2020年東京オリンピックのラグビー競技

2020年東京オリンピックのラグビー競技(2020ねんとうきょうオリンピックのラグビーきょうぎ)はワールドラグビー管轄の下で実施された2020年東京オリンピックのラグビーである[1]7人制ラグビーを実施。会場は東京スタジアム。期間は男子は2021年7月26日から28日、女子は同29日から31日まで[2]2016年リオデジャネイロオリンピック同様、男女各12ヵ国が出場。

2020年東京オリンピック
ラグビー競技
Ajinomoto Stadium2.jpg
東京スタジアム
会場東京スタジアム
開催日2021年7月26日 - 7月31日
参加チーム数男子:12カ国、女子:12カ国
« 20162024 »

参加国編集

男子編集

男子[3][4] 日程 開催国 枠数 出場権獲得
開催国 - - 1   日本
2018-19 ワールドラグビーセブンズシリーズ 2018年11月30日 - 2019年6月9日   ドバイ
計10ヶ所
4   フィジー
  アメリカ合衆国
  ニュージーランド
  南アフリカ
南米予選英語版 2019年6月29日-30日   サンティアゴ 1   アルゼンチン
2019RANセブンズ英語版 2019年7月6日-7日   ジョージタウン 1   カナダ
欧州予選英語版 2019年7月13日-14日   コロミエ 1   イギリス
2019オセアニア選手権英語版 2019年11月7日-9日   スバ 1   オーストラリア
2019アフリカセブンズ英語版 2019年11月8日-9日   ヨハネスブルグ 1   ケニア
アジア予選英語版 2019年11月23日-24日   仁川広域市 1   韓国
世界最終予選英語版 2021年6月18日-20日   モナコ 1   アイルランド 
Total 12

2018-19ワールドラグビーセブンズシリーズ

シリーズ全戦に出場するコアチーム15ヵ国がドバイセブンズから始まる[5]10大会の総合成績英語版により、4つの出場枠を争う。ただし、  イギリスの出場権は本土3協会(イングランド、スコットランド、ウェールズ)の取り決めにより、2017-18 ワールドラグビーセブンズシリーズ英語版で3協会で最も成績が良かったイングランドの成績により決定する[6](欧州予選においても同様)。オリンピック出場時のイギリス代表のチーム編成はイギリスオリンピック委員会によって決定される。

世界最終予選(男子)

各大陸予選大会の2位と3位、計12ヵ国が出場する。ただし、オセアニア選手権の2位:フィジー(出場権獲得済み)と3位:日本(招待チーム)の代わりに、4位:サモアと5位:トンガが出場する。なお、南米予選2位のブラジル、アフリカ2位のウガンダ、アジア予選3位の中国が新型コロナウィルス感染症の流行の影響で出場辞退[7][8]したため、9ヵ国により行われた。

女子編集

女子[3][4] 日程 開催国 枠数 出場権獲得
開催国 - - 1   日本
2018-19 ワールドラグビー女子セブンズシリーズ 2018年10月20日-2019年6月16日   グレンデール
計6ヶ所
4   ニュージーランド
  アメリカ合衆国
  カナダ
  オーストラリア
南米予選英語版 2019年6月1日-2日   リマ 1   ブラジル
欧州予選英語版 2019年7月13日-14日   カザン 1   イギリス
2019アフリカ女子セブンズ英語版 2019年10月12日-13日   モナスティル 1   ケニア [注 1]
2019オセアニア女子選手権英語版 2019年11月7日-9日   スバ 1   フィジー
アジア予選英語版 2019年11月9日-10日   広州市 1   中国
世界最終予選英語版 2021年6月19日-20日   モナコ 2   ロシア
  フランス
Total 12

2018-19 ワールドラグビー女子セブンズシリーズ

シリーズ全戦に出場するコアチーム11ヵ国が6大会の総合成績英語版により、4つの出場枠を争う。ただし、  イギリスの出場権は本土3協会(イングランド、スコットランド、ウェールズ)の取り決めにより、イングランドの成績により決定する[6](欧州予選においても同様)。オリンピック出場時のイギリス代表のチーム編成はイギリスオリンピック委員会によって決定される。

世界最終予選(女子)

各大陸予選大会の2位と3位、計12ヵ国が出場する。ただし、北中米からは2019RAN女子セブンズ英語版優勝:ジャマイカと2位:メキシコが出場する。また、2019アフリカ女子セブンズの2位:ケニア(出場権獲得済み)の代わりに、4位:チュニジアが3位:マダガスカルとともに出場する。なお、ジャマイカが新型コロナウィルス感染症の流行の影響で出場辞退[10]したため、11ヵ国により行われた。

