2020年東京オリンピックのバスケットボール競技

2020年東京オリンピックのバスケットボール競技(2020ねんとうきょうオリンピックのバスケットボールきょうぎ)は、国際バスケットボール連盟(FIBA)管轄の下で2021年7月から8月にかけて実施された2020年東京オリンピックバスケットボール[1][2]である。

2020年東京オリンピック
バスケットボール競技
Saitama Super Arena 02.jpg
さいたまスーパーアリーナ
会場さいたまスーパーアリーナ
青海アーバンスポーツパーク(3x3)
開催日2021年7月24日 - 8月8日
参加選手数 バスケットボール男女:288人(未出場者3人を含む)
3x3男女:64人
参加チーム数バスケットボール男女:12カ国ずつ
3x3男女:8カ国ずつ
« 20162024 »
Basketball at the 2020 Summer Olympics – Men's Iran vs Czech Republic (7).jpg

競技概要編集

バスケットボール編集

5人制バスケットボールさいたま市さいたまスーパーアリーナで実施され、男女各12チームが出場。

男子は開催国と2019年FIBAバスケットボール・ワールドカップにおいて各大陸(アフリカ、アメリカ大陸、アジア、ヨーロッパ、オセアニア)最上位1チームとヨーロッパとアメリカ大陸の2番手チーム、それに世界最終予選から4チームに出場権が与えられる。

女子は開催国と2018年FIBA女子バスケットボール・ワールドカップ優勝国以外は世界最終予選で出場国を決定するが、アジア・オセアニア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ大陸の4地域から確実に出場国が出るようになっている。なお男子決勝が最終日に実施されることが慣例となっていたものの、今大会については女子決勝を最終日に実施することとした(男子決勝は8月7日、女子決勝は8月8日)。

開催国として出場権を獲得した男子日本代表1976年大会以来の出場、女子日本代表は2大会連続の出場となる。

3x3編集

また、今大会では3人制の3x3が初めて実施される[3]。会場は仮設の青海アーバンスポーツパーク。男女各8チームが出場。

開催国である男女日本代表チームが自動的に出場権を認められるかについては、2019年3月30日のFIBA中央理事会では5人制・3x3とも男女両方について認められた[4][5][6]。一方でFIBAのプレスリリースでは3x3についてはIOCの承認が条件としていた[7]。10月2日、FIBAは3x3開催国枠はランキング上位の男女いずれか1つになったと発表[8]。10月3日の日本バスケットボール協会の発表によると3月のFIBAの決定はIOCの承認が得られなかったとのことである[9]。同日、IOC会長のトーマス・バッハローザンヌで10月2日、3日に行われたIOC理事会後の記者会見でこの件について朝日新聞の記者に質問されると「私は知らない(笑)。今日も昨日も3x3に関する話題はなかった。」と回答した[10]

出場国選出の基準日である2019年11月1日のランキング[11]では、男子9位、女子11位であったため、男子日本代表のみ開催国枠による出場権を獲得し、女子日本代表はオリンピック予選または、ユニバーサリティ・オリンピック予選を通じて、出場権獲得を目指すこととなった[12]。2021年5月のオリンピック予選で女子日本代表は3位となり、出場権を獲得した[13]

出場国・地域編集

バスケットボール編集

男子編集

対象[14] [15] 日程 開催地 枠数 出場国・地域
開催国 2019年3月30日 - 1   日本
2019年FIBAバスケットボール・ワールドカップ アフリカ 2019年8月31日‐ 9月15日   中国 1   ナイジェリア
アメリカ 2   アメリカ
  アルゼンチン
アジア 1   イラン
欧州 2   スペイン
  フランス
オセアニア 1   オーストラリア
世界最終予選英語版 2021年6月22日-7月4日[16]   ビクトリア 1   チェコ
  スプリト 1   ドイツ
  カウナス 1   スロベニア
  ベオグラード 1   イタリア
合計 12

世界最終予選(男子)

2019年FIBAバスケットボール・ワールドカップでオリンピック出場権を得た国を除く上位16か国と、FIBAランキングに基づき選ばれたアフリカ、アメリカ大陸、ヨーロッパ、アジア・オセアニアの4地区から2か国ずつの計24か国が出場する。

24か国はランキングに基づき6つのポットに分けられ[17]、1会場につきそれぞれのポットから1か国ずつ計6か国が出場する[18]。グループリーグとトーナメント形式の併用で優勝した国がオリンピック出場権を獲得する[19]

女子編集

対象[14] [15] 日程 開催地 枠数 出場国・地域
開催国 2019年3月30日 - 1   日本
2018年FIBA女子バスケットボール・ワールドカップ 2018年9月22日‐30日   スペイン 1   アメリカ
世界最終予選英語版 2020年2月6日‐9日[20]   オステンド 2   ベルギー
  カナダ
  ブールジュ 3   オーストラリア
  フランス
  プエルトリコ
  ベオグラード 2   ナイジェリア
  セルビア
  仏山市[21]

  ベオグラード

3   中国
  韓国
  スペイン
合計 12

世界最終予選(女子)

ヨーロッパ女子バスケットボール選手権の上位6か国と、大陸予選を通じてアフリカから2か国、アメリカ大陸とアジア・オセアニアから4か国ずつの計16か国が出場する[22]。なお、既に出場権を獲得している日本とアメリカも上記の出場国に含まれる。

16か国を4か国ずつ4グループに分けて[23]、総当たり戦を行う。日本かアメリカを含むグループからは2か国、いずれも含まないグループからは3か国がオリンピック出場権を獲得する[24]。16か国はランキングに基づき4つのポットに分けられる[25]。アフリカから出場する2か国は同じグループに配置される[18]ため、いずれかの国は必ず出場権を獲得する。(6か国が出場するヨーロッパも同様であるため、アジア・オセアニア(日本)、アメリカ大陸(アメリカ)と合わせて、4地域からの出場国が出揃う)

