2020年東京オリンピックの射撃競技

2020年東京オリンピック射撃競技(2020ねんとうきょうオリンピックのしゃげききょうぎ)は、2021年7月24日から8月2日に陸上自衛隊朝霞訓練場内の特設射撃場で実施される[1]

2020年東京オリンピック
射撃競技
Asaka tilyutonti2.jpg
会場陸上自衛隊朝霞訓練場
開催日2021年7月23日-8月8日
参加選手数 360 (男子180、女子180)人
« 20162024 »

種目編集

2017年6月、国際射撃連盟(ISSF)はIOC理事会で以下の15種目の実施を決定[2]前回大会からは男子個人の3種目(50mピストル、50mライフル伏射、ダブルトラップ)が削減され、新たに男女1人ずつで組む混合団体3種目が採用される。

  • ライフル
    • 男女個人50mライフル3姿勢
    • 男女個人・混合団体10mエアライフル
  • ピストル
    • 男子個人25mラピッドファイアピストル
    • 女子個人25mピストル
    • 男女個人・混合団体10mエアピストル
  • クレー射撃
    • 男女個人・混合団体トラップ
    • 男女個人スキート

出場選手編集

個人12種目は2018年ISSF世界射撃選手権昌原市)から4名ずつ、2019年ワールドカップ英語版から8名ずつ、大陸選手権から五大陸合計で13名ずつ、開催国枠(国際大会で出場枠を獲得できなかった場合のみ)として1名ずつ、世界ランキングから1名ずつ、招待枠として2名ずつの1種目あたり29名(計348名)が出場枠を獲得する。混合3種目は2018年ISSF世界射撃選手権の上位2か国ずつ、計12名が出場枠を獲得する[3][4]。出場枠は世界ランキングによる出場枠以外はNOCに与えられるため、NOCは出場枠を獲得した選手と別の選手を派遣することができるが、派遣される選手は出場資格スコア(Minimum Qualification Scores : MQS)を満たす必要がある。また、派遣された選手が他の種目のMQSも満たしている場合、出場枠を得た種目以外にもNOCごとに2名(2組)まで出場することができる。1つの国からは最大30名(男子:12名、女子:12名、混合:6名)の選手を派遣することができる。

日本からは、ライフル及びピストルでは平田しおりが女子50mライフル3姿勢でアジア選手権3位となり出場枠を獲得し本大会出場が内定し[5]松本崇志(男子50mライフル3姿勢)も同大会の成績により、開催国枠の出場選手として内定した[6]。クレー射撃では中山由起枝が女子トラップでアジア選手権3位となり出場枠を獲得し本大会出場が内定した[7]ほか、同大会の成績により大山重隆(男子トラップ)、石原奈央子(女子スキート)、井川寛之(男子スキート)も開催国枠の出場選手として内定した[8][9]

競技日程編集

[10][11]

Q F
予選 決勝
種目/日付 7/24 7/25 7/26 7/27 7/28 7/29 7/30 7/31 8/1 8/2
ライフル
男子 10mエアライフル Q F
男子 50mライフル3姿勢 Q F
女子 10mエアライフル Q F
女子 50mライフル3姿勢 Q F
混合団体 10mエアライフル Q F
ピストル
男子 10mエアピストル Q F
男子 25mラピッドファイアピストル   Q F
女子 10mエアピストル Q F
女子 25mピストル  Q  F
混合団体 10mエアピストル Q F
クレー射撃
男子 トラップ  Q  F
男子 スキート  Q  F
女子 トラップ  Q  F
女子 スキート  Q  F
混合団体 トラップ Q F

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 射撃”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2018年3月25日閲覧。
  2. ^ “ISSF Welcomes IOC Decisions Regarding Tokyo 2020 Sports Program”. 国際射撃連盟. (2017年6月9日). http://www.issf-sports.org/news.ashx?newsid=2822 2018年3月25日閲覧。 
  3. ^ ISSF - International Shooting Sport Federation - issf-sports.org”. www.issf-sports.org. 2020年7月7日閲覧。
  4. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年7月7日閲覧。
  5. ^ 【アジア選手権速報】平田しおり選手銅メダルでQP獲得、2020東京五輪内定!!”. www.riflesports.jp. 2020年7月7日閲覧。
  6. ^ 【アジア選手権速報】松本崇志選手日本人選手トップの順位で2020東京五輪内定”. www.riflesports.jp. 2020年7月7日閲覧。
  7. ^ 第14回アジア大陸射撃選手権大会(QAT)の成績について – JCSA 日本クレー射撃協会”. clay-shooting.website. 2020年7月7日閲覧。
  8. ^ 日本クレー射撃協会が東京五輪代表選手を発表:海外グランプリ参戦などで本戦に備える”. Olympic Channel. 2020年7月7日閲覧。
  9. ^ 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)クレー射撃日本代表選手 発表資料”. 2020年7月7日閲覧。
  10. ^ 射撃 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月27日閲覧。
  11. ^ Schedule - Shooting Tokyo 2020 Olympics”. Olympian Database. 2020年3月8日閲覧。

外部リンク編集