日程編集

午前の部は9時から12時まで、午後の部は16時30分から19時又は19時30分まで開催される。

PR 予選ラウンド PM 順位決定戦 QF 準々決勝 SF 準決勝 F 決勝
スケジュール[11][12]
日付 7/26 7/27 7/28 7/29 7/30 7/31
種目 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
男子 PR PM QF PM SF PM F
女子 PR PM QF PM SF PM F

競技結果編集

組分けは過去2年のワールドラグビーセブンズシリーズなどの成績に基づいたランキングにより行われた[13]。各グループの上位2チームと3位のチームのうち成績上位2チームの計8チームが決勝トーナメントに進出する。

男子編集

[14][15]

グループA編集

チーム 出場権
1   ニュージーランド 3 3 0 0 99 31 +68 9 決勝トーナメント進出
2   アルゼンチン 3 2 0 1 99 54 +45 7
3   オーストラリア 3 1 0 2 73 48 +25 5
4   韓国 3 0 0 3 10 148 −138 3
出典: 東京オリンピックWorld Rugby
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)対戦勝ち点.3)得失点差.4)得点数

グループB編集

チーム 出場権
1   フィジー 3 3 0 0 85 40 +45 9 決勝トーナメント進出
2   イギリス 3 2 0 1 65 33 +32 7
3   カナダ 3 1 0 2 50 64 −14 5
4   日本 (H) 3 0 0 3 31 94 −63 3
出典: 東京オリンピックWorld Rugby
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)対戦勝ち点.3)得失点差.4)得点数
(H) 開催地.

グループC編集

チーム 出場権
1   南アフリカ共和国 3 3 0 0 64 31 +33 9 決勝トーナメント進出
2   アメリカ合衆国 3 2 0 1 50 48 +2 7
3   アイルランド 3 1 0 2 43 59 −16 5
4   ケニア 3 0 0 3 26 45 −19 3
出典: 東京オリンピックWorld Rugby
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)対戦勝ち点.3)得失点差.4)得点数

3位チーム編集

チーム 出場権
1 A   オーストラリア 3 1 0 2 73 48 +25 5 決勝トーナメント進出
2 B   カナダ 3 1 0 2 50 64 −14 5
3 C   アイルランド 3 1 0 2 43 59 −16 5
出典: 東京オリンピックWorld Rugby
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)得失点差.3)得点数

9〜12位決定戦編集

 
準決勝9位決定戦
 
      
 
7月27日 – 東京スタジアム
 
 
  アイルランド31
 
7月28日 – 東京スタジアム
 
  韓国0
 
  アイルランド0
 
7月27日 – 東京スタジアム
 
  ケニア22
 
  ケニア21
 
 
  日本7
 
11位決定戦
 
 
7月28日 – 東京スタジアム
 
 
  韓国19
 
 
  日本31

5〜8位決定戦編集

 
準決勝5位決定戦
 
      
 
7月28日 – 東京スタジアム
 
 
  カナダ14
 
7月28日 – 東京スタジアム
 
  アメリカ合衆国21
 
  アメリカ合衆国7
 
7月28日 – 東京スタジアム
 
  南アフリカ共和国28
 
  南アフリカ共和国22
 
 
  オーストラリア19
 
7位決定戦
 
 
7月28日 – 東京スタジアム
 
 
  カナダ7
 
 
  オーストラリア26

決勝トーナメント編集

 
準々決勝準決勝金メダル決定戦
 
          
 
7月27日 – 東京スタジアム
 
 
  ニュージーランド21
 
7月28日 – 東京スタジアム
 
  カナダ10
 
  ニュージーランド29
 
7月27日 – 東京スタジアム
 
  イギリス7
 
  イギリス26
 
7月28日 – 東京スタジアム
 
  アメリカ合衆国21
 
  ニュージーランド12
 
7月27日 – 東京スタジアム
 
  フィジー27
 
  南アフリカ共和国14
 
7月28日 – 東京スタジアム
 
  アルゼンチン19
 
  アルゼンチン14
 
7月27日 – 東京スタジアム
 
  フィジー26 銅メダル決定戦
 
  フィジー19
 
7月28日 – 東京スタジアム
 
  オーストラリア0
 
  イギリス12
 
 
  アルゼンチン17
 

女子編集

[16][17]

