2020年東京オリンピックの陸上競技

2020年東京オリンピック陸上競技(2020ねんとうきょうオリンピックのりくじょうきょうぎ)は、ワールドアスレチックス(旧国際陸連)管轄のもと、2021年7月30日から8月8日まで実施されるオリンピックの陸上競技

2020年東京オリンピックの陸上競技
New national stadium tokyo 1.jpg
種目数 48種目
開催日 2021年7月30日 - 8月8日
主会場 国立競技場
会場
公式サイト
tokyo2020.org/ja/sports/athletics/
« 2016
2024 »

実施種目編集

前回リオ大会で実施した47種目に加えて新たに男女混合リレー(4x400mリレー)を採用した[1]。ただし、50km競歩は2019年3月に国際陸連(当時)が2022年以降のオリンピック世界選手権では実施しないことを決定したため、オリンピックでの実施は今回限りとなる[2][3]

  • トラック
    • 100m、200m、400m、800m、1500m、5000m、10000m、110mハードル(男子)、100mハードル(女子)、400mハードル、3000m障害、4x100mリレー、4x400mリレー(男女混合含む)
  • フィールド
    • 走高跳、走幅跳、三段跳、棒高跳、砲丸投、円盤投、ハンマー投、やり投
  • 混成競技
    • 十種競技(男子)、七種競技(女子)
  • ロード
    • マラソン、20km競歩、50km競歩(男子のみ)

出場資格編集

条件編集

今大会の個人種目では対象期間内[4][5]に参加標準記録を満たした者のほか、ワールドアスレチックスが定める世界ランキング英語版[6]により、1ヶ国から1種目あたり3名まで出場資格が与えられる[7][8][9]。また、ユニバーサリティ出場枠として、いずれかの性別で上記の出場資格を得た選手が存在しないNOCは、出場資格を得た選手が存在しない性別の選手1名を1種目(10000m、3000m障害、混成競技以外)にエントリーさせることができる。リレー種目2019年世界選手権ドーハ)と2021年世界リレー大会英語版ホジュフ)の8位までのチームのほか、世界ランキングにより出場枠が与えられる[7][8][9]世界選手権の男子4x100mリレーで日本(多田白石桐生サニブラウン小池(予選のみ))は銅メダルを獲得し、オリンピックの出場権も獲得した。

日本代表選手の選考編集

マラソンの日本代表は、2019年9月に開催されたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)とそれに続くMGCファイナルチャレンジの結果により、男女3名ずつの代表選手が内定した[10][11]

競歩は、2019年世界選手権とそれ以降に行われる日本選手権(20km50km)、全日本競歩(能美高畠)の結果により選考される予定だったが[12]東京オリンピックの延期に伴い、男子50km、女子20kmについては2021年に開催される日本選手権も選考対象の競技会に加えられた[13]。(当初の選考競技会のうち、2020年4月開催予定の日本選手権(男子50km)は新型コロナウイルス感染症流行の影響で中止となっていた[14]。)なお、2020年4月までに、男女合わせて7名の選手が代表選手に内定している[15]

トラック&フィールド種目では、当初、日本陸連は2019年世界選手権や2020年日本選手権などの競技会を選考競技会とする選考基準を公表していたが[16]、東京オリンピックの延期に伴い、選考基準は一旦取り消された[17]。長距離種目(3000m障害、5000m、10000m)については、2020年12月に開催される日本選手権(長距離種目)の優勝者が本大会の参加標準記録を満たしていた場合、即時、代表選手に内定するという選考基準を改めて発表した[18]。日本選手権の結果、相澤晃(男子10000m)、田中希実(女子5000m)、新谷仁美(女子10000m)の3名が代表選手に内定した[19]

参加標準記録編集

2019年3月10日、東京オリンピックの参加標準記録が発表された[8]

種目 男子 女子
100m 10秒05 11秒15
200m 20秒24 22秒80
400m 44秒90 51秒35
800m 1分45秒20 1分59秒50
1500m 3分35秒00 4分04秒20
5000m 13分13秒50 15分10秒00
10000m 27分28秒00 31分25秒00
110mハードル / 100mハードル 13秒32 12秒84
400mハードル 48秒90 55秒40
3000m障害 8分22秒00 9分30秒00
走高跳 2m33cm 1m96cm
棒高跳 5m80cm 4m70cm
走幅跳 8m22cm 6m82cm
三段跳 17m14cm 14m32cm
砲丸投 21m10cm 18m50cm
円盤投 66m00cm 63m50cm
ハンマー投 77m50cm 72m50cm
やり投 85m00cm 64m00cm
十種競技 / 七種競技 8350点 6420点
20km競歩 1時間21分00秒 1秒31分00秒
50km競歩 3時間50分00秒
マラソン 2時間11分30秒 2時間29分30秒

年齢制限編集

年齢制限は以下のとおり[8]東京オリンピックの延期に伴い、年齢制限も改定された[20]

競技年齢 対象種目
20歳以上(~2001年生まれ) 全ての種目
18~19歳(2002~2003年生まれ) マラソン、50km競歩を除く種目
16~17歳(2004~2005年生まれ) 投擲競技、十種競技/七種競技、10000m、マラソン、競歩を除く種目
16歳未満(2006年以降の生まれ) 参加資格なし

競技日程編集

7月30日から8月7日まで昼と夜の二部構成でオリンピックスタジアムにて実施。原則として昼の部は9時開始、夜の部は19時開始。競技日程は以下のとおり[21]。男子100mのみ予備予選を実施する。また、マラソンと競歩は暑さを避けるため、8月5日から8日の早朝または夕方に札幌市で開催される計画である[22][23]

 
マラソン競技のコース(北海道大学

時刻(オリンピックスタジアム)編集

月日 構成 時間
7月30日(金) 9:00 - 12:30
19:00 - 21:00
7月31日(土) 9:10 - 12:00
19:00 - 21:55
8月1日(日) 9:00 - 12:00
19:00 - 21:55
8月2日(月) 9:00 - 11:55
19:00 - 22:00
8月3日(火) 9:00 - 12:35
19:00 - 21:55
8月4日(水) 9:00 - 12:25
19:00 - 21:45
8月5日(木) 9:00 - 15:05
19:00 - 21:45
8月6日(金) なし
19:50 - 22:55
8月7日(土) なし
18:50 - 22:20

男子種目編集

予備予選 予選 準決勝 決勝 表彰式
種目\日時 7月30日 7月31日 8月1日 8月2日 8月3日 8月4日 8月5日 8月6日 8月7日 8月8日
100m














200m














400m














800m














1500m















5000m
















10000m
















110mハードル














400mハードル















3000m障害















走高跳
















棒高跳















走幅跳
















三段跳















砲丸投















円盤投















ハンマー投















やり投
















十種競技













20km競歩
















50km競歩
















4×100mリレー















4×400mリレー
















マラソン

















女子種目編集

予選 準決勝 決勝 表彰式
種目\日時 7月30日 7月31日 8月1日 8月2日 8月3日 8月4日 8月5日 8月6日 8月7日 8月8日
100m















200m














400m















800m














1500m















5000m















10000m

















100mハードル















400mハードル















3000m障害
















走高跳
















棒高跳















走幅跳















三段跳















砲丸投















円盤投















ハンマー投















やり投















七種競技













20km競歩
















4×100mリレー















4×400mリレー
















マラソン

















男女混合種目編集

予選 決勝 表彰式
種目\日時 7月30日 7月31日 8月1日
混合リレー

競技結果編集

男子編集

種目
100m
200m
400m
800m
1500m
5000m
10000m
110mハードル
400mハードル
3000m障害
4×100mリレー
4×400mリレー
マラソン
20km競歩
50km競歩
走高跳
棒高跳
走幅跳
三段跳
砲丸投
円盤投
ハンマー投
やり投
十種競技

女子編集

種目
100m
200m
400m
800m
1500m
5000m
10000m
100mハードル
400mハードル
3000m障害
4×100mリレー
4×400mリレー
マラソン
20km競歩
走高跳
棒高跳
走幅跳
三段跳
砲丸投
円盤投
ハンマー投
やり投
七種競技

男女混合編集

種目
4×400mリレー

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 陸上競技” (日本語). 東京2020. 2020年12月5日閲覧。
  2. ^ 競歩50キロ、東京五輪が最後に 国際陸連が22年から距離短縮” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年8月8日閲覧。
  3. ^ 競歩50kmは、東京五輪が「最後」。ひしめく日本の有力選手たちは……。(松原孝臣)” (日本語). Number Web - ナンバー. 2020年8月8日閲覧。
  4. ^ マラソンと50km競歩は2019年1月~2021年5月、10000mと20km競歩は2019年1月~2021年6月29日、他の種目は2019年5月~2021年6月29日(ただし、いずれの種目も2020年4月6日~11月を除く)
  5. ^ Olympic qualification period suspended until 1 December 2020| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年10月11日閲覧。
  6. ^ “New ranking system to change athletics” (英語). BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/athletics/43259616 2020年10月11日閲覧。 
  7. ^ a b “Qualification system for Tokyo 2020 Olympics published by IAAF”. https://www.insidethegames.biz/articles/1068198/qualification-system-for-tokyo-2020-olympics-published-by-iaaf/ 2018年8月2日閲覧。 
  8. ^ a b c d “Qualification System – Games of the XXXII Olympiad – Athletics. IAAF. (2020年5月28日). https://media.aws.iaaf.org/competitioninfo/59716a97-c681-4221-a5fd-6e5a782e3a78.pdf 2020年8月8日閲覧。 
  9. ^ a b 2020年度に行われる日本代表選手派遣国際大会の代表選手選考要項を掲載しています:日本陸上競技連盟公式サイト - Japan Association of Athletics Federations” (日本語). 日本陸上競技連盟公式サイト. 2020年8月8日閲覧。
  10. ^ 【東京2020オリンピック】マラソン日本代表選手内定について:日本陸上競技連盟公式サイト - Japan Association of Athletics Federations” (日本語). 日本陸上競技連盟公式サイト. 2020年11月17日閲覧。
  11. ^ 東京 2020 オリンピック競技大会マラソン日本代表選手選考要項”. 2020年11月17日閲覧。
  12. ^ 東京 2020 オリンピック競技大会競歩日本代表選手選考要項”. 2020年11月17日閲覧。
  13. ^ 東京2020オリンピック競技大会 男子50km競歩 女子20km競歩 日本代表選手選考要項”. 2020年11月17日閲覧。
  14. ^ 第104回日本陸上競技選手権大会 50km競歩 開催中止のお知らせ:日本陸上競技連盟公式サイト - Japan Association of Athletics Federations” (日本語). 日本陸上競技連盟公式サイト. 2020年11月17日閲覧。
  15. ^ 【東京2020オリンピック】競歩日本代表選手内定について:日本陸上競技連盟公式サイト - Japan Association of Athletics Federations” (日本語). 日本陸上競技連盟公式サイト. 2020年11月17日閲覧。
  16. ^ 東京 2020 オリンピック競技大会 トラック&フィールド種目日本代表選手選考要項”. 2020年11月17日閲覧。
  17. ^ 東京 2020 オリンピック競技大会 日本代表選手選考要項及び内定競技者の取り扱いについて”. 2020年11月17日閲覧。
  18. ^ 第104回日本陸上競技選手権大会・長距離種目における東京2020オリンピック競技大会 男女5000m・10000m・3000mSC日本代表選手内定について”. 2020年11月17日閲覧。
  19. ^ 【第104回日本選手権長距離】東京五輪日本代表内定選手会見:日本陸上競技連盟公式サイト - Japan Association of Athletics Federations” (日本語). 日本陸上競技連盟公式サイト. 2020年12月5日閲覧。
  20. ^ 東京2020オリンピック競技大会 参加資格取得システム 英原文~参考和訳 比較版”. JAAF. 2020年8月8日閲覧。
  21. ^ 競技スケジュール|東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイト” (日本語). 東京2020. 2020年12月5日閲覧。
  22. ^ International Olympic Committee announces plans to move Olympic marathon and race walking to Sapporo - Olympic News” (英語). International Olympic Committee (2020年4月19日). 2020年10月11日閲覧。
  23. ^ “Cool runnings: After heated dispute, Tokyo agrees to shift Olympic marathons to more clement climes”. ワシントン・ポスト. (2019年11月1日). オリジナルの2019年11月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191101121019/https://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/cool-runnings-after-heated-dispute-tokyo-agrees-to-shift-olympic-marathons-to-more-clement-climes/2019/11/01/3d7ae294-fc57-11e9-9e02-1d45cb3dfa8f_story.html 

関連項目編集

外部リンク編集