキシコ 0 0 0 0 1 0 1 0 2 6 0
  日本 0 1 0 0 1 0 0 1X 3 5 0
  1. (延長8回タイブレーク
  2. 勝利後藤(1–0)  
  3. 敗戦オトゥール(0–1)  
  4. 本塁打
    MEX:ウルテス(1)
    JPN:藤田(2)
  5. 試合結果:Tokyo 2020
7月22日
  1 2 3 4 5 6 7 R H E
  イタリア 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
  オーストラリア 0 1 0 0 0 0 X 1 4 0
  1. 勝利パーナビー(1–1)  
  2. セーブロバーツ(1)  
  3. 敗戦チェッケッティ(0-2)  
  4. 試合結果:Tokyo 2020

7月24日 横浜スタジアム

編集
7月24日
  1 2 3 4 5 6 7 R H E
  オーストラリア 1 0 0 0 0 0 0 1 6 2
  カナダ 3 3 0 1 0 0 X 7 8 0
  1. 勝利カイラ(1–1)  
  2. 敗戦ロバーツ(0-1)  
  3. 試合結果:Tokyo 2020
7月24日
  1 2 3 4 5 6 7 R H E
  アメリカ 0 0 2 0 0 0 0 2 6 1
  メキシコ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3
  1. 勝利オスターマン(2–0)  
  2. セーブアボット(2)  
  3. 敗戦エスコベド(0–2)  
  4. 試合結果:Tokyo 2020
7月24日
  1 2 3 4 5 6 7 R H E
  日本 0 0 0 2 0 3 0 5 6 0
  イタリア 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
  1. 勝利後藤(2–0)  
  2. 敗戦ラカテナ(0–1)  
  3. 本塁打
    JPN:山本(2)、藤田(3)
  4. 試合結果:Tokyo 2020

7月25日 横浜スタジアム

編集
7月25日
  1 2 3 4 5 6 7 8 R H E
  オーストラリア 0 0 0 0 0 0 0 1 1 3 0
  アメリカ 0 0 0 0 0 0 0 2X 2 5 0
  1. (延長8回タイブレーク)
  2. 勝利アボット(2–0)  
  3. 敗戦ステプト(0–1)  
  4. 試合結果:Tokyo 2020
7月25日
  1 2 3 4 5 6 7 8 R H E
  カナダ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
  日本 0 0 0 0 0 0 0 1X 1 6 0
  1. (延長8回タイブレーク)
  2. 勝利後藤(3–0)  
  3. 敗戦ローリー(0–1)  
  4. 試合結果:Tokyo 2020
7月25日
  1 2 3 4 5 6 7 R H E
  イタリア 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0
  メキシコ 0 1 1 0 3 0 0 5 9 0
  1. 勝利エスコベド(1-2)  
  2. 敗戦チェッケッティ(0-3)  
  3. 本塁打
    MEX:ロメロ(1)、ウルテス(2)、セルバンテス(1)
  4. 試合結果:Tokyo 2020

7月26日 横浜スタジアム

編集
7月26日
  1 2 3 4 5 6 7 R H E
  日本 1 0 0 0 0 0 0 1 4 0
  アメリカ 0 0 0 0 0 1 1X 2 4 1
  1. 勝利アボット(3-0)  
  2. 敗戦藤田(0-1)  
  3. 本塁打
    USA:スチュアート(1・サヨナラ
  4. 試合結果:Tokyo 2020
7月26日
  1 2 3 4 5 6 7 R H E
  カナダ 0 1 1 0 3 3 8 7 1
  イタリア 0 0 1 0 0 0 1 4 1
  1. (6回コールド)
  2. 勝利レグラ(1–0)  
  3. 敗戦チェッケッティ(0–4)  
  4. 本塁打
    CAN:ジルバート(1)
  5. 試合結果:Tokyo 2020
7月26日
  1 2 3 4 5 6 7 R H E
  メキシコ 0 2 0 2 0 0 0 4 11 0
  オーストラリア 0 0 0 0 0 0 1 1 5 0
  1. 勝利エスコベド(1–2)  
  2. 敗戦パーナビー(1–2)  
  3. 試合結果:Tokyo 2020

メダルラウンド

編集

3位決定戦

編集

2021年7月27日13時 - 横浜スタジアム

  1 2 3 4 5 6 7 R H E
  メキシコ 0 0 1 0 1 0 0 2 7 1
  カナダ 0 2 0 0 1 0 X 3 6 0
  1. 勝利ローリー(1–1)  
  2. 敗戦オトーレ(0–2)  
  3. 試合結果:Tokyo 2020