グループA編集

チーム 出場権
1   ニュージーランド 3 3 0 0 88 28 +60 9 決勝トーナメント進出
2   イギリス 3 2 0 1 66 38 +28 7
3   ROC 3 1 0 2 47 59 −12 5
4   ケニア 3 0 0 3 19 95 −76 3
出典: 東京オリンピックWorld Rugby
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)対戦勝ち点.3)得失点差.4)得点数

グループB編集

チーム 出場権
1   フランス 3 3 0 0 83 10 +73 9 決勝トーナメント進出
2   フィジー 3 2 0 1 72 29 +43 7
3   カナダ 3 1 0 2 45 57 −12 5
4   ブラジル 3 0 0 3 10 114 −104 3
出典: 東京オリンピックWorld Rugby
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)対戦勝ち点.3)得失点差.4)得点数

グループC編集

チーム 出場権
1   アメリカ合衆国 3 3 0 0 59 33 +26 9 決勝トーナメント進出
2   オーストラリア 3 2 0 1 86 24 +62 7
3   中国 3 1 0 2 53 54 −1 5
4   日本 (H) 3 0 0 3 7 94 −87 3
出典: 東京オリンピックWorld Rugby
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)対戦勝ち点.3)得失点差.4)得点数
(H) 開催地.

3位チーム編集

チーム 出場権
1 C   中国 3 1 0 2 53 54 −1 5 決勝トーナメント進出
2 A   ROC 3 1 0 2 47 59 −12 5
3 B   カナダ 3 1 0 2 45 57 −12 5
出典: 東京オリンピックWorld Rugby
順位の決定基準: 1)勝ち点.2)得失点差.3)得点数

9〜12位決定戦編集

 
準決勝9位決定戦
 
      
 
7月30日 – 東京スタジアム
 
 
  カナダ45
 
7月31日 – 東京スタジアム
 
  ブラジル0
 
  カナダ24
 
7月30日 – 東京スタジアム
 
  ケニア10
 
  ケニア21
 
 
  日本17
 
11位決定戦
 
 
7月31日 – 東京スタジアム
 
 
  ブラジル21
 
 
  日本12

5〜8位決定戦編集

 
準決勝5位決定戦
 
      
 
7月31日 – 東京スタジアム
 
 
  ROC7
 
7月31日 – 東京スタジアム
 
  オーストラリア35
 
  オーストラリア17
 
7月31日 – 東京スタジアム
 
  アメリカ合衆国7
 
  アメリカ合衆国33
 
 
  中国14
 
7位決定戦
 
 
7月31日 – 東京スタジアム
 
 
  ROC10
 
 
  中国22

決勝トーナメント編集

 
準々決勝準決勝金メダル決定戦
 
          
 