3x3編集

男子編集

対象[8] [12] 日程 開催地 枠数 出場国・地域
FIBA 3x3世界ランキング[11][注釈 1] 2019年11月1日 - 4   セルビア
  ROC
  中国
  日本
2021 FIBAオリンピック予選[注釈 2][注釈 3] 2021年5月26日-30日   ベンガルール[26][27]
  グラーツ[28]
3   ポーランド
  オランダ
  ラトビア
2021 FIBAユニバーサリティ・オリンピック予選[注釈 4][注釈 3] 2021年6月4日-6日   デブレツェン[29] 1   ベルギー
合計 8

女子編集

対象[8] [12] 日程 開催地 枠数 出場国・地域
FIBA 3x3世界ランキング[11][注釈 1] 2019年11月1日 - 4   ROC
  中国
  モンゴル
  ルーマニア
2021 FIBAオリンピック予選[注釈 2][注釈 3] 2021年5月26日-30日   ベンガルール[26][27]
  グラーツ[28]
3   アメリカ合衆国
  フランス
  日本
2021 FIBAユニバーサリティ・オリンピック予選[注釈 4][注釈 3] 2021年6月4日-6日   デブレツェン[29] 1   イタリア
合計 8

競技日程編集

バスケットボール編集

[30]

予選 予選リーグ 準々 準々決勝 準決勝 3 3位決定戦 決勝
種目\日時 7月25日 7月26日 7月27日 7月28日 7月29日 7月30日 7月31日 8月1日 8月2日 8月3日 8月4日 8月5日 8月6日 8月7日 8月8日
男子 予選 予選
予選 予選
予選 予選
準々


女子
予選 予選
予選 予選
予選 予選
準々
3

3x3編集

[31]

予選 予選リーグ 準々 準々決勝 準決勝 3位決定戦 決勝
種目\日時 7月24日 7月25日 7月26日 7月27日 7月28日
男子 予選 予選 予選 予選 準々
女子 予選 予選 予選 予選 準々

競技結果編集

バスケットボール編集

男子編集

予選リーグ編集

組み合わせ抽選はFIBAランキング[32]を基にしたポット分けにより、2021年2月2日に行われた[33][34]。なお、世界最終予選はまだ行われていないため、各予選大会で最もランキングが上位の国の順位を基にポット分けが行われた。

ポット1 ポット2 ポット3 ポット4
  アメリカ 1   アルゼンチン 4   チェコ 7[注釈 5]   ナイジェリア 22
  スペイン 2   イタリア 5[注釈 6]   スロベニア 8[注釈 7]   イラン 23
  オーストラリア 3   フランス 6   ドイツ 9[注釈 8]   日本 41

4チームずつ3組に分かれて総当り戦を行い、各組上位2チームと3位チームのうち成績上位2チーム、計8チームが決勝トーナメントに進出する。(前回大会では6チームずつ2組の総当り戦で各組上位4チームが決勝トーナメントに進出していた。)準々決勝の組み合わせは、各組1位チームと2位チームのうち成績最上位、計4チームをシードチームとして抽選を行う[35]

グループA

チーム 出場権
1   フランス 3 3 0 259 215 +44 6 決勝トーナメント進出
2   アメリカ 3 2 1 315 233 +82 5
3   チェコ 3 1 2 245 294 −49 4
4   イラン 3 0 3 206 283 −77 3
出典: 東京2020FIBA
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)対戦勝ち点.3)対戦得失点差.4)対戦得点数

グループB

チーム 出場権
1   オーストラリア 3 3 0 259 226 +33 6 決勝トーナメント進出
2   イタリア 3 2 1 255 239 +16 5
3   ドイツ 3 1 2 257 273 −16 4
4   ナイジェリア 3 0 3 230 263 −33 3
出典: 東京2020FIBA
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)対戦勝ち点.3)対戦得失点差.4)対戦得点数

グループC

チーム 出場権
1   スロベニア 3 3 0 329 268 +61 6 決勝トーナメント進出
2   スペイン 3 2 1 256 243 +13 5
3   アルゼンチン 3 1 2 268 276 −8 4
4   日本 (H) 3 0 3 235 301 −66 3
出典: 東京2020FIBA
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)対戦勝ち点.3)対戦得失点差.4)対戦得点数
(H) 開催地.

各グループ3位チーム

チーム 出場権
1 C   アルゼンチン 3 1 2 268 276 −8 4 決勝トーナメント進出
2 B   ドイツ 3 1 2 257 273 −16 4
3 A   チェコ 3 1 2 245 294 −49 4
出典: 東京2020FIBA
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)得失点差.3)得点数.4)FIBAランキング
決勝トーナメント編集

過去3大会でチームを優勝に導いたマイク・シャシェフスキーから監督を引き継いだグレッグ・ポポヴィッチ率いるアメリカ代表は、予選リーグ初戦でフランス代表に敗れたが、グループ2位で決勝トーナメントに進出し、決勝ではフランス代表との再戦に競り勝ち、4大会連続16回目の金メダル獲得を果たした。ケビン・デュラントは男子ではカーメロ・アンソニーに並び、史上最多となる3個目の金メダル獲得となった。3位決定戦を制したオーストラリア代表は初のメダルとなる銅メダルを獲得した。

 
準々決勝準決勝決勝
 
          
 
8/3
 
 
B2   イタリア75
 
8/5
 
A1   フランス84
 
  フランス90
 
8/3
 
  スロベニア89
 
C1   スロベニア94
 
8/7
 
B3   ドイツ70
 
  フランス82
 
8/3
 
  アメリカ87
 
C2   スペイン81
 
8/5
 
A2   アメリカ95
 
  アメリカ97
 
8/3
 
  オーストラリア78 3位決定戦
 
B1   オーストラリア97
 
8/7
 
C3   アルゼンチン59
 
  スロベニア93
 
 
  オーストラリア107
 
最終順位編集
順位 チーム[36] 成績
    アメリカ 5–1
    フランス 5–1
    オーストラリア 5–1
4   スロベニア 4–2
5   イタリア 2–2
6   スペイン 2–2
7   アルゼンチン 1–3
8   ドイツ 1–3
9   チェコ 1–2
10   ナイジェリア 0–3
11   日本 0–3
12   イラン 0–3


女子編集

予選リーグ編集

組み合わせ抽選はFIBAランキング[37]を基にしたポット分けにより、2021年2月2日に行われた[33][34]

ポット1 ポット2 ポット3 ポット4
  アメリカ 1   カナダ 4   セルビア 8   ナイジェリア 14
  オーストラリア 2   フランス 5   中国 9   韓国 19
  スペイン 3   ベルギー 6   日本 10   プエルトリコ 22

4チームずつ3組に分かれて総当り戦を行い、各組上位2チームと3位チームのうち成績上位2チーム、計8チームが決勝トーナメントに進出する。(前回大会では6チームずつ2組の総当り戦で各組上位4チームが決勝トーナメントに進出していた。)準々決勝の組み合わせは、各組1位チームと2位チームのうち成績最上位、計4チームをシードチームとして抽選を行う[35]

グループA

チーム 出場権
1   スペイン 3 3 0 234 205 +29 6 決勝トーナメント進出
2   セルビア 3 2 1 207 214 −7 5
3   カナダ 3 1 2 208 201 +7 4
4   韓国 3 0 3 183 212 −29 3
出典: 東京2020FIBA
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)対戦勝ち点.3)対戦得失点差.4)対戦得点数

グループB

チーム 出場権
1   アメリカ 3 3 0 260 223 +37 6 決勝トーナメント進出
2   日本 (H) 3 2 1 245 239 +6 5
3   フランス 3 1 2 239 229 +10 4
4   ナイジェリア 3 0 3 217 270 −53 3
出典: 東京2020FIBA
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)対戦勝ち点.3)対戦得失点差.4)対戦得点数
(H) 開催地.

グループC

チーム 出場権
1   中国 3 3 0 247 191 +56 6 決勝トーナメント進出
2   ベルギー 3 2 1 234 196 +38 5
3   オーストラリア 3 1 2 240 230 +10 4
4   プエルトリコ 3 0 3 176 280 −104 3
出典: 東京2020FIBA
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)対戦勝ち点.3)対戦得失点差.4)対戦得点数

各グループ3位チーム

チーム 出場権
1 C   オーストラリア 3 1 2 240 230 +10 4 決勝トーナメント進出
2 B   フランス 3 1 2 239 229 +10 4
3 A   カナダ 3 1 2 208 201 +7 4
出典: 東京2020FIBA
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)得失点差.3)得点数.4)FIBAランキング
決勝トーナメント編集

アメリカ代表は予選リーグを3戦全勝で通過すると、決勝では日本代表を再び破り、7大会連続9回目の金メダルを獲得した。スー・バードダイアナ・トーラジは男女を通じて史上最多となる5個目の金メダル獲得となった。日本代表は決勝で敗れたものの、男女を通じて初のメダルとなる銀メダルを獲得した。

 
準々決勝準決勝決勝
 
          
 
8/4
 
 
C3   オーストラリア55
 
8/6
 
B1   アメリカ79
 
  アメリカ79
 
8/4
 
  セルビア59
 
C1   中国70
 
8/8
 
A2   セルビア77
 
  アメリカ90
 
8/4
 
  日本75
 
B2   日本86
 
8/6
 
C2   ベルギー85
 
  日本87
 
8/4
 
  フランス71 3位決定戦
 
A1   スペイン64
 
8/7
 
B3   フランス67
 
  セルビア76
 
 
  フランス91
 
最終順位編集
順位 チーム[38] 成績
    アメリカ 6–0
    日本 4–2
    フランス 3–3
4   セルビア 3–3
5   中国 3–1
6   スペイン 3–1
7   ベルギー 2–2
8   オーストラリア 1–3
9   カナダ 1–2
10   韓国 0–3
11   ナイジェリア 0–3
12   プエルトリコ 0–3


メダリスト編集

種目
男子[39]   アメリカ合衆国 (USA)
ケルドン・ジョンソン
ザック・ラビーン
デイミアン・リラード
ケビン・デュラント
クリス・ミドルトン
ジェラミ・グラント
ジェイソン・テイタム
ジャベール・マギー
ドリュー・ホリデー
バム・アデバヨ
ドレイモンド・グリーン
デビン・ブッカー
  フランス (FRA)
フランク・ニリキナ
ティモテー・ルワウ=キャバロ
トマ・ウルテル
ニコラ・バトゥーム
グエルション・ヤブセレ
エバン・フォーニエ
ナンド・デ・コロ
バンサン・ポワリエ
アンドレウ・アルビシ
ルディ・ゴベール
ペトル・コールネリ
ムスタファ・ファル
  オーストラリア (AUS)
クリス・ゴールディング
パティ・ミルズ
ジョシュ・グリーン
ジョー・イングルス
マシュー・デラベドバ
ネーサン・ソベイ
マティス・サイブル
ダンテ・エクザム
アロン・ベインズ
ジョック・ランデール
デュオプ・トーマス・リース
ニック・ケイ
女子[40]   アメリカ合衆国 (USA)
ジュエル・ロイド
スカイラー・ディギンズ
スー・バード
アリエル・アトキンズ
チェルシー・グレイ
エイジャ・ウィルソン
ブレアナ・ステュアート
ナフィーサ・コリアー
ダイアナ・トーラジ
シルビア・ファウルス
ティナ・チャールズ
ブリトニー・グリナー
  日本 (JPN)
長岡萌映子
高田真希
三好南穂
町田瑠唯
本橋菜子
東藤なな子
林咲希
馬瓜エブリン
宮崎早織
宮沢夕貴
赤穂ひまわり
オコエ桃仁花
  フランス (FRA)
マリーヌ・フォトゥックス
アンデネ・ミヤン
アレクシア・シャルテロー
サンドリーヌ・グルダ
エレーナ・シアク
サラ・ミシェル
バレリアーヌ・ビュコザブリェビッチ
イリアーナ・リュペール
ガビ・ウィリアムズ
マリヌ・ジョアネス
アリックス・デュシェ
ディアンドラ・チャチュアン

表彰編集

男子[41]
All-Star Team
ガード フォワード センター
  パティ・ミルズ
  リッキー・ルビオ
  ルカ・ドンチッチ
  ケビン・デュラント
  ルディ・ゴベア
MVP:   ケビン・デュラント
女子[42]
All-Star Team
ガード フォワード センター
  町田瑠唯   エマ・ミースマン
  ブレアナ・ステュアート
  エイジャ・ウィルソン
  サンドリーヌ・グルダ
MVP:   ブレアナ・ステュアート

3x3編集

8チームが総当り戦を行い、上位6チームが決勝トーナメントに進出する[43]

男子編集

予選ラウンド編集
チーム 出場権
1   セルビア 7 7 0 138 91 +47 準決勝進出
2   ベルギー 7 4[注 1] 3 126 127 −1
3   ラトビア 7 4[注 1] 3 133 129 +4 準々決勝進出
4   オランダ 7 4[注 1] 3 132 129 +3
5   ROC 7 3 4 116 125 −9
6   日本 (H) 7 2[注 2] 5 123 134 −11
7   ポーランド 7 2[注 2] 5 120 130 −10
8   中国 7 2[注 2] 5 119 142 −23
出典: 東京2020FIBA
順位の決定基準: 1)勝利試合数.2)対戦勝利試合数.3)総得点数.[44]
(H) 開催地.
注釈:
  1. ^ a b c 対戦:ベルギー2勝0敗、ラトビア1勝1敗、オランダ0勝2敗。
  2. ^ a b c 対戦は日本、ポーランド、中国ともに1勝1敗だが、得点数は日本123点、ポーランド120点、中国119点。


2021年7月24日 (2021-07-24)
11:35
  ポーランド 14–21   ラトビア
Pts: Hicks 8 Pts: Miezis 7
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Markos Michaelides (SUI), Edmond Ho (HKG)
2021年7月24日 (2021-07-24)
12:00
  中国 13–22   セルビア
Pts: Hu 6 Pts: Domović Bulut 11
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Marek Maliszewski (POL), Glenn Tuitt (USA)
2021年7月24日 (2021-07-24)
15:00
  ロシア 21–13   中国
Pts: Zuev 12 Pts: Hu 6
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Glenn Tuitt (USA), Cecília Tóth (HUN)
2021年7月24日 (2021-07-24)
15:25
  セルビア 16–15   オランダ
Pts: Vasić 5 Pts: Voorn 6
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Edmond Ho (HKG), Marek Maliszewski (POL)
2021年7月24日 (2021-07-24)
18:40
  ラトビア 20–21   ベルギー
Pts: Lasmanis 11 Pts: Vervoort 11
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Markos Michaelides (SUI), Edmond Ho (HKG)
2021年7月24日 (2021-07-24)
19:05
  日本 19–20 (OT)   ポーランド
Pts: ブラウン, 富永啓生 7 Pts: Pawłowski, Zamojski 7
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Vlad Ghizdareanu (ROU), Jasmina Juras (SRB)
2021年7月24日 (2021-07-24)
22:00
  オランダ 18–15   ロシア
Pts: Van der Horst 9 Pts: Karpenkov 6
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Jasmina Juras (SRB), Markos Michaelides (SUI)
2021年7月24日 (2021-07-24)
22:25
  ベルギー 16–18 (OT)   日本
Pts: Bogaerts 5 Pts: 保岡龍斗 7
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Vlad Ghizdareanu (ROU), Su Yu-yen (TPE)

2021年7月25日 (2021-07-25)
11:35
  ロシア 16–21   ベルギー
Pts: Karpenkov 7 Pts: Celis, Vervoort 7
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Vlad Ghizdareanu (ROU), Cecília Tóth (HUN)
2021年7月25日 (2021-07-25)
12:00
  ポーランド 12–15   セルビア
Pts: Pawłowski 4 Pts: Vasić 5
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Evgeny Ostrovskiy (RUS), Markos Michaelides (SUI)
2021年7月25日 (2021-07-25)
15:00
  中国 17–18   ラトビア
Pts: Hu 12 Pts: Lasmanis 11
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Evgeny Ostrovskiy (RUS), Vlad Ghizdareanu (ROU)
2021年7月25日 (2021-07-25)
15:25
  セルビア 21–14   ベルギー
Pts: Domović Bulut 13 Pts: Bogaerts 6
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Markos Michaelides (SUI), Cecília Tóth (HUN)
2021年7月25日 (2021-07-25)
18:40
  ロシア 16–21   ポーランド
Pts: Pisklov 6 Pts: Pawłowski 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Edmond Ho (HKG), Jasmina Juras (SRB)
2021年7月25日 (2021-07-25)
19:05
  日本 20–21   オランダ
Pts: 富永啓生 10 Pts: Bekkering, Slagter 6
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Marek Maliszewski (POL), Vanessa Devlin (AUS)
2021年7月25日 (2021-07-25)
22:00
  オランダ 21–18   中国
Pts: Van der Horst 8 Pts: Hu 17
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Glenn Tuitt (USA), Jasmina Juras (SRB)
2021年7月25日 (2021-07-25)
22:25
[ Report]
  ラトビア 21–18   日本
Pts: Lasmanis 7 Pts: 富永啓生 9
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Edmond Ho (HKG), Marek Maliszewski (POL)

2021年7月26日 (2021-07-26)
11:35
  ベルギー 20–21   中国
Pts: Vervoort 10 Pts: Hu 9
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Marek Maliszewski (POL), Cecília Tóth (HUN)
2021年7月26日 (2021-07-26)
12:00
  セルビア 21–11   日本
Pts: Domović Bulut 7 Pts: 保岡龍斗 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Edmond Ho (HKG), Glenn Tuitt (USA)
2021年7月26日 (2021-07-26)
15:00
  日本 16–19   ロシア
Pts: アイラ・ブラウン 7 Pts: Pisklov 7
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Glenn Tuitt (USA), Cecília Tóth (HUN)
2021年7月26日 (2021-07-26)
15:25
  ラトビア 16–22   セルビア
Pts: three players 5 Pts: Majstorović 11
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Edmond Ho (HKG), Marek Maliszewski (POL)
2021年7月26日 (2021-07-26)
18:40
  オランダ 17–18 (OT)   ベルギー
Pts: Voorn 10 Pts: Vervoort 7
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Markos Michaelides (SUI), Evgeny Ostrovskiy (RUS)
2021年7月26日 (2021-07-26)
19:05
  ポーランド 19–21   中国
Pts: Pawłowski 7 Pts: Hu 12
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Vlad Ghizdareanu (ROU), Jasmina Juras (SRB)
2021年7月26日 (2021-07-26)
22:00
  ロシア 19–15   ラトビア
Pts: Zuev 7 Pts: Lasmanis 6
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Vlad Ghizdareanu (ROU), Jasmina Juras (SRB)
2021年7月26日 (2021-07-26)
22:25
  オランダ 22–20 (OT)   ポーランド
Pts: Bekkering, Van der Horst 6 Pts: Hicks 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Markos Michaelides (SUI), Evgeny Ostrovskiy (RUS)

2021年7月27日 (2021-07-27)
14:40
  ベルギー 16–14   ポーランド
Pts: Vervoort 11 Pts: Hicks 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Edmond Ho (HKG), Vlad Ghizdareanu (ROU)
2021年7月27日 (2021-07-27)
15:05
  中国 16–21   日本
Pts: Gao 8 Pts: 富永啓生, 保岡龍斗 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Markos Michaelides (SUI), Jasmina Juras (SRB)
2021年7月27日 (2021-07-27)
18:00
  セルビア 21–10   ロシア
Pts: Vasić 8 Pts: Karpenkov 5
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Markos Michaelides (SUI), Cecília Tóth (HUN)
2021年7月27日 (2021-07-27)
18:25
  ラトビア 22–18   オランダ
Pts: Miezis 9 Pts: Van der Horst 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Edmond Ho (HKG), Jasmina Juras (SRB)
決勝トーナメント編集

直近(2019年)のワールドカップ覇者であるアメリカ代表がオリンピック出場権を逃したため、2016~2018年のワールドカップを3連覇し、優勝争いの本命と見られていたセルビア代表は予選リーグを全勝で突破したが、準決勝でROCに敗れた。決勝でROCに競り勝ったラトビア代表が金メダルを獲得した。

 
準々決勝準決勝決勝
 
          
 
 
 
 
7/28
 
 
  セルビア10
 
7/27
 
  ROC21
 
  オランダ19
 
7/28
 
  ROC21
 
  ROC18
 
7/27
 
  ラトビア21
 
  ラトビア21
 
7/28
 
  日本19
 
  ラトビア21
 
 
  ベルギー8 3位決定戦
 
 
7/28
 
 
  セルビア21
 
 
  ベルギー10
 
準々決勝
2021年7月27日 (2021-07-27)
21:00
  オランダ 19–21   ロシア
Pts: Van der Horst 8 Pts: Zuev 9
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Edmond Ho (HKG), Markos Michaelides (SUI)

2021年7月27日 (2021-07-27)
22:20
  ラトビア 21–18   日本
Pts: Krūmiņš 9 Pts: 富永啓生 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Jasmina Juras (SRB), Marek Maliszewski (POL)
準決勝
2021年7月28日 (2021-07-28)
17:30
  セルビア 10–21   ロシア
Pts: Domović Bulut 5 Pts: Zuev 11
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Marek Maliszewski (POL), Markos Michaelides (SUI)

2021年7月28日 (2021-07-28)
18:40
  ベルギー 8–21   ラトビア
Pts: Vervoort 5 Pts: Lasmanis 9
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Edmond Ho (HKG), Markos Michaelides (SUI)
3位決定戦
2021年7月28日 (2021-07-28)
21:15
  セルビア 21–10   ベルギー
Pts: Domović Bulut 7 Pts: Vervoort 5
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Edmond Ho (HKG), Marek Maliszewski (POL)
決勝戦
2021年7月28日 (2021-07-28)
22:25
  ロシア 18–21   ラトビア
Pts: Karpenkov 7 Pts: Lasmanis 10
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Jasmina Juras (SRB), Markos Michaelides (SUI)
最終順位編集
順位 チーム[45]
    ラトビア (LAT)
    ROC (ROC)
    セルビア (SRB)
4   ベルギー (BEL)
5   オランダ (NED)
6   日本 (JPN)
7   ポーランド (POL)
8   中国 (CHN)


女子編集

予選ラウンド編集
チーム 出場権
1   アメリカ合衆国 7 6 1 136 98 +38 準決勝進出
2   ROC 7 5[注 1] 2 129 90 +39
3   中国 7 5[注 1] 2 127 97 +30 準々決勝進出
4   日本 (H) 7 5[注 1] 2 130 97 +33
5   フランス 7 4 3 118 116 +2
6   イタリア 7 2 5 98 125 −27
7   ルーマニア 7 1 6 89 142 −53
8   モンゴル 7 0 7 79 141 −62
出典: 東京2020FIBA
順位の決定基準: 1)勝利試合数.2)対戦勝利試合数.3)総得点数.[44]
(H) 開催地.
注釈:
  1. ^ a b c 対戦:ROC2勝0敗、中国1勝1敗、日本0勝2敗。
2021年7月24日 (2021-07-24)
10:15
  ロシア 21–18   日本
Pts: O. Frolkina 7 Pts: 篠崎澪 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Edmond Ho (HKG), Cecília Tóth (HUN)
2021年7月24日 (2021-07-24)
10:40
  中国 21–10   ルーマニア
Pts: Wan J, Yang 6 Pts: Cuic 4
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Marek Maliszewski (POL), Vanessa Devlin (AUS)
2021年7月24日 (2021-07-24)
14:00
  ロシア 19–9   中国
Pts: O. Frolkina 7 Pts: Wan J 4
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Vanessa Devlin (AUS), Cecília Tóth (HUN)
2021年7月24日 (2021-07-24)
14:25
  ルーマニア 8–20   日本
Pts: Ursu-Kim 3 Pts: 馬瓜ステファニー 9
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Sara El-Sharnouby (EGY), Markos Michaelides (SUI)
2021年7月24日 (2021-07-24)
17:30
  イタリア 15–14   モンゴル
Pts: D'Alie 8 Pts: Solongo 7
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Shi Qirong (CHN), Vlad Ghizdareanu (ROU)
2021年7月24日 (2021-07-24)
17:55
  アメリカ合衆国 17–10   フランス
Pts: Dolson 7 Pts: Paget, Touré 3
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Jasmina Juras (SRB), Edmond Ho (HKG)
2021年7月24日 (2021-07-24)
21:00
  モンゴル 9–21   アメリカ合衆国
Pts: Chimeddolgor 6 Pts: Gray 9
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Su Yu-yen (TPE), Vlad Ghizdareanu (ROU)
2021年7月24日 (2021-07-24)
21:25
  フランス 19–16   イタリア
Pts: Cata-Chitiga, Guapo 6 Pts: D'Alie 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Shi Qirong (CHN), Jasmina Juras (SRB)

2021年7月25日 (2021-07-25)
10:15
  日本 19–10   モンゴル
Pts: 馬瓜ステファニー, 山本麻衣 6 Pts: Chimeddolgor, Solongo 3
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Shi Qirong (CHN), Markos Michaelides (SUI)
2021年7月25日 (2021-07-25)
10:40
  ルーマニア 14–22   イタリア
Pts: Mărginean 6 Pts: D'Alie 13
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Su Yu-yen (TPE), Evgeny Ostrovskiy (RUS)
2021年7月25日 (2021-07-25)
14:00
  モンゴル 5–21   ロシア
Pts: Tserenlkham 3 Pts: Kozik, O. Frolkina 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Su Yu-yen (TPE), Vlad Ghizdareanu (ROU)
2021年7月25日 (2021-07-25)
14:25
  中国 22–13   イタリア
Pts: Zhang 8 Pts: D'Alie 6
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Cecília Tóth (HUN), Evgeny Ostrovskiy (RUS)
2021年7月25日 (2021-07-25)
17:30
  ルーマニア 11–22   アメリカ合衆国
Pts: Cuic 7 Pts: Plum 12
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Sara El-Sharnouby (EGY), Marek Maliszewski (POL)
2021年7月25日 (2021-07-25)
17:55
  日本 19–15   フランス
Pts: three players 5 Pts: Paget 6
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Evgeny Ostrovskiy (RUS), Vanessa Devlin (AUS)
2021年7月25日 (2021-07-25)
21:00
  中国 20–13   フランス
Pts: Wang L., Yang 7 Pts: Touré 5
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Glenn Tuitt (USA), Evgeny Ostrovskiy (RUS)
2021年7月25日 (2021-07-25)
21:25
  ロシア 16–20   アメリカ合衆国
Pts: Kozik 8 Pts: Gray 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Jasmina Juras (SRB), Edmond Ho (HKG)

2021年7月26日 (2021-07-26)
10:15
  日本 12–15   中国
Pts: 馬瓜ステファニー 5 Pts: Wang L. 5
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Marek Maliszewski (POL), Vanessa Devlin (AUS)
2021年7月26日 (2021-07-26)
10:40
  モンゴル 14–22   ルーマニア
Pts: Tserenlkham 6 Pts: Ursu-Kim, Mărginean 7
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Su Yu-yen (TPE), Edmond Ho (HKG)
2021年7月26日 (2021-07-26)
14:00
  ルーマニア 12–21   ロシア
Pts: three players 4 Pts: O. Frolkina, Logunova 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Vanessa Devlin (AUS), Glenn Tuitt (USA)
2021年7月26日 (2021-07-26)
14:25
  イタリア 10–22   日本
Pts: Consolini 4 Pts: 馬瓜ステファニー 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Cecília Tóth (HUN), Su Yu-yen (TPE)
2021年7月26日 (2021-07-26)
17:30
  フランス 22–18   モンゴル
Pts: Guapo 9 Pts: Khulan, Tserenlkham 7
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Evgeny Ostrovskiy (RUS), Sara El-Sharnouby (EGY)
2021年7月26日 (2021-07-26)
17:55
  イタリア 13–17   アメリカ合衆国
Pts: D'Alie, Rulli 4 Pts: Dolson, Gray 6
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Shi Qirong (CHN), Vlad Ghizdareanu (ROU)
2021年7月26日 (2021-07-26)
21:00
  アメリカ合衆国 21–19   中国
Pts: Plum 10 Pts: Yang 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Sara El-Sharnouby (EGY), Markos Michaelides (SUI)
2021年7月26日 (2021-07-26)
21:25
  フランス 17–14   ロシア
Pts: Touré 10 Pts: three players 4
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Jasmina Juras (SRB), Shi Qirong (CHN)

2021年7月27日 (2021-07-27)
13:30
  アメリカ合衆国 18–20   日本
Pts: Dolson 7 Pts: 山本麻衣 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Evgeny Ostrovskiy (RUS), Shi Qirong (CHN)
2021年7月27日 (2021-07-27)
13:55
  中国 21–8   モンゴル
Pts: Wan 10 Pts: Chimeddolgor 5
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Cecília Tóth (HUN), Sara El-Sharnouby (EGY)
2021年7月27日 (2021-07-27)
17:00
  フランス 22–12   ルーマニア
Pts: Touré 11 Pts: Ursu-Kim, Stoenescu 4
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Glenn Tuitt (USA), Su Yu-yen (TPE)
2021年7月27日 (2021-07-27)
17:25
  ロシア 17–9   イタリア
Pts: O. Frolkina 6 Pts: Rulli 5
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Marek Maliszewski (POL), Vanessa Devlin (AUS)
決勝トーナメント編集

予選リーグではアメリカ代表が最終戦で日本代表に土を付けられたものの1位で通過した。アメリカ代表は準決勝ではフランス代表に、決勝ではROCにそれぞれ勝利し、金メダルを獲得した。

 
準々決勝準決勝決勝
 
          
 
 
 
 
7/28
 
 
  アメリカ合衆国18
 
7/27
 
  フランス16
 
  日本14
 
7/28
 
  フランス16
 
  アメリカ合衆国18
 
7/27
 
  ROC15
 
  中国19
 
7/28
 
  イタリア13
 
  中国14
 
 
  ROC21 3位決定戦
 
 
7/28
 
 
  フランス14
 
 
  中国16
 
準々決勝
2021年7月27日 (2021-07-27)
20:30
  中国 19–13   イタリア
Pts: Wang 11 Pts: Consolini, D'Alie 5
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Vanessa Devlin (AUS), Vlad Ghizdareanu (ROU)

2021年7月27日 (2021-07-27)
21:50
  日本 14–16   フランス
Pts: 篠崎澪 7 Pts: Paget 5
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Evgeny Ostrovskiy (RUS), Cecília Tóth (HUN)
準決勝
2021年7月28日 (2021-07-28)
17:00
  アメリカ合衆国 18–16   フランス
Pts: Gray, Plum 6 Pts: Cata-Chitiga 8
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Jasmina Juras (SRB), Vlad Ghizdareanu (ROU)

2021年7月28日 (2021-07-28)
18:10
  ロシア 21–14   中国
Pts: Kozik 10 Pts: Zhang 7
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Cecília Tóth (HUN), Marek Maliszewski (POL)
3位決定戦
2021年7月28日 (2021-07-28)
20:45
  フランス 14–16   中国
Pts: Touré 8 Pts: Wang 9
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Evgeny Ostrovskiy (RUS), Jasmina Juras (SRB)
決勝戦
2021年7月28日 (2021-07-28)
21:55
  アメリカ合衆国 18–15   ロシア
Pts: Dolson 7 Pts: Logunova 6
青海アーバンスポーツパーク, 江東区
審判員: Edmond Ho (HKG), Cecília Tóth (HUN)
最終順位編集
順位 チーム[46]
    アメリカ合衆国 (USA)
    ROC (ROC)
    中国 (CHN)
4   フランス (FRA)
5   日本 (JPN)
6   イタリア (ITA)
7   ルーマニア (ROM)
8   モンゴル (MGL)


メダリスト編集

種目
男子[47]   ラトビア (LAT)
ナウリス・ミエジス
カールリス・ラスマニス
エドガルス・クルーミンシュ
アグニス・チャバルス
  ROC (ROC)
スタニスラフ・シャロフ
アレクサンドル・ズエフ
イリヤ・カルペンコフ
キリル・ピスクロフ
  セルビア (SRB)
アレクサンダル・ラトコフ
デヤン・マイストロビッチ
ミハイロ・バシッチ
ドゥシャン・ドモビッチ=ブルト
女子[48]   アメリカ合衆国 (USA)
ケルシー・プラム
ジャクリン・ヤング
ステファニー・ドルソン
アリシャ・グレイ
  ROC (ROC)
ユリア・コジク
アナスタシア・ログノワ
オルガ・フロルキナ
エフゲニア・フロルキナ
  中国 (CHN)
楊舒予
張芷婷
万済円
王麗麗

国・地域別のメダル獲得数編集

国・地域
1   アメリカ合衆国 (USA) 3 0 0 3
2   ラトビア (LAT) 1 0 0 1
3   ROC (ROC) 0 2 0 2
4   フランス (FRA) 0 1 1 2
5   日本 (JPN)(開催国) 0 1 0 1
6   オーストラリア (AUS) 0 0 1 1
  中国 (CHN) 0 0 1 1
  セルビア (SRB) 0 0 1 1
合計 4 4 4 12

備考編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b 開催国日本は男女ともにランキング5位以下の場合、男子か女子のランキングの高い方の日本チームは4位国に代わってはこの枠で出場できる。また、この枠で出場できるのは各大陸で最大2カ国である。
  2. ^ a b 予選開催国、2019年ワールドカップの上位3カ国のほか、世界ランキングからユニバーサリティ基準を考慮して16カ国が選出される。(ワールドカップの上位3カ国が既にオリンピック出場権を得ている場合は、世界ランキングからの選出される国が増加する。)
  3. ^ a b c d 「ユニバーサリティ」とはバスケットボール大国でない国にもバスケットボールを広めること。
  4. ^ a b 予選開催国のほか、ユニバーサリティの目的達成のため過去2回のオリンピックの5人制バスケットボールで男女いずれも出場しなかった国から5カ国を選出する。ただし、今大会の開催国の日本は前回のリオオリンピックに女子が出場しているが、ユニバーサリティ予選の出場資格を持つ。
  5. ^ 予選(ビクトリア)出場国で最も順位が高い  ギリシャの順位
  6. ^ 予選(ベオグラード)出場国で最も順位が高い  セルビアの順位
  7. ^ 予選(カナウス)出場国で最も順位が高い  リトアニアの順位
  8. ^ 予選(スプリト)出場国で最も順位が高い  ロシアの順位

出典編集

  1. ^ バスケットボール” (日本語). 東京2020. 2021年10月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年7月4日閲覧。
  2. ^ 3x3 バスケットボール” (日本語). 東京2020. 2021年8月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年7月4日閲覧。
  3. ^ “IOC adds 3-on-3 basketball to 2020 Olympics”. NBA.com. (2017年6月9日). http://www.nba.com/article/2017/06/09/ioc-votes-include-3-3-basketball-2020-tokyo-olympics#/ 2017年11月10日閲覧。 
  4. ^ 東京2020オリンピック競技大会 バスケットボール競技 5人制・3人制の全カテゴリーでオリンピック出場権獲得のご報告”. 日本バスケットボール協会 (2019年3月31日). 2019年4月1日閲覧。
  5. ^ “5人制バスケ、東京五輪出場決定 男子は44年ぶり”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2019年3月31日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43155840R30C19A3000000/ 2019年4月1日閲覧。 
  6. ^ 日本にバスケ五輪開催国枠付与、男子代表の躍進が後押し”. 産経ニュース. 産業経済新聞社 (2019年3月31日). 2019年4月1日閲覧。
  7. ^ Japan's national teams granted automatic places at Tokyo 2020 Olympic Basketball and 3x3 Basketball Tournaments”. FIBA (30/03/2019). 2019年10月4日閲覧。 “subject to approval by the International Olympic Committee (IOC).”
  8. ^ a b c Olympic qualification system for 3x3 basketball at Tokyo 2020 confirmed”. FIBA (2019年10月2日). 2019年10月4日閲覧。
  9. ^ 3人制バスケの開催国枠、男女どちらかだけに 東京五輪”. 朝日新聞デジタル (2019年10月3日). 2019年10月4日閲覧。
  10. ^ IOC President Press Conference(44m54s〜) - YouTube
  11. ^ a b c fiba3x3.basketball/docs/national-federation-ranking-nov-1-2019.pdf”. web.archive.org (2019年11月3日). 2020年5月30日閲覧。
  12. ^ a b c Qualification System – Games of the XXXII Olympiad”. 2021年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月2日閲覧。
  13. ^ FIBA 3×3 オリンピック予選2021[最終日]最後の切符を勝ち取り、東京オリンピック出場決定” (日本語). 公益財団法人日本バスケットボール協会 (2021年5月30日). 2021年6月12日閲覧。
  14. ^ a b “Qualification for Olympic Games”. FIBA. http://www.fiba.basketball/qualification-og 2017年11月10日閲覧。 
  15. ^ a b QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2021年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月18日閲覧。
  16. ^ FIBA's Executive Committee confirms global calendar update” (英語). FIBA.basketball. 2020年7月4日閲覧。
  17. ^ Seeds confirmed for FIBA Olympic Qualifying Tournaments draw” (英語). FIBA.basketball. 2020年5月31日閲覧。
  18. ^ a b Draw Procedures for the FIBA Olympic Qualifying Tournaments 2020” (英語). FIBA.basketball. 2020年5月31日閲覧。
  19. ^ OQT2020Schedule.pdf”. 2020年5月31日閲覧。
  20. ^ “[http://www.fiba.basketball/en/Module/c9dad82f-01af-45e0-bb85-ee4cf50235b4/dc59fe72-dab2-4df9-b8ba-8a543292fa69 FIBA WOMEN’S NATIONAL TEAM COMPETITION SYSTEM AS OF 2019]”. 2020年7月4日閲覧。
  21. ^ FIBA Women’s Olympic Qualifying Tournament relocated to Belgrade, Serbia” (英語). FIBA.basketball. 2020年5月31日閲覧。
  22. ^ FIBA Olympic Qualifying Tournaments draws confirmed for both women and men”. 2020年5月31日閲覧。
  23. ^ FIBA Olympic Qualifying Tournaments hosts announced for 2020” (英語). FIBA.basketball. 2020年7月4日閲覧。
  24. ^ FIBA WOMEN’S NATIONAL TEAM COMPETITION SYSTEM AS OF 2019”. 2020年5月31日閲覧。
  25. ^ Seedings for FIBA Women's Olympic Qualifying Tournaments revealed after latest ranking update” (英語). FIBA.basketball. 2020年7月4日閲覧。
  26. ^ a b Bengaluru to host FIBA 3x3 Olympic Qualifying Tournament” (英語). FIBA.basketball. 2020年8月10日閲覧。
  27. ^ a b Lozada, Bong (2020年5月21日). “Fiba moves 3×3 Olympic qualifiers to 2021” (英語). INQUIRER.net. 2020年8月10日閲覧。
  28. ^ a b Austria to host FIBA 3x3 Olympic Qualifying Tournament in May 2021” (英語). FIBA.basketball. 2020年8月10日閲覧。
  29. ^ a b Debrecen to host FIBA 3x3 Universality Olympic Qualifying Tournament 2021” (英語). FIBA.basketball. 2021年5月1日閲覧。
  30. ^ バスケットボール 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2021年4月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年11月15日閲覧。
  31. ^ 3x3 バスケットボール 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2021年2月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年11月15日閲覧。
  32. ^ FIBA World Ranking Presented by NIKE, men - FIBA.basketball”. web.archive.org (2021年2月3日). 2021年2月6日閲覧。
  33. ^ a b Tokyo 2020 Olympic Basketball Tournaments Draw set for February 2nd” (英語). FIBA.basketball. 2021年2月6日閲覧。
  34. ^ a b Groups confirmed for Tokyo 2020 Olympic Basketball Tournaments” (英語). FIBA.basketball. 2021年2月6日閲覧。
  35. ^ a b Competition System” (英語). FIBA.basketball. 2021年2月6日閲覧。
  36. ^ Tournament Summary”. olympics.com. 2021年10月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年8月7日閲覧。
  37. ^ FIBA World Ranking Presented by NIKE, women - FIBA.basketball”. web.archive.org (2021年2月4日). 2021年2月7日閲覧。
  38. ^ Tournament Summary”. olympics.com. 2021年10月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年7月30日閲覧。
  39. ^ Medallists”. olympics.com. 2021年8月7日閲覧。
  40. ^ Medallists”. olympics.com. 2021年8月8日閲覧。
  41. ^ Five nations represented in the All-Star Five of the Men's Olympic Basketball Tournament”. FIBA (2021年8月8日). 2021年8月9日閲覧。
  42. ^ MVP Stewart leads All-Star Five at the Women's Olympic Basketball Tournament in Tokyo”. FIBA (2020年8月8日). 2021年8月9日閲覧。
  43. ^ Competition System” (英語). FIBA.basketball. 2021年7月18日閲覧。
  44. ^ a b Reminder from FIBA on the calculation of pool standings in 3x3 basketball”. 2021年9月20日閲覧。
  45. ^ Tournament Summary”. olympics.com. 2021年7月29日閲覧。
  46. ^ Tournament Summary”. olympics.com. 2021年7月29日閲覧。
  47. ^ 東京2020 3X3 バスケットボール 男子 結果” (日本語). olympics.com. 2021年7月28日閲覧。
  48. ^ 東京2020 3X3 バスケットボール 女子 結果” (日本語). olympics.com. 2021年7月28日閲覧。

外部リンク編集