決勝

編集

2021年7月27日20時 - 横浜スタジアム

  1 2 3 4 5 6 7 R H E
  日本 0 0 0 1 1 0 0 2 8 0
  アメリカ 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
  1. 勝利上野(2-0)  
  2. 敗戦カルダ(0-1)  
  3. 試合結果:Tokyo 2020

メダリスト

編集
種目
ソフトボール(女子)[18][19]   日本 (JPN)
峰幸代
山崎早紀
市口侑果
山本優
原田のどか
森さやか
川畑瞳
山田恵里
渥美万奈
内藤実穂
藤田倭
上野由岐子
清原奈侑
我妻悠香
後藤希友
  アメリカ合衆国 (USA)
オーブリー・ムンロ
アリソン・アギラー
アリソン・カルダ
アマンダ・チデスター
ケルシー・スチュアート
ヘイリー・マクレニー
ジャネット・リード
モニカ・アボット
ミシェル・モールトリー
バレリー・アリオト
レーチェル・ガルシア
デジャ・ムリポラ
キャサリン・オスターマン
バッバ・ニクルス
ディレイニー・スポールディング
  カナダ (CAN)
ケルシー・ハーシュマン
ナタリー・ワイドマン
エリカ・ポリドリ
ジョイ・ライ
ジェニファー・サリング
ビクトリア・ヘイワード
ジャネット・レオン
ダニエル・ローリー
サラ・グロンウェゲン
エマ・エンツミンガー
ジェニファー・ギルバート
ラリッサ・フランクリン
ジェンナ・カイラ
ローレン・レグラ
カリー・ラフター

国・地域別のメダル獲得数

編集
国・地域
1   日本(開催国) 1 0 0 1
2   アメリカ合衆国 0 1 0 1
3   カナダ 0 0 1 1
合計 1 1 1 3

脚注

編集
  1. ^ IOC approves five new sports for Olympic Games Tokyo 2020 - Olympic News”. Olympic.org (2016年8月3日). 2016年8月8日閲覧。
  2. ^ 野球・ソフトボール”. 東京2020. 2021年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月21日閲覧。
  3. ^ 野球・ソフトボール 競技スケジュール”. 東京2020. 2021年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月25日閲覧。
  4. ^ WBSC reveals Olympic Baseball, Softball rules and regulations”. WBSC (2021年7月5日). 2021年7月5日閲覧。
  5. ^ OG Softball - Regulations - Google ドライブ”. drive.google.com. 2021年7月23日閲覧。
  6. ^ a b c d WBSC - World Baseball Softball Confederation”. wbsc.org. 2020年5月21日閲覧。
  7. ^ Japan will play USA for the title of Softball World Champion, clears their way to Tokyo 2020” (英語). wbsc.org. 2020年5月31日閲覧。
  8. ^ Italy v Great Britain - Europe/Africa Softball Olympic Qualifier WBSC
  9. ^ Italy beats Great Britain, qualifies for 2020 Olympic Games” (英語). wbsc.org. 2020年5月31日閲覧。
  10. ^ Puerto Rico v Mexico - Americas Softball Olympic Qualifier WBSC
  11. ^ Canada v Mexico - Americas Softball Olympic Qualifier WBSC
  12. ^ Canada, Mexico qualify for Tokyo 2020 Olympic Games as top two teams across Americas” (英語). wbsc.org. 2020年5月31日閲覧。
  13. ^ Australia v China - Asia/Oceania Softball Olympic Qualifier 2019 WBSC
  14. ^ WBSC - World Baseball Softball Confederation”. wbsc.org. 2020年5月22日閲覧。
  15. ^ WBSC - World Baseball Softball Confederation”. wbsc.org. 2020年5月21日閲覧。
  16. ^ Australia clinches Olympic ticket, becomes the last qualified nation to Tokyo 2020” (英語). wbsc.org. 2020年5月31日閲覧。
  17. ^ 第32回オリンピック競技大会 日本ソフトボール協会
  18. ^ 東京2020 野球/ソフトボール ソフトボール 結果”. olympics.com. 2021年8月2日閲覧。
  19. ^ Medallists”. olympics.com. 2021年8月2日閲覧。

関連項目

編集

外部リンク

編集