7月30日 – 東京スタジアム
 
 
  ニュージーランド36
 
7月31日 – 東京スタジアム
 
  ROC0
 
  ニュージーランド22
 
7月30日 – 東京スタジアム
 
  フィジー17
 
  フィジー14
 
7月31日 – 東京スタジアム
 
  オーストラリア12
 
  ニュージーランド26
 
7月30日 – 東京スタジアム
 
  フランス12
 
  アメリカ合衆国12
 
7月31日 – 東京スタジアム
 
  イギリス21
 
  イギリス19
 
7月30日 – 東京スタジアム
 
  フランス26 銅メダル決定戦
 
  フランス24
 
7月31日 – 東京スタジアム
 
  中国10
 
  フィジー21
 
 
  イギリス12
 

メダリスト編集

種目
男子[18]   フィジー (FIJ)
ジョシュア・バクルナビリ
イオセフォ・マシカウ・バレイワイリキ
カリオネ・ナソコ
ジウタ・ワイニンゴロ
アサエリ・ツイブアカ
メリ・デレナランギ
ビリモニ・ボティトゥ
ワイセア・ナズング
ジェリー・ツワイ
セミ・ランドランドラ
アミニアシ・ツイマバ
ナポリオニ・ボラザ
シレリ・マンガラ
  ニュージーランド (NZL)
スコット・カリー
ティム・ミッケルソン
トネ・ン・シウ
エテネ・ナナイ=セツロ
ディラン・コリアー
ガロヒ・マガービ=ブラック
アマナキ・ニコル
アンドリュー・ニュースタブ
リーガン・ウェア
カート・ベイカー
ジョー・ウェバー
シオネ・モリア
ウィリアム・ウォーブリック
  アルゼンチン (ARG)
ロドリゴ・イスグロ
ルシオ・シンティ
ヘルマン・シュルツ
イグナシオ・メンディ
ロドリゴ・エチャルト
サンティアゴ・アルバレス
ラウタロ・バサン・ベレス
ガストン・レボル
マティアス・オサジューク
サンティアゴ・マレ
ルシアノ・ゴンサレス
マルコス・モネタ
フェリペ・デルメストレ
女子[19]   ニュージーランド (NZL)
ルビー・ツイ
リシ・プーリー=レーン
ステーシー・フルーラー
シライ・カカ
サラ・ヒリニ
ミケーラ・ブライド
タイラ・ネイサン=ウォン
ケリー・ブレージャー
ゲイル・ブロートン
テレサ・フィッツパトリック
ポーティア・ウッドマン
アリーナ・サイリ
テニカ・ウィリソン
  フランス (FRA)
セラフィヌ・オカンバ
アンヌ=セシル・シオファニ
クロエ・ペレ
クロエ・ジャケ
ジャド・ユリュテュル
ファニー・オルタ
コラリ・ベルトラン
カミーユ・グラシノー
カルラ・ネザン
カロリーヌ・ドルアン
シャノン・イザール
リナ・ゲラン
  フィジー (FIJ)
バシティ・ソリコビティ
セセニエリ・ドヌ
ラインジエリ・ダベウア
ルシラ・ナンガサウ
アナ・ロンギザ
レアピ・ウルニサウ
ラベナ・ザブル
ライサナ・リクゼバ
ビニアナ・リワイ
アロウェシ・ナコジ
アナ・マリア・ナイマシ
ロエラ・ランディニヤブニ
トカサ・セニヤシ

国・地域別のメダル獲得数編集

国・地域
1   ニュージーランド (NZL) 1 1 0 2
2   フィジー (FIJ) 1 0 1 2
3   フランス (FRA) 0 1 0 1
4   アルゼンチン (ARG) 0 0 1 1
合計 2 2 2 6

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 優勝した南アフリカは大陸別大会で得る出場権を辞退する方針であるため、準優勝のケニアが出場権を獲得した。[9]

出典編集

  1. ^ ラグビー” (日本語). 東京2020. 2020年5月23日閲覧。
  2. ^ World, Rugby (2018年7月26日). “2020 Tokyo Olympics Rugby Sevens Schedule Finalised” (英語). Rugby World. 2020年5月23日閲覧。
  3. ^ a b World Rugby and IOC confirm rugby sevens qualification process for Tokyo 2020”. www.insidethegames.biz (1537357260). 2020年7月12日閲覧。
  4. ^ a b QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年7月12日閲覧。
  5. ^ Dubai Rugby Sevens to kick-off competition for 2020 Tokyo Olympics” (英語). ArabianBusiness.com. 2020年5月23日閲覧。
  6. ^ a b Sevens Olympic pathway confirmed for 2020”. England Rugby (2018年9月17日). 2018年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月23日閲覧。
  7. ^ Hong Kong rugby sevens teams drawn in Tokyo 2020 Olympics repechage” (英語). South China Morning Post (2021年5月11日). 2021年6月27日閲覧。
  8. ^ World Rugby Sevens Repechage ready for kick-off”. boxscorenews.com. 2021年6月27日閲覧。
  9. ^ Kenya qualify for Tokyo 2020 despite Rugby Africa Women's Sevens final defeat”. www.insidethegames.biz (2019年10月13日). 2019年10月13日閲覧。
  10. ^ AfricaNews (2021-06-19CEST11:40:10+02:00). “Zimbabwe enjoy winning start to Olympic Repechage in Monaco” (英語). Africanews. 2021年6月27日閲覧。
  11. ^ ラグビー 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月17日閲覧。
  12. ^ Schedule - Rugby Tokyo 2020 Olympics”. Olympian Database. 2020年3月8日閲覧。
  13. ^ worldrugby.org. “東京2020オリンピックでのラグビーセブンズのプール組分けを発表 | ワールドラグビー”. www.world.rugby. 2021年6月29日閲覧。
  14. ^ グループ 男子” (日本語). ... 2021年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月2日閲覧。
  15. ^ 対戦表 男子” (日本語). 2021年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月2日閲覧。
  16. ^ グループ 女子” (日本語). 2021年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月2日閲覧。
  17. ^ 対戦表 女子” (日本語). 2021年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月2日閲覧。
  18. ^ Medallists”. olympics.com. 2021年8月5日閲覧。
  19. ^ Medallists”. olympics.com. 2021年8